BBS4 2005/03 過去ログ



--------------------------------------------------------------------------------
[2184] 困った彼氏 投稿者:美紀 投稿日:2005/03/30(Wed) 22:08

私が浮気をして、正直に話して謝ったのですが、その後
彼があんまり何度もしつこく聞くのでけんかになってしまいました。始めの内はエッチが燃えるし少しぐらい訊かれてもいいやと思ったのですが・・
何だよ結局正直になんか言えないんじゃないか、って言うのですが、洗いざらい事細かに全部言わないと浮気を反省してることになんないの?、って少しむかついてます。
浮気した私も困ったものですが、それを聞きたがる彼氏も困りものです。
浮気のときにコンドームをしないでしたことを白状したら、俺にも生で入れさせろって言って、それからは生で入れたがります。
そのときは相手のが凄く大きかったから痛そうだったので仕方なくだったのに、困ります。
(こういうのって男性の生殖本能のひとつなのかしら。)
どうしてコンドームをしなかったのか聞かれている流れで、相手のが大きかったことも言わされたのですが(劣等感みたいなの持って欲しくなかったから言いたくなかったのに、しつこいんです。以前にも、私の前彼が大きかったことを自分で聞きだした後も俺のじゃ感じないかな、とか、うるさかったのです。いい人なのですが)それから、膣がゆるくなっちゃったって言います。
彼は彼で自嘲気味に言うんですけど、私もすごく傷つきます。自業自得ではあるのですけど。
やっぱ言わないで置いた方が良い事もあるんですね。



--------------------------------------------------------------------------------
[2183] 見せる 投稿者:幸恵 投稿日:2005/03/27(Sun) 01:27

私は38歳 ごくごく普通の主婦です、結婚して12年 男の子2人主人は12歳上の50歳
とってもスケベで優しい人です、でも最近は回数が減り月2回がやっとです、子供が男の
子なのでワンパク盛りで言う事を聞かずストレスが溜まり ついセックスで紛らわそうと
思いますが主人が応えてくれないので誰もいない昼間オナニをして発散する事があります
オナニは空想の世界なので想像力が豊かになり犯される事を思ったり複数の男性に悪戯さ
れる事などなどを思いショーツだけを脱ぎしていたのがエスカレートして自分自身を淫らになれるようにショートスリップを着たり全裸になったり工夫したりしています、基本的
にはクリ派なので指だけでいいのですが もっと淫らにと思い野菜などもたまには使いま
す1度など人参を使った時の事冷蔵庫が冷え過ぎていたのか最初はひんやりして気持ち
良かったのですが終わった後ヒリヒリして痛くてたまりませんでした、そんなある日の事
です、買い物で大手のスーパーに行き買い物を終えオープンカフエーでコーヒーを飲んで
いると すぐ前の席のおじさんが私の足の方を見ていると感じました、私は慌てて足を
閉じましたと言っても開いてた覚えは無いのですが、おじさん驚いたように私を見ました
が私はさりげなく他に目をやり やはり私の足を見ていたと確信しました、ある有名な人
が高校生のパンチラを見て逮捕しましたよね、男の人は下着でも見たいのでしょうか?
私は冒険心が湧いてきて見てる おじさんを観察したくなり ゆっくりと足を組みました
わざと おじさんの方に向き直接は見ず視野に入れ神経はおじさんに集中していました、
おじさんやはり私の足を見ています楽しいです今度は足を下ろし少し開きました、おじさ
んは今度は少し前屈みになり食い入るように見ていました益々私は楽しくなりました
素性が分かり安全な人ならもっと下着を脱いで見せてあげたのにその日は私がいっぱいい
っぱいなのでそこで止めました、家に帰ってからもっと何故見せなかったのか後悔しまし
た、今度買い物に行く時は下着無しで出掛けようとさえ思った程私興奮しました、まだ実
行は出来ていません、それから数日が過ぎいつもの様にオナニが終わりシャワーを浴び
ついでに洗濯物を済ませ干しにベランダに出て干していると下にお爺さんが庭の草むしりをしていました私が「こんにちは」と挨拶をするとお爺さんが私を見上げ「こんにちは」
と挨拶を返してくれました私は又洗濯物を干しているとお爺さんベランダの下まで来て
「今日はええ天気だの〜」と私に話しかけました私は洗濯物を干しながら受け答えしました
お爺さんはお婆さんが亡くなって何処か施設に入り月に何回か帰って来る程度で現在
息子さん夫婦は海外で仕事をしていてお爺さん一人です「今日はお泊りですか」と聞く
と「いや、5時には帰るよ、たまには空気の入れ替えをせんと家が駄目になるから」「そう
ですね息子さんが帰るまでの辛抱ですね」とベランダの端まで行き話していましたら
お爺さん口をポカーンと開け上を向いているのです『あ、私ノーパンだった』急に赤面
ですお爺さんに見られたかしら あの表情は見えてた表情でした私は慌てて「私は終わり
ましたがまだ終わらないのですか」と聞くと「おう、わしも終わりや」と言うので私
「それじゃ、一緒にお茶しませんか、どうぞ玄関にお回り下さい」と言ってしまいました
程なくチャイムが鳴りお爺さんが来ました私 お湯は沸かしていましたが下着は脱いだま
までした「遠慮なくお邪魔しますよ」「あ、どうぞどうぞ、こちらに掛けてください」と
リビングのソファーに案内して「コーヒー、紅茶、日本茶どちらがいいですか」と聞くと
「いつも日本茶だからコーヒーでもいいかな」「はい、じゃコーヒーにしますね」とコー
ヒーを淹れ私は一人掛けのソファーに座りましたコーヒーを飲みながらお喋りをしている
とやはり時折目を足の方に向けます有料の施設の話をしながら隣のお爺さんだから いけ
ないと思いながらも見せたい見てもらいたい心境を抑える事が出来なくなりました、浅め
に腰掛けていたのに深く座り直しやはり足を組んだり少し開いたりしていると、お爺さん
「風呂上りのいい匂いがするが今入ったとこか」「うん、いつも一人の時にゆっくり入るの
」と言うと「あぁーそれで下着を着けてないのか」「わぁ、やだー見えましたー」「おうー、
外では目の錯覚だなと思っていたけど ここではっきりと見た」「ごめんなさい、私忘れて
いました」「いや、謝らないでほしい、感謝したい気分だから、わしは知っての通り早くに
妻を亡くし男じゃなくなったが今でも見たい位は願望であるんだから、いやいや奥さんの
ような綺麗で若い人のは有難い気持ちゃ、どうだろうこの年寄りにもっと近くで見せては
もらえないだろうか」「わー恥ずかしいわーでもそんなに褒めていただきありがとう、でも
・ ・」と声を詰まらせていると「お願いだ誰にも内緒で見るだけだから」と私の前に膝ま
ずきました、私は心臓の鼓動がいつもより倍の速度で打つのを感じ「分かりました、でも
誰にも言わないでね」と釘を刺しソファーの前に浅く腰掛けお爺さんを挟むように足を開
きました、お爺さんは私のスカートを捲り「おうー毛がええぐわいやの濃くもなく薄くも
なく」と私の中を覗き込んでいます私は顔を横に向け眼を閉じていましたが どうしても
お爺さんがどのようにみているのか知りたくて顔を横に向けたまま消えてるテレビの画面
に反射させ見てみましたお爺さんは私の膝に両手を掛け開くようにして顔が殆ど舐めるよ
うな距離までスカートの中まで入って見ていました、時間にしてどれ程だったのかは覚え
ていませんが とても長く感じられました やがて「ありがとう、良い物を見せてもらっ
たが今日はもう時間が無い2週間後になるけど今度時間があるときに良かったらもう1度
見せてくれないだろうか」「え、まだ見るのですか」「大丈夫や わしはもう男じゃ無いか
ら それに2人だけの秘密やから頼む」「う・うん分かりました、心の準備をしときます」
とその日はそれでニコニコ顔でお爺さんは帰りました、私 慌ててトイレに入り触ってみ
ると流れんばかりに濡れていました、後2週間が楽しみです、



