BBS1 2006/08 過去ログ


両親の妻物語 55
3番目の夫 8/31(木) 20:08:38 No.20060831200838 削除
一回目のセックスが終わって何時ものように
二人で添い寝しながらさっきの話の続きをしました。

「幸子は佐藤がいやだ 嫌いだと言いながら佐藤の『サジスト』振りは
素敵で離れられないって言ってるじゃあないか? それって
本当は佐藤の事を愛していたんじゃあ無いのか?」
父は 其の事が納得出来たから母を許せたんだと思うのですが
私は母の心の中の其処のところが一番知りたいのです。

「お父さんとも良く話したけれどやっぱり愛してなんかいないのよ。
そりゃあ一番良いのはお父さんが佐藤さんと同じくらい『サジスト』
だったらあたしは浮気なんか続けなかったわ。
佐藤さんとは綺麗さっぱり別れたわ。
でもお父さんは優しいからあたしの『マゾ』の心を
満足させるまで虐める事が出来なかったのよ。
その事はお父さんが自分で言っていたわ。

あたし淫乱で馬鹿で貞操観念が無くって楽しいほうへ
流されやすいでしょう。
だから佐藤さんと別れられなかったのよ。
そんなあたしをお父さんは全部許してくれたの。
ありがたいわー あたし本当にお父さんに感謝しているの
だからお父さんだけはどんなことが有っても
一番愛して行こうって思ったのよ。
ううん実際愛していたわ・・他の男に抱かれる度に
『やっぱりお父さんが一番素敵な人だ』って思ったもの。

佐藤さんって普通に見るとやっぱり気持ち悪いもの。
嫌らしいし汚いし・・考えがね。
その嫌なお爺さんに好きなように体を使われるって事があたしの中の
『マゾ』の気持ちを刺激しちゃうんだわ。

たとえばよ、此処にとってもハンサムで素敵な それでいて佐藤さんと
同じくらい『サジスト』男の人がいるとするでしょ。
その人と佐藤さんとどっちを選ぶとしたら?
私はやっぱり佐藤さんを選ぶわ。
ううん 愛なんかじゃあなくって あたしの中の『マゾ』の
部分だけの気持ちからすると同じ『サジスト』なら 
より一層気持ちの悪い男の人に虐められたほうが 
あたしの『マゾ』の気持ちが 一層高ぶるものね。

そりゃあ女だったら誰でも 醜い男より素敵な男の人に
抱いて貰いたいって思うでしょうね、でもねーあたしにとって
お父さん以上の素敵な男は居ないのよ。

あたしの中には二人の女がいるんだと思うわ。
好きな人を愛したい、愛されたいと思う『女の心』と、めちゃくちゃに
虐められたい 汚され犯されたいと思う『マゾ女の肉欲』と・・・

でも あたしの中の『女の心』は もうお父さんで一杯なのよ・・・
だから相手の男の外見であたしの心が動く事は決してないのよ。
だからどんなにハンサムで素敵な人でもお父さんにはかなうわけ無いわ。
あたし自身不思議なんだけど、あたしの中で男はもうこの世の中で
お父さん一人しかいないのよ。

ただ残念なのは そんな素敵なお父さんでもあたしの淫乱な
『マゾ女の肉欲』を満足させてはくれなかった事よ。
お父さんもそれを認めていてくれたのよ。
だからあたしが佐藤さんと『SMプレイ』を続ける事を
許してくれたんだわーー。

それに佐藤さんって『サド』の責めも素敵だけどセックスも素敵なのよ。
あのオチンボで嵌められたらどんな女も虜になっちゃうわ」

「じゃあやっぱり『SMプレイ』も『セックス』も佐藤のほうが
良かったんだね・・と言う事は幸子はやはり佐藤が一番好きだって
事なんじゃあないか? だから佐藤と別れられなかったんだろ?」
浅はかで自分勝手な母の話は 私にはどうもしっくり来ません。

「違うの! 全然ちがうのよ。 お父さんと佐藤さんって
比べられないのよ・・・違う世界に住んでいるようなものなの。
なんて言えば分かってもらえるかな?

そうそう、あなた山形のおばさんの事なんだけど 大姉おばさんはね
若い頃人形を集めていたのよ。 そりゃあ一杯持っていたわよ。
その中でも二つの人形をそりゃあ大切にしていてね、
あたしなんかが触ろうものなら真っ赤になって気違いのように
怒ったものなの。

一つは市松人形って言う日本人形でお下げ髪の可愛い人形だったわ。
もう一つは古いフランス人形で『なんとかドール』って言う
相当な価値のある人形だったらしいわ。
そりゃあ大事にしていたわよ。
大姉はね、お嫁に行く時 その二つだけは持っていったの
『この世の中で この子達ほど可愛くって、綺麗で 愛しい子供は
いないわ。 私の命と同じくらい大事な物だから』って言ってね。

ほら、その内に紀子が生まれたでしょ・・
あなた紀子姉さんが好きだったわね、よく遊んでもらったし。
一年位してあたしが山形へ行ったら まあびっくりした事
歩き始めた紀子が大姉の大事にしていた人形を放り投げて
遊んでいたのよ。

それを大姉が笑って見ているから、『姉さんあんな大事にしていた
人形をいいの?』って聞いたら『人形は可愛いけどそれは人形同士を
比べてたからなのよ、あなたも自分の子供を生んで御覧なさい
この世の中にこんなに可愛くて いとおしいものがあったのか?
と気付くわよ・・人形がこの世で一番可愛いと思っていたのが
嘘のようよ 目の前にパーと違う世界が広がったようで
自分の価値観さえ違ってくるのよ。
人形と自分の子供と可愛いと言えば同じに聞こえるけれども
比べるほうがどうかしているわ。次元が違うのよ・・
人形を可愛いと言う気持ちと、わが子を可愛いと言う気持ちには
雲泥の差、天と地の差くらいあるの』って笑っていたわ。

佐藤さんとお父さんを比べるのと同じ事なの佐藤さんの『SMプレイ』
が素敵だ『セックス』は素敵だって言った所で お父さんがしてくれる
愛がある愛し合ったもの同士がする『SM』や『セックス』の
素敵さとは全然次元が違うのよ比べられないの・・
お父さんに比べたら佐藤さんなんて爪の垢ほどの値打ちも無いのよ」
それでも私が納得しかねていると。

「たとえばね佐藤さんは大人のおもちゃなのよ。
今いろんなバイブがあるでしょ? くねるのや真珠の入ったのや
クリトリスやアナルまでいっぺんに感じさせてくれるのやら有るけど
佐藤さんはその中でも一番高くて最新式のバイブなのよ。
他のバイブと比べたら そりゃあ問題にならないくらい素敵で
きっと女を心行くまで満足させてくれるでしょうね。

でもね 佐藤さんがバイブだとしたら、お父さんは生のオチンボなのよ。
どんなにバイブが最新式で素敵でも 女のオマンチョは
生のオチンボが一番ほしいのよ 一番素敵だと感じるものなのよ。
あたしがいろんなバイブで遊んでいるうちは
佐藤さんが一番だと思うけど 女ですもの 
やっぱり最後は生のオチンボで嵌められたいって思うのよ」
浅はかで自分勝手な母の理論は分かったような
分からないような・・でも愛らしく濡れた瞳で見つめられると
どうでも良いかと言う気持ちになってしまいます。

私は話を変えてもう一つの事を聞きました。
「幸子は佐藤に内緒で『会長』に連絡が付いたら浮気をしたのかい?」
「えーー やっぱりしないわねーー・・あたしああ言う人って
嫌いなのよねー だって佐藤さんよりお爺さんなのよ。
佐藤さんだってあんな色気違いのおじいさんで気持ち悪いって
思っているのに真っ平よ・・もう佐藤さん一人で十分よ」

「大体 佐藤さんもそうだけど 何でお金持ちって
ああやって 何でもお金で自由に出来るって思うのかしらん?
そりゃあ お金で言う事を聞く人もいるでしょうけれども 
あたしは嫌ね・・・うふふ・・あたしが言う事を聞くとしたら
お父さんの愛と・・それから・・ふふふ・・『マゾ奴隷』の
快楽よ・・・」

「あたし思ったんだけど 『会長さん』って今の『マダム』を
お金で買ったんじゃあ無かったのか?って思ったの。
だってあの人あたしに『マダム』と離婚しても良いって言ったのよ。
『マダム』と離婚してあたしを奥さんにするって・・
そうするとさーあ、『マダム』と結婚したときにも前の奥さんを
離婚したんじゃあなかったのか?って思ったの。
いやーね あの人地獄に落ちるわね」と浅はかな母にしては
『珍しく良く人を見ているな』と このときばかりは感心しました。

「そう言えば佐藤さんだってきっと今頃地獄に行ってるわね。
あんな事ばっかりしていたから最後はほら・・野垂れ死んだじゃあない。
『因果応報』ってあると思うの」母が珍しくまじめな顔をしました。

「やっぱり人間って『因果は巡る』よ、良い事をすれば良い事があるし
悪い事をすれば悪い事が起きるものなのよ・・あの人達は
悪い事ばっかりしてきたから碌な事にはならなかったでしょ?」
母が珍しく得意そうに言うので少し かまってやりたくなりました。
「じゃあ幸子はどうなんだい? 夫を裏切って好き勝手に
浮気ばかりしていて・・・・最後まで親父に隠して
色んな男とやりまくって・・・」
そう言ったら母は急に悲しそうになりました。

「だから・・・罰が当たったじゃあない。・・・
お父さんがあんなに早くに死んじゃって・・・あたしあれから
毎日 地獄のような生活だったわ・・何回も死のう、
おとうさんの所へ行こうと思ったか知れないわ」
母は目を伏せると私の胸に顔を埋めました。

「だって、佐藤が居たじゃあないか? 今度は誰はばかることなく
佐藤と楽しめただろう?」
「うううん それが違ったのよ。 全然楽しくないの・・・
佐藤さんに抱かれても、誰に抱かれても虚しいだけなの・・・
だから佐藤さんともすぐに別れたわ・・・・
あたし判ったの、お父さんが居てくれたから、浮気ができたのよ
お父さんが後で嫉妬してくれるから、許してくれるから・・・・」
母は本当に寂しく辛そうに言いました。
その事は本当だったのかもしれません。

母の浮気は愛する夫を裏切ってするから燃えたのかもしれません。
そして その後で母がする告白と懺悔によって行われた
愛する夫の嫉妬による責めが厳しければ厳しいほどに
心から感じられる夫の愛が嬉しかったのでしょう。
そして 最後に夫の愛しい男根で女唇を貫かれ 熱い精子の放出を
子宮に感じると 他の男に抱かれ体中を汚辱され 
汚らしい他人の精子で汚された母の女唇が清められ
体の隅々までもが清浄に洗われる気がしたのでしょう。

そして何よりも 自分の犯した不貞行為が夫により許され 
今まで以上に愛し愛される夫婦になれる気がしたといいます。
つまり母の気持ちの中では 佐藤との不倫はその後で行われる
夫婦の愛の儀式とセットになっていたのでしょう。
だから夫が亡くなり 不倫の後の愛の儀式が出来なくなったときに
母の心に残ったのは虚しさだけだったのかもしれません。

父が亡くなってからの母は親としての幸せや孫の面倒を見る
おばあさんとしての幸せを感じることはあっても 妻としての幸せ
女としての喜びは二度と感じることが出来ない
遠い思い出になって行ったのでしょう。



両親の妻物語 54
3番目の夫 8/29(火) 20:51:45 No.20060829205145 削除

私は母の髪の毛を荒々しく掴むと母の顔を覗き込み
「お前はその後で『会長』と浮気をしたんだろう?」
と聞かずにはいられません。

「しませーん・・『会長さん』とはあってませーん・・」
「嘘付け!淫乱で恥知らずなお前の事だ『会長』の誘いに
オマンコを濡らして喜んで縛られに行った筈だ!」

「ほんとうよ・・ねえ・・あなた 信じてー・・・
あたし本当に『会長さん』の事はあれっきりで良く知らないのよ・・・
だってあたし・・住んでいる所だって 連絡先だって
あたしから言えるはず無いでしょ・・・
あたしが貴方の妻だって分かっちゃうし・・
破廉恥な浮気なんだって・・・
『会長さん』はあたしを佐藤さんの『お妾さん』だって
思ってたみたいなのよ・・

佐藤さんも二度と合わせて下さらなかったのよ・・
本当よー・・だって・・佐藤さんより ずーっ とおじいさんなのよ
あんな人 あたし嫌いだわ・・・・」
母は其処まで一気に喋ると 一呼吸置いて又私に
乞うような瞳で囁くのでした。
「ねえ・・あなたー・・お願いよ・・」
私は母が何を願っているのかすぐに解るのでした。

私は母の目を見つめながら 母の横に立つと持っていた鞭で
母の豊満な乳房を押しつぶすのでした。
「はあーん・・・」母は縄で猿轡をされた口を開け吐息を吐きました。
その瞳は更なる責めを求めているのです。

『ビシッビシッ』私の鞭が容赦なく母の乳首目掛けて振り下ろされます。
みるみる両の乳房は真っ赤になり 乳首ははちきれる程に勃起しました。
「あんっあんっ いやっいやーあん あっあっあああーん」
母は胸を突き出し悶えるのでした。
私の鞭打ちは更に激しさを増し 体中を打ち据えます。
内腿をブルブル震わせながら打っていると
「いや いや いやー」と言いながら母の股が開いて行き
縄が割るように食い込んだ女唇があらわになります。
母は堪らない顔つきで私を見つめ喘ぐのでした。

私達に言葉は要りません。
私の鞭は母の女唇を下から跳ね上げるのです。
「ぎゃー あーはああーーあう あうん」母の喘ぎが激しくなり
鞭の当たるのに合わせて腰が前後左右に似激しく振られます。
きっと母は女唇を割って責める縄に女唇とクリトリスを
積極的に擦りつけ快楽を貪っているのでしょう。

私も最高に興奮していました。
母の腰の動きに合わせて鞭を振ると、空いた手で母の
乳房を荒々しく掴み乳首を激しく捻り潰す様に愛撫してやります。
「あっあっあっ いいっいく いっちゃう あん いっちゃうよー
ねえ ねえ いく いくいくぅーーあんんん」
母は背中に回した延し棒に仰け反るように体を突っ張るとお腹を痙攣させながらアクメを迎えたのでした。

私は虚ろな瞳でふらつく母の縄を解くと そのままベッドに連れて行き
更なる責めを始めるのでした。
ベッドの上で枕を背にして幾分 体を起こし気味にした母の
右手と右足、左手と左足を手首とひじの所で縛りつけ 
両足を一杯に開くように左右のベッドの足に縛り付けました。
母はもう顔を上気させ口を可愛く開き 期待に息を荒げてあの
すがる様な潤んだ瞳で私を見つめます。

母の豊満な乳房に息づく 勃起した乳首には洗濯バサミが挟まれ
それに付けられたゴム紐によって左右の足に引っ張られています。
母の大きく広げられた恥ずかしい両足の付け根を隠すものは何もなく
一番下の菊座は母が息をする度に収縮を繰り返し
クリトリスは勃起してピンクの丸い頭を覗かせています。

股の真ん中にパックリと開いた女唇はヌメヌメと淫汁で濡れ
だらしなく口を開けて これも母の息遣いに合わせてパクパクと
膣の中まで覗かせています。
赤く充血したラビアにもゴム紐付の洗濯バサミが付けられて
左右に一杯に引っ張られて母の被虐感を一層煽り立てているのでした。

