BBS2 2000/07 過去ログ

--------------------------------------------------------------------------------
[69] Re[60]:そうそう 投稿者:日女to黒男 投稿日:2000/07/31(Mon) 03:04

>殆どの日本人女性は、黒く逞しい子を産むことを選択する時代が、>直ぐそこまで来ているのではないかと?
 
友吉の友in NY さん、私も(一部)賛成です。
 私は、最近投稿したものです。
 
私は、最近黒人好きの女の子達を見て思うことは、
『女性には「より良い子供を生め」という本能がプログラムされており、外部から新しい血を取り入れることで、今迄の日本人よりも有能な子供を生みなさい。その本能のプログラムに従って、外国人男性、特に、黒人男性との恋愛に駆り立てている。』のではないかと。

われわれ男性陣にも、『多くの子孫を残す、即ち、色々な女とやりたい、という別のプログラム』が備わっているように。

 ある日銀座のクラブの女の子から聞いた、「黒人ねるとんパーティー(黒人男性と日本人女性の出会いのためのパーティー)」の凄い人気や、「援交で日本の男から巻き上げた金を黒人に貢いでいる女の子もいる」といった行動も、全てこの本能のプログラムに従っての行動ではないのかと。



--------------------------------------------------------------------------------
[68] SW体験記 投稿者:館好太郎 投稿日:2000/07/30(Sun) 10:20

SW体験記
高校の同級生で特に仲の良かったY氏52歳(本店勤務)と会社の打合会議で会い終了後、ビャホールで一杯の席で、この頃お前のところはどうだ、旨く行っているか。家は、倦怠期が永く続いていたが、先日目から鱗が取れたよ、とYが言った。何の話しかと思って突っ込んで聞くとへ、へ、へへと笑いながら今流行のSWだよ、良い薬だぜと。

 私は、当方もサッパリ盛り上がらない近頃だと答えると、Y氏曰く一変、代えて試して見るか。エッ、スワッピングか?、ええなー家内に聞いてみるよ、だけど、多分駄目だと思うよ。と言って分かれた。結婚式に招待された時Y氏の妻(K子さん)の晴れ姿を思い出しだ。

 当然、妻が剣もホロホロに断ると思っていたが、Y氏夫妻となら、貴男がOKなら私は良いよとの返事、貴男以外の男の人とのセックスの仕方にも関心があるし、学生友達で貴男も知っている好美ちゃんこの間、違った珍物を味見してしまったと開けぴろに話していたよ。私は吃驚した。けど今は其れくらいSEXは開け進んでいて許される時代よねと。後で文句なしで今回限りという事でやって見たいと。条件付きだがあっさりOK。
 内心穏やか成らずだが、言ってしまった後のまつりだ。
一週間程して、Y氏より職場に電話があり、家内がお前達夫妻となら大変乗り気で、はしゃいでいると、細かい打ち合わせは後でするが、次の土曜日頃はどうか?と、する事で決定、話し纏まる。
周りを見渡して思わず頬が紅潮しているのが自分で感じた。
 妻の結婚前の男性経験は一人だと思う??。妻の言い分は、付き合った人は一人は事実だか、その男性とはH本番まで行った事はないよ。キスと、体に触られた事はまでは有るが(ショーツの上から)と、否定しているのが以前に聞いたときの話しである。
然し、其の場所が、妻の勤めていた支店長室のソファーと聞き、又、残業でで二人切りだったと言う事では。聞いた私は、挿入まで行って、其の男性に妻は処女を奪われたと思っている。
 妻の生理が昨日終わったばかりだから、土曜日は良いかもと、自分勝手に頭の中で事を運んでいる自分がスケベーに思えてきた。Y氏の話しを妻に話してからHの回数が自然と増えているのにも、其れも妻からの誘いが目立つ様になっていた。
金曜日の夜、Y氏からの電話で土曜日の打ち合わせを言う中で、以前俺達夫婦とSWをした(M氏夫妻55歳♂Pカット済、と♀48歳)を同伴しても良いかと言ってきた。妻に話すとY氏・M氏の二人を相手するのおーと、目を丸くして聞く、お前さえ良ければ僕はOKだよ、と。Y氏に了解と言う。

 当日朝から、私は風呂場・Hビデオ・ゴム製品(先の電話でゴムは付けるとの事と話合っていた)の準備、妻は湯上がりに着る浴衣とキッチンの大掃除、敷き布団、スーパーへ2夫婦接待の夕食の下準備の買い物に大忙しだがウキウキ。
約束の夕方7時にY氏夫妻・M氏夫妻が手土産下げて到着、M氏は、相当の美男子、夫人は、体型は痩せ型、顔は彫りの深い美形だ。この夫婦なら私好みだし妻もOKだと思えた。

 妻とのサインで決めていた、夫婦に出す、「オシボリ」をお茶より先に出したので、ほっとした。ビールと水割りで、和気藹々で程良くアルコールも廻ったところで、Y氏夫妻・M氏夫妻とシャワーを浴びに、その間に、Hビデオの上映、敷き布団準備する。
私の好きな厚悩な絡みの洋画物を出して置いて、妻とシャワーを浴びに、ソコソコで、出てくると白人女性と黒人男性の69の場面に。Y氏の合図に3夫婦は、6畳、8畳の襖を開けて、布団の敷いてある広間へ。
 
Y氏の提案で、私達(Y氏)夫婦は最初夫婦で見学しているので。適当な時に入って行きますからその時は宜しく交換してください、ゴムは付けて下さいねとY氏念を押す様に言う。初めは恥ずかしがっていた妻もM氏に着衣のまま抱えられて一番向こうの布団へ、M氏夫人と私は手前の布団に並んで寝る。いよいよSW第一歩に踏み出す。此で良いのかと、一瞬の躊躇いも過ぎる。

 私は、M夫人とキスから始めるが、M氏と妻が気になって息子が大きくならないのだ。経験の有るM氏夫人のリードにも反応せずに。其処へ、Y氏の指示でY氏夫人が私の側に応援に来て、初めての時は奥さんが気になって反応しないのは当たり前ですよと、安心するように言ってくれる。

 妻の方を見ると、浴衣の前を開け添い寝したM氏にキスをされ、ブルー色のショーツ越し陰部の丘を触られて呻き声を押殺している。
Y氏夫人が、息子が勃起しないので妻の方が、私から見えないように座り直して、裸に剥かれ、フェラをしたくれる。M氏夫人とキス、突然ムクムクと息子が起き出したので、急いでM氏夫人がゴムを、黄色のTバックを脱ぎ真っ裸になり騎乗位で挿入 。

 挿入出来た余裕から、挿入したままひっくり返って正常位で腰をゆっくり動かす事が出来る様になったので、妻の方はと見ると、もう二人とも真っ裸でM氏の肩に足を掛けて珍棒を一杯入れられて、心地良いのか目を瞑り首を左右に振っているではないか、其れを見て珍棒が充血堅くなるのが判った。

 この段階でY氏夫妻がプレーに参加、Y氏は妻の方へ行き、M氏と交代して妻の後ろからドッグスタイルで挿入、Y氏・M氏・妻の3P。此方はY氏夫人・M氏夫人・私の3Pとなって色々体位を代え、相手を交換してのスワッピングを楽しみました。最後はそれぞれ3組夫婦で正常位で射精まで行き、第一部を終わり休憩に。

 妻と私は初めてのSW体験で、気まずい思いをしかけていたら、其処を察したY氏とY氏夫人が、犬の性交の真似をして皆を笑わせて雰囲気が和み、救われました。
9時前から始まったHパティーは、時計が11時を指していました。

M氏は、楽しかった次回はわたしが招待するから是非Y市まで出向いてと丁重に言ってシャワーも浴びずに子供に留守番させている家路へ。

2夫婦でHビデオを見ていると、Y氏が、Y氏夫人の秘部に指を沿わしている。此方も妻の湿っているオメコを触っていると、Y氏が、これより第二部に入りますか?と。
妻と思わず顔を見合わす、妻は何も言わないが目はOKを表しているのでY氏に妻を抱いてやってと言う。
Y氏はうちのには生で中出汁OKですよと言う、Y氏夫人も中に欲しいと言う。妻は躊躇っていたが安全日だからか頷く。私は思いっきりY氏夫人を後ろから抱えて射精した。Y氏も私達と同じドッグスタイルで猛烈に腰を動かし、妻がイクイクと言いY氏の吃驚するほどのイクーの大声で二人同時に果てて臥伏せた。
客室へY氏夫妻を案内してから、自分の寝室に入るなり妻にどうだったと尋ねると、妻は、其れに答えず、黙って抱きついてきた。小さな声でゴメンネ、だけど良かったわ、第一部のM氏Y氏の時は頭が真っ白で何も判らなかったけどM氏のが入ってきたとき恥ずかしい格好(肩に足掛)で、気持ち良いよりゴムの感触は判ったと。
 
