BBS4 2004/11 過去ログ


--------------------------------------------------------------------------------
[2037] もぉ抜けれない 投稿者:桃 投稿日:2004/11/30(Tue) 23:19

 22歳の専業主婦・子は未だ居ません、もぉ直ぐ23歳になちゃうんでカキコしちゃいます、どうしてかって言うとちょうど12歳の時が初めてだったん。

お家にお父さんのお友達Kさんが遊びに来た時、kさんがお風呂へ「お湯加減はいいか?聞いて来なさい」ってお父さんに言われたので桃は当然湯船にKさんが入っていると思い脱衣室のドアを開けたの、そしたら目の前にKさんの全裸が・・桃そん時Kさんの目じゃなくって、おちんちんを何故か見てたの呆然と。
お父さん以外の男の人のおちんちん見るのは初めてで、凝視してたら「桃ちゃんOO中学合格おめでとう」って言って桃んとこを抱きしめてくれて、キスしたの初めてのキスに身体中の力が抜けちゃった。
「あとで良いもの上げるから、お父さん・お母さんが眠ったらおじさんが泊るお部屋へ来てね」「お父さん・お母さん早く眠っちゃうから」Kさんは両親がお酒弱いの知ってた見たい、他にもなんか言ってたけど忘れてしまいました。

深夜、オシッコへ1階へ降りて行って、客室の隙間を覗いたらスタンド灯りが漏れていたのでノブ廻したら鍵はかかってなくて直ぐ開いた
「いいもん頂戴」って言ってベットの脇に行くと「おじさんのおちんちん見たんだから桃ちゃんのも見せてくれなきゃ不公平だよな」って
「お風呂へ一緒に入ろう」お風呂なら自然に裸になれるだろって言って、浴室が桃の初体験だった。でもそれだけじゃなかった・・
今はちょっと考えれば直ぐにあれ?って思うけど・・・お父さんのお友達がその小学生の娘を抱くなんて絶対普通じゃ考えられないし、不自然だよね、そうなん、桃のお父さん「了解済み」だったん。
Kさんが泊まりに毎週O曜日に来て桃と・・中学・高校・大学(中退)今・結婚してるけど未だ呼び出しがあって続いてる、Kさんの玩具になってKさんのお友達とか取引先の人に提供されてます。その様子は父との関係も含めて又カキコします。




--------------------------------------------------------------------------------
[2036] 初めての浮気2 投稿者:陽子 投稿日:2004/11/29(Mon) 10:38

38歳の専業主婦陽子です、このサイトはお友達に聞いて良く見させていただいておりました、まさかごく普通に生活していた私が皆さんに聞いてもらうなんて想像もしておりませんでした、先日の続きですが自然にIさんとホテルに入ったところで終わりましたが部屋に入った瞬間にホテルに入るところを誰かに見られていないか急に不安になりました(実は見られていたんです近所の奥さんに後で報告します)さはど大きい町ではないのでもしかしたらと思いましたがIさんが優しくリードして下さいましたのでIさんの胸に飛び込んでいきました、
私の思っていたとおり素敵な愛撫で私のオ○コは恥かしいぐらい溢れていました、こんな気持ちは何年ぶりかマンネリ化した主人とのSEXただ入れるだけの主人とのSEX子供を生んでからたんなる主人のはけぐちだったSEX Tさんに抱かれているだけで体が溶けてくる感じがしました皆さんも(不倫・浮気)そうでしょうか?でもIさんの手が私の下着に手がかかると私はIさんの行動を拒否しました、なでかと言うとその日こんな事が起きるとは思わずほんと普通の下着を着けていたのでとても恥かしく(ブラ・パンティーは別色)電気を消してくださいとお願いしました、Iさんは素直に私の言うとおりにしてくれました、ほんとに優しく紳士だと思いIさんのなすがままIさんに身をまかせました、とくにIさんの舌は私の一番感じるクリさんを是でもかと思うぐらい舐めたり吸ったり私は何度も感じさせられました、そうこうしているとIさんは君の顔が見たいと言い電気をつけても良いかと私はその頃には半分ぐらい失神状態で答えることが出来ませんでした、Iさんはそのことをさしたらしく電気をつけました私の心の中では恥かしい反面Iさんに良く私の身体を見て欲しい気持ちがわいてきました。
--------------------------------------------------------------------------------
[2035] 無題 投稿者:藍 投稿日:2004/11/29(Mon) 01:41

2年半付き合って、彼の奥さんのことや私の浮気のことで何度も何度も別れようとしたけれど、彼とのセックスの相性のことを考えると、分かれることを自分の体が許してくれません。

彼とのセックスがないと私は精神的におかしくなってしまい、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

彼以外の人と何回かセックスしてみましたが、そのたびに気を遣っている自分が嫌になり、彼との全てをさらけだせるセックスが恋しくなり、そして彼の許に戻ってしまいます。

本当に私が愛しているのは、彼なのか、彼とのセックスなのかわからなくなってしまい、ますます自分がわからなくなってしまっています。


--------------------------------------------------------------------------------
[2033] 一回の過ち 投稿者:医師妻 投稿日:2004/11/28(Sun) 19:43

ある地方都市に住む内科医の妻です。
私達夫婦はボランティアやゴルフのコンペに参加するグループを作ってアクティブに活動しています。
毎月、このグループのなかで参加者を募りコンペに参加していますが、そのなかにN医師が居ます。
彼は私より10歳年下の外科医です。
私の夫は医師会の理事をしていて、彼はその下で医師会の仕事を手伝っています。
ゴルフの時には彼は何かと私の面倒を見てくれていますが、
夫との関係から私に気を使ってくれているのだと思っていました。
昨年の秋にコンペに参加したときですが、急用で夫が参加できなくなりました。
車を運転できないので私も欠席しようと思いましたが、
Nは「自分が送り迎えをするので是非参加してください」というので結局参加しました。
ゴルフ場でも宴席でもいつも彼は紳士的でスマートです。
ゴルフも終わり約束どおりに彼は自宅まで送ってくれることになりました。
夫以外の車の助手席に乗ることはほとんどなかったので、妙な高ぶりを感じていたのは事実です。
そのゴルフ場からの帰路にモーテルが集まっている地域がありますが、
そこまで来ると、お互いに妙な沈黙を意識するようになりました。
とその時、彼が「奥さんはこの辺りのモーテルに入ったことありますか?」尋ねて来ました。
私は結婚以来、一度もないので「あるわけないでしょ!」と強く返答したら、
「それじゃ、一度入ってみましょうか?」と彼がハンドルを切って、
そのなかではシックなモーテルの門をくぐりました。
彼の奥さんとは医師会の婦人部で何時も一緒に活動をしている間柄です。
私は「こんなことしてはだめよ!」と言いましたが、その声に拒否の意思は入ってなかったと思います。
それを察して、「以前から奥さんのことが好きでした。
この日を待っていました」と言って、彼はある部屋に通じるパーキングに車を滑り込ませました。
頭が真っ白になったまま、部屋に入っていく彼に私も付いていきました。
しかし、今思うと少しは期待していたように思います。
ゴルフ場で入浴を済ませていたので、部屋に入るや否や彼は私に抱きついてきて、ベッドに押し倒しました。
彼は体格も立派で精力的、私たちはお互いに数度果てるほど激しく燃えました。
思えば、私は見合いで夫と結婚しましたが、今までに夫以外の男性を受け入れたことはありませんでした。
夫は私を愛してくれて浮気もしたことがないのに、
私がこのような行為を働いてまことに懺悔の気持ちで一杯です。
帰りの車の中で「今日だけの一回きりにしましょう!」と彼に言って別れました。
しかし、五十路近くなり、もう女性としての気持ちを捨てかかっていた時に、
彼の若い肉体を味わったことで一回きりで終わる自信も揺らいでいるのが正直なところです。
しかし、私たちは地方の医療界という狭い世界に住んでいるので、
噂にでもなったら取り返しのつかないことになります。
今のうちに止めておかないといけないんでしょうね。



--------------------------------------------------------------------------------
[2032] 初めての浮気 投稿者:陽子 投稿日:2004/11/28(Sun) 17:06