私は手にした大き目のヘアーブラシのハリネズミのような
串の部分で母のクリトリスを何度も叩きました。
「お前は佐藤以外の男とは全て一回きりのプレイだったと言うんだな?」
「あん あん あっはいっ・・あん みんな、いやーあん・・さ、
佐藤さんが連れてきたんですーああん いい あん・・
さ、佐藤さんの命令でーあん プレイしましたああーーいいわー
あたしからは・・あん・・一回も会いに行ってませーん・・・・
あ、あなたー 気持ちいいのーそうされると あん あたしー
ああん 狂っちゃうわーー」
私はヘアーブラシでクリトリスを叩くのをやめて変わりに体中を
ブラシで撫でたり叩いたりしました。

「佐藤はお前を自慢したかったのかも知れないな?」
「あっ!そう言ってました。何時だったか『ワシは幸子を自慢したいんだ』
って言ってました・・あん そこいい・・うふん・・」

おそらく佐藤は母を自分の知り合いに抱かせて その魅力の虜にさせ
自慢していたのでしょうか。
母を一度でも抱いた男は母の体の虜になった事でしょう。
そして佐藤に再度のプレイを申し込んだはずです。
しかし佐藤は二度と母を抱かせなったと言います。

母に会えない男達は何とかして佐藤に気に入ってもらおうと
必死になったはずです。
『ほほほ、うらやましいだろ?あんな好い女をワシは何時でも
抱けるんじゃ・・幸子はワシの『奴隷妻』なんじゃ・・』
佐藤は内心でそう思いながら優越感に浸っていた事でしょう。

その虚栄心を満足させる為にも沢山の男達に
母を抱かせたのでしょうか?
しかし一人の男に何回も好い思いをさせるほど 
佐藤は度量の広い男では無かったのでしょう。

その為 出し惜しみをしてどの男にも一回だけしか
母を抱かせなかったのでしょう。
その事は 佐藤の自己顕示欲の強さとセコイ性格が
良く現れている事と思います。

「ああ あなたー もう、お願いーーあたし我慢できない!
ねえーはやく ちょうだーい・・・」母が堪らないような声を上げました。
「何をだ?・・何がほしいんだ?」私は 意地悪く乳首やラビアを
責めている洗濯バサミに付いているゴム紐を弾きます。

「あっあっ いじわるしないでーあなたの・・あなたのオチンボが
ほしいのよ・・いいでしょー もうたまらないのー・・オマンチョに
いれてー!・・あああん 犯してーー」
「ふざけるな!散々他の男に使わせたオマンコなんか
汚くって使えるか!お前の臭い穴なんかこれで十分だ」
私は手に持っていたヘアーブラシの楕円形の柄の部分を母のヌレヌレの
女唇に突き刺し激しく出し入れしたのでした。

「きゃあーーんんああー あんあんああー やめてーーああん
やめてえーーおねがいよー あああああー」
母は激しく身を捩り、顔を振りますがそれもしばらくすると
目を閉じて口を小さく開き顎を仰け反らせエクスタシーの喘ぎを
上げ始めるのでした。
「あんあん あっあっは はっはんうんうんあうーー」

「お前は何て淫乱な女だ オマンコに入るものなら何でも良いのか?
えー?恥ずかしくないのか?こんな格好でこんな物で善がって
呆れたメス豚だ」私が言葉でなじれば母は益々堪らない顔をして
「ああん ごめんなさいあなたー あたし淫乱なの・・淫乱な女なのよー
あなたを裏切って色んな男に抱かれてきたの・・・でも信じてー
あなたを愛しているの・・誰よりも愛しているのよ・・」

「俺を愛しているなら何故佐藤なんかに抱かれるんだ!」
「ああーんごめんなさーい あなたー・・・あの人は・・佐藤さんは
あたしの・・『マゾ』のあたしの『旦那様』なの・・『旦那様』の責めが
ほしくなっちゃうのよー・・・・
『旦那様』の責めは『マゾ』のあたしにとって本当に素敵なの・・・・
あたし淫乱な『マゾ』なのよー・・ごめんなさーい あなたー・・・

愛するあなたを裏切って好きでもない『サジスト』の男に
『お便所奴隷』としてご奉仕するのが生き甲斐になっちゃったのよー・・・
そうあの人に調教されちゃったのよーー・・好きなあなたを裏切って
『おまんこ』すると あたし狂っちゃうのー!・・・あああああー

あなただけの大事なオマンチョを始めて会った
見ず知らずの男に嵌められて汚らしい精子で汚されると 
あたし あなたにすまなくって 泣いちゃうの・・・
そして泣きながら『もっと、もっとよごしてー』って・・・

あたしこの快楽から抜けられないのー!・・あん・・
破廉恥でいっ淫乱な『おまんこ』が忘れられないのよーー! 

ああっ ゆるしてーー・・・あなたの知らない男のオチンボで・・・
よがり狂うのがっ あっあたし・大好きなのよーー! 
あああーん いいーーわーー!」
母は腰を激しく振りながら叫び そして自分の言葉に
酔って行くようでした。

私は溢れ来る嫉妬と興奮で とうとう我慢の限界が来ました。
母の女唇を責めていたヘアーブラシを投げ捨てると
乳首とラビアを苛んでいた洗濯バサミを荒々しく引きちぎりました。
「ぎゃー!」母が悲鳴を上げましたがそれを無視して私のはちきれそうに
勃起した男根をぱっくりと口を開いた女唇にぶち込んで
激しく突きまくるのでした。

「ああーいいーいいのー こうしてほしかったのー・・ああいいーー
あなたのオチンボがいいー 誰よりもいいの 最後はあなたに
嵌めてほしいの・・あなたに許してほしいのよーー」

「畜生ー 勝手な事ばかり言うんじゃあない!お前なんか
離婚してやる!何処へでも好きなところへ行きやがれ!」

「いやー!いやよ いやよ! 離婚しないでー・・もうしません
もう二度と浮気はしませんから・・捨てないでーー あううん・・」
母は本当に涙を流して泣き出すのです。
父に捨てられそうになった事を思い出したのでしょう。

私はそんな母が可哀想になってキスをしました。
母も泣きながら舌を吸っています。
「ああーいいぞー行きそうだー」私はもう爆発しそうです。

「ああーあなたー 出してー私の中にあなたの精子を 
いっぱい出してーああん いいわーあたしも行くわーー
ああいい 行く、いくっいくぅーー」
母が行くと膣が『キュキュ』と痙攣して男根を激しく貪ります。
私も堪らずに射精するのでした。
射精するというよりは絞り出されるという感じがするのです。
母を抱いた男達が虜になる訳が分かる気がします。

この頃の私達親子のセックスは こんなふうに毎晩続くのでした。



ココロ(6)
黒熊 8/29(火) 15:51:55 No.20060829155155 削除

リビングのソファーでは、恥かしそうに俯いて両手で顔を覆う妻に男が何
やらしきりに話し掛けています。当然その声は私にも届いているはずです
が、呆然自失としていた私の耳には聞こえていませんでした。
私は部屋の中の二人の様子を、まるで夢でも…いや、悪夢でも見ているよ
うな感覚で呆然と眺めていました。目の前で起こっている事態が、どうし
ても現実のものだとは感じられなかったのです。

最初に目にしたのは、懸命に妻を口説き落とそうとしている若い男の姿で
した。そしてそれをきっぱりと断った妻。
それまでの経緯は判らないにしても、その時点まででしたらまだ私の頭の
整理もどうにか付いていたはずです。
しかし、大画面のテレビに映し出されている妻と男の痴態――両手を拘束
されていたと言う事から、無理矢理に犯されてしまったのかとも考えまし
たが、妻の善がり声や仕草などから見ると決して嫌がっているようなふう
でもなく、それどころか嬉々としてそれを受け入れているようなのです。
「もっと」と男の責めを強請る妻。
「好き」と告げながら、男の名前を愛しそうに叫ぶ妻。
「大きい」と告げながら、さも大事そうに男の怒張へと奉仕をする妻。
どの場面でも妻の眼差しは淫猥に蕩け切り、その男の事を心から愛しく思
っているように感じました。
そしてそれは、決して私との営みでは見せた事がないほどに、男に対して
献身的に尽くしているのです。

(…どう言う事なんだ?…一体…由紀子は…)

私は妻の本心が判らなくなりました。
確かに先程は、男からの告白を断り私の事を選んだはずです。私の事を「愛
している」とも言っていました。
しかし、画面の中で繰り広げられる妻と男の交わりを見れば、そんな妻の
言葉も全て嘘に思えてしまうのです。

――それって、由紀子さんの本当の気持ちじゃないでしょ!?…ねえッ、
もう世間体にとらわれるのはやめて…そんな体裁だけの言葉じゃなく…
由紀子さんの本当の気持ちをおしえてよッ!――

男が妻に詰め寄った時の言葉が、私の頭の中でグルグルと巡りました。男
の言うように、私を愛していると言うのは本心ではないのでしょうか。た
だ世間体や体裁だけで、本当の気持ちを押さえ付けているのでしょうか。
そして、この男の存在です。
妻は私より、本当はこの男の事を愛してしまったのではないでしょうか。
ビデオの映像とスピーカーからの音声を聞く限り、私にはそう思えて仕方
がないのです。

(もしかしたら俺は、妻に捨てられるかも知れない…)

私の心の中でそのような思いが急激に湧きあがってきました。それは嫉妬
と言うよりも、もはや敗北者としての感情のほうが大きくなってしまって
いました。
その時、呆然自失の状態で固まっている私の耳にリビングからの妻の声が
聞こえました。

「お願いッ!…もうこれ以上私を困らせないでッ!」

妻はシクシクとすすり泣きを零しながら、俯いたままの顔を両手で覆って
頭をブルブルと振っています。

「お願い…私の事も判ってッ…私には夫が居るのッ…家庭があるのッ…
だから…もうこれ以上私を困らせないでッ!…お願いッ…お願いだから
ッ…」

そんな妻の姿を見ながら、私は身動き一つすることも出来ず、ただジッと
リビングの様子を覗っているだけなのです。

「由紀子さん…」

男はゆっくりと口を開きました。

「僕は旦那さんよりも…由紀子さんの本当の姿を知っていると思う…そ
して、由紀子さんは旦那さんと一緒に居る限り…ずっと…一生…本当の自
分を隠して生きていかなきゃいけないんだよ?…それでいいの?…由紀
子さんは、それで本当に幸せなの?」

男の言葉に、妻は両手で顔を覆ったままシクシクとすすり泣きを零すばか
りで何も答えようとはしません。

「ほら…ビデオを見てよ…」

テレビの画面には、男の怒張を愛しそうに奉仕する妻の姿が未だに映し出
されています。それは決して私にはしてくれた事のない情熱的な奉仕なの
です。

「旦那さんには…こんなに激しくしてあげた事ないって言ってたよね?
…それってつまり…旦那さんには本当の自分をさらけ出せないってこと
でしょ?…でも、僕の前でだったら…由紀子さんは本当の自分になれるん
だよね?」

男は俯いたままの妻をジッと見詰めながら告げます。そしてこう付け加え
ました。

「…きっと…それが本当の愛だと思うんだ…」

そう言うと男は、顔を覆ったままの妻の両手をそっと外し、優しく包み込
むように握り締めました。そして妻はその手を払い除けようともせず、た
だ俯いてすすり泣きを洩らすのです。
そんな二人の姿を見ながら、私はもはや負け犬同然の気持ちになっていま
した。



両親の妻物語 53
3番目の夫 8/28(月) 20:33:02 No.20060828203302 削除
母にはもう時間の感覚さえ無いのでした。
ただ夢を見ているような 雲の上にういている様な
激しくは無いけれども心地よい感覚の中にいるのでした。
次から次へと男達が気だるく入れ替わり母の女唇に精子を排泄し
男達の手によって女唇を拭われ、そして又汚辱してゆくのです。
もう大広間には母しか女はいないのでしょう。
誰かが母の女唇に男根を入れて楽しんでいると 別の誰かが母の口に
男根を入れて楽しむ そうしている母の豊満な乳房を
又誰かが吸っているのです。

そんな嵐のようなひと時も過ぎ去ると 一人づつねっとりと母の体を
男が使って行きます。
そんな中 意識が朦朧としている母の乳房に食らいつき 舌先で
乳首を転がしていた男が堪らなくなり母にキスをしてきました。
当然のように母の女唇にはその男の勃起した男根がぬるりと
はめ込まれるのです。

その湧き上がる快感で母は一瞬、気が付くのでした。
「あん・・『会長さーん』」
「幸子さん・・あなたは何と言う素晴らしい女(ひと)なんだ・・・
僕は貴方ほどの女性に今まであった事はありませんよ・・・」
母を抱きしめているのは『会長』でした。
『会長』はゆっくりと楽しむように挿入を繰り返し、母の顔を
両手で愛撫しながら囁くのでした。

「幸子さん・・僕は貴方ともっとお付き合いがしたい・・・
出来ることなら・・貴方を僕の物にしたいくらいです・・
幸子さん・・今度 僕と二人きりで会いませんか?・・・」
「ふたり?・・きりで?・・」母は『どう言う事か?』と言うように
焦点の合わさらない目で『会長』を見つめるのでした。

「佐藤氏にはないしょで・・ね?・・僕と浮気をしてくれませんか?」
「なーいしょーで?・・うーわき?・・」ぼっとしている母には
『会長』の言った言葉がすぐには理解できませんでしたが
『う・わ・き・って・・あたしと旦那様はー 浮気をーしているのに・・
また浮気だなんて・・おもしろい人ねーぇ・・浮気の浮気になっちゃうわ』
などといつものように母が変な事を考えています。

「そうですよ・・誰にもないしょで・ねっ・・・浮気をするんですよ・・
そうすれば・・貴方の望みは全て僕が叶えてあげますよ・・・・
貴方は素晴らしい女性だ、ねえ・・佐藤氏と別れて 僕の『お妾さん』
になりませんか?・・もっともっといい暮らしをさせてあげますよ」

「ああーん だーめー だーめよー『マダム』にーわるいーでしょー」
「ワイフなんか構いませんよ・・貴方が望むならば僕は離婚して
貴方を僕のワイフにしても良いとさえ思っていますよ」
『会長』の腰使いが激しくなってきます。
母も次第にはっきりと女唇から湧き上がってくる快感に
体が再び汗ばんでくるのでした。

「あっあっあっ・・いいっいいのよー・・『会長さん』すてきよーー」
母はしっかりと男の体を抱きしめるのでした。
「幸子さん・・いいでしょー?・・僕の『お妾さん』になれば
もっと、もっといい気持ちにして差し上げますよー」
「ああーいいーいいのーー・・でもだめよ、だめー・・しかられちゃうー」

「おおー気持ちがいい、貴方のような可憐な人は初めてですよ。
ああーこの体・・抱き心地も最高だし、こんなに気持ちのいい
おまんこは初めてですよ・・僕だけの女になってください。
ねえ、いいでしょー・・・お金はいくらでも差し上げますよ。
だから、ね?・・僕のものになってください・・おおおー
行きそうだー・・我慢が出来ない・・・」
『会長』は射精が近い事を告げて一段と激しく母の女唇を貫くのでした。