--------------------------------------------------------------------------------
[2182] 管理奴隷になった私 投稿者:ゆかり 投稿日:2005/03/26(Sat) 22:03

夕方 主人が早く帰って来て飲み会に行くといって風呂に入って八時に出かけましたいちよう何処のお店か聞いておきました
出かけると私もすぐに彼のところに行き彼と主人の行った店に行きました 駐車場に主人の車があり居るのは、確実なのですが外からのぞいてもわからず彼が一人で入って見たけどそれらしいのが居なく私の持ってる服と同じ物を着た女性が一人居たそうです
彼があの服は、この間お前が着てたのと絶対同じだと言います
男と二人で飲んでいたそうです
車で見張っている間彼の竿をフェラしていました
彼が出てきたと言うので見ると本当に私の服と同じでした
バックや靴も私の物と同じです
男の腕に抱きついて車まで行き乗ってしばらくキスをしていました
主人の運転で走り出しホテルに入るのを確認して私は、家に帰らされました 彼は、そのまま見張るそうです
家に帰って服やバックと靴を確認したらありませんでした
主人に間違いありません
離れたとこから見ただけですが それなりに綺麗に見えました
女の色気も感じられました
少しショックです


--------------------------------------------------------------------------------
[2181] あれからの続き 投稿者:ゆかり 投稿日:2005/03/26(Sat) 14:34

管理奴隷になり私の下半身は、見たり触ったりできなくなりだいぶたちます一日一回は、彼のとこに行きトイレを済ましたり手入れをしてもらっています
彼から最近 主人の行動を聞かれています パターンや何処に出かけるのか写真をとって来い隠し撮りで女装時の顔が知りたい裸の状態も見てみたいて言われてます その報告が出るまでお前を抱かないと言われてます
最近主人の隠し持っている下着や服の数と隠し場所は、確認できました うまく隠していました私の物の中にうまく隠しています
下着は、私があまり着けなくなった下に隠してます
服も同じように隠されてました靴も同じで車の中に四五日分の下着と服が積まれてます 洗濯も家でやっているようです
髪の毛は、肩まで掛かるようになってきました
繭も細く整えられてます 爪の手入れもしているようです
彼がカメラとビデオを借り手洗面所に仕掛けています
今のところ娘や私が写るだけです  主人の裸だけが何とか取れたのですが化粧をしている時の顔がうまく映りません
体は、完全に女性の状態であそこなんか小さくてないような状態です
アンダーヘヤーも薄くなっています
体の体型は、もう完全に女性と同じです
後主人の行動感覚は、朝私が起きる前に起き朝食の仕度をして出勤できる服装になっています 洗濯も終わっていて干し終わっています
子供と私が起きて一緒に食事をして出かけていきます
薄着は、しない状態です 下着が透けるような服は、着なくなりました  
私は、娘たちを送り出すと化粧をして彼のとこに行き下半身の手入れをしてもらいパートに行きます帰りにまた彼のとこによりトイレを済まします
主人の帰宅は、平均夜十時過ぎから十二時ぐらいです
早く帰ってくる時は、朝の服装です
遅い時は、私も子供も寝ているのでわかりません 
私が物音で起きる時は、もう着替えも終わっている
最近は、寝たふりをしているとパジャマじゃなくネグリジェを着ているときもあります 私が寝返りをしてわざと抱きついたりするとすごく驚いてるのがよくわかります鼓動が早くなっているのが聞こえます
寝ぼけた振りをして腰を擦り付けると逃げようとします
熟睡してると気づくと同じように抱きついてきます
そして私を裸にして観察しているようです 貞操帯を着けているのは、気づいていますし触って調べている時もあります一様調べが済むと自分も裸になり乳首を私の乳首に擦り付けたり私にペニスバンドを付け跨りアナルにいれ悶えています いくとそのまま私に抱きついて寝てしまいます これは、何とか起きていてきが付いたのですがほとんど熟睡していてわからないのです
睡眠薬を飲まされているように感じます
朝起きると裸で寝ている時があるのです
今日は、これまでにしときます


--------------------------------------------------------------------------------
[2180] 無題 投稿者:まみ 投稿日:2005/03/25(Fri) 22:50

私34歳、夫35歳、子供10歳。結婚12年目、一週間前再就職したばかりの人妻です。
どうしましょう!!私が事務員として就職したその会社になーんと高校時代の元彼が勤めているではないですか!驚きましたよ、もちろん彼もびっくりしてたみたいですけど…。一応ダンナには後々カコンを残さないように「高校んときちょっと付き合った人がいてさーいや学校終わって一緒に帰るくらいで直ぐ別れた人なんだけど、やっぱ気まずいよっ、怖いね田舎って」なんて堂々と話しておいたんですけど本当は全然違うんです。やりまくってました(笑)

彼はちょっと変わった人で、私の家や彼の家でHしても必ず途中でへにゃ〜ってなっちゃうんです。だからやるときはいつも屋外か学校でした。そういうとこじゃないと興奮しないんですって。学校内ではいろんなところでHしました。体育用具室、職員トイレ、もちろん定番の屋上もね。あっ、二人でサボって体育の時間中で無人の私の教室でしたこともあった、となりの教室は授業中だったからスリルがあって興奮したナ。彼は私の大っきくて形のいいおっぱい(今も健在!)が大好きだったし、私は、なかなかイケない彼のおちんちんが大好きだったからHの相性はバツグンでした。

そんな二人も大学進学と同時に、お互い別々の道を歩むことになったのでした。おしまい…ってなれば昔のいい思い出として、ダンナに対してそれほど後ろめたい気持ちも抱かずに済むんですが、彼との話はこれでは終わらないんです…

おととしの十月頃、高校の同窓会で(いよいよ話の核心にせまってきたぁ、パソ打つ手が震えてるよぉ…)久しぶりに彼と再会しました。そのときは彼はまだ結婚してなくて、某大手食品メーカーに勤めてるとのことでした(どーでもいいけどそんな一流どころに勤めてた彼がナゼ今はこんなちっちゃい会社に?)。最初は仲のいいグループ同士でワイワイやってたんですが、みんな私たちに気を遣ってくれたらしくて、いつのまにか二人っきりにさせられてました(これこそほんとの友達!!と、そのときはみんなに感謝しました(笑))そんなときに話すことといったら、ねえ…昔のアノことになるでしょ…お酒もまわってきてたし。彼は私の耳に唇が触れるくらい近くでささやくように話してました。今思えばそれが彼の作戦だったんですね。敏感な耳元で昔のHな思い出をささやくんですよ。私はまんまと彼の作戦にはまり込みました。すごい興奮してアソコがびっしょりに濡れてるのがわかりました。“トイレ行こ”私のほうから誘いました。