Y氏との生は凄く良かった。チンチンの大きさ何んてわかんない、何回イッタか正確に覚えてないけれど貴男に側で見られてるし、違う男性とやっていると思う方が恥ずかしく、Y氏をチラッと見ると、とても気持ち良さそうに抱きついて来たので興奮してイッテしまった。妻曰く、覚えているだけで3回は気イッタ。私は3組でする乱交より、二組の夫婦で、それも別室でするのだったらもう一回しても良いよと言った。何だかと言っても妻も初スワッピングに満足していた事が判りホットした。その日妻とは二度目のSEXをズルズルのオメコの中にして満足、抱き合って寝た。
別室プレーの話しは次回に。


--------------------------------------------------------------------------------
[67] Re[60]:そうそう 投稿者:日女to黒男 投稿日:2000/07/30(Sun) 06:30

>大柄な黒人にぶら下がってる東洋人女性は多いです。
>東洋人男性と白人女性のカップルはまず見ないなあ?やはり、モノの問題でしょうかね?
>国際化の時代ですが、日本人男性が、国際標準に晒された場合には、全滅してしまうのではないでしょうか?
>殆どの日本人女性は、黒く逞しい子を産むことを選択する時代が、直ぐそこまで来ているのではないかと?
 
 黒人ブームの再来!! 日本の男達に氷河期到来!!

 友吉の友in NY さん、私も一部賛成です。
 
 私は、BBS5に最近投稿したものです。
 殆どの意見に同意しますが、全滅はないと思います。
 BBS5でも言いましたが、銀座のクラブの女性の『日本の女性の場合、大きく2つののタイプに分けられる。一つは、「巨根派で外人が好き」というタイプ。もう一つは、「デカいのは駄目」というタイプ。どちらかというと後者の方が多い』という証言です。これは結構真実に近いかなと。
 その時私は、悔し紛れに、「日本人(の女の体)は、日本人の(男の体)に合うように出来ているんじゃないのか。」と言ったら、彼女は、「子供が生める位だから、”デカいのは駄目”というタイプでもその内慣れてくるのよね〜。」と言われ、何も言えなくなってしまった。
 BBS5の日本男児さんの言う通り、「黒人は(デカいだけでなく)、優しいようです。」だから、なおさら日本人にとっては、大変なのです。
「日本人のデカい人は、高慢な奴が多い(巨根の人ごめんなさい)」と元妻も言っていた。
 そこで、黒人話を幾つか。
 ある美術系女子大でのお話。
 授業やクラブでヌードデッサンがあり、通常は、絵に対する興味以上に盛り上がることはないそうですが、ただ1度、黒人男性モデルのヌードデッサン会があるという時、全校で非常に盛り上がったそうです。チケットも即売状態だったようです。
 それともう1つ。
 ある日、元妻と街を歩いていて、黒人とすれ違った。
 すると元妻が、「デカそう!!」と言ったので、耳を疑って、「何が?」と聞いたら、元妻は「おチンチン!!」と言いました。
 「何でそう思うんだよ。」と聞いたら、「皆、黒人はデカイって言ってる、」と。 よく話を聞くと、元妻の友達の中に、ブラパンが居るらしい。
 そのブラパンが、元妻や友達に黒人の(アレの大きさの)ことを話すそうで、元妻の友達は皆、黒人に興味を持っているそうです。
 外国の裏ビデオの鑑賞会もたまにやっているそうで、モノの大きさの話で盛り上がるそうです。
 ある日、妻がそのブラパンから洋モノ裏ビデオを借りてきました。元妻と一緒に見たのですが、その内容は、『ある白人女性の元に、黒人男がプレゼントで送られてきて、黒人男はでかいアレをブルンブルンと回しながら、踊り始め、それを見て喜ぶ白人女性とやり始める』というものです。
 その黒人男のアレが異様にデカく、私のモノとどれ位違うか元妻に較べられました。
 ブラパン達は、黒人の優しさとモノの大きさの虜になるらしく、「黒人好きの輪ブラパンの輪を広げたい」といっているそうです。
 日本の男の皆さん、妻や彼女の周りに黒人好きや、帰国子女が居たら注意しよう。彼女らブラパン(ぶらさがり族?イエローキャブ?外専?)達が、彼氏のモノ自慢をしている可能性があります。
 いよいよもって、黒人ブームの再来か!!
 日本の男達に氷河期が到来するのか!!
 自分の彼女や妻を黒人に寝取られた人居ますか。
 黒人好きの女性の意見も聞きたい。




--------------------------------------------------------------------------------
[66] 無題 投稿者:ABRAMS 投稿日:2000/07/24(Mon) 22:12

投稿するページを間違えました。本当はBBS1へ投稿する予定でした。すみません。


--------------------------------------------------------------------------------
[65] 性奴隷になった妻―その三 人妻明美A 投稿者:ABRAMS 投稿日:2000/07/24(Mon) 22:05

性奴隷になった妻―その三 人妻明美A
車の中でよりも激しく気持ちいいフェラだ。私はフェラマニアのため、明美とエッチをする時は最低でも2回は口内発射をする。さんざんおまんこで気持ち良くなってから射精だけ口でしたり、初めから最後までフェラで終わるときもあります。そんなせいか明美のフェラはかなり上達して、今では初めてわたしにちんぽをねじ込まれて涙ぐんでいたのが嘘のようです。
「もういい。尻を向けろ。自分でそのいやらしい穴を広げてみろ。そして入れてくださいとお願いしてみろ。もそもそと私のほうに尻を向ける。そしてゆっくりと自分の手で陰唇を広げた。
「入れてください。おちんぽ入れてた下さい」
声もかけずに一気にちんぽを嵌めた。
「あ〜すごい・すごい・・良いよう。あぁ気持ち良い・・」
じっくりと明美の膣を楽しむ。人妻のわりに締まりが良い。明美の陰列は切れ目が長い。穴も指で広げると結構大きい。無理やりだがコーラの缶も挿入出来るほどである。子供を産んでいるせいであろうか。しかし、見かけとは違い穴は確かに大きいが締まりは悪くない。本人も「かえって子供を産んでからのほうがが具合が良くなったような気がするし、今までより旦那が射精するのが早くなったそうである。実際明美のちんぽを締め付ける力は強い。長い間ピストンしているとちんぽが痛くなってくるほどだ。そんな明美と2年半の付き合いとなる。
この膣を楽しむために妻を騙してきた。たかが膣なのに。でも膣だけではない気がする。やはり女房にはない気質。女房もセックスには積極的だったがやはり飽きは来る。そんな時に現れたのが明美だ。見た瞬間「俺はこいつを物にする」と感じた。まじめぶった表情。いかにも一生懸命な主婦を装っていたが私はその中に何かを感じた。そんな明美と肉体関係が出来るのに一月とかからなかった。