「ああっ待って!・・『会長さーん』今度はあたしのお尻で行ってー・・
ねえーおねがいよ・・・あたしのお尻、まだ味わって
くださってないでしょー・・・後ろから・・ね、後ろからおねがーい」
母は一旦離れると うつ伏せになり 足を開き気味にして
膝を立てて 丸いお尻を『会長』の目の前に突き出しました。
『会長』は暫し  母の白いボリュームのある丸い尻と
その真ん中にぱっくりと充血しながらぬれそぼる女唇とその上に
収縮を繰り返す小さな菊花に釘付けになったことでしょう。

『会長』は母の丸い尻を鷲掴みにするとその勃起した男根を
母のピンク色に息付く菊花にゆっくりとはめ込んだのです。
「あんっ あはぁーーー」母は息を吐き 尻の穴の力を抜き、
メリメリと穴を広げて入っくる男根の感触を楽しむのでした。

もう何本もの男根で貫かれた母の尻の穴は何時もの様に
最初に挿入したときに感じる熱い痛みを感じることもなく
『会長』の太い男根を根元までくわえ込むのでした。
「あん、ふっとーい・・かたーい・・あっあっ・・いいっ
いいわーー」母は堪らずにその尻を丸く振ります。

「おおおー何ていい気持ちなんだ・・幸子さん 貴方の体は
どれも素晴らしい・・・この穴も僕だけのものにしたい・・
ああーいいーもう行きそうだ・・我慢ができないーー」
そう言うと『会長』は激しく挿入を繰り返すのでした。

「ああん・・いいのー気持ちいいのーー・・『会長』さんの
オチンボ きもちいいーー」母は激しく突かれるたびに
お尻がだんだん下がってゆき 最後は布団に腹ばいになり
両足を一杯に広げた格好で『会長』に突かれています。

「いくっいくぞーおおん」母の体の上に覆いかぶさるようにして
『会長』が行きました。
母の尻の穴をビクビク震わせて男根が痙攣し熱い精子が母の腸の
中にたっぷりと出されるのでした。
母はもう行くことは有りませんでしたが腸の中に広がる熱い精子を
感じながら幸せな気持ちになるのです。

見ず知らずの男であっても母の体で楽しんで満足して貰えたと言う
『マゾ奴隷』特有の幸福感を感じているのでした。

母は首を回すと『会長』に囁きます。
「どーお?『御主人様』気持ち良かったですかぁー?・・あたしのお尻」
「ええ、最高に興奮させていただきましたよ」
『会長』は息も絶え絶えに母の耳元に囁きます。
「うふっ『会長さん』っていつもは射精しないんですって?
『マダム』がおっしゃっていましたわー」

「ええそうですよ。いつもはね・・・でも貴方ような素晴らしい
人は始めてです・・・だから今日は僕の精子は全て貴方にささげました。
僕は益々貴方がほしくなりましたよ・・ぜひ、ぜひ考えてくれませんか?
僕だけの女になることを・・だから、ね?
今度は二人だけで会ってくださいね・・・
お金なら幾らでも差し上げますよ」
「うふふふふふ・・・・」母は笑って誤魔化したのでした。・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の家は小さいけれども総二階造りでしたので二階には
トイレのほかにウォーキングクローゼットの付いた七畳の部屋や 
押入れ付の四畳半の和室など三部屋がありました。

母と暮らし始めて一年が過ぎた頃に『リホーム』をして二階の部屋を
仕切っていた壁を取り払い一部屋の広い寝室に作り変えました。
四畳半の畳のスペースはそのまま残して
戸を閉めれば独立した一部屋になるようにしてあり、
名目上は母の寝室と言う事になっておりました。
しかし当然の事に母がその部屋で寝る事はなく
何時も私と一緒にダブルベッドで寝起きしていました。

壁や天井板は取り外しましたが構造上 幾本かの柱や梁は
そのまま広くなった部屋の真ん中近くに残りました。
しかし それこそが私と母が『リホーム』した本当の理由だったのです。
寝る為だけでは無い広い寝室のスペースが欲しかったのは言うに及ばず
部屋の中ほどに『L字形』に残った三本の柱と剥き出しの梁こそが
その後の私と母の『性生活』にどれほどの楽しみと潤いを
与えてくれたかは みなさんの想像に難くありません。

私はいつもの様に母を素裸にすると後ろ手に縛り胸にも
縄を掛けましたが、今日はその後手の両脇と背中の間に一本の木の棒
(昔はどの家にも有った延し棒です)を横渡しに差し込んだのです。
その棒に縄を縛り付け梁から母を吊ったのでした。

母のくびれたウエストに縄を回すと背中で縛り その縄をそのまま
丸い尻の割れ目を通し、女唇を裂く様に引き絞り
少し前の梁に これも吊るように結びつけるのでした。
母は女唇に食い込み 股間を責める縄目の痛みを少しでも和らげようと
爪先立ちにお尻を前方に突き出し悶えなければならないのです。

母の口には後ろ手に縛った縄がそのまま口を割るように咬まされ
引き絞られているため 顔を上げたまま白い小さな歯を覗かせながら
すでに瞳を潤ませ 熱い吐息を吐いているのです。
私はそんな母の隠微な美しい責められ姿を目で楽しみながら
ゆっくりと 周りを一回りするのでした。

私の手には乗馬用の鞭が握られております。
それを時折『ピシッピシッ』と音をさせながら回ると 私の顔を
目で追いながら母の呼吸は一段と早く熱を帯びてきます。
母は眉間に皺を寄せ切なげに私に濡れた視線を寄せるのです。
言葉を出さなくともお互いの求めている気持ちが
痛いほどにわかるのでした。

『ビシリッ』私の鞭が母の丸く息づく白い尻に振り下ろされました。
母が最初に望んだ行為です。
「あっ!うったーい!・・」口を縄で割くように縛って有る為 
母ははっきりと叫べません。
『ビシッビシッビシッ・・・』私は狂ったように鞭を振り下ろしました。
「あんっ!いたっ!いたー!あっあんあ・あ・あ・ああーー・・」
母は目を瞑り全身を震わせて腰を小刻みに前後に振ります。
母の尻は見る見るピンクに染まって行きました。

鞭打ちを一旦止めた私は母の顔を覗き込みながら手の平で母の
熱く熱を持った尻を丸く撫ぜ回すのでした。
「あああーーいいいーーーあん、あんあーー」母は先ほどの悲鳴とは
明らかに違う声を上げ私の顔をあの愛らしく潤んだ
すがる様な眼つきで見つめてきます。

母が次に何をして欲しいのか私には全て分かるのでした。
母を抱くように 後ろから豊満に息づく乳房を荒々しく
鷲づかみにすると捻り潰すように愛撫しながらもう片方の手で
女唇を裂き吊り上げている縄を掴むと小刻みに震わせてやります。

「あ、あ、あ、あ、あん あん・・・」母は全身を汗ばませて悶えます。
「お前はそうやって 誰にでも素っ裸を晒してよがったんだな?・・・
自分から縛ってくれるように頼んだんだろう?・・・こんな淫乱な
眼つきで男を誘って、オマンコに嵌めてもらって喜んだんだな?・・」
「ちがうーちっちがいまーすー・・・あああーー」
母が顔を小刻みに振るので私は母の両の乳首を
引っ張るように捻り潰しました。
「ぎゃぁーーー!!」母の悲鳴には快楽の響きが混じっているのでした。

「嘘を付け!・・何人もの男に抱かれやがって・・
俺の事を忘れたんだろう?・・・
あいつらの珍棒はそんなに良かったのか?」
「ちがう、ちがうの・・ゆるしてーあなたーあたしをゆるしてーー
ああーあっ あっ淫乱なあたしを ああぅーもっとお仕置きしてーー」
この頃では、私は母をすっかり自分の妻と思っていたのでした。
その為 過去に母が父に行ってきた裏切り行為の数々は
全て 私に対して妻が不貞を働いた様に感じて、
母の告白を聞くたびに この身を焼くような嫉妬に狂ったのでした。
そして母を息も出来ないほどに縛りつけ 泣いて許しを請うまで
毎晩のように激しく責め苛んだのでした。

当時の母も その様に感じていたと後に私に語りました。
母は私に浮気を告白するうちに 過去に夫に告白し 懺悔し
その都度 嫉妬に狂った夫に体を責められ辱められながら 
この身を包み込まれるような夫の愛情を
感じていたことを思い出していたのでした。
そして母はいつしか私の中に夫の姿を見ているのでした。



ココロ(5)
黒熊 8/28(月) 00:33:20 No.20060828003320 削除

(な…なんだこれは?…一体…なぜ?…なぜこんな映像が…)

画面の中の妻は、頭の上で両手を縛り上げられた格好でベッドに寝かされ
ていました。そしてその妻の身体の上には、今目の前に居る若い男が覆い
被さっているのです。
私は訳が判りませんでした。殆どパニック状態だったと思います。

「ほらッ!…聞いてよッ!…由紀子さんの本当の声を…もう一度ちゃん
と聞いてよ!」

リビングから聞こえる男の声に私はハッと我に返りました。
男は手にしたリモコンを何やら操作しているようです。そして次の瞬間、
リビングのサラウンドスピーカーからビデオ映像の音声が響き渡りまし
た。

『アアアッ!…イッ!…イイッ!…ア…ア…ヒロユキ…くんッ…アアン
ッ!…す、すごいぃッ!』

それはあられもなく悶え喘ぐ妻の善がり声でした。
そしてその声は、私との営みでは聞いたこともないほどに蕩け切り、淫猥
な雰囲気を醸し出しているのです。

(う…うそ…だろ…?)

私はテレビの映像とスピーカーから流れる善がり声が、今までずっと一緒
に暮らしてきた妻の物であるとは到底信じられませんでした。しかし画面
に映っているのは確かに妻であり、スピーカーからの声は確かに妻の声な
のです。

『…アアッ!…す、すごいのッ!…アアンッ!…こ、こんなの初めてッ!
…アアッ!…も、もっとッ!…アアアァァンッ!』

「イヤッ!…やめてッ!…そ、そんなに大きくしたら外まで聞こえてしま
うッ!」

「ねッ?…これが本当の由紀子さんの姿でしょう?…ほら、あんなに僕の
身体に脚を絡めて…」

『アッ!…アアッ!…すきッ!…すきッ!…アアンッ!…ヒロユキくん
ッ!…ヒロユキくんッ!』

スピーカーから響く妻の善がり声に、私は愕然としてしまいました。そこ
で妻ははっきりと、その男の事を「好き」と告げているのです。

「お願いッ!…も、もう止めてッ!…ねぇッ!…もうお願いッ!…ヒロユ
キ君ッ!…もう止めてッ!」

妻の哀願に、男はゆっくりとソファーから立ち上がると、ビデオカメラへ
と近付きました。妻はと言えばビデオを止めてもらえると思ったらしく、
恥かしそうに俯いたまま両手で顔を覆っています。
しかし男はカメラからテープを取り出すと、その横に置かれていたもう1
本のテープをカメラに入れ再びソファーへと戻りました。
そしてテレビの画面には、新たな映像が映し出されたのです。

(…なッ!?)

私は再び驚愕してしまいます。
新たに映し出された映像は、妻が男の股間に顔を埋め男根を口に含んでい
る場面でした。

『チュパッ…チュパッ…ジュルッ…ジュルルッ…』

先程の善がり声とは違い、今度は糸を引くような粘着質な水音がスピーカ
ーから響きます。

「えっ?」

俯いて顔を覆っていた妻がビクリと表情をあげました。

「ほら、由紀子さん…あれが本当の由紀子さんの姿でしょう?…あんなに
美味しそうに僕のをしゃぶって…あんなの旦那さんにもしてあげた事が
ないって言ってたじゃない…」

「あ…あ…い…いやッ…いやぁッ…」

妻は再び俯いて頭をブルブルと振りながら顔を覆い隠します。ここから見
ても、妻の耳や頬、首筋が真っ赤になっているのが判りました。

『…ジュポッ…ンムムムッ…アアッ…す…すごいぃッ…チュバッ…チュ
バッ…ンンッ…こ、こんなに…大きいなんてッ…アアンッ…ジュルッ…ジ
ュルッ…ンンムムムゥゥッ…ジュボッ…ジュルジュルッ…ンンンッ…大
きいッ…おおきいっ…』

スピーカーから聞こえる妻の淫らな言葉に、私は心を引き裂かれるような
思いになりながらも自然と視線は画面へと吸い寄せられていました。
そしてその画面に映し出されている男の男根を見て、私は愕然としてしま
うのです。

その男根は色こそ日本人のものですが、サイズ的には黒人男性のそれを思
わせるように長大で逞しいものでした。
そして妻が、その日本人離れした特大の男根に舌を絡め、喉の奥深くへと
咥え込んでいるのです。

(由紀子は…あんなモノで……)

頭からスーッ…と血の気が引くのが自分でも判りました。全身から力が抜
け、脚はガクガクと震え、私はその場にへたり込んでしまいました。
それでも視線だけは、リビングの中の二人の様子を覗き込んでいるのです。



死の淵から26
死神 8/25(金) 23:54:21 No.20060825235421 削除
義父は呆然とする私に語りだしました。
「1年前あの子は本当に抜け殻みたいだった。やっと
少しずつ元に戻り始めたのに・・・あの男がいる限り
あの子は君の元には戻れないんだ。あの子は心底後悔していた
ずっと自分を責めて・・・私はそんなあの子を救ってやりたかった」
重苦しい沈黙の中私はふつふつと湧き上がる
黒い感情を抑えることは出来なかった。
「お父さん・・・あの男は今どこにいるんですか?」
「勇君もう止めてくれ・・・あの子のことは・・・」
「うるさい!諒子は私の妻だ!あなた達がもっと早く私に相談していれば
こんなことにはならなかったはずだ!諒子は、あの男は今どこにいるんですか!?」
私は怒りに心を支配されていました。
そして義父から無理やりあの男の居場所を聞くと
私は会社に一週間の休みを申請しあの男
【黒澤勇】
のところへ向かうのです。

黒澤の転勤場所は我が家から車で3時間ほどのところで
義父の兄の所からは1時間ほどのところでした。
私は真っ先に黒澤が勤めている店に行き、敵の顔を始めて確認した時
生まれて初めて人の命を奪いたい衝動に駆られました
いつも死を隣に感じてきた私です、私は人の死をも
自らに投影し死と言うものをずっと恐れてきました。
しかし、あの男だけはあの男だけは別なのです。
私の大切な物、ずっと失いたくないものを奪っていった男
私はあせる気持ちを押さえ黒澤が店にいることを確認すると
諒子がいるはずの家、黒澤と諒子が暮らしているはずの家に
向かいました。

黒澤の家はごく平凡なマンションの4階でオートロックも無く
進入するのは容易でした、しかし私は直前になって怖気ずいていました
諒子は私を選んでくれるのでしょうか?ひょっとして黒澤を愛してしまっているのではないか?
それに子供のことも気になります。義父の話からだとまだ3ヶ月
にはなっていないはずで私は降ろしているいるはずだと思っていても
心のどこかではまだ不安なのです。

部屋に諒子がいるのかどうか確認は出来ませんでした
私は道を挟んだところにある喫茶店でじっとマンションの方を見ながら
黒澤が帰ってくるのを待っていました。
1時間ほど外を見ているとずいぶんと露出の高い服を着た
女性がマンションのほうへと歩いてきました
何となしに女性を見ていましたが近づいてくるにつれ
その女性が誰か分かったのです。
間違いなく諒子でした。





