BBS4 2002.08 過去ログ


--------------------------------------------------------------------------------
[959] 無題 投稿者:千晴 投稿日:2002/08/31(Sat) 09:26

32才の主婦です。29才のとき結婚して、まだ子供はいません。
主人は優しいのですが、Hに関してはちょっと淡白なので私はちょっと欲求不満になることがあります。
私のほうから主人に言葉で誘いかけるのは恥ずかしいので、30超えて世間では「おばさん」世代と呼ばれているにもかかわらず、服装は結構若作りをしています。
夏はほとんどタンクトップとショートパンツ姿です。たまに下はキュロットスカートやミニスカートをはくこともあります。
これもすべて主人を刺激するためです。食事の支度をするとき主人に背を向けているのでわざとパンチラしてみたり、テーブルに料理をのせるときにタンクトップから胸をちらっと見せたりするんですが主人は気にもとめてくれません。
でもある日、主人を送った後、郵便受けに宛名も差出人もない茶封筒が入っていたんです。中には四角いものが入っているようでした。
開けてみると、一枚の便箋と共にビデオテープが入っていました。
便箋には「千晴奥様の日常生活」と新聞や雑誌からの切り抜き文字がありました。
気味が悪かったけどビデオを見てみることにしました。するとビデオには間違いなく私の姿が。いつ撮ったのかわかりませんが顔のアップや全身姿の他に、私が洗濯物干しているところや庭をそうじしているところ、買い物に行こうとしているところなどが映っているんです。
そして恥ずかしいところも映されていたんです。ショートパンツやミニスカートで屈んだりしゃがんだりしてパンティーが見えているところやタンクトップからブラや胸の谷間がはっきりとしかもアップで撮られていたりするんです。
一番恥ずかしかったのはミニスカートでしゃがんで主人の靴を磨いていたところを撮られていたときにアップで見たらパンティーからあそこの毛がはみ出しているんです。
全部で40分ぐらいのビデオでしたが、いったい誰が何の目的でこんなことをするのでしょうか?もしかしてお金を要求されるのでしょうか?私は毎日びくびくとして過ごしています。


--------------------------------------------------------------------------------
[957] 指は上手なのに。。。 投稿者:知美 投稿日:2002/08/27(Tue) 13:21

私は33歳の主婦です。週に3回パートでPC教室で事務をやっています。
そこで知り合ったT先生と数回デートし、先週の金曜日に初めて体の関係になりました。
ラブホに入るとすぐ、身長183cm、体重78kgとがっしりした体型のT先生は、身長160cm、体重52kgの私をお姫様抱っこしてベッドまで運んでくれました。
キスが凄く上手で、それだけで私のあそこはジュンと濡れてくるのが自分でも分かりました。
T先生は私の服を一枚一枚脱がせながら、全身舐め回してきました。
私が全裸になる頃には、私のアソコはパンティに染みが出来るほど濡れていて、自分でも恥ずかしいくらいでした。
私から「一緒にお風呂に入いりましょ」と誘いました。

バスルームに行った時、T先生のモノに目をやると、まだ大きくなっていませんでした。
二人で全身を泡だらけにして、後ろからT先生が片手で私の胸を揉み洗い、もう片方の手は私の大事な部分に。。。
T先生の長い指が私のヌルヌルした部分に出たり入ったり。。。
私はたまらなくなり、T先生のモノに手を伸ばしました。
「???」
硬くはなっているものの、T先生のモノは私の片手にスッポリ納まってしまうくらいの大きさ。。。
泡をお湯で流し、T先生はもう一度私をお姫様抱っこでベッドまで運んでくれました。

私は大きく開脚され、T先生が一番感じるところを激しく、優しく舐めてきました。
クリを舐められながら、指でGスポットを刺激されイキそうになったところで、T先生が挿入してきました。
「???」
確かに入っているはずなのに・・・
T先生は私をマンぐり返し近い体勢にし、激しく腰を動かし始めました。
先程よりは入っている感じがしましたが、T先生の指程は感じませんでした。
そして・・・T先生が私の中に入って5分と経たないうちに、「知美は俺のもの」と言いながら先生は私のお腹の上で果ててしまいました。
そして、後始末をしたT先生は満足して寝始めました。

私は、これまで数人の男性と経験してきましたが、こんな人は初めて!
当然のことながら、イキそうでイカせて貰えなかった私は欲求不満!!
私は、寝ているT先生の片手を掴むと、いつも自分でオナニーをするように先生の指を自分の欲求不満なところに入れようとしました。
目を覚ましたT先生は「ごめんね」と言いながら、先程と同じ様にクリを舐め、指でGスポットを刺激し始めました。
T先生は指の動きが凄く上手で、何回も指でイカされました。
「指が抜けなくなるかと思った」と先生が言うほど、私のアソコはT先生の指が大好きで、先生の指が抜けても、あそこはピクピク状態。

T先生・・・顔も体型も指使いもいいのに・・・アソコは小学生並み。
ホント、体型では分からないものなんですね。。。

T先生の指を思い出し、オナニーしてしまう日々が続きそうです。



--------------------------------------------------------------------------------
[956] 以前から 投稿者:カナ 投稿日:2002/08/27(Tue) 09:29

私は27才になる主婦です
ずっとかかえてきた悩みがあります
それは父のことなんです
学生の頃にレイプされ
その後、調教状態が三年続き
それが悲しくて嫌で、飛び出すように就職し家を出ました
今の主人と結婚したのは四年前ですが
やさしくて幸せです・・
でも最近、その父のことを思い自慰にふけるようになりました
主人は淡白で、あまり営みもなく正直欲求不満です
気持ちでは今も本当に嫌なんです
うまくまとまってない文章で申し訳ありません
まさか自分から父に言える訳もなく悩んでいます
--------------------------------------------------------------------------------
[955] 癖になりそう 投稿者:響子 投稿日:2002/08/26(Mon) 01:28

