BBS1 2007/10 過去ログ



水遣り25
CR 10/31(水) 21:07:50 No.20071031210750 削除
あれから何度、佐伯に抱かれた事でしょう。大阪赴任中は週に一度
は本社での仕事名目で必ず妻を抱きます。又、何度かは出張で妻を
大阪に呼び出し、一晩かけて妻を抱きます。佐伯が本社勤務に戻っ
てからは、夜だけではなく、仕事に託けて外出して、昼日中、妻を
抱きます。二人の出張を組んで温泉で温泉で抱かれる事もあります。

何度目かの密会の中、妻は佐伯に言われるのです。

「洋子、君も知っているように僕は独身だ」
「はい」
「いつまでも一人で居る訳には行かない」
「・・・・・」

妻は別れを切り出されると思ったのです。

「いや、君と別れると言うのでは無い。その逆だ。結婚してほし
い」
「結婚?そんな事できません。夫と子供がいます」
「解っている。今直ぐにとは言わない。君の気持ちを待っている」

この時、佐伯は本当に妻と結婚したいと思っていたのでしょう。密
会の頻度は更に濃くなっていきます。

『俊夫さんは私を愛してくれている』

不倫と言う非日常性が妻にそんな思いをさせるのです。妻に気がつ
く術はありません。

私が台湾に発った水曜日、妻は佐伯に抱かれます。佐伯は精液増量
剤を飲んでいます。一度目は妻の口に放出します。 

二度目、佐伯は自分のものにコンドームを着けます。

「コンドーム?」
「ピルを飲んでいる事は知っている」
「では、どうして?」
「僕は明日からアメリカへ出張だ」
出張の事は妻も知っています。肉牛牧場の視察です。

「これがトウモロコシなら君を連れて行けるが、肉では駄目だ」

4日間でも佐伯が居ないのは、妻にとっても寂しいのです。あの男
根と別れるのが辛いのです。

「洋子も寂しいだろう。お土産をあげる」

いつもより大量に放出します。それは妻の膣の中ではなく、着けた
コンドームの中に。いつものように佐伯の腕の中で妻は朝まで熟睡
します。いつの間にかバスルームに向かった佐伯には気がつきませ
ん。佐伯はバスルームで、コンドームの中の精液を小さなガラス瓶
に移します。媚薬を混ぜる事は忘れません。ガラス瓶は紙箱に納められます。

翌朝、妻は佐伯からその紙箱を手渡されます。

「これは何ですか?」
「洋子へのお土産だ。明日夜8時ごろ電話するから、その時開けな
さい」
「貴方」
「何だ」
「アメリカへお気をつけて」

次の日の夜8時、約束通り携帯に着信があります。



水遣り24
CR 10/31(水) 20:30:39 No.20071031203039 削除
『2時か。そろそろ帰ってくる頃だな』

仕事の理由で妻が家を開けるのは初めての事です。私はそわそわと
待っています。

「ただいま。ご不自由掛けました」

妻が帰ってきました。妻の顔色は青白く、しかしその中に妖艶と言
っていい程の色気を漂わせています。

「疲れたか? 顔色が良くないな。何かあったのか?」

妻の妖艶さには触れる事が出来ません。 

「初めての出張だったから、気持ちが張っていたのだと思うわ。こ
れお土産」

大阪の銘菓を差し出します。軽くいなされた感じです。それ以上深
く追求する事はありません。

その夜、ベッドで妻を誘いますが、疲れを理由に断られます。これ
以降妻を抱く事は無くなります。私達夫婦は新婚時代からそうでし
た。3ヶ月、4ヶ月とセックスレスになる事がたまにあります。今回
も妻から拒絶されても、妻を疑う事はありません。今思うと妻は不
満を貯めていたのかも知れません。

その後、妻の帰宅は1週間に一度か二度は12時を過ぎ、一週間に一
度は出張の名目で外泊します。それが2ヶ月、3ヶ月続くと、さすが
の私でも疑いだします。しかし妻を問い詰める事が出来ないので
す。私の性格が妻を自由にさせてしまったのです。

ましてや、この3ヶ月で妻の淫靡さは増し、腰は更に張り出した気
がします。本来、これを見ただけでも疑う要素はあるのです。妻の
箪笥の引き出しを覗いてみたい。洗濯籠を探してみたい。男として
のプライドが邪魔をします。今思えば実に不遜なプライドです。

台湾に3泊の予定で出張です。水曜日に出て、土曜日に帰る予定で
す。妻にはその旨伝えてあります。出張先での仕事が予定より早く
終わり金曜日に帰る事になります。妻には伝えません。私が居ない
時に妻が何をしているのか、あるいは家に居ないのか、見てみたい
気持ちがあるのです。それにびっくりさせたい事もあるのです。



水遣り23
CR 10/31(水) 20:18:43 No.20071031201843 削除
その後二人はシャワーを浴び、バスルームで一度、ベッドに戻って
からも数回の性交渉を持ちます。この夜の行為で妻の隠れた性は解
き放たれたのです。夫以外の始めての男とのただ一夜の行為で、私
との行為では見せなかった妻の本当の顔、淫乱性が開花したので
す。

「これからも中に出して欲しいか?」
「はい、いつも」
「そうか、じゃあ自分で考えるんだな」

この時から妻はピルを常用するようになります。

疲れきった妻は顔を佐伯の胸に埋め、足を腰に絡め、手には男根を
握り熟睡するのです。

朝、ホテルのレストランで食事が終わった後、佐伯から昨日のプリ
ント2枚を手渡されます。

「これを渡しておこう」
「写真ですか? 私、こんなもの欲しくありません」

妻にとって見るのもおぞましい写真です。

「君のお守りになるかも知れない」
「えっ、どうしてですか?」
「いや、つまり、俺たちの事がばれた時の免罪符になる」
「・・・・・」
「ご主人に追求された時、見せればいい」

佐伯は過ちを犯しました。妻は佐伯の思い通りになるのです。そん
な写真は用が終われば捨てれば済む事だったのです。重大なミスの
ある写真は妻のバッグに仕舞われます。

佐伯の車で新大阪へ向かいます。車中、妻は佐伯の男根を握り締め
ています。信号で車が停まる度、口づけを交わします。新大阪の駅
舎がもう目の前です。佐伯は駅倉庫の人影の無い、遮蔽された場所
に車を停めます。

「このまま別れるのも名残りが惜しい。口で頼む」

妻は唯々諾々です。妻もそうしたかったのです。佐伯は妻の口に放
出します。口を窄め、竿を扱き最後の一滴まで吸い出すのを忘れま
せん。終わった後、佐伯の男根を自分のハンカチで愛おしそうに拭
うのです。

新幹線はグリーン車を手配してくれています。こんな事でも佐伯の
優しさを感じてしまいます。車中思うのは、佐伯と変わってしまっ
た自分のことばかりです。佐伯に与えられた快感は、夫との20数年
間を一夜に凝縮してもまだ足りません。もう佐伯とは別れられな
い。不思議と夫への背徳感はありません。

東京駅に着きます。疲れてローカル線に乗る気力がありません。タ
クシーで自宅に帰ります。途中眠ったようです。住んでる市内に入
っています。家の近くの通り、いつも買い物もするスーパーが目に
入ります。不思議なものです、新幹線の車中で思わなかった背徳
感、夫への申し訳ない思いが、日常の風景を目にすると一気に湧き
出してきます。





水遣り22
CR 10/29(月) 16:17:44 No.20071029161744 削除
少しすると佐伯の男根は回復します。薬の効果とは言え佐伯もタフ
なのです。

佐伯は立って、男根を指差します。

「今度はこれにお仕えするんだ。したかったらお願いするんだな」

妻はそう言われただけで、目が潤みます。

「はい、お仕えさせて下さい」
「それだけか?」

直ぐ理解します。妻には元々、その素養があったのかも知れませ
ん。

「洋子のオマンコを気持ち良くしてくれた、このおチンポ様にお仕えさせて下さい」
「良く言えたな。よしいいぞ」

男根の前に跪きます。夢中で舐め吸うのです。時々、自分の乳首で
亀頭を擦ります。思わず「あぁ」と声が漏れます。 

「自分が気持ち良くなってどうする」

佐伯の叱責の声が飛びます。本当は妻の悶える姿を見て、佐伯も気
分がいいのです。言葉で甚振りもっと高ぶりを与えたいのです。

妻は後に回ります。尻を割り肛門に舌を差し入れます。勿論夫にし
た事はありません。叱責された事により、佐伯に感じてもらいた
い、その思いが強くなったのです。今の妻は何でも出来ます。自分
の思いを伝えるのに何をしても足りません。肛門を舐め吸います。

「ベッドに行こう」

妻を仰向けに寝かせ、顔に跨ります。男根を口に咥えさせ、腰を振ります。

「出すぞ。全部飲め。一滴も零すな」

精液は妻の喉をしとどに打ちます。吐き気を我慢し精液を口一杯に
受け入れます。目からは涙さえ流れています。苦しいのです。佐伯
はそんな事には斟酌しません。更に最後の一撃を放ちます。妻はそ
れを全て飲み干します、ゴクリ、ゴクリを喉を鳴らしながら最後の
一滴まで体の中に納めます。咥えた男根を口から離します。苦しさ
から解放された妻は思わず小さな溜息をつくのです。もう一度男根
に目を遣ります。

それはまだ硬さを保ち、テラテラと光り、鈴口からは精液の残滓が
覗いています。一滴も残したくありません。佐伯のものは全て残ら
ず、体の中に入れ自分のものにしたいのです。鈴口を指で掬い口に
運びます。それだけでは足りず、亀頭をほうばり、竿を扱きます。
口を窄め吸い出します。最後の一滴まで体に納めやっと妻は満足す
るのです。

さすがの佐伯も驚きます。

『洋子がこんなに淫乱だったとは。嬉しい誤算だな。それにしても
あのオマンコはどうだ。俺の方が溺れそうだ』

正に佐伯は妻に溺れていくのです。 



水遣り21
CR 10/29(月) 16:10:10 No.20071029161010 削除
洋子、それでいいんだ。俺も気持ちが良かった」
「私、嬉しい」

妻から抱きつき口づけをせがみます。一度の性交でこんなにも変わ
るものでしょうか。妻は不思議に思います。妻は元々、そう言う願
望を持っていたのです。男根を口にしたい、精液を飲み干したい。
私が気づかなっかたのです、妻にはそう言う思いは無い、そう思っ
ていたのです。

佐伯は口づけをしながら妻を仰向けにし、男根を膣にあてがいま
す。膣は充分過ぎるほど濡れています。普通ならするっと入る筈で
す。入り口が狭いのです。入りません。ぐっと腰に力を入れ押し込
みます。入り口は狭く、膣壁はそれ自体が生き物のように男根に纏
わりつきます。注挿を数回繰り返します。

『何だこれは、これじゃ俺がもたない。何と言う女だ』

佐伯は納めたものを一旦抜きます。

「どうかしたんですか?」
「いや、洋子のものはあまりにも締まる」
「良くないのですか?」
「その逆だ。ご主人は何も言わないか?」
「いえ、別に何も」

『そうか、ご亭主のは小さいんだ』

妙な納得をします。

不思議そうな顔をする妻を後に、佐伯はバスルームに向かいます。
佐伯は実に多様な薬を持っています。仕事柄手に入れやすいので
す。媚薬は言うに及ばす、精力剤、遅漏薬、精液増量薬。その3個
のカプセルを併せ呑みます。効きだすまで少し時間が掛かります。
時間稼ぎをします。

「さっきは洋子の裸を見せてもらった。今度は俺の裸見せてやる」

佐伯は自分の体に自信があります。ジムで鍛えた体、妻が惚れると
思ったのでしょう。

妻の目の前に裸身を晒します。妻の目は一点に集中します、佐伯の
男根に。薬のせいもあるのでしょうか、それは天を突いています。
夫のものと比べてしまいます。経験は夫と、結婚する前の男性一
人、只二人です。結婚する前の男のものは小さかった気がします。
佐伯のものは夫とものと比べて全体では同じ印象です。只、形が凄
いのです。亀頭が張っています。男根の所々、ごつごつしていま
す。何か作り物のような感じがします。

『こんなもので突かれたら壊れてしまう』

しかし、そんな思いとは別に情欲が込み上げてきます。鈴口からは
先走りが糸を引いています。妻は男根の前に跪き、思わず鈴口に舌
を這わせます。先走りが垂れるのは勿体無い。そんな思いで舐めまわします。 

佐伯は思わず妻を床に転がし、男根を膣に突き立てます。一度入れ
た男根に慣れたのでしょうか、今度はすっと入ります。 深く刺
し、浅く刺し、回転させ、強弱をつけてそれは続きます。

如何程の時間が経ったでしょうか、妻は呻き声をあげます。

「あぁ凄い。こんなの初めて。お願い、ベッドで逝かせて」

妻を抱き上げベッドに運びます、男根と女陰を繋げたままで。口づ
けをしたままベッドに下ろします。 

「もう逝きます」
「俺もだ。中に出してもいいんだな」
「はい、中に下さい」

妻はこの日は安全日です。夥しい量の精液を受け入れます。同時に
口では大量の唾液を飲み込みます。妻は完全に気を遣ります、軽く
失神してしまいます。



水遣り20
CR  10/29(月) 15:28:44 No.20071029152844 削除
佐伯はそっと息を吹きかけ、自分の唾液で濡らした指で摘み、擦り
ます。乳首を愛撫するよりもっと優しくクリトリスの周りを探りま
す。時には舌を使います。感じ出したのでしょうか、唇からは甘い
吐息が、女陰からは愛液が滲み出してきます。夫婦の行為は日常の
もの、冒険は出来ません。不倫は違います。男も女も今までした事
が無いよう行為も試せるのでしょう。ましてや、クリトリスへの愛
撫はごく普通のものです。妻が経験した事がないだけの話しです。

「あぁ、感じます。とても気持ちいいです」
「そうか、それは良かった」

佐伯はクリトリスと膣を集中して責めます。手で擦り、指を差し入
れ捏ね回し、舌で転がし、舐め上げ、舐め下げします。妻はもう限
界です。

「もう逝きます。逝かせて下さい」
「まだ駄目だな。俺の方は何もしてもらってない」

佐伯は体を180度入れ替えて、自分の腰を妻の顔の方にもっていき
ます。佐伯はまだトランクスをつけたままです。妻は下着越しに、
佐伯のものに頬擦りします。トランクスの上から舌で舐めます、咥
えもします。愛おしそうに顔全体で男根に仕えるように何度も何度
も頬擦りします。 まるで、何か欲しい時に猫が主人の足に顔を擦
りつけるよう
に。

