BBS4 2004/12 過去ログ



--------------------------------------------------------------------------------
[2075] 逢えないから 投稿者:天子 投稿日:2004/12/30(Thu) 13:02

彼とはもう4年も続いてる。でも直ぐに逢える距離ではないんです。
逢いたい、SEXしたいって思っても出来ないもどかしさ…
だから地元に探したのあなたに似た人を…体の相性も彼ほどではないが気持ち良い!
主人とSEXレスになって4年、この身体を満足させてくれる彼達に感謝している。来年もまたこの関係が続いて行くのかしら?でもそうしないと私の身体が疼いてしまう。この疼きを彼らに求めても罰は当たらないですよね?!


--------------------------------------------------------------------------------
[2074] 倒鋪・彊少現 投稿者:さち 投稿日:2004/12/29(Wed) 22:35

私は過ちを犯しました。勿論、主人は知りませんし、誰にも話していません。
隙の多い女なのかナンパされることが多々あります。独身時代もナンパに付いて行き食事+α(キス)はありました。
住んでいる土地柄、クルマが交通手段の主要です。この日も働いている職場から月極駐車場への帰りにナンパされました。
クルマに乗った1人の男性から暇?と声をかけられた。普通は無視をするのかも知れないが、無視できず私は応答してしまう。
無視する事も出来ず、断わる事も出来ない私。主人は出張でいない、食事くらいならばと乗車した。
食事に誘ったのでは無さそうで、夜景を見ようとクルマを数分走らせて近くの誰もいない空き地にクルマを停めた。
食事でないのかと思いつつ、そこは雰囲気の良い場所で夜景も中々な感じでした。
話しが盛り上がった、その雰囲気に付け込んでか男がキスを。しかし、キスへの抵抗感が余りない私はナンパや王様ゲームであったので、キスを簡単に受け入れてしまった。
今まではキスで終わっていたが、次第に濃厚になり胸を揉んできてその空気を感じた。男は止めないエスカレートするばかりで私はドキドキした。
どう対処すれば良いのか、そう頭で考えている間に服を・・・非常に強引と言うかストレートでした。
その男性は決して手馴れた感じではなかったが一所懸命でした。そんな姿を見て何故か冷静な私でした。
冷静でいた私ですが抵抗しなかった。逆に手間取る男に私は手助けしていたのです。
クルマに乗った時は、こんなことに成るつもりは無かった。誰に見られているかわからない車内で見知らぬ男に裸にされた私がいた。
男性も自ら服を脱ぎ私の手を股間にあてた。そこには思いもよらないオチンチンが。太さが凄い500mlのペットボトル位はあろうか。手で摩ると一段と大きくなる。
MAX大きくなったところで男は私を膝の上に座らせ、近くに抱き寄せ相向かいに座った。
そして私に腰を浮かさせてきたので私は腰を浮かした。 いよいよ挿入です。私が上に上がっているので自ら入れなければいけません。
どう考えても太すぎて恐くなりましたが、もう戻れません。そして勇気を出していれました。痛い!物凄く痛かった。
その痛さに耐えて狭い車内で体位を変えることなく最後まで私が上に乗り数10分続きました。
ゴムを着けていないナマの状態でしたので最後はいきそうと言う言葉で私は抜きました。その直後、ティッシュも間に合わずに発射しました。
独身時代も無かったし、今でも考えられないことをしてしまいました。
しかし、主人のことは凄く愛しているし、愛し続ける事は誓います。

















--------------------------------------------------------------------------------
[2072] 告白 投稿者:あき子 投稿日:2004/12/28(Tue) 00:11

主人とは夜の営みも少ないほうではないと思います。
私はもう42歳で若くはありませんが、主人がどうしてもと頼むのでアナルSEXもしました。いまでは普通にアナルですることができるようになってしまいました。
でも主人はビデオのように、両穴がしたい! 前と後で私が
犯されているのを見たいといいだしました。
何日か過ぎた日 私の知らない人を連れてきて 
「会社の知り合いなんだ・・」
と、言って上がらせました。
私は、ある予感がしましたが、そんなこと言えません
でも・・・ 主人とその人が話しているうち私が呼ばれ
案の定、主人が身体を触ってきた時には、その人も一緒に
さわってきました。 主人の了解がもう、とれていたんです。
私も、子供ではないのでそのまま身体をまかせました。
そして、その人が前の穴で、主人が後の穴とゆうことも、
決まっていたようでです。
さすがに二本は苦しく主人のがアナルに入るのに時間がかかりましたが、下半身が亡くなってしまうような感じですごく感じました。 二本が互い違いに動くのは1本の動きの倍の速さで、動かしているようで何年かぶりに頭が真っ白になりました。こんなすごいこと、友達にもいえなくて、ここで告白します。


--------------------------------------------------------------------------------
[2071] 顔も知らない 投稿者:ゆうか 投稿日:2004/12/27(Mon) 11:57

セックスレスです。
そして、悩みを投稿したあるサイトで彼と知り合いました。
彼も深い傷を負った人です。
お互いに心が寄り添って・・
彼は私の心の支えになってくれました。

顔も名前も知らないけど
メールではいつも私を熱くさせてくれます。
そして
やっと電話で話す事ができて・・
私はもう彼無しでは生きていけそうにありません。

顔も名前も知らないのに・・・
おかしいですよね。
彼の声を聴いて、身体が感じて・・
いつも最後は泣いています。
彼は既婚者です。
私は彼を奪いたいなど思っていません。
彼の支えに成りたいだけです。
彼の心を癒したいのです。
これは恋なのか・・自分でも分かりません。
ただ・・愛しくて愛しくて・・

来年、逢う約束をしました。
私の心と身体を溶かしてくれるといってくれた彼。
だけど、その一度で終ってしまうかも知れない。

だけど・・逢いたい・・



--------------------------------------------------------------------------------
[2070] 恋の感覚 投稿者:ゆみこ 投稿日:2004/12/27(Mon) 09:16

忘れていました、もう20年近くも。
恋するってこういうことだったんですよね。
好きになると、会いたくて会いたくて、会えないと不安で。
そして会いに行く時の、あのときめき。胸がキュンってなるって、こうだったんだわ、なんて思いました。
彼に見つめられるだけで濡れる自分がわかります。
キスされて体を愛撫されるだけで半狂乱な私。彼は、何度も何度も私を天国に導いてくれる。(凄くエッチなの)
昨日も凄かったわ。まだ体の芯に残り火を感じます。
本当に幸せ。主人とは、もう3ヶ月交わってません。
早く彼に会いたい。


--------------------------------------------------------------------------------
[2069] 元彼と、、、しちゃいました 投稿者:千賀子 投稿日:2004/12/26(Sun) 11:18

40歳の主婦です。夫は去年の秋からアメリカに単身赴任しており、自宅では中3の長女と私の母の3人暮らしです。父は3年前に亡くなりました。

クリスマス休暇で夫が帰るのを楽しみにしていましたら、取り引きのことでトラブルがあり、3が日過ぎでないと帰国できないとメールがありガッカリ。しばらく振りにタップリ抱いてもらおうと思ったのに、、、。

それでも、子どもや母のためにお正月の準備をしておかなくちゃ、と名古屋へ愛車で出かけました。

あらかたお買い物がすみ、お昼を食べにヒルトンホテルへ。ここのランチバッフェはとても美味しいので、OLのころからここでお昼をとるのが楽しみでした。

食事をしていたら突然、「クミじゃないか」の声。顔を上げるとそれはOLしてたころ同じ課にいた由樹さんでした。

主人には隠していますが、由樹さんは私が初めてオトナの女になった相手で、彼とは2年ほどお付き合いしたのですが、彼にはちゃんとした奥さんがあり、2人の仲が社内のウワサになり、由樹さんは九州の支店へ配転というか飛ばされてしまったのでした。

一緒のテーブルで差し向かいに食事をとっているうち、あのころのことが思い出されて、つい、下半身が疼きました。主人とはもう、1年以上もご無沙汰なんです。

食事のあと、私の車を由樹さんが運転し、私は助手席に乗って行った先はかつての思い出のモーテルでした。

一緒にお風呂に入り、真っ裸のままベッドで抱かれました。以前よりなんか大きくなったみたい。それとも、長い間の禁欲生活で私のが小さくなったのかしら?