初めて投稿する40代前半の夫婦で私は主人の前で男性に
抱かれる事に主人が興奮するので年に数回そんな行為を
楽しんでいますスケベで仲良し夫婦です。
最初からスムーズにプレーに入れた訳ではありませんでした
自分自信抵抗があったのです 本当に主人は興奮吸収の為に
耐えれるのか 私はもしプレーが始まると感じてしまう
だろうと主人が最初計画を話し出した時から正直思って
いました 結婚前にその時の雰囲気で初対面人に抱かれた
経験があったからです その中の1人が主人なんですから
私のスケベさは知ってましたが 妻となってから過去の
男性経験にジェラシーを表に出し苦しんだ時があったから
本当にジェラシーを興奮に変化させプラスになるか不安
があったからです やはり初回主人が探してきた男性に
抱かれて アブノーマルな行為に興奮してた事にまして
彼のテクに何度も大きな声をあげアクメを味わいました
しかし思ってたようにジェラシーに耐えれず3ヶ月位は
ギクシャクした夫婦になってしまいました
でも主人はそれを乗り切り 今では主人の前で抱かれ
主人をいかに興奮させるかを意識し焼き餅を焼かせる事を
楽しむ事が出来るようになり 50人を越す男性を経験し
私も知らない人のオチンチンを見、シャブリ、受け入れる
その行為を待ち望むようになってきたのです
ある日主人とアダルト映画館に行った時 2人で楽しんで
いると数人の覗きを意識しながら興奮していると主人は男性
達に痴漢行為をO.Kし4〜5人の男性から体中を触られ
等々最後は痴漢してない人達からも見られる事に興奮して
裸にされた時にも抵抗は感じませんでした
その日から露出が楽しみに変わってしまいました
覗きが多い所も知り 車の中から屋外へ 痴漢もされ
今まで相手を探すことから始まっていましたが 今は思い立てば即出来る事も条件で 毎週末(生理の時以外)出掛ける
ようになったのです 自分でも大胆な行為に驚いています
昨晩 また1ステップ奥に入ってしまったのでその事を
報告します 覗きが多いと情報が入って所で私達のように
楽しんでる夫婦に遭遇しました 痴漢をされながら裸同然
大きな声を その声が興奮する素敵な声でした私はその声
完全にハイになってしまい2組のカップルと5人の痴漢
5人の男性と相手のご主人のペニスをシャブリ 相手の奥様が
主人のペニスをシャブッていたのを目にし興奮はピークに
そのご主人に跨り露出行為初のSEXをしてしまいました
その他にも気に入ったペニスの男性ともしてしまいました
多くの人に見られながらのファック 興奮しました
おそらく10数回はイッタでしょう 本当にアブノーマルな
ことですからご理解できない方もいらっしゃるでしょうが
私は誰とでもしてしまうインランな女になってしまったの
主人にも素直に良かったと話しました もちろん又来たいと
も言いました。
これから何人の男性とするでしょうか インランな主婦なのです。


--------------------------------------------------------------------------------
[954] こんなの初めて 投稿者:祐子 投稿日:2002/08/21(Wed) 07:09

こんにちは、皆さん。
33歳で結婚しています、が彼氏がいます。10才年上の彼氏のHに溺れていく自分が怖いんです だって彼氏 私をどんどんイヤラシイ身体に変えていくんです。1年付き合ってだんだんHする時にいろんな物を使い出して。この間ベッドに目隠しされ全裸で足をおもいきり広げられ縛られてました、そして彼氏がゴソゴソと動いてわたしのアソコ
に何かを塗ってるような。するとスースーしてきてだんだん熱くなってきてタマラナイんですアソコがムズムズカッカカッカしてきて
足をすり合わせたくてもできないし、そのうち彼氏イヤラシイ言葉を
かけてきて「真っ赤に充血してるぞ」「汁が溢れてきてるぞ」とか
そんなこと言われてるうちにわたしの方から「どうにかして〜〜〜」
と叫んでいました、焦らす彼氏はチョンチョンとクリを何かで突っついてきます指なのかマッチ棒なのか微妙にタッチしてくるのです。
突っつきながら「どうしてほしいんだ」って聞いてくる彼氏に恥ずかしくて答えられずにいるとまた塗り足してくるんです、気が狂いそうなくらいアソコに神経が集中していて私ついに「掻きむしって〜〜」
って訳の判らないこと口走っていたと思います。それからのΗの凄いこと、何度昇り詰めたのか気を失いかける程でした。
行為が終わってから彼氏にナニをした聞くと答えてくれませんでした、でもでもしばらく病つきになりそうなステキなPLAYでした
今度はどんな事してくれるのかとても楽しみです、あぁどんどん
彼氏のΗ溺れてく私の身体 怖いやら嬉しいらでまだまだ彼氏と付き合っていくつもりです。ナニ塗ったか今度聞いてみよ。


--------------------------------------------------------------------------------
[953] ありがとう”羨む女”様 投稿者:RIN子 投稿日:2002/08/18(Sun) 22:27

そうですね、よかったのでしょう、一線を越えなくて・・・・。
実は、私、主人以外の人を知りません。
子供に手がかからなくなった頃から(33歳過ぎた頃から)
「他の人と経験なしで、人生終わるのかなぁ」
なんて思うようになったのです。
そうした考えを懐くようになったのと、Aさんと出会ったのが同じ時期だったのです。
今から考えると、別にAさんでなくても
   ”カッコイイ他の人に遊んで欲しかった”
というのが本音です。
でも、主人や職場にバレた時の事や、見ず知らずの相手だと病気の心配とか、一線越えるには勇気が要りますよね。
だから、やっぱり一線を越えなくて良かったんですね。

でも、やっぱり心の奥底では、
「一度で良いから、他の人と体験してみたい」
という気持ちはくすぶり続けています。
だから、Aさんとは、未だにメールの関係を続けてキープしてるんですけど・・・(イケナイ事とは十分承知しています)




--------------------------------------------------------------------------------
[952] 951のRIN子さんへ 投稿者:羨む女 投稿日:2002/08/18(Sun) 12:25

そういう話を読むと、やっぱり羨ましいと思います。
でも実際そうなってしまうと・・・・、怖いんですよねえ(笑)。
私は気持ちの浮気だったら何回してるかわかりません。
でも一線を越えるなんてそう簡単には出来ないと思っています。
何故なら、私の周りでは浮気を楽しんでいる人もいますが、不幸になった人の方が多いから・・・・。
そういう人達は皆同じ事を言いました。
楽しんでいるうちは「うまくやればいいんだ。」と、そして何か問題が起こってからは「もっとうまくやればよかった。」と。
でもうまくやれなかったから今困っている訳で、やっぱり人間のやる事ですからどこかに隙があるんだと思います。
私はそんなに器用ではありません。
だから危ない橋は渡らないつもりです。
「夫以外にも恋人がいる。」と擬似恋愛を楽しんでいるうちが一番いいんだと思います。
自分の生活全てを引き換えにする不安にはとてもたえられそうにないからです。
だからRIN子さんは一線を越えなくて良かったんだと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[950] 家族サービスのはずが 投稿者:Y・S 投稿日:2002/08/17(Sat) 18:51