そんなことを考えながら明美の膣を楽しんでいると、だんだんと射精が近づいてきた。バックから嵌めているとアナルが見える。今までは指でしか試したことがない。今日は尻穴の処女を頂こう。そんなことなど知らない明美は私のちんぽの快感に酔っていた。いつもの通り指をおまんこの汁でぬらし、バックで嵌めながらゆっくりとアナルに指を挿入する。いつもはここまでなので何の不安も抱かないようだ。念入りにアナルを指でマッサージすると、薄い肉壁ごしに自分のちんぽを感じる。そんな2箇所責めに明美はさらに快感を感じるようだ。
「あ〜いやだ〜。お尻はいや。ね、やめて。」。
なおも膣でピストン運動を繰り返しながらアナルをまさぐった。
「いく・・いきたい。ね、一緒に・・いっしょにいって・・あ〜いく・・いく・・」
もちろん自分もいきそうになった明美の膣からペニスを抜いた。一瞬なぜちんぽが抜かれたか分からない明美はじっとバックの姿勢のままでいた。
明美のおまんこの汁をちんぽに塗りなおし、ねらいを定めて一気にアナルを貫いた。
「痛い、痛い・・痛いよ、痛いよ・・・やめて・・どうしてお尻でするの。やめて、お尻からぬいて、お願い」。そんな悲鳴など聞こえないかのように明美の尻の穴を使ってピストン運動の快感を楽しむ。いくらマッサージをしたといっても初めてのアナルセックスで、しかも一気に貫かれたら快感どころではないかもしれない。それに私のちんぽはけっして小さくないのだ。長さが19センチで太さはトイレットペーの芯より太い。結構初めての相手には「大きい!」を言われます。
そんな彼女にはかまいもせず、本来は一方通行の尻の穴で激しくちんぽを出し入れした。すごく締まる。アナルからうっすらと血がにじんできた。初めてのアナルセックスで肛門が切れたのだろう。それでもアナルセックスを続けると明美も苦痛と快感の間でぐったりとしてきた。
「お願い・・やめて・・ゆるして。お尻はイヤよ。・・あ〜痛いよぉ・・」
「おい、痛いだけか、本当に痛いだけか・・どうなん言ってみろ。言わない旦那に尻の穴まで犯されたって教えるぞ、そうなんだ」
「言わないで、そんなこと言わないで。お願いします。痛いです。お尻の穴が痛いです。・・でも・・少しだけ変な気持ちです。・・イヤ、もう止めて、おちんぽ抜いてください。」
「今日は止めておいてやるよ。これからお前は、尻穴専用だ。フェラとアナルセックス専用女にしてやるよ。覚悟しろ」とさらに激しくピストンを繰りかえした。
「あ〜もう止めて下さい、痛いんです・・もう痛くて・・だめやてぇ・・」
「いくぞ、尻の穴に射精するからな。あ〜出る出る・・いく・いく〜」と明美のアナルに大量の精液を注ぎ込んだ。これで上も下も後ろとも3つの穴が使える女にしてやった。俺が射精したあと体を折り曲げ突っ伏すようにして動かない明美。
このあとも付き合っていくかどうか、女房が戻るまで性欲処理に使おうか。



--------------------------------------------------------------------------------
[64] 性奴隷になった妻―その二 人妻明美@ 投稿者:ABRAMS 投稿日:2000/07/24(Mon) 22:05

性奴隷になった妻―その二 人妻明美@
やけになっていた私は子供らを私の父母に預け、問題の人妻明美ちゃんを呼び出しホテルへ行きました。訳の分からない興奮状態のまま明美を車で迎えに行き、彼女が車に乗り込むやいなや首を押さえつけて無理やりち○ぽしゃぶらせました。
「こんばんは、Mちゃん元気だっ・・うんグ・・苦しい・・あっ・・ペチャ・・・シュボっ・・シュボっ・・クチャ」と、始めは驚いていた明美もすぐにいつものように巧みな技でフェラしてきました。訳が分からずも激しくしゃぶる明美。
「明美、女房が家を出てったよ。お前のせいだぞぉ。こらからは女房の変わりに俺の性欲処理しろよぉ!。くそ〜(今までもしていましたが毎日ではありませんでした)」。その間も素直に私のちんぽを激しくしゃぶる明美。明美の口の周りも私のズボンも明美の唾液もびしゃびしゃでした。特に雁首を舌の先で前も後ろも舐め上げるのが気持ち良い。
「いいな分かったな、事務所でも嵌めるからな。いつでもやらせろよ。あ〜気持ちいい・・往きそうだ出すぞ、あ〜いくいく・・出すぞ、飲めよ・・あ〜出るっ」。ありったけの精液を明美の口内に注ぎ込んだ。明美の頭を掴みちんぽの中の精液をしごきださせるように上下させる。まずいと言いながらも私の精液を飲むのになれている明美は何の抵抗もなく最後の一滴まで精液を胃袋に流し込んだ。
「どうしたのよ?急に呼び出したりして、それにいきなりしゃぶらせるなんて。びっくりしちゃった。違う人に無理やりされたみたい。さっきバレタって言ってたけど・・ひょっとしてSにばれたの、ねぇねぇ〜。そうなの〜」
「そうだ、バレたよ。バラバレだよ、もう〜」
「え〜どうしよう?、もうSに顔合わせられないよ、あ〜困ったなぁ」
「馬鹿、お前は顔を合わせるだけだけど俺はあいつと夫婦なんだぞ。あいつ出て行っちゃたよ。どうするんだよ、もぉ」一番悪いのは自分だと分かっていてもつい明美に八つ当たりしてしまいました。
そのままホテルに向かった。部屋のドアを開けるなり明美を壁に前向きに押し付け、左手で明美の両手をねじり上げ、空いた右手で明美のデカ乳を揉みしだきながら「これが・・・、このデカ乳が悪いんだ、こっち・・この何でも入れるおまんこが悪いんだ」と言いながら明美の体中をまさぐった。ブラスの胸の部分を押し開きブラの中に手を入れ、大粒の乳首をつまみ上げると悩ましい声を上げる。けっして上向きではないが、片手に余る大きさのおっぱいだ。人妻らしく適度に垂れたおっぱいが私の欲望をそそる。
「あ〜どうして、どうしてそんなにいじめるの。いや〜あ〜ん」。ひとしきり乳首をねぶってから腰を突き出させ、スカートをめくり上げると一気にパンストとパンティーを膝まで下げた。あらわになった谷間にいやらし穴が見える。よく見ると魚の口みたいにぱくぱくと陰唇が動いている。それに興奮した私はいきなり指を束ねて明美のおまんこに突っ込んだ。先のふぇらのせいか、そこはすでにヌルヌルしていた。
「あ〜痛い〜、やめて」
「本当に止めていいのか?。どうせ痛くなんか無いんだろう。どうして欲しいんだ?。言ってみろ。言わないと指をぬくぞ」
「ごめんなさい、痛くありません・・・あ〜・・もっと・・もっとやさしくして下さい・・そう・・そうすればいっぱいしても良いです・・して・・」。
「なんだと、やさしくしろだと。ふざけるな!。俺が良ければいいんだ。お前なんか関係ないよ。俺を気持ち良くさせろよな、分かったか?」
「あ〜分かりました。気持ちいい・・好きにして下さい。もっとして下さい。」
「お願いしてみろ、明美のおまんこいじって下さい、おまんこを自由に使って下さいとな」
「あ・・お願いします・・明美の・・・明美のおまんこを・・良くしてください。」
「違う違う・・ちゃんと言え。明美のおまんこを気持ち良くして下さい、おまんこを自由に使って下さいだろ」
指を回転させるように膣の中をかき回すとおまんこの快感に絶えられず床に崩れ落ちそうになる。さらに手首近くまでおまんこに手をねじ込み膣をかき回してやる濁った液が染み出してくる。
「さぁ、お願いしてみろ。明美、俺に頼むんだ。さぁどうして欲しいんだ」
「明美のおまんこを気持ち良くして下さい、おまんこを自由に使って下さい。あ〜いやぁ・・」
「今日からお前は彼女じゃないぞ。ただの性欲処理の肉穴だ。オナニーするりも良いから使ってやる。俺を満足させないと旦那にばらすぞ。どうせ俺は女房にバレたんだからな。俺を怒らせるなよな。お前は一生俺の性欲処理のためにだけここに来い。分かったか?」
「分かりました、主人にだけは言わないで。ね、お願い。何でもするから。主人にだけは言わないで下さい。何でもします。」
そんな明美を見ていて私自身が盛り上がってきてしまった。もうちんぽは棒のように硬くなっている。まだ何もさせていないのに射精しそうな勢いである。我慢できなくなりちんぽをズボンから出す。「しゃぶれ、しゃぶれ明美」
「はい、しゃぶります。しゃぶりますけど少し待ってください」。
「お前にそんなことは言わせない。お前は俺の命令はすぐにきけ。何でも言う通りするんだ。分かったな」。
「分かりました。しゃぶります」。
明美の髪をつかんでちんぽのほうに無理やり顔を向かせ、口にちんぽをねじ込んだ。
言われる通りしゃぶる明美。もちろん今までも尺八はさんざんさせてきた。でも今までは人妻でも彼女として扱っていたので乱暴に扱ったことは無かった。口内射精や立ちフェラなんか珍しくないが、今回のように奴隷のようにサドスチックに扱ったことは無い。だから、明美はいつもの私と違う雰囲気に恐れを感じているようだ。