最初は正常位で、そのあと私が上になり、ちょうど安全日だったので2回とも中に出してもらいました。

これがキッカケで私たちの関係はこれからも続きそうです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2068] 初オナニ 投稿者:由美 投稿日:2004/12/26(Sun) 02:32

中学卒業前の話です。
大親友の恵子の家に遊びに行った時のことです。卒業前の開放感もあって、2人でワインを飲んだりしました。少し酔いが回ってきた頃、恵子が「面白いもの見せてあげようか?」と言ってアダルトビデオを持ってきたんです。その頃の私といえば男性経験はもちろん、オナニーも未経験のオク手少女でした。でもエッチには人並みに興味もあったので、見せてもらうことにしました。

最初ビデオ画面は男性自信が大写しになってました。女性がソレを手で触ったり口に含んだりしてました。初めて見る光景でした。もうワインの酔いが一気に回った感じで、身体中が熱くなって心臓がドキドキしました。やがて画面は男性と女性が交わる場面になりました。男性はいやらしい事を囁きながら腰を動かしていました。女性は大きな喘ぎ声を上げていました。

ビデオの生々しさは私の想像をはるかに越えていました。私は夢中で画面を見つめていました。ビデオの中の女性が自分であるような錯覚を感じて、段々と興奮していく自分がわかりました。身体中の熱さが下半身に集中していくような気がしました。思わず太ももをギュっと閉じたら、挟まれた股間がジンジンして、何とも言えない心地よい感覚が下半身にジワっと広がりました。それは初めての感覚でした。下半身の1点から快感がどんどん湧き出てくる感じがしました。

その部分を手で触りたい、と思ったとき、恵子がそばにいたことを思い出しました。恵子の方を見たら目が合いました。ずっと私の様子を見てたみたいです。「由美、濡れちゃった?」って言われて、心の中を見透かされたみたいで、すごく恥ずかしかった。恵子の言うとうり、そのとき私は凄く濡れちゃってましたから。

もう20年近く前の話です。今は結婚もして、エッチの良さもそれなりに分かってるつもりですけど、あの時ほど興奮したことはなかった気がしますね。
--------------------------------------------------------------------------------
[2064] ごめんなさい 投稿者:すみれ 投稿日:2004/12/23(Thu) 14:29

今日は旦那にごめんなさいが言いたくなってここにやってきました。

あなたとは中学3年の時からの付き合いですね。
中3の時のクラスメートでした。
たぶんあなたは一度もわたしを裏切ったことはないですね。
知らないだけかもしれないけど、そんなことできる人じゃないから・・・
でもわたしの心の隅っこには彼が住み込んでしまいました。
あなたのせいではありません。
ただ、あなたは毎日のように飲みに行ってしまうから、
子供3人とわたしだけの食卓がちょっと寂しかったのかもしれません。
子供が小さい時は子供の面倒を見るので精一杯だったから他に目をやることもできなっかたけど、
今は知らない人とすぐに知り合える時代だから・・・
最近、あなたはほろ酔い気分で帰ってきて、
わたしのことを綺麗だとか、わたしなしでは生きていけないとか言いますね。
どこまで本気かわからないけど、うすうす心の隅っこにいる彼のことに気づいたのかな?
あなたの愛は彼の何倍も深いとわかっています。
わたしも今のままではいけないと思い始めています。
でも彼からのメールの着信音がそれを打ち消してしまうのです。
あともう少し時間をください。
彼がわたしにうんざりするまで・・・



--------------------------------------------------------------------------------
[2063] 同じ立場になりたい 投稿者:さき 投稿日:2004/12/22(Wed) 03:01

彼とはあるお店で知り合い、それ以来3年ほどの交際が続いています。
彼には奥さんがいて、私はバツ1。
彼との時間は愛情に溢れていて、セックスの相性もぴったりで幸せな時を過ごすことができるようになりました。
でも、結局は奥さんのいる家に帰るというのがどうしても我慢できなくなるときがあります。

一度彼は離婚を決めたと言ってくれましたが、結局そうはならず、彼の子供のことを考えても、離婚を求めるわけにはいかず、悩み続けました。そのうちに私はパート先の人と男女の関係になり、形は違いますが彼とは同じような立場になりたかった私は、彼にそのことを告白しました。

職場の人とのデートは、食事の後にホテルに行くパターンがほとんどで、時には泊まることもあります。当然その時は彼からの電話には出ないので、夜に電話をもらっても私が出ない時はデートなのが彼にわかります。だから、そういう時は携帯を見ないようにして、家に帰ってから彼からの着信履歴を見て罪悪感を感じます。
私が罪悪感を持っているのを知っている彼は、私がデートしてることを知っても何も言いませんでした。

でも、最近は私も職場の人とのことを開き直ったような感じで、彼との会話の中に登場するようになりました。
彼も半分冗談でセックスしながら、私と職場の人とのセックスを見て興奮したい、と言います。私は理解できないんですけどけっこう本気のようです。いくらなんでも直接は難しそうので写真でもビデオでもいいと言います。
実は私の携帯がカメラ付きになったときに撮ってみてるんですけど、もしかすると彼はこっそりとそれを覗き見してるのかもしれないと思うようになりました。

そうやって考えいくうちに、彼の前でそれほど好きでない職場の人に思い切り抱かれてみたいと思うときがあるようになってきています。もしかすると、そうして彼を苦しめることで彼が離婚してくれないことに抵抗しようとしているのかもしれません。
--------------------------------------------------------------------------------
[2062] プリーツスカート 投稿者:かすみ 投稿日:2004/12/21(Tue) 13:25

現在私は24歳ですが、高校生のころ、40代の男性と不倫関係にありました。
その彼は、私の学校の制服の紺のプリーツスカートが大好きでした。
彼との関係は、体を求められる回数よりオナニーを手伝う回数のほうが多かった気がします。
デートするときは、当然私服でしたが、高校の制服を持ってくるように頼まれていました。
そして、ホテルに入ると、プリーツスカートを着用するのではなくて、彼の勃起したペニスを包み込むのに使用します。
彼はそのスカートの後ろの部分で包んで欲しいといいます。
後ろの部分が擦れて光っているので、そこの部分にペニスをこすりつけたいらしいのです。
そして、プリーツスカートでくるんでシコシコしてあげると、彼は我慢できなくなりスカートの精子を噴射していました。
彼がイク瞬間に、私が冗談ぽくお嬢様風に「おじさま、凄い。」なんて声をかけると、彼は大変興奮してましたね。
彼とのデートはそのオナニーのあと、余力があるときは私の体を求めてくるのですが、いつもはそこでおしまいでした。