主人が珍しく7日もの夏期休暇が取れたため、家族3人で某リゾート
ホテルに宿泊し、夏休みを楽しむことになりました。
そのリゾートホテルには室内プールもあり、主人と私、3歳になる子供と3人してプールで遊ぶこととなりました。
主人の前で水着姿になるのは4年ぶりだったので、恥ずかしかったのですが、結婚前に来ていた競泳用水着を着て、「地味に目立たない」
つもりでプールにのぞみました。
プールサイドには、派手でカラフルな水着を着た若い女の子が大勢いて、私は少し羨ましくなりましたが、主人や子供と遊んでいる内にそんな事も忘れ、いつもの母親としての自分で子供や主人と接しておりました。
3時間ほどプールで遊び、子供も疲れうたた寝しだしたので、私と主人は子供を連れ、部屋に戻りました。
子供を寝かしつけ、ソファーにくつろごうとすると主人がいきなりキスしてきて、「さっきの水着着て、セックスしたい」と言いだしたのです。 「地味な競泳水着じゃない、何に興奮しちゃったの?」と聞くと、「お前、気づかなかったの? プールサードでお前の水着姿を
舐め回すようにみていた中年オヤジがいたんだぞ」、「えっ!?知らなかった、だってもっと露出の激しい子だっていたじゃない、なんで
競泳水着なんかに・・・」、「お前、男を知らないな。 かえってああいう所だと、リゾート用水着より競泳水着の方が目立つし、スケベにうつるんだぞ!」、「そうなの!? いやだわぁ、明日どうしよう。」・・・私はとても恥ずかしくなり、明日のプール遊びが気重に
なりだしました。 そんなことにもお構いなく、主人は競泳水着の着用を求め、胸や敏感なところをいやらしく刺激してきました。
「だって今、着たばっかりだから濡れてるよ、ベッドが濡れちゃうじゃない。」、「だから、風呂場でするんだよ!、小僧も寝たし、夕食まであと3時間もあるし、楽しもうよ!」、「変態!! 私のこと見ていた中年オヤジってあなたじゃないの!?」、「俺も見て変な妄想してたけど、そのオヤジは半端じゃない目つきでお前を見ていたんだぞ!」、「だったら私に一言言えばいいじゃないの?見られてるって」、「女見ただけで犯罪か!?、だったら俺は今日だけで無期懲役か死刑だぞ、それに自分の女房が女として見られているってのは、主人として自慢の種じゃないか!」・・・そんな低レベルの会話が延々続きましたが、主人が「お前の水着姿に興奮した」という一言がうれしく、結局競泳水着を着て、主人を慰めました。
いつになく激しい責めに大声で鳴き声を上げてしまいましたが、初めてする「競泳水着プレイ」に主人ははまってしまい、「ああっ!、Yの競泳水着はスケベだ!!」とか「水着がおまXこに食い込んでて最高だ」、「競泳水着にちんX擦り付けると気持ちいいぞ!!」とか変態モードで興奮しまくっていました。
主人は我慢できなくなったのか、競泳水着の股間を左に大きく引っ張って捲り、挿入してくるなり「ああっ、気持ちいいぞ! あの中年オヤジもきっと、プールサイドか密室で、競泳水着姿のお前を乱暴に犯す妄想をしていたに違いないぞ!」と言いながら激しく腰を打ち付け
よほど気持ちいいのか、浴室に響くような嗚咽を上げながらも両手で私の競泳水着をなで回したり、引っ張ったりつまんだり、食い込ませたりしながら堪能しているようでした。
私も主人の言う「スケベそうな中年オヤジに水着姿のまま、レイプされている場面」を想像しながらも主人のプレイの数々に歓喜の声を上げていました。 「おおっ!! Y江ぇ〜つつ!!」という声と共に
主人は急ぎ抜き出し、白いシャワーを私の競泳水着のお腹あたりに降り注ぎ、果ててしまいました。 翌日のプール遊びの最中に、主人はプールの中で水着の中に手を入れてきたり、「ほら、あいつにお前の水着を見せつけてやれよ」とか言いながらふざけていました。
気のせいか主人の言うとおり、何人かの男の人が私をいやらしそうに見ている視線を感じました。
家族サービスのはずが、主人とスケベな男の人たちへの「競泳水着姿サービス」になってしまったようです。
ちなみに、主人はこっそり私の競泳水着姿の写真を撮り、片手に写真、片手にその時の競泳水着を用意し、一人で慰めているときもあるようです。 主人の机の中から私の水着写真と競泳水着が無造作にしまわれており、その股間は白く乾いて汚れていたんですから・・・。
--------------------------------------------------------------------------------
[949] はじめての不倫 投稿者:かずみ 投稿日:2002/08/17(Sat) 02:32

 昨晩、主人の親友と関係を持ってしまいました。
お盆休みで地元に帰ってきた主人の親友を家に迎え入れ
主人と私と3人でお酒を飲みました。
もともとさほどお酒に強くない主人はしばらくすると眠ってしまい、
わたしと主人の親友のYさんと2人きりで呑んでいるような
状態になりました。主人は酔っぱらって眠ると絶対に起きない
ことはYさんも私も知っています。

 徐々にお互いにお酒がまわりはじめて、怪しい雰囲気に
なってきてしまいました。もう最終的には歯止めが利かずに
主人を2回のベッドまで2人で運ぶと、あとは貪るように
お互いの体を求めあい、最高の一夜を過ごしました。




--------------------------------------------------------------------------------
[948] まりこさん 投稿者:トモコ 投稿日:2002/08/14(Wed) 07:59

私も、昨年秋に離婚。晴れて自由の身になりました。原因は私の不倫が発覚したためで結構大変でした。嫉妬深い主人にがんじがらめにされていた5年間、本当に嫌でした。でも、そんな中、主人に復讐するつもりで何となく年下の彼と深い中に。危険なアバンチュールって感じで毎回すっごい興奮しまくりでした。離婚が成立してはれて自由のみになっていつでも彼と奔放にセックスできるようになったんですが、なんかスリルがなくなって・・・。結局、彼も冷めたみたいで先月別れました。33にして性欲がなくなっちゃったのかしら? セックス以外にも楽しいこと見つけた方がいいと思う今日このごろです。


--------------------------------------------------------------------------------
[947] 友だちの披露宴後 2 投稿者:YUKIKO 投稿日:2002/08/13(Tue) 21:15