しかし、佐伯はそれだけでは不満なのです。素の男根に奉仕させた
いのです。

『普通の女なら誰でもここで、俺のチンポにむしゃぶりつくのだ
が』

佐伯は焦れます。

「どうした俺のチンポはしゃぶれないか?」

自分で下着を脱ぎ、男根を妻の口元に持っていきます。

妻はこれ以上、自分の経験の無さを知られたくはありません。おず
おずと佐伯の男根に舌を這わせます。佐伯は悟ります。

『洋子は初めてだな』

「経験が無いんだな」
「はい、申し訳ありません」
「なにも謝らなくていい」
「でも、こんな歳で恥ずかしいです」

佐伯は歓喜します。

『まさに掌中の珠だ。教育のしがいがあると言うものだ』

「洋子のしたいようにすればいい。これが洋子を気持ち良くしてくれる」

亀頭を口に含め手を上下させます。暫くそうしています。その間も
佐伯の、妻の膣、クリトリスへの責めは止みません。佐伯の責めに
感極まります。裏筋を舐め、亀頭を舐め、鈴口を舐め、玉袋を口に
含み玉を舌で転がします。誰に教えられたものではありません。喜
びを佐伯に伝えたいのです。この男根に仕えたいのです。自然とそ
うなるのです。

「もう駄目です。逝かせて下さい」
「よし、一度逝け」

佐伯は妻のクリトリス、膣への手の動きを早めます。

「あぁ、貴方。俊夫様。逝きます」

妻は佐伯の男根を握り、いや、それは縋り付くと言った方が正しい
でしょう。そして頬擦りし舌を亀頭に纏わりつかせたまま一度目の
絶頂に達します。



水遣り19
CR 10/29(月) 15:16:57 No.20071029151657 削除
佐伯は薄いブランデーを口移しで飲ませます。妻は舌を出しそれを
受けます。ブランデーを飲み下した後も何か催促するように舌を佐
伯の口に預けたままです。 

佐伯は大量の唾液を送り込みます。

『お前は俺の女だ』

と意思表示するが如く。 

妻はそれを飲み干すのです。

『私は貴方のものよ』

と恭順の意を示すが如く。

時には、強く乳房を揉み上げ、叩き、弾き、乳首を引っ張り、捻
り、掻きあげます。時には優しく、掌で乳首を撫ぜ、二本の指で摘
み、軽く息を吹きかけます 舌で舐め上げ、転がし歯で軽く、強く噛みます。

「あぁ、貴方。私は俊夫さんのもの」

妻は呻きにも似た声で、途切れ途切れにこの快感を伝えます。車の
中でのそれ、自宅のバスルームでのそれ、電話で指示された時のそ
れとは比べようもありません。どんな言葉も足りません。

「貴方と言ってくれたか。嬉しいよ。それにしても洋子のオッパイ
は絶品だな。オッパイでこれなら、オマンコならもっと凄い事にな
りそうだな」

佐伯はわざと下卑た言い方をします。その方が女は燃えるのを知っ
ているのです。

佐伯の愛撫は女陰に移ります。

一本の線を開きます。大陰唇に続き小陰唇が現れます。それに続き
膣口も現れます。綺麗なピンク色で、形も崩れてはいません。 

『何と小さいんだ。何と可愛い』 

愛液が大量に湧き出しています。思わずを口を付け吸い上げます。

「うっ」
「どうした?」
「いえ、何でもありません。嬉しいの。私のを飲んで頂いて。」

新婚時代に夫との行為で、断って以来夫はそれを求めてきません。
手で愛撫される事さえ稀な事です。佐伯に何も知らない女だと思わ
れるのが嫌で ”嬉しい”と言ってしまったのです。

今度はクリトリスです。

「ほおーっ」

佐伯は思わず声を上げます。クリトリスは包皮に覆われたままで
す。顔さえ出していません。佐伯は包皮をゆるゆると剥きに掛かり
ます。 

『洋子のここは処女同然だ。楽しみが増えるな』

「あっ、そこは」
「ここがどうかしたか?」
「そこは嫌です。した事がありません。」

クリトリスは嫌なのです。オシッコがしたくなるような、むづかゆ
いような感じがするのです。夫とは一度だけです。自分の感じを伝
えて以来一度もありません。自分が知らない女だと解ってしまって
もいい。それほど嫌なのです。

「駄目だな、そう言う事じゃ。ここが女の一番感じる所だよ。俺が
感じさせてあげる」

佐伯は更に包皮を剥きます。空気にも触れた事がないクリトリスが
現れるのです。





--------------------------------------------------------------------------------


水遣り18
CR 10/29(月) 15:08:12 No.20071029150812 削除
佐伯は思い切り妻の口を吸います。舌を引き出し弄びます。自分の
舌を妻の口に差し入れ口の中を掻き回します。そうしながら佐伯は
妻のバスローブを肌蹴ます。佐伯はバタフライとブラだけの妻の体
をまじまじと見入ります。

『何と言う体だ。これが45才の体か』

妻は中学時代から水泳部に所属し、それは大学まで続きました。国
体にこそ出ませんが、県大会レベルの力を持っています。今でもス
ポーツクラブで鍛錬を欠かしません。 私も水泳をしていました。
妻とは大学対抗で知り合ったのです。40も半ばになり少しは贅肉も
付いてきましたが見事に均整がとれています。

「立ってごらん」

佐伯は命じます。妻は快感の波に飲まれそれどころではありませ
ん。立てないのです。それでもテーブルを頼りによろぼいながら、
ふらふらと立ち上がります。

佐伯は妻の体を凝視します。

ブラに包まれていますが、まだ垂れもせずお椀型の乳房、見事に括
れたウェスト、張り出したヒップ、適度に肉がついた太腿、佐伯は
舌なめずりをするのです。

『こんな女が今に俺の思い通りになる』

佐伯はまだまだ観察するのです。

「そのブラを取って。それにしてもエッチはブラだな、乳首が隠れ
ているだけじゃないか」

言葉でも甚振るのです。

見事に尖がったピンク色の乳首が現れます。

次はショーツです。

「次はそのパンツだ。何と言うパンツだ。俺に抱かれたくて、見せ
たくてしようがなかったんだな。待て、それは俺が脱がしてやる。
こっちに来るんだ」

ソファーに座っている佐伯の直ぐ目の前に妻が来ます。

佐伯はバタフライの紐に手を掛けます。

「何だ、パンツがもうビショビショじゃないか。もう少し我慢しな
さい。後でたっぷり可愛がってやるから」

「足を広げて。パンツが脱がしづらい」

妻が広げた足を、佐伯は更に広げ女陰を観察します。それはすーっ
と一本の線が引かれたようです。大陰唇の膨らみが僅かに解る程度
です。クリトリスも小陰唇もその顔を出していません。

『あまり使っていないようだな。仕込み甲斐があると言うものだ』

「後ろを向きなさい」

妻は後ろを向きます。綺麗に正中腺が窪んでいます。尻の双丘は高
く盛り上がり、それ故、割れ目が深いのです。

『見事な尻だ。叩き甲斐がある』

佐伯は尻の割れ目を開き菊門を観察します。

『綺麗なもんだ。ウンコさえも通った事もないよう穴だな』

佐伯の我慢も限界です。男根からは先走りが雫になって落ちていま
す。妻を抱き上げベッドに運びます。



水遣り17
CR 10/29(月) 15:00:21 No.20071029150021 削除
抱擁された妻は乳首に女陰に快感の疼きが走るのを覚えます。佐伯
にこのまま抱かれたい、でも愛している夫を裏切れない。二つの思
いがせめぎ合います。 

そんな時、佐伯の一言が背中を押します。

「君がご主人の事をそう思っているなら、君も一度だけ同じ事をす
ればいい。気持ちが軽くなるかも知れない」

そんな理屈はありません。しかし妻はこの言葉で夫への気持ちを摩
り替えるのです。

『私が抱かれるのは圭一さんが悪いんだわ』

「シャワーを使わせて下さい」

半日の作業で体は汗に塗れています。このまま抱かれたくはありま
せん。

「そこに予備のバスローブがある。それを使えばいい」

女性用なのでしょう、小さめのものを見つけました。

「何を怪訝な顔をしている。この部屋はキングサイズダブルだ。そ
れ位の用意はある」

妻のそのバスローブを持ってバスロームに入ります。シャワーが終
わった後迷います。持ってきたショーツはバタフライとT-バック、
普通のものはありません。

『やっぱり、こんなものは履けない』

これを身に着けると変わってしまうかも知れないと思うのです。今
までの自分ではなくなってしまうと。しかし、バタフライとT-バッ
ク、これしかないのです。バタフライとそして同色のブラを身に着
けます。何か変わった自分を感じます。口では旨く言えません、淫
靡になったとでも言うのでしょうか。

バスルームを出た妻は、佐伯に手招きされます。佐伯の座っている
二人掛けのソファーの隣に座るようにと。テーブルにはワイン、ブ
ランデー、チョコレートが置かれています。

「まだ9時だ。夜は長い。ゆっくりすればいい」

佐伯は焦る気持ちを自分に言い聞かせるように言います。

妻はチョコレートを摘みにワインを飲みます。半カプセルの媚薬が
入ったワインを。佐伯は何も仕掛けません。暫く世間話をしていま
す。媚薬が効くのを、妻が焦れるのを待っているのです。

妻に話しかける口調が変ります。

「洋子、君は本当に美しい。君のご主人が羨ましい」
「いやっ、主人の事は言わないで」

妻の方から佐伯の首に抱きつくのです。



水遣り16
CR  10/29(月) 14:53:01 No.20071029145301 削除
「何を思案顔しているんだ?」
「いえ、何でもありません」
「僕にも見せてもらえるか?」

佐伯は今初めて見たように話します。

「この男性はご主人だな、一度あったので覚えている。この女性
は?」
「仕事に来て頂いている松下さんです」
「それなら、二人で食事に来たのだろう。君はご主人がよくこのホ
テルで昼飯を食べるって言っていたじゃないか。 何を心配してい
るんだね?」
「でも、3時間は長すぎます」
「その後、打ち合わせか何かあったかも知れない」

自分で仕組んでおきながら、妻を心配しているが如く諭します。

「有り得ません。主人の会社はすぐ近くです。打ち合わせなら会社
へ戻ると思います」
「では何だと思う」

『この人は、松下さんはどうしてこんなに嬉しそうな顔をしているの?』

妻は松下さんに嫉妬しているのです。

「多分・・・・」

夫が外出しない場合、二人は四六時中一緒にいるのです。 

佐伯は又、心優しい上司を演じます。

「コーヒーか紅茶でも飲んで、少し落ち着けばいい。どっちがい
い?」
「はい、では紅茶を頂けますか?」

「こっちの部屋に来なさい」

夫ではない男のホテルのベッドルームに二人きり。 妻には初めて
の経験です。高級な部屋なのでしょう、二人掛けのソファーとテー
ブルを挟んで一人掛けのソファーが二つ。

佐伯は二人掛けのソファーに座るよう妻を手招きします。テーブル
には紅茶。

「気付けに少しブランデーを入れておいた」

入れたのはブランデーだけではありません。カプセルの半分程度の
媚薬も入れています。喉が渇いていたのでしょうか、妻は一気に飲
み干します。

妻は一点を見つめたままです。 佐伯も無言です。

10分くらい経ったでしょうか。

「ここは23階だ。 大阪の夜景でも眺めてはどうかな」

佐伯は妻を窓際に誘います。 ボーっとした頭のまま、窓際に歩み
寄ります。

暫く夜景を眺めています。いつの間にか横に立っている佐伯にも気
がつきません。佐伯は妻の肩を抱き、髪を優しく撫ぜます。 妻は
嫌がりません、いえ、今は誰かに優しくされるのが心地良いので
す。

「ご主人は誠実な人だ。君が考えているような事はないだろう」
「でも、解りません。松下さんがあんなに嬉しそうな顔をしていま
した」

二人が一緒に居た時間より、女の顔の表情が胸をつくのです。

「そんなものか」

ブランデーを飲んで20分、佐伯は気は熟したと思ったのでしょう。
妻の頤に手を添え、自分の方に顔を向け口づけします。唇と唇の合
わせるだけの口づけです。

「私、私」
妻は佐伯に体を預けます。 



水遣り15
CR 10/29(月) 14:29:20 No.20071029142920 削除
佐伯の部屋の前に来て、妻の部屋が隣である事に気付きます。

佐伯の部屋には通常のベッドルームの他に3畳程度の事務スペース
が、独立した部屋として付属しています。廊下側からもベッドルー
ム側からも出入りできます。佐伯の後について廊下側から入りま
す。 

「一通り見るのに30分もかからないだろう。見終わったら、休んで
くれていい。感想は明日の朝食の時間にでも聞かせてくれ」

テーブルを前にし、椅子を並べて二人でPCの画面に見入ります。先
ずはビデオの流れをさあーっと見せます。不自然にならない程度に
なるべく早く進めます。Uホテルを最初に見せるのは如何にも不自
然です。3番目に見せます。問題の場面に来ました。

「あっ、今のところ、もう一度見せて下さい」

佐伯はほくそ笑みます。妻は、私と松下さんがホテルの玄関を出入
りする場面に気がついたのです。

「どの部分かな?」
「ほんの少し前のホテルの玄関の部分です」
「何かあったのか?」
「いえ、少し気になる事があるものですから」

佐伯はビデオを後退させます。

「ここです。ここに夫に良く似た人が映っているんです」

妻は私が松下さんとホテルに入る場面と出てくる場面を佐伯に言い
ます。

佐伯は呟きます。

「女性と一緒のようだな。しかし少し確認しづらいな。」

あまり長くは見せたくありません。オリジナルビデオの時間の改竄
は出来ません。長く見させて、妻に本当の時間を知らせたくないの
です。佐伯は妻にわざと小さな画面で見せています。 

「このPCのソフトではこれ以上画面を大きく出来ない。拡大プリン
トしてみよう」

本当はそんな事はありません。見たい部分を幾らでも拡大できま
す。撮影したビデオは業務用です。解像度は高く、拡大しても画面
は鮮明な筈です。PCの知識の無い妻は簡単に信じてしまいます。

これ以上画面を見せたくない佐伯は、PCを別の場所に移し、妻から
は見えないようにプリンターをセットします。以前用意した改竄プ
リントをあたかも今プリントしたように妻の目の前のテーブルに並
べます。2枚で充分です。11:32のものと14:23のもの。

『間違い無いわ。夫と松下さんだわ。11時32分に入って14時23分に
出てきている』

妻は長い間写真を見つめています。3時間の間何をしているのか、
食事にしては長すぎる、打ち合わせをわざわざホテルですることも
ない。妻の考えはある一点に凝縮されるのです。



水遣り14
CR 10/28(日) 21:53:53 No.20071028215353 削除
翌日、妻は少し昨日買った少し派手目の普通のショーツを身につけ
て出掛けます。 T-バックとバタフライ、同色のブラジャーは鞄に
しのばせてあります。迷った挙句持ってい行く事にしたのです。

妻は9:00の新幹線で新大阪に向かいます。新大阪駅には現地のス
タッフが迎えで待っています。スタッフの方は二人、二人とも女性
で何となく安心します。現場は二つあります。高槻と京都です。 
12:30ピックアップしてもらって車で最初の現場、京都に向かいま
す。最初の現場が京都なら、どうして京都で迎えてくれなっかたの
でしょう、不思議に思います。佐伯の時間稼ぎなのです。妻を日帰
りで返したくないのです。車中、スタッフが説明します。
 