今の夫は当然別の男性ですが、数日前、同じようなことを言っていたので、男の人の性癖は似てるなと思いました。
というのも、私の高校のときの制服をみつけて、その感想が、俺紺のプリーツスカート好きなんだよ、でした。
で、その日はそれを着用して夫婦でセックス。
もちろん、夫はこの制服が昔別の男性のオナニーに使用されていたとは知りません。
私は、昔を思い出して、より感じてしまいました。

平凡な話ですいません。


--------------------------------------------------------------------------------
[2061] 目覚め・・・ 投稿者:R 投稿日:2004/12/20(Mon) 14:39

2002年の6月、ある人にレイプされました。
当時33才だった私は、それまで旦那しか知らず正直言ってエッチは好きじゃありませんでした。
触られるのは気持ちいいけど、いつも入ってくる時が痛かったんです。
28才でお見合い結婚をして初夜が初体験、すぐに子供が出来てからは2002年6月(レイプさ
れた時)までエッチしてませんでした。
私も旦那も潔癖性と言うか、クンニをされたこもなかったし旦那のオチンチンを触ったこともあ
りませんでした。(今でもオチンチンを触るのは嫌です)
レイプされた時、怖くて体が固まってしまい声もまともに出ない感じで、抵抗したつもりだけど
ほとんど『されるがまま』だったかも知れません。
Tシャツ・スカートを脱がされて、ブラのホックを外されたと思ったら寝かされ、お腹の上にま
たがって座られて押さえ込まれてしまいました。
それからはブラを取り上げられ胸を触られパンツを脱がされアソコを触られました。
そしてまた胸を触られたのですが、時間が永遠に感じるほど長く触られてるうちに嫌なのに感じ
てきてしまいました。
濡れ始めた頃にアソコを触られクリトリスを激しく刺激され指を入れられました。
絶対に入れられたくないと思っていたので、最後まで感じてる声も出さず足を精一杯の力で閉じ
ていましたが、膝をつかまれ簡単に足を開かされてしまい、オチンチンを入れられてしまいまし
た。
「最後まで入ったよ」と言われた時は、一気に涙が溢れ出てしまいまいした。
それからは黙って大人しく終るの待っていましたが、なかなか終ってくれませんでした。
激しく突き上げられてるうちに、自分でも信じられないくらいどんどん気持ちよくなり、我慢で
きずに声が出てしまったと思います。挙げ句の果てには、レイプされてる相手の体にしがみつく
ように腕をまわしてしまいイカされてしまいました。
恥ずかしい話ですが、生まれて初めてイキました。
翌週もその人に犯されましたが、その時は抵抗できず、優しいキスから始まり最後までほとんど
無抵抗状態で恋人のようなエッチになりました。
あれから2年半以上経ちますが、月に2〜3回、私をレイプした彼とエッチしてます。



--------------------------------------------------------------------------------
[2060] 主人の性癖 投稿者:とも 投稿日:2004/12/17(Fri) 01:00

はじめまして、私は42歳の主婦です。
26歳のときに親戚の方から2歳年上の主人を紹介され
(お見合い?)、翌年結婚しました。今は二児の母です。
偶然このサイトを見つけたのですが、皆さんの投稿を見て
主人の性癖に思い当たることがありましたので、少し恥ず
かしい気もしますが、勇気を出して書き込みをしてみます。

結ばれる前、主人は私をバージンだと思っていたようです。
私は主人と付き合う前に2名の男性と性体験がありましたが、
親戚の方が「まじめなお嬢様」を強調してましたし、見た目
も童顔でしたから、そんな期待をしたのでしょうね。
ですから初めての夜の時、主人は少しがっかりしてたようにも
見えました。(気のせいかも知れませんが)

結婚後しばらくしてからですが、主人が私の過去の男性経験
を問いただすようになりました。それも結構しつこく。。。
私は経験があったとも無かったとも言いませんでした。
本当の事を言っても恨みや嫉妬を感じるだけで、お互いに
何の得もないと思ったからです。かといってウソをつくのも
気が引けたので、適当にごまかしたり不機嫌になってみせたり
してました。そしていつしか主人も問いただすのを諦めたみたいです。

何でそんなこと聞きたがるのか、ずっと不思議に思っていたの
ですが、ここでの投稿を見て納得できました。主人にもそんな
性癖があったんですね、きっと。
もう結婚生活も長いし、最近は夜の方も随分ごぶさたです。
年齢のせいか主人も若い頃のような元気がないですし(苦笑)
ちょっとした告白が刺激になるなら、言ってみようかな。。
なんて少し思ってしまいました。でもやっぱり言えないかな。

なんかとりとめなない文章ですみません。
もし感想があったら感想専門BBSに書いて下さいね。


--------------------------------------------------------------------------------
[2059] 可愛い坊や 投稿者:ひろみ 投稿日:2004/12/16(Thu) 07:22

子供作りもお預けにして会社員を続けています。
結婚して四年になりますが、主人とは毎日では有りませんが回数は多いほうです。
エッチ無しの時でもお風呂はいつも一緒です。
バスルームで始めてしまう事もたびたび。
仲の良い夫婦だと思います。
そんな訳で私が他の男性に気をとられるなんて夢にも思わなかったのです。 まして高校生に・・・・・。

出勤は主人が30分早くします。
いつもの様にいつもの時間に出勤しました。
毎日乗る電車は時刻も車両も同じです。
名前もどこに住んでいる人かは知りませんが、顔馴染の人も多いです。 もちろん話をしたこともありませんが。
あれは半年近く前の事でした。
いつもの車両に見たことが無い高校生が乗ってきました。
運動部でも入っているのでしょうか、背も高く体格のいいきりっとした感じの学生でした。
いつの間にか私の前に押し付けられてきたんです。
満員電車てすから仕方がありませんが、薄着のブラウスの胸がその高校生に押し付けられた状態になりました。
仕方ない事なのにその高校生は顔を赤くしてじっとしていました。
・・・・・でも、血気盛んな年頃ですから股間が膨らんできて私の下腹部にピクピクと当たっていたました。
しばらくそのままで高校生の反応を楽しんでいました。
顔を赤らめて俯いていました。
悪戯心でズボンの上からそっと触ってしまったのです。
ズボンの上からでもその大きさ太さ固さが分かりました。
そっと触るつもりがいつの間にかかなりしっかりと握ったり擦ったりしたのです。
最近の高校生はませていると言っても、そんなに経験がある訳ではないでしょう。
私の指の悪戯に、、ついに腰を痙攣させて射精したようでした。
悪いことしたと、、、少し自分が嫌になりました。
翌日、同じ電車にまた乗ってきました。
私の傍に寄ってこようとしていました。 2駅目で直ぐ傍に。
昨日と同じ態勢になりました。
違ったのは、今度は高校生がそろそろと私を触りだしたのです。
昨日のことがあったので私もされるがままに触らせたのです。
ぎこちない手つきでしたがブラウス越しに乳房も揉まれました。
ぎこちないのにビクッと感じちゃったのです。
高校生は完全に勃起していました。
昨日と同じように私も握り返しました。
こうして電車の中の痴戯に楽しむことになりました。
もちろん何かの都合で乗り合わせない日もあります。
夏休みの間も中断でした。
30歳のOLに16、7の高校生。
とても初心で、しかしエッチな可愛い坊やです。
チャンスがあったら、、、なんて想像しています。
正上位はもちろんバックも教えてフェラしてクンニさせて・・・・。
そんな想像だけでも濡れてきそうです。
名前も何も知らない高校生・・・そんな彼に密かに惹かれています。
きっと彼も私をおかずにオナをしてくれてると思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[2058] 初体験 投稿者:美佳 投稿日:2004/12/15(Wed) 14:05