Y君の車でラブホテルに行き、3時間休憩で7500円の部屋に
入りました。 主人ともたまにラブホテルで愛し合いますが、
今日初めて出会った見ず知らずの男の子と入るのは初めてで、
緊張気味にエレベーターに乗り込みました。 Y君は終始優しく
肩を抱いてリードしてくれましたが、いざ、部屋の扉の前に立つ
と主人や子供の事が気に掛かり、躊躇してしまいました。
「入りますよ・・・」、Y君は私を引っ張るように部屋に入れ、
ドアに鍵をかけました。 「こわい・・・」、柄にもなくそう
つぶやくと、Y君はキスして私を抱きかかえ、ベットに寝かす
と「一度でいいから人妻にやさしくされたかったんです。」と
顔を赤くしながら告白するY君にキュンとなり、私は覚悟を決め
ました。 「ドレスがしわになっちゃうから・・・」、それだけ
言うとY君は心得たかのように背中のファスナーに手をかけ、ゆ
っくりとキスしながらドレスを脱がし始めました。 白いブラ・
白い紐パン・黒いラメ入りパンストだけの姿にされた私の身体を
舐め回すように見ていたY君のズボンは膨らみ始め、息づかいも
荒くなり、自分のネクタイやシャツ・ズボンを強引に脱ぎ出し、
トランクス1枚だけになると私の脚に飛びつきストッキング越し
のつま先をチュウチュウと舐め回しました。 「シャワー浴びて
ないから汚いよ」と言っても一向に聞かず、両つま先からふくら
はぎ、太股と舐め回し、最後に私の股間に手を股間に伸ばしなが
ら、自分のトランクスを脱ぎ、固くそそり立った自身を突き出し、
自分でこすり始めました。 「もったいないよ」、私はそう言う
とストッキング越しの足裏でY君の固い部分やたまたまの袋を刺
激し始めると、「あぁ、奥さ〜ん!」と喜びの声を上げ始め、身
体をしならせ、全身で私の技を受け止めてくれました。
しばらくするとY君は私のストッキングの中に手を入れ、紐パン
の紐に手をかけ、ストッキングから抜き取ってしまいました。
全裸にパンスト1枚だけの私、主人にさえ見せたことのない痴態。
股間は黒い陰毛が黒いストッキングに押しつぶされ、くしゃくしゃ
となっていましたが、黒い中に一点、ピンク色の敏感な部分が見え、
ストッキングのナイロンのこすれが異常に私を刺激していました。
「パンストが濡れてる」、Y君はHっぽくそういうとその部分に顔
を埋め、はあはあと暑い息を吹きかけながらパンストの濡れた部分
と、パンストに刺激されている部分に濡れていながらも熱い舌を押
しつけ、「ぴちゃぴちゃ」と下品に音を立てて舐めだしました。
「あぁ、汚いのに〜ぃ」、「いい匂いだよ、奥さんの匂い、アンモ
ニアと新しいパンストの匂い、いきそうだよ〜ぉ」、私も我慢なら
ずにY君を口に入れ、舌と唇でじっくり奉仕してあげました。
かり首が弱点らしく、舌ですくい取るように舐めあげるとピクピク
反応し、先からは透明な粘りのある液体が出てき始めました。 
「奥さんに入れたいよ」、Y君は少年のようなキュートな顔で私に
お願いしてきました。 「すきにして!」、そういうが早いか、Y
君は「パンストのままで」と股間に手を伸ばし、パンストを勢いよ
く破ると固い自身を差し込み、腰を動かし始めました。
セックス自体は主人の方が数段上ですが、パンストを履かされたま
まという、偏執プレイに感じてしまい、私は「あぁ、パンスト破か
れてる、犯されてるみたいよ〜ぉ」と叫ぶと、Y君は「式場で奥さ
んの美脚見たときから、このパンスト履かせたままセックスしたか
ったんです、あぁ、奥さんのパンティーストッキング〜ぅ!!」
と叫び、フィニッシュでは「パンスト!パンスト!人妻にパンスト
履かせたままだ、あぁいいよ〜奥さんのパンストいいよ〜お」と
獣のように激しく、股間に穴の開いた私のパンストの奥に腰を打ち
付けながら、「あぁ」と言う声と共に果ててしまいました。
愛し合った後、Y君とベット上で色々話しました。
Y君の彼女は同じ部署の先輩OLで、Y君はどうしても自分がパンス
トマニアで、セックス時にパンスト履かせたいが、告白できないで
悶々としている事や、私を初めてみたときに「この人なら自分の性
癖を理解してくれそうだ」と感じてアプローチしたことなど、さら
けだすように話してくれました。
私の主人にもこんな性癖はあるのかな?とY君の話を聞きながら、
今度の主人とのセックスは、リクエストを聞いてみようかと考えて
います。
Y君、ありがとう。 また機会があったら教えてあげるからね。


--------------------------------------------------------------------------------
[946] 恥かしいけど・・ 投稿者:C子 投稿日:2002/08/13(Tue) 19:22

はじめまして、31歳の主婦です。 私は自分で言うのもなんで
すが、真面目な人生を送ってきました。 今の主人しか知りません。
それでも幸せな日々を送ってきました。 しかし、ここのチャット
で知り合った男性にチャットで辱められるようになってから、主人
には内緒で自分がどんどん厭らしくなってきています。 恥かしい
のですが、もう自分ではどうにもなりません。 真面目な自分と、
彼に教え込まれた厭らしい部分が戦いますが、いつも厭らしい気持
ちに負けて、辱められるためにチャットに向かってしまいます。
彼には厭らしいことを言われ、恥かしい言葉を言わされ、もう
どうなっても良い・・と思うくらい感じてしまい、主人の事を思うと
申し訳無いと思いながら、ますます感じてしまいます。 私は彼の
前では『メス奴隷〇〇子』という名前でチャットしています。
もっと恥かしいことを言われたい、言いたい・・そんな思いで狂い
そうです。 彼の命令で、今では毎日一人で慰める体になってしま
いました。 妄想の中でも相手は主人ではなく、彼です。 彼に
激しく後ろから貫かれ、厭らしい言葉を浴びせられ、言わされ、
そんな事を想像して慰めています。 彼に恥かしいことばを言う
ように言われると私はもう催眠術にでもかかったかのように主人
にも見せた事の無い私が・・。 正直こんな風になってしまった自分
が怖いと思うこともあります。 でも自分に、『会ったり電話を
するわけではなくチャットの世界だけだから・・。』そういいきかせ
ています。 
下手な文章で申し訳ありません。 ただどうしてもこんな自分を
カミングアウトしてみたくなってしまいました。 今も、すごく
興奮しています。


--------------------------------------------------------------------------------
[945] 友だちの披露宴後 1 投稿者:YUKIKO 投稿日:2002/08/13(Tue) 18:27

短大時代からの友だちが結婚することになり、神奈川から千葉
まで出かけました。
主人と子供を置いて外出した開放感もあり、宿泊先のホテルでは
数人の友人たちと深夜まで飲みまくり、短大時代の昔話に花を咲
かせ、楽しい時間を過ごしていましたが、H子が、「明日の披露
宴の時に着るドレスを新調したの」と言い出した一言から、話が
下ネタにスライドして行き、「ドレスの下に履く下着はTバック
よ!!」とわざわざTバックのショーツを見せ、「お相手のご主
人の会社は天下のN航空よ、一流企業の男捕まえなきゃ、このご
時世、バツいち女が生きて行くには厳しいのよ!」と、離婚経験
者のH子は、気合いはいりまくりでした。 そんなH子を見なが
ら、私は密かに対抗意識が芽生えてきました。 幸せな家庭を築
いているとはいえ、私も女、友だちのお相手の勤め先がN航空で、
その友人たちも独身がほとんどと聞いたときから、披露宴の招待
状が届くのを首を長くして待っていたのですから・・・。
披露宴当日、私は黒いドレスに黒ラメのパンティーストッキング、
白い紐Tバックショーツを付けてのぞみました。 2時間ほどの
披露宴もつつがなく終わり、会場を変え、2次会になりましたが、
H子のアプローチのすごさに圧倒されつつ、会場の隅で一人ワイ
ンを飲んでいましたが、しばらくは誰も声をかけてくれる男の人
もいなく、「やっぱり、家庭臭があるのかな」と沈んでいると、
Y君(26歳)が声をかけてきてくれました。 ちょっとサッカ
ーの稲本選手に似た感じのキュートなタイプで、私の好みのタイ
プでした。 Y君としばらくは雑談していましたが、H子が来て
「その子は人妻よ」と、余計なことを言って去って行きましたが、
Y君は気にしなかったようで、しばらく私のところにいてくれま
したが、先輩社員と思われる人たちに呼ばれ、去ろうとしていま
した。 私は内心がっかりしましたが、久しぶりに若い男の子と
会話できただけでも良しとしようと思っていると、名刺を渡され、
去り際に「絶対今日中に電話下さい、待ってます。」と言いなが
ら去って行きました。 名刺の裏には携帯電話の番号が書かれて
おり、私は迷いましたが、「今夜だけ冒険してみたい」という気
持ちに負け、電話をして宿泊先のホテル近くの公園で待っていま
した。 Y君が息を切らせてきてくれて、「電話、くれないと思
っていたからうれしかった」と言ってくれ、私はうれしくなって
抱きついてしまいました。 Y君の来るまでホテルに行き、私は
一夜だけの冒険をすることになりました。
--------------------------------------------------------------------------------
[944] まりこさんへ 投稿者:ゆう 投稿日:2002/08/13(Tue) 01:26

まりこさん、気持ちはわかります。実は私も去年離婚しました。最初はまりこさんと一緒で、すごく気持ちが楽なんですけど、だんだん寂しさがつのってくるんですよね。私の場合、セックスそのものにはそれほどこだわってはいなかったんですが、人肌恋しいというか、誰かに触れたい、触れられたいっていう願望が強くて。そんな時、マッサージを男性に受けてなんかそれでかなり気持ちがやわらぐのを感じました。別にエッチなことをするわけではないのですが、気持ちのやすらぎというか、癒しを感じたんですね。まあ、そのうち新しい男ができればすべては解決するのかなって。まりこさんも、まだまだ若いのですから、いくらでもいい男が見つかると思いますよ。お互い頑張りましょう!!