「本当は高槻の方を先にして、京都から帰ってもらいたかったので
すが、先方の都合で変則になりました」

そう言われれば納得するしかありません。

両方の現場とも農地として申し分ありません。肥沃な土地である事
が一目で解ります。契約農家の方と農地管理方針を話し、念の為、
土を瓶に詰めてもらいます。両方の現場には佐伯の姿がありませ
ん。高槻の現場が終わったのが、6時半。急げば7時半の新幹線に間
に合います。 

スタッフの方が話し掛けてきます。

「お疲れになったでしょう。今日はお泊りになられたら? 何れに
しても大阪方面に向かいますので、お考えになっておいて下さい」

今日は立ち仕事、土いじりが多く、疲れもし体中が埃っぽく気持ち
が悪いのです。7時半の電車に乗れたとしても、ローカル線を乗り
継いで帰宅するのは12時を過ぎるでしょう。泊まる事にしました。
スタッフの方が携帯電話でホテルの手配をしています。

「ホテルはOKです。佐伯部長が夕食を一緒にとお待ちになっていま
す。私達もご一緒させて下さい」

彼女達も一緒で安心して夕食を頂くことになります。妻が泊まるホ
テルは佐伯が常宿にしているシティーホテル。佐伯と女性スタッフ
2名がホテルレストランで待っています。チェックインを済ませた
だけでバッグを持ったままレストランに向かいます。

夕食が終わり彼女達が帰った後、食後のコーヒーを飲みながら佐伯
は妻に話しかけます。

「君の目で見てもらって良かった。さすが農学修士さんだ」

必要のないところで妻を持ち上げます。妻の気を引きたいのです。

「ところで、君に見てもらいたいものがある」

あくまで、仕事口調です。

「駅前通りにアンテナショップの建設計画があるのは、君も知って
いるな。建設場所を決めるのに駅前近辺の人の流れを調査した。君
にもそれを見てもらい、意見を聞かせて欲しい」
「私、そんなもの見せ頂いても何も解らないと思います。素人ですし」
「分析意見は専門家から勿論聞く。君は良い農産物を供給する側の
立場でもあるし、主婦として購買側の立場でもある訳だ。貴重な意
見になる筈だ」

佐伯の理論は間違ってはいません。妻は押し切られた形で納得しま
す。

「解りました。申し訳ないですが、なるべく短時間で済ませて下さい」
「勿論そうする。君の意見は直ぐでなくていい。後日聞かせてくれ
ればいい」
「それで、どちらで?」
「僕の部屋には事務室が付属している。そこにPCと資料ファイルが
ある」

妻は事務口調に安心して、佐伯について行きます。



水遣り13
CR  10/27(土) 16:58:36 No.20071027165836 削除
その日の夜、帰ってきた私を待ち構えていたように、妻は話しかけ
てきます。

「今度の金曜日、大阪に出張なの。すみませんが、良いですか?」
「良いですかって、決まっているんだろう。でも出張は3ヶ月くら
いからって、言ってたんじゃないか?」
「それが大阪センターの方で、こちらサイドでも農地の土壌を見る
目のある人に来て欲しいのですって」
「君が見たくらいで解るのか?」
「それくらい見る目はある積もりです」
「日帰りなのか?」
「なるべく日帰りですむようにしてくれるみたいです。でも無理な
場合は泊まっていいですか?」
「まあ仕方がないか。僕もどうせ金曜日は遅いし。あまり気にせず
に頑張ってくればいい。初出張だしな」

私は気持ち良く了承します。妻の力が認められ嬉しくない訳があり
ません。妻も心持張り切っているようです。

木曜日の退社時間間際になって、妻は一つの事が気になりだしま
す。

『私、ショーツは普通のしか持っていない』

妻の下着は本当に地味です。今時の女子高生でも履かないでしょ
う。妻は有り得ない事、有ってはならない事を考えてしまうので
す。もし万が一、部長とそんな事になってしまったら、今の下着で
は恥ずかしいと思ってしまうのです。何と言う事を考えているの
か、妻は自分の思いを打ち消すのですが、思いはぐるぐる回りま
す。

考えがつかないまま、退社時間になり車を家へと走らせます。途中
にランジェリーショップがあります。

『やっぱり買って行こう。普段履くわ。圭一さんの驚く顔も見たし
し』

自分に言い訳をつくってショップに入ります。セクシーなショーツ
を選ぶのは初めてです。T-バック、紐パン、透けて見えるようなも
の、真ん中に穴があいているもの、とても自分が履けるものではあ
りません。しかし妻は思うのです。こんなの履いて男に見られたら
どう感じるのでしょうと。相手は夫なのか佐伯なのかは別の事で
す。

結局、妻は4枚のショーツを買います。2枚は少し派手目の普通のも
の、1枚はT-バック、そしてもう1枚はデルタ部分が隠れるだけの腰
の部分で紐で結ぶバタフライ。お揃いの色のブラジャーも買うので
す。



水遣り12
CR 10/27(土) 16:37:02 No.20071027163702 削除
佐伯は若干焦ります。

オマンコの言葉で引いてしまった妻。その後携帯に電話しても妻は
出ません。仕事では無いので会社の電話で叱責するわけにもいきま
せん。更に佐伯に追討ちが掛かります。出張が建設工期の遅れ等で
半月位延びそうなのです。1週間や10日に一度位は本社に業務目的
として帰る事は出来ます。土曜日、日曜日にもそれは出来ます。 
体の関係が出来てからならともかくそんな時に妻を連れ出す事はい
くら何でも出来ません。

これから3週間余りも我慢出来ない。佐伯は思案します。

『宮下は週に2、3回は駅前のホテルで昼飯を取る。女性社員を一人
雇った』

今、本社では本社所在の駅の近くにアンテナショップを創る計画が
あるのに気がつきます。人の流れを掴む為、周辺をビデオ、デジカ
メで長時間撮影しなければなりません。もう撮影は始まっていま
す。

『これは使えるな』

本社に確認すると、ホテルの出入口もその対象になっています。全
ての対象の重点時間は10時から2時までと5時から7時となっていま
す。一週間の連続です。その作業も明日で終わります。佐伯はその
記録を大阪の自分のホテルに送らせる手配をします。誰も疑問に思
いません。大阪の新センターの参考にする、その一言ですむ事で
す。只、ホテルの分だけで良いとはさすがに言えません。

10数本のUSBメモリーが送られてきます。記憶容量は16GB、10数本
で300時間分以上の画面が記録されているでしょう。勿論すべて見
るつもりはありません。ちゃんと仕分けされています。対象別、曜
日別、時間別と。その中から、Uホテルと書かれている平日のもの
を見ます。佐伯は私と一度会っています。妻とホテルで食事してい
る時に、居合わせた佐伯を見つけた妻が紹介したのです。佐伯は月
曜日から順番に見ていきます。簡単に見つけました。火曜日に松下
さんを連れて食事に行ったのです。 

ホテルに入った時のもの、出てきた時のもの、数枚自分のラップト
ップパソコンに移動させてます。

『宮下も女性の顔もはっきり写ってるな。それにしても嬉しそうな
顔をしてるな、この女は。お誂え向きだ。入った時間は11:57、出
た時間は12:38か。随分早いな。まあ良い。時間は何とでもなる』

パソコンの知識がある者なら時間を改竄するくらい訳も無い事で
す。日時の部分を切り取って、新しく訂正したものを背景を合わせ
て貼り付ければいいのです。法定資料にする訳ではありません。知
識の無い妻を騙すくらい簡単なものです。こうして時間は入った時
間11:32、出た時間14:23と書き換えられます。綺麗にプリントし
て、鞄に仕舞います。

しかし、業務に託けて本社に帰ったときに妻に見せるのではどうも
不自然です。妻を大阪に出張させ、それとなく妻に見せる。妻が受
けるかどうか賭けてみる事にしたのです。

本社から電話です。

「宮下さんを出張に行かせる事になりました」
「そうか」





--------------------------------------------------------------------------------


水遣り11 
CR 10/26(金) 17:37:37 No.20071026173737 削除
オマンコと聞いて妻の気持ちは引きます。快感の波が引潮のように
引いて無くなってしまったのです。先日、佐伯と別れた後のバスル
ームでは出来たのです。佐伯の名を呼びながら達したのです。電話
でとは言え、今回は佐伯と繋がっていました。繋がって女陰を触
る、夫への背信の思いを呼び起こしたのでしょうか。背信への思い
が媚薬の効果と快感を凌駕しました。急に疲れに襲われシャワーも
浴びず、着替えただけでベッドで眠ります。帰ってきた夫にも気が

付きません。

「どうした。疲れたか?」
「ええ、少し熱があるみたいで」

夫の掌が額に触ります。冷たい感触がぼーっとした頭にとても気持
ちいいのです。自然と涙が浮かびます。

「涙なんか、流してどうしたんだ」
「嬉しくって」
「飯は食べたのか? お粥でも作ってあげよう」
「はい」

『妻はどうしたんだろう? 正社員になってから少し様子が変わっ
た。疲れが溜まっているだけならいいんだが』

私は物事をあまり深く考えない性質です。仕事でも処理する事、考
える事が多く時間が足りません。深く考えないで旨く物事が運ぶ
ケースの方が多いのですが、勿論失敗した事もあります。表面化し
てから考える私の性格が災いしてしまいます。

『私が愛しているのは夫だけなのに。佐伯の声を聞くと変になってしまう』

妻はこの時から佐伯の電話に出ない決心をします。

翌々週の火曜日の事です。課長に声を掛けられます。

「少し早いが出張に出て欲しい。宮下さんが一番適任なんだ」
「部長からは3ヶ月後くらい経ってからだと聞いていますが。私で
なくては駄目なんですか?」
「農産物関係なんだ。土壌も見て欲しい。大きなプロジェクトだか
ら君のような専門家の目が欲しい。社命だと思って欲しい」

社命とあらば仕方ありません。妻は出張を受けます。

「解りました。何日ですか?」
「今週の金曜日だ。」
「随分急ですね。それで何処へ?」

出張先は大阪です。

「大阪だ。君も知っての通り西日本の拠点になる一大センターを建
設中だ。その核の一つが関西地区の農産物だ」

大阪と聞いて妻は不安にもなるのですが、会社に期待されていると
言う気持ちのほうが上回っています。



水遣り10
CR 10/26(金) 15:49:46 No.20071026154946 削除
妻は自分でも快感の源泉が何なのか解らないのです。佐伯に与えら
れたものだと信じてしまいます。

「苦しいです。もう、もう逝かせて下さい」
「そうか、じゃあ一度逝きなさい。」
「あぁ、有難う御座います。俊夫さん、好きです。あぁ、今逝きま
す」

又、乳房だけで逝ってしまいました。思わず好きですと言ってしま
いました。快感を与えてくれる相手に自分の感情を伝えるのがもど
かしいのです。相手は遠く離れています。それには言葉しかありま
せん。好きです、気持ちいいです、逝きます。そんな言葉をならべ
ても、まだまだ伝え切れません。

佐伯は驚きます。

『乳房だけで逝ってしまうとは、膣を使えばどうなるのだろう
か?』

経験豊富な佐伯にも妻のように敏感な女は想像がつかないのです。
一日でも早くこの女を抱いてみたい。そう思うのです。

「良かったようだな」
「はい、俊夫さんに聞いてて頂いて、とても・・・」

その後は言葉になりません。

「今度はオマンコを慰めてあげようか。オマンコに手を添えて。」

オマンコと聞いて妻は怯みます。

「出来ません。許してください」
「どうしてもか?」
「はい、堪忍して下さい」
「解った。妻と離婚して5年になる。ずっと禁欲生活みたいなもの
だ。僕も寂しかった。無理を言ってすまない」

電話はここで終わります。

『ここで無理をする事は無い。ここで嫌われては元も子もない』

百戦錬磨の佐伯です。次の手を考えようとします。

ダブルベッドに寝ている佐伯の横から女の声が掛かります。北新地
の女です。大阪に来るとホテルに呼んでいます。

「貴方も酷い人ね。女が横に居るのに、別の女に電話でオナニーさ
せるなんて」
「お前とは別次元の人だよ。全然違う」
「オマンコがどうのとか言ってたけど?」
「オッパイでは感じたんだがね、アソコは触りたくないらしい」
「ふーん、変なの。もう彼女とは寝たの」
「貞淑な人妻だよ。そんな簡単には行かない」
「そお、多分ね、彼女、ご亭主に操を立てているのよ」
「オッパイで感じて、今更操でもないだろう」
「女心はそんな単純じゃありません。それを取ってあげればいいの
よ」
「ふうん、そんなものか」
「そんな事より早く」



水遣り9
CR 10/26(金) 15:42:02 No.20071026154202 削除
「それを食べて感想を聞かせて欲しい」
「今ですか?」
「そうだ。蜜も残さずに頼む」

蜜も飲み干すと少し薬品臭さが残ります。

「どうだ、旨いか?」
「うーん、正直言っていいですか?」
「それが一番有難い」
「スーパーで売っている物の方が美味しい気がします」

その時、佐伯の電話の向こうから、ホテルの館内電話の呼出音が聞
こえます。

「悪い、お客さんが来たようだ。又後で電話する」
「遅くまで大変ですね。お待ちしています」

館内電話は佐伯がフロントに頼んでおいたものです。この時間に電
話するようにと。

媚薬が効き出すまでそれ相応の時間が掛かるのです。目安は飲んで
から30分位でしょうか。

妻は佐伯の電話を待っています。佐伯が妻の体を媚薬に馴染ませる
為に仕組んだとも知らずに。暫くすると動悸が早くなってきます。
そして、乳首が微かに疼き、女陰が熱くなるのが解ります。

丁度30分後、携帯が着信を知らせます。

「はい、洋子です」
「君の顔が見たい。これからはテレビ電話モードにしてくれない
か」
「解りました」
「どうかしたのか? 息が荒いようだ」

媚薬が効いているのが解ったようです。

「ええ、何か体が熱くって苦しんです。」
「それはいけない。 胸をさすってごらん」

妻は胸をさすります。手が乳首に触れたときふっと快感が走りま
す。

「うっ」
「どうした」
「何でもありません。」

思わず漏れた声を佐伯に聞かれ恥ずかしいのです。

「楽になるまでさすればいい。僕が聞いててあげるよ、洋子」

洋子と呼ばれ触発されます。T-シャツを脱ぐと、ブラジャーを着け
ていない乳房がこぼれます。片手で乳房を揉みしだき、乳首を捻り
あげ、爪で掻きあげます。もう一方の手は電話を掴んでいます。

「あぁ、俊夫さん、気持ちがいいんです」

快感を与えてくれる佐伯に伝えずにはいられません。

「両手を使ってごらん。電話はテーブルに置いて、口を近いづけれ
ばいい」

命令されているのです。妻は言われた通り両手で乳房、乳首を愛撫
します。

「気持ちいいか、洋子」
「はい、逝きそうです。逝っていいですか」
「早すぎる。まだ駄目だな。それに洋子はオッパイだけで感じるの
か?」
「いいえ、こんな事は部長さん、いえ俊夫さんが初めてです」

喘ぎ、喘ぎ妻は答えます。

実際、自分の乳房への愛撫が始まってからものの5分も経っていま
せん。



水遣り8
CR 10/25(木) 22:18:33 No.20071025221833 削除
直ぐ電話に出ますと言ってから、佐伯は一日に一度は必ず電話をして来ます。決まって6時頃です。この時間なら夫は未だ帰宅していないと考えての事でしょう。内容は他愛のない事ばかりです。