先日、親友に誘われて飲み会へ行ったときの出来事です。
前回メールしたとおり、親友はパート先の上司と不倫関係にあるのですが、彼女は専業主婦で暇を持て余している私のことをその上司に紹介したらしいです。そしたら、その上司は自分の同僚を、こちらで単身赴任をしている既婚の男性をその飲み会の席に連れてきて、私に紹介してくれました。たまたま飲み会といっても、市内の料亭の個室で私たち4人しか居ず、友人が居てくれたので私も緊張をさほどすることなくその場に居られました。

彼女とその上司を見ているとまるで夫婦みたいで、びっくりしました。
「これが不倫関係というものなの?」と思いました。息がぴったりあっていて、なんていうか観ていて
妬けました。それに凄く二人が私達が前にいるとも構わず、馴れ馴れしく、べたべたと体を触りまくっていて、いやらしさを感じていました。彼女は結構お酒が強くて、その上司とも良い気分でお酌しあっていましたが、
私は普段飲みなれていないお酒を飲まされて途中で気分が悪くなっていました。
気分悪くて席を離れると、親友が追いかけてきました。
トイレから部屋へ帰ると、彼女と上司の姿が無く、単身赴任の彼ひとりがいるだけで「あれ?」と思いました。
「友達は?」と聞くと「帰った」と一言いわれました。

次にしょうがないのでアルコールを覚ますのに、私ひとりでウーロン茶を飲んでいると、
その彼が私のすぐ隣に座ってきました。
私がビクっと体を震わすと「大丈夫、何もしないから、ただ・・・」と濁らせて、私の顔を横に向かせ、
キスしてきました。さらに私はびっくり顔をしかめると、謝ってきましたが、肩をしっかり抱いてきて、
私は動けなくなりました。あたりは誰もいないというのはわかりますが、誰かが入ってくるのかわかりませんでした。
ただひたすらビクビクしトいました。
彼は次第に息が荒くなってきて、肩を掴む力も強くなってきて、私に「ねぇ?君?いいかい?」と
聞いてきました。「え?あの・・よく、わからない・・・」と答えると、スカートの中に手を差し入れてきました。
私はまた身をよじりながら避けようとすると、彼の力がこもり、スカートに入れた手で私のガードルを
脱がせようとしていました・・・だけど、なかなか思うようにいかないようで、それに私自身も、
酔っていて力が入らず、抵抗する力がありませんでした。
彼の成すがままに体を委ねていました・・・

すると、彼は私をその場所に横たわらせ、上に覆い被さってきました。
息苦しくてたまらなかった。彼はそこで「ここは個室だから誰も入ってこないよ、だから、この私に全て
任せていいから、大丈夫だよ」と囁いてきました・・私はその時、ひたすら友達を恨んでいました、
「こんなことが起こるなんて、言ってなかったじゃない」と・・。
夫以外の男性に触れられることが無かった私だったので、久しぶりの男性のからだにただびっくりするばかりで
何も抵抗ができない自分を恥じていました。

彼が私を横にならせてから、私のスカートをめくりあげ、太ももあらわになったときに、とても恥ずかしさでいっぱい
でした。ガードルを両手で脱がせて、それでショーツ1枚姿になった私を見て、彼が「素敵」といい、
私のショーツを手で撫でながら、割れ目をなぞっていました。
私はアルコールを飲むと途端にHになるのです、なんていうか、どうでもして!という気分になってしまい、
普段でもアルコールを嗜むときにはショーツの真ん中が少しだけ潤ってしまうんです。
その時もそんな状態だったらしく・・・彼がショーツの真ん中のシミに気づいてしまいました。
「ね?どうしたの?感じてるの?いいねぇー君、感度いいんだね?」って。
そしたら、彼が、その真ん中についたシミの部分を丹念に愛撫してくれました・・・その時に初めて私は
Hな声が出てしまったようです・・・いつもオナニーしていた私が・・・男性の手によって愛撫されている・・・
そう考えた時いつしか私はもっともっと彼の指に自分の体を委ねたいと思いました・・・

彼が「君・・素敵」と耳に囁きながら、私の耳も舌先で愛撫してきて、さらに身をよじってしまいました。
舌先でからだを愛撫されるのが大好きな私は、からだ全体を唾液でべたべたにして欲しいと願っていました。
乳首を舌先でコロコロと舐められたときにも声を出してしまいました。
こんなの久しぶり・・・ああ、なんて気持ちいいんだろう・・・って、さっきまで友達を恨んでいたことさえ
忘れていました・・
いくらか、喘ぎ声が部屋に響き渡る頃、彼が突然、隣の部屋に移ろうと、いいました・・
間にあったふすまみたいなところを彼が開けると、なぜだか、布団が敷かれてありました・・・
「え?なんなの?ここ?」と思っていると、
彼が私をひょいと抱き上げて、お布団の上に降ろして、
「ここはね、料亭といってもちょっと違うんだ、ここはいつもは、君の友達と私の友達が逢引に使っている
場所なんだよ、今日はここを貸しきっているんだ、だから、誰もやってこないから、安心していいんだよ」と
そんなことってあるのーーーーーー!!!!と、何も知らない世間知らずな私は、びっくりしていました。
「これからが本番だからね?いっぱいいっぱい私と楽しもう、それから、君のからだは私が悦ばせてあげるから、
淫らになっていいんだよ・・・君の友達からも言われているんだ、君を悦ばせてあげてって・・・そんなこと
言わなくてもね、私はもともと君に会う以前から考えていたことだからね・・・いいんだけどね・・・」

全て友達が仕組んだ、計画的な犯行だったようです。
私が先日話を聞いていた時の表情を(彼女は)たぶん観ていたんだと思いました。
「不倫ってしちゃいけないでしょ? 夫以外の男性とSEXなんて恥ずかしくないの?」と、
しきりに私がいっていたのを、彼女は(生真面目な私の性格を)不倫相手に話したようです。
まるっきり世間を知らないで、
そのまま年齢を重ねていくよりも、少しでも、不倫を経験することで自分らしさをもって欲しいということと、
いつまでも女性を感じていて欲しい」と思ったようでした。
あとから、彼女から、そんなふうに言われました。
私があまりにも、キレイではなく、所帯じみていたからですね・・・

そんな彼と私の情事はかなり時間がかかりました。
私の思うとおりに、オマンコも丹念に時間をかけて舐めて愛撫してもらい、
セックスもいろんな体位でトライしました・・・潮吹きもありました・・・彼が私の潮を口いっぱい
頬張るようにして飲み込んでいたのを観て驚きました・・・

彼はまた会いたいといってきました。
今度は私を紐で縛りたいと言っています、私もそれに応じるつもりです。
SMに興味があります。
--------------------------------------------------------------------------------
[2057] 初めてのフェラ 投稿者:瑩子 投稿日:2004/12/15(Wed) 13:38