38歳の専業主婦です、このサイトはお友達に聞いておりましたので良く見させて頂いております、もう4ヶ月前の事ですが主人を裏切ってしまいました、どうしてかと言うと主人は通勤に自転車を利用しております(交通費を浮かして小遣いにしております)、帰宅途中馴染みのお店で飲んで帰る途中に溝に車輪が落ち右膝と右腕を折病院に運ばれました、1週間ほどしたとき主人の会社の上司がお見舞いに来たとき私はその上司を見たとき心臓が驚くほど鼓動しているのがわかりました、まるで主人とは比べようが有りません背が高く若い頃は何かスポーツをしていたみたいにガッチりしており素晴らしい人だと思いました、年は40代の後半だと思いましたが
後でわかりましたが48歳と知りました、上司は仕事帰りでしたので2人で病院を出た時食事に誘われました、さいわい私の実家が近いので子供を預けて居たのでそれほど子供の事は心配はしていませんでした、上司(Iさん)はとても話上手でその日は楽しくお食事ができました、そんなことが3,4回続いたある日いつもの様に主人の様子を見に病院に行きました、その日(7月28日)はとても暑い日でしたので薄着のブラウスを着ておりました院内はさほどクーラーが効いておらず私はブラウスのボタンを2つ外しておりました、そうこうしているとIさんがあらわれ主人を挟んで向かい同士に腰を降ろしました、私は主人の身体を起こしたりしていると時に私の胸がIさんから丁度見える位置にあるのでした、私はどうかしていたんです、Iさんから見ると挑発している様に見えたんです(後で聞きました)いつものように2人で病院を出ました、食事に行くんだと思っていましたが何だかIさんの様子がおかしいなと思いましたが彼について行きました、実は私の住んでる近くの駅の裏側にはラブホテルが数件あります、私は自然に彼の腕に腕を絡ませると私達は何事もなくホテルに入って行きました。


--------------------------------------------------------------------------------
[2031] 主人の作戦? 投稿者:miyuki 投稿日:2004/11/28(Sun) 13:40

皆さんこんにちは。34歳の主婦です。
以前からこのサイトは主人に勧められ時々見ていました。皆さん本当の話なの?って思ってましたが、私にも体験が訪れました。
今思うと主人の作戦にまんまとひっかかっちゃったのかなと思います。
数年前からSEXしている時に「浮気をしてもいいんだよ。」とか「このからだを俺だけでなく、すけべな男にも味わってもらったら。」なんて言っていました。
私はそんなこと嫌だったのですが、主人が喜ぶので「浮気したい。」って言ってました。
私も仕事をしているので、たまには接待とかでお酒の付合いもあるのですが、家に帰ると主人にすぐに求められて、「口説いてくる男はいないのか?」とか「お尻くらい触ってくる男はいないのか?」って毎回きいてきます。
たしかに、うちの会社の取引先の社長さんに一人食事に誘ったり、座っていると洋服の上から胸を覗きこんだりする人がいます。
主人にその話をすると、激しく求めてきて、主人は「一回くらい食事に行ったら?」「浮気してもいいよ。」なんて言いながら早くイッテしまいます。
でもその社長さんはハゲてて、口臭もくさいし、脂ぎってて、とてもそんなことは考えられません。
ある時、主人の仕事が忙しくて1ヶ月くらいSEXのない時期がありました。温泉にでも行ってゆっくりしよう(SEXを)。ってことになり、富山県にある温泉に行きました。
主人とお風呂に行きました。男女別々になっているのですが、湯船には塀がなくて男風呂からは丸見えだし、男風呂の湯船とは50センチくらいの距離なんです。
私はびっくりしましたが、幸い男女ともだれもお客さんがいなくて、私たち二人だけでした。
主人が、露天風呂もあるから行ってみようと言い出し、露天風呂へ行きました。敷地のなかを3分くらい歩いたところに洞窟みたいなお風呂があって、混浴でした。
先客は、70過ぎのおじいちゃん1人と、50過ぎのおばさんが2人でしたから私も思い切って入りました。みんなで他愛もない話をしていると、高校生くらいの体育会系の男の子が3人と、先生らしい30代後半の男性がやってきて「こんにちは。」とすがすがしく入ってきました。おばさんたちは男の子たちをからかっていましたが、私は首まで浸かっていたので苦しくなってお風呂のふちにタオルで胸とあそこを隠して座りました。その時男性たちの視線が一気に集まりはずかしかったです。たぶん温泉の薄いタオルでしたから、お湯に濡れて乳首やあそこの毛が透けて見えていたと思います。
男の子たちはちらちらと視線を送ってきますが、先生とおじいちゃんはあからさまに私の体に舐めるような視線を送ってきます。男の子たちも浸かっているのが熱くなったのかお風呂のふちにすわりました。恥ずかしそうに前をタオルでおさえているのですが、おちんちんは大きくなっていました。こんな若い子が私の体で大きくしているのがちょっと嬉しかった。すると先生が「出るよ。」と言い、男の子たちは脱衣の方へ行きました。先生も立ち上がりましたが、タオルで隠した前がすごくおおきなテントをはっていて、おばさんが「すごく立派だわ」と言うと先生もテレて脱衣へ行きました。私も先生の大きなおちんちんにはびっくりしました。
部屋へ戻ると夕食の準備ができていて主人とお酒をのみながらおいしく頂きました。
露天風呂で男の子たちがおちんちんを大きくしてたこととか、先生のおちんちんにはびっくりしたことを主人は嬉しそうに聞きながら私のあそこに指を這わせてきます。「先生のおちんちんと男の子のおちんちんとどっちがいい?」と言いながら私のあそこにキスをしだし、「どっちがいいのか言ってごらん。言わないとやめるよ。」って言います。私は「あなたので充分。」と言いました。
しばらく舐めていた主人が「だめだ。酔っ払った。もう寝る。」と言っていびきをかきはじめました。ゆり起こしてもビクともしません。
しかたがないのでテレビを見ていましたが、お風呂でのことや、主人に舐められて火照っている体をどうしようもなくてお風呂へ行こうと思いました。
どっちのお風呂にしようか迷いました。怖かったけど露天風呂へ行きました。パシャパシャお湯の音がするので、そっと木陰から見てみると、さっきのおばさん2人が湯船に腰掛けた先生のおちんちんを舐めているところでした。私はびっくりしましたが、あの大きなおちんちんを見てみたいと思う気持ちは隠せません。一人のおばさんが洗い場で仰向けになって、その太ももの間に先生が腰を沈めていきました。おばさんは「いいーっ」と声を上げます。でも私は覗いているのを誰かに見つかったら大変だと思い、内湯へ向かいました。
内湯には男女とも誰もいませんでした。お湯に浸かり、いっぱい濡れたあそこを洗いましたが、その刺激がたまらなくて目を閉じて指であそこをさすっていました。
するといきなり「旦那さんはどうした?」と男湯から露天風呂のおじいちゃんが声をかけてきました。「酔って寝ちゃいました。」と言うと、「若い体なのに、露天であんなの見て、旦那が寝たんじゃ気の毒にな。」と言います。「えっ、おじいちゃん露天にいたの?」と恥ずかしさも忘れて聞くと、「ああ、居たよ。熟女はよくやりよるの。まあ、こんな歳ではやりたくてもやれんけどな。」と言います。私は覗いてたのを知られた気まずさから「おやすみー」と湯船から出ようとすると、「まちなさい。どうだろう、年寄りのお願いを一つだけ聞いてくれんか。」「頼む。一度だけ若い観音様を拝ませてくれ。」と手を合わせお願いしてきます。
「そんなこと無理です。」と言うと「一緒に覗きをやった仲じゃないか。」「どうせ拝むだけじゃよ。息子はとうの昔からいうこときかんようになった。」と白髪に包まれて小さいおちんちんを見せます。
私も覗いていたことを人に言われるのが怖かったので、「見るだけですよ。」と念をおして、男と女湯の境の湯船のふちに腰掛けて足を少し開きました。「おお、ありがたい。」とおじいちゃんは顔を近づけてぎらぎらした視線で見入ります。しばらくするとあそこにおじいちゃんの息がかかり、じわっとお汁が出てきました。膝ががくがくしてきて目を開けていられません。「おじいちゃん、もうお仕舞い。」と言おうとした時、あそこのびらびらになんとも心地よい痛みを感じて目を開けると、おじいちゃんが入れ歯を外してかんでいます。「やめて下さい。」と叫ぶと、「もう少しじゃ。」とクリトリスを舐めながら歯茎でかんできます。私はイキそうなくらい感じていましたが、誰か入ってきたら大変だと思うのと、主人が気になっておじいちゃんの頭を押しのけてお風呂を出ました。出掛けにおじいちゃんが、「わしも若ければ思いっきり突いてやるんじゃが、かんにんしくれ。」と声を掛けてきました。私はちょっとおじいちゃんが可哀相に思えましたが部屋へ戻りました。
部屋では主人がいびきをかいて寝ていましたが、ビールを飲んだ形跡もあったし、今思えば起きていたんだろうと思います。