会場は大きい結婚式場だったし時間も夜なので人気のないトイレはすぐ見つかりました。個室に入るなりキスもそこそこに彼のズボンを下ろしておちんちんを咥えました。彼のおちんちんの先っぽも、ガマン汁っていうんですか?濡れ濡れになってました。そのくせ“ダンナに悪いよ”なんて一応気を遣うふりをするんですよ!私は私でダンナに申し訳ないと思いつつ、かえってそのことがイケナイことをするんだ、と思えて益々興奮してきました。“おっぱい見せて”彼がいいます。私が自分でキャミソールを捲り上げると彼は片方のおっぱいをわしづかみにしてもう片方のおっぱいに子供みたいにしゃぶりついてきました。“ほんとに子供生んだの?昔と全然変わってないよ”とかなんとか言われてすごいうれしかったです。それからパンストとショーツを脱がされながら“昔のこと思い出すよね”とも言われました。私は恥ずかしくて少し顔をそむけたんですけど、“またバックでいい?”と言われ素直にタンクに両手をついてお尻を彼に向けました。彼のおちんちんが入ってきたときはダンナのことも、子供のことも何もかも忘れてしまうくらい興奮しました。彼の動きにあわせて私も腰を動かしました。

昔から彼はバックでするとき、後ろから手を伸ばして私のおっぱいを掴んで乳首を刺激してくれるんですけど、このときは彼もすごい興奮していたらしくて、無理やり私の上半身をねじるみたいに自分の方に向かせて、前かがみになって私のおっぱいにしゃぶりついてくるんです。私はちょっと不自然なくらい体をひねってるんですけど、アソコと乳首が同時に刺激されるし、彼も顔を上げて女の子みたいにはあはああえぎながらときどきキスをして舌をからめてくるから、私もちょっとMっぽいとこもあって、いつも以上に大っきい声であえいでたんだと思います。

“ダンナにばれたらどうする”とか“昔よりずっとスケベになってるよ”とかそんなカンジな言葉でも責められました。そのたびに私はイヤイヤをしながらも更に彼のおちんちんをきつく締め上げて“気持ちいいっ”みたいなことを叫んでました。彼のおちんちんが私の中でまた大っきくなったからそろそろイキそうなんだナ、と思ったとき“このままイッていい?”と彼。私は“えっ?”と言ったんですけど、彼止める気はないようでした。そして私のアソコの奥が急に生温かくなった瞬間、私の理性も吹き飛んで一緒にイッてしまいました。

ほんとに頭の中が真っ白になるくらい興奮したし、感じまくってしまいました。たぶん1、2分は意識をなくしてたんだと思います。気がつくとアソコにおちんちんを入れられたまま上半身をそり返らせて彼と激しいキスをしていました。それから彼はやさしく私のアソコをティッシュでふいてくれました。でも現実感がとうとう戻ってきたんです。ダンナを裏切ってしまった…私を愛してくれているダンナを…もし妊娠したらどうしよう…私は声を上げて泣き出してしまったんです。彼に“先行ってて”と言うのが精一杯でした。私はひとしきり泣いたあとしっかり身づくろいをしてそのまま誰にも会わずに会場を出ました。

それから立ち直るのに時間がかかりましたよ。二週間くらいダンナと子供の顔まともに見られなかったもん。でもやがて…時間っていろんな思いを薄めてくれるものなんですね。

でも、今、彼とは同僚になってしまいました…まだほとんど話はしていないんですけど、彼は私のことどう思ってるんでしょう?私は…彼の顔を見るたびに、2年前のあのことを思いだしちゃうんですよ。我ながらインラン?でも今までいろんな人といろんなHしてきたけど、あのときのHほど興奮して気持ちよかったことってないんです。仕事中思い出すたびにアソコが濡れてきちゃう…昨日はガマンできなくて会社のトイレでオナニーしてしまいました(実はこれ書いてる最中も1回オナってるし…)きっと彼も私のおっぱいとあのとき中出ししたときの私の反応を思い出して興奮してるんだろうなぁ。会社のトイレですごいスケベなHすることを想像してしまって頭から離れません(ううっ…)ほんとはダンナへの気持ちとかこれからどうしたいとかいろいろ書きたいこといっぱいあるんですけど、今日はもう無理です…気が変になりそうです。また何かあったら来ます…
--------------------------------------------------------------------------------
[2178] 無題 投稿者:詩乃 投稿日:2005/03/25(Fri) 10:37

彼のものが入って来た。ヌラ、、、!あっ!大きい!太い!腟口がいっぱいに押し拡げられる。張り裂けそう!主人のより、ずっと大きい。私はのけぞり、息を詰める。

とうとう、入った。奥まで入っている。彼の先端が子宮を押し上げている。

彼が動き出す。私はたちまち気を失うほどの快感に襲われる。組み敷かれたまま腕を伸ばし彼の首っ玉にかじりつく。ヒザを曲げてカカトを彼の足にからめて腰を浮かせお尻を持ち上げる。

自分が今、何を口走っているかも分からない。

頭の中が真っ白になる。彼を受け入れている部分がカッと熱くなり、ドロドロに溶けてしまいそう。

私の中で、彼のものが震え出す。アァッ!イク!そう感じた瞬間、彼のものがビクンと跳ねた。温かいものが私の腟の奥に広がる。うれしい!一緒にイッてくれたのね!

私はむせび、押し付ける。また、震える。そしてドクッ、ドクッ!また!また出てる!

主人の顔が頭をかすめる。海上自衛隊3佐の主人は護衛艦に乗っている。イラク派遣でもう3ヶ月も留守だ。あなたが放っておくから悪いのよ!

家に帰った私は、ベッドわきの主人の写真をソッと裏返しにする。ドロ、、、さっき彼が注ぎ込んだものが流れ出し、内腿を濡らす。

ゴメンね、あなた。でも、彼とは離れられない。


--------------------------------------------------------------------------------
[2177] 浮気 投稿者:美紀 投稿日:2005/03/25(Fri) 01:14

22歳の大学生です。
2年生のときから付き合ってる同級生の彼がいます。
年末の忘年会のときに、一回だけ、酔った勢いでサークルの友人の男の子とエッチをしてしまいました。
隠し事は嫌なので2週間ぐらいしてから彼に打ち明けました。
はじめはかなり怒って、別れるということになったのですが、最近許してくれたみたいです。
同時に彼がその1回の浮気のエッチのときのことをしつこく聞くようになりました。
何回ぐらいしたかとか、いったのかとか、浮気相手のおちんちんが大きかったかとか、ゴムはしたのかとか。
彼もそれを聞いて興奮してるみたいで、私も彼に言わされるのは結構イイかもと思うのですが、正直に言うと彼に悪いし
それで、やっぱ別れると言われても困ります。
とりあえず曖昧にごまかしてるのですが
どこまで言ってもいいものでしょうか。
ここのサイトを見てらっしゃるような男性なら正直に言っても大丈夫そうなのですが、何しろ彼は真面目君なので。