33歳の人妻です。夫は40歳。大手新聞社の記者をしています。
結婚して5年目の今年夏、夫に命令されて初めてフェラチオをさせられました。それまでは何度命令されても、気持ち悪くって拒否していたのですが、お友達から「してあげてごらん。ダンナさま、とっても喜ぶわよ。私なんか、メンスのときや妊娠したときなんか、してあげるの。いっぺんしてあげてごらん」と聞かされ、勇気をふるってしてあげたんです。

こんな大きなものが本当に口に入るのかと心配でした。夫の尿道口からトロッとした液体が滲み出し、舌をつけるとしょっぱいような味がしました。

口をいっぱいに開き含みました。夫が顔を動かして、と言うので動かしましたが、時折ノドの奥の方に当たり、ゲェッと息が詰まりそうでした。
ペニスはますます大きくなり、夫は腰をくねらせてハァハァと荒い息をついています。
唇をすぼめて顔を動かしている私もすっかり昂奮し、夫の顔をまたいで思わず「アタシのここも舐めて!」って叫んでしまいました。

やがて、夫のものがビクッビクッと脈動したかと思うと、お口の中にザーメンがぶちまけられました。しょっぱいような、苦いような不思議な味でした。その瞬間、私も夫の口に陰部を押しつけたままイッてしまいました。

初めて飲んだザーメンはとってもおいしい感じでした。


--------------------------------------------------------------------------------
[2056] 夫の留守に、、、 投稿者:さなえ 投稿日:2004/12/15(Wed) 11:09

「ピーン、ポーン」 
お玄関のチャイムが鳴った。高2の長男と中3の長女を送り出し、ぼんやりしていた私は、立ち上がってモニターのスイッチを入れた。

「あら、ヨシちゃん、こんな朝からなんのご用?」
来訪者は同じ社員住宅に住んでいる夫の部下の芹沢由之さんだった。
「会社あての連絡便の中に課長から奥さんあての荷物があったのでお届けに来ました」

夫はこの春先から2年間の予定で米国の現地法人の支配人として単身赴任している。芹沢さんは33歳、もう10年近くも夫の下で勤務しており、わが家へもたびたび訪れ家族同様の交際をしている。

室内に招き入れ、お茶を出す。手渡されたダンボールを開ける。チョコレートケーキ、ビーフジャーキー、Tシャツなどが入っている。小さな箱、、、。なにげなくフタを開けてびっくりした。中から出て来たのはなんとディルドーだった。

あわてて箱に入れようとして手が滑った。床に落ちる。芹沢さんの手が伸びて拾い上げる。私は真っ赤になる。

「課長、こんなものプレゼントするんだ」
手渡されたものをあわてて隠すようにしてしまい込む。

「奥さん、課長がお留守で淋しいでしょうね」
「いいえ、いつものことだから慣れてるわ。それに、子どもが2人もいると子育てが忙しくって、、、。主婦って大変なのよ。淋しがってるヒマなんかないわ」
「奥さん、こんなもの使うんですか?」
「ウソ!ウソ! こんないやらしいもの。いま見るのが初めてよ。主人ったらイヤねぇ。ヘンなもの送って来て」

小箱をしまいに立ち上がって寝室へ行く。戸棚の奥に入れて出ようとしたところで、突然うしろから抱きすくめられる。
「イヤっ!なにするの!」
逃げようとしたが力が強く、逆にベッドに押し倒されてしまう。

「奥さん!ボク、奥さんのこと、ずっと前から好きなんです。ネェ、いいでしょ。ちょっとだけ、、、」
「ダメ!ダメ!こんなこと、、、。私には主人がいるのよ。それに、こんなおばあちゃん」

抗っている間にブラウスからスカートを脱がされ、ブラとショーツだけにされてしまった。
私の体の中で女の血が騒ぎ始めた。なんということ! 乳首が硬くなり、ショーツが覆っているあたりが湿っている。抵抗しているつもりだが力が入らない。

ブラのホックが外され、乳房が剥き出しになる。
「奥さんのオッパイ、きれいなんですね形もいいし、とても48には見えませんよ」 芹沢さんの手が乳房をもてあそんでいる。
「ホラ、乳首がタッて来た。すごいよ。とんがってる」 乳首を揉まれる。息遣いが荒くなる。

芹沢さんの手がショーツにかかった。ずり下ろしにかかる。私は無意識のうちにお尻を持ち上げ、瞬く間にショーツは抜き取られた。

「ネェ、お願いだからやめて、、、こんなこと、、、」 言葉とは裏腹に、なにかを求めている自分を感じる。ヒザがひとりでに開いてしまう。
ピリッとした感触。「ヒィ〜っ、、、」 芹沢さんの指がクリトリスを捉える。鋭い快感。のけぞる。
「こんなに濡れてる、、、。奥さん、敏感なんですね」

指が入って来た。ゆっくり、ゆっくりと出したり入れたりしている。ヌラヌラしたものがしだいに多くなる。私は、指の動きに合わせてお尻を持ち上げる。

指の動きがしだいに早くなる。膣内がかき回される。指先がGスポに触れる。たまらない! 私は手を伸ばして彼の股間をまさぐる。大きい! 主人の倍くらいはありそうなものがズボンの下で息づいている。ベルトを外し、ファスナーを引き下げる。芹沢さんもパンツを脱ぐ。もう、ビン、ビン、、、。私は握り締め、しごく。

思わず叫ぶ。
「アタシ、もう!もうダメ! 来て!来て!」
芹沢さんがのしかかる。私は股をいっぱいに拡げ、ヒザを曲げて両足を胸のあたりまで抱え込む。

ズルッ! 入って来る。すごい!きつい!膣口がいっぱいに押し広げられる。
「ウ!ウウゥゥ〜っ!」
私はうめく。背筋を反らせてのけぞる。

とうとう、奥まで入ってしまう。手で結合部分をさぐる。根元まで入っている。ペニスの先が子宮をつついている。腕を伸ばし、彼の首筋にしがみつく。持ち上げる。もう、どうなってもいい、と思う。

抜き差しのピッチが早くなる。持ち上げる、持ち上げる。
「グチヤ、グチヤ、、、」音がしてる。
ツルッと抜ける。私は、あわててそれをつかみ、しまい込む。

目がかすんで来た。胸の鼓動が烈しい。私はいつの間にか咽び泣いている。アァ!もう、イキそう!
芹沢さんの動きはさらに烈しくなった。灼熱した鉄棒のようなものが、私の体内で暴れ回っている。

「アァ!奥さん!ボク、もうイキそうだ!」
その瞬間、きょうは危険日なことを思い出した。
「アッ! ダメよ!中に出しちゃダメ!外に出して!」
手遅れだった。腰が押しつけられ、ペニスの先が子宮を圧迫した。ペニスが脈打ち始めた。お尻を捻って抜かせようとしたそのとき、熱いものが膣内に飛び散った。
「ダメって言ったのに!イジワル!イジワル!」
口ではそうなじりながら、私はしがみつき、下腹を押しつけていた。

すべてが終わった。ティッシュで拭いながら「これ1回きりよ。もう、こんなことはしないでおきましょうね」と言った私ですが、芹沢さんとはその後も続いています。


--------------------------------------------------------------------------------
[2055] 浮気がばれて 投稿者:抄子 投稿日:2004/12/14(Tue) 23:46