話の内容は妻の身近な事が多いようです。夫の仕事が忙しくなり38歳の女性を一人雇うようになった事。その女性が来週火曜日から出社予定である事。夫の昼食はコンビニで買った弁当かUホテルのレストランで取り、それは隔日の周期である事等です。佐伯が妻の辺を探りたく、それとなく聞き出した結果でしょう。それがとんでもない事になるとは妻は知る筈がありません。

今日は金曜日、7時になっても電話はありません。不思議なもので電話がないと寂しさが湧いてきます。何かあったのかとも思います。8時を少しまわった頃です。
着信マナーがズボンのポケットで震えます。発信が途切れない様にと慌てて出ます。

「洋子です」

何故、洋子と答えたのか解りません。待っていた電話に思わずそう言ってしまったのです。徐々に佐伯に感化されているのです。

「嬉しいな。洋子と言ってくれたね。これからも洋子と呼ぶよ」
「はい」
「ところで僕の事を何と呼んでくれる。部長さんじゃいかにも味気ない。」
「何とお呼びすれば?」
「ご主人の事は何と呼んでる?」
「貴方です」
「そうか貴方か。僕も貴方と呼んで欲しい」
「貴方ですか?」

一度快感を与えてくれた相手とは言え、”貴方”では違和感があります。逡巡します。貴方では夫を裏切っている様な気になるのでしょうか。もう既に裏切っている事に気がつきません。

「貴方は無理か。ご主人と間違ってしまうものな。俊夫でいいか。”貴方”は呼べる時が来たらでいい」

呼べる時とは何を意味するのか、妻は考える間もなく答えます。

「はい。俊夫さん」
「ところで洋子、君宛に小包を送ったのだが」
「今日夕方受け取りました」
 
夕方着く様に佐伯が送ったのです。妻に開けるよう指示します。

「葡萄の瓶詰めですか?」
「高級葡萄を何時でも食べれるように瓶詰めにしてもらった。缶詰は缶の匂いが残りそうで嫌なんだ。旨ければ店で扱おうと思っている」
「それがどうして私に?」
「君は農学部の修士だ。君の意見を真っ先に聞きたい」

こんな時には君と呼びます。仕事と私事を使い分けします。

妻が正社員になれたのは、院を出ている事に負うところが大きいのです。妻の会社はこれから農産物を大きく扱おうとしています。人事部でも修士が評価されました。以前から妻を正社員にとの声はあったのです。それを妻は佐伯のお陰だと勘違いしています。

葡萄の瓶詰めを扱う計画があるのか、どうかは解りません。只、佐伯が送った瓶詰めは佐伯自身が瓶詰めしたものです、媚薬を溶け込ませて。

梱包を開けると大きめの葡萄が3粒入った瓶が出てきます。蓋には丁寧にビニールテープが貼ってあります。蜜が大目に入っています。



水遣り7
CR 10/25(木) 22:04:19 No.20071025220419 削除
次の週の土曜日の朝、夫は午前中出勤です。出勤と言っても自分一人の会社です。先週忙しかったらしく、整理をしに出かけただけです。

佐伯から渡された携帯に着信があるのに気がつきます。会社を出れば、マナーモードにしておくように言われています。発信者はTS、佐伯のイニシャルです。着信時間は昨晩の11時になっています。 

『何かしら?』

休み前のしかも遅い時間に用もない筈なのにと思いながらも、発信します。

「佐伯だ」
「宮下です。昨晩は電話を頂いたのに気がつかなくて申し訳ありません」
「なにも誤ることはない。あんな遅い時間に電話した僕の方がいけない」
「済みません。何かご用ではなかったのですか?」
「いや、用は何もない。ただ、昨日こちらで良い話があったので、君に真っ先に聞いてもらいたかった」
「私なんかにですか?」
「君にだからだよ。女房がいれば、女房になんだろうが、生憎僕にはそう言う女性は居ない」

佐伯は5年前に離婚しています。離婚の理由は知りません。 

頼れる上司からそう言われれば、悪い気はしません。

「お仕事うまく行ってるのですね。良かったですね」
「君にそう言ってもらえると、本当に嬉しいよ」
「昨晩は寝不足なんだ。君から電話がいつ来るかと待っていたんだ。少々、辛かった」
「これからは直ぐ出れる様にします」

就業時間外の、しかも社用でもない話、そんな電話に本来直ぐ出る必要はないのです。しかし、正社員してもらったと恩を感じています。直ぐ出なければと思ってしまうのです。妻は佐伯の仕掛けた罠に又一つ自分から嵌まってしまいます。この時から妻は佐伯の携帯
を肌身離さず持ち歩くようになります。

自分の携帯に着信音がなります。

「はい」

思わず、部長と言うところでした。

電話は夫からです。 

「洋子、昼飯の支度は終わったのか?」

佐伯との電話の後暫くぼうっとしていました。 食事の支度どころではありません。

「いいえ、まだです」
「そうか、それでは外で済まそう。これから帰るから」

「ただいま、食事に行こうか」
「どう言う風の吹き回しですか、お昼を外でなんて」
「うん、仕事の延長の積もりで君に聞いてもらいたい事がある。
それには外の方が良いと思ってね」

私は妻とUホテルと言う割と大きなビジネスホテルで食事をします。洒落たレストランが併設されています。

「また一つ良い話が纏まった。台湾の新しいメーカーの日本代理人になれそうだ。営業的な事は僕一人で大丈夫だが、処理とか書類の整理とかちょっと手に負えなくなりそうだ。それに経理もそろそろ中でやりたい」
「新しいお仕事がまた出来たのですか。良かったですね」

今経理処理は定期的に税理士さんを頼んでいます。この機会に書類、帳簿の整理を含め経理も任せる人を一人雇おうと考えているのです。それを妻にと思っています。

「一人雇おうと思っているのだが、どうだろう、君がやってくれないか。そうすれば、外に金が出ないし、君とずっと一緒に居られる」
「どれ位お給料払う積もりなんですか?」
「うーん、月10万円位かな。そんなに忙しい訳でもないし、パートで良いと思っている。」
「経理もでしょう? 10万円じゃ無理よ。誰も来ないと思います」
「そうか、でも君なら大丈夫だろ10万円でも」
「私は経理の知識もないし、それに今の所を辞めればその差は大きすぎます」
「経理は少し勉強すれば慣れるさ、そんなに処理件数は多くないから。15万円ならどうだ」
「大差ないわ。今のお仕事も面白くなってきたし辞めたくないの。もう少し頑張れって言ってくれたじゃない。とにかく一日でも早く自分の家が欲しいの」

家の事を出されれば、それ以上反論出来ません。結局、妻に押し切られます。

次の週、二人の女性と面接します。32歳と38歳の方、二人共独身です。余り若い方はどうかと思い38歳の方を採用します。 松下由美子さんと言います



水遣り6
CR 10/24(水) 22:08:41 No.20071024220841 削除
『勝手な人。私を置いていって。もう少しだったのに』

考えずとも、妻は私と佐伯の愛撫を比べてしまいます。

佐伯には乳首を愛撫されただけで達してしまう。乳首がこんなに感じるとは思ってもいなかったのです。夫のそれは雀が啄ばむ程度にしか感じません。佐伯の接吻はストレートグラス一杯にも余る量の唾液を流し込まれ、全身に疼きを走らせたのです。舌と舌を絡み合わせ、痺れるほど思い切り吸われ、長い舌を差し込まれた時は脳を焼かれる思いでした。佐伯の唾液、長い舌は、その経験が無い妻にとっては、ザーメン、男根に匹敵、いやそれ以上のものだったのです。夫とのそれはただ唇と唇を、舌と舌を合わせるだけです。勿論、唾液を飲んだ事もありません。 愛する人との人との行為はそれでも快感をもたらします。しかし、佐伯の行為は次元が違います。妻のメスの本能を掘り起こすのです。

夫に対し酷い事をしてしまった、すまないと言う思いはあります。しかし、まだ抱かれた訳ではありません。そんな思いより、佐伯に植えつけられた快感の残滓の方がはるかに大きいのです。たった一度、口を吸われ、乳首を愛撫されただけでこんなにも変わってしまった。もし佐伯に抱かれたら、またどう変わっていくのでしょうか? 

『佐伯に抱かれてみたい』

佐伯のまだ見ぬ男根に思いを馳せてしまうのです。

明くる朝、目覚めて暫くすると昨夜の事が蘇ってきます。あれが現実の事だとは信じられません。初めての食事で唇と乳房への愛撫を許してしまった、それも会社の上司にです。自分がそんな事をする女だったとはとても信じられません。今考えれば、代行の件にしても、何故断らずに佐伯の車に同乗してしまったのか、普段の自分からは想像も出来ない事です。夫に抱かれた後、佐伯と比較してしまった事、佐伯を思い描いてしまった事、そんな自分を恥じ入ります。

媚薬を使われたとは知る由もありません。何も知らない人が媚薬を使われても大した効果はない様です。その状況と”媚薬を飲んだ”と言う本人の意識が効果を高めるのです。妻の場合は ”媚薬を飲んだ”意識はなくとも、最高級の料亭の個室での食事、佐伯による体へのタッチ、その後のリムジンでの帰宅、それも頼れる上司と二人きりです。どんな女でも気分が高揚し何がしかの期待感も生まれるでしょう。佐伯の接吻がトリガーになり後は頂まで駆け上るだけだったのです。

媚薬の体への効果は3時間程度のものです。精神の高ぶりはもう少し続くようです。しかし、精神への影響も無くなった今、妻は激しく後悔し、夫の顔を見る事もできません。

その日の朝食が終わった後、二人でコーヒーを飲んでいます。妻が淹れたコーヒーはいつもの休みの朝と同じ様に、変わらぬ朝の寛ぎを与えてくれます。

「洋子、今日は何か用事はあるか?」
「いいえ、有りません。何か?」
「うん、付合って欲しい所がある」

二人は車で出掛けます。県立公園です。公園の中にグリーンセンターの建屋があり、その中に入ります。

「ネットで検索していたら、花の無料展示スペースが出ていたんだよ。この建屋の中にあるらしい」

この公園は県下でも大きな公園で、近い事もあり二人で時々遊びに来ます。グリーンセンターの中に入った事もあります。以前はそういうスペースは無かったのですが、つい最近、中の一部を開放したようです。

「あら、ここが展示スペースだわ。 バラが沢山出ているわ」

今は遅咲き薔薇のシーズンです。 薔薇の鉢には出品者の名札が貼ってあります。床に直置きしてあるもの、テーブル上に飾られてあるもの色々あります。 

案内パンフレットを読んでみます。

「うーん、ここは一人5鉢まで、って書いてあるな」
「5鉢じゃ少なすぎるわ。20位あるわ、見てもらいたいなぁと思う鉢は」
「タダなんだから、あまり無理を言ってもしょうがない気がするが。もう一か所探しておいたから、そこへ行ってみよう」
「嬉しい。私の為に探してくれたの?」
「そうだ。僕の頭の中は何時も洋子の事で一杯だ」
「まぁ、そんな事を言って」

冗談めかした事を言っても妻は嬉しいのです。朝、出かける時は沈んでいた顔が明るく笑っています。次の場所は大きな民家に手を入れて展示館として市が管理しているものです。20畳位のスペースを1週間貸してもらえます。しかも無料です。予約は2か月前から早い者勝ちです。管理人の方から上手い予約の方法を教えて頂きました。予約は問題ないでしょう。

「ここが良いわ。ここに決めた、貴方、有難う」

帰途、クリスマスローズの素晴らしさを延々と私に話して聞かせます。本当に嬉しそうです。

帰ると妻はクリスマスローズの鉢一つ一つに話しかけています。

「貴方達、展示会に出してあげるからね。 一生懸命、水遣りするからきれいにお花を咲かせてね」

それから1週間は何事も無く過ぎて行きます。



水遣り5
CR 10/24(水) 21:45:31 No.20071024214531 削除
金曜日の夜はほぼ毎週、得意先と懇談を兼ねた食事会です。本当
は早く帰りたいのです。たまには金曜日の夜、妻とゆったりと過
ごしたいのです。自然と帰り足が早くなります。
 
「只今」
「貴方、お帰りなさい。お疲れ様でした。お風呂にしますか?」
「そうしてくれ。飯はいい。客と食べてきた」

仕事から帰れば先ず風呂です。妻と過ごす時は清潔でいたい、そう
言う気持ちがあるからかも知れません。妻は常に私の後です。結婚
して以来の習慣です。

バスルームに入ります。

『うん?』

タイルが、誰かが風呂を使った後の様に濡れています。一瞬、女臭の様なものを嗅いだ気がしましたが、石鹸の強い匂いに紛れてしま
います。

『気のせいか』

「洋子、お風呂使ったか?」
「はい、今日棚卸しのお手伝いで汗をかいたの。先に使って御免なさい」

私の何気ない言葉に妻の表情が変わります。小さな事でも嘘が嫌いな妻です。嘘をつくのが辛いのでしょう。私はその嘘が気づきませ
ん。

「いや、良いんだ。タイルが濡れていて気になっただけだから」

妻はその話題から逃げたいのでしょう、話を逸らします。

「貴方、ビールにしますか、それともウィスキー?」
「今日はワインが飲みたい。ワインにしてくれないか」

妻は目を伏せます。

「はい、解りました」

ワインの言葉で佐伯を思い出したのでしょうか、顔が朱色に染まり
ます。鈍感な私にも妻の様子の変化が解ります。ふっと物思いに沈
んだ顔の中に、いつも以上の色気を漂わせています。

「顔が赤いが、どうかしたか?」
「棚卸しで疲れたみたい。でも大丈夫です。私もワイン頂こうかし
ら」

私にこれ以上詮索されたくないのでしょう。顔の赤みをワインで相
殺させます。

私は性への欲求は強い方ではありません。いや、妻がセックスに興
味が無いものと思い込み自分の衝動を抑えているだけかも知れませ
ん。しかし今日の妻の表情を見ていると抱きたい衝動が湧いてきま
す。 

妻を寝室に誘います。 

「おいで」
「疲れてるの。その気になれないわ」

私のベッドに体を横たえたものの、やんわり拒絶します。ほんの1
時間ほど前に4度も5度も達した体です。後には何も残っていないのでしょう。

それでも強引に口を吸い、乳房を愛撫します。少しは感じたのでしょうか、妻の口から甘い香りが漂ってきます。妻は感じ始めると甘
い吐息を漏らすのです。膣の中に自分の物を収めると何か違う感じ
がします。いつもより熱く、少し緩い感じがします。愛液も多い様です。しかも、いつもは私の背中を抱く妻の腕がありません。だら
りとベッドの上に伸びたままです。10数分かの結合の後、妻の膣に
精を放ちます。妻は達していない様です。今時の高校生ならもう少
しましな事をするでしょう。自分でも随分稚拙だと思う時がありま
す。