私がみなさんに読んでほしい体験はこの数日後にあった事なんです。数日後にまた書かせていただきますので、よろしくお願いします。
本当はいろんなこと主人には言ってないので、ここで読んで気付いてほしいんです。



--------------------------------------------------------------------------------
[2030] 無題 投稿者:yukiko 投稿日:2004/11/28(Sun) 11:36

雪子。38歳になる主婦です。夫は昨年4月からオランダへ単身赴任しています。子どもはいません。独りぼっちで留守を守っています。
一人寝の淋しさについ、毎晩のようにオナニーにふけっています。かと言って夫以外の男性とお付き合いするだけの勇気はありません。お友達の中には、そんなときアダルトビデオに出演して満足している方がいます。「私はいつもナマで中に出してもらうの。いろんな男性と経験できて満ち足りてるわ」と言っていますが、私にはどうも、、、。
結局、このサイトのチャットを利用してのオナニーしかありません。でも、チャットでの男性の中にも、すぐに会いたいとかおっしゃる方がいるのにはウンザリしています。
純粋に想像の中だけで絶頂に導いてくださる男性の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
[2029] 私の恋 投稿者:ヨッシーの卵 投稿日:2004/11/27(Sat) 22:08

いつものように迎えに来た彼の車に乗り込む。
彼の姿を見、彼の匂いを嗅ぐと私の体にスイッチが入る。
「今日は何をしてたの?」
「家で掃除とか色々」
こんな普通の会話をしながらもあそこが濡れてきてるのがわかる。
「今日、(抱いても)いいの?」
彼はいつも私を抱く事に躊躇いがあるみたい。私を大切にしたいという思いがあるから。
「うん。いいよ」
そう、私の体はすでに彼を求めている。
ホテルに入るなり抱きしめられ激しいキス。まるで私を食べるようなキスを何回もされ、頭が真っ白になる。
ベットに倒され、キスをされながら乱暴に衣服を剥ぎ取られ下着も脱がされ、彼の顔が股間に沈むのを感じる。
ビチョビチョになってるおまんこを見られる恥ずかしさと、クリトリスを舐め甘噛みする彼によってもたらされる快感で、おまんこはさらに濡れヒクついてくる。
「入れるよ」
体の中に彼が入ってくる。
それだけなのに快感が走り、ため息のような喘ぎ声がでてしまう。
私を抱きしめ彼が激しく動く。
おまんこに深く刺さり、突き上げ、かき回す。
「あぁ〜〜〜〜」
彼の名前を何回も呼びながら、喘ぎまくってる私。
口からは涎を垂らし、彼が動くたびに体中に走る快感によがり狂っている。
「おまえが好きや」
耳元で囁く彼の声でさらに快感は高まり、オーガズムに達する。
SEXの快感ってこんなに凄いものなのだと、彼と知り合って初めてわかった。
この歳でこんなに深く愛せる人と出会えた事も私にとっては嬉しい出来事。
不倫?いいえこれは恋愛なのです。



--------------------------------------------------------------------------------
[2028] 変になった私A 投稿者:祐子 投稿日:2004/11/27(Sat) 13:26

義父に深々と貫かれる夢を抱きながら主人とのセックスもそれなりに楽しんでおります。
セックスが終わって息を整えながらそれとなく義父のことを聞き出しているんです。
主人が子供の頃に何度か両親のセックスを漏れ聞いたそうです。
義母をとことん責めていたそうです。 苦しそうな義母の咽び声を聞かされたようです。
主人の話しを聞きながら「あの夜」の出来事とオーバーラップさせてオマンコがヒクヒクします。
義母が病気にならないかしら、用事で泊りがけのお出かけしないかしらと何も起こらない筈なのに
淡い期待と淫らな欲望で変になりそうです。
主人のことを淡白ではとご質問が書き込まれていましたが、主人は前戯はしつこいぐらいしてくれます。
でも、、、、挿入してからは2,3分ぐらいです。
あの夜に見た義父は前戯(覗く前から始まっていましたが)も楽しみ且つ挿入してからも体位を変えたりして長かったです。
歳のせいで射精するのが遅くなっているのかどうかは分かりませんが・・・・。
前戯でいかされ、挿入してアクメ・・・何と素晴らしいだろうと妄想しています。
こんな欲望は絶対誰にも言えないだけに反って身を焦がす思いです。
同じ屋根の下にいるだけに辛いです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2027] 混浴温泉で 投稿者:明美 投稿日:2004/11/24(Wed) 18:19

 主人と蓼科へ紅葉を見に一泊旅行をしました。 
 宿は混浴で有名らしく、主人はそわそわしていましたが
「入らないわよ」
と、きっぱり宣言してありました。
 宿に入り、夕方女性専用の露天風呂に入り絶景に感動!
 そして夕食後、予想通り主人が
「せっかくだから混浴に行ってみようよ。暗くなったし平日だからお客もいないと思うよ」
と、口説いてきました。
 少しお酒も入っていたし
「ま、いいか」
と、主人と一緒に混浴に行くことにしました。
 脱衣室は男女別々、裸になって引き戸を開けると、照明で薄ぼんやりした中、三つの岩風呂があり、主人と男性が二人入っていて、一斉に私のほうを見ました。
 私はあわててタオルで胸と股間を隠して、主人のいる湯船に入りました。
 主人はニヤニヤしながらもちょっと緊張してるみたい。
 主人と差しさわりの無い話をしていると、中年男性二人が入ってきました。
「こんばんは」
と、気さくに挨拶されたので、恥ずかしかったけど
「こんばんは」
と、応えました。
 だんだんリラックスしてきて、熱いお湯でのぼせてきたので、タオルで胸と股間を隠しながら、岩風呂の縁に腰掛けました。
 主人と男性が世間話を始め、他の人たちも加わり、気が付くと私は5人の男性に囲まれていました。
 皆さん、前を隠さないので、おチンチンが丸見え^^チラチラと鑑賞させてもらいました^^
 私も薄いタオルで乳首が透けており、股間はともかく横からお尻が見られる状態。
 でも皆さん紳士で、性的なことは一切言いませんでした。
 冷えてきたので、再びお湯に浸かるとき、タオルを取ったので、皆さんに乳首を見られたかも。
「そろそろ行こうか」
と、主人に言われましたが、もう少しいたい気分でした^^;
 でも皆さんと
「おやすみなさい」
の挨拶をして、主人の後ろについて脱衣所に向かいました。
 タオルで前は隠していましたが、後ろからお尻をしっかり見られたはずです。
 部屋に戻っても体も心も火照って興奮していました。
 その夜はもちろん、主人とセックスしました。
 なんか混浴に病み付きになりそう。
 どっか、いいところ教えてください^^ 


--------------------------------------------------------------------------------
[2026] 新たな出会い。 投稿者:美月 投稿日:2004/11/24(Wed) 17:45

3人の浮気相手の中の49歳の彼に別れを告げました。
付き合って2ヶ月の短い浮気・・・

別れた原因は
彼が私に対しての嫉妬が激しくなったから・・・
メールの返信が遅くなるだけで「何してるの? 浮気してるんだろ?」との怒りのメールが届く。
酷いときには「浮気したら殺すかも・・・」とのメールが届いたこともあった。
こんなメールが届くたびに、私の気持ちは彼から離れてしまった。
好きになってくれるのは嬉しいけど、お互い浮気なんだから
つかず離れずの癒しの付き合いをしたかったのに。

彼に別れを告げた翌日
私は、また新たな出会いを求め出会い系サイトに投稿した。
ただ今、36歳と41歳の彼とメールを始めたとこで
これから、どんな展開になるか楽しみです。





--------------------------------------------------------------------------------
[2025] 無題 投稿者:加奈 投稿日:2004/11/23(Tue) 15:12

私と彼にはちょっとヘンな趣味があります。
二人とも体のヘアを全部きれいに処理しています。
私はセックスの時に彼のアレが私の体に入ってくるのを見るのが大好きなんです。
だから、少しでもよく見えるように二人とも処理しました。

二人ともフィットネスジムで無駄なお肉が付かないように運動して、彼は日焼けマシン
で真っ黒で私は真っ白。彼に抱かれる時は、まるで黒人に抱かれてるように感じる
時もあって、大きくなった彼の黒いアレが私のお肉に吸い込まれていきます。

そして、彼には女性用のショーツを着けてもらってます。
それほど大柄でない彼なので何とか女性用のショーツが着けられるのですが、
彼の日焼けした肌に真っ白な総レースのショーツはお似合いだし、小さいけど
きれいな形のお尻にはTバックがお似合いです。