--------------------------------------------------------------------------------
[63] 性奴隷になった妻―その一 妻 投稿者:ABRAMS 投稿日:2000/07/24(Mon) 22:04

性奴隷になった妻―その一 妻
はじめて投稿します。まさか自分がここに投稿するようになるとは想像もしていませんでした。私は42歳でMといいます。結婚して14年になる36歳妻のSがいます。正確には「いました」ですが。今から考えると「なぜこんなことに?」と後悔の念にかられています。彼女の近況は友達の会社の社長が教えてくれました。今ではその友達の友達の会社で、社長の性奴隷として慰み物になっているそうです。世間知らずな彼女には無理も無いことかもしれません。
私は従業員5人、パート3、4人の小さいな会社を経営しています。さすがにこの大不景気には売上はダウンしていますが、幸い売上の一部門に中小企業向けのITビジネスを展開していたおかげで、何とか不況を切り抜けてこられました。私の人生は典型的な中小企業の“おやじ人生”で飲む、打つ、買う、夜は家にいないなどの人生を送ってきました。ま、そうは言っても実際打つ、買うはせず、その反面小遣いにあかせて素人女性に手を出す―女体を狩る―のが趣味でした。従業員の若い娘に手を出したのを皮切りに(ついピチピチした若い肉体の魅力に負けました)パートの人妻、取引先のOL(これは取引先の情報収集として?)面接に来たパート希望の人妻など。妻に決定的にばれたのは一度だけで、その時は何とか夫婦の関係を修復してほとぼりをさましてからまた狩りを始めました。
前置きが長くなりましたが今妻と別居中です。原因はパートの人妻明美ちゃんとの情事がバレてしまったからです。最悪なのは、その人妻が妻の友達の女性で妻と仲良しだったことです。たび重なる浮気と自分の友達との不倫と言うことでプライドを傷つけられた妻は次の日に私と子供を置いて出て行きました。
「急に出て行ってどうやって生活するんだ?」
「貯金もあるし、とにかくあなたとは一緒に居たくないの。もう何度私を騙したの?、最後には私の友達に手を出すなんて。ひどい、ひどいわよ。そんなに私を馬鹿にして楽しいの、そんなにほかの女が抱きたいの?。もう勝手にしたらいいわよ。私一人で生きていく。あなたになんか頼らない。」
「ごめん俺が悪かった、今度こそ浮気はやめる、この通りだ、許してくれ、もう絶対にしないよ・・それに急に出て行っても仕事なんか見つからないぞ」。
その直後妻は出て行きました



--------------------------------------------------------------------------------
[62] 妻をひきこんで・・・2 投稿者:パク 投稿日:2000/07/23(Sun) 18:46

始めは悪戯半分でポラロイドで撮り始めました。まあ妻の反応を見るという気持ちもありました。変態といわれて離婚されてもそれまでてですからね。結構抵抗無くいけたんでビデオも撮り始めて、写真を撮るようになりました。なかなかプリントのチャンスがなく、東京の秋葉原みたいなところまでわざわざ行ったことも有りますが面倒で、未現像の写真が溜まっていた頃、交際誌で知り合った健ちゃんに近くのレンタルラボを教えてもらったわけです。近いことはいいことで結構それからはまっていました。写真はビデオとまた違った出来あがりです。妻に内緒で投稿紙交際誌に写真を送ると、これが結構掲載されたりして病み付きになるんです。発売日近くなると買いに行くんですね、で、掲載されていないとがっかりしたりでもほっとしたり、見覚えの有る写真が載っていると興奮モノです。なかには目をつけてくれて手紙が回送されて来たりするもので、まして妻のヌードや撮影に協力的な奥さんですねなどと誉めてくれるわけですからついつい生写真を送ったりしたんですね。ビデオも撮っているのならそちらも是非見てみたい、正真証明の自画撮りモノ、素人人妻モノを集めているんでトレードしませんかと。好きモノにはこのあたりがとてもつらいところなんですね、


--------------------------------------------------------------------------------
[61] 無題 投稿者:パク 投稿日:2000/07/23(Sun) 07:45

M市から紙後とを済ませて帰ってきたら、玄関の鍵が掛かっていた。仕方がないので裏口へ回ろうとしたら鍵が開く音がする。気分が悪くて鍵をかけて寝ていたと言う。そういえばいつも昼間は縛っている髪がぼさぼさだ。夕飯を作るのが面倒なのでスカイラークへでも行って済ませてこようと言う。結局家へ一歩も入らずじまい。何か変。
スカイラークへ行ってからも電話をかけてくるだの、トイレへ行くだの、挙句の果ては財布を忘れたので貴方は待っててね。
今思えば昨日の妻は絶対おかしい、おかしいよね。


--------------------------------------------------------------------------------
[60] そうそう、 投稿者:友吉の友in NY 投稿日:2000/07/21(Fri) 13:02

先月ニューヨークへ行って参りました。

確かに、
黒い壁のような?、
大柄な黒人にぶら下がってる東洋人女性は多いです。

ただ、日本人だろう?、と思ってると、
良く聴くと中国語しゃべったりするのでわかりませんが、

いずれにせよ、
あの黒人の体格の大きさで、あの小柄の女性じゃあ
臍まで届くような気がしたりします。

あ、白人と連れ立ってるのも多いです。

でも、
東洋人男性と白人女性のカップルはまず見ないなあ?

やはり、モノの問題でしょうかね?

と、いうことは、
国際化の時代ですが、
日本人男性が、国際標準に晒された場合には、
全滅してしまうのではないでしょうか?

殆どの日本人女性は、
黒く逞しい子を産むことを選択する時代が、
直ぐそこまで来ているのではないかと?



--------------------------------------------------------------------------------
[57] レイプされた妻 投稿者:ゆたか 投稿日:2000/07/20(Thu) 21:12

私は38歳。妻は34歳です。妻の職業は小学校の教師です。この前までは、男性経験は私だけの、きれいな体だったのに、教え子の父親にレイプされてしまいました。
父子家庭で、子供があまりにも粗暴なため、家庭訪問をした
時に、やられてしまいました。それも、父親だけでなく、その場にいた男3人に、好きなようにやられたそうです。
父親の職業は、土木関係で、男たちは大柄で抵抗など無駄
だったようです。妻のおめこに、何人もの大きなチンポが入ったかと思うと、腹が立つと同時に、興奮してしまいます。
これからじっくりとそのときのことを聞くつもりです。





--------------------------------------------------------------------------------
[56] 妻をひきこんで・・・ 投稿者:パク 投稿日:2000/07/19(Wed) 17:40

始めてそのショップを覗いたのはもう10年近く前。まだ、飲み屋の横のいかにもいかがわしそうな扉を開けて二階に上がる店だった。階段を上ると客が来たのを知らせるためか店の中にチャイムが鳴る。電話などで保留にしたときに流れるよく聞く曲だ。豆ローターを手に取りながらビデオがあるかと聞くと、一瞬人を値踏みしたような目で見た。3本で2万。シールが貼ってあるから本物だよ。と自慢げにいうマスター。一応合格したらしい。趣味を同じくしている、しかもいかがわしい趣味でおおぴらに話をしずらい趣味。そんな趣味を持つものとしてマスターに認められたらしい。
それから3月に一度くらいビデオ雑誌などで見たいビデオが出るとショップへ寄った。私が見たいビデオは俗に素人自画撮りモノと呼ばれる作品。以前はほとんど画質が悪かったり編集していなくて見るに耐えない作品が多かったが、8ミリビデオなど簡単に撮れるようになって見たい作品が増えた。投稿雑誌などでも特定のファンをもつようになったと思う。夫婦モノや人妻モノ、特に夫に内緒で複数の男性とセックスしている作品「奥さんやらせて」は刺激的だった。県名や氏名のイニシャルで交際誌から流出したとうわさされたビデオの話を聞いたときは妙に興奮をおぼえた。
というのもそのころ結婚したての妻をモデルにビデオを撮り始めていたからだった。はじめのころは家の中だけだったがセックスといえば必ずと言っていいぐらい撮りつづけていた。ハメ撮り、尺八、バック、騎乗位。男根にまとわりつく恥液まで、抜き差しするおとまで、リアルに映像として記録していった。妻は始めからたいした抵抗も無く人に見せないでねと言うだけだった。
しばらくして写真を撮るようになるとフラッシュの快感を妻は覚えるようになった。二人のプレイはエスカレートして野外露出プレイ、撮影、カーセックスと進んでいった。
折角撮りためた写真は、始め東京のレンタルラボで焼いていた。ビデオとは違った妻の姿がそこにあった。人に自慢したくてショップのマスターにいつしかプライベートに撮影して楽しんでいることを話すようになっていた。マスターは、K市のカップルは外国製の双頭のディルドを注文してくれた。これをうしろの穴にいれるらしい。自分たちでプレイを撮影するのもみんなやっている。こんどうちへもってきたら、趣味を楽しんでいるもの同士勉強になるよ。と。