--------------------------------------------------------------------------------


死の淵から25
死神 8/25(金) 23:09:53 No.20060825230953 削除
-----妻の最後の手紙----
あの日貴方が玄関口で倒れた時、私は救急車の中で
貴方が言った愛しているという言葉を聞き
初めて貴方に愛していると言われた時のことを
思い出していました。
私が忘れていた気持ちを取り戻した時
私の前に広がっている絶望の淵に気がつき
自分の過ちを・・・どこで間違ったのかのかを
気がついたのかもしれません。
私の人生が狂ったのは決してホテルで乱暴されたからでは
無いのです。私は私自身で貴方を裏切ることを
選んだ時から貴方に平気で嘘をつける人間になってしまった。
貴方には謝っても謝り切れないほど酷いことをしました。
もう元には戻れません。
貴方の人生にご多幸があらんことを

              諒子
---------------------------------------
手紙には離婚届が同封されていました。
私は何も言えず、ただ妻のことを考えていました。
それでも私は妻を愛しているのだろうかと
幾度も自問自答しました。
妻を取り戻したい、私の妻は諒子だけだ
何度考えてもそう思えました。
私は何としても妻に会うべく義両親に
妻に会わせてくれと詰め寄りました。

最初妻の両親は答えをはぐらかし
妻の居場所を教えようとはしませんでした。
私は「なら何としても調べてやる。興信所を使っても
妻の手紙から大体の場所は分かってるんだ
このまま離婚なんて納得できるか!」
と言い義父兄の住所が分かるものを調べ始めました
義父が止めるのも聞かず、電話帳を調べ
はがきを調べ義父兄の住所が分かると
とうとう義両親も観念したのか
肩を落としながら義父が
「勇君・・・すまないあの子は今兄のところにはいない」
「どういうことですか!?今諒子はどこに?」
私の剣幕に義母が驚き
「勇さん諒子は・・・」
というと義父が義母を制し
「あの子の行き先はおそらくあの男のところだろうと思う。」
「あの男?店長のことか!?」
「そうだ・・・あの男は、すまない私達が馬鹿だったんだ
私達があの男の脅しに乗ってしまったばっかりに・・」
「脅し?」
「私はあの子のことを思ってあの男と話をつけ様とした
このままあの男に証拠を握られたままでは、諒子は君のところへ
戻れない、だから私はあの男に金を・・・」
「お父さんまさか・・・」
「あんな卑劣な男がいるなんて・・・」
「お父さん落ち着いて事情を話してください」
「私はあの男を探し出し一切関わらないことを約束してくれと
話に言ったんだ。こちらから訴えないことと引き換えにと
そうしたらあの男は
『訴えるのはあなた達ではなく旦那さんでしょう?
そうですね旦那さんに訴えられたら仕方ないでしょう
でも旦那さんこのこと知ってるんですか?
知らないなら気の毒だから俺が教えてあげようかな』
とあの子の卑猥な写真を取り出し
『これがいいな・・・教えるだけじゃ信憑性無いから
これも一緒に送ることにしよう』と言うのだ。
私がそれだけはやめてくれ!と頼むと金を要求され仕方なく・・・」
「何故!何故ですか!私に相談してくれればこんなことには・・」
「もうこれ以上あの子を傷つけたくなかったんだ!」
「いくらです・・・全部で」
「積もり積もって500万ほど・・・」
「1回じゃなかったんですね?でも何でそれが諒子がいなくなる理由に?」
「あの子は知ってしまったんだ私達が脅されているのを・・・
それで私に隠れてあの男のところへ会いに行ってしまった。
そしてまた隠れてあの男と会っていたんだ・・・私達は元気を取り戻したと
思っていて・・・兄の店で手伝いをしていたからまったく疑ってなかった
まさか夜に抜け出して会っているなんて・・・そして気がついたらあの子は妊娠を・・・」
「何ですって!?」
私は目の前が真っ暗になるのを感じていました。



両親の妻物語 52
3番目の夫 8/25(金) 20:43:19 No.20060825204319 削除
幸子さん・・私達も殿方に抱いてもらいに行きましょう!」
目を輝かせて『マダム』が潤んだ声を出しました。
セックスの余韻に浸りながら唇をむさぼる二人を残して 
母と『マダム』は大広間へと向かうのでした。
その後で母は残りの『オーナー』とプレイをするのでした。

母は佐藤を除く『オーナー』と一通りプレイをした事になります。
そして又、大広間に戻ると 時刻は午前一時を当に回っておりました。
大広間に戻った母を待ち構えていたのは、『お助け人』による
本格的な『SMプレイ』でした。
母は舞台に追いやられて縛られ鞭打たれ、浣腸の辱めを受け
女唇を陵辱されながらの蝋燭責めなどありとあらゆる虐めを
受けるのでした。

舞台下の大広間には、入れ替わり立ち代り 部屋でプレイを
楽しんだ男女が一息の休息を求めて集まります。
裸の男女がおのおのソファーに座り グラスを傾けて
まるで『SMクラブ』のショーを見るように母の体に加えられる
凌辱を見て楽しみ、時には責め手として参加するのでした。

途中で母は佐藤の姿を見ました。
母が佐藤に『ああん だんなさまーあたしをいじめてーー』と
その濡れた瞳を向けてすがる様に見つめているのに
佐藤は一向に気にする様子でもなく 薄ら笑いを浮かべて
酒を飲み 母が他の男達に汚辱される様を見ているのでした。

佐藤の回りにはすぐに女がまとわり付、一休みするかしないかで
その女の肩を抱きながら大広間を出てゆくのでした。
『ああーいやー 旦那様―その人を抱かないでー
あたしのオマンチョを使ってー・・』と言う
母の心の叫びは無視されるのでした。
当然のように母を責め苛む男達は入れ替わり立ち代りして 
際限なく汚辱プレイは続くのです。

時折、広間に引かれた布団の上で もつれ合う男女もいます。
母は後になって気が付くのですが、大広間の舞台上は
『SMプレイ』の場として使われて、舞台下の中央にひかれた
数組の敷布団は『乱交セックス』用に使われているのです。
其の為 大広間全体が、淫靡な世界に包まれているのでした。

体を亀甲縛りにされた奥様が、首輪に付けられた鎖を
男に引かれて四つん這いで広間にやってきました。
体を縛る縄目は、まるでボンレスハムのように贅肉を搾り出し
股間の女唇とアヌスには、太いバイブが嵌められて
抜けないように細紐で腰に固定されております。

鎖を外した男は、「さあ!メス豚!ご主人様たちに嵌めて貰え!」と
奥様を足蹴にして転がして 
自分はソファーに腰を下ろして酒を飲み始めました。
メス豚奥様は、のろのろと起き上がるとソファーに腰掛けた別の男の
ところへ這って行き「ご主人様、どうかメス豚のいやらしいおまんこに
嵌めてください!」と言って土下座をするのでした。
男は面倒くさそうに「お前の汚いおまんこなんか誰が使うか!
それより可愛がってやるからケツを向けろ」と言いました。
メス豚奥様が尻を向けると 男はいきなりそのぶよぶよしている尻を
『ペタン、ペタン』と引っ叩きながら女唇に突き刺さって静かに
唸りを上げているバイブを『ズコズコ』出し入れするのです。

「あっあっ・・いいいー あんあんいいーー」とメス豚奥様は
それこそ豚のようにヒーヒー鼻を鳴らしながら身悶えるのでした。
しばらくして「なんてきたねえケツだ!」と言って男が
メス豚の尻を足蹴にしました。
布団に顔をつんのめらせた奥様は恨めしそうに男を見上げると
のろのろ起き上がり今度は別の男の前に這って行き
「ご主人様、どうかメス豚のいやらしいおまんこに嵌めてください!」
と土下座をします。

どうやらこうしてメス豚として皆に虐げられ虐められる事に
この奥様は喜びを感じているようでしたが、それを舞台の上で
見ていた母は「あの人なんて惨めなんでしょ・・
でもあんなに醜くい豚のような体では、殿方に嫌われて当たり前だわ」
と自分だって佐藤から『メス犬』扱いされて女唇から熱い淫汁を
溢れ出させている事も忘れて 優越感に浸っているのでした。

「口でチンポを立たせたら嵌めてやるぞ」と言う男にメス豚奥様は
喜んで股間に武者振り付いています。
「ようし、立ったぞ・・どけ!」と男はメス豚奥様を跳ね除けると
つかつかと舞台に上がり 片足立ちで吊られていた母の前に来ると
その赤く充血してパックリと口を開いた母の女唇に
勃起した男根をはめ込んで腰を激しく動かしました。
眼鏡を外していて気が付かなかったのですが母と最初に
『プレイ』した男性でした。

「ああーいやー、ご主人様―私に嵌めてくださーい!」
メス豚奥様の悲鳴が上がります。
「ご主人様―ご主人様―私に、私にオチンチンを嵌めてくださーい」
とメス豚奥様が舞台に上がり 男にすがりつき泣き出すのでした。
「うるさい!あっちへ行ってろ。お前の汚い臭いおまんこより
こっちの若いおまんこのほうが良いに決まってるだろ」

母ももう気持ちが良くって堪りません。
「うおおーいいぞー出すぞーおうっー」と男が絶頂を迎えたと
同時に母も行くのでした。
息も絶え絶えの母の女唇より出されたばかりの男の精子が流れ落ちます。
「おー気持ちが良かった。さあ、メス豚、舐めて綺麗にしろ」
と男が舞台の淵に腰掛けます。
メス豚奥様は恨めしそうにそれでも嬉しそうに
男の汚れた男根をしゃぶるのでした。

「さあ、幸子さんのも綺麗にしろよ。
俺を気持ちよくしてくれたんだからなよくお礼を言うんだぞ」
そう言われたメス豚奥様は、ぐったりと縄で吊られた母の股間に
口を付けると『ジュルジュル、ペロペロ』舌を使って
男の精子を綺麗に舐め取るのでした。
母は初めて女の人から女唇を舐められて 
恥ずかしいやらくすぐったいやらで身悶えるのでした。

「幸子さん、ご主人様のオチンチンを気持ちよくさせていただいて
どうもありがとうございました」後で分かるのですが
母を犯した男とメス豚奥様はご夫婦だったようでした。
そのうちにメス豚奥様は、また誰か他の男に連れられて
大広間を出てゆくのでした。
こうして入れ替わり立ち代り男と女が出入りする大広間で
母は其れこそ朝まで犯され続けるのでした。

いつしか母は大広間の中央にひかれた敷き布団に移されて
次々と男達に汚辱されてゆくのでした。
母だけではなくて 体の疼きに耐え切れない奥様達が
二人・三人と輪になり 母の周りで男達に凌辱されながら
喜びの涙を流し 野獣のような咆哮を上げるのです。
男達は誰彼構わずに 空いている女の穴に端から勃起した男根を
嵌め込んでは楽しむのです。

奥様達は自分こそが 一番気持ちが好いセックスをしているんだと
言わんばかりに大声を上げて のた打ち回り目の前にある
男根に武者振り付き尻を振り アクメの快楽にその裸体を
貪欲に痙攣させるのでした。

〔 「もうあたし大変だったわよ。次から次へと犯されて
眠る暇もなかったわー 男はみんなあたしを抱きたがったのよ。
もう最後のほうは全然感じないの。
行き過ぎると感じなくなるものなのね。
ただ男に穴を使わせているって言う感じよ。
もてるのも辛いって思ったわ」と浅はかな母は言いましたが、
本当にそうだったのでしょうか?
私には自分勝手な母の言い分ですから そのまま鵜呑みには出来ません。
本当のところは、そうではなかったような気がいたしました。

だいたい『皆が母を抱きたがった』と言うのは、これは
無理の無い話しで この会に参加した人はだいたいが顔見知りでした。
その中で初めて参加した母を一度は抱こうと思うのは
男として当然の事だったでしょう。
その上、朝まで犯され続けたと言うのも無理からぬ事だと思えるのでした。

だいたいがその会は、男達が『女奴隷』達を好き勝手に犯しているよう
に見えてその実、女性の意思を最大限尊重しているように思えるのです。
その証拠に女性が『もうプレイをしたくない』と思えば自分の部屋に
逃げ込めばいいのですし、そこで休息した後に又抱かれたくなったら
大広間に行けば良いのでした。

と言うことは、大広間に女性がいる限り男は、出来うる限りその女性を
満足させなければ成らなかったのでしょう。
そして母はその大広間に朝までいたのでした。
おそらく男達は必死に母を満足させようとしたのでは
なかったのでしょうか。
男達は母のことを『恐ろしく淫乱で好きものの女だ』と思った事でしょう。
そんな所が真実だったのではないでしょうか? 〕



ココロ(4)
黒熊 8/25(金) 16:41:39 No.20060825164139 削除
男の顔が…いや、唇が、妻の唇へと近付きます。
妻はこの男の口付けを本当に受け入れるつもりなのだろうかと、私は気が
きではありませんでした。
しかしその時です――ハッと我に返ったように顔を上げた妻がグイッ…
と男の身体を押し返したのです。
息も詰まる思いで見ていた私も、ホッと胸を撫で下ろしていました。気付
けば掌は滲み出た汗でグッショリと湿っています。

「…ヒロユキ君…本当にごめんなさい…あなたの私に対する気持ちが本
気だと言うことは、充分理解できるわ…でも、もう何度も言うようだけど
…私の気持ちは変わりません…私は今の生活を壊す気はないの…それに
…主人のことを今でも愛しているんです…」

ゆっくりと男を諭すように告げる妻の言葉に、メラメラと燃え上がってい
た嫉妬心が少しだけ鎮まるのが判りました。
今までにどんな経緯がこの二人の間にあったのかは勿論気になるところ
でしたが、最終的に妻の出した結論は私の事を選んでくれたのです。
それも私を目の前にしてではなく、やんわりと遠回しにでも断れるような
私が居ない状況の中で、妻ははっきりと男に私の事を愛していると告げた
のです。

「嘘だ!…それって、由紀子さんの本当の気持ちじゃないでしょ!?…ね
えッ、もう世間体にとらわれるのはやめて…そんな体裁だけの言葉じゃな
く…由紀子さんの本当の気持ちを聞かせてよッ!?」

男は妻の肩を揺さ振るようにしながら尚も詰め寄ります。

「判ってッ!…これが私の本当の気持ちなのッ!…ヒロユキ君が私の事
を想ってくれる気持ちは嬉しいけど…私はそれに応えることは出来ない
のッ!…ごめんなさいッ…ごめんなさいッ…」

「そんなのッ!…そんなの信じられないよッ!」

男の手を払い除けようとしながら告げる妻に、ヒロユキと呼ばれる男は尚
も食い下がるようにして妻の肩にしがみ付きます。
私はそろそろ潮時だなと思い、意を決してリビングへと踏み込もうとしま
した。
しかしその時です。男の発した言葉に私の身体は硬直してしまうのです。

「じゃあなんなのッ!?…このビデオに映ってる由紀子さんは嘘だって
言うのッ!?…違うでしょ?…これが本当の由紀子さんなんでしょ
う!?…ねえッ!…お願いだから本当の事を言ってよッ!…ねえッ!」

男の言葉に、私はアダルトビデオの事を思い出しました。
妻と男の会話と様子に全神経を奪われていた私は、最初疑念を抱いたアダ
ルトビデオの事などすっかり忘れてしまっていたのです。

男が再びテーブルの上の小さなリモコンスイッチを取り上げ、テレビの方
へと向けて腕を伸ばしました。私はその伸ばされた先へと視線を移します。
そこで気が付いたのですが、テレビの前にはハンディタイプのビデオカメ
ラが置かれています。それから伸びるコードがテレビの正面にある入力端
子へと繋がっていました。
ビデオカメラが我が家の物ではないと言う事はすぐに判りました。と言う
事は、それは男が持ってきた物なのでしょう。そして、先程まで画面に映
されていた映像もこの男が撮影したものであろうと推測できました。

男がリモコンの再生ボタンを押したのでしょう、テレビの画面には再びア
ダルトビデオが映し出されました。

(…えッ!?)