『妻は達していなかった。どうして背中を抱かなかったのだろ
う?』

ふと疑問が湧きますが、仕事の疲れから睡魔に襲われ直ぐに眠って
しまいます。 

自分のベッドに戻った妻は眠った私の横で冴え冴えとしています。





--------------------------------------------------------------------------------


水遣り4
CR 10/23(火) 22:07:28 No.20071023220728 削除
乗ってみると後部座席は密室になるのが解ります。会議も出来るスペースです。運転席からは完全に遮断されています。クーラーボックスも付いています。A亭から自宅へは20分位の道程でしょうか。妻は安心しきっています。酔いが手伝い、シートにもたれ目を閉じ、少し頭を佐伯の方に傾げています。

妻は眠ってはいません、又眠れる状態ではありません。密室にお互い悪く思っていない、しかも酔った二人だけが居ます。妻は何かを期待しているのかも知れません。どれ程走ったでしょうか、佐伯が突然、妻に接吻をします。佐伯の胸を手で押します。ほんの小さな力です、形だけの抵抗は佐伯に悟られてしまいます。「いやっ」と言う声も佐伯の唇に塞がれ吐息に変わります。

妻の小さな唇の形が変わるほど吸われ、佐伯の舌が妻の舌を誘い出します。 初めはおずおずと舌を預けます。舌を舐め合っているうちに自分を忘れてしまうのです。妻の舌を十分味わった佐伯は唾液を流し込みます、それも大量に。妻はゴクリと喉を鳴らし飲み下します。食道を通り胃の腑へと流れ落ちていきます、それは乳首と女陰に電撃を放つのです。乳首は硬く尖り、女陰は濡れそぼります。佐伯の手はブラウスのボタンを外し、ブラジャーの下にある乳首を捉えます。掌でさわさわとこすり上げ、親指と人差し指で摘み捻ります。ワインを口移しで飲ませ舌と舌を絡めながら、それは強弱をつけて続きます。苦しくなったのでしょうか、溜息と共に顔が離れます。佐伯はブラジャーを取り乳首を口に含みます。舌で転がし甘噛みします。妻はもう忘我の境地です。顔を佐伯の肩に預け、半開きの口からは甘い善がり声と共に「あぁ部長さん」と声が漏れるのです。妻は乳房への愛撫だけで達してしまったのです。

突然の佐伯の声に、妻は我に帰ります。

「宮下さん、そろそろ君の家だ」

山の頂から麓に下ろされた様な気分です。何と答えて良いのか解りません。

「少し手前で降りたほうが良いだろう。人の目があってはいけない」
「はい、そうします」

妻はこれも佐伯の心使いだと受け取ります。

「僕は来週月曜日から一ヶ月位本社を留守にする。大阪支社の立ち上げがいよいよ本番だ。留守中は宜しく頼む」

出張は以前から決まっていた事です。佐伯は、妻に男としての印象を残す為に食事をわざわざ今日にしたのです。 

『洋子はもう落ちたな。完全に俺の女にしてやる』

「部長、今日はご馳走様でした」

車を見送り家に向かいます。100メートルばかりの距離をどんな風に歩いたのか覚えていません。はずれたブラジャーはハンドバッグの中です。一歩送る度、佐伯に愛撫され敏感になった乳首がブラウスに擦れ先程の快感を呼び起こします。しとどに濡れた女陰は歩く度にくちゅくちゅと音を立てているようです。

玄関が見えると一気に現実に戻ります。居間の灯りが点いていません。夫は未だ帰宅してないのです。ほっとしました。シャワーを使います。シャワーの飛沫が乳首にかかり快感を弾き出します。女陰からは止めどもなく愛液が流れ出します。 

『どうしてしまったのでしょう私の体は?』 

この体の変化が不思議なのです。妻は膣に手をやります。クリトリスは自分の手でも、夫の圭一にも愛撫してもらった事はないのです。右手は膣に左手は乳房に。膣口を擦り上げ、乳房を揉みしだき夢中でオナニーをするのです。妻にはオナニーの習慣はありません。 結婚前に数度、その程度です、勿論結婚してからは一度もありません。

オナニーで絶頂に達します。一度では体が満足していないのが解ります。達した後も手が膣に乳房に伸びてしまうのです。佐伯の名を呼びながら、何度も何度も絶頂に達しやっと体の火照りから解放されます。こんなに体が求めるのは佐伯への思いが強いからだと妻は信じ込んでしまうのです。

佐伯は媚薬を使ったのです。ワインに混ぜて飲まされたのです。佐伯は焦ってはいないのです。今日、行為まで及ばなかったのは、妻に佐伯を恋焦がれる思いを十分にさせたかったのです。金曜日には私の帰宅が10時以降になる事も妻から聞いて知っています。妻がオナニーをする時間は十分あります。そして佐伯の計画はまんまとその通りになったのです。

3時間程の持続性のある媚薬です。食事を始めたのが6時半、今は10時、そろそろ薬の効果が切れる頃です。着替えが終わり居間のソファーに座ります。 

『さっきまでの私は何だったのでしょう? 今の私は夫にどう映るのでしょうか?』

媚薬の効果が薄れ平常に戻った妻は急に心に痛みを覚えます。



水遣り3
CR 10/22(月) 23:37:51 No.20071022233751 削除
仕事の話は直ぐに済みます。3ヶ月位経って慣れたところで他の課員と同じ様に出張にも出て欲しいとの事です。他の課員は一週間に一度位の頻度で出張に出ます。時には一泊する事もあります。食品の仕入先に出向くのです。検査結果の報告と今後の仕入計画を掻い摘んで話してきます。検査結果の報告はメール、Faxですむ事です。仕入れの話は専門の仕入れ担当が居ます。この出張は、仕入先に対しきちんと検査をしていますよと言う姿勢を見せる為です。それと良い仕入先を確保しておく為、出来るだけ多くの人間を会わせておきたいのです。経営の基盤もしっかりしていると聞いています。会社の経営姿勢が見えてきます。

妻は自分だけ特別扱いされるのもおかしいと思い、出張を受けてしまいます。

「さあ、どんどん食べて。取って置きのワインもあるし」
「ええ、でもこんなに食べられません。それにワインは、車で来ていますから」
「代行を頼めば済むことだ。さあ、やろう」

結婚以来、夫以外の男性と二人で料亭の個室で食事、妻にとって始めての経験です。
そんな緊張も食事とワインが進むにつれ徐々に解れてきます。

「宮下さん、ワインを注いでくれないか。さあ、僕の横に来て」
「はい」

妻に断れる理由などありません。

「宮下さん、君も飲んで」

佐伯が妻にワインを注ぎます。さりげなく妻の体に触れます。ワインの酔いも手伝っているのでしょう、妻も拒否しません。手の甲で乳房を押すように触れます。

「部長さん、だめっ、悪戯が過ぎます」

乳首をも押したのでしょうか。ほんのり酔った顔が益々、ピンクに染まります。敏感な乳首です。感じもしたのでしょう。

「ごめん、手が吸い寄せられたみたいだ」

佐伯はすっと引きます。女の恥ずかしがる事は無理強いしません。女の扱いに慣れているのです。妻は佐伯に誠実さを感じてしまいます。若干の物足りなさも残るのです。

「そうだ宮下さん、君の車は先に代行に頼んで返しておこう。考えてみれば僕も代行を頼まなければ
いけない。 君は僕の車で送って行こう」

少し考えればおかしいのが解る筈ですが、妻は佐伯の好意として受け取ります。

帰りがけ、佐伯から小さな包みを渡されます。

「社用の携帯電話だ。仕事の連絡用に使ってくれればいい。僕の番号とメールアドレスはインプットしておいた。後は自分で必要な分インプットすればいい」

どうして佐伯が直接、手渡すのか。妻はその不自然さに気がつきません。業務用なら、課から支給される筈です。佐伯が個人で妻との連絡用に用意したものなのです。

食事が終わり、車に乗り込みます。佐伯が乗ってきた車はリムジンタイプの社用車です。運転席からは後部座席の様子は見えません。



水遣り2
CR 10/22(月) 23:33:18 No.20071022233318 削除
私の横に妻がすっと滑り込んできます。抱き寄せるとまだ下着を着けたままなのが解ります。40歳を過ぎた頃から灯りを点けさせてくれません。”おばさんだから、恥ずかしい”と言うのです。 枕元の小さな常夜灯だけは許してくれます。その仄かな明かりを頼りに久しぶりに妻の裸身を見ます。お椀のような乳房、この灯りでは色までは良く解りませんが小さく尖った乳首、すっと括れたウェスト、張り出した尻、薄い恥毛。 私の情欲を掻き立てます。 

妻を抱きます。いつも通りの行為です。妻は私のものを口に含むだこともありません。私も妻のクリトリスを手、口で愛撫したこともありません。新婚時代に試した事はあるのですが、やんわり断られて以来、そういう習慣になってしまったのです。敏感な乳首を攻めるだけです。一通りの行為が終わった後、妻はもう軽い寝息を立てています。妻の寝顔を見ていると妻の言う通りにしてあげようと思うのです。

明くる日の午後、妻が話し掛けてきます。

「仕事の話ですが、如何ですか?」
「条件付でOKだ」
「条件て何ですか?」
「君の趣味の時間を削らない事。それとなるべく早くやめて欲しい」
「有難う。解りました。月曜日に部長さんに話して良いですか?」
「うん、良いんじゃないか」

この結論が夫婦の行く末を大きく変えてしまいます。

翌月、月初から正社員として勤めだします。真新しいスーツに身を包んでいます。パートの時はラフな普段着でしたが、スーツ姿の妻には新鮮な女の香りが漂っているようです。2ヶ月が過ぎたあたりから妻の帰宅時間が遅くなりだします。時には12時を過ぎる事もあります。パート時代はそんな事はなかったのです。私が帰宅した時は何時も食事の用意がしてありました。食事の用意も週に2,3度になります。

「最近、遅い日が多いが正社員はそんなに大変なのか?」
「はい、会議もあるし、時々は付き合いもね」
「会議はしょうがないが、付き合いは程々にな」
「はい、でもこれでも半分以上は断っているのよ。どうしてもの時だけ出ているの」

これ以上は深く聞きません。そういう事もあるのでしょう。

正社員として勤めだして3日目の昼前の事です。部長に声を掛けられます。

「宮下さん、歓迎会の代わりと言っては何だが、課員と一緒に昼飯を食べよう」
「私なんか、新入社員でもないし、恥ずかしいですわ」
「そんな事は無い。立派な新入社員だよ。ちょっとした所を予約しておいた。さあ行こう」

部長の名は佐伯俊夫。佐伯が長を勤める部は食品部、佐伯は常務の肩書きです。妻の課はその下部組織の食品検査課になります。総勢10名位の小さな組織です。 

「はい、解りました。遠慮なく頂きます」

妻は佐伯の心使いが嬉しいのです。眩しそうに佐伯の顔を見上げ、後に従います。佐伯52歳、スーツの上からでも鍛えられた体がわかるスポーツマンです。

3週間経った木曜日、佐伯は妻に声を掛けます。

「明日、仕事が終わってから少し時間をくれないか。打ち合わせしておきたい事がある」
「仕事の話でしたら、業務時間中ではいけないのですか?」
「課長には未だ話を通していない。先ず君に了解を得てからだと思っている」
「でも」
「明日家で用事があるのなら、無理にとは言わない」
「いいえ、大した用はありません。お聞きします」
「じゃあ、明日仕事が終われば内線する」

次の日の夕刻、佐伯から内線が掛かってきます。

「宮下さん、先にA亭に行っていてくれないか。僕の名前で予約してある」
「えっ、会社で打ち合わせるのではないのですか?」
「会社で男と女が居残って打ち合わせなど無粋な事は僕の趣味ではないので。それに、会社で時間外に君と打ち合わせしている所を見られたくない」

A亭はこの地方一番の料亭です。全て個室です。何か違うと思いながら妻はA亭へ向かいます。

A亭に着き、佐伯の名を告げると、ここでも最上級の部屋へ案内されます。常務と二人きりと思うと、妻は緊張を強いられます。20分ほど遅れて佐伯が来ます。

「やあ、宮下さん、悪い悪い。待たせてしまったな」
「いいえ、それよりお話って何でしょうか?」
「いや、大した話ではない。この間の様な歓迎会で申し訳ないと思っている。今日はその代わりだと思ってくれればいい」
「そんな、私なんかに勿体無いですわ」
「そう言わずに、僕の気持ちだと思って受けて欲しい」

豪華な料理、ワインが食卓に並びます。



水遣り1
CR 10/22(月) 23:26:57 No.20071022232657 削除
いつまでも無垢だと信じていた妻、死ぬまで私一人のものだと信じていた妻。私一人が信じていただけなのでしょうか。昔の妻はもう戻ってこないのでしょうか。

私、宮下圭一49歳、妻、洋子46歳と今年大学を卒業した娘、明子の3人家族です。千葉北西部のターミナル駅の郊外に一軒家を借りています。これで二度目の転居です。社会人として一人歩きを始めた娘は東京で暮らしています。妻には苦労を掛けました。これからは充実した夫婦の時間を過ごせる筈でした。

33歳で先輩、同僚数人で会社を興し、時流にのり成長しましたが手形事故から民事再生、私が代表を務めていた子会社は倒産、私自身は破産し家屋は担保に取られ手放しました。破産したのは5年前のことです。電子材料の輸入販売が主な生業でしたが、台湾の一社が、私個人に商権を引き継がせてくれる事になり、借家住まいで何とか夫婦が食べていけるだけのものは確保出来ました。一人会社を設立して営むことになります。暫くし、少し余裕が出来、借り直した大きめの庭のある一軒屋が今住んでいるところです。 

妻は娘が小学校高学年になり手を掛けなくてすむ頃からパートに出ています。近郊では名門会社で食品検査の補助、検査データの作成が主な仕事です。その会社での妻の評判は私には伝わってはきませんが、妻と寛いでいる時に度々会社の話題がでます。楽しそうに
話していますので、妻としても居心地が良く、回りの人からも好感を持たれているのがうかがえます。 

会社倒産、個人破産を告げた時も「そうですか」と一旦落胆したものの「貴方なら復活出来るわ、私信じている。私も頑張るから」と逆に励ましてくれます。妻の励まし、頑張りが私を再生させてくれました。4年を経て会社の業績も上がり生活費以上のものを妻に渡せるようになります。妻もパートに出始めて10数年経ちます。そろそろパートを辞めてもらって楽にさせたい、そんな事を考えていました。

半年程前の事です。4年間駆け抜けた仕事も一段落し妻と夕食を共にする機会が増えてきます。そんなある金曜日の夕食後、居間でウィスキーのロックを飲んでいますと、妻も軽いカクテルを片手に私の横に座ります。

「貴方お話があるの。私の仕事の事ですが、いいですか?」

「うん、僕もだ。丁度良かった」

パートを辞める相談だと思ったのです。

私は言葉を続けます。

「君も随分頑張った。もう辞めてもいいんじゃないかな。そうすれば次のシーズンにはクリスマスローズの展示も出来るかも知れないじゃないか。好きな趣味に時間を使えばいい」