--------------------------------------------------------------------------------
[55] Re[52]: 妻は黒い肉体の虜(2) 投稿者:ビンゴ@USA 投稿日:2000/07/18(Tue) 04:24

> 最近妻の様子がおかしい。

> だが、この手帳が用の済んだはずの、新年の以降の
> 新年の1月下旬から、一週間間隔で、
> 「マッキー」「2:00pm」と言うような記号めいた事が書いてある。
> マッキー...?
> 昨年のディナー後の、赤いネオン管のショットバーでの光景がちらつく...
> まさか...という思いに、膝ががくがくしてきた。

私の周りは、半数が国際結婚していますが、
旦那がアメリカ人の奥さんに聞いたら、
日本の男ともいろいろ付き合ったけど、
一度、アメリカ人と付き合ったら(やったら)
日本人とは満足いかない・・・・って、
一言、「物が違う」って言われちゃった。
この間、アメリカのHビデオ4本買っちゃったんだけど、
あれは、特別でかいんじゃないって、うちのも同じって・・・
とにかくデカイ・・・どんなに女性が上でが暴れても
抜けないもんね〜

奥さんも、あの極太知ったら・・・もう友吉さんのじゃ・・・
でも、うらやましい・・・
詳しく聞き出して、報告して下さい・・・大ファンより



--------------------------------------------------------------------------------
[54] Re[53]: 秘密 投稿者:ふぁn 投稿日:2000/07/17(Mon) 13:00

> そしてもう撮影は行かなくて良いと私が言っても、か細い声で、行きたいと言い
> ます。
> どうしましょうか、皆さんの意見も聞きたいと思ってます。
> ではでは     Masa

それは行かせるべきでしょうね?
出来れば安全日に?

でなくても、奥様は自分で行かれることでしょうから。
安全日に進んで行かせた方が得策というモノです。



--------------------------------------------------------------------------------
[53] 秘密 投稿者:雅 投稿日:2000/07/17(Mon) 10:52

こんにちは雅です先週水曜日のご報告です。
えらいことななって来ました。
昨日妻が撮影に行ったんですが、いつもは2時間ほどで帰ってくるんですが、
昨日は、朝10時に出て行って、昼も連絡なしそして5時になっても連絡が無い
ので心配になり写真やのおやじのスタジオに行きました。
チャイムを鳴らすとじゃまくさそうにおやじが応対に出ました。
私ですと言うと、どうぞおはいりくださいと言う事で、スタジオにはいると、そこに
は、アナルにろうそくを刺されて口に猿ぐつわを、さされた妻のすがたがありま
信じられない光景でしたが、もうひとつ目を疑ったのは横でむちを振りかざす、
おやじさんの奥さんでした。
お互いたのしみましょうよと、おやじさんに言われましたが、約束が違うでしょう
と、とりあえず妻に洋服を着せ、帰宅しました。
私は頭の中がパニックです。
妻に帰るなり事情を説明させました、妻は最初はコスチュウムを着るだけの撮
影だったのが、だんだん実演になり自分ではストップがかけられなかったと言う
ことでした。
そしてもう撮影は行かなくて良いと私が言っても、か細い声で、行きたいと言い
ます。
どうしましょうか、皆さんの意見も聞きたいと思ってます。
ではでは     Masa



--------------------------------------------------------------------------------
[50] 脱ぎたがりな妻のこと 投稿者:よこやり徹っちゃん 投稿日:2000/07/13(Thu) 01:29

かとうさん、うちの妻も脱ぎたがりで困ってます(^^ゞ
乗りはうちの妻もにてるとおもいます、脱ぐとなったら危なっかしくてこっちが冷や冷やします 女って2つの事を考えられないのでしょうか(笑)
まえから脱ぎ魔なとこがあったほうです 見せつけてくる感じがなんともイヤラシイですよ
結婚するまえに居酒屋に飲みにいって非常階段で6階くらいから降りていくときに"脱いじゃってもいい?"とその気になられたときには驚きました ^^;
一度全部を脱いでからワンピース?を頭からガボっとかぶって、自分でそれをめくって裸をみせて大笑いして喜んでた奇人です
そのまま下着をボクに持たせたままノーパンノーブラで大通りを堂々と歩いて電車乗って帰りましたよ はらをくくった女って怖いです、ホント


--------------------------------------------------------------------------------
[49] レンタルラボ利用しています 投稿者:かとう 投稿日:2000/07/12(Wed) 22:13

前に夫婦でレンタルラボを利用しました。 
もともと妻が”ヌードを撮ってほしい”と言いだしたパターンです。
どうも妻としては”脱ぐ”と決めた以上は腹をくくれててるようでした。 女の割り切りなのでしょうか?
妻はレンタルラボをよく知らなかったので、カメラマンが撮影してくれると思っていたようです。
自分のヌードを撮りたいと決めた以上は目的がハッキリしているので、そうなると他人に見られてもいいような事を言っていました。
どうやら”脱ぐ”という発想を(妻の場合は)そう受け止めていたようです。

ちょっと仕事の関係で水着の女性を撮影する現場に立ち会った事があります。(広告関係者です、はい)
スタッフの男が15人くらい居る現場で堂々と着替えてしまうモデルさんにビックリした経験があります。
男だったら萎縮してしまうなぁ。。。とそのとき思いました。

まるでそれと似ている気がします。
”脱ぐ”と決めたら”脱げればいい”のかもしれませんね。
脱ぐ以上はそのあとどーなっても案外と平気なのかもしれないですし。
あくまでもこれは妻の例です。 



--------------------------------------------------------------------------------
[48] ビデオ 投稿者:私も経験者です 投稿日:2000/07/12(Wed) 16:55


良くある話の様ですが、まさか自分の身に降りかかるとは、思いませんでした。
ショックだったのは、その事を友人から教えられた事です。
深刻な顔でビデオを見せる友人を、これ程憎んだ事もありません。
”美人淫乱妻○○○40歳、、調教記録”と、題名の付いたビデオ。
いったい何本位流れているのでしょうか。
私たちには、中学生3年生と小学生の子供がいた為に、仕方なく単身赴任の道
を選んだ事が、結果的にこの様な事態を引き起こしたのです。
赴任中、頻繁に電話では話しましたが、一時期、子供からの電話で、
「ママの様子が、少しおかしい、パパ、たまには帰ってきて。」
と、何度もかかってきました。
しかし、皆さんにはお分かり頂けると思いますが、何の為に単身で赴任している
のか、早く帰りたいのは、こっちの方だ。と、とぼけていたのです。

妻が、あんな辛い日々を送っていたのか、と思うと、いたたまれません。
と同時に、ビデオを見て、興奮している私と、明らかに演技ではない、妻
の叫び、知っている人でないと分からない様に作られているとは言え、大胆
な言葉遣いや行為、頭が混乱して、どうしたら良いのか、全く見当が付きません。
先日など、今まで見た事も無い光景を見せられ、その場に立ちつくしてしまいました。
昼前の11時頃、たまたま近くに来たので家に寄りました。
玄関の鍵は開いたままで、不審に思った私は、思わず抜き足差し足で、居間の前
まで来ると、妻の洋服や下着が、脱ぎっぱなしで落ちていました。
気が付くと、異臭がしているのです、家全体に充満している様です。
奥まで進み、風呂を覗いてみました。
自分の目を疑う光景が、、、。
風呂場で、便をして、それを身体に塗った妻。
恍惚とした目を、私と会わせても、心がここにあらず。
私は、その行為自体、驚いていますが、鍵を閉めずに行っていた事が、どうにも
許せませんでした。
しかし、それ程までに、ビデオの内容は、背筋の凍るもので、妻が元のままでした
ら、子供がいなければ、それなりの行動をとりたい。
今の状態では、泣き寝入りするしか無いのです。