私は一瞬で度肝を抜かれてしまいました。
テレビの画面に視線を集中すると、そこに映し出されている男と女の姿は、
紛れもなく今ここに居る若い男と、そして私の妻である由紀子だったので
す。



死の淵から24
死神 8/24(木) 22:04:32 No.20060824220432 削除
そこからは私もどうやって家についたのか憶えていません
ただ病院から夫の両親に連絡したのだけは憶えています。
家に帰ると玄関で夫が倒れたことが思い出され
もう自分自身でどうしたらいいのか分からなくなっていました。
しばらく玄関口で呆然としていると
「来ないと思ったら・・・旦那でも死んだか?」
と聞こえました。私が振り向くとそこに立っていたのは
店長でした。私は首を横に振りました
「じゃばれたって所か・・・・」
不思議と店長を見ても何にも感じません
憎いともすがりたいとも・・・感情自体無くなっていたかも知れません
店長はゆっくり私に近づき
「もう君に行く場所は無いだろ?今度私は転勤になる
なんなら君の面倒は俺が見てやるから一緒にくるか?」
と言い、そして私は肩を落とすように頷いてしまいました。

私は考えることを止めて淡々と家を出て行く準備をしていました。
しばらくすると子供が帰ってきたのが分かり
子供を両親に預けなければと思い、両親に連絡したのだと思います。
このときのことははっきりとは憶えていません
ただ子供達は私の態度に不安を抱いたのか泣いていたのだけは
なんとなく憶えています。そして車に乗り出て行こうとした時
私の前に田中さんが立っていました。
田中さんにも暴言を履いたと思います、しかしあの時田中さんが
私を止めてくれなければ私の末路は店長の慰み者になっていたのだと思います。
田中さんの家に向かう途中私は色々考えていました
これからのこと、夫とのことそして店長のこと・・・・

田中さんの家で美鈴さんと話しながらも私はどこか現実離れした感覚の中に
居ました。田中さんたちと話している間も現実感に乏しく
自分が何を言ってるのかよく分かっていませんでした。
夫を裏切ってしまった、でもずっと夫を愛していたはず
しかしそれが本当なのかと考えると・・・・
店長が憎い・・・でも関係を止められなかったのは私
夫の前からいなくなりたい・・・・私には夫の前に出る勇気は無い
じゃ子供は?でも私が居ては夫をもっと苦しめる
逃げたいだけ?そうかもしれない・・・
どうすればいいのか・・・私には全然分かりませんでした。
田中さんに「これからどうするの」と聞かれても
私にはちゃんとした答えなど無いのです。
このときも私は全ての責任を店長に押し付け
私は悪くないとそう自分に言い聞かせるのが精一杯でした。

次の日から私は結局店長の所へ行くことも無く、また仕事にも行かず
何も考えずただ子供の世話だけをしている状態でした。
私の様子を心配した田中さんが両親に連絡し
私を父の兄の元へ預けることが決まったときもどこか人事のように
感じていました。子供の前でだけ見せる正気の部分と
一度子供がいなくなるとまるで幽霊のような私を見て
このままでは夫も私も壊れてしまうと考えたのでしょう。
私は夫と一生会わないつもりで父の提案を受け入れ
夫が退院する直前私は夫の前から姿を消しました。



死の淵から23
死神 8/24(木) 21:52:37 No.20060824215237 削除
次の日夫は私に「久し振りに2人で出かけないか」
と言ってくれました。
夫は私が理不尽な態度を取っているにもかかわらず
それでもなお私に優しいのです。

どうして私は店長との関係を切れないのだろう?
これ以上夫を騙し続けていくことに何の意味があるのだろう
店長が飽きるまでずっと私は夫を拒否し続けて生きていくのだろうか?
それは夫を愛してるのではなく、私自身この生活を
無くしたくないだけなのでは無いだろうか?
今の生活を無くしたくないことと夫を愛していることは
同じことなのだろうか?だからと言ってこんなことを続ける理由なんて無いのに
私の中で答えの出ない問答が延々と繰り返されていました。
しかし夫が家にいるにも関わらず
無意識にお風呂に入って準備をしている私がいるのも
また紛れも無い事実です。

そのような自分の姿を鏡で見ながら私はどこで
間違ってしまったんだろうと考えていました。
体を拭き下着を履きドライヤーで髪を乾かそうとした
その時浴室の扉が開きました。
夫がそこに立って私の姿を見ているのです。
私ははっと気が付き「見ないで」と声を上げ泣いてしまいました。
夫は一時唖然とし、そして次の瞬間私に覆いかぶさり私の下着を
剥ぎ取ったのです。私の秘部は店長に剃られていましたから・・・
夫は私の秘部を見るとそのまま固まってしまい、その隙に
私は下着を手に取ると一目散に寝室へと向かいました。
何も考えられない・・・ただ何もかも無くしてしまった実感だけは
私の中に確かな事実としてありました。
『もうここには居られない・・・私は必要ない』
その言葉だけが頭の中を支配しています。
寝室から出るとき夫と鉢合わせし、一瞬夫の顔が見えました
その瞬間私は背中がちりちりと痛みそして
夫を突き飛ばし涙がこぼれるのが分かりました。
夫の手を振り切り玄関に向かう短い間ただここから逃げることしか
考えていませんでした。
私はこうなっても最後まで夫に向き合うことから逃げたのです。
玄関口で夫に捕まり私は何も考えられず、ただただ泣くことしか出来ないで
夫に何も言えず手を振り払おうとしていました。
その時夫が突然胸を押さえその場に蹲り何か言いたそうに口を開くと
そのまま倒れ、そして私は頭を抱え泣き叫ぶことしか出来ませんでした。
夫の呼吸が乱れぐったりした時、私はとっさに救急車を呼び
呼吸器を夫の口に当て、泣きながら必死に救命措置をしていました。
救急車が来て夫に付き添いながら夫の手を握っていると自然と
「ごめんなさい、ごめんなさい」
と言っている自分に気が付きました。そして夫がかすかに口を開いて
「諒子・・・諒子・・・」
と私を呼ぶのです。そして夫に顔を近づけたとき夫は
目を閉じながら
「すまない・・・愛しているんだ諒子・・・」
とうわごとのように言っているのです。
私はその場で崩れ落ち頭を抱えながら震え、救急隊員の人に抱えられなければ
車を降りることも出来ません、そしてしばらく椅子に座っていると看護士さんに
「大丈夫ですか・・・旦那さんは命に別状は無いようですよ。安心してください」
と言われた時私は人目を憚らず号泣してしまいました。
看護士さんは私の身を気遣いながら
「これだけ思ってくれる奥さんが居て旦那さんは幸せですね」
と言うのです。私は思わず「貴方に何が分かるの!」
と怒鳴ってしまいそしてすぐに自分がしてしまったことを思い出し
気が狂いそうになりました。



両親の妻物語 51
3番目の夫 8/24(木) 20:17:48 No.20060824201748 削除
〔 「あたし久しぶりにあんなに激しく虐められたんで 
もう気持ちよくって、もっともっと気持ちよくしてもらいたくって
『会長さん』の首に腕を回すと『キス』をお願いしちゃったわ。
そしてその後で・・・うふっ・・・『オマンチョさわって』って
うふっ・・・あなたにいつもお願いしているでしょ?・・・
あたし・・・もっともっと嵌めてもらいたくなっちゃったから
『会長さん』にお願いしちゃたの・・・」

私の腕枕で『SMプレイ』の余韻に浸りながら何時もの様に
母の『浮気話』を聞いていた私は 其処まで聞くと急にたまらない
気持ちになって、母の顔を両手で掴むとその濡れて愛らしい唇に
むしゃぶりつきました。

上になり下になり転がりながらお互いの舌を吸い合い、
飽きもせずに唾液を味わっているのでした。
その後でお互いに顔を見詰め合うと母が息を荒げながら
可愛らしく恋媚に満ちた瞳を向けて たまらなくなったように
「・・あなた・・・オマンチョさわって・・・」と言いながら
すらりと伸びた両足を一杯に開いて女唇を突き上げるように
腰を上げました。

私は吸い込まれるように指をそのヌレヌレの女唇に潜り込ませると
ゆっくりと愛撫して行きます。
「あっあっ・・ああー」母が眉間に皺を寄せながら
その可愛らしい唇をだらしなく開けてピンクの舌を覗かせます。
私の指の愛撫が激しさを増し、勃起したクリトリスまで
さすり始める頃には、母の強張った顔からみるみる力が抜けて行き
すがるように私を見つめていた瞳はいつしかぼんやりと夢見心地の
色になりその小さい顎を突き出すように仰け反ると
可愛い喘ぎを上げ始めるのです。

「あん、あん、あうっあん、あーん」
母の愛らしく喘ぐ姿は きっと母を抱いた全ての男を
虜にしたことでしょう。

おそらく母は その『会長』にも あのすがる様な濡れた瞳で
『オマンチョさわって・・・』と自らの股を開き、
腰を可愛らしく突き上げ 男の目の前にそのしとどに濡れて
ピンクに染まった女唇を 恥ずかしげもなく晒したのでしょう。

『会長』は指で母を好きなだけ凌辱して夢見心地にさせると、
母が見せる清楚で妖艶な表情に堪らなくなり 狂暴に勃起した
男根を激しく母の女唇に嵌め込んで好きなだけ汚辱し
汚い精子を母の可愛らしい女唇の奥深く
何度も何度も射精した事でしょう。

私はその光景を思い描くと強い嫉妬心が沸き起こるのでした。
母の股間に乱暴に腰を入れると私の勃起した男根を女唇に激しく
ぶち込んだのでした。
「あう!あん!」母は一瞬 我に帰ったように目を見開き体を
痙攣させますが又直ぐに快楽の海に沈んで行くのでした。

「お前はそうやってどんな男にも股を開いてオマンコを
使わせていたんだな・・・俺がいるのになんて言う淫乱で
恥知らずな女なんだ・・・」私はいつの間にか
父の気持ちになっておりました。
二十年近く前の浮気話なのに 今私の腕の中で愛らしく悶えている
この女は 自分の妻でありながら他の男の男根を喜んでしゃぶり
股を開き 濡れた女唇に向かい入れ喜びの涙を流し、
アクメに悶え狂う裸体の狂態を何人もの男に晒したのです。

「ああーん・・あ・あな・たー・・ごめんなさーい・・
ああんーいいわー・・あた・しー・・いんらんなのーよー・・・・
あいしているのーよー・・あな・たーを愛していながら・・
いいっ あん きもちいいーー・・ほかの・他の人に抱かれて
・・・・・『マゾ』なの・・いじめられると・・・
誰にでも 抱かれたくなっちゃうのー・・ごめんなさーい・・」
母も又 その頃の妻に戻っていたのでしよう。
母の目に私は息子ではなく 愛する夫、父の姿を見ていたのでしょう。

「ああうっ あん、あん・・あなたのオマンチョ・・
また汚しちゃったの・・ごめんなさーい・・あんったまんなーい・・
気持ちよかったの・・気持ちよくって狂ったの・・ああーー
いいーーきもちいいーーあなたのオチンボが一番いいーー・・・
清めて!あなたのオチンボであたしの・・淫乱マンチョを
清めてー!・・他の男の汚い精子で汚された淫乱マンチョを
きよめてーー!・・・あああーーー!」
こうして何時もの様に私と母のセックスが始まってしまうのでした。
思えば父もこうやって母から佐藤との『プレイ』の話を
聞きだしながら 燃え上がる嫉妬の情火に身を焦がし
母を力一杯抱きしめ 責め苛んでしょう。 〕


『会長』とのプレイも終わり 廊下に出たときにこれも
プレイを終わらせた『マダム』に偶然に逢いました。
「まあ、幸子さん主人とプレイしてくださったの?・・・ありがとう」
と顔を上気させてとても楽しそうでした。
母の体も当然ですが『マダム』の二の腕や胸や太ももには
くっきりと縄目の跡が幾筋も付いているのでした。

そんな裸体を恥ずかしがるどころか、むしろ見せびらかすように
誇らしげに二人は廊下を歩きます。
母も勿論そうでしたが、プレイが始まると男も女も皆
素っ裸で別荘中を歩き回るのが当然のようになり 
生き生きと楽しそうだったそうです。
二人は連れ立って大浴場に行くのです。

これもこの会の決まりごとなのでしょうか?
一プレイが終わる毎に男も女も身を清めるのでした。
とくに母のように中出しセックスをした場合は
次の相手のためにシャワーで膣の中を洗う必要があったのでしょう。

『マダム』と大浴場へ向かう廊下の途中で母の女唇から
先ほど『会長』が出した精子があふれ出てきました。
「あっ!」母は思わず立ち止まり 
何も持っていないので素手で股間を拭うのでした。
それを見た『マダム』が思わず
「まあ! 主人・・・射精しましたの?・・」と驚きの声を上げます。

「ええ・・中で出していただきましたわ?」
『マダム』が急に何を言い出したのか理解が出来ない母が答えると
「まぁー!・・・珍しいわぁー・・家の主人は決して射精しませんのよ。
一回り目わね・・『もう歳だから何回も出来ない』って言って
全員の奥様を満足させるまでは『僕は射精をコントロール出来るから
精子を出さないんだ』っていつも言っていますのよ・・
『僕ぐらいになると「接して漏らさず」の境地なのですよ』って
威張って言っていたのに・・・珍しいわー・・・
よっぽど幸子さんの体が素晴らしかったんだわ」とちょっと嫉ましげに
感心したように、あるいは嫉妬が混じった目で言うのでした。

母は内心『「会長さん」は「ワイフの体より幸子さんの体の方が
比べ物にならない位 素敵です」って言っていたのよ・・
それに二回も私のオマンチョの中で射精してくださったのよ』
と思ったのですが、さすがに『マダム』の前では口に出来ませんでした。

この別荘は、元は温泉旅館だったために混浴の大浴場と女性用の
小浴場が有りましたが、今日は大浴場のみ湯が張ってありました。
浴室に入ろうとして母は一瞬ためらいました。
何と洗い場の中央にマットを敷いて今まさに男女が
セックスをしている最中だったからです。
女はあの単独参加の女性で〔 皆に『よりこ』さんと呼ばれていた
そうです 〕相手をしているのは、若い独身の男の内の一人でした。

『お助け人』と呼ばれる三人の若い男は、『オーナー達』のように
部屋を与えられておりませんでした。
その為『お助け人』とプレイする場合は、主に大広間が使われて
おりましたが、もう最後の方になると廊下だろうがトイレだろうが
階段だろうが何処でもセックスしていたそうです。