 32歳の時、勤め先の同僚と不倫関係になってしまい、密会を続けていましたが、同僚女性が主人に告げ口をしたことで発覚。
 主人は激怒し離婚も考えたようですが、子供のことが心配で、離婚は思いとどまってくれました。
 でも、それからは自業自得と言いながら地獄のような日々。
 優しかった夫は声もかけてくれなくなり、当然セックスなんてありません。
 ホントは別々に寝たいのでしょうが、狭いマンションでそんな部屋も無く、寝付かれず時々ため息をついては寝返りをうつ夫を感じながら、思わず涙がこぼれたものです。
 それでも私が会社を辞め、しおらしくしていたことと、娘を間にしての会話を交わすうちに、だんだん夫の気持ちもやわらぎ、笑顔で会話を交わしたり、3人で外出することも増えてきました。
 発覚から1年たった頃、主人が私の布団に入ってきて
「体に触ってもいい?」
と、言ってくれた時は涙が出てしまいました。
 今はようやく以前の夫婦の戻れて、エッチも復活し、ほっとしております。
 もう浮気はこりごり。
 と、思いつつも、こんなサイトを読んでるんですけど^^;
--------------------------------------------------------------------------------
[2051] 彼がいます 投稿者:主婦あゆみ29才 投稿日:2004/12/13(Mon) 22:20

夫も子供にも不満がありません。。
夫は真面目に働くし子供は可愛いです。義母ともうまくいって
います。なのに私には彼がいます

彼とは年に数回しか合えないのですが、SEXはとても刺激的です。
この前はホテルに入るなり強く抱きしめられ、情熱的なキスを
されました。そして私のスカートごしに下着をとって、一番
敏感なところに熱い舌を這わせてくれました。

「シャワーさせて・・・」
「君に汚れたところなんてないよ」
彼はあそこ深く舌を入れてかき回してくれました。
恥ずかしいけれど、お尻の穴にキスされたり、吸ってもらうのも
好きです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2050] 甥っ子の指 投稿者:梓 投稿日:2004/12/13(Mon) 01:16

25歳の専業主婦です。
先日主人の甥兄弟が訪ねてきました。2年前に義姉は亡くなり義兄が頑張って2人の男の子を育てているんですが、多忙で出張などで家を空ける時は良く私達夫婦が預かっています。私達にしても2人の甥は不憫でもあり、姉や母親のように慕ってくれる事は悪い気はしませんでした。
暖冬とはいえさすがに寒くなり、主人が炬燵好きなものですから部屋が散らかるのは厭でしたが、先日から使い始めたところでした。4人でいつものように賑やかに食事をし、私が焼いたケーキを食べ終え、いつのまにか主人は日頃の疲れのせいか転寝をしています。私もつられた訳じゃないのですが、急に眠くなりちょっとならいいかと、炬燵に入ったまま横になりました。
いつのまにか寝入った私は、お尻のあたりに違和感を覚え目を覚ましました。スカートが捲られています・・・・。私の背中側にいるのはお兄ちゃんのほうです。その子に私の下着は丸見えのはずです。
でも、私の体は動きませんでした。これから何が起こるのか、期待する部分があったのです。まるで、小さな虫が這うように男の子の指先が私の下着に触れてきます。それは注意深く、慎重な指の動きでした。その子の呼吸する音が聞こえます。指先はいつのまにか
私の湿りやすい部分に差し込まれてようとしています。丁度お尻を突き出すような格好ですから容易に私の大切な部分は下着越しではありますが、触れられてしまいます。私が熟睡してると思ったのか意を決したように指が動きます。わたしのあそこは既に濡れ始めていました。その意味を知ってる年齢ではないと思うのですが、手のひら全体が私の濡れている部分をさするような動きをしています。
しばらく私をもてあそんだ手は私からはなれ、ほっとしたのも束の間、下着を下ろし始めました。色が白いし、肌が綺麗だといつも主人から褒められる私の、お尻は子供ともいえる少年の前にさらけ出されました。
--------------------------------------------------------------------------------
[2048] 初めての浮気5 投稿者:陽子 投稿日:2004/12/11(Sat) 15:17

陽子です、Iさんとドライブに行った帰り(ホテルで過ごしたけど)時間をずらして主人を見舞いに行きました、
たあいのない話をしているとIさんが現れ主人と仕事の話をしております、主人は入院をしていることを何度もIさんに申し訳有りませんと話しております、
そうこうしているとIさんが帰ると申しましたので1階まで見送りにいきました、Iさんは次回も楽しく過ごしたいと耳元で囁かれ私の身体は変に感じているのがわかりました、
主人の部屋に戻ると私を抱き寄せてフェラチヲをしてくれと言いパジャマを脱ぎ早くとせがむんです、今までもそんな行為を余りしていないのに私は嫌だと言いましたが如何してもとねだるので仕方なくおしゃぶりをしました、
先程Iさんが耳元で囁いた言葉が私をそうさせたんだと思いました、
幸いに周りの患者さんがおらずカーテンをしておしゃぶりしました、主人はIさんと違いものの2,3分で果てましただらしのない主人です、突然主人が何時もの石けんの匂いと違うじゃないかと言い出し(ホテルで使ったので)私はあわてて貰い物ですと答えますと、かすかに香水の匂いもと主人が言い出し私はあわてて今日はお友達とお買い物をしてきたと嘘をつきました、主人は私を見て何も持っていない事を言うと私は何も買っていないと答えるしか言えませんでした、
主人はまさか浮気をしているんじゃないかと疑い始めるしだいです。
私は子供が心配と嘘をついて病院を出ました、
これからは余程気をつけなくては主人にばれてしまうかと心配しました、子供を迎えにいき、家に着き夜晩くIさんから貰ったバイブで思い切オナーニをし自然にIさんイクと囁いてしまいました。
--------------------------------------------------------------------------------
[2047] 昨日は 投稿者:みどり 投稿日:2004/12/10(Fri) 14:27

出会いサイトで知り合った男性を初めて会ったばかりなのに。。。抱かれました。 
本当は会ってお茶でもしてと思い出かけたのに、彼は待ち合わせしたロビーのあるホテルのお部屋をリザーブしてました。
自然とその部屋でお話しましょうということになり。。。。

私の心の好奇心を導くかのように、キスからはじまり、熱い抱擁、昼下がりのお部屋で全裸に。。。

生理中で拒んだのに、私の身体は自然を彼の熱いペニスを受けれてしまいました。

注ぎ込まれたザーメン。 まだ余韻に浸っています。

その日は夕方で別れました。 はまってしまいそうです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2046] いけない指 投稿者:yukiko 投稿日:2004/12/08(Wed) 11:22

バスルームを出た私は、分厚いタオル地のガウンをまとってドレッサーの前に腰をおろす。

目の前に夫と私のツーショットの写真。5年前ハワイへ行ったとき、ホテルのボーイさんに撮ってもらったものだ。水着姿の2人は、ピッタリと寄り添い、頬をくっつけている。幸せそうな私たち。

私は、立ち上がって着ているものを脱ぎ捨てる。全裸の私。
「パパ、いつ帰ってくるの? パパがアメリカに赴任してもう1年になるのよ。早く帰って、、、」

下腹がうずく。ベッドに横たわった私は、両の手のひらを乳房に当て持ち上げるようにさする。湯上りのシットリした乳房が手のひらに吸いついて来る。

乳首が硬くなって来た。片手を股間に進める。指先でソッと陰裂を開く。《ヌラ、、、》にじみ出したものが指にまとわりつく。クリトリスが硬くなっている。包皮越しにアズキ粒のようなものが触れる。

ピリッ、、、と電流のような感覚。指を空洞に忍び込ませながら、私は夢幻の世界に入って行く。

だれかに犯されている妄想、、、、。

男の指が私の体内をまさぐっている。いちばん敏感なところをつつき、クリトリスを揉みあげる。分泌物の量が増え、私の会陰はもう、ぬかるんでいる。私は両足をいっぱいに開き、ヒザを曲げて持ち上げる。叫ぶ。「来て!来て!もう入れて!」

太いものが押し入って来る。のけぞる私。強烈なピストン運動。しがみつく。足をからめる。お尻が跳ね上がる。高鳴る鼓動。

男が動きを止める。グッと押しつけられる。子宮が潰れそう。ドクッ!ドクッ!男の精が私の中に注がれる。私は泣き叫ぶ。あぁ〜っ!イク!イク!イクぅ〜っ!