浮気だけあって、かなり興奮して気持ちよくて何回もやっちゃったし、
正直言って彼より全然大きかったし、それで痛そうだったから、生でしちゃったし、中出しだったし・・・
困ったものです。
書いたらすっきりしました。


--------------------------------------------------------------------------------
[2175] 自分から性奴隷に 投稿者:みえこ 投稿日:2005/03/21(Mon) 11:25

3年前、夫以外の男性を愛し、彼の心を繋ぎとめるため性奴隷になることを誓いました。
茶髪、濃い目の化粧、マニキュア&ペディキュア、陰毛の永久脱毛、胸が大きく開いて谷間が見える服、股下数センチのマイクロミニ・・・頭からつま先まで彼好みにしています。
今まで俗にいう「マグロ」だった私が、自分からフェラチオし、自分から彼の股間に跨り、大声で淫らな言葉を発しています。
人前でのフェラチオやセックスも平気になりました。
タクシーの中で全裸になり、フェラチオしたこともあります。
カラオケボックスでは、いつも全裸です。
彼に褒められるためなら、何でもできそうな私です。


--------------------------------------------------------------------------------
[2174] 管理奴隷になった私 投稿者:ゆかり 投稿日:2005/03/20(Sun) 16:21

去年の8月から付き合ってる浮気相手にうまく騙されて知らない内に調教されて今年の2月の始め彼に貞操帯を附けました
それから毎日彼のとこに行き浣腸とオマンコの手入れをしてもらってます
貞操帯を外してるときは、目隠しに両手を後ろに縛られています
主人は、気づいているはずなのに何も言いません
娘が二人いるので見た目は、普通の夫婦生活ですが主人は、私の下着や服からバックや靴をたまに持ち出して着ているようです
最近は、髪を伸ばして無駄毛も処理しています 
この間 夜中主人が入浴しているのを覗いたら胸がしっかりBカップ位ありました 
彼に話したら主人が女装してるときナンパして夫婦そろって奴隷にするのもいいなって言われています
--------------------------------------------------------------------------------
[2173] もうがまんできない4 投稿者:ひろみ 投稿日:2005/03/14(Mon) 21:05

彼らはあわてて湯の中に沈みました。
やはり若い子は恥ずかしいでしょう。
「ごめんなさい」といいながら、彼らの間をすり抜けて屋内風呂に急ぎます。
タオルも持ってなかったので、右手で胸を左手で下を隠して通り過ぎました。
背中にお尻に彼らの視線が突き刺さります。
湯船を出るときにひょっとして下から見られたかな・・・・

あわてて脱衣場に行ってバスタオルで体をふくのもそこそこに浴衣を羽織って部屋に戻りました。
自分で下半身がぬれているのがわかりました。




--------------------------------------------------------------------------------
[2172] 初体験デス 投稿者:28歳のママ 投稿日:2005/03/14(Mon) 13:26

家族でスキーに出かけたのですが、途中で降雪量が道路の通行規制限度を超えてしまったのと
吹雪が強くなり、仕方なく民宿のようなところで待避することにしました。
他に宿がある場所ではないので、4部屋しかない個室は満室だったので
小さい宴会場に布団を並べた大部屋というところになんとか3人分の布団を確保できました。
しかし、家族で一緒に寝れるわけでなく主人と離れて一晩過ごすことになりました。
5歳の子供と私は、主人とは5人分の布団を挟んで場所を確保しました。
大部屋なので、主人と話す時間的な余裕もなく消灯されてしまい、仕方なく寝ることにしました。

疲れているのに寝れない時ってあると思いますが、その夜がそうでした。それでも少しウトウトしかかった時です。
隣の布団から手が入ってくる気配がしたと思うと、私のお尻を触り始めました。
私も声を出して男をとがめる度胸もなく、子供の布団と入れ替えて逃げることにしました。
防寒着を着たまま寝ていたのですが、それでも寒くて寒くて寝返りを打ちながらウトウトしてました。
いつの間にか寝てしまったのでしようね。すると背中がスゴク温かくて気持ち良くなっていました。
なんとなく目が覚めましたら男が私の布団に入っていたのです。その時にはウェアのパンツも脱がされてしまって
男がショーツの上から私の躰をまさぐってました。

疲れていると気持ちまでおかしくなってしまっていたのか、怖くてドギドキしていたのが、
急に性的な動悸に変わってしまっていました。
男が「耳元で良いのか」と言うと男はゆっくりとウェアのパンツとショーツをヒザ下まで下ろしました。
私も少し腰を上げて脱ぎやすいようにしました。

男はゆっくりと私のアソコを手のひらと指で愛撫を始めました。私も完全に男の指に翻弄されてしまいました。
それから男は指を1本1本少しずつ増やしながら膣へ入れて来ました。結局、4本まで入れられてしまい
後は、声を押し殺すようにイッてしまいました。

男は「ありがとう。奥さんが気持ちよくなってくれることに喜びを感じるのだ」と言って
半分ボーとして気だるい私の耳元で服を元に戻しながら声を掛けてきました。
私は挿入をしないセックスでも楽しいことを教えられた気がしました。
少し私も気だるさが解けてきた頃に、布団の中へ潜って隣の男布団に入り込みました。
そのまま、男のズボンを脱がせて萎えたままのペニスを一気に口に含みました。
汗と尿との何も言えない微かな匂いと味がしましたが、それも興奮材料となってしまいました。
男は急速に勃起しはじめました。そんなに大きいペニスではなかったので
亀頭をスッポリと口に含んで舌で舐めながらサオを何回か上下にこすりました。
すると男は声を殺しながら「ウッ」と言うと沢山の精液を私の口で放出しました。
主人の精液すら飲んだ経験がないのですが、そこで吐き出す訳にもいかなかったので飲み込んでしまいました。
布団から這い出ると、男から「嬉しかったよ」と言われました。

翌朝、夫と顔を合わせましたが知るよしもなく、
「少し口臭が匂うぞ?歯を磨いてきたら?」言われました。
まさか、私が他の男の精液を飲んで彼の汗と尿との匂いと混じり合った匂いを口から出しているとは
思わなかったのでしようね。

これがきっかけで、躰は夫のものでなく私のものと自覚してしまい
メル友にはまってしまって、子供を幼稚園に届けるとホテルで遊んでいます。



--------------------------------------------------------------------------------
[2171] 東海道線でのデキゴト 2 投稿者:さやか 投稿日:2005/03/14(Mon) 10:43

駅のトイレで下着を取ると、階段を気にしながらホームに着き、
同じ時間の同じ車両に乗りました。
でもその日は、50代のおばちゃんがとなりに来ただけでした。

私は到着駅で下着をつけ、ストッキングを穿きながら、
おもわず笑い出してしまいました。

でも、10日ほど過ぎた頃に、あの男が乗り込んできたのです。
勿論下着は着けておりましたが、生足です。

相手もすぐに私に気づいたようで、すぐに私にピタッとくっついてきたのです。
最初からコンドームをつけてるなんて、完全な常習犯です。

今回は最初から、向かい合って体を付け合う形となりました。

前回は男が電車の揺れのせいにしていつのまにか
私の前に体を反転させたのですが、今回はちゅうちょ無しという感じでした。

すぐにあの恋しくさえ思ったモノが硬くなりました。
痛いくらいギンギン当たっています。

私はもうそれだけで濡れてしまっていたと思います。
「おはよう」耳元で大胆にささやく男に、
おもわず、私は小さくコクンとしていました。

ドアとの隙間から私のブラース越しに乳首をいじってきます。
すぐに痛い程コリコリになってしまいました。

そしてその手を私のスカートの中に・・・。
パンティーを横にずらし入ってきて、クリトリスをなぜてきます。

周りの人にピチャピチャという音が、聞こえてしまうのではないかと思うくらい、
びしょ濡れになってしまいました。

いきなり指を挿入され、小さく「ウッ・・・」って漏らしてしまいました。

そして自分のモノを出し、私に握らせたのです。
それは硬く、太く、熱く、やはりコンドームが被せてありました。
「挿れるよ」とつぶやくと、パンティーをずらしたまま、挿入を試みたのです。
私も自然に片足を少し上げ、つま先立ちをして協力しました。