そうです。 妻は花の中でもクリスマスローズが好きなのです。品種の中にフラッシュダークネクタリー系のものがあります。咲いてみなければ解らないのですが、色は白、ピンク、黄色の3種類があり育てる人の気持ちの掛け方で鮮やかにもなり、又くすんでしまう事があります。花の中心、蜜腺部の色が濃いネクタリー色でその周囲にフラッシュと呼ばれる星型のブロッチが散りばめられています。この部分の鮮やかさも愛情の掛け方で変わります。その可憐で艶やかな表情は妻に似ていると思うときがあります。妻の化粧はいつも控えめです。ふっくらとした唇に薄く引かれたルージュ、二重ですが切れ長な目、つんと尖った鼻、控えめな物腰。

「ううん、違うの。早く自分達の家が欲しいの。昨日、部長さんとお昼ご飯をご一緒させて頂いた時、正社員登用の道もあるかも知れない、って言われたの」
「歳の事は言いたくないが、君ももう40半ばだよ。そんな話があるわけないじゃないか。それに僕はもう君に仕事は辞めて欲しい。今の貯金を併せれば、後4,5年で少しはましな家も持てるだろう」

破産した私は、今相応の収入があってもローンが組めません。貯金して買うしかないのです。

妻が切り込んできます。

「私のパートの収入が年100万円くらいでしょ。正社員になると年400万円にはなるそうなの。それに正社員になると、私の名義でならローンが組めるかも知れないのですって」
「そんな事、誰が言うんだ」
「部長さんよ」
「君の勤めている会社はこの辺では名門じゃないか。人事部があるだろう。部長個人で何とか成るものでは無いと思うが」
「部長さんは社長の甥なの。力も人望もあるし、殆どの話は通るわ」
「君が正社員になるのは筋が通っているとは思えない」
「まあー、馬鹿にしないで。私、これでも農学部を出ているのよ」
「知っているさ。それより・・・」

それより歳の事を考えろと言いたかったのですが、付け足せません。

「解った。話は明日にしよう。久しぶりにゆっくり出来る金曜日だ」

私は妻を抱きたかったのです。この2ヶ月間、中国、台湾への出張続きで妻を抱いていません。昔は出張中、現地の女を抱いた事もあります。どの女も妻の代わりにはなりません。ましてや、この4年間は他の女を抱こうと言う気にもなりません。

サイドボードの上の時計の緑のLEDが12時を告げます。

「もう寝ようか」
「はい」 



水遣り(前書)
CR 10/22(月) 23:17:29 No.20071022231729 削除
そろそろ40代も後半の夫婦です。今までお互いに信頼しあいここまで来ました。その妻が浮気をしました。浮気ではなく相手の男に恋をしたのかも知れません。真実は妻の心の中にだけあります。 

こんな事は誰に話せる訳でもなく、一人で悶々としていました。私と同じ様な人が居るかも知れない。又、その方達はどんな思いをしていらっしゃるのか、ウェブを検索してみました。”愛妻の浮気”、”妻の不倫”等色々な言葉で検索しました。今ではどの言葉がヒットしたのか覚えていませんが、”妻物語”に出会えました。

BBS1−結婚後の妻の性体験とあるではないですか。過去ログから一気に読ませて頂きました。奥様と会社の上司、社長との不倫物語は特に念入りに読ませて頂きました。私だけではないんだ、沢山の方が悩み、闘っていらしゃるんだ。感銘を受けました。闘う勇気を頂けたような気がします。 

誰に話せる訳でもありません。書いてみる決心をしました。書いている中、自分の気持ちを見つめ直したいとも思っています。過去の事も現在進行形で書いていきます。 後で妻から聞いた事、相手の男から聞いた事、私の想像等織り交ざっています。特に妻と相手の男との性描写はそれぞれから聞いた事に私の思いをぶつけ、実際より相当濃いものに成っているかも知れません。実際にはなかった行為をも書いているかも知れません。

未だ終わった訳ではありません。私達夫婦はこれから何処へ行くのか。今までの事、これから起こるであろう事、出来る限り最後まで書いていこうと思います。お断りするまでもありませんが、登場する固有名詞は全て仮名です。

読んで頂いて、ご意見、お叱り、励まし等頂ければ、これ程嬉しい事はありません。

管理人様へ

上に書きましたように、妻と男の性描写には私の想像部分がかなりあります。BBS2を一旦考えましたが、この話の基本的な骨子は事実に基づいていますので、BBS1に投稿致します。読み進むうち、不自然な事がありましたら、ご指摘下さい。ご指示に従います。



妻がほんとに・・3
健二 10/17(水) 18:30:55 No.20071017183055 削除
恐るべき恵美の横顔を、見ないように見ないように・・・
そっと車を発進させ、自宅方向へと。

頭の中では
(どうやって言い訳しよう・・どうやって言い訳しよう・・)
いろいろな嘘がめぐりましたが、どれも説明のできる嘘などありません・・

車内は不気味な沈黙・・・
(そてにしてもあの二人・・あれじゃあ痴漢じゃなくてほんとに強姦魔だよな・・・地下鉄のようにじっくりのはずだったのに・・)
などと、今 自分が置かれている立場をわきまえず思いましたが・・
更に不気味な沈黙

「夜・・何食べる?・・スーパーよってく?」
(当然無反応)
自分でも今の状況に全くそぐわないことを、沈黙に耐え切れずなんとか声を振り絞って口にしましたが・・余計に明らかにおかしい発言・・・。

何とか自宅に着きましたが、妻は当然無言でシャワーへ・・・
どうしよう・・落ち着け、落ち着け、何とかうまい言い訳を・・
(あるはずがありません)

シャワーから出た妻はまっすぐ寝室へ・・・
姿をなるべく見ないように(怖くて見れません)してはいましたが、その怒りようはびんびんと、空気を伝わってきます・・。

本となら・・いや、自分の考えでは、痴漢に遭った妻と今頃ベットの中で激しく燃えるはずだったのに・・・。

どうしよう・・どうしよう・・。
むなしくとてつもない長い時間がすぎました・・。

12時近くになって、妻が突然部屋から出てきて、私に恐怖の引導をつきつけました・・。

「離婚します、ここに名前を書いて、印鑑おして」

(そんな書類をなぜ持っているのか??びっくりですが)
・・・・。・・・・。・・・・。「はい」
それしか言えませんでした。

震える手でやっとの思いで自分の名前を書いて、印鑑を押して・・
恵美は、それをひったくるように取り上げると、また寝室へ・・。
私は、自分の行ってしまったことの 恐るべき浅はかさを深く反省して・・もちろん寝室になどいけず、テレビをつけることもできず
ただ、ぼーーっと 座っていました。

これは、本当に離婚される・・どんな理由をつけてももう無理だ・・。

すっかり気落ちした私は、朝方妻に手紙を書きました・・。
ことのいきさつと・・本当のことを・・
静かに枕元にお置いて・・結局その日は寝れず、そのまま仕事へ
(どうか恵美が出て行きませんように・・。)

もちろん仕事など全く手につかず・・残業などもせず、猛ダッシュで自宅へ・・電気がついてる・・玄関を開ける・・子供の声が聞こえる。。(恵美は?)

リビングに入ると、妻は普通に家事をやっておりました・・(ホッ)と、思ったのもつかの間、私に対してもちろん「お帰り」は無く、丸無視(当然ですよね)

さっさと妻は寝てしまい、仕方なく風呂に入って私もリビングのいすの上で寝る・・と・・
手紙が置いてあります・・。
あわてて中を見ると

「信じられません、もっとも信用している夫が私に対してレイプを仕組むなんて」
(いや・・レイプじゃなくて・・ちょっとした痴漢のはずだったんだけど)
「私は絶望感に打ちひしがれています、こんな卑劣な父親でも子供たちは 尊敬している と言っています。」

ガーン(この響きはこんなときのためにあるのか、というくらい、人生初めてガーンときました)

「離婚の理由が、夫が仕組んだ妻のレイプによる、なんて 恥ずかしすぎて いえません。 もちろん実家にもあまりに愚かすぎていえません。さようなら。」

目の前が真っ暗です・・本気で泣きました(ごめんなさい)

まさに、意気消沈で・・食事は昨日のケーキ以来何も受け付けません(恵美もそのようですが)

私はもう一度手紙を書きました
「許してください、そんなつもりではなかったのです・・。恵美が痴漢に遭ってから自分でもおかしくなってしまいました・・
茶碗洗いも手伝います。掃除機もかけます。風呂掃除もします。洗濯もします。ごめんなさい」

もう一度そっと枕元において・・次の日の仕事も手につかづもちろん水以外のどをとおらづ・・。

家に帰っても、妻はさっさと部屋に行くので私は・・家事・・家事・・
恵美は一言もなし・・


==次の日==

家に帰ると恵美の姿がありません。
子供に聞くと「買い物行ったっきり帰ってこないよ」と、明るく返事・・。(どうしよう・・どこいったんだろ??)

子供たちにご飯を食べさせ・・無理やり早く寝かせ・・恵美の携帯に電話・・・「電源が入っていないか、電波の・・・」

(どこいったんだ?実家には恥ずかしくていけない・・って言ってるし)

メールを何本も何本も・・。
電話も何度も何度も・・。
12時を過ぎて、1時を過ぎても・・・

(どうしよう・・どうしよう・・)

2時を過ぎて・・・。3時を過ぎて・・・。

私の中には悪い考えばかり・・
(自殺?まさか・・実家?そんなこと無い・・怒って浮気に?・・これが一番可能性が強い)

今までもちろんこんな時間に帰ったことなんかありません。
まれに友達と飲みに行っても、午後11時ころには必ずかえって来る、ましてや電話も無いなんて 今までに無い・・

4時を過ぎたとき・・やっと帰って着ました。

あわてて玄関に出迎えるに恵美は・・
タイトの超ミニを着て、足の爪にはピンクのマニキュア、体のラインがむっちり見えるキャミソールに、薄いカーディガンをはおって・・。

化粧もバビット決めて、香水のにおいもさせて・・・。

今まではどちらかというと清楚(夫が言うのもなんですが)感じだったのですが、はじめて見る恵美の、まさにフェロモン振りまくっている姿・・・。

(・・・こ・・これは・・。)

恵美はちらりと私の顔を見ると、さっさとシャワーを浴びて、ベットの中へ・・。

私はしばらくうろうろ・・。

意を決し私も隣へ入り込む・・。

「何処・・行ってたの?」恐る恐る聞くに

「何処でもいいしょ」一応返事はしてくれた・・・。

「まさか・・男と会ってた訳じゃないよね・・。」

恵美はちらりと私の顔をみて「気になるの?」

「・・・そりゃ、気になるさ・・。」
「ちょっと、飲んできただけ」

(酒の臭いは全くしない・・かえってそれが怖い・・)

「男・・とか?」私が聞くと
「そうよ」と、あっけなく
「だれ?」
「知らない人」
(私の知らない人という、意味なのか、恵美の知らない人という意味なのか・・・。)

「どうして、知らない人と・・飲める?」
「あなたの言ってた、チャットで知り合ったのよ」
(???それは・・痴漢出会いチャットだが・・)

「まさか・・どこで・・」
「地下鉄の入り口で待ち合わせたの・・。」恵美の悪びれない言葉・・
「それで・・・」
「それでって・・うふふ・・触られたわよ・・いっぱい」
「触られたわよって・・恵美・・そんな格好して?」

恥ずかしながら、なんと今までの反省もなく私の股間はびんびんになっていました。

「そうよ・・さっきの服でよ。」
「その男の車の中で・・か?」

恵美は名前も知らない男(恵美は28と年齢さば読みでチャットをし、その男は30歳とのこと)と地下鉄出入り口で待ち合わせをしてのこのことついてったらしい

「車で・・触られたのか?」
「そう、車の中でもすごくいやらしくさわれたの・・。」

心なしか恵美の声が濡れはじめている・・。
もちろん私もびんびん

「どんな風に・・。」
「最初は服の上から胸とか・・・・。」
「とか・・って服の中もか?」
「そう・・少し上手で・・下着にも・・」

(そんな・・私公認でなければ・・単なる浮気では・・。)と勝手な考え・・

「そんな・・直接触られたのか?」
「そこではそれまでよ」
「そこでは・・って違うとこいったのか?」

恵美は痴漢男に依頼され、大型スーパーの中に入っている雑貨店につれてゆかれ、そこで普通のお客さんのように買い物をしててくれって、頼まれ・・言うとおりにしたとのこと・・。

雑貨店はやや暗いお店で細かいものがこちゃこちゃと置いてあり死角がたくさんあるとのこと、そこで恵美が雑貨を選ぶ振りをしているとこを、痴漢野郎が触りまくったとのこと・・

「そいつ・・どんなことした?」
「恵美が商品を選んでる振りしてたら、お尻を触ってきて・・、やっぱり股間をぐりぐり押し付けてきて、そして胸なんかも触ってきて・・だんだん大胆になってきて・・。」
「こ・・こんな風にか?」

私は思わずベットの中で恵美のお尻に自分の物をぐりぐりとこすりつけ、胸をもみ始めました。

「そいつね、奥さん我慢できない・・トイレ行こう・・っていったの」
「??行ったのか?」
「・・・・・だって」

私は激しい嫉妬で恵美の下着を剥ぎ取りながら言いました

「トイレで何をした・・言ってみろ」

トイレにはやはり他のお客さんも頻繁に出入りしており、痴漢野郎がトイレに先に入り誰もいなくなってから外で待ってる恵美の手をつかんでさっと個室に押し込んだとのことです。

「何をされたんだ?」
「・・・いや・・。」
「いやって・・・恵美・・・こうか?」

と私は恵美の恥部に指を触れると恵美はもう濡れ濡れでした。
「こんなことされたのか?」
と恵美のもっとも感じるスポットをぐりぐりいじくると
「違うの・・最初はそんなこと されかかったけど・・」
「かかったけど?」
「恵美が・・声出しちゃうから・・口ふさがれて」
「ふさがれて?」

激しい怒りにも似た嫉妬を感じながらも私は自分を抑えきれず、「こんなことされたのか」っと、後ろから恵美の中に激しく暴れているものを ぶちこみました。
恵美も非常に興奮しており、家では珍しく大きな声でよがりました。
(子供に聞こえるかも・・でも・・いいや)
「こんなことされたんだなっ」激しく腰を打ちつけながら・・
「違いますそんなことはできませんでした。」
「じゃあ何だ・・言ってみろ」
「・・・・お口で・・・」

なんと恵美はトイレの中で何処のどいつかわからん男に 無理やりフェラをさせられていたのでした。
「どんな風にだ、やってみろ」
 
激しく嫉妬しながら 私は無理やり恵美の頭を私の股間に近づけました。
恵美の口はとても温かく、しかもねっとりと私にまとわり付き・・口に含みながら舌を巧妙に使い、裏筋なんかをしゃぶり上げるのです。
ううう 私は気持ちのよさに 我慢しながら