大浴場には当然のようにマットが敷かれいつでもセックスが
出来るようになっていたのでした。
二人も此処でローションプレイを行っていて
今まさに仕上げのセックスをしている所なのでした。

そんな二人の激しい喘ぎ声が響き渡る洗い場で 母と『マダム』は
楽しそうに話をしながら股間にシャワーを当てて 
膣の中に出された精子を洗い流しているのです。
常識的にはこんなに破廉恥な行為は考えられませんが、
別荘と言う非日常の空間の中で行われる 同好の者達による
アブノーマルなプレイの中にドップリと浸った今の母には、
違和感や嫌悪感など起こるはずも無くかえって積極的に
この淫靡な世界に飛び込み 溶け込んでゆくのでした。

「ああーええわあーー おめこ、ええわーー」と関西出身らしく
『よりこ』さんの艶やかな喘ぎ声が響きます。
湯船に浸かり、目と鼻の先で繰り広げられている痴態を見ていた母は
『なんて色っぽい声を出す人なんでしょ・・・・
あたしも「おめこー」なんて言ったらお父さんや旦那様が
喜んでくれるかしら?』と思ったそうです。
そのうちに「あ、あ、ええ、ええわーおめこ、おめこええーお、
おめこーおめこー・・・」
と『おめこ』を連呼しだして女の体が激しく震えだしました。
「あっ!よりこさん・・そろそろ行くわよ・・」
母にくっ付く様に寄り添った『マダム』が囁きました。

「あっあっあっ おめこー! おめこっおめこー!
おめこっおめこっおめこっ!・・うん!」
と女が顔を真っ赤にして力むと体を震わせて男にしがみつきました。
瞬間に男のほうもお尻を『キュ』と引き締めたかと思うと
激しく突き上げました。
『あっ!男の人も行ったわ・・』と母にも男が行ったのが分かるのでした。
目の前の繋がった二人ともが息を呑み 体を痙攣させております。
きっと女の女唇の奥深く嵌め込まれた男根より熱い精子が子宮めがけて
大量に放出されているのでしょう。
見ている母は、思わず自分の膣の中に熱い精子が
出された感じがするのでした。



ココロ(3)
黒熊 8/24(木) 17:34:25 No.20060824173425 削除

明々と照明の灯ったリビングのプラズマテレビには、なにやらアダルトビ
デオらしき映像が映し出されています。
そしてその正面に位置するソファーに、妻と若い男が隣り合って座ってい
るのです。
妻が夫の留守の間に若い男を家に上げていると言うだけでも信じられな
い事ですが、まるで恋人同士のようにソファーに並んで腰掛け、なんとア
ダルトビデオを鑑賞しているではありませんか。

実は私も以前、妻にアダルトビデオを一緒に見ないかと誘ってみたことが
ありました。しかしその時は「何ばかな事いってるのよ」と軽くあしらわ
れた事があるのです。
それがどうでしょう、今妻は私以外の男とソファーで隣り合ってアダルト
ビデオを鑑賞しているのです。

男の年齢は、見た目だけで判断すると20代半ばと言ったところでしょう
か。妻の由紀子よりはかなり若いようです。
それでも、私は妻の年齢を知っているからそう思うだけであって、年齢よ
り若く見られることの多い妻とその男は、何処にでも居る普通のカップル
のように見えます。

男がテレビの画面を指差しながら妻に何やら囁き掛けると、妻がイヤイヤ
と首を振るような素振りを見せているのが判ります。きっと男が無理に見
せようとしているアダルトビデオを、妻が恥らいながら断っているのでし
ょう。
男は何度か画面を指差し妻に見るように勧めているようですが、妻は俯い
たまま見ようとはしません。そこで男はようやく観念したようで、ソファ
ーの前にあるテーブルから小さなリモコンスイッチを取り上げビデオを
停止させました。
その後も男はしきりに何かを話し掛けているようで、妻も何やら言葉を返
しているみたいですが、閉じられたサッシ越しでは二人の会話を聞き取る
ことが出来ません。

私はもしやと思いサッシに指を掛けました。
妻は部屋の空気の入れ替えをするためによくサッシを開けているようで
したし、きちんと戸締りをするのは就寝前のようでした。
サッシに掛けた指をゆっくりと横に引くと、サッシは音も無くスライドし
たのです。

「それじゃあさッ…僕がさっき由紀子さんに言った事の返事、聞かせてく
れる?」

「あ、あれは…さっきもう、返事したでしょ?」

「だからぁ…もう一度真剣に考えてみて…後で返事を聞かせてって言っ
たじゃない…」

「もうその話は、やめましょう?…いくら考えても、私の返事は変わる事
はありません…」

「それは、ただ単に由紀子さんが一歩足を踏み出せないだけでしょ?…世
間体や体裁に囚われて…自分の本当の気持ちを誤魔化しているだけでし
ょ?」

「……だから…もうその話は…」

妻の言葉の途中で男は不意に妻へと身体を向け、両手を妻の両肩に乗せ、
グイッ…と男の方を振り向かせました。

「そんなにあやふやにしないでッ…ね?…僕は本気なんだよ?…本気で
僕は、由紀子さんの事を愛しています…きっと、旦那さん以上に…だから、
もう一度真剣に考えてみてよ?」

男の表情は真剣そのものと言った感じです。傍から見ていても、その男が
真剣に妻を口説いていると言う事が判りました。
男の言葉に、私の中で嫉妬心がメラメラと燃え上がるのが判ります。私は
そのままリビングへと踏み込んで、男を殴り倒そうかとも考えました。し
かし、私はそうはしませんでした。
男の真剣な眼差しと言葉に、妻がどのような反応を返すのか見てみたかっ
たのです。

「………………」

妻は男の視線から顔を逸らし、少し俯き加減で黙っています。
どうしてそこできっぱりと断らないのかと、私の嫉妬心は益々膨れ上がっ
ていきます。

「ねえ?…もう僕の気持ちは充分に判っているでしょう?…それに由紀
子さんも…きっと、もう気付いているはずだよ?…自分の本当の気持ちに
…」

言いながら男は、両肩に手を乗せたまま、俯いた妻の表情を真剣な眼差し
で覗き込みます。

「…由紀子さん…今日は由紀子さんの誕生日だよね?…だから…新しい
自分に生まれ変わる最高のチャンスだと思うんだ…だからね…もう世間
体なんかに縛られるのはやめて…もっと自分のために生きてもいいと思
うんだ…」

「………………」

「ね?…もう我慢するのはやめて…自分に正直になりなよ?……今日か
らは新しい人生を歩いていこうよ?…僕と2人で…きっと幸せにします
…約束する…だから、ね?…今度ははっきりと答えを聞かせてよ?」

男はそう言うと、真剣な眼差しで妻の表情を覗き込みながら、自分の顔を
妻の顔へと近づけていきます。きっと口付けでもそようと考えているので
しょう。
私はここで踏み込むべきか否か迷いましたが、結局は何も行動を起こしま
せんでした。
妻が口付けを受け入れる訳が無いと言う思いもありましたし、男の言葉に
対する妻の本心を聞いてみたいと思ったからです。





--------------------------------------------------------------------------------


ココロ(2)
黒熊 8/24(木) 17:31:29 No.20060824173129 削除

最低限の荷物だけを詰め込んだスーツケースを静かに運びながら玄関ポ
ーチへ着くと、私はそれをポーチの脇へとそっと置きました。音がしない
ように鍵を開けてゆっくりと玄関ドアを開け、足音を忍ばせて玄関ホール
へと入ろうとした時です。私はふと足元を見遣り、そこに見慣れない靴が
ある事に気付きました。

(あれ?…誰か友達でも来てるのかな?)

私は最初そう思ったのですが、玄関にある靴はどう見ても男物のようです。
それも一組だけと言う事から、来客は一人だけと言う事になります。
私はシューズボックスの上にある置時計をチラリと見遣りました。時計の
針は20時30分を少し過ぎたところを指しています。

(こんな時間まで居る男性客となると…)

私は玄関のドアを開けたまま、少し考えを巡らせました。
親戚の誰かかも知れませんし、もしかしたら私の父親、それとも義父――
その時の私はそんな事を普通に考えていました。
そんな時です、廊下の先にあるリビングへの入口のドアから人の声が聞こ
えました。

「ねえ…もういいでしょ?」

「ハハッ…恥かしがってる由紀子さんも素敵だね?」

「もうッ…いいから止めてッ…」

それは確かに妻の声でした。そして相手の男の声は、私の聞いた事のない
若者の声なのです。

「そんな事言ってるけど…本当は由紀子さんも満更じゃないんでしょ
う?」

「馬鹿なこと言わないのッ!」

若い男をたしなめるような妻の声でしたが、どことなく恥じらいを含んだ
ような声色に、私の心には急激に不審の念が湧き上がってきました。
このままリビングへと向かうべきかどうか、私は迷いました。
そして私は再び玄関ホールを後にして、音がしないようにドアを閉め、鍵
を掛けました。
私はリビングの二人の様子がどのようなものであるのか知りたくなった
のです。

玄関から出ると、浴室とブロック塀との間の狭い隙間を抜け、多少の広さ
のある裏庭へと出ました。そこからですと、サッシ越しにリビングの様子
が窺えるはずです。
私は庭木の陰に身体を潜め、少しずつリビングのサッシへと移動しました。
あいにくサッシの内側にはカーテンが引かれており、すぐには中の様子を
伺う事は出来ませんでしたが、それは向こうからも此方の様子が窺えない
と言うことです。

私はどこか中が覗けるようなところがないか探しました。すると、サッシ
の一番隅の方からリビングの明りが洩れているところを見つけました。観
葉植物の枝に引っ掛かり、カーテンが閉まりきっていないようです。

私は物音を立てないようにしてゆっくりとその場にしゃがみ込み、リビン
グの中を窺いました。
そして私は、目に飛び込んで来たその光景に愕然としてしまうのです。



ココロ(プロローグ)
黒熊 8/24(木) 17:30:17 No.20060824173017 削除

私36歳。妻33歳。
結婚して8年目になりますが子供はいません。
これはこんな私たち夫婦に起こった「妻物語」です。


――――――――――――――――――――――――――――――――


約半年間の海外への単身赴任を終え、我が家の前にタクシーから降りた私
は、久し振りに見るいつもと変わらぬ景色に心が休まる思いを噛み締めて
いました。

大手の製紙会社に勤める私は、海外に新設した工場の現場管理主任として、
受注や生産がおおむね軌道に乗るまでの約半年間と言う条件で赴任しま
した。そしてこの仕事が上手くいけば昇進も確実だと上司に太鼓判を押さ
れていたのです。

私はこの半年間、現地で雇っている従業員との親睦も深めながら、寝食も
惜しむようにして働きました。その甲斐あって、新規の海外工場としては
異例とも言える実績を上げ、上司からは昇進決定の報告も受けました。
そして私は予定よりも10日早く帰国する事を許可されたのです。

(半年ぶりか…由紀子のやつ、きっと驚くだろうな…)

私がこの日帰国する事を妻には知らせていませんでした。
妻の驚く顔を見たかったと言う悪戯心もありましたし、突然の私の帰国を
きっと喜んでくれるだろうと言う思いもありました。
そして何より、実はこの日は妻の33回目の誕生日だったのです。
時間がなかった事もあり、毎年恒例のケーキとワインは買う事が出来ませ
んでしたが、私の昇進確定の報告は、きっと妻にとっても最高のプレゼン
トになると思います。

出張に発つ前、「今年の誕生日は一緒にいられないね…」と少し寂しそう
に私に告げた妻の顔を思い出していました。
結婚して8年、年中仕事に追われていた私ですが妻の誕生日だけはどうに
か都合を付け、毎年途切れる事なく二人でささやかな誕生パーティーを開
いていました。
そして今年も、絶対に無理だろうと思っていた妻の誕生日にどうにか間に
合う事ができ、これは私たち二人にとっての神様からの贈り物だと喜んで
いたのです。

その時の私には、この後に待ち受けている悪夢のような出来事など想像す
ることすら出来ませんでした。



悔しいけど由美子の本当の話・1
Gソブ 8/24(木) 17:08:44 No.20060824170844 削除
私は35歳のサラリーマンです。本当の話で恥ずかしいのですが
2年前に不能になってしまいました。インポです。
現在は7割の回復状態です。会社の大きなプロジェクトが失敗に
終わり、日々敗戦処理の業務に追われ、課長の私も厳しい責任が
問われ、円形脱毛症になりその後インポになってしまいました。
ストレスが原因だと思われます。治療薬や病院通いに200万程
使いましたが回復しませんでした。心理学の先生にも診察してもらいましたが効果がありませんでした。自分に自信を無くし、
妻の由美子(33歳)に
「お前が性的欲求を我慢出来なかったら、浮気を黙認する。
子供の為に家庭を壊さない条件で・・」と言った事がありますが
「私はそういう女ではありません!」と言ってくれました。
セックスは私の指テクと愛撫だけになりました。当然、私の
欲求は満たされないし逆に欲求不満になって由美子と肌を合わす
のも無くなってきました。
そんなある日、ネットで中年夫婦がスワップで嫉妬から来る刺激で
以前より元気になった・・みたいな投稿を読みました。
なるほど・・と思いながらも由美子を他の男に抱かせたくないし
それよりも由美子が賛同しないだろう・・とその時は漠然と思ってました。その後効果抜群と言われた新薬を手に入れ試したのですが
やはりダメでした。由美子は
「あなた、諦めないで・・いつか治るわよ・・」と言ってくれました。
私はヤケになりスワップの話を切り出しました。
「夫が・・妻を他の男に抱かせて、嫉妬からアソコが元気に
なった例が沢山あるみたいだぜ!」
由美子は唖然としていました。
「あ・・あなた・・私が他の男の人に抱かれても平気なの?」
「平気なわけないだろう!多分、ブチ切れるよ!!・・・
でも・・それで治るなら・・俺はもう耐えられない・・早く
元気になって由美子を抱きたい・・」
「私もあなたに・・抱かれたいわ・・他の人とエッチなことを
するなんて絶対・・イヤだけど・・それであなたが治るなら・・」
予想外に由美子が賛成してくれました。由美子を抱かせるのは
悔しくてたまりませんが、楽しみの為ではなく治療の為と自分に
言い聞かせました。
その後、スワップ関係の情報を調べ上げ一人の男と出会いました。
由美子は自分を知っている男性は絶対イヤという条件でしたので
初対面の男です。最初に私と2人で会い、恥ずかしながらインポ
治療の為と告白しました。40代の紳士風の男は理解を示して
くれ、日程を決めました。
都内のホテルでその男と由美子のセックスを私が見ている事と
なりました。当日、義母に子供を預けホテルに向かいました。
ホテルに向かう途中で私は悩んでいました。
由美子を抱かせてもいいのか・・?もし、治らなかったら、
やられ損だ・・!
その時、由美子が
「私が他の人に抱かれても・・嫌いにならないでね・・」
と涙を浮かべ手を握ってきました。私の為に好きでもない男に
抱かれる由美子を愛しく思い抱きしめたくなりました。
ホテルに到着して指定された部屋に入ると男が待っていました。



両親の妻物語 50
3番目の夫 8/23(水) 19:44:13 No.20060823194413 削除
母はそれまで、何人もの男達や夫婦のカップルとスワッピングや
乱交をしてきましたが、そのいずれもスワッピングの場合は
相手の旦那さんが、乱交の場合は何人かの男達が
母一人を相手にプレイを行っていました。