そしてゆっくり入った時には、目の前が白くなっていくようでした。
男は動かず、時々力を入れて、ピクピク痙攣させます。
奥までは入っていないのですが、その刺激は、倒れてしまいそうなものでした。
「ごめんなさい、許して、もうだめ・・・」

痴漢になぜ謝らなければならないのか、今考えるとおかしいですが、
そのときは素直にそういう言葉が出てきたのです。

男は果てました。私もその痙攣でイってしまったのです。
「降りる?」と男は誘いましたが、
私は横に首を振りました。


その後、あの男とは会っていません。
断らずに、一緒にホテルに行けばよかったのかなあと
後悔する時もあります。

ひょっとしたら、アイツ捕まってしまったのかも・・・。

あんな凄い体験、やはりそれ以後は一切起きませんでした。



--------------------------------------------------------------------------------
[2170] 東海道線でのデキゴト 投稿者:さやか 投稿日:2005/03/14(Mon) 09:15

「痴女」を読んで、私も私に起こったあの出来事をお話したくなりました。

私がまだOLをしていた頃、7月の出勤電車のことです。

東海道線は車両の前後にドアがあり、私はいつもそこにいました。
駅と駅の間が長く、頻繁にドアの開閉がないからです。

その日も横浜からギュウギュウ状態になりました。
Tシャツ姿の、通勤ではないと一目でわかる
30代のスポーツマンタイプの人が、
私とピッタリ体がつく形になってしまいました。

なんとなく予想はしていましたが、やはりお尻に何かモコモコするモノを感じると思ったら、
すぐに電車の揺れに伴い、石のように硬く大きくなったのです。

最初は恐さでドキドキしていました。
耳に当たる息が荒く感じられるようになったかと思うと、
その男は両手で私のミニスカートをずり上げ、足で股を少し開かせたかと思うと、
私の股にこの石の様な男根を差し込んだのです。

私は驚きで何もできませんでした。

男はその固くてふといモノをゆっくりと擦り始めました。

その熱い、硬い棒の太さが凄いのです。
私もいつのまにか、神経がそこに集中してしまいました。

耳元で「とても熱くて、濡れてるよ」とつぶやかれ、
私は立っているのが耐えられないほど感じてしまったのです。

ゆっくりゆっくりと、その硬く太い棒でクリトリスを擦られ、
耐え切れず、声を押し殺し、私はイってしまいました。

それを見て男は、「コンドーム被せてあるから」と言い、
小さく「ウッ・・・」と発しながら小刻みに痙攣して果てたのです。

衣服を汚されないという安心感と、
そのピクピクという動きに、私はまたイってしまいました。

男のモノがやっと元通りになると同時に、駅に着き、
反対側のドアが開き、男は降りていきました。

その瞬間ヘナヘナと腰が砕けて、私はその場に座り込んでしまいました。

駅に降りると、すぐに、持っている下着とは着替えなければいけないほど濡れていました。

私は当時、痴漢に狙われやすく、恥ずかしいのですが、
感じてしまうことがあったので、携帯していたのです。

一日中、朝のデキゴトが頭に浮かび、仕事になりませんでした。
あんなに感じてしまった痴漢は初めてだったからです。

「明日も逢いたい・・・」

私は同じ時刻、同じ車両に翌日も乗りました。
昨日と同じミニスカートで、でも、下着は付けずに・・・。


--------------------------------------------------------------------------------
[2169] もうがまんできない3 投稿者:ひろみ 投稿日:2005/03/14(Mon) 02:22

でも私はちょっと昔の彼とのことを思い出しました。

不倫していた上司はOLになったばかりの私にいろんなSEXを教えてくれました。
野外のSEXは、川原、公園、駐車場、マンションの屋上、露天風呂。特に夏になれば薄着で散歩とか・・・
驚くやら何やらで恥ずかしかったけど、感じてしまいました。
そういえば卒業旅行も温泉だったけど、混浴に思い切って入ったし、主人ともOL時代に温泉旅行で恥ずかしいことをしたなー。
学生時代もナンパされて川原でちょっとHっぽいこともやったしなー。
新婚時代も夏だったこともあって結構大胆にしていて、覗かれていたじゃない。
子育ての6年間で女を忘れていたけれど、ちょっと露出しちゃって思い出してきたって感じかな・・

というわけで、宿に帰って温泉風呂に入るって聞いて少し下半身がうずきだしました。

結局濡れたままの水着姿で宿に着いた私たちは、まず主人と子供がお風呂に行きました。
温泉といってもちょっとしたお風呂で団体は私たちのほか1組しかおらず、ひとつのお風呂を交代でつかうことになりました。
主人たちが出た後で、私が一人で入っていると、どやどやと音がしてもう1組のグループが入ってきました。私はあわてて湯船を出て、露天になっている外のお風呂に沈みました。夏とはいえちょっと温い温度です。
岩陰から覗くと数名の若いグループでした。大学生ぐらいでしょうか。
私の下半身が熱くなってきました。あなたごめんなさいと心でつぶやきながら、覚悟を決めました。
やがて彼らが外の露天風呂に出てきました。
「こんにちわ」思い切って声をかけました。
彼らが立ちすくみました。
それはそうでしょう。いくら30女とはいえ、素っ裸の女性がそこに居たのですから・・・
ここでこっちがあわてたら女がすたる。
--------------------------------------------------------------------------------
[2168] もうがまんできない2 投稿者:ひろみ 投稿日:2005/03/14(Mon) 01:38

Tシャツを羽織って海岸に行くと主人たちが海に入っていました。長男と主人が海から上がってきて、下の子にせがまれて私も海に入ることになりました。
Tシャツを脱いでからちょっと恥ずかしくなりました。
結婚前のOL時代の10年近く前の黄色の水着です。そのころはハイレグがはやり、結構お尻が出てるし、前も結構きわどいのです。
でも下の子は待ってくれず、海に入るはめになりました。
周りの人もこんなおばちゃんには目もくれません。
ところが海から上がって浜辺を主人たちのところに帰るときに結構男の人といわず女の人も私をじろじろ見るのです。
ちょっとハイレグすぎたかしらと思っても「まーいいじゃない」と思って主人たちの隣に座って気がつきました。
私は着替えを急いだあまり、水着の下につけるものをつけていなかったのです。前を見ると、黄色の水着からヘアは透けて見えているし、わたしは結構毛が薄いので、大事なところまで見えているではありませんか。
あわててバスタオルを腰の周りに巻きました。
鈍い主人は気がついていません。
これはもう海には入れないと思って、後は主人たちに任すとして、浜辺で腰にバスタオルを巻いてパラソルの下でおとなしくすることとしました。