--------------------------------------------------------------------------------
[943] ★秘密★ 投稿者:まりこ 投稿日:2002/08/11(Sun) 14:32

一昨年、わたし離婚しました。子供が出来にくい体質とのことで老舗の跡継ぎができないと困ると言うことで主人が外に女を作り彼女が妊娠。何となく居づらくなってどうしようと思ってたときものすごい額の慰謝料と市内の一等地のマンションの権利をくれて、それでなんとなくいいかなって、離婚に応じました。お金も住むところも不自由しなくって一人きままに暮らして一年はとっても開放的でよかったんですけど
困ったことが一つありました。それは大きな声でいえないんですがセックスしたいとき相手がみつからないということです。それはわたしが内気な性格なのでいざセックスのお相手を見つけようと思ってもどうしたらいいかわからなくって一人で慰めてばかり。せっかく妊娠しにくいんだからもっと奔放にセックスしたいのにつまんない、って思ってここしばらく暑さもあって悶々としてました。来月で30になってしまう女が昼間からカーテン締めてタオルを噛んでお股をこすって悶えてるなんて恥ずかしいかぎりですが、正直どうしようもなかったんです。先日このページを見つけて、一人寂しく慰めるときの空想に使わせてもらってます。正直、男が欲しい!!って思うことあります。


--------------------------------------------------------------------------------
[942] いけない事なんだけど 投稿者:まなみ 投稿日:2002/08/10(Sat) 20:54

31歳で結婚してます。子供もいます。つい先日主人と友達と飲みに行きました。友達というのは、40歳くらいで独身の方です。はっきっり言って容姿は悪いです。彼女と付き合った経験がないと主人から聞いています。
その日、子供を実家に預けて3人で飲んだ後、主人とデートの約束をしていました。久しぶりのデートなんで、私も主人に喜んでほしくて、思いっきりおしゃれして待ち合わせ場所に行きました。
主人から、「あいつが結婚するなら、まなみみたいな人がいいんだって」聞いていました。3人で飲みました。なんか私も開放感を感じてかなり酔いました。その後、「店を出てもうちょっと3人で遊ぼう」行くことになりました。友達が「自分がよく行く店がある」と言い出しました。私が「どんな店?」と聞くと「お酒のむ場所」と言うので、主人は半分寝てるのに「行こう」と言い3人で行きました。私は帰りたかったけど、主人も行くので付いて行きました。
あるマンションの部屋に行きました。店に入って個室に案内されました。またそこで3人で飲みました。主人は完全に寝てしまいました。2人で飲んでいると、主人の友達が、いきなり私を押し倒してきました。私は「困ります。やめてください」と言ったんですが。私のミニスカートを捲くりあげ、レースの黒色のパンティーを強引に脱がせ、濡れてないあそこにいきなり挿入してきました。挿入する前いつ準備したのか分からないローションを自分の物に垂らしていました。すぐ腰を振りはじめました。私は妊娠のことだけが心配でした。20回位腰を振っていました。すると、「ななみ、出していい?」と言ったのです。「中は嫌」と言ったときでした。友人は腰を振るのを辞め、私の奥に押し付けてきたのです。子宮に暖かさを感じました。すぐに分かりました。主人の友人は「よかったよ」の一言でした。



--------------------------------------------------------------------------------
[941] あっという間の2週間。 投稿者:友里 投稿日:2002/08/07(Wed) 14:26

私は31歳になる東京に住む主婦です。
37歳の主人とは、週に2、3回セックスする、普通の夫婦の普通の主婦です。

そんな私には8人のメル友がいます。全員男性です。
「今度会ってみたいね」と言いつつも、なかなか会う勇気がなく過ごしていました。
そんな時です。主人の2週間海外出張が決まったのは。

主人のいない第一週間めに、大阪に住むメル友の一人が「僕、明日出張で東京に行きます。せっかくだから、是非お会いしたいのですが。。」と言ってきました。
せっかく大阪から来るのだし、主人のいない開放感から 私は会ってみることにしました。
会って、お食事をして、体の関係に。。。日頃メールでHな話をしたりしてたので、自然な流れでした。
ただ、想像以上の快感を、その人は私に与えてくれました。

これをきっかけに、私は自分でも信じられない程、淫乱女になったのです。

他のメル友とも会おう!!しかも、主人のいないこの2週間の間に全員と会おう!!と、計画を立て始めたのです。

同じ東京に住んでて、メールでも気の会う人には会社を休んでもらい、一日中デートしたり。
スケジュールが合わないため、一日で昼と夜と2人のメル友に会ったり。
一度会って、体の相性が良かった人には、もう一度会ったり。
毎日、毎日、違う男性とセックスしまくりました。

主人が帰ってきて・・・主人は2週間分を取り戻そうと私を求めてきました。
私もそんな主人に応えたのですが、主人のいない間にしたセックスの事を思い出しただけで、私のあそこはグショグショに、そしてあっという間に達してしまいました。

メル友から教わった、今までとは違ったフェラの仕方や、体位や、腰の使い方、ベッドやソファーの使い方を、小出しにして、主人とのセックスを楽しんでいます。

主人とのセックスは勿論好きです。
でも、もっともっと、いろんな男性とセックスをして、いろんな事を教えて欲しいなどという欲求もあります。






--------------------------------------------------------------------------------
[940] 無題 投稿者:さちこ 投稿日:2002/08/07(Wed) 07:21