私は、友人の言葉に返事もせず、ビデオに見入りました。
そのビデオは、私の家の一部や、明らかに私の子供達の一部、そこまで映って
いるのです。妻は、アイマスクを外している時のみ、顔に軽くぼかしが入って
います。
子供達が、学校に出かける所を、遠くから写しているのでしょう、少しボケた
感じで始まりました。
宅配便の格好をした男が二人、家のドアから招きいれられます。
そして、直ぐ出てきました。実際は、どの位いたのか分かりません。
その場面の事は、直ぐ分かりました。
いきなり、何処かの一室で、写真を見せられ脅かされている妻が、映っています。
怖いのでしょう、下を向いたまま、一言も喋りません。
男三人に、女が二人。いずれも下品な人達です。
それぞれが、好き勝手な事を喋り、内容は良くわかりませんが、その後、
男二人に、ソファーへ押さえ付けられ、スカートを捲り上げ、パンティーストッキングを脱がされました。抵抗していましたが、何にもなりません。
パンティーの上からおもちゃを押しつけられ、下半身を総て露わにしてからは、
女の一人が、口を付けて、激しく頭を振ったり、上下に動かしました。
妻は、男に後ろから押さえつけられ、両脚を片方ずつ掴まれていましたが、
大きく仰け反ったと思うと、びくんびくんと身体が揺れました。脚を掴んでいた
手が放されても、両脚が緊張したままで、つま先を折ったり反ったりしています。
さすがに、呻いてはいましたが、声は上げませんでした。
しかし、確実にいかされた様に見えました。

疲れたので、今日はこのくらいにします。




--------------------------------------------------------------------------------
[47] 妻、、、よくわかんない 投稿者:寒いソーサー 投稿日:2000/07/12(Wed) 06:16

妻、、、裏の顔は淫獣そのものかも。
高校中退の不良娘の過去、ブルセラでお金稼ぎした過去、ファミレスの店長とトイレでファックした過去、19才で酔って全裸になって補導された過去、、、
いろいろ話はしてくれるけど、聞いてるだけでドギツイ、悪女っぽい女だし。
華やかそうな過去の話としてJTのキャンギャルをやったと聞いたときも結局は男と金で寝た話だった。 (^^ゞ
平日に会社が休みで家に居た日に、近所の悪友主婦と家に集まってテレクラで男を興奮させてからかってた。
タダだから女のほうは無責任だなぁと思った。 主婦同士でえげつない話ばっかり盛り上がってたし。
妻はオナニーも常習犯でボクに隠そうとはしない。 中学からずっとオナるのが日課だそうで。 (^^ゞ
勝手に通販でバイブレータを4,5本買ってる。 特にそれも隠さないで鏡台のところに入れてある。 よくわからん。。。 (^^ゞ
セックスはあきれるくらい淫らで大胆で貪欲で天真爛漫。 興味をもっちゃうといろいろやりたがってボクが困ってしまう。
そろそろ子供でもつくらないと家庭が崩壊するかもしれないし、もう男くらい外にいるかもしれない。 (^^ゞ


--------------------------------------------------------------------------------
[46] 知らない街で 投稿者:HIDEKI 投稿日:2000/07/12(Wed) 03:33

30になる妻はたまに興味本位で驚くことをやらかす悪女なぶぶんを持ってる。 どっか幼稚だけど興奮させられちゃうことも多い。

だいぶ前だけど用事で出かけた知らない街で深夜に全裸になってみたいといいだした。 まず2度と来ない場所だから冒険したかったらしい。
一緒になってよさそうな場所を探して、市営球場のような場所で全裸をやらせて遊ばせた。 
ベンチでこそこそ服を脱ぐのかと思ったら、グラウンドの真中で堂々と豪快に服を脱いで投げ捨てた。
じっとこっちを見つめてストリップ嬢みたいに怪しく悩まし気に脱いでみせるからボッキしまくった。
全裸になったら訳もなくグラウンドの中を笑いながら走り回り、爽快!爽快!と有頂天だった。
結局その後も全裸のまま球場のまわりを探検した。
こっちがじれったくなったのに気づいてくれたから、そのまま球場の中の電話BOXでやらせてくれた。
ちなみにこれでも妻は元婦人警官だった女(笑)


--------------------------------------------------------------------------------
[45] 無題 投稿者:パク 投稿日:2000/07/10(Mon) 21:59

レンタルラボの主人と思っていた人がそうでなく。あるアダルトショップがビデオを扱わなくなった原因と、レンタルラボが一時的にせよ店じまいした原因とが同一人の起こした事件によるとしたら。出入りしていた複数の人間同士が趣味と実益を通して関係していたら。思いも拠らぬところで親しげに声を掛けられて、自分たち夫婦の秘め事をその人物が知っていたとしたらどうします。いたずら半分で始めた自画撮りマニア。エスカレートするプレイ。刺激を求めて投稿。カーセックスに野外露出プレイ。実は誰かがそれに気づいてじっくりかんさつされていたとしたらどうしますか。夫婦喧嘩のおりに始めて妻から見知らぬ男性から妻にフルネームで誘いの電話が掛かっていることを知らされたとき、あなたならどうしますか。妻の口からわたしのヌード写真がご近所にばらまかれたらどうするのと突然尋ねられたら、どう答えますか。


--------------------------------------------------------------------------------
[44] Re[42]: 大丈夫でしょう 投稿者:パク 投稿日:2000/07/09(Sun) 08:08

> 自分も何度かレンタルラボでプリントしましたよ。
>閲覧を感謝します。以前交際誌のセックスメイトさんにお尋ねしたらプライベートの写真やビデオが流出することはままあること、住所や氏名などが特定できなければ気にすることはないとおっしゃっていました。プレイに熱が入れば入るほど危険が伴います。おや、ひょっとしてと言うときってないですか。
>>


--------------------------------------------------------------------------------
[42] 大丈夫でしょう 投稿者:らんまる 投稿日:2000/07/09(Sun) 05:49

自分も何度かレンタルラボでプリントしましたよ。
街の写真屋さんで使っているのと同じ機械でしたから
大丈夫じゃないですか。
そんな心配以上に興奮できる写真を撮ってください。


--------------------------------------------------------------------------------
[41] レンタルラボの思いで 投稿者:パク 投稿日:2000/07/08(Sat) 08:40

レンタルラボは本当に安全なのでしょうか。
もし、知らないうちにプライベートフォトが流出していたらと
考えると夜もおちおち寝られなくなるはず。


--------------------------------------------------------------------------------
[40] 恍惚の妻3 投稿者:若葉 投稿日:2000/07/07(Fri) 19:34

しばらくして落ち着きを取り戻した私は、「それではAさん思いっきり感じさせてやって下さい」と二人をベッドに促しました。落ちついたと言っても心臓はドキドキです。
Aさんは掛け布団をはずしベッドの脇に落としました。そして妻をベッドに寝かせ、私の方をちらっと見たあと唇を重ねたのです。軽く何度も唇をあわせた二人は、次第に舌を絡めた激しいキスへうつっていきました。そしてAさんの手が妻のバスタオル越しの胸に届きゆっくりと感触を確かめています。舌で首筋をナメながらバスタオルをはぎ取られ妻の肢体があらわになりました。Aさんの愛撫に感じる妻!!声を押し殺してはいましたが明らかに感じています。執拗に乳首に愛撫を加えていたAさんでしたが、ゆっくりと下腹部におりていきます。途中、へそに舌を入れて遊んでいたAさんでしたが、予想外に妻がピクピクと反応したためちょっとビックリしたようです。妻の感じる部分なのでありました。


--------------------------------------------------------------------------------
[39] 恍惚の妻2 投稿者:若葉 投稿日:2000/07/06(Thu) 21:13

遂にその日がやってきました。
私は朝から落ちつきませんでした。妻もそうだったようです。
男性(Aさん)との約束の時間は2時。私たちは早めに行っておこうと待ち合わせのファミリーレストランの駐車場へ向かいました。するとAさんはすでについており、私たちの車を見つけると軽く頭を下げました。「はじめまして。」私が言うと「よろしくお願いします」Aさん。ちょっと小太りですがいい感じの印象です。早速私たちの車にAさんを乗せ、妻も後部座席に座らせました。軽くお触りを期待してましたが3人で普通の会話をしているうちにラブホテルに着いてしまいました。あとで妻に確認するとAさんはずっと妻の手を握りしめていたそうです。
ホテルにはいるとAさんからシャワーに行ってもらいました。このあいだ10分くらいだったでしょうか、妻とキスをくり返していました。妻が他の男に抱かれる!興奮と恐怖に胸がいっぱいです。Aさんのあと妻、そして私の順でシャワーを済ませ、軽く3人でウーロン茶を飲みました。私の提案でした。急に怖くなったのです。バスタオルを巻いた妻が今まで感じたことのない色気に包まれ愛おしくなりました。