女性用のショーツの中で窮屈そうにしてるオチンチンを触ると、すぐに大きくなって
きて、そのうちにおつゆを出しながらショーツから顔を出してきます。おつゆを全部
舐めながら、つるつるのタマタマから先までを全部舐めます。彼も私のを舐めてく
れて、二人でいやらしい音をさせながら舐めあいます。

私は感じてくるとおしっこがしたくなる時があるんですが、彼はそういう時に私の
お漏らしを飲んでくれます。たくさん出そうなときは、私が彼の顔の上に座って、
彼の顔を見ながら飲んでもらいます。
彼の前でおしっこをしてしまう恥ずかしさと、それを飲まれる恥ずかしさ、飲んでくれる
彼の愛情を感じてたまらなくなります。
--------------------------------------------------------------------------------
[2024] 変になってる私 投稿者:祐子 投稿日:2004/11/22(Mon) 12:40

結婚10年を過ぎ少し倦怠期かなと感じている36歳の主婦です。
ぎこちなかったセックスも今では淫乱かしらと思うほど感じるようになっています。
それなのに逆に主人の要求が少なくなって欲求不満気味なんです。
だからと言って浮気や不倫はしておりません。

今年の夏のことです。
猛暑の所為か真夜中に喉が乾き下の台所の冷蔵庫に冷やした麦茶を飲みに降りました。
主人の両親との同居なんです。 子供はいません。
舅達は一階の和室を使っております、私たちは二階を。
階段を忍び脚で下りると和室の襖が30cmほど開いていてスタンドの灯りが漏れていました。
こんな時間に起きていらっしゃるんだと思い更にこっそりと台所に向おうとしたんです。
和室から艶かしい義母の喘ぎ声や息遣いが聞こえてきました。
65歳の義母がと思うと金縛りにあったように動けませんでした。
「たっぷり舐めておかないと濡れが少なくなったからな」と義父の声が・・・。
「ああっ、、、いいわ、たっぷり舐めて」と甘えた義母の声。
「さぁ、お前も俺のチンポを舐めておくれ」
あの年齢でもフェラチオをするんだと思うと見たくなったんです。
襖の陰から覗いていました。
70近い舅のオチンポが信じられないほど勃起していました。
もしかしたら主人のものより大きいのではないかと思いました。
お若い時は遊び人だったと聞いていましたが、なるほどと思えました。
年老い義父母のセックスは若い私たちよりも激しく濃厚で、覗きながらいつの間にかオマンコを触っていたんです。
もともとファザコンの気がありましたので、あの夜の出来事を見てからは義父に一度抱かれたいと密かに思っております。
もちろん誰にも言えないことだし、家庭崩壊に繋がることは充分わきまえております。
でも、義母の甘い喘ぎ声が耳に残っているんです。
義母に代わって私がと叶わぬことを夢想しているんです。
主人とのセックスが減った分、オナニーの回数が増えました。
最近のオナニーのおかずは義父です。
浮気も不倫もしていませんが、いけない主婦だと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[2022] 昨日に続き 投稿者:ゆきえ 投稿日:2004/11/20(Sat) 18:36

昨日は金曜日で近くの映画館は火・金は女性は1000円なんです、秋吉久美子主演の映画に興味があったので行きました。
昼過ぎでしたのでお客は少なくR-18ですので入り口より奥の
最後部に座りました。内容は濡れ場も多く普通の主婦のは
刺激が強すぎるくらいで場内に響く秋吉久美子の声に私も
濡れてきて手がスカートの中に行ってしまった程です。
声だけを聞きながら指技に浸って目を閉じて感じていた所に
隣に誰かが座ってきたのです、1人でイヤらしい映画を観に来たのですか?興奮してるようですね。
声を掛けてきたのは、名前は知りませんが同じマンションの方で時々顔を会わせるので知っている男性だったのです。
悪い印象はない方でしたがこんな所を見られて言葉も出ず
スクリーンを見つめて固まった状態でした。
私も興奮してますよと私の手を取り股間に持っていかれ
硬く膨らんだ物に触れてしまいアッと声を出して手を引っ込めようとしましたがお願いしますよお互い慰めあいましょう
と強く手首を掴まれ、握る格好になってしまい、そうなると
彼の右手がスカートの中に入ってきたのです。
ダメっと睨み付けましたが、奥さんが映画を観ながらオナーニーしてたと誰かに話そうかな・・・・って耳元で言われた
エッと思いましたがそれから拒むことが出来ませんでした。
ビチョビチョになった所に手が行きワー凄く濡れてるねと
下着の横から直接触られてしまい、何が何だか判らないまま
指は挿入されて声が出そうなくらいに感じさせられてしまい
彼の前に後ろ向きに立たされスカートは捲くられ下着が降ろされてしまい、上体は前の席に行きお尻を突き出す格好にさせられました、ア〜・・・彼が後から舐めてきます。
私、最近主人に舐めてもらったことが無く音を立てて吸い付いてこられ1回目イってしまいました。
モーダメ、許してとお願いしましたが、僕はまだイってないから、これからだよと抵抗できない私をトイレに連れて行きました、男子トイレでした。
個室に入らされ後ろを向かされベルトの外れる音でこれからどうなるかは予想がつきます、でも私の体は早く頂戴っと
言ってました。彼の物が一気の奥まで突き刺さってきました
最高に感じてしまいました。
自分で今までに最高に感じてるって思いました。
イクと彼が、イってイってと声を殺して、その瞬間、膣の奥に暖かいものを感じて頭は真っ白に飛んじゃいました。
今日は主人も家に居ました。
お友達に会うからとウソを言って彼に逢いました。
昨日の下着を返してもらうためだったのですが、彼の部屋に
行くと、単身赴任で1人世帯と教えられました。
当然こうなると予想していたというか期待してました。
彼に裸にされお気に入りの下着を褒めてもらい、主人が居る同じマンションの中で抱かれて忘れかけてた激しいSEXに
恥ずかしくも大声を出す私の口に昨日の下着が入れられて
2度も彼の精子を体に受け入れたしまいました。
今も彼の部屋に居て裸のままこれを書き込んでいます。
彼の女になると約束しました。






--------------------------------------------------------------------------------
[2021] デートを見つかって 投稿者:美和 投稿日:2004/11/20(Sat) 01:40

 35歳の主婦、小4の男の子一人です。
 同じ会社のAさんに映画に誘われました。好ましい人だと思っていましたのでOKして、主人にはお友達と会うと言って出かけました。
 映画を見終わって、Aさんと寄り添って映画館を出たところで偶然にも、主人とバッタリ!
「お前、何してんだ!」
 思わぬ展開に、私はパニック状態。主人はAさんに詰め寄り
「あんた、誰?」
と、凄みます。Aさんは
「か、会社の同僚です」
と答えるのが精一杯。主人は再び私に
「友達に会うと言ってたじゃないか。何やってんだ、お前!」
と、凄い剣幕で、周囲の視線を集めます。
 Aさんは
「僕は、これで・・・」
と、あわてて退散してしまいました。
 それからが大変。主人が乗ってきた車で家に帰るまで、言葉で責められっぱなし。帰ると浮気をしてないか、体を調べると言い出しました。
 さすがにそれは拒否しましたが、その夜、結局裸にされてしまいました。キスマークを探してるみたいですが、もちろん、そんなものありません。
 そのうち主人も興奮したみたいで、裸になって私に重なってきました。
 その日を境に、主人が変わりました。それまでは私の方が主導権を握っていたのに、やたら強く出るようになり、そして何より、減り気味だった夫婦のエッチが格段に増えました。
 私を抱きながら
「あの後、ホテルに行くつもりだったんだろう」
とか
「あいつともう寝たのか?」
とか言ってきます。
私は
「そんなことない・・・あなただけよ」
とか言いますが、全然聞いてくれません。最後は
「この浮気女!」
とか言いながら、私の首筋に歯を立ててイッちゃいます。
 私も興奮して
(ああ、私ホントは浮気したいの。浮気のエッチがしたいの!)
とか心の中で叫びます。ホントは口に出して叫びたいんですけど、さすがに恥ずかしいです^^;
 でも、口に出したら、主人は喜びそう^^
 


--------------------------------------------------------------------------------
[2020] 無題 投稿者:Ran 投稿日:2004/11/20(Sat) 01:20

彼の秘書兼通訳の仕事を教えられるのと同じように、所長には私が今まで経験したことのないセックスを教えられてきました。

毎日セクシーな下着を着けさせられて会社で検査されたり、脱がされて私の羞恥心を刺激されることから始まって、所長との出張先のホテルに女性向けのマッサージを呼んで所長の前でいやらしいマッサージをされたこともありました。怪しい感じのマッサージ師の人の前で裸にさせられ、膣内のマッサージを受けました。その人は私の中に指を入れて一番感じる部分をすぐに見つけて、はじめはゆっくりと、そして段々激しく指を動かし始めました。快感が身体中を回って絶頂に達するとまたゆっくりと優しい動きに変わり、何度も絶頂を迎えました。
そうしているうちに少しずつ絶頂の時間が長くなっていくのがわかりました。