以前営業マンに見せてしまった体験を書きました、、
私の夫は単身赴任をしていて3ヶ月に1度くらい帰ってきますが、淡白なんでしょうね、、かえってもあまりかまってくません、、、自分だけお義理で、、そんな程度なんです、まだ不倫もした事がありませんが、一人だけメール友達といいますか、チャツトでのSFとでも言いますか、そんな人が居ます、その方とは何度もチャエッチをしていますので本当に私の体を知り尽くしている感じです。ネット上とは言えその方に抱かれたい、、と思うのです。チャットでエッチをしながら、自慰をします、、、本当に抱かれているようで、、完全に上り詰めてしまいます。
ある日の夕方です、、その方からメールで送られたエッチな物語を読みながら、自慰をしていました、リビングのソファーで、はじめは指だけでしたが、、もう止まらなくなって、、バイブで、、エッチな物語を何度も読みながら、その方の舌先や指先を感じながら夢中でした、、
そんな時、階段を上る足音が聞こえたようにおもったのですが、義母かなと思っていました、、バイブで、、声をこらえる事も出来ないで夢中でしたが、、どうしても人の気配がします、、ドアの向こうに誰か居る気配なんです。
そんな事ある分けない、、と思いながら、、その刺激によっていました。
もう、、のぼりつめる、、、、もうダメ、、、
そんな時、電話がかかってきました、、夫の会社の方からでした、、夫が帰った時よく遊びに来たり、私もよく一緒にゴルフに言ったりする方でした。ご主人に言われて書類を取りに行ったのですが、、、奥さんなんだか忙しそうだったので、、と言う電話でした。
夫からの電話で、、机の引き出しの書類を渡すように言われていましたが、、、今日だということを忘れていました。
夫が居る時は遠慮なくリビングに入ってくる人でしたから、
もしかして、今の事見られてたのでは、ねと思うと青ざめるくらいの驚きでした、、
今から伺いますがいいでしょうか、、と言われ。私は、ご苦労様お願いします、というほかありませんでした、、
急いで、服装をととのえて夫の机から言われていた会社の封筒を取り出したとき、チャイムが鳴り彼が入ってきました、、
玄関で応対をしましたが、、奥さん先ほど伺ったのですが、お忙しそうだったので、、リビングで待たせていただこうかな、と思いましたが、、なんて、意味深なことを言われて、もしかして、、先ほどの、、、なんて思うと頭が真っ白になるくらい驚きました、、早々に封筒を渡して玄関を閉めて、リビングに戻りました。
胸が早鐘のようにドキドキしていました。あの意味深な言葉。私の全身をなめるようにみていた。彼の視線、、、
あの時見られていたんだ、、と思うと、、どうしょう、、どうしよう、、、と思う反面、、あんなところ見られていたんだーーと思うと又体の芯が厚くなるのを覚えました。
もう夫が帰ってきて、彼と一緒にゴルフなんか行けません
--------------------------------------------------------------------------------
[939] 昔の彼と 投稿者:もえ 投稿日:2002/08/05(Mon) 16:11

夫のすすめで私は昔の彼とまたデートしました。
結婚5年ですが私の体に飽きてしまったのだと思います。
30過ぎて浮気の一つもしたことないなんて女じゃなくなっちゃう、
と夫はいつも言っていて、はじめはそんなバカなと思っていたのですが、
気持ちはどんどんそっちに傾いていって、でも知らない男性は怖いので、
おそるおそる昔の彼に連絡してしまいました。
彼も結婚していて可愛い奥さんと子供がいますが、久しぶりに彼に会ったらお互い恥ずかしいようなドキドキするような気持ちになってしまいました。
昔別れた時のことは私が悪かったので謝ると、彼は私に対して良い思い出しか残ってないと言ってくれました。
ビールを飲みながらお互い昔デートした時の話や、彼の奥さんの話、そして私の夫のことは、私に浮気させたがってることまで、全て喋ってしまいました。
彼は私の指をもて遊んでいましたが、そのうち指の股のところをつんつんとしてきたのです。
私はドキッとしました。昔、彼がよくしてた、セックスしよう、のサインです。彼はまだ私のこと憶えてくれていた・。
久しぶりにラヴラヴ気分のまま家に帰ると夫はまだ起きていました。
まだ現実に戻れないでボーっとしてる私の服をやさしく脱がせてくれました。
化粧もおとさず裸になってベッドに腰掛けると夫はワインを飲ませてくれました。
夫の魂胆はわかっていたけれど夢から醒めたくなかった私はされるままになっていました。
そして夫に聞かれるまま、なんでもしゃべってしまいました。
彼の無精髭がステキだったこと、全身にキスしてくれたこと、私のことまだ好きと言ってくれたこと、そしてそして昔のように激しくセックスしたこと、そのとき、彼は奥さんにもこんな風にしてるのかなと思うと凄く感じてるのに抑えてしまったことなど。
夫は私のあそこを触ってきました。
自分でもいやらしく濡れているのが分かります。
さっきまで昔の彼に抱かれていて、今また夫に抱かれて思いっ切りいきたい自分がすごくふしだらで淫乱な感じがして、彼に悪いような気がして、急に切なくなってきました。
夫はものすごく元気になっていて、おかまいなしに私の中に入ってきました。
私は彼も奥さんとしてるかもしれないと思うと切なくなって思いっ切り声を出してしまいました。


--------------------------------------------------------------------------------
[938] 主人に言えない秘密 投稿者:里美 投稿日:2002/08/05(Mon) 15:09

今では幸せな家庭も子供もいるけど、独身時代には六本木とかで遊んでいて、
黒人のセックスフレンドがいたのは主人には絶対言えない私の秘密です。
本当に黒人の性奴隷に落ちる一歩手前でした。
でも、あの、おっきなペニスは今でも忘れられません。
長さが25センチ位あって、太さは私の手首ほどもありました。
つややかな亀頭がぐっと傘を開いているのも素敵で、
私は大きくて太い黒ペニスを何時間でもおしゃぶりしました。
「こんなのが私の中に入ってくるんだ」と思うと子宮が熱く疼きました。
それに、彼一人だけじゃない時もあるのです。
時々、彼の友達の黒人4〜5人のおしゃぶりもさせられました。
みんな、あそこが大きい人ばかりなんです。
当然、セックスもします。
みんなで、私の体を使ってセックスをしまくりました。
おっきいペニスなので最初は私の中に半分も入らないんです。
でも、それは最初だけで、ゆっくりと慣らしていくと、
すぐ根元まで収まるようになるんです。自分の体なのにホントに不思議でした。
おっきなペニスはホントに素敵で、
膣壁がペニスにぴったりと張り付いてるためか、少し動くだけで強い快感がわき上がるんです。
それに、傘の張った先っちょが凄いんです。
押し込まれる時は、子宮にドンドンとパンチを受けてるようですし、
引く時は膣壁と一緒に内臓まで引きずり出されそうな感覚なんです。
ホント、彼らセックスの凄さと言ったら、どんな女も耐えられないって思うほどの、
激しさで、次から次と飽きることなく徹底的に貪られるました。
当時のことを思い出すと体が熱くなります。
後腐れがないなら、またしてみてもいいかな?


--------------------------------------------------------------------------------
[937] 忘れていいの 投稿者:妙子 投稿日:2002/08/03(Sat) 04:21

今日車で買い物に行ってるとき、ラジオから流れてきた曲を聞いて3年前のせつない恋を思い出し、涙があふれてきました。

私は35歳、主人とは結婚10年目になります。あることが原因で家庭内別居になってしまいました。一時は離婚も考えましたが、子供のこともあり、家事は一切私がやること、夜の生活は一切しないこと、浮気は自由にしてもいいこと、金銭面は全て私が管理すること、娘が20歳になったら離婚して財産を二人で等分に分けることで双方合意して一応同居することになりました。

家庭内の会話はほとんどなし、主人は外に女を作って家に帰ったり帰らなかったりの状態でした。私は主人に対しての気持ちが冷めておりましたので、特に嫉妬心はなかったのですが、30を過ぎたころからどんどん淫らになり、一人体を慰める毎日でした。

私も浮気をしようかしらと思いつつも、根が真面目なのでしょうか、中々一歩を踏み出せずにいたちょうど4年前の暑い日でした。

私は娘と絵本を読むために毎日のように家の近所の図書館に通っていました。そこにM君がいたのです。今時の若い子にしては髪も黒いし、全然派手な感じもなく、おとなしそうな印象でいつも一生懸命勉強していました。すごく好感が持てる子だとは思いましたが、後の関係など思いもしませんでした。