その場合の常として男達は、なるたけ射精をしないように
(遅らせるように)考えていました。
何回も際限なく行ける母と違い、男達は何回か射精をしてしまうと
もうそれ以上母を抱けなくなるからでした。

〔 私も男としてその気持ちは分かります。一晩中母の体を好き勝手に
抱けるとしたら? まずは、いろいろな悪戯や恥辱を与えてもてあそび
最後に思いっきりセックスをして射精したいと思うでしょう 〕

そのため、母との『プレイ』では前戯として『SMプレイ』に
時間をかけて行われるのがいつもの事でした。

しかし今回の『奴隷交換会』はちょっと様子が違ったのです。
一晩と言う限られた時間の中で 男だったら五人の女を抱けるのですし
女にいたっては、最高七人の男の男根を味わえるのです。

其の為に あまり時間をかけて一人の相手をしていると他の男や女を
味合えなくなってしまいます。
この会の暗黙の決まり事のように 参加した奥様方が
最大限楽しめるためにも 最初の一回りのプレイ時間は、
約一時間〜一時間半で終わらせるようになっていたらしいのです。

そのせいで初めの内は前戯に時間がかけられず『SMプレイ』と言っても
縛って鞭打ちや羞恥プレイを軽く行って 後はセックスをするのでした。
そうして 出来るだけたくさんのパートナーとセックスをしたのでした。

母にも漸くこの別荘に着いたときに佐藤が『エチケットだ』と言って
最初に浣腸をした理由が解かるのでした。
つまり、最初の一回りはあまりプレイに時間を掛けられないために
仕度や始末に時間の掛かる『浣腸プレイ』や『蝋燭プレイ』は
出来ないのでした。

しかし そうは言っても男も女も皆『アナルセックス』は
行いたい訳で そう言うためにも最初に浣腸をしておいて
腸の中を綺麗にしておく必要があったのです。

そうこうしている内に夜も更けて来て 
男にも女にも疲れが出始めるのでした。
特に男達は出した精子の補充をする時間が必要になるのです。
そうなると今までのようにセックスばかり出来なくなりますが、
反面 女達は更なる刺激を求めるのでした。

その結果として夜も更けてから広間に集まった男女により本格的な
『SMプレイ』が始まるのでした。
つまり母が今まで経験してきたように 最初に『SMプレイ』をして
後で『セックス』をするのではなくて 最初に『セックス』をして
後で『SMプレイ』をするのでした。
そうは言ってもその後で仕上げのように
『乱交パーティー』になるのはいつもの事なのでしょう。

と言う訳で母にとって最初の内は ほとんどセックスをしただけ
だったようですがその中でも二番目に相手をしてくれた
『会長』とのプレイは母にとって新鮮でした。
母は『会長』によって始めて『磔』にされたのでした。

別荘の一番奥まった所に在る『会長』の部屋は
『会長』と『マダム』の『寝室兼プレイルーム』でした。
広めの部屋の壁には色々な責め具が並びベッド脇には
鏡が埋め込まれておりましたが、母の目を引いたのは、
部屋の中ほどに立つ二本の四角柱と丸柱なのでした。

四角い柱は元々二部屋だったのを一部屋に改築したときにあったものを
そのまま残したと言う感じで 梁も通っていて違和感は無いのですが
〔 無いと言ってもその柱の下 三十センチ程のところに
一メートル位の横柱が梁と平行するように付いているのが変でした。
『まるで飛行機を立てたような格好だったわ』と
母が回想しておりましたが、柱を中心に上の方に長く付いている梁は
飛行機の主翼に見え、下に付いている短い横棒は
尾翼に見えたと言う事です 〕
丸柱のほうは無理やり部屋の真ん中に建てたと言う感じでした。

『会長』は『磔』が趣味らしく丸柱の前に踏み台を置くと
それに母を乗せて ぐるぐると母の素裸を柱に縛りつけて
踏み台を取り、母を柱に『磔』にするのでした。
そうして身動きできない母をくすぐり責めや羞恥責めにするのでした。

丸柱にグルグル巻きに縛られているため、ピッタリと閉じられた
両足の付け根に棒状のバイブをねじ込められてクリトリスを
責め続けられると 母の口からは自然に吐息が漏れ
身動きできない体をもどかしげにくねらすのでした。

母はロープで宙吊にされる事はしばしばありましたが、
柱に『磔』にされたのはこの時が初めてでした。

一本の柱に『磔』にするのは意外とテクニックがいるようで
がむしゃらに縛ると胸やお腹が圧迫されて
女性が 呼吸出来ずに失神してしまうそうです。
『会長』も始めのうちは何回も『マダム』を
『殺しそうになった』と笑っていたという事です。

〔 後に母が『マダム』にその事を言うと『マダム』は
『あの失神する瞬間はとてもすばらしいわよー もう最高の
性的興奮を感じられるわー だから・・わたくし時々は主人に
お願いして失神させてもらいますのよ』とうっとりと言ったそうです 〕


その後で母は角柱にも磔にされましたが、
こちらは低い鴨居に両手を広げて十字架に縛られました。
足も柱の下の方に取り付けられた横柱に 広げる様に縛られたため
母の体は大の字に磔にされたのです。
こちらは勿論、無防備な女唇をたっぷりと凌辱されたのでした。

乳首を捻り潰され、体中を平手打ちにされると 先ほどのバイブ責め
で高まった母の性感は体中を駆け巡り更なる『サド』の責めを
求めるのでした。

会長も 責めに敏感に反応し喘ぎ、悶え、更なる激しい責めを体中で
請い求める母の『マゾ』の可愛い裸体に興奮して来たのでしょう。
洗濯バサミを取り出すと母の乳首やラビアやクリトリスは言うに及ばず
乳房の周りや、お腹、わき腹、内腿や唇、しいては舌にまで挟みつけて
母を責め苛むのでした。

母は体中から虫が這い上がってくるように沸き上がって来る疼きに
磔にされた体をくねらせずにはいられませんでした。

そんな母の目の前で『会長』は『バラ鞭』を取り出すと
『バシッバシッ』と音を出し振って見せるのでした。
「イヤッ!イヤーー!!」母は恐怖に引きつった悲鳴を上げて
激しく顔を左右に振るのでした。

そんな母の恐怖に引きつる顔を見ると『会長』は更に興奮したのでしょう。
顔を真っ赤に上気させいやらしい笑いを浮かべるとその『バラ鞭』
を母の細いお腹に振り下ろしたのでした。
『バシッ』と言う鋭い音と共に『パチンッパチンッ』とお腹に
挟みつけられた幾つかの洗濯バサミが飛び散ります。
「ギャーッ!!ああーーうーん」母の上げる悲鳴には
痛みと恐怖のほかに何とも言えない快楽のうめきが混じります。

〔 「痛かったろう?」と私が心配して聞くと母は
「そりゃあ痛いわよ・・でもねえー『会長さん』の使っていた
洗濯バサミは『プレイ用』だったんだと思うわ。

ほら、佐藤さんが使っていたのは普通にその辺で売っている物でしょ?
プラスチックで出来ていてバネも強いし、挟む所なんか滑り止めで
ギザギザになっているしね。
お腹やお尻やおっぱいなんかは鞭打ちで払い落とせるけど
乳首やラビアなんかは鞭で払い落とそうとしても 
食い込んでいてとても無理だわ・・・もう 乳首なんか千切れそうで
死ぬかと思うくらい痛いわよ。

『会長さん』のは、昔の木で出来た小振りな物で、バネも弱いし
挟む所もつるっとしていて鞭打ちですぐに取れるのよ。
鞭打ちの度に『パチンッパチンッ』って音を立ててはじき飛ぶのが
いいのよねーー 虐められてるって・・オマンチョに響くのよ」
と母は遠くを見るようにうっとりと言いました。

母にとって佐藤との『洗濯バサミ』によるプレイは母の心の底にある
『マゾ』の性根を揺さぶるプレイなのでしょう。
それに引き換え『会長』の『洗濯バサミ』プレイは 『マゾ』の
母にとって まるで全身を愛撫されているかの様だったのでしょう。 〕

その後も『会長』が振り下ろす『バラ鞭』が洗濯バサミを
弾き飛ばす度に母の悲鳴は『マゾ』の快感に喘ぐエクスタシーの
熱い喘ぎに変わってゆくのでした。
しばらくして母の体に付いていた洗濯バサミはほとんど取れて
後は股間のラビアとクリトリスを挟んでいる物だけになりました。

『会長』はいやらしく母の顔を見つめながら鞭をしごきました。
母は口で激しく息をしながら体をくねらせて 濡れた瞳でいやらしく
『会長』を見つめるのです。
二人は言葉を交わさずとも『サド』と『マゾ』の気持ちが激しく
ぶつかり合って心を通じ合わせているのでした。

『・・・ふふふ、つぎは何処を鞭打ちしてほしいんだ?・・・』
『・・・ああん、早く、はやく・・オマンチョを、オマンチョを
ぶってくださいーー・・・』母は一段と激しく腰を突き出すのでした。
次の瞬間『会長』の鞭は母の股間を下から上へ激しく
振り上げられるのでした。

『バシッバシッ』と何度も何度も鞭が股間を打ち苛みます。
その都度『パチンッパチンッ』と洗濯バサミが飛び散り
母は「アウッ!アウッ!・・・」と声も出せずに喘ぎ悶え続けます。
母は余りの快感に体を痙攣させてエクスタシーに酔いしれるのでした。
あまりの陶酔感に母は「あっ!あっ!あっ!」と
息も絶え絶えに夢見心地です。

『会長』も堪らなくなったのでしょう、鞭を投げ捨てると
手足を大の字に磔にされた母の華奢な体を抱きしめ、
その はちきれんばかりに勃起した男根で母の濡れ濡れの女唇を
激しく貫いたのでした。
二人は言葉にならない叫び声を上げながらお互いの性器を貪りあい
一心にアクメの階段を駆け登ったのでした。

そして最後に母はそのままの格好で体中をアクメの快感で
痙攣させながら女唇の奥深くたっぷりと精子を中出しされたのでした。

意識が朦朧となった母はその後どうなったかはっきりとは
覚えていませんでしたが、『会長』の手で女唇から流れ出る精子を
拭いてもらった事だけはかすかに覚えておりました。

気が付いた母はベッドに横たわり『会長』が添い寝しながら
母の顔をいとおしげに見つめておりました。



夢うつつ(13)
愚か者 8/23(水) 18:18:04 No.20060823181804 削除
レコーダーからは、衣擦れの音やベッドの軋む音に続き、妻の甲高い声が
飛び出して来ました。
「あああぁ・・・んーん あっ あっ・・・」
「奈美ちゃん いいかい 良いだろ?」
「んぅー あっ あっ ああああ 」
「好いんだろ、奈美ちゃん・・・・」
「あ・あ・あ・うぅ・・・」
妻は両手で顔を覆い、手の隙間から涙がこぼれ落ちて来ます。
桜井の顔を見ると、下唇を噛み締め、焦点の定まらない視線を天井や壁の方に
向け落ち着きの無い様子です。
手はスラックスの折り目を親指と人差し指で何度もなぞっています。
「いやー、貴方止めて、もう止めてください。」
「うるさい。」
妻がレコーダーに手を掛けようとした瞬間、私は妻の手を平手で叩き、
払いのけていました。
私とて、妻と桜井の性交渉の実況など聞きたくも有りません。
私の顔は血の気が引き、まるで鬼の様な形相だったことでしょう。
「これから良いところだ、邪魔をするな。」
「貴方・・・お願いですから、もう止めてください、お願いです。」
またレコーダーに妻が手を伸ばしかけたとき、今度は妻の頬を殴っていました。
桜井は、妻を庇うでもなく呆然として座っているだけです。
「触るな、何度言ったら解る!」
「ご免なさい、ご免なさい、ご免・・・」
「お前は、奴の隣に座れ。」
妻は、泣きながら私の顔を見ています。
こんな状況下においても、私の妻という位置に居た奈美にとって、私の隣から
桜井の隣に席を移すようにいわれる事は、妻の座から追い出される様な感じが
したのでしょう。
妻の見開いた目は、私の目を捕え、頭を大きく左右に振り動こうとしません。
「聞こえないのか、奴の隣へ行けと言ってるんだ!」
「嫌です、ここに居させて、お願いします。」
「いいから、行け!何度言わせる。」
私の口調から、居座る事を断念した妻は渋々桜井の居るソファーに足を進めました。
妻は桜井の座っているソファーの端に腰を下ろします。
それにつられる様に、桜井もソファーの反対側に座り直すのでした。
その間も、レコーダーからは淫らな音が流れ続けています。
「別に、くっ付いて座ったらどうだ、お二人さん。」
「・・・・」
「こんなに、仲がいいのに、遠慮しなくてもいいぞ。」
「・・・出来ません、貴方、簡便してください。」
「まぁ、あまりくっ付きすぎて、ここでセックスされても困るがな。」
今まさに、レコーダーから流れる淫らな声の主が二人揃って、私の目の前に神妙な
面持ちで座っているのです。
この二人が、こいつらが、私はレコーダーから流れる音から、場面を想像しながら
二人の顔をそれに当て嵌めるのでした。
悔しさと共に、吐き気をもようしながらも、冷静を装うのが精一杯でした。
それにも関わらず、レコーダーの中の二人は性欲の塊と化し、この場の押し詰まった
空気など無視し続け、上り詰めていくのでした。



香織
縦のドロップ 8/23(水) 17:40:14 No.20060823174014 削除
6月の週末に会社の同期の3夫婦でペンションに泊まりで遊びに行きました。夕方から飲み始めたのですが、遊びに来た開放感からか
エッチな話で盛り上がりました。私の妻・香織29歳も普段はエッチ系の話題は好きではないのですが、今日は楽しんでいました。
そのうち、王様ゲームをやることになりました。
最初の方は夫婦同士なので、過激なモノはありませんでした。
高橋の妻に近藤が頬にキスをしたり、私が近藤の妻の手の甲に
キスをしたりと可愛いレベルでした。5番目に香織が当たりました
。高橋が香織の脚を触るという内容でした。
「え〜!脚ですか・・」香織はためらっていました。
私はドキッとしました。
高橋は香織の脚を見つめています。その日は、高橋と近藤の妻は
ジーンズでしたが、2人に対抗意識があったのでしょうか・・
香織はピンクのタイトミニでした。
「高橋!膝から上はダメだぞ!」
私は、ジェラシー状態です。正座が崩れて脚を横に伸ばしている
香織のベージュのパンスト越しの脚を高橋はなぞっています。
調子に乗って太ももまで触りました。
「あ!い・・いや!」
香織の顔は真っ赤です。
「お前!反則だぞ!」香織の脚をさわられ、私はかなりムカついて
いました。
「危なくなって来たから、もうやめません?」と近藤の妻が
言ったのですが、このままでは、俺がさわられ損だ!と思い
「もう少しだけやろう!」と言いました。そして、私が当たりを
引きました!!私が近藤の妻・麻希子の胸にタッチです!!
「え〜!信じられない〜」と言いながら、酔ってるせいか麻希子は嫌がってませんでした。
「近藤!ゲームだから・・」と私は得意気に麻希子に近ずき
下乳部分を持ち上げる感じでさわりました。服の中のブラジャー
の感触が手に残りました。
「田中!持ち上げたろ!」近藤はニガ笑いでした。香織はムッと
していました。
「田中さん!エッチ!」
麻希子は笑っていました。その後、香織と高橋がキスをする
お題目が出てきました。
「キ・・キスは無理よ・・」香織は泣き出しそうです。
調子に乗ってた私も
「キスは無理だろ〜」と助けに入りました。
「でも、私は田中さんに胸をさわられたわ!」
麻希子は笑いながらつっこんで来ました。
さすがに言い返せず
「舌入れは厳禁だぞ!」と言い香織を見ました。
香織は観念して高橋と向き合いました。