所長の前で他の男性にいやらしいことされてるのを見られるのも興奮するようになって、マッサージが終わって二人きりになった後、私が感じていた様子を聞かされながら、またその時のことを思い出して感じてしまいました。


--------------------------------------------------------------------------------
[2018] 追伸です 投稿者:隷裸 投稿日:2004/11/18(Thu) 19:20

さきほどのものです。あいまいな表現がありました。
私は主の命令で、あまり愛のない結婚生活を続けています。
主様に仕えるために、夫との生活を続けています。
夫には奴隷であることはもちろん内緒、セックスに奥手な妻を演じています。
主様に毎日の排泄を報告し、夫との性生活も月に2回フェラはしてはいけないなどと管理され、オナニーも管理下にあります。禁止されたり、5回以上逝くことなど訓練内容を与えてくださいます。最近は潮も吹けるようになりました。
体も敏感になってきます。
御主人様もこの体を悦んで遊んでくださいます
先ほどは改行がうまく出来ていなくてすみませんでした。
--------------------------------------------------------------------------------
[2017] はだかの奴隷 投稿者:隷裸 投稿日:2004/11/18(Thu) 18:49

私は夫に貸し出されている奴隷です。子供もいます。私の本当の支配者は主様です。服従によって心の安定を得ています。ずっと付いていきたいと願っているのは主様です。もちろん主従関係としてです。わたしは主様からこの体を預かり管理させていただいています。主様のお望みになったときに、主様の満足のため使って頂きます。未熟な奴隷ですから管理がうまく出来ないときもあります。そのときは罰を与えてくださいます。鞭や手で叩いていただいたりします。主様の呼び出しがあればすぐに行きます。ミニスカート、ハイヒール、ノーパン、ノーブラ、赤の犬の首輪、恥ずかしいですが、意に反して股はぬるぬるとして、乳首は、硬くなってきます。露出狂なのでしょうか。主様から服装を褒めていただけたら、その恥ずかしさは悦びに変わります。主様に喜んで頂ける事が私の悦びです。
そのあと裸になり、全身を観ていただきます。主様のものですから下半身も、胸も隠しません。隠せません。大きく股を広げて、奥も観て頂きます。きちんと脱毛してあるかも調べていただきます。これがわたしの精液便所か・・・。と御主人様はご覧になります。そのときもう私は恥ずかしいことに愛液を流しているのです。観られているだけで逝きそうにもなります。
全裸に赤の犬用の首輪と言う状態でお待ちするときもあります。指定場所に行き主様を、正座しています。それから、調教よろしくお願いいたします、と挨拶をします。
縄をかけていただきます。後ろ手に、股間に(最も敏感な部分に当たる様に)、胸の上下に、私は身動きが取れません。ただ、主様に身を任せ、快感に浸っています。束縛されながら心は開放されていくのです。
大股開きの状態、女性としては恥ずかしい部分も全てお見せする形に縛っていただけるときもあります。本物のモノになれたようで嬉しく、これからの責めをこの無防備な格好でお受けしますという覚悟が決まります。
調教は御主人様のご気分しだいで決まります。私がして頂きたい事は関係ないのです。
痛い鞭うち、どこを打つかなんて御主人様のお決めになること、必死で耐えます。そのうちそれが快感になって逝きます。御主人様のお許しを得てから逝ってしまうこともあります。勝手に逝ってしまうこともあります。これは許されないことです。後で罰を頂きます。快感も全て御主人様の許可がいるのです。
バイブ責め、主様がクンニリングスをしてくださいます。
私は快感に飲み込まれ、潮も吹き、何度も登りつめます。そのときも叩いてくださったり、快感と苦痛と一緒に頂きます。主様は私の痴態が逝き狂うさまが面白いといって下さいます。恥ずかしいですが、主様に面白がっていただけてとても嬉しいです。一番苦手なのは浣腸です。ガラスの注射器でグリセリンを頂戴します、我慢してもだえ苦しんで、主様にお願いして排泄します。主様も見てくださいます。汚いことですが、その姿を見ていただくのはすごく快感なんです。そのあと、おしりの穴も使って頂きます。主様の御分身が入ってくるのです。様々な調教を受けたのですが、その最中はまったく覚えていないんです。
主様にはいろいろ教わっています。フェラの仕方、いろいろなテクニック、ソープ嬢,以上のテクニックがなければだめだと
主様の性奴としてはそれくらい身に着けなさいと言われています。まだまだ、叱られてばかり、教えていただくばかりの奴隷です。もっと成長すれば、貸し出し、複数、SM乱交、レズ、獣姦を体験させたいとおっしゃっています。私はそのために一日一日少しずつ奴隷道を歩んで生きます。主様の喜ぶお顔が見たいから、私もそういう経験もしてみたいから(淫乱なんです)、もっともっと、苛めて頂けるように、努力しています。主様、また、頭なでなでしてください、乳首を思いっきりつねってください、ピアス下さい刺青ください。私は主様のオモチャです。我侭も言いますけど、もっと成長します。世間で見れば不倫、ですが、私には一番大切な方、私の居場所なんです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2016] 焼けぼっくい・3 投稿者:幸子 投稿日:2004/11/17(Wed) 10:46

憲司さんのものが押し入って来た。なんだか、あのころよりひと回り大きくなったみたい。でも、懐かしい感触だった。私は、25年の空白を取り戻すかのように両足をからめ、啜り泣き、叫んでいた。

すべてが終わったあと、私たちは全裸で抱き合ったままグッタリとしていた。やがて、憲司さんが体を離すと、彼のほとばしらせたものが溢れ、真っ白なシーツを濡らした。

シャワールームから出て来た憲司さんに私はむしゃぶりついた。「お願い! もう一度抱いて。今度はうしろからして」

家に帰ったのは、もう午後8時を過ぎていた。長女に「夕ご飯は?」と聞くと、「おばぁちゃんがハンバーグ作ってくれたの」 リビングでは主人がソファに寝そべってテレビを見ていた。「ただいま」と声をかけると、顔も見ずに「あぁ」とだけ返事がかえって来た。このヒト、いつでもそう。きょうは何をしたのか、何があったのかぐらい聞いてくれてもいいのに。

トイレに入ってウォシュレットを使う。便器にまたがって足を開いたとき、ドロッと膣から憲司さんに注ぎ込まれたザーメンが滴り落ちた。また、感じてしまう。

憲司さんがアメリカに帰る前の日、私は「フラ教室のお友達のところで泊めてもらうから」と主人にウソをついて憲司さんのホテルへ行った。

翌日、成田空港のゴールドカード専用ラウンジで、私と憲司さんは並んで腰掛けていた。二人は、あの3年間、いつもそうであったようにしっかりと手を握り合っていた。私は「憲司さん、どうしてあのとき私をさらって行ってくれなかったの」と心の中でつぶやいていた。

アナウンスが搭乗開始を告げた。憲司さんは立ち上がり「じゃ、サッちゃんもお元気で。お幸せに」と言って、向こうへ歩いて行った。

また、私にとって平凡な、そして退屈な日々が始まる。


--------------------------------------------------------------------------------
[2015] 気持ちいい一日 投稿者:由梨絵 投稿日:2004/11/16(Tue) 23:14

いつものように、朝からホテルで楽しんでまいりました。
お相手は大学生。まだ経験が少ないこという彼は、すごく緊張していました。全裸になると彼のモノは今にも爆発しそうなほどビンビンでした。
そっ・・・と触れると「ああっ!」とかわいい声。優しくお口に含んで舌を絡め、上下に軽く動かしただけで「あっ!」と発射してしまいました。
謝る彼のモノをお口で綺麗にしてあげると、みるみるうちにまたビンビンに。
ベッドに横になり「好きにしていいのよ」と言うと、無我夢中で私のカラダをむさぼりはじめました。
ただただ夢中なだけの愛撫。でも挿入後は一向に萎えることなく、2時間は奥まで激しく何度も何度も突いてくれました。