下の子は横で砂遊びをしながら私にまとわりつき、わたしはうつぶせになってしばらくうとうとしたでしょうか。
主人の「おい」という声で目が覚めました。
いつの間にか下の子がバスタオルをはぐっていました。
主人が「丸見えやぞ」と怒って私にバスタオルをかけます。

濡れたハイレグの水着を通して私の大事なところが丸見えだったのです。主人は怒って口も聞いてくれません。

わたしは本当に恥ずかしく、主人に申し訳なく、しばらくは意気消沈でした


--------------------------------------------------------------------------------
[2167] もうがまんできない 投稿者:ひろみ 投稿日:2005/03/14(Mon) 01:22

私はひろみと言います。
35歳の5歳と3歳になる2児の母親です。
結婚して7年になります。
主人とは私が大学4年の時からの付き合いです。
一応主人には処女だったことにしたあります。
付き合ったり別れたりしながら7年越しで結婚しました。
もちろん主人からの求婚でした。

ところが最近といってももう4年近く下の子を作ったときから主人とSEXがありません。わたしにはすっかり魅力を感じないようです。
といっても私も子供が小さいし、浮気なんかできる環境じゃありません。

それでここのところちょっとスリリングなことを冒険してみました。
昨年の夏に家族で伊勢志摩に泊まりに行きました。
海水浴場と少しはなれたところに宿をとったので、水着への着替えは現地でするということになりました。
ところが脱衣場はいっぱいで駐車場さえなんとか確保できる有様でした。
子供たちと主人は駐車場の車の陰で着替えましたが、私は困ってしまいました。
「まーいいか」と思って主人に「車の中で着替えるわ」といって、近くには居ないように先に行ってくれるように頼みました。
しばらくして回りに誰も居ないことを確認して、車の後部座席でワンピースの水着に着替えることにしました。
Tシャツとパンツを脱いで下着だけになりもう一度周りを確認してから、前の助手席の後ろにかがみこんで、急いでブラとパンテイを脱ぎました。
生理中だったので使用済みのナプキンもビニール袋に入れました。急いでタンポンを取り出し、つけようとしましたが、久しぶりにタンポンをつけるのと、早く着替えないといけないとあせってうまくいきません。
息をちょっと止めてようやく入ったと思って顔を上げた瞬間、車の前でこちらを見ている男の人に気がつきました。
わたしはいつの間にか座席の中央に居ており、フロントガラスの前から、素っ裸でタンポンを挿入しているところを男の人に見られたのです。
あわてて水着で前を隠しましたが、男の人…結構若い人はじっとこちらを見ています。しばらくそうです10秒ぐらいたってからその人はようやく立ち去ってくれました。
急いで水着を着て車を出ましたが、外には駐車場のバイトのお兄さん2人がニヤニヤして立ってこちらを見てました
たぶん水着を着替えるところもみられたのでしょう。

とっても恥ずかしかったけど、なぜか下半身が熱くなりました。



--------------------------------------------------------------------------------
[2166] ベスト エッチ 投稿者:かおり 投稿日:2005/03/13(Sun) 19:09

何年か前の事ですが、彼氏とスキーへ行った時の事です。
食事も終わり2人でお風呂へ行ったときのことです。
混浴温泉には何度も行った事がある2人ですが、その旅館は
男女別でした。残念!などと言いながら、別々にお風呂に入ると、洗い場は別でしたが、大きな浴槽は、三分の一位しか、仕切りが無く、完全な混浴でした。彼は事前に知っていたらしく、浴室に入ると、女性の出入り口が見えるところで、湯船に浸かっていました。私が入っていくと、手を上げて、ビックリした?と笑って言いました。私も混浴なら、もう少し遅い時間の方が良かったかな、と思いつつ、一緒に入れるのが嬉しく思いました。奥のほうにある露天の岩風呂のほうに場所を移して、温泉を堪能していたとこに、やっぱりと言おうか、案の定、食事が終わったお客が、
入ってきました。十五人位でしょうか、それも皆男性。その中に
女は私一人だけ、と思うと、ドキドキわくわく、ジンジンしてきて、のぼせてきました。岩風呂に女が居ることは気がついた様子でしたが、なかなか近寄ってきません。しばらくして真っ黒に日に焼けた(顔だけ)男性が、岩風呂に来ました。六人でスキーに来たそうで、それをきっかけに色々お話が始まりました。
他のメンバーも集まって、どんどん話が盛り上がって、いつの間にか、誰かが一升瓶のお酒を持ってきて、酒盛りまで始まりました。コップは一つで回し飲みです。少し温めとはいえ、三十分以上、湯船に浸かっていて、その上日本酒まで飲んでのぼせて来たので、「のぼせちゃった、少し体冷やすね、いい?」と彼に
言うと、皆が,一斉に「どうぞ!どうぞ!」と言いました
思わず笑いが出てきました、皆私の裸が見たいのねヨシヨシ
と思いながら、岩の上に上りました。私たちは混浴に入る時は
タオルなどは一切もたない主義ですが、混浴とは知らなかった
私は小さなタオルを持ってましたが、それも湯船のふちに置いたまま、私の全裸を逢ったばかりの六人の男性にさらけ出しました
完全に露出モードになった私は、以前彼に言われた、初心者の露出のポーズ、岩場に座って膝を閉じて抱えて足を開く、という格好をしました。彼はニヤニヤ見ていましたが、他の皆は、言葉が止まり、わたしのアソコと顔をチラチラと見比べていました。
すぐに一人がコップにお酒をついで持ってきました。「ま!お酒でもどうぞ、でも、オマンコもろ見えだよ」「大丈夫、見せてあげてんだモン!もっと見たい?」皆から、スゲー!イーイー!イェー!
見せてー!などの声が上がりました。「おじさんたちのも私に見せてよ!私だけじゃズルイ!」というと、彼が「男はすぐに反応して感じた様子がスグバレルから、お前が裸を見せただけでは、不公平だよ、キンタマをもろに見たいのなら、おまえもモロニ感じている処を広げて見せなきゃ!」彼は言葉のエスです、
私は「イイヨー!!広げて見せるから、あたしにも見せなきゃダメだからね!」と言いながら、平らな湯船のふちに下りて、少しのけぞる姿勢で、足を思い切り広げ、あそこをさらけ出しました。
おじさんたちも約束どうり大きくなったオチンチンを皆見せてくれました。私もどんどん感じてきて、自分でクリを触りながら、もう片方の手の指をアソコに入れましたが、体が痛くて気がそがれるので、思わず「誰か、!!弄って!」と叫んでしまいました。と一人が、いいんですかと彼に許しを求めながら、弄ってきました。多分彼が目で合図したんだと思いますが、他の人も側にきて、胸をしゃぶったり、太ももにキスしたり、と六人全員に弄られて、あっと言う間に達してしまいました。このようなノリでいったのは、初めてだったので感激しました。名残惜しそうに私のあそこを擦っている最初の彼に「ネ!交代シヨー!」と彼を立たせて、彼のオチンチンヲしゃぶりました。十秒もしないでお口の中に放出しました。コンドームがあればアソコに入れさせてあげたんだけど!!残念!!私の彼はゴムさえ着ければ浮気してもイイよ、が口癖ナ人なので、かれも同じ気持ちだったと思います。私のエッチな出来事ベスト10位に楽に入るエッチでした