ある日のこと、娘の手をつないで図書館から出て行くと後ろから私を呼び止める声がしたのです。         「あの〜忘れ物ですよ」と。
M君でした。私はバッグを忘れてしまってたようです。
「すいません。ありがとうございます。」と丁重にお礼を言って家路につきました。

次の日、私たちはいつものように図書館に行くとM君が勉強していました。
「昨日はありがとうございました」と私から声をかけました。
「いえいえ、そんな。」とM君が答えました。
「何の勉強なんですか?」
「就職が決まったんですけど、秋の資格試験に合格しろと会社からの命令で・・・。僕のアパートはエアコンがないので涼しい図書館で勉強しているんです。」
「そう大変ね。」
など言葉を交わしました。

それから毎日挨拶をするようになり、娘が本に夢中になっているとき、M君と色々話すようになりました。(迷惑になるので談話室でしました)M君はその頃21歳国立大学4回生で、私の家の近くのアパートに住んでいました。笑顔がかわいい男の子でした。私と10歳も年が違うのに話も合いました。私も彼と打ち解けて何でも話すようになりました。もちろん家庭のことも・・・。

9月になり娘が幼稚園に行くようになっても、私はM君に会うために図書館に通いました。私に彼への恋心が生まれていたのだと思います。でも年が離れていることも結婚していることもあり、かなうはずもないと思っていましたが楽しかったので・・・。

忘れもしない9月4日のことです。いつものようにM君と楽しく話していました。その日は来館者が私たちだけでした。ふと会話が途切れたとき、
「僕、妙子さんのこと好きになってしまいました。妙子さんは奥さんだし、僕なんか弟みたいだって思うでしょうけど、どうしても気持ちだけでも伝えたくて・・・」彼は真っ赤になって恥ずかしそうに言いました。私は嬉しくて涙があふれてきました。そして彼への気持ちを抑えきれず、本棚の影に彼を連れて行ってキスをしました。2年ぶりのキスでした。彼は震えていました。私も震えていたと思います。私は舌を絡めようとすると彼がビクッとなりましたが、彼もあわせてくれました。ファーストキスよりも幸せなキスでした。
「僕、ファーストキスなんです。片思いはあるけど、今まで勇気がなくて一度も告白したことがなかったんです。今までの内気な僕を振り切るために思い切って告白してよかった。」彼は恥ずかしそうに言いました。
「私もM君のこと好きよ。すごく嬉しい。でも私なんかでいいの?」
「もちろんです。僕には妙子さんしか見えない。」今度は彼の方からキスしてきました。久しぶりのキスで体の奥の熱いものがとろけました。

次の日彼のアパートで私たちは結ばれました。もちろん彼は初めての経験でした。朝明るい部屋の中で、私の体の隅々まで見せてあげました。彼を思う気持ちで不思議と恥ずかしくありませんでした。愛撫も教えてあげました。そして私が上に跨って腰を動かしました。彼はあっという間に私の中に大量の精液を放出しました。それから夢中で私の中に3回お口に1回彼の熱い液体を注ぎ込まれました。私は久しく忘れていた女の歓びを感じました。

その後は娘を幼稚園に送り出した後、彼の部屋に行きお互いの体をむさぼりました。彼も段々上手になり私を何度も頂上にいかせてくれました。会えない日に電話で慰め合ったこともありました。海辺でのカーセックスやアナルプレイ、目隠しプレイなどなんでもしました。それに彼の家事も全部してあげました。彼が出かけるときは髪のセットもしてあげました。彼は寝相のせいでしょうか、右上の髪がピョンとはねる癖があったのです。主人との新婚生活より尽くしていたと思います。それはこの恋には終わりがあることをわかっていたからです。

3月、彼は就職のため東京に行くことになっていたのです。私は九州なのであまりにも遠すぎます。普通の恋人同士ならいつか一緒になることもできるので遠距離恋愛は成立するでしょうが、不倫の関係を遠距離で維持する自信がありませんでした。それに彼も将来ある若い男性ですから私が邪魔することもできません。彼は一緒に東京に来てほしいと言ってくれましたが、私は笑って、
「そんなことは無理よ」と答えましたが心の中は寂しさでいっぱいでした。

最後の日、娘を実家に預け、ホテルで彼と朝までセックスをしました。彼は最初のときとは別人で逞しく何度も何度も私を頂上に導いてくれました。朝、最後の髪のセットをしてあげました。
「これからは自分でセットしなくちゃダメよ」と笑って言いました。彼は私の手を握り声を上げて泣き出しました。私も悲しくなって二人で泣きました。涙が枯れるほど泣きました。

いよいよ出発の時間です。駅のホームで最後のキスをしました。そして笑って見送ろうと思いました。でもドアが閉まったとき、さっき枯れたと思った涙がまたあふれてきました。彼も泣いていました。

それからは彼と一度も連絡を取っていません。そういう約束でした。私は彼との思い出を胸に3年間過ごしてきました。ただそろそろ新しい出会いもほしいと思う今日この頃です。

今日聞いた曲は谷村新司さんと小川知子さんの「忘れていいの」という曲です。谷村さんが小川さんの胸に手を入れる映像を覚えている方も多いと思います。私のせつない恋に似ていたので、家に帰ってネットで歌詞を探しました。1時間くらいかかってようやく見つけました。ちゃんとした歌詞を見てまた涙が出ました。私と同じような思い出のある方は切なくなると思いますが読んでみてください。長々と下手な文章を読んでいただきましてありがとうございました。

忘れていいの

忘れていいのよ 私のことなど
一人で生きるすべなら 知っている
悲しいけれど この年なら
もういいわ もういいわ
怒りはしないわ
不思議ね 別れの予感を感じてた
心の中で 少しずつ

甘い夢 見ていた二人に
不意に訪れた悲しい愛の幕切れ


笑って見送る 私は平気よ
あなたを乗せた このバスが
見えなくなるまでは 笑っている
見つめて いないで
背を向けていいのよ
上着の襟が立ってるわ 自分で
ちゃんと直すのよ 今日からは

指先の 冷たい女は
臆病者だから 一人じゃ生きてゆけない

手を振るあなたに 心は乱れる
どうか あなた どうか あなた
行かないで 行かないで


忘れていいのよ 私のことなど
一人で生きるすべなら 知っている
悲しいけれど この年なら

遠ざかる 愛が消えてゆく

涙溢れても 逃げない
バスが行くまで
涙溢れても 逃げない
バスが行くまで



--------------------------------------------------------------------------------
[935] 思いで 投稿者:聡美 投稿日:2002/08/02(Fri) 19:01

30代主婦です
今はおとなしく生活していますが、
若い頃、寂しさからテレクラにはまっていた時期がありました。
そこで知り合った中年男性との行為を時々思い出します
一番、心に残るのは3Pです。
彼と私は夫婦を演じ、もう一人男性をナンパするのです
主人役の彼は不能の設定で、その治療としょうし男性を招き入れるのです。
彼に見られながら、見知らぬ男性に
「抱いてください」というのは、屈辱的で、
恥ずかしかったのですが、それ自体も快感だったかもしれません
当時被害が拡大していたキャッチセールスに、
間違えられ、話を聞いてもらえないこともありました。
いやらしい視線で足元からじろじろ見られ、
私の方から逃げ出したこともありました
元々内向的な私が、見知らぬ人に声をかけること自体が苦痛でもありました。
彼はそれをも見抜いて、サディスティクに私を送り出しました
恥ずかしさで逃げ出したい気分の私の話を真剣に、
しかも嘘の話を信じてくれたサラリーマンの男の人・・神様に見えました
3年もの間、私たち夫婦には性交渉がない設定だったので、
異常なまでの私の興奮や乱れにもサラリーマンの男の人は喜んでくれました。又、私も必死にその男の人に尽くしました。