午後からは何も予定がなかったので、最近近所にできたマッサージルームに行ってみました。若い先生が担当でした。
ガウンに着替えてベッドに横になり、肩から背中をマッサージ。とても気持ちがいい・・・。
気のせいか、腰のあたりにくると手つきがいやらしく感じてしまって、ついカラダがビクッとなってしまいました。
先生は小声で「セクシーな下着ですね」とガウンから透ける下着を見て言うのです。
私は起き上がり「見せてあげましょうか?」とガウンを脱ぎました。
黒のブラとTバック。
今度はそのままの格好でマッサージ。太ももからヒップにかけて重点的に触られて、アソコが濡れてしまいました。
少し広げた太ももを上に上がる手・・・。指先がアソコに当たり思わず声が出てしまいました。「絶対に声を出しちゃダメだよ」。そんなこと言われても・・・。
先生の指はズブズブと中に入りいやらしく動いて、クチュクチュと音が聞こえてきました。「仰向けになって」と囁かれ、彼のなすがままに・・・。
優しくオッパイをマッサージされアソコからお汁がドクドク。大学生の精子の臭いもします。
先生のズボンを脱がせるとビンビンのモノが飛び出してきました。
ベッドに手をつきバックから奥深くまで激しく突かれ、子宮に突き刺さるほどでした。
喘ぎ声を我慢して激しく疲れる快感!耳元で「イクよ・・・いい?」と囁かれ、思わず首を横に振ってしまいました。
でも先生のモノが一段と大きく硬くなったので私もイッてしまい、オマンコがビクンビクンと痙攣し硬いモノを奥へ奥へと飲み込みます。
その瞬間、先生も「ああっ」と声を出して私のオッパイを鷲掴みにし、子宮にモノを突き刺しました。オマンコの奥にザーメンがビュッと発射されるのを感じ、更にオマンコはビクビクッと・・・。
床に垂れたザーメンやカラダを拭き、先生は部屋を出ました。



--------------------------------------------------------------------------------
[2014] 焼けぼっくい・2 投稿者:幸子 投稿日:2004/11/14(Sun) 16:17

憲司さんとラウンジでお茶を飲んだあと、私は彼の部屋に入った。エレベーターの中は私たち2人っきりだった。憲司さんの腕が私の肩を抱いて引き寄せた。私はされるがままに爪先で背伸びして彼と唇を合わせた。

私に逡巡がなかったわけではない。ふと、家で長女と2人で私の帰りを待っているであろう主人のことが頭をかすめた。「ゴメンなさい、パパ。でも、きょうだけは許して、、、」。私は少女時代に帰ろうとしていた。あの3年間をもういちど体験したいと思った。

ベッドに腰を下ろすと、私は震える手でスカートのホックをはずし、ファスナーを引き下げた。スリップとパンティーだけになり毛布に身を入れた。ブリーフだけになった憲司さんが入って来た。

私の体はすっかり熱を帯びていた。エアコンのせいだけじゃない。燃えるように熱かった。「早く冷まして、、、」。私は夢中で憲司さんにしがみついた。


--------------------------------------------------------------------------------
[2013] 彼の言葉で・・・ 投稿者:美月 投稿日:2004/11/14(Sun) 00:03

11月に入って3人の浮気相手に抱かれて思ったことがあります。
私の彼たちは40代と働き盛りですが、3人とも体力や精力の衰えを口にします。

今日は、46歳の彼とのデートの日だったんですが
ホテルのお風呂で彼の身体を丁寧に洗い、お風呂から出た後は、彼から言われるままにオマンコに自分でバイブを挿入し動かした状態で彼の待つベットへ。
彼は、すぐに私の口へオチンチンを近づけてきました。
バイブの振動に感じながら、15分ほどフェラを続けていると
彼が「逝きそう、もう逝ってもいいか?」と私に。
私はフェラをしながら頷くと、彼は私の口の中で逝ってしまいました。
結局、私へのオチンチン挿入はないままに・・・

しばらくして、添い寝してる私に彼は言いました。
「40代になって体力の回復が遅くなったよ。一度逝ってしまうと・・・」
私は思わず「フェラしても無理なの?」と聞くと
彼は「もう勃起する元気がないんだよ」と答えました。

私は彼の正直な言葉が嬉しかった。
その言葉に「じゃ、一番気持ちいい時に逝かないとね」と言うと
彼は「今日は口が気持ち良かったから・・・」

彼は浮気相手、SEXの快感快楽だけを求めるのなら他の男性を探すことは簡単だと思う。

だけど、私は彼や他の彼たちに、同じ時間を過ごす間は癒されている。
だから、体力や精力が落ちたからって気にせずにいて欲しいし
2人で過ごす時間は、お互いが刺激になるようなこと見つけて楽しんで行きたいと
今日の彼の言葉で思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
[2012] 焼けぼっくい・1 投稿者:幸子 投稿日:2004/11/13(Sat) 10:58

「サッちゃんじゃないか? いや、失礼。もしかして神谷幸子さんでは?」
フラ教室のお友達と別れて、ロビーのソファでボンヤリしていた私が顔を上げると、50歳台の紳士が立っていた。その顔に、まだ若々しい大学生の顔が重ね合わさるのに、そう時間はかからなかった。

「本当に久し振りだね。もう25年か。元気かい? ご主人は? お子さんは?」

ラウンジのテーブルに向かい合ってコーヒーをすすりながら、彼・元岩憲司は畳みかけるように聞いて来た。私は受け答えしながら、25年昔のことを思い出していた。

憲司と私が結ばれたのは、私がまだ高校2年生で、彼はそのころ東大法学部の3年だった。当時彼は、私の受験準備の家庭教師をしていた。そして私は、家人が留守のとき彼に組み敷かれ乙女の純潔を捧げたのだった。

とても痛かった。すべてが終わって身を起こしたとき、畳にポツンと一点、鮮やかな紅が残っていたことを思い出した。そして彼とはその後3年間交際していた。親の目を盗んで彼のアパートに泊まり、家にはお友達に泊めてもらったとウソをついたことも、、、。当然のことだが、中絶したことも2度あった。

憲司はいま、アメリカに勤務しており、奥さんと子ども2人はあちらで生活しているのだと言う。本社で会議があり帰国しているとかで、宿はこのホテルに取っているということだった。

私は彼の質問に答えながら、彼との3年間を思い出し、それとともに腰掛けている両の足の合わせ目のあたりがぬめらかなもので濡れ始めているのを感じていた。


--------------------------------------------------------------------------------
[2011] アナル 投稿者:由梨絵 投稿日:2004/11/11(Thu) 23:37

アナルに挿入なんて・・・私には考えられませんでした。
でも初めて指を入れられた時に、これは気持ちいいのかもしれないと思いました。
それから少しずつ調教されて。今ではアナル好きになりました。
言葉では言い表せない・・・オマンコとは違う気持ちよさがあります。
オマンコに中出しがNGな場合は是非アナルに。
ドクンドクンと硬いモノが脈打ち、ザーメンが流れ出る感じがよくわかります。
本当に気持ちいいんです。
体験されたことがない方は、是非、指からお試し下さい。
指だけでもとても気持ちがいいです。
アナル用バイブもとても気持ちがいいですよ。
未体験の皆様に新たな快感を味わってみて欲しいです。


--------------------------------------------------------------------------------
[2009] 複数プレイ 投稿者:由梨絵 投稿日:2004/11/10(Wed) 23:44

今日は複数プレイを希望していた方とお会いしました。
お仲間10人としてくれる相手を探しているとのこと。
年齢は30代から50代の方々でした。
都内のホテルの一室に入ると、既に皆さんは下着姿でくつろいでいました。
私は代表の方から一枚、一枚ゆっくりと脱がされて・・・。
二人の方にお風呂でカラダを洗われました。

そしていよいよ・・・。
まず目隠しをされ、私はお人形でどんなことにも拒否をしてはいけない・・・。
そう言われて、とにかくよってたかって弄ばれました。
カラダ中を苛められ、言葉攻めもあり。とにかく快感!!
色々な体液、ローションなどでドロドロでした。

朝から開始し夕方まで。
最後にはお風呂に座らされ、一人一人のモノをお口でお掃除です。
中にはオシッコを私の顔やカラダにかける方もいました。
それでも黙ってお人形でいました・・・。

帰りは乳首とクリにボディクリップ。
オマンコとアナルにはバイブを挿入してパンティで固定。
洋服は着ずにコートを羽織って、車に乗りました。
車内では全裸になり、横浜までまた弄ばれながら帰宅しました。
もちろん外から見えます。
隣に止まった車の方々は、皆さんビックリした顔でした。
まだオマンコがザーメン臭いです。
今夜は主人が帰宅しないのですが、外出はせずに朝までオナニーしようと思います。



--------------------------------------------------------------------------------
[2008] まさか・・・・ 投稿者:由美子 投稿日:2004/11/07(Sun) 07:00