--------------------------------------------------------------------------------
[2165] 復讐 投稿者:沙耶 投稿日:2005/03/10(Thu) 07:45

私も美奈さんと同じようにレイプされた人と結婚しました。

今の夫は高校の同級生ですが、高校3年生のときレイプされて、
妊娠し籍をいれました。
当時、一つ上の大学生の先輩と遠距離恋愛をしていました。
11月の学園祭の打ち上げで、夫から告白されたのですが、
私には彼氏がいたし、夫は私よりも背が低く、不潔な印象
があったので、傷つかないように断りました。
飲めないお酒を飲み過ぎて、気が付いたときには、夫が背中を
さすったりして介抱してくれていました。
また、そこから意識を失い、次に気が付いたのは、夫の家の
ベッドの上で、夫に挿入されたときでした。
抵抗をしましたが酔っていたので力も無く夫のなすがままでした。
レイプされているのに、遠距離恋愛のため最近SEXをしていなかったのもあり、
だんだん快感が押し寄せ、悲鳴も喘ぎ声に変わり、夫を受け入れてしまいました。
その日は、3回中出しSEXをされ、その後も、夫の両親が不在のとき
呼び出されSEXを強要されました。
遠距離恋愛の寂しさと、夫とのSEXの相性もあって、愛していない夫を受け入れていました。
それから、妊娠していることが分かり、卒業と同時に籍をいれました。
それから5年経ち、二人の子供の子育てに追われています。
子供のことは愛していますが、夫のことは嫌いです。
子供が巣立ったとき、夫に復讐しようと思っています。



--------------------------------------------------------------------------------
[2163] 痴女 投稿者:みさ 投稿日:2005/03/06(Sun) 11:21

私がまだOLだったころ。

朝のラッシュアワー。ギュウギュウ詰めの電車内で私はもがいていた。

私の前には高校2,3年生と思われる少年が立っていた。私と少年は向かい合わせに、ちょうど抱き合っているような形で周囲から押し付けられていた。

ふと気がつくと、少年の前の部分が膨らみかけているのがスカート越しに感じられた。この少年、子どものクセに痴漢かな?と思って顔を見ると、真っ赤になってモジモジしている。どうやら、ラッシュで、しかも夏の薄着姿の私に押し付けられているうちに物理的な刺戟で自然にそうなったみたい。

チョッピリいたずらっ気もあって私は、そっと手をそこに触れてみた。少し大きくなってる!

ガタン、と電車が揺れた。私と少年はいっそう強く押し付けられた。私は思わず少年を握っていた。ハッとしたように少年は私の顔を見つめ、モジモジと体を動かせて逃れようとしている。でも、逃げられない。

私は握ったまま、手を上下に動かし始めた。ますます大きく硬くなって来る。私の下半身が濡れて来た。少年は刺戟に耐えかねてか、ジツと目を閉じ、真っ赤な顔をしている。

私は思い切って少年のジッパーを外し、手をズボンに滑り込ませた。温かいナマの感触、、、。ジュン、、、私のショーツに隠された部分からの滲出が量を増す。少年の手を取り、スカートの中へ導き入れる。

私は握った手の動きを早めた。課長との度重なるデートで男性を悦ばせるにはどうすればいいかはよく知っている。

少年の手がショーツの下に入り、オズオズと私の濡れたところをさまよっている。気持ちいい。私は心もち足を開き、そこを少年に押し付ける。

ハァ〜、、、少年が吐息を洩らした。すっかり硬直した彼のものがビクンと震えた。温かいものが私の手を濡らした。「イッちゃったのね?」私は少年の耳元の口を寄せてささやく。

電車から降りようとする少年に私は「待って。渋谷までつきあって」と言う。「ウン」と彼はうなづく。可愛い。

渋谷駅のホームで私は少年に私のケイタイ番号を教えた。「坊や、また会おうネ」

次の日曜日、私は少年と落ち合い、ホテルへ行った。
--------------------------------------------------------------------------------
[2162] やっぱり大きくないと 投稿者:美奈 投稿日:2005/03/06(Sun) 02:31

私も、ひろみさんに賛成です。
大きくて硬い物が大好きです。
そして、強い男性が好きです。体が大きくて、喧嘩が強くて、頭が良い男性がいたら最高です。顔は関係ないかな。

今の夫を選んだ理由は、SEXです。
初めての夫とのSEXはレイプでした。でも、夫に犯されているとき、世の中に、こんなに素晴らしいことがあるのかと、夫の虜になってしまいました。

当時、私には別に交際している男性がいました。その男性は、優しくて、経済的には夫よりは上だったのですが、あそこが小さくて、SEXは最低でした。SEXのときは、いつも演技で逝く振りをしていました。

夫に犯されたあと、交際していた男性とは別れて、夫のSEXにのめり込んで行き、最終的には結婚しました。

はっきり言って、夫は優しくないし、経済的にも不安です。でも、毎日のSEXは必ず私を逝かせてくれます。だから幸せです。私は満足しているので浮気はしないと思います。

大きくて硬くて長い物が押し広げられ挿入され奥に当たる感覚を一度味合うと、それより小さいと物足りなさを感じるのは私だけでしょうか。



--------------------------------------------------------------------------------
[2161] 大きいほうがずっといいですよ 投稿者:ひろみ 投稿日:2005/03/05(Sat) 14:10

香奈さんは大小は問題じゃないって書かれてますけど、私は大きい方がずっといいです。

私は主人公認で浮気したことがあるんですが、その人が大きくて、先っぽが広がっている人だったんです。主人は小さいんですが、長さも太さも倍以上で、先っぽは5倍くらいでした(主人は包茎で、先っぽは口紅みたいなんです)。

主人もそばにいてくれたんですが、怖くて身体が開きませんでした。でもあそこに触った男性が、これならローションはいらないでしょうって言うんです。自分で触ってみたら、それまでになったことがないほど濡れていました。

私のあそこは主人の小さいものでも締め上げるほど、かなりきつめのはずなんですが、腰をつかまれてぐいぐいと押し付けられたら、その男の人の太いものを呑み込んでしまったんです。いつもとは全然違う太いものでいっぱいにされて、壊れそうで、そっと息をはいたら、男の人は動き出して、私の中をずるずると行き来し始めたんです。頭のてっぺんにまで響くほど異物感が感じられて、何も考えられなくなりました。

そしたら耳元で主人に「彼のおちんちんにおまえのいやらしいおつゆが泡立つほどからみついているよ」と囁かれて、次の彼の突きで本気で逝ってしまいました。彼はまだまだいかなくて、何度も何度も突かれるうちに、連続して3回も逝ってしまいました。

それから色んなことをして、何度も逝ってしまったんですが、あんなに何度も逝ったのは生まれて初めてでした。やっぱり、男の人のものは大きいほうがいいです。

その時に身体が太いものでいくことを覚えてしまい、それまで使ったこともない太いディルドで主人に突いてもらい、楽しんでいます。主人の小さいものは、もう何ヶ月も入れていません。