私は両足を投げ出したままグッタリしている。チラ、、、と、お向かいの棟の12階のお部屋の窓を見やる。窓際に人影。「また、あの坊やだわ」 たしか高校3年だというその子は、私がオナニーしていると決まってあの窓際に現れる。覗きながら、ボクもオナってるのね。

「バカ!いくじなし!したければこっちへ来たらどう? 可愛がってあげるわよ」
真っ裸のまま立ち上がり、大声で叫ぶが、遮音窓のせいで向こうには届かない。

太腿の内側をバルトリン腺液が伝っている。明かりを消す。
「坊や、おやすみ。よく拭いておくのよ」


--------------------------------------------------------------------------------
[2045] ステキな夫 投稿者:M子 投稿日:2004/12/06(Mon) 16:12

33才の主婦で仕事もしています。
夫のことは大好きですが、夫はいつも私にボーイフレンドの一人やふたりいるようじゃないと、美貌を保てないよ、と言っています。
夫は私を家庭に縛りつけるのはいやみたい。
で、会社の先輩のTさんと時々デートしてもらっていました。
彼は可愛い愛する奥さんがいるので、仕事だといってウソついて私と飲んでくれてるみたい。
時々遅くなると、夫に近くの駅まで迎えに来てもらいます。
そんな夜はたいてい夫は私を抱きながらTさんとセックスした?と聞きます。
Tさんのことは全て夫に話しているのでよく知っています。
その時は、私もTさんだったらお遊びで抱かれてもいいかな?なんて思ってたので、
うん、セックスしちゃった、とウソつきました。
夫はなんかすごくヘンな顔になって、どこでしたの?とか、どうだった?とか聞くので、
すっごく気持ち良かった、というと、思いっ切り抱いてくれました。
大好きだけどこまった夫です。
その後もTさんとは何回かデートしてもらいましたが、ただお酒を飲んで話しをするだけでした。
ホントはこういうところを人に見られたら、ふたりはW不倫って見られてもしょうがないねって笑っていましたが、
ある日、Tさんの奥さまが里帰りで留守の時、なんか浮気のチャンスね、男の人ってこういう時浮気するんじゃないの?
ふたりともドキドキしながらラブホテルに入りました。
Tさんは奥さまを愛してる。私は夫を愛してる。
なのに、私たちは濃厚なセックスをしてしまいました。
私のあそこにキスされて、恥ずかしいのと同時に、Tさんの奥さまにも同じことしてる、と思うとすごくいやらしい感じがして、やっぱり夫に悪い、いけない奥さんしてると思うと、何が何だか分からなくなってすごいエクスタシーが・・・・
その夜も帰りは深夜になって、夫は途中の駅まで迎えに来てくれました。
夫は全てを察知したみたいでずっと無言でした。
私はTさんの余韻をずっともっていたかったのですが、それは無理でした。
Tさんと一緒だったの?と夫は聞いてきました。
私は黙っていましたが、私いけない奥さんしちゃった・・・というと、
夫は黙ってキスして抱きしめてくれました。
Tさんにあそこにもキスしてもらったと言うと、夫も同じようにしてくれました。
私はその時すごくTさんに恋してると気がついて、Tさん、Tさんと声に出してしまいました。
夫に向かって、Tさん好き、大好き、と言っていました。
夫はM子愛してるよ、大好きだよと言いながら入ってきました。
Tさんにいっぱいセックスしてもらいなさい・・・
いいの?またしてもいいの?
女はセックスすればするほどステキになるよ。だからぼくの奥さんステキになってほしいから。


--------------------------------------------------------------------------------
[2044] 初めての浮気4 投稿者:陽子 投稿日:2004/12/06(Mon) 13:04

陽子です、8月の在る日曜日Iさんと初めての遠出(ドライブ)です私は前日明日の事を考えるとなかなか寝付かれませんでした、いろいろな事とくにIさんとのSEXを考えただけで秘部が濡れてきます、当日子供を実家に預け待ち合わせの場所に行きました、Iさんはすでに来ており車中で優しく抱擁され早く陽子を抱きたいと耳元でささやかれ私はその言葉で愛されているんだと感じました、そうこうしているととある高速道路のインターチェンジ付近にホテルの建物が見えIさんが陽子を早く抱きたいので入っても良いかと尋ねると私も早く抱かれたいので頷きました、部屋に入るなりIさんは素早く私の服を脱がせ下着だけの姿でいてほしいと、私はIさんが事前に指示していた白のガーターベルトの下着だけになりその姿をIさんはデジカメで私が言うのも恥かしいぐらい過激なポーズをさせられ撮られました、そのころには秘部からは主人ではあじわう事が無いほど流れ出てきました、それに前からメールで話していたバイブやローターをIさんは購入しておりましたわたしは話とか本で見た事は有りましたが実物を目の前にした時バイブ(大きい)が本当に入るんだなと思いましたがいざ使用してみると何とも言えない快感が全身に感じ何度もイキました、そんなポーズもIさんはデジカメで撮り続けております私は何も考えずIさんの指示に従い早くIさんが欲しいと心の中で囁いておりました、それをさっしたIさんは私の後ろから抱きしめるように優しく挿入し強く激しく突き刺すように私は感じながら犯されているように気持ちよくイキました、主人では考えられないSEXでしたただ入れるだけの主人、Iさんのように丹念に時間をかける愛撫もう主人とはSEXはできませんIさんは挿入している間でも写真を撮り続けておりました、Iさんは48歳の割にはとても元気で2回も私の中でいってくれました、3回目は私の口の中で果ててくれ薄くなったIさんの精液を生まれて初めて飲みました、主人とは今迄でほんのわずかしかしてないフェラチヲまして精液を飲むなんて考えられませんでした、ドライブの事など2人共忘れてしまいその日一日中ホテルで過ごしました、次回は本当にドライブにとIさんが言いましたが私は2人きりでいたいと言いIさんも同意してくれました、Iさんは女の下着に凄く興味があると私に打ち明けてくれましたので私は次回もIさんのお気に入りの(セクシーな)下着を用意しときますと伝えました、でも考えると私は普通の下着しか無いと言うとIさんは次回まで用意しとくと言い私はIさんに任せる事にしました、今からどんな下着かワクワクしております、夕方に主人を見舞いにIさんが行こうと言い出しましたが2人で行くのわと言い出すとIさんが30分ずらして行くとおっしゃりましたので2人して病院に行く事にしました。