私は32歳の平凡な主婦です。
実の母親を引き取って三人暮らしでした。
結婚して五年になりますが、何故か子供に恵まれません。
主人は38歳の働き盛りですがセックスの方も男盛りと言うのか週に二回は求めてきます。
平凡ながら三人仲良く生活していました。
昨年の秋に東京への転勤辞令が出たのです。
母を抱えている都合上、単身赴任で経過しておりました。
月に一度は会社の経費で帰宅できるように配慮していただいております。
週に二回が月に一度になってしまったんです。
帰宅した時は母は気を利かせて二人の時間を出来るだけ長く取れるようにしてくれます。
単身赴任が三ヶ月も過ぎてくると男盛りの主人は我慢できるのだろうか、浮気はしていないだろうかと少し心配になりました。
私自身も我慢が出来なくて深夜にこっそりオナニーをするようになったのです。
そんなある日、デパートにショッピングに行きました。
ボーイフレンドがいるわけでもないのに少しセクシーなブラとショーツをつけて何故かハイテンションでした。
主人にネクタイを送ってあげようと思い似合いそうなものを選んでいたんです。
ご自分のネクタイを物色していた40半ばの男性が話し掛けてきました。
髪型、服装を見ても中間管理職のサラリーマンと直ぐ分かりました。
言葉使いも丁寧で感じのいい男性でした。
相手の男性のネクタイを見立ててあげ、こちらのネクタイの選択にアドバイスしていただきお互いの買い物が終わったのですが、何となく連れ立って喫茶店に入りました。
喫茶店では当り障りの無い話でしたが随分打ち解けた気持になりました。
喫茶店を出て少し散歩を付き合って欲しいとの申し出に、久し振りに男性と連れ立っての散歩にウキウキした気分でした。
人通りの少ないラブホテル街に・・・・・・。
極自然にすっとラブホに入られたんです。
私は少し躊躇しましたが、催眠術を掛けられたように後を追いかけるようにして入ってしまったんです。
部屋に入るなり抱きしめられてキスをされました。
最初は挨拶程度の軽いキスだったのですが、、、当然エスカレートして濃厚なキスに。
キスしながら巧みに服を脱がされ下着姿にされました。
いつの間にか私も相手の股間をまさぐっていたんです。
散歩の後で少し汗ばんでいたのでお風呂に入りたかったのですが男性の欲望のままに身体中を愛撫され舐められました。
男性の触る所触る所が火傷をしたように熱くなり知らず知らずの内に喘ぎ声を洩らしていたようです。
ブラを剥ぎ取られショーツを脱がされ、、、、あそこはもう充分に受け入れ態勢でした。
それでも入って来るときには、、、うっとうめきました。
人前では言えない言葉を囁かれ言わされして、腰は私から押し付けるように使い少しでも離れたくないかの様に脚を男性の身体にロックしていました。
正上位、騎乗位、バック・・・・色んな体位をとらされ涙を流しながら喘ぎ続けていました。
射精した後も私の髪を撫ぜたり抱きしめたりしてくれました。
お風呂では手の平にソープをたっぷりつけて身体の隅々まで洗ってくれました。
私もお返しで同じようにして洗ってあげたのですが・・・・またコチコチになったんです。
浴槽の中で背面騎乗位で挿入されました。
お湯の中だと愛液が流れ出して軋むと思ったのですが何の問題もありませんでした。
少し前までは全く見ず知らずだった二人がこうしてセックスしているなんて信じられませんでした。
まさか私が行きずりのセックスをするなんて・・・・・。
たった一度の浮気でしたが大満足です。
死ぬまで私の秘密にするつもりです。
皆様の様に刺激の無いお話でしたが、匿名仮名でもいいから誰かに話したくなり投稿しました。



--------------------------------------------------------------------------------
[2007] 無題 投稿者:雅子 投稿日:2004/11/06(Sat) 11:58

30歳の主婦です。
夫は単身赴任で家に帰ってくるのも月に2回程で
帰ってきた日の翌朝に赴任先の寮に帰ってしまいます。
私との性行為を目的に帰宅している感じで
お互い日頃溜まっていた物を吐出すかのように
帰るまで性行為をしてます。
夫はそれで満足している感じですが
私は何だかそれだけでは物足り無さを感じてます。

そんなある日、
夫の後輩でもあるAさんと関係をもちました。
25歳の独身の彼ですが
時々夫が家に連れてきては
3人で夕食なども食べたり、
泊まって行ったりもしている仲なので安心はしてました。

夫が居ない事を良い事に
家にやってきて犯されてしまいました。
「以前から好きだった」と言われ無理やりに。
その日を境に殆ど毎晩家に来ては性行為をしています。
彼との行為を写真やビデオで撮影され
「言うことを聞かないとバラす」と言われ
今では3〜5人を相手に犯されてます。
勿論、複数相手の行為もビデオに撮られました。
私は毎晩続くそんな生活の中で
それが当たり前かの様に思え、快感も感じてます。

犯されたのを切欠に性行為に対する
至福の喜びとは裏腹に一人相手の行為では
満足のいかない女になってしまった感じです。

--------------------------------------------------------------------------------
[2006] 快感ドライブ 投稿者:さや 投稿日:2004/11/06(Sat) 03:11

35歳の専業主婦です。
今年の初めに携帯の出会い系で知り合った40歳の浮気相手と、4日に京都から三重までドライブに行ってきました。
三重へのドライブは今回で2度目。
彼は、オマンコが大好きなので、運転中でも私のパンツに手を入れてきます。
初めは恥ずかしくて抵抗していた私も
オマンコを触られる気持ち良さには自然に身体が
彼の手を求めてしまいます。
車の振動で彼の指が小刻みにオマンコを刺激する快感は忘れられません。
オマンコに指が触れてるだけでも感じてしまうのです。
それに感じてる私の顔を対向車の人に見られてるって思いが
ますます快感に・・・
帰りの車中では、運転している彼のオチンチンをしゃぶってしまいました。
また、お互いの性器を触りあいながら快感ドライブ楽しみたいです。





--------------------------------------------------------------------------------
[2004] 多忙な日々・・・ 投稿者:由梨絵 投稿日:2004/11/04(Thu) 22:32

主人が出張中の1週間。日々SEX三昧でした。
中でも楽しかったのは、ひとつは13時から22時までの5P。
とあるマンションに集合し、動けなくなるまで弄んでもらいました。
天井から吊るされた紐に手首を固定し、立ったままの状態で乳首とクリにボディクリップをつけて引っ張られ、濡れ濡れになったオマンコとアナルに色々なサイズのバイブを挿入。
次に縛られて軽いSM。叩かれたり、噛まれたり。気持ちよかったです。
5本のモノを順番にフェラし、お尻を高くあげた姿の私のオマンコに、次から次へと挿入して順番に発射。
お口、オマンコ、アナルを同時に責められたり、トイレは部屋のなかの洗面器にしたり。
終わった時には体中がザーメンまみれでした。
グッタリと動けない私を、一番体の大きな男性がお風呂に入れてくれて。抱きかかえながら洗ってくれました。
オマンコとアナルは洗っても洗っても、ザーメンがドクドクと流れ出てきました。

もうひとつは、レイプごっこ。
朝から夕方まで3人の男性と順番にSEXしたのに物足りなくて。
20代の子と深夜に待ち合わせ、無理矢理車に乗せられて車内で一回、公園で一回犯されました。
いきなり洋服ビリビリに破かれて、まだ濡れていないオマンコに挿入し激しく突かれて、すごく感じちゃってシートがビショビショに。
彼がイッた後は無言で車を走らせ近くの公園へ。全裸にコートを羽織った姿で車から引きずり降ろされ芝の上で。
「この淫乱女!感じてんのか!」などと言われてますます興奮して潮を吹いたオマンコに発射。
汚れた彼のモノを綺麗に舐めてお掃除させられました。
オマンコから流れ出るザーメンが足元まで垂れる状態で帰宅しました。

もうひとつは、お泊りで朝まで。
50代の男性と、軽くお酒を飲みながら食事をした後で楽しみました。
ホテルでローターとバイブを購入し、縛られて動けない私をネチネチと弄んでくれました。頭から足の先までたっぷりと。
ガーターとオマンコに食い込む黒のTバックがお気に入りなご様子。
下着姿を見ただけで・・・アソコがビンビンに!
オッパイをわし掴みにしてしゃぶりつき、バックからグチョグチョのオマンコに挿入しながらお尻をパンパンと叩かれました。
強くお尻を掴まれて激しく突かれ、何度も何度もイッてしまいました。
朝までたっぷり、4回も発射するほどの絶倫な方でした。