その様子をお酒を飲みながら見ていた彼の嫌らしい背線も私を興奮させました。

主人役の彼の注文で
直立しているサラリーマンの男性の前に跪き
そのペニスを喉元奥まで差し込み
その固さ大きさに
たまらずに・・おねがいです抱いてください・・
懇願してしまいました。

主人役の彼の目の前で、嫌らしい言葉で罵られながら、
見知らぬ男性に犯され快感の海のおぼれました
主人役の彼はその男性に私のアナルも犯させました。
いやがる私を二人係で押さえつけ、ローションを使ったとはいえレイプそのものでした。

しかし、羞恥心を刺激されればされるほど私自身は性的な興奮を止められなくなってゆきました。

なんどもなんどもいきました

主人役の彼は途中から「不能」が直り
なぜか本当に感動で泣けました・・・・いいえ、
それはサラリーマン男性にはそう写ったに違いないのですが・本当は
地獄から解放されると思ったのだと思います

でも
今でも思い出します

サラリーマンの彼は別れ際そっと電話番号を私に渡しました。

何度か2人で会いました
2人きりのセックスも最高でした

しかし、彼にばれ、今度は、サラリーマンのその男の人の目の前で、
サディスティックな行為を主人役の彼から受けました。
罵られ、恥ずかしい、嫌らしい言葉を彼に言わされ
テレクラに電話し2人の目の前でオナニーもさせられました。

最後は3p
なぜかたくさんの男性にされてる錯覚に陥って、最高でした


いまでもときどき
思い出します


--------------------------------------------------------------------------------
[934] 目眩くような時 投稿者:ゆうこ 投稿日:2002/08/02(Fri) 13:33

先日、出会い系サイトで知り合った方とお会いしました、お食事だけのつもりが、何となく別れがたく、お散歩、木陰でキス、胸を愛撫して貰い感じて仕舞いました。もっとして欲しくてホテルに連れって、そんな自分でも信じられない言葉が口から出ていました。ホテルのお部屋に入ると抱きしめられキス、そのままベットに横になり、服を脱がせて貰い、裸で抱きしめ合いました。それから何度も、何度も愛し合いました。その時は結婚してる事も全てを忘れ、夢のような一時でした。若い男性って素敵、私は36歳主婦なんです、初めて主人以外の人を知りました、病みつきになりそうなの
--------------------------------------------------------------------------------
[933] 毎日がドキドキです 投稿者:さちこ 投稿日:2002/08/02(Fri) 07:13

私は35歳、夫は出張の多い仕事をしています。自分で言うのも恥ずかしいのですが、、硬くて貞淑な妻で通っていた私が少しずつ変わり始めたのです。
夫は出張から帰っても淡白ですからあまりかまってくれませんし、私は最近すごく感じやすくなって、、、最近ここの投稿をよく読むようになったのですが、、読んでいるうちにアソコが濡れてくるのがわかるくらいです。
ある日2時頃でした、外出から帰って汗を流すためシャワーを使ってそのままの格好でいたときに保険のセールスの人が来ました、あわてて部屋着にしているスカートとTシャツを着て応対していました。すぐに断るつもりでしたが説明が長くなっていました、日の人の目線がすごく気になり、、ふと私の胸を見ました、Tシャツの上から裸同然にオッパイの形がわかるのです、乳首もはっきりとわかるくらいでした、ハッとしてTシャツを手で浮かせたりしていました、そしてその人の目線を追いながら話していましたら、、その人の目線は今度は私の下半身に釘付けになって説明も途切れ途切れになっていました、中腰で応対していましたので、、スカートの奥が見える姿勢だったのです、、でも、、ヘンな気持ちになったのです、、この人ほ私のオッパイを見てるわ、、スカートの置くのパンテイも見えてるのでは、、なんて考えているうちに、、すごく感じてきました、見られてると思うとすごく感じてくるものなんですね。しばらく彼の目線を感じながら、、説明を聞いていましたが何を聞いたのかわからないくらい感じていました。そんな時シャワー使っていてパンテイをはいていないのを思い出したのです、パンテイをはいていないところが見えていたのだろうと思うとそれ以上応対する勇気はありませんでした。あわてて考えておきます、、と強引に帰ってもらいました。その後、、、どうしてもその人の目線が忘れられず、、すごく濡れているところに指を使ってしまいました、、見られている事だけでこんなに感じるものなのでしょうか、、パンテイを見ているなーーなんてわざとに見せていたのにパンテイをはいていないのに気が付いた時は驚きました、そんな事があってから、、見られて感じることが好きになったようです、、まだまだ書きたい事はありますが、、ひとつずつ紹介したいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[932] お隣のY君 投稿者:さなえ 投稿日:2002/08/01(Thu) 21:40

今日の昼間、テラスで日光浴をしていたとき、強い視線を感じました。パラソルから少し顔を出してそれとなく様子をうかがうと、2階のカーテンのところからY君がこっちを見ている。あっ!人が来ちゃった。また後にします。


--------------------------------------------------------------------------------
[931] 黒人のペニス 投稿者:かすみ 投稿日:2002/08/01(Thu) 12:57

 もう20年も前に米国におりました。あの頃は今よりスワップパーティーが盛んだったようです。毎週、主人と参加しましたが、一番印象に残っているのが、黒人2人に前後入れられた時、どうも様子がおかしいのです。主人にきいたらホモ同士だそうで、いつも女性のバギナの中でこすり合わせるのが好きな人だったそうです。
 でも馬みたいな大きい人がいるんですが、さすがに恐くて遠慮したことも何回かあります。スペルマの量がすごくて、コップ一杯のカルピスという表現ができそうです。


--------------------------------------------------------------------------------
[930] 夫の知らない過去 投稿者:45歳主婦 投稿日:2002/08/01(Thu) 00:16

はじめまして、私は夫と高校生の子供のいる45歳の主婦です、
もう20年以上前の事なので告白します、
私の住む街には米軍基地があります、今では寂れてしまった歓楽街、
でも当時はとってもにぎやかでした、
私と友達のK子とは、よくアメリカ人にナンパされに出かけて行って
いました、アメリカ人、特に黒人のアソコの大きさにトリコになった
ものです、初めて黒人と寝た時は痛くて泣きながら逃げて帰ったもの
です、しかし一度味逢うと癖になるというのか、
毎週土曜の夜はぶらさがり族になっていました、K子と同じ部屋で
4人でした時、私の腕より太いアソコで前と後ろ同時に入れられ
頭の中がハジケタのが、今でも思い出されます、
今の夫は私の過去は何も知りません、SEXも満足させてくれます、
でも、あの当時快感は、、、、


--------------------------------------------------------------------------------
inserted by FC2 system