--------------------------------------------------------------------------------
[38] 恍惚の妻1 投稿者:若葉 投稿日:2000/07/06(Thu) 20:03

初めての投稿です。
私は44才、妻は36才の夫婦です。先日念願だった妻のあの顔を見ました。私以外の男の腕の中で恍惚の表情を浮かべる妻の姿を。

私たちは仲の良い夫婦です。ケンカもしたことがありません。ですがマンネリでしょうか?妻が他の男とセックスしているところを見てみたいと思い出してしまったのです。ここの投稿の皆さんと同じ気持ちでしょう。ところが妻は応じません。「バカじゃないの?」返事はいつも一緒です。うーん、困りました。そこで妻に黙ってあるHPに妻の画像と交際希望のメッセージを掲載したんです。返事はその日だけでも30通はきてました。それを妻に見せたのです。「君とセックスしたいと思ってる男がこんなにいるんだよ。」妻は信じられないと言った表情で「ほんといいいの?」と私に聞いてきたのです。しめた!と私は思いました。妻に聞いてみると、私みたいなおばさんなんか恥ずかしくて見せられた物ではない、と思っていたようです。確かに妻は美人ではありません。よく言えばかわいいタイプでしょうか。ぽっちゃり体型で形のいい胸をしています。それからしばらくメールで相手を選ぶ日々が始まったのです。初めてなので妻も私も慎重でした。送られてくる画像には恐ろしく大きなペニスが写ってる物もあります。結局妻が選んだのは私より3つ年上の男性でした。メール交換をしばらく続けましたが私もこの男性に好感を持ちました。
会うことを決心した私たちはその日が来るまで激しいセックスを続けたのです。



--------------------------------------------------------------------------------
[37] Re[35]: 無題 投稿者:狂頭 投稿日:2000/07/05(Wed) 19:26

狂頭です。雅さん、心配はいりません。43歳の奥様は町内の慰安婦
にさせられるだけだと思います。冗談です。今後の展開を楽しみにして
おります。自分の妻が人前で裸になること、これが一番興奮しますよね。
雅さん、ぜひメールを頂きたいのですが、無理でしょうか。








--------------------------------------------------------------------------------
[36] Re[34]: 40代妻は学生達の慰安婦 投稿者:雅 投稿日:2000/07/05(Wed) 17:31

 狂頭さんのお話の様な展開になっていかないかと、心配な反面好奇心がわいています。
自分の妻が人前で裸になる事ですら、足が震える思いだったのに写真屋のおやじにどんな恥ずかしいことをさされるのか、想像するだけで勃起しています。
この後どうなるか皆さんで見守っていてください。
 


--------------------------------------------------------------------------------
[35] 無題 投稿者:雅 投稿日:2000/07/04(Tue) 14:42

狂頭さん、勝さんさいそくありがとうございます。
リクエストにお答えして、恥ずかしながら続きを書かせて頂きます。
それと妻の年齢ですが、妻は43歳です。
年齢を聞いてびっくりされると思いますが、プロポーションは30代半ばと言っても十分いけると思ってます。
先月の終わりの事です、写真やのおやじに誘われてビールを飲みながら一冊のアルバムを手渡されました。
私は、アルバムを開くのに手が震えました。
妻には、2回の撮影があって一回目は、服を着たままでのポーズと、2回目は少し過激な水着を試着しての撮影と聞いていました。
しかしアルバムを見た限りそれは嘘でした。
裸で逆立ちしている写真、ヨガのポーズを撮っている写真、イグアナと戯れる写真、いぬにオマンコを舐められ
ている写真など、どれも過激なものばかりです。
それよりもモデルの妻の表情はすこぶる楽しげで、可愛く美しく写っています。
おやじさんいわく、お宅の奥さん見られる事で快感を味わうタイプですね、などとも言われました。
それに驚いたのは私が言うのもなんですが、実に美しいと思った事です。
妻も病みつきになったらしく、次ぎの撮影の日ももうすでに決まっているらしく、7月16日だそうです。
ところでご主人、次ぎの撮影なんですが、SMチックな撮影をしたいのですが良いですかと聞かれました。
私ももう断れる状況ではなく、構いませんが妻がいやだと言ったらすぐに中止していただけますかとだけ、
言わしてもらいかえり次第妻にことわらそうと考えました。
いくらなんでもこのまま行けば、終わりがないと思い頭の中は、どこで終わりにするかのことでいっぱいです。
なんと言っても、私たちの人生のかぎは、おやじに握られているんですから。
でも私も妻が人前で裸になっていることを想像しているだけで結構興奮しているんです。
写真やのおやじが秘密さえまもってくれれば言う事ないんですが。
続きはまた書きます。
ではでは



--------------------------------------------------------------------------------
[34] 40代妻は学生達の慰安婦 投稿者:狂頭 投稿日:2000/07/03(Mon) 20:41