--------------------------------------------------------------------------------
[2043] 一緒にお風呂 投稿者:未央 投稿日:2004/12/04(Sat) 23:27

 混浴の投稿がありましたが、昔のことを思い出しました。
 当時大学生だった甥が東京に遊びに来るというので、うちに1週間泊めてあげることに。
 礼儀正しく純情な子で主人も気に入り、息子とも仲良くなり楽しい1週間をすごしました。
 いよいよ明日帰郷するという夜、主人は出張で息子が部活の合宿。
 彼と二人きりになってしまい、でも二人ともリラックスして食後にお酒を飲んでお話していました。
「昔、一緒にお風呂に入ったよね」
「うん、未央さん、僕のチンチンいじってたでしょう」
「ええー!そんなことあったっけ?」
そんなことを話しながら、いつしか酔っ払ってしまい
「じゃあ、久しぶりに一緒にお風呂に入ろうか?」
と、言ってしまったのです。
 けっこう彼も猥談が好きで、ちょっとエッチな気分だったのです。
「え!いいんですか?大歓迎^^でも冗談でしょ。僕お風呂に入るから、本気なら来て下さい」
 彼は恥ずかしそうにしながら一人でお風呂に行ってしまいました。
(冗談だと思ってるみたい。よし驚かせてやろ)
 酔っ払って理性が消えていたのか、大人になった彼の体を見てみたいのと、私の裸を見てどう反応するのか気になって彼の後を追っかけました。
 彼はもう浴室。
 私は手早く脱衣室で裸になりました。
 全裸になってさすがに躊躇。
 ドアを少し開けて顔だけで中を覗くと彼は、湯船の中から驚いた顔を向けています。
「脱いじゃった。でも変なことしないって約束してね」
「はい、未央さんが嫌なことはしません」
 私はドアを開け、前も隠さずに全裸を晒しました。
 彼は瞬きもせずに凝視してきます。
 私は彼の視線を意識しながら、まずシャワーで体を軽く洗い、彼に詰めてもらって一緒に湯船に入ることにしました。
 縁をまたぐとき、彼の視線が股間に突き刺さります。
 (私、濡れてる)
 二人で湯船に浸かって、向き合いました。
「久しぶりね」
「未央さん、きれいな体してますね」
「もうおばさんだよ^^」
とか話しているうちに、お湯を通して彼のおチンチンが大きくなってるのを感じました。
「あなた、エッチの経験あるの?」
「ううん、まだ・・・」
「おチンチン、おっきくなってるね」
「うん、ごめん・・・」
「ちょっと触ってもいい?」
「・・・うん」
 お湯の中でゆっくり握る。
「あ!昔より大きくなってる^^」
冗談ぽく言う私の声が震えてる。
「未央さん僕も」
 その後、お湯の中で二人でフーフー言いながら、いじりあいました。
--------------------------------------------------------------------------------
[2042] 無題 投稿者:ゆうこ 投稿日:2004/12/04(Sat) 14:35

主人とは3年前にお見合いで再婚同士で結婚しました。
二人とも40代での再婚のため、新婚といっても特別にラブラブな時期を過ごすこともなく、子供をつくるつもりもないので、セックスも月に一度程度の儀式のような感じで2年ほどを過ごしました。
専業主婦で、主人には特に不満も満足も感じない平凡な生活に張りを感じなくなったため、昨年からパートの仕事に出ましたが、そこで私が仕事でペアを組んだ50代半ばの社員の男性と意気投合し、そのうち大人の関係を持つようになってしまいました。

主人は帰りがそれほど早い方でもなく、何日も主張出ることがあるので私のほうが遅く帰ることはなかったのですが、一度だけ主人と最寄の駅で一緒になった日に、時間も遅かったのでそのまま寝ようとすると主人に求められました。
彼とのセックスの後だったし、セックスの後にはシャワーを浴びずに帰ってきたので拒みたかったのですが、遅く帰った日に拒むのも不自然なので、されるままにしたのですが、さっきまで彼とひとつになっていた部分を主人に舐められて、ものすごい罪悪感と同じくらい興奮してしまいました。

それ以来、主人に罪悪感を感じるのが快感になってしまいました。前から彼に頼まれても断り続けていた下着も、セクシーなものを毎日着けるようになり、それに合わせてビキニラインも処理して、今ではTバックを着けてもヘアが出ないようになってしまいました。
主人は気づいていないのか、気づかないふりをしているのかわかりませんが何も言いませんし、性格からしても気づいても何も言わないような気がしています。
セックスのときも彼に精液を飲む練習をさせられて、できるようになってからは、主人のものも飲めるようになって、それ以来何となくお肌もきれいになってきたような気がしています。


--------------------------------------------------------------------------------
[2040] SMの世界へ? 投稿者:美月 投稿日:2004/12/02(Thu) 17:30

41歳の彼との付き合いが始まった。
彼以外に2人の浮気相手がいることを隠して・・・

彼はSでSM経験者。
私が、携帯に送った顔写真を見たときから
私を可愛がりたいと思ったらしく、色々とSMについて教えてくれた。
実は、私はMなので、SMの話が刺激的で彼を気に入ってしまったのです。

初めて彼に抱かれた時も、この人になら安心して身体を預けられると、出逢えたことが嬉しくてたまりませんでした。
この日のSEXは、ノーマルで終わりましたが
次回は、縛りとローソクを体験させてくれることになっています。
初めてのSMプレーなので、どうなるかは予想もつきませんが
病み付きになってSMの世界へ入り込んでしまうかも・・・。

--------------------------------------------------------------------------------
[2038] 初めての浮気3 投稿者:陽子 投稿日:2004/12/01(Wed) 14:15

陽子です、前回Iさんとホテルに入ったところで終わりましたがそのとき時間にすれば一時間ぐらい過ごしたと思います、灯りを付けてからのIさんは舐める様に私の身体を目でおい 私がせめてお風呂にともうしても聞きいれてくれません、夏場の暑い時期凄く汗かいていましたので如何しても入りたいと申しましたが無駄でした、いよいよIさんのオ○○ンが私の身体に入ってきました、主人とは比べてIさんのは恥かしいですがとても大きい物でしたそして優しく時間をかけて私の全身を舐めてくれた時はもう気が狂うほど声を発していました、結婚して10数年こんなに気持ちの良いSEXは初めてでした、もう私は完全にIさんの虜になりました(心の中で)ホテルを出るとIさんは是から時々お逢いしたいと申しました私は心の中では駄目だと思いながらも身体自体良いと心で思いだまって頷きました、
ただし私はお逢いする時は事前に連絡をしてくださいとお願いしました、女には事前に用意する事があると伝えるとIさんは普段の君でいてくれともうしました、私は何も言わずただ頷くだけでした、私はIさんと別れ実家に子供を迎えに行き家に帰りましたが何故か悪いことをしたとはおもわず余韻がある体に一人エッチをしてしまいました。それからは毎日Iさんからメールが届くようになりました(普段は携帯を使っていませんでした)8月の在る日曜日Iさんからドライブに誘われ、少しオシャレをして特に下着にはIさんが好きと言うガーター・ベルト(白色)を身に付けて(事前に聞いておりました)行きました、そして少しミニのスカートをはき待ち合わせの場所に行きました、


--------------------------------------------------------------------------------
inserted by FC2 system