自分で言うのも変ですが、顔もなかなかで清楚な感じ。スタイルもそこそこ。
こんな私が複数の男性と毎日のように浮気をしているなんて。絶対に誰も信じないと思います。
出会った方々もそんなギャップにとても喜んで下さり、とても気持良く楽しい時間を過ごさせて頂いてます。
出会いの方法は色々です。ネットでよくあるD系にたくさん登録しています。掲示板やチャットなどでも探します。
時間がある時に沢山の方々とお約束させて頂いて、順番にお会いしていくという感じです。
いつかこちらに参加されていらっしゃる方々とも、お会いする機会があるかもしれませんね。
その時には、F65のオッパイとパイパンのオマンコをたっぷりと可愛がって下さい。

私もノーパンとミニスカで外出はよくやります。
電車内やカフェでわざと見えるように座って、周りの男性の反応を楽しんでいます。
外出先でのオナニーもよくします・・・。


--------------------------------------------------------------------------------
[2003] チョッと変かな 投稿者:美和子 投稿日:2004/11/03(Wed) 12:42

30歳の主婦です。専業主婦をしてるので
暇をもてあましてます。
外出をすれば多少なりともお金を使うので
極力用の無い外出は控えてるのですが
それでも他人に私を見てもらいたくて
ブラブラと出かけてます。
夏でもノーパン、ノーブラ。
ミニスカートの時もたまに。
誰かに犯されたい気分なんです。
それも青空の下で皆の見ている目の前で
私のいやらしい行為を。

一時間位散歩して家に帰ってからは
そんな事を想像しながらオナニーをしてます。
「人の大勢いる海辺でのセックス」
「交差点で犯されている私」
そんな事を想像してると自然にアソコに手が行ってしまう。
今日もこれから出かけてきます。






--------------------------------------------------------------------------------
[2002] 後悔 投稿者:みや子 投稿日:2004/11/03(Wed) 10:30

48歳の主婦です。
ノニ(ジュース)の販売促進の仕事をしています。この仕事はいわゆるマルチ商法で、
何人かでグループを作って仕事をしていますが、その中の男女関係がめちゃめちゃなんです。
だいたいが子育てが終わった、40代後半から50代の女性が多いのですが、マルチ商法のうまみに
首を突っ込んでくる若い男の子が来ると、おばさん達がみんなで誘惑する姿が醜いほどです。
 そういう姿ばかり見ていたので私も感覚が麻痺していたんだと思います。
男性のメンバーに誘われるままホテルのお部屋に行き、肌を合わせてしまいました。
でも、気持ちよくなんか全然なかったです。粗雑で下手で衰えた身体だったから・・・
ここでは殆どの男性会員も50過ぎの方々で、女性との乱交が目的で入会する人もいるくらいです。
それでも全ての男が女性を気持ちよくさせると思うのは間違いで、ましてや50過ぎでは無理でしょう。
主人以外の男性と寝たのは初めてですが罪悪感はありません。
書いてしまうとこれだけですが、やっぱり悔しい。
なんで悔しいのでしょう。感じることが出来なかったから・・・・?
こんな事もあるんですよ。ほとんどがこんなかも?




--------------------------------------------------------------------------------
[2001] 罪悪感・・ 投稿者:香織 投稿日:2004/11/03(Wed) 01:20

31才結婚5年目の香織です。子供は2歳の息子がいます。子供を保育所に預けて仕事復帰をして8ヶ月。あるプロジェクトで一緒になった39才の妻子持ちの人と深い関係になってしまいました。プロジェクトの中では特に目立った存在ではなくこんな関係になるなんて想像もしていませんでした。プロジェクトが終盤にさしかかった頃、士気を高める為にみんなで食事会をしました。その時もほとんど彼とは会話はしていませんでしたがトイレへ行く細い通路で彼と一緒になりました。すると彼は何も言わずに突然私を引き寄せいきなり唇を重ねてきました。私は何が起こったのか理解出来ず唇を重ねたまま時間が過ぎました。彼の唇が開き彼の舌の感触を受けた時に我に返り彼を払い退けるとその場から去りました。席に戻り何事も無かったように振舞いましたが頭の中では「なぜ?彼が私の唇を・・・」「なんですぐに払い退けなかったの?」こんな事をするような人とは思っていなかったのに・・・頭の中は疑問や以外な出来事にパニック状態でした。でも唇に残る感触を感じドキドキしていた自分もそこにいました。帰りの方向が一緒だったのもはじめて知りましたが数人で同じ電車に乗り込みました。車内は混んでいて流れで彼の正面に立ってしまい彼の胸に顔をくっつける体勢になってしまいました。以外な胸厚に男を感じてしまい顔を上げられませんでした。他のメンバーはバラバラになってしまいわかりません、揺れる電車の中で自然と彼に体を預け彼の手が背中に、もう片方の手が私の右手を握り締めてきた時には何も抵抗出来ませんでした。手を引かれ途中の駅で降り抱き寄せられながら引っ張られるようにホテルに入っていく自分を他人のようにみていました。部屋に入ると激しいディープキスが待っていました。彼の舌を受け入れ自分の舌を絡ませながら主人の顔が浮かびました。罪悪感を強く感じながら「あなた・・私。今、ちがう男に舌を吸われているわ・・・」「普通のキスだけど今までに無い感じるキスよ・・・」主人の事を考え罪悪感を感じれば感じる程、目の前にいるちがう男に感じて行きます。
彼との行為はごく普通でも、常に頭に主人の事が浮かび
「私はなんでこの男に抱かれているんだろう?」と思えば思うほど、それが快感となりいつもより大胆になる自分がいました。恥ずかしさと不潔感から主人にさせなかった、アソコを舐める行為も彼に強要され一度許すと自分でも信じられないけど自ら足を広げ彼の頭を引き寄せていました。「あなた・・私のアソコ、グチャグチャにされてるの・・あなたにもさせなかったのに・・・もの凄く感じてるわ・・」私が上になり彼のモノを咥えると彼は下から私のアソコを舌で・・そしておしりの穴も激しく舌で舐めてきました。初めての経験でそんな行為を許すはずもないのに何も抵抗せず感じていました。「あなた・・・私のおしり舐めてる男がいるわよ・・・私はその男のモノを口にほおばってるの・・・あなたにもした事のないほど一生懸命しゃぶってるわ・・・」そして彼が私の中に入ってきた時彼の名前を叫んで強く背中にしがみついていました。彼のサイズは普通で主人のモノより小さいぐらいでしたが、今まで絶対感じた事のない強い快感に酔いしれていました。私が絶頂を迎えるとき「あなた・・・イクわ・・ちがう男のモノでイクわ・・・ちがう男の精液を私の中に・・・あぁぁ・・あなた・・・イク!・・・イク!・・・」失神するかと思うくらい最高の絶頂を向かえました。
彼とはその一度きりです。今は逆に主人に抱かれながらあの時の事を思い出し「あなた・・あの男はもっと激しく求めてきたのよ・・・私ももっともっと乱れていたのよ・・・あの男はもっと・・・もっと・・・」と考えるとあの時のような快感が得られるのですが、
あの時のあの最高の快感にはとどかないようです・・・・
--------------------------------------------------------------------------------
[2000] 不倫の果て 投稿者:浩子 投稿日:2004/11/02(Tue) 20:42

37歳の公務員です。今年の3月に結婚しました。俗に言う、できちゃった婚です。もうじき出産予定で、現在産前休暇中です。でも実は、お腹の子の本当の父親は、主人ではありません。10年近く不倫の関係にあった、同じ役場のY課長です。彼とは、結婚する前に、別れました。でも1年後には、職場に復帰します。Y課長とも、顔を合わすことになるでしょう、、10年も馴染んだ彼の体をこのまま忘れることができるでしょうか?考えただけで、この体が疼いてきそう、、


--------------------------------------------------------------------------------
[1999] いいのかな 投稿者:由梨絵 投稿日:2004/11/01(Mon) 21:13

40歳の専業主婦です。
先日、夫以外の物を受け入れてしまいました。
それも五人とです。
私は休む暇もなく続けざまに入れられて
終わった後は腰が抜けたかのように
身動きもとれませんでした。





--------------------------------------------------------------------------------
[1998] まさか・・・ 投稿者:亜紀 投稿日:2004/11/01(Mon) 15:21

30歳の主婦です。先日、事情があってテレクラにTELしました。どうしてもお金が必要だったのです。つながったのは31歳の会社員で会うことになりました。待ち合わせ場所に行ってビックリしました。そこにいたのは高校時代の先輩だったのです。彼は、当時私が付き合っていた人の友人でした。車の中でいろいろと話をしてホテルへ入りました。旦那や恋人以外の人とSEXするのは初めてで恥ずかしかったですがとても興奮していました・・・つづく


--------------------------------------------------------------------------------

inserted by FC2 system