―――精液便所の40代妻―――
6人の大学生の前で四つんばいの格好にさせられ、学生達に陰唇とアナルを広げられ、垂れた下腹と乳房を揉まれ続けています。これから6人の学生達に悦んで貰うために、子宮の奥深くで、またアナルで精液を受けなければならない慰安婦、即ち世間で言う普通の主婦である私の妻の変わり果てた姿が、そこにはあったのです。
どうやら6人の学生達は、各自、妻を思い通りに弄ぶことができるようです。
ですから、どの学生か分かる様に、名前で呼ぶことにします。6人の学生の名前は、
まず妻を調教してきた(大樹)、同じアパ−トに住む同級生の(秀明)、ビデオを撮っている(崇)、筋肉質の(剛)と(雄二)、体育会系の(健)です。
―――着衣のままで―――
大樹に「いつもの格好をしろ」 と命令され、妻はバッグの中から取り出した、ピンクのガーターにストッキング、濃いピンク色の横がひもになっているレースのフリル付きのパンティーを着け、白のミニのワンピースを身に着けました。大樹は妻を抱き寄せ、パンティー
の上や横から指を入れて、キスをしながら弄んでいます。妻は我慢できず大樹の上にまたがり、男根欲しさにパンティーの股間の部分を大樹の男根に擦り付けています。妻は自ら大樹の男根をパンティーの横から体内に収め、騎乗位で腰を使い始めました。
「ア―――ア――ン」と喘ぎながら 「出して中に出して お願い」 と必死になって腰を振って大樹に射精して貰おうとしています。大樹の腰の辺りに力が入ってきているので、射精も近いのでしょう。大樹の射精です。40代の人妻になんのためらいもなく中出し射精ができるのは、人妻を征服した者の勝利の印でしょう。妻は中出しされた精液を拭くことを許されず、大樹の精液が流れでないよう、着けているパンティーで押さえるしか手がありま。妻は大樹の汚れた男根を舐めてきれいにしています。その妻の舌は大樹のアナルにまで入れらており、とても夫のいる人妻のしていることとは思えません。
―――2穴責め―――
秀明はパンティーを着けさせたまま妻四つんばいの格好にさせ、精液のついたままのパンティーを横にずらして、妻のアナルをマッサ−ジしています。指にオロナインを塗り、妻
のアナルに入れたり、広げたりしてじっくりと妻の受け入れ体制を作っていきます。
どうも浣腸は、朝に済ましてある様です。夫の私も妻のアナルには挿入したことが無い
というのに、秀明は慣れた手つきで妻のアナルを弄んでいます。妻のアナルに指が3本も入っています。妻のワンピ−スが剛と雄二によって脱がされ、パンティーのサイドの紐が解かれ股間の部分に精液を付けたパンティーがとられ、妻はガ−タ−とすストッキングの
格好で、ついに秀明にアナルまで許してしまいました。秀明の男根は妻の大きなヒップに突き刺さっている様に見えます。秀明とアナルで繋がったまま妻は秀明に抱かれるように仰向けにされ、大きく両脚を剛と雄二に広げられました。健が妻のクリトリスの皮を剥いて指でつまんだりして、妻をいかせようとしています。妻の歪んだ顔は、今日会ったばかりの20歳以上も年下の男にだけは、いかされまいと抵抗しているのでしょう。声を出すまいと必死になって我慢している妻を見ていると、私の方が興奮してしまいます。
秀明にアナルを貫かれたまま、健が妻の前の穴に男根を挿入しようとしています。健の男根が妻の体内に深く入った瞬間 「イヤ―イヤ―――」 と妻は絶叫し失神状態です。
健はそんな事おかまいなく、自分の性欲を処理するため腰を動かしています。
秀明と健は妻の2つの穴を介して繋がっているのです。2人は妻の肉壁越しにお互いの男根を擦り付けているようなものです。健が妻の子宮の奥に射精しました。妻はまた四つんばいの格好にさせられ、秀明にアナルに力を入れるように命令されて、妻は秀明の男根
を一生懸命締め付けているのでしょう。ついに秀明も妻の直腸に精液を流し込むことに成功したのです。妻の2つの穴はポッカリという表現しかないほど開き、中出しされた2人
の精液が流れ出しています。またしても妻は精液を拭くことが許されず、そのままパンティーを付けさせられたのです。妻は2人の男根を丁寧に舐めあげ、きれいにするよう大樹
に命令され、汚れた男根を口に含んだり、舌をはわせたりして命令に従っています。自分のアナルに入っていた男根を舐めているのは、今キッチンで料理を作っている私の妻なのです。
―――ただの性欲処理―――
雄二も妻のアナルに入れようと、妻を四つんばいの格好にさせ、精液でべとついているパンティーを脱がせ、もはやなんの抵抗もなく雄二の男根をアナルに受け入れています。
妻の直腸に射精した雄二は、妻のアナルから流れだす精液を妻のブラジャーの内側で拭き
取っていきます。崇は妻にパイズリをさせています。妻は自分の乳房を両手で押さえ、崇の男根を包みながら、体を上下に動かして射精させようとしています。崇は腰を振りながら妻の首の辺りまで精液を飛ばし、性欲処理をしたのです。妻はその精液を乳房に塗りつける様に大樹に命令され、乳首の先まで崇の精液を念入りに塗り込んでいます。続いて剛は妻と正常位で繋がり妻にしがみ付き、激しく腰を動かして射精だけに集中している種馬
のようです。妻は「 いや―― 」と苦痛の表情をしています。恐らく剛の馬のような男根が子宮に当たり痛みを感じているのでしょう。剛は妻の中に続けて2回も射精し、妻のブラジャーの内側で多量の精液を拭きとって、妻に見せています。勿論いやがる妻を正座させ、汚れた男根をきれいに舐めさせているのです。
―――他にも…―――
妻への輪姦はようやく終わろうとしています。妻は学生達の精液まみれになったブラジャーと濃いピンク色の横がひもになっているレースのフリル付きのパンティーをそのまま着けさせられ、白のミニのワンピースを身に着けました。男の精液のにおいをさせたまま家に帰るよう命令されたのです。
40代の妻が、私の知らない内に20歳以上も年下の学生達に調教され続け、性欲処理用慰安婦として心までも奪われたのですが、多分これらのビデオに写っているのは、その一部だと思います。妻だけしか知らない事実があるという事です。もし他にも衝撃的な事実
が分かりましたら、また投稿させて貰います。とりあえず THE END







--------------------------------------------------------------------------------
[33] 墜ちていく・・ 投稿者:ペンネ−ムは渚 投稿日:2000/07/03(Mon) 17:17

はーい。」玄関のチャイムの音になぎさは明るい声で答えながら、リビングから出ていった。
午後の昼下がり、洗濯物の取り入れを終え、座りながら整理をしていたのだった。
人妻なぎさ32歳。夫43歳との間には子宝には恵まれていなかった。専業主婦であるなぎさは
昼の時間を持て余し、夫が家で仕事をするために書斎に置いてあるパソコンを暇つぶしにさわるうち、
インターネットの世界へのめりこんでいった。 「どうぞ。どなたですか?」出てみると宅配便の帽子
をかぶった浅黒い中年の男が意味ありげに、にやにやしながらたっていた。「奥さん、荷物ですよ。
はんこお願いします。」その小包をみてなぎさはおもわず顔が火照ってきてしまった。そう、それは先
日なぎさがインターネットのアダルトショップに注文したバイブレーターだったのだ。「中身をわから
ないようにして発送いたします。」と書いてあったのだが、その小包は乱暴に扱われたのか包装が一部
破れてしまっており、そこから派手なピンクの箱と「巨根タイプバイブ・電動ナポレオン」という文字
がみえていたのだ。
 「ちょっと待ってください。」なぎさは恥ずかしさで男の顔も見れずに奥へ、はんこを取りに行った。
結婚10年目、なぎさはやさしい夫のおかげで幸せな生活を送っていた。厳しい家庭で育ったなぎさは
大学も女子大へ進み、親の勧めるまま今の夫と見合い結婚したのだった。処女だったなぎさは夫婦生活
についてもこれが人並みだと思って10年間過ごしてきたが、インターネットでいろいろなサイトを覗
いている内、うちの主人は性的に一般の人より劣るのではないかと思い始めていた。
検索エンジンにおそるおそる「巨根」と入力して結果をみたところ、いろいろなサイトが現れた。
そのうちのひとつに男子生殖器の写真があるサイトがあった。
モザイクはかかっていたものの、その雄大なシルエットからでも主人のものとは比較にならないのが
わかった。

どきどきしながら次々とサイトを巡回するうち、アダルトショップのサイトに「巨根バイブ」の項目
を見つけた。その中でひときわ目をひいたのが白いシリコン製の「電動ナポレオン」だった。ほかのバ
イブのような枝分かれしたクリ用のバイブがついていない分、本物のペニス、ホームページで見たあの
隆々とした巨根のようで主人と違うペニスの形に思わず購入のボタンをクリックしていた。
うろたえてはんこを探してると「次の配達が詰まってて忙しいんですけど」などといいながら、中年
男がずかずかとリビングに入ってきた。そこにはさっき整理の途中の洗濯物が散乱していた。昨日は生
理前でむらむらしていたため、派手目の紫の下着をはいていた。でも主人は仕事の帰りが遅く、せっか
くの夜のおめかしを気付いてもくれなかったので寝ている主人の横に寝たふりをしながらオナニーをし
たのだ。
「奥さん、すごいパンティですね。」あっという間もなく中年男は下着をつまみあげた。「紫ですか。
ふふふ、紫色は欲求不満の色ですってよ。へへへ」「やめてください。」なぎさはそれを取上げようと
したが、その伸ばした白い腕を逆に掴まれてしまい、あらがう間もなく両手首を洗濯物のパンティスト
ッキングでかたくしばられてしまった。男は小包を取上げると声に出して「巨根タイプバイブ・ナポレ
オンか。奥さん、巨根が好きなの?えへへ」その下品な声に鳥肌をたてながらもあまりの恥辱に下を向
いて震えるばかりのなぎさだった。
「ほら、上を向いてみな。奥さん。」その声に男の方を見上げてみると男は制服のズボンを脱いで黒
いブリーフ姿になっていた。その姿が目に入った瞬間、なぎさは目を逸らしてしまったが、その一瞬の
間にもなぎさの目には大きく膨らんだ中年男の股間が目に焼き付いていた。「すごい・・中にどんなも
のがはいっているの?」 なぎさの主人もブリーフ派である。風呂上りなどに見る主人のブリーフの前
は生地が余ってしわがよっている。
しかし、この中年男のブリーフ姿はしっかりとその生地の下の存在感を主張している。重々しく盛り上
がったふくらみに、なぎさは下半身に甘いしびれが広がるのを感じた。「奥さん。どうだい旦那より大
きいだろう。」男はそう言いながら前のふくらみを顔に押し付けてきた。顔をそむけながらもなぎさは
男の淫靡なにおい、そして柔らかい弾力を感じていた。思わず、めすの本能によりなぎさは大きく息を
吸い、ふくらみに上気した頬を擦り付けるのであった。



--------------------------------------------------------------------------------
[32] 雅さん妻を・・・ 投稿者:狂頭 投稿日:2000/07/01(Sat) 00:33

私も雅さんの奥様を想像している所です。
続編では、ぜひ年齢など教えて下さい。
inserted by FC2 system