「こんなこと痴漢野郎にしてやったのか」
「・・・・・・・はい」
悔しさで私のものはますます大きくなり、恵美ののど元を攻めました。
「ごぼ、うぶ」

フェラで恵美をこんな目にしたのは初めてです。
「た・・助けてください」
思わず恵美がそういったので、私は一度引っ込め

「もしかして野郎は、恵美の口に出したのか?」
「・・・・・・・・・」
「だしたんだなっ」

畜生、何てことだ、俺のかわいい恵美の口に・・汚い・・
しかし、悲しいかな私のものは 痛いほどびんびんに・・。

「も・・もしかして・・そいつの・・飲んだのか?」
「いいえ・・飲んでません」
「本当か?」
「・・・・・・・」

返事はありません。
これには さすがに本気に怒りがこみ上げてきて・・。
「なんてことするんだ」
「だって、飲まないと犯すって・・・。」
「畜生」

私は恵美の髪をつかみ無理やり口の中に激しく勃起したものを押し込み、容赦なく口の中に激しくピストン運動をしました。
私は苦しがる恵美の喉の奥のほうで、思い切り放出しました・・。

恵美はさすがに吐き出せないと思ったのか、いつもは飲まない私のザーメンを苦しそうに飲み込みました・・。


全身汗びっしょりになった 私と恵美でしばらく呼吸が荒れていましたが、ふと おかしなことに気づきました。

「あの店終わるの11時だぞ?今までなにやってた?」
「・・・・・」
やはりへんじがありません。
私は年甲斐もなく射精からわずか3分程度で再び大きくなりはじめました

恵美の話によると、トイレから出るのがまた一苦労で、野郎が何度も出たり入ったりして、個室にいる恵美にタイミングをおしえ、やっとの思いで出てきたそうです。

「トイレから出て・・どうした?」
「その人の車にのりました」
「それから?今まで何を?」
「公園に行ってさわらせて・・て」

なんと恵美は痴漢野郎に今度は公園に・・しかも先日の大波乱があった公園につれていかれたとのことです。
ここで私は 再び はっ と気づきました。
「もしかして・・その男・・」
「そう・・公園で私を襲った男よ」
「どっちだ?」
「・・・大きいほう」
(一瞬私は 物 の大きいほうかと考えましたが いや違う あの のっぽのオタク野郎だ、と気づきました)

「あの オタク野郎か!」
「・・・・はい・・続きをやらせて欲しい・・・って」

続きというのは、痴漢行為の続きか?いやこんな 夜遅くに痴漢ですむわけはないし・・ましてや あいつらの行為は完全に強姦だ・・。

「・・・行ったのか?いや いったんだな?」
私はかなり動揺しました。
そして、恐る恐るききました。

「どうやったんだ?」
「だって・・・あなたが・・・」
ちょっと私は切れ気味に
「そんなこと聞いてない!」

「車から降ろされて・・一人で公園を歩いてくれって・・」
「はぁ?」
恵美は真っ暗な公園をオタク野郎に車から降ろされて、一人で歩かされてたのでした。
(そんな時間に俺の大事な恵美を一人で歩かせやがって・・変質者が出たらどうする気だ)十分オタク野郎が変質者であるが・・

「そ・・そして?」
「どこかで・・・僕が奥さんを襲うから・・・って」
「はあ?」

なんてことしやがる このオタク野郎!私は恵美を上向きに寝かせ・こんなことしたヤツだぞ、言うこと聞いたのか?
とオタクがやったように、乳首に吸い付き 恵美の中に指を入れたりしました。

「だって・・あなたが・・。」
恵美は泣きそうになり だってあなたが を繰り返します

恵美は真っ暗な公園を一人歩かされたのです・・怖くて 何が何処にいるかわからないとこを 俺の大事な恵美が 歩かされたのです(のっぽに真剣に殺意というものをかんじました)

「それでどうしたんだ・・・」
「しばらく歩いたら・・・突然前の草むらが、がさがさっとして」

のっぽは なんと先回りをして きっと後ろから来ると恵美に思わせといて 前方から襲ったのでした・・

「その人じゃないと思ってびっくりして、あわてて後ろを向いて逃げたら・・・」

恵美は草むらから出てきた男(結局のっぽだったらしいが)いきなり口を後ろからふさがれて、仰向けに引っ張り倒されて・・

「口ふさがれたまま・・引きずられて・・草むらにつれてかれて・・」

恵美がそういうと 私もいてもたっていられず 自分の物を恵美に突き刺し 

「こんなこと されたのか?」
と激しく腰をうちつけました。

「とっても乱暴に下着を剥ぎ取られて・・。」
「それから」
「本気で抵抗したけど・・無理やりキスとかされて・・」

き・・キスだぁ〜?
「胸吸われて・・」
「恵美は抵抗したんだけど・・・。」

恵美はもはや 痴漢ではなく レイプをされておりました。
「本当に気持ちわるくて・・怖くて・・」
「入れられたのか?
「・・・・・」
「こんな風にかっ」

私は更に激しく恵美をつきまくりました

「いや。」
「そいつのはよかったのか」
「・・・・」
「どうなんだ・・言ってみろ」
「・・・・許して・・」

本日2回目の大爆発を恵美の中でしてしまいました。

恵美はのっぽにキスをされたり、吸われたり、しゃぶられたり、そして何度も何度も犯されて・・

再び私はふと 気づきました・・
「ちゃんと外にだしたんだろうな?」
「・・・・・」
返事がありません
まさか
「ゴムか?」
「・・・・・」
まさか
「中・・・にか?」
「・・・許してください」

のっぽは、ゴムもせず 私のかわいい恵美を嬲り、犯し、なんと種付けまでしていったのです。
信じられませんが 3回目の勃起です・・・。

恵美ーー恵美ーー 私はそう呼びながら、再び恵美の中に突入しました
(この中に、俺の恵美の中に ノッポオタクが・・・入れられただけじゃなく、種付けまで・・何という・・唇も、乳首も奪われ・・何という)

つい何週間か前に生まれて初めて抜かずの2連発を経験し、まさかこの年になって 抜いてはいるが わずか1時間で3連発・・・。
(人生いくつになっても修行である)

3回目の発射のあとは さすがにもう何もしゃべれず・・
恵美もはあ。はあ。 言ったまま・・。

20分くらい過ぎたでしょうか・・・。
「うそよ」
「?」

「うそよ」
「はあ?」

「あなたが、ひどいことしたから こらしめようと思って」

「私帰ってきたとき、服なんてなんにも乱れてなかったでしょ?」
(確かにそういえばそうだ)
「化粧だって少しもみだれてなかったでしょ?」
(そのとおり)

「えへへー、信じた?あなたを困らせようと、ネットカフェにいたの・・・・それと・・約束の掃除はやってもらいますから」

私は自分のものが 急速に萎えて(いやもう萎えていたがさらに)自分の胴体の中に・・敵ににらまれたカメさんのように、めり込むくらい・・縮こまる感覚を覚えた・・。(マジか・・・)




本日も長くなりましたが、本題はこれからなのです。。
本当にネットカフェにいたのかどうか、疑問は残りますが、本題の妻が・・・いよいよ・・ほんとに・・・
スイッチが入ったのは 恵美の方でした

明日は書き込めないのでたぶん2〜3日中に

事実は小説よりも奇なり BY 健二


 



妻がほんとに・・2
健二 10/16(火) 20:04:07 No.20071016200407 削除
最初にも申し上げたように恵美は自分で言うのもなんですが、相田翔子に似ているとよく言われるかわいいタイプの妻です。
背は153センチとやや小さめですが・・・。

恵美が痴漢に遭ってからしばらくは、毎晩このネタを元に大興奮のセックスがつづき、私の妄想もだんだんとふくらみ、セックスの度
「痴漢の男たちが恵美しかいないときに襲ってきたらどうする?」
「いや・・怖い・・。」
「でも、やられたいんだろ・・。」
「怖いわ、そんなことない・・。」
そういいながらも、私も恵美も激しくつづけました。
「奥さん、だんなもいないしたっぷりかわいがってやる」
「いやです、やめてください」

と、わざと私の好きなミニスカートを着せたまま 半ば強引にします、
「やめてくださいー」
といいながらも恵美は激しく燃えていました。

ここで私は別な意味で激しく勘違いをしていたようで・・・
恵美もきっとまた痴漢に遭いたいのだろう・・。
きっと夫の前で違う男に抱かれて見たいのだろう・・・。
もっともっと激しいことを期待しているのだろう・・・。と

痴漢に遭うといっても、いくら夫が望んでもそう都合よく夫の見ている前で・・なんてあるわけもなく。
そうこうしているうちに、私は某痴漢待ち合わせチャットを発見し、「これだ」っと心ときめかせました。

恵美も約束をして待ち合わせ・・より、突然何の前触れもなく 激しく痴漢されたほうがきっと 地下鉄の痴漢のように興奮するに違いない・・その夜の恵美とのセックスは・・・・と、考えるといてもたってもいられずついに行動を。

 私は恵美に内緒で 某痴漢チャットで、痴漢プレイの約束をしたのです。

恵美には、おいしいもの食べよう・・とかうそを言って、私の大好きなミニ(今度は違うミニ)を着てもらい、もちろん胸を強調した服も着てもらい出かけました。

ケーキの有名な某所で、ケーキをご馳走し・・その間も私はそわそわ・・約束の時間が近づいてきます。
そんな私の様子がいつもと違うことに恵美も気づき「どうしたの落ち着きないよ」等と言ってきましたが、私はどきどきしながら何とか誤魔化しました。

時間で午後の6時・・まだまだ日は長くちょうど夕暮れの感じになっており、私は「ちょっと公園散歩して帰ろうか」と(今までにこんなこと一度も言ったことなかったのですが)言いました。
恵美は「どしたの?じゃあいこっ」
と私のいつに無い行動にふしぎがってましたが 二つ返事で行くことになり・・チャットで約束していた公園にほぼ約束どおりの時間に着けました・・。

その公園は街外れの大きな公園で、周囲に民家等は全く無い公園でした、しかし時間的にポツリポツリと犬の散歩等をしている人がまだいて、全く誰もいない状況ではありません。

公園を一周すると1時間ぐらい掛かるほどの大きな公園で、私は公園の中の待ち合わせ場所である トイレ付近にゆっくりと時間をかけてあるきました・・
周囲は幾分薄暗くなってきています。

約束の相手はチャットだけなので顔はわかりませんが・・

チャットの内容は 
「妻に痴漢OK・でも本番行為・汚い手での指入れ行為・妻が本気で嫌がったときのそれ以上の行為・殴る・ける・引っかく等一切禁止、私はそれを除いています」

等の条件をつけて募集しました。
恵美の服装を予測して記入しておき、私の服装も記入しておきました、さらに募集内容には

「公園にトイレは4箇所あります。妻とさんぽして最も奥のトイレに私は入ります。その間一人残った妻にたっぷり痴漢行為をしてください」
とも、記してました。

約束のトイレが近づくと、明らかに挙動不審の男が2人 年にして2人とも30後半くらい、一人は痩せで180センチ以上あるオタク系の男、もう一人はごく普通のサラリーマンのような格好で背は170位・・
しかし2人は他人同士のようでよそよそしく変に距離を開けてタバコを吸っていました。

私はその二人を見つけたとき「この二人だな」とすぐにわかりました、二人とも私たちに気づいていたようですが、わざと目線を合わせないようにしていました。
恵美はその二人には全く気づかないようで、あれこれと私にいろいろ話し掛けてきていましたが、今の私にはもう何も聞こえておらず

(こいつらが、俺の大事な恵美に痴漢をするのか・・大事な胸をもまれたり、恵美の恥部に触れたり・・あるいは指を入れたり・・もしかしたら 唇を奪われたり・・ひょっとすると フエェラなんかも強要されたりするのだろうか・・・。)

(約束では本番は絶対禁止と言っていたが・・もしかしたら犯されたり・・・)

私はもうどきどきして、緊張で手も冷たくなってきておりトイレまでの距離が雲を渡っているようでした。 

トイレのそばで「ちょっとしっこ」と私はやっとの思いで恵美に言うと、なんと予想外に恵美も「私も」と言って隣の女性用の方に入っていきました。

私の勝手な想定ではトイレの外の芝生で恵美は痴漢行為をされる予定で、あの男たちが恵美のトイレに入っていって 痴漢したら・・ちょっと汚くていやだな・・。と 今思うと変なことを考えましたが・・。
私もあわてて男用トイレにはいりました。

私はトイレで用を足し、その間も隣の女性用トイレの様子を耳を済ませて聞いていました(ドキドキ)・・。が、用を足し終わっても何の音もしません・・。

あれ?と思い男用から顔を出し恵美の入ったほうを見ましたが何の様子もありません、反対のほうを見ると 二人の男が近くでおどおどとしていたので、私は
「いいですよ」
と、その二人に緊張で、でも威厳を持ったように?いいました。

「はい」と二人はやはり緊張したように言うとトイレの陰にかくれました、私はもう一度トイレの中に入り、恵美が男用を覗き込んでも姿が見えないように個室の中にはいったのです。


・・・数秒後・・・

「うぶぅう〜 ひぃぃ〜 うぅぇ〜〜。」(私にはそう聞こえました)

今まで聞いたことも無いような妻の悲鳴とも・うなり声とも言うような声が聞こえてきました。

私は、興奮で、興奮で、私の物をズボンの上からこすりながら続きをきいてました。

「はぶっっ・・・ ん〜〜っ・・ びゃ」
と口を何かでふさがれているような恵美の悲痛な叫び声が聞こえます。
私は、自分の物をさすりながら・・そっとトイレを出て恐る恐る声のほうへ・・・

そこには仰向けに押し倒された恵美が、のっぽの男に上から乗られ、首筋にキスをされ、もう一人のサラリーマンは恵美の頭の上から軍手?のようなもので口を押さえつけて・・・。

私は激しい動揺を覚えました(恵美が・・俺の大事な恵美が襲われている・・。)自分の心臓も呼吸も苦しく感じられました。

サラリーマンは押し倒された恵美の上部から、反対方向から自分もうつぶせになり恵美の口を押さえ続け、とにかくあちこちと嘗め回しております・・目とか耳とか・・口はふさがれているので無理なようで・・あごとか・鼻とかほっぺたとか・・
しかも、恵美の抵抗する手に隙があると、胸にも手を入れ始めたのです(タンクトップの間から)

私はなんてことを・・汚い・・逃げろ恵美・・とわけのわからない想像で激しく燃えていました。

のっぽは恵美にまたがったいる状態で恵美のタンクトップの服をたくし上げブラの上から胸を激しくもんでいます、のっぽはブラを上に引き上げ・・恵美の乳房はついにあらわになりました

のっぽはすぐに恵美の乳首に吸い付きました。
「チュバっチュバッ」
という音が聞こえます

ここで
「んぶ〜び〜」(やはりそう聞こえました)
一段と恵美が激しくもがいています。

サラリーマンはあわてて口を強く抑えているのがわかりました・・
恵美はサラリーマンの両手を口から離そうと必死でもがいています

のっぽはつぎの瞬間恵美の乳房にしゃぶりつきながら右手で恵美のミニをたくし上げました。

恵美のパンティが・・露出しました

のっぽはパンティの上から恵美の恥部を激しくさすっています。

(なんてことを・・俺の恵美に・・俺しか触れない恵美に)