不思議なことに、バイブレーターよりディルドのほうがいけるんです。太いディルドで何度も突かれると、自分でもびっくりするくらい簡単に逝ってしまうんです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2160] 入れたい? 投稿者:香奈 投稿日:2005/03/05(Sat) 03:50

32歳の主婦です。
最近、浮気の彼とは、週に1回ぐらい会っています。
会う日は、お昼ご飯は抜いてゆきます。
フェラの時に喉まで突っ込まれるので、うえっとなってしまうからです。それとお腹が空いてるときの方が素直に精液を飲めるからです。
それと、彼が言っていたのですがお腹が空いたときの方が性欲も強くなるそうです。
彼は、最近は、1時間ぐらいフェラをさせます。
私にフェラさせながら仕事の電話とかしたり、たばこ吸ったりします。私が少し怠けると、顔をチンチンで叩いたり、
頭を押さえて苦しいフェラをさせます。チンチンが大きいから亀頭に歯を立てないのが大変です。
お風呂に入ってくれないのでいやらしい味がします。全部私が綺麗にしてあげないといけないことになっています
主人のと比べて大きさも全然違うし、固さや充血度(脈打つ感じ)も違います。
主人のはよっぽど興奮させてあげないと、亀頭が充血しきって無くてしわが寄っていますが、
彼のは大体いつも充血して、つるつるに光ってます。
大きい凶暴そうなチンチンをフェラするのはとても興奮してしまいます。
私の唾液でヌラヌラになって、ドクドクしてるのを見るのが好きです。
フェラしながら、自分で彼の脛にあそこを擦り付けます。すね毛のジョリジョリがベトベトになると、どんどん気持ちよくなります。
口で大きさを確かめながら、膣にこれ入れたら気持ち良いだろうなーって思いながら、すねの固いところにクリを押し当てています。
すねの骨を小陰唇の間に挟み込んでスライドさせるのも気持ちがいいです。
彼はきついのが好きなので、入れる前にはべちゃべちゃに濡れたオマンコを全部、拭かれて乾かされてしまいます。
挿入の時のメリメリってきつい感じがいいそうです。私も処女を破られる時みたいで好きです。すぐにヌルヌルになっちゃうけど。

彼とした後は主人とするまで体を洗ってはいけないことになっています。
さすがに、白く跡になった精液とかはバレルとまずいので拭きますが、最近は膣の中まで洗ったりはしません。
主人が私の乳首を舐めたりするのを承知で、ベトベトのペニスを胸に擦り付けます。
こういうのって動物の習性のようですね。

彼の言いつけで主人とは毎日するようにしてます。
だけど射精させていいのは彼に会った日だけと決められています。
主人のをフェラしても彼のをする時みたいには燃えられません。
もっと大きければいいのに・・。って思ってしまいますがどうしようもないことなので、考えないようにしています。
だけど、ついつい、セックスフレンドの時はもっと苦しいけど、フェラするだけでも気持ち良いような気分になるのに、
このペニスではだめだなーなんて考えています。

射精させない日には「疲れちゃったから、たー君もして」と言って、私が主人の顔に乗ります。
口だと歯が当たったりして痛いことがあるから鼻がメインです。鼻が膣の入り口にあたるところで私が動きます。
そうするとクリはおでこにこすれて気持ち良いです。小さい上に早漏なのであまり入れさせてあげません。
初めから入れさせると、いつも私がいく前に勝手に中で出しちゃうからです。

主人はマゾっ気があるので、私の浮気を想像させると興奮します。
私も主人に対してはSっ気があるので興奮します。
「ねえ私もっと大きいチンチン入れてみたいなあ、だめ?」
「桜井さん(主人も知ってる昔の彼氏)って、たー君のより大きいチンチンだったんだけど結構気持ちよかったよ〜」
「また大きい人としてオマンコ緩くなったら、たー君困る?
やっと,たー君サイズになったんだもんね。」
「桜井さんは普通だったけど、チンチンの大きい人って大体持続力もすごいんだよ。
たー君みたいに、すぐに出しちゃわないで2時間ぐらいグリグリされちゃうんだから。」
「誰だよそれ」とか、興奮した主人が具体的なことを聞いてきても
「嘘よー」とか「内緒」とか言って、それ以上は教えてあげないことにしています。

結構好きなのは、私が上になって主人の両手を押さえつけて、入れさせてあげないで、
クリトリスとあそこの割れ目を主人のでこするやり方です(すまたっていうのはこれですよね?)。
「入れたい?だけどダメ〜。私が気持ちよくなって、いけたらその後入れさせてあげるね。
だけど、たー君は早いからそれまで、もつかなあ。」とか言ってあげるとすごく興奮するみたいです。

先っちょだけ入れさせてあげて、少し動いてから「やっぱだめ〜」というのもやります。

どうしても入れたいというときは、私が手を押さえつけたまま、入れさせてあげます。
私が腰を振って、チンチンが抜けてから(ほんと抜けちゃうんです)、
「もう、たー君のは、すぐに抜けちゃうんだからっ」って少し怒ったような、すねたような感じで言うと、
口惜しいような興奮したような顔をします。
「やっぱ、チンチンが大きい人としちゃおうかな、そしたら抜けないもんね?たー君それはいや?」
「あれ〜?大きなチンチンの人の話すると、たー君ビンビンだよ、ヘンタイさんだねー」とか。
私も色々サービスします。
だいたいの日は、もたずに、入れる前に出しちゃいます。そのヌルヌルで滑りながら私もクリをペニスで刺激して、いきます。
「たー君きれいにしてね」っていうと、自分の精液と、その日に彼に出された精液でヌルヌルのオマンコを丁寧に舐めてくれます。
膣の中からも出てくるのはおかしいのですが、分からないみたい。
舌が長いのと、やめていいよって言うまで何十分でも舐めてくれるので、それは重宝しています。
「お尻の穴もちゃんと舐めないとダメよ」とか言うと素直にすぐに舐めてくれます。
こちらはまだヴァージンなのでいつかは主人にあげたいと思っています。

みなさんも、たまには、「入れさせてあげない日」も作ると、刺激になりますよ。


--------------------------------------------------------------------------------
[2156] 大小は問題じゃないの 投稿者:香奈 投稿日:2005/03/02(Wed) 11:58

40歳の主婦です。いつだったか、ここに男性のペニスの大きさについてのご意見がいくつかありましたが、私はそれほど大きさにこだわってはいません。要はセックスのときの感情の高まりがどうかによって得られる快感の程度が違うのだと思います。
中学3年で処女を失った私は、それ以来、本当に多くの男性と経験して来ました。今の夫も含めて20人もの男性と関係しましたが、その中には大きい方もあれば小さい方もあります。でも私はその大小に関係なく、そのつど充分な快感を味わっていました。
お酒を飲みながらのお話でムードが高まり、ベッドに入ってからの巧みな前戯で身もとろけそうになったところでの挿入、、、。ズルッと彼のものが腟に入って来るときの感触がたまらなく、私は両腕両足を彼にからめていつしかお尻を動かしているのです。
大きくても小さくてもイッパイはイッパイ、受け入れる腟の構造はそのようになっているんです。そのことをご存じなく、女は太いのが好きだろうなんて考える男性はまだまだいるんですね。


--------------------------------------------------------------------------------







inserted by FC2 system