その間にもサラリーマンは恵美の口を押さえながら両手を片手で一掴みにする・・という離れ業を行い、恵美の両手は上部(上に)万歳をするように押さえつけられました。

その恵美の脇をサラリーマンは、なめ始めたのです、いやじゅるじゅると、自分のよだれと恵美の汗を合わせ 私が見ても気持ち悪いしゃぶり方をしています。

のっぽはさすっていた手で、恵美のパンティの恥部付近を横にずらしなんと指を入れようとしています。

私は、様子を見ながら危うく射精寸前になっており、一度自分のさすっていた手を離し必死にこらえました

(俺の大事な恵美が、襲われて・・しゃぶられている・・。指で犯される)

のっぽは恵美の乳首から口をだんだんに下のほうにずらし、乳首からへそをとおり、わき腹とか、へそをしゃぶっています

よく聞くと
「奥さん・奥さん・・」
などと ぬかしながら・・。
のっぽはついに恵美のパンティの中に指を入れました。

(逃げろ恵美、早く逃げるんだ)

恵美はしっかりと両膝をしめ、それ以上の侵入をゆるさ無いように必死に戦っています。

「ぼぅえー、ひー」(と、きこえました)

次の瞬間恵美は今までに無いものすごいかなきり声の悲鳴を上げ
体を弓なりにのけぞらせました。
ついに指を・・間違いなく入れられたようです。

しかし、ここで恵美は大暴れ、一瞬身を引いた男たち。
「ぎゃーー。 ぎゅあー 。たすけてーー。」
「ひーーー。いやああーー。」

その声は公園中に、ものすごく響き渡りました・・。

二人はあわてて恵美から離れ
何歩か後退しました
そのとき初めて気づいたのですがのっぽの男はズボンの前を空けて自分の物を出していました、いつのまにか自分の物を恵美にこすり付けていたのです

しかしそれどころではありません。

人は少ないとはいえ公園には何人かの人がいます。
間違いないく、こちらに駆けて来るでしょう

恵美は飛び起きるように草むらから飛び出し、私の方へ駆け寄ってきました。
私に抱きつきながら
「助けて、強姦魔」
と叫びながら二人の男たちを指差しています。

==まずい==

恵美は本物の強姦魔だと思っている・・・。
しかも、誰かがきて二人を捕まえたら大変・・・。
警察沙汰にでもなったら・・・。
恵美は本気で抵抗し、ものすごくおびえている・・・。
いまさら私が仕組んだなんていえない・・・。

==まずい==

二人はぽかんとして私たちをみている(合意だと思っているらしい)ぜんぜん逃げる気配が無い・・。
これはまずい・・・。
これはまずい・・・。
大変なことをやってしまった・・。
恵美はまだ悲鳴をだしてる・・・。

文章に書いてもものすごく長く、その場にいた私も地球が滅亡するくらいこの時間が長く・・

パニックも限界になった私は恵美の手をつかみ早くおいでっ
と無理やり他の人たちが来ないうちに、その場からはなれました・・そう・・半ば引きづるように・・。

そのときの恵美の私を見る(信じられない)といった顔は、真夜中に墓場で飛び切り怖い亡霊に会ったよりも、恐ろしいものでした。


どうやって恵美を車に乗せたのか・・・・
いや、部分的には覚えています。

こんなやつらに襲われたって知られたら、たいへんだろ?とか
早く帰らないと・・。
子供がまってる・・。

等々、絶対に言い訳にならない発言を繰り返し、何とか車にのせました。

妻は、あの 相田翔子似の妻は、 本当に今まで絶対にどんな人からも見たことに無いような 恐ろしい表情で前方を見つめています。

そう・・・・私が仕組んだことを・・・完全に・・・認知して・・・。

これがうわさに聞く般若の顔だ・・・。
(冗談のようですが、人間パニクルと信じられないことを考えています。)



私の修羅場はこれからです・・。
もちろん省略しないですべて書きます
何度も言いますが、すべて事実です。

しかし、本当の「妻がほんとに・・・」は
これからなのです。

また 書き込みます・・。        健二





--------------------------------------------------------------------------------


そして妻がほんとに
健二 10/15(月) 18:21:47 No.20071015182147 削除
全くこのようなとこに投稿するのは初めてなのですが・・すべて本とうのはなしなのです。

私は38歳妻(恵美)は32で、もちろん子供もいます。妻は痩せ型ではありますが、それなりに体は維持しており子供の小学校なんかでも父母の会ではかなりの人気で、かわいいタイプです。
私が言うのも変ですが芸能人の相田しょうこ(元ウインクの字がわかりませんが)にそっくりなのです
もちろん結構年は低く見られていて、お誘いなんかもあるようですが、堅い恵美はそんな誘いには全く乗ることはありません。

私にあっても、寝取られ願望などなかったのですが、昨年の夏に地下鉄で恵美が痴漢にあった・・ということを話したことから急に不思議な寝取られ願望に目覚めたのです。
恵美が痴漢にあったのは、私の住む北の都市でも非常に珍しく気温が30度を超える日のことで、妻は中心部にある大型店でショッピングをした帰りのことでした。

恵美のそのときの服装はペパーミントグリーンのキャミソールに、デニムのミニをきておりました、(年甲斐もなくミニです)。
ショッピングの帰りに中心部の公園で毎年やっているビアガーデンに私と待ち合わせだったのですが、私が仕事でいけなくなってしまい、結局両手に買い物の袋等を持って一人で地下鉄に乗ったのです。(ミニもこれも年甲斐もなく私が好きだったので2人で飲むときは、ミニを着てくれるのです)

時間といえば子供も待ってるしあまり遅くなれず、一人でビアガーデンにいて恥ずかしかったとのことで、帰宅ラッシュの過ぎた午後7時30分には地下鉄に乗ったのでした、地下鉄はそれほど混んでいなかったとのことですが、座る場所がなく恵美は電車と電車のつなぎ目にある 低い位置の手すりにつかまって乗っていたそうです、つなぎ目付近は電車の中央に比べやや狭くなっており、人も少ないところなのです。

中心部をはなれわずか1駅目で、後ろに立っていた35歳前後の3人組(恵美に言わせると似たような服装で絶対に仲間だと、言っていました)のうち1人が妙に鼻息が荒いことに気づいたそうです。

恵美は、すぐに「気持ち悪い」と感じたそうですが荷物もありることと、その位のことで場所をかえるのは・・・と、そのままでいたようです。
でもキャミソールの胸元が開いていてブラ等が自分でもわかるぐらいだったようで、それを気にしていたようですが、開いた胸元を両手がふさがった状態でもどすことはできず仕方なくそのままでいたとのことです。

次の瞬間その鼻息の荒い男が さわっ っとお尻にタッチしてきたというのです、もう2人の男は恵美の両サイドに立ってそしらぬふり(恵美いわく、周りの人の視界を防ぐ役だといってました)
え?と思ったけど、騒ぐほどではないので知らん振りをしていたら今度は恵美の後ろにぴったりと張り付くように来て、今度は間違いなく手のひらでしっかりとなでるように触ってきたそうです。

本当に痴漢にあうと意外と声を出せないようで、恵美は怖くて黙っていたとのことでした、左右には仲間と思われる男がいて逃げれられず、前は手すりで、もう前にいけない状態で恵美はその男に今度は股間をぐりぐりと押し付けられたそうです。

気持ち悪いのと、怖いのとで早くつかないかなと、思っていると男はだんだんエスカレートしてきて、恵美に股間を押し付けた状態でなんと恵美の腰(両方の骨盤の骨を)スカートの上からがっしりとつかんで腰を引き付けながら思い切り股間をぐりぐり押し付けてきたそうです。

これにはたまらず、「だめです」とその男に言ったそうですが、自分でも顔が蒼白になり唇が乾いているのがわかり、ほんとに声にならず、がたがた震えたといっていました。
その男はもちろんやめることもなく、次に腰にまわしていた両手をそのまま恵美のスカートの前に持っていき、スカートの上から恥部をつめを立てるようにまさぐってきたそうです。
誰が見てもぴったりと交尾するように後ろに張り付いて・・・。

恵美は頭の中が真っ白になり、なにが起こってるかわからないくらいパニックになったとのことです。
いやだと思って腰を引くと男の股間をさらにぐりぐりと押し付けて・・はっきりと男の勃起したものとわかるくらいゴリゴリとしてきたのです、もうだめだ、逃げようと思い体を少しひねったところ左側にいた男がぐいっと逃げられないように体を横に押し付けてきたというのです。

次に後ろの男は再び両手で逃げられない位がっしりと腰(腰骨)をつかみ今度は右側の手でスカートの前から中に手を入れてきたのです、その手はやはりつめを立てるように恵美のパンティの前の中心ラインをすりすりと行き来したのです、気持ちが悪くてほんとに吐き気がするくらい動揺したとのことですが、やはり恥ずかしくて逃げられず声も出せなかったいいました。

するとその男は後ろから恵美に対し静かな声で「奥さんかわいいね・・こんな短いスカートはいて・・スケベだね・・やらせろや・・次の駅で降りるんだ・・」と言ってきたのです。
恵美は怖くて怖くてそれでも声も出せずがたがたと振るえ悔しくて涙が出てきたそうです、男は恵美を降ろすのは無理と考えたのか、恵美に対し「スケベな奥さんおっぱいが丸見えだぞ」などとひどい言葉をかけながら今度は右手を引っ込め、左手をスカートの中にいれてきたのです。

男の右手がスカートの後ろのほうで何かごそごそしているのがわかり次の瞬間とがった堅いものをお尻に押し付けられたのです、恵美はすぐに男が自分の物をズボンから出した・・とわかったとのことですが、人のたくさんいる地下鉄でまさかそんな行動に出るとは思わず、どうしよう・・どうしよう・・と 何をしていいかわからなくなったようです。

この男に犯されるの?と本気で思うくらい大胆な行動だったようで、「本気で犯されるかとおもった」と後々も言っています。
男はさすがに地下鉄でやるのは無理と考えたのか、何か激しく後ろで手を動かし、左手は下着から恵美の中に直接入ろうと指をまさぐっていたのです、どうしよう、指を入れられちゃう・・と思ったとき後ろの男が「ううっ」っと声を出し激しくスカートの上から股間を突いたとのことです。

見なくともスカートに出された・・とわかったそうです・・しかしこれで終わるかなと思った次の瞬間その男は大胆にも恵美のキャミソールのしたから乱暴に手を入れてブラを上に押し上げ胸をもみ始め、耳にしゃぶりついてきたとのことです・・この間もスカートの後ろで2度3度と残りの汁を出すように押し付けて、さらにこすり付けていたとのことです。

次の瞬間左に立っていた男のさらに左隣のおばちゃんがこの異変に気づいたのか「ごほん・ごほん」とわざとらしくせきをして後ろの男をにらみつけてくれたのです。
後ろの男はあわてるように手を離し後ろでごそごそやって(たぶんしまっていた)何食わぬそぶりをしていて、次の駅で降りていったそうです(3人とも)

おばちゃんがごほごほやって、次の駅まで結構時間があったのに(と言ってもちかてつですから何十秒でしょうが)おばちゃんもたぶん気づいていたほかの男の人も誰も後ろの男を捕まえてくれなかったとのことでした。

逆に恵美が2つ先の駅で降りるまで、じろじろと何か好奇の目で見られていたようなきがして、目も開けられなかったし、顔も上げられなかったというのです。
もちろん恵美のミニの後ろにはべったりとその男のザーメンがついていました。

私が帰ってきてからこの話を報告する恵美に対し「何で逃げない?」と結構強く怒ってしまい、恵美は泣きながらさっさとねてしまいました。


私は子供を寝かせ一人缶ビールを飲み「恵美のやつ馬鹿じゃないのか、女子高生じゃあるまいし」とぷんぷんしており腹が立ってしょうがなかったのでした。
トイレに行って寝ようと思ったとき洗濯機の横にあるゴミ箱にビニール袋に包まれたやや大きめの袋が捨てられているのがわかりました。

すぐに今日ザーメンをかけられた恵美のミニスカートだな、とわかり私はこんなものがごみとはいえあることじたい許せず、袋を取り出し中をみました。
ごみの中にはスカートとクリーム色のパンティがすてられていました、スカートを広げると恵美のデニムミニのうしろにはべっとりと大量のザーメンがついていて、それが筋状に広げるようにされているのもはっきりわかりました。
よく見るとそのザーメンはスカートの後ろ側にも結構広げられており、恵美はスカートの上だけではなくスカートの裏側にも男のものを入れられ射精されていたのです。

捨てられていた下着も確認すると、私の思ったとおり下着に、しかも後ろから股間にわたるように男のザーメンと思われるものがねっとりとつけられており、恵美はスカートの中にも間違いなく男のものを入れられ下着の上、しかもちょうど恵美の恥部のあたりにも射精されていました・・・。


このとき私の中で何かのスイッチが入ったのです。。。
急に私の股間がギンギンになり、恵美が、愛する恵美が見ず知らずの男にこんなことされて・・・。
と、もう爆発寸前になってしまいました。

もちろんいてもたっていられず、すぐに恵美の布団に入りギンギンになった自分の物を妻の後ろから押し付け「こんなことされたのか?」とぐりぐりとしました。
妻は最初は嫌がっていましたが、だんだん興奮してきたようで「そうなの、そんな分にされて怖かったの・・。」と私は後ろから妻の腰を抑え今日痴漢に妻がされたように片方の手を妻の前から恥部へと這わせ「奥さん犯してやるよ」といいました。

妻はもう濡れ濡れで、激しい息遣いで許してください・・と言っています、私は恵美に、スカートと下着をみたら痴漢の男のザーメンがスカートの中までべっとりだったぞ・・。というと、「許してくださいあなたが怒ると思って直接お尻に押し付けられたことをいってませんでした・・」というのです。

「気持ちよかったのか?」
「違います」
「どっちが大きい」
「・・・・・・。」
「痴漢野郎のものか?」
「・・・はい」

私は爆発寸前のもの恵美の中に突然そして思い切りぶち込んで

「こんなことしてほしかったのか?」
「・・・いいえ」
「本当は地下鉄で中にいれられたのか?」
「・・・いいえ、絶対ありません」

私は「じゃあなんでパンティの中までザーメンがついてるんだ」
とうそを言うと
「ごめんなさい・・ごめんなさい」

激しく腰を動かしながら私は・?ほんとにいれられたのか?と疑問を持ちましたが・・

「じゃあ言ってみろ、どっちのが気持ちいい?痴漢やろうか・おれか?」
「・・・・・・。」
「言ってみろ、痴漢やろうのがよかったのか」
「・・・・・はい」

ここで私は大爆発です・・・今までにないくらい大興奮でした。
もちろん妻が地下鉄でほんとに入れられたわけはありませんが、それを想像しただけでもうたまりませんでした。

たっぷりと恵美の中に出したのですが私は
「ほんとは地下鉄降りてついてって 犯されたんだな」
「・・・・・・・・・・はい」
えみが 言い終わるか終わらないうちに 再び恵美の中でむくむくと大きくなり、生まれて初めて抜かづの連発をしたのでした。



さて、ここまでは たぶんよく聞く痴漢話だと思うのですが、ここから私の 寝取られ願望が目覚めてしまい、妻がほんとに・・・になってしまうことになるのです。

それは私のちょっとしたいたずら心からでした



--------------------------------------------------------------------------




inserted by FC2 system