両親の妻物語 49
3番目の夫 8/22(火) 20:06:18 No.20060822200618 削除
男が何かを喋りながら母の乳房やアヌスやラビアを左右に開いて
女唇の中まで晒すのを、目をつぶりうつむいて耐えるのでした。
母は男が何を言っているのか『ボー』となり聞こえませんでしたが
母の顔は火を噴くくらいに熱くなり 体も燃えるようでした。
こんな辱めを受けながらも母の女唇は熱い蜜を
後から後から溢れさせるのです。

「あ!ううーああーー」男の指が母の女唇の穴に差し込まれると
母は堪らずに仰け反るのでした。
「おおっ!なんて締りがいいおまんこでしょうか?
指が吸い込まれてゆきます・・みなさん、これは一度味合う
価値がありますよ!」と男がおどけて言うのでした。
「さあて、アヌスの具合はどうでしょうか?・・・」と
今度は母の尻の穴に指を入れようとします。
「いや!いや!だめっだめー」恥ずかしくって母は身をよじるのでした。

「あれーおかしいなあー・・・確か『幸子精奴』は
アヌスが好きのはずだがなあー・・ねえ、佐藤氏?」と
男がおかしそうに佐藤に同意を求めます。
「おお、そうじゃ 『幸子』は尻の穴に嵌めてやると
『ヒーヒー』言って喜ぶぞ」と佐藤がいやらしく笑うのでした。
その後で男の指が激しくアヌスと女唇に出入りすると、
母は堪らずに体を振るわせて喘ぎ声を上げるのでした。

「さて、『佐藤氏』・・・『幸子精奴』はコンドームが必要ですか?」と
母をいたぶっていた男が、佐藤に母と他の男がセックスするときには
避妊が必要かどうかをたずねました。
これは全ての『奴隷』に対して聞いている事でして 母の前の
『愛奴』達にも聞いており『マダム』は生嵌め 中出しOKで
後の二人は、生嵌めOK コンドーム射精で と言うことでした。
ちなみに母の後で登場する単独参加の女性も中出しOKでした。

「はい!みなさん!喜んでください。生嵌め、中出しOKと
『佐藤氏』よりお許しが出ましたー」と男が叫ぶと
周りの男達から歓声と拍手が沸くのでした。
やっと許された母は他の女性達と同じように
縛られたまま佐藤の元に戻るのでした。
母はとうとう一度も顔を上げられませんでした。
その後で単独の女性の披露も終わり やっと解放されると
母が安堵した其の時に更なる辱めが始まるのでした。

「次に、みなさんの待ちかねの『品定め会』を行いたいと思いまーす」
と言う男の声を合図にそれぞれのパートナーに促されて『奴隷』達が
部屋の真ん中に くっ付けてひかれた敷布団の上に
膝立ちで並ばされました。
おのおの手拭いで目隠しをされた後で男達ががやがや動いております。

「さあ、始めはお触りでーす・・・時間は20秒。いいですかー・・・
始め!」と言う男の掛け声と同時に母の体は
見知らぬ男に後ろから抱きしめられ両の乳房をもまれるのでした。
「きゃー!」「いやーん!」「いやいや!」と
一斉に女達の悲鳴が上がります。
男達は20秒と言う決められた時間内に目の前の『奴隷』の体の
ありとあらゆる場所をその手で犯すのでした。
「はい!それまで!」男の声で一斉に汚辱が終わったのでしょう
女達の嬌声がやみましたが、母を始め 女性達は皆 
息を荒げておりました。
母にとって20秒間がとてつもなく長く感じたのでした。

男達はごそごそと場所を移動して 新たなる『奴隷』の後ろに
回ったのでしょう「始め!」と言う男の声と同時に
母の体を又別の男の手が這い回るのでした。
こうして五人の男が変わる換わりに五人の『奴隷』の体を楽しむのでした。

もう母を始め女達は体を火照らせて 
吐息を漏らすと同時に女唇を更なる淫汁で濡らした事でしょう。
その後で目隠しをしたままの母達の顔の前に男達が並んで立つのでした。
「さあーて、お待ちかねのフェラチオ比べでーす・・・
時間は30秒間ですよ・・・さあ『奴隷達』がんばって
御主人様を喜ばして差し上げてください・・始め!」 
母は何が始まったのか訳が分かりませんでしたが、いきなり頭を
誰かにワシ掴みにされると口の中に男根がねじ込まれるのでした。
母は夢中で何処の誰とも分からぬ男の男根をフェラチオするのでした。
こうしてまた五人の御主人様たちが一回りするまでは
母達『奴隷』はその口でご奉仕するのでした。

〔 「途中からあたし楽しくなっちゃった・・だって目隠ししているから
誰のオチンボか判らないけど五本の男の人のオチンボを一度に
味合えるのよ・・・もう興奮しちゃったわ・・ううん、あたしだけ
じゃあないわ そこにいた女達はみんな興奮していたわ 
だってみんな嬉しそうな声を上げてしゃぶっていたもの。
うふふふ・・四人目が佐藤さんだったわ 咥えた瞬間に判ったわよ。
『ああ、旦那様のオチンボだ』って・・・やっぱり一番おっきかったし
あたしのお口にぴったりなじんだわ・・・」
母はその時の事を思い出したのか、無邪気にはしゃぐのでした。

「一回りしたら今度はね、『穴改めをしまーす』って言うじゃない。
『ああーもう犯されるー』って思ったわ。
膝立ちのまま体を前に倒されるのよ。
後ろ手に縛られて目隠しされているから頭で支えるしか
無いじゃあない そうして股を開いてお尻を高く突き出すのよ。
きっとみんな丸見えだと思うと もうそれだけで行きそうに成ったわ。

『時間は一分間でーす』って言うのよ、だんだん長くなってくるのね。
誰かがあたしの後ろに来て お尻を掴んだと思ったら いきなり
『ズブリッ』って嵌められたわ。もう他の奥様方も声を上げっぱなしよ。
あたしも大声で叫んだわよ『ああっ気持ちいいーー』ってね。
一分たって今度は違う人に代わるのよ。そして又嵌められるんだけど
うふふ、あのね 二人目は佐藤さんだったの。

嵌められた瞬間に判ったわ。やっぱり佐藤さんのオチンボは凄いわよ。
あたしの感じるところを激しく突いてくれるから 
あたしすぐに行っちゃったわ。
『ああー旦那様、行きそうですー 行ってもいいですかー?』ってね。
そしたらあの人、あたしのお尻を『パンパン』叩くのよ『行っていい』
と言う合図なの。 『早い』ですって? ちっとも早くは無いわよ。
あれだけ辱められていれば誰だって『あっ』と言う間に行っちゃうわよ。
あそこにいた女の人はみんな二人目か三人目には行ったはずよ。
みんな泣き叫んで大変だったわよ」

「どんな奥様もきっと佐藤さんのオチンボを嵌められたら
行っちゃったと思うわうふふ・・・後で佐藤さんが自慢していたけれど 
前にね その会の余興で四人の女の人を四つん這いに並ばせて 
後ろから一人の男の人が順番に嵌めて
『射精せずに何人まで女を行かせられるか?』ってやったんですって。
そしたら佐藤さんは『ワシは三十分で四人とも行かせたぞ』って
自慢しているのよ。
そんな事があって あの会に来る女の人はみんな佐藤さんと
やりたがったんですって」

「ああ、そうよオマンチョはねえ この頃はもう『脱毛』していたわよ。
『剃毛』だとね 後が痛いのよね もう次の日には『チクチク』
生えて来るし肌も痛むしね。
いったん『脱毛』すると二週間くらいは『つるつる』でいられるのよ。
その後一週間くらいで『チクチク』生えて来るけど
その都度毛抜きで抜けばいつでも『つるつる』よ」

「え? それは痛かったわよ 始めはね。
最初に毛抜きで抜いたときなんか、痛くて振るえ上がったわよ。
とくに『クリトリス』の周りなんか敏感だから
一本抜くたびに『いたーいー』って涙が出たわ。
でもね、四、五回抜いてたら痛くなくなったのよ。
慣れたのかしら? オマンチョが鈍感になったのかしら?
いまは全然平気よ 痛くないわよ。
今じゃあ 五〜六本を一度に指に絡めて『ブチッ』って抜いちゃうわ
『ブチッブチッブチッ』って簡単よ。後で 指で摘めないのを
毛抜きで抜けば一時間もしないで『ツルマン』よ。
最初は全部抜くのに 三〜四日掛かったのにね。ふふふ」
母の話はとりとめが有りません。

「ああ、その後のことね。
よくわかんないのよ。目隠ししてたし 気持ちよくってぐったり
布団に伸びてたしみんなそうよ・・・・きっとそのときに
男性陣で誰を一番に相手にするのか?決めたんだわ。
目隠しを取られたら 眼鏡の太った『御主人様』がいて
その人に連れられてね その人の部屋にいったのよ。
廊下を行くときにね 
前を佐藤さんと縛られた『マダム』が行くのが見えたの。
『ああ、旦那様は一番にマダムのお相手をなさるんだわー』って・・・・

え?・・違うわ。部屋はね、男達が一部屋ずつ持っているのよ。
そこへ気に入った『奴隷』を連れ込んでプレイするのよ。・・・最初はね。
女がね 自分の部屋に入ったらもうそれで終わりよ。え?・・
ああ、自分の部屋って言うのはね・・・あたしだったら佐藤さんの部屋よ。
女が『もうプレイをしたくない』って思ったら自分の部屋に行くわけ。
女がねえ すべて決められるのよ。

一眠りして又したくなったら大広間へ行くわけよ。
もう大広間は朝まで『乱交』よ・・・
男も女も素っ裸でのた打ち回っているのよ。
大広間だけじゃあないわ・・・廊下もお風呂もご不浄も 
別荘中を裸の女と男が歩き回って 見つめ合って・・・
そして嵌め合うのよ。うふふふ・・・淫乱だわ・・・」 〕





--------------------------------------------------------------------------------


表裏 嫉妬
所 8/22(火) 19:57:43 No.20060822195743 削除
妻は娘が転校しなくても良いようにアパートを借り、離婚時の約束通り、週末になると娘を連れて来ていたが、私は娘を預かって泊めるだけで、妻とは一言も言葉を交わさず、一歩も家の中には入れていない。
遠藤は私が会社に乗り込んで全て話した事で、怒った父親に勘当されたが、そこは親子で、父親が慰謝料を持って謝りに来たところを見ると、数年で勘当も解けるのだろう。
悲惨なのは池田で、養子だった為に怒った奥さんに離縁され、当然社長の座も失った。
ただ奥さんは子供達の事を考えてか、犯罪では無かったと言い張り、私の妻も悪いと言って譲らなかったが、やはり穏便に済ませたい様で、後日弁護士を使って高額の慰謝料を提示してきた。
あとは楠木だけだが、私の再度の請求に、婚姻関係は破綻していたと言って逃げ回る。
私も楠木の顔を二度と見たくないと思っていたので、思い付いた時に電話するだけで会いには行かなかった。
しかし離婚して3ヶ月が過ぎた頃、楠木の自宅の電話も携帯も解約されてしまって連絡が取れなくなったので、前日から泊まりに来ていた娘が友達の家に遊びに行った隙に、楠木の家に行ってみた。
すると玄関には楠木の家ではなくなった事を知らせる張り紙がしてあって、裏に回って中の様子を伺っても、静まり返っていて人の気配が無かったので、工場へ行くとあの年配の男が掃除をしている。
「もう此処とは関係がなくなってしまったが、長年世話になった工場だからな」
聞けば楠木は可也の借金を抱えていたが、金銭感覚は麻痺していた様で、高級車を乗り回して以前と変わらぬ生活をしていたと言う。
しかしあの一件で2社からの取引が無くなると諦めも早く、さっさと倒産させて今ではアパート暮らしをしているそうだ。
どうして彼ら3人は、この様な危険を犯してまで妻に執着したのか。
普段のお淑やかな妻とのギャップに、それほどまでに魅せられてしまったのか。
妻もまた、どうしてこの様な事に。
「楠木のアパートを教えて下さい」
楠木の住んでいるアパートを聞いて愕然とした。
そのアパートは、妻と同じアパートなのだ。
離婚したので、妻と楠木がどの様な事をしていても関係ないはずなのに、なぜか猛烈な怒りが込み上げてくる。
特に週末は娘を預かっているので、ビデオで見た様な事をしているのではないかと思うと、なぜか辛くて遣り切れない。
こんな妻でも、私はまだ愛しているのか。
その夜娘が眠ってしまってから迎えに来た妻を、離婚してから初めて家に入れた。
「アパート暮らしは楽しそうだな」
「えっ?」
「週末は有希を俺に預けて、楠木とお楽しみか?」
妻は俯いてしまった。
「離婚したから、俺には関係無いか」
「そんな事はしていません」
「それなら、どうして楠木と暮らしている事を言わなかった?」
「一緒に暮らしてなんかいません。彼が勝手に隣に引っ越してきて・・・・・・・」
「どうして優子のアパートを知っていた?偶然なんて言うなよ」
「分からない。私は教えていない」
「もう離婚したのだから、嘘を吐かなくてもいい。昨夜からお楽しみだったのだろ?」
「そんな事はしていません。彼は言い寄ってくるけれど、私は・・・私は・・・」
「そうか。昨夜から今までしていて、迎えに来るのが遅くなったのか」
「違います。今日も仕事でした。遅くなったのは、急に残業になってしまったから」
あれから妻はスーパーに勤めたので、ほとんど平日しか休みが無い。
私は自分の事を、いつまでも女々しい男だと思った。
離婚したのだから、妻が何をしようと関係無いはずだ。
しかし私の口からは、妻を困らせる言葉しか出てこない。
「有希は俺が育てるから、もうここには来ないでくれ。あんな男のいる環境の所に、有希をおいておけない」
「有希まで失ったら・・・・・・・・」
「失う?有希の事よりも、楠木に抱いて欲しくて仕方がないのだろ?普段は有希が寝てから楠木の部屋に行くのか?まさか奴が来て、有希が寝ている部屋で」
「そんな事はしていません。あの時も私は有希を守りたかった。有希が私の事で後ろ指をさされるのは避けたかった」
この時の妻の真剣な表情から、妻は本当にそう思い込んでいるのだと感じた。
脅されて仕方なく従っていただけだと思い込んでいて、自分が快楽を求めていた事など、少しも気付いていない様だ。
「どちらと暮らすか有希に選ばせよう。優子のしていた事を全て話して」
「やめて。そんな事言わないで」
妻は狂った様に泣き叫ぶ。
「俺も有希に、そんな事は話したくない。お前が有希を放棄して帰れば、話さないと約束する」
妻が娘をおいて帰る事など出来ないと知っていた。
「帰れない。有希をおいて帰れない」
娘を利用する事に罪悪感を覚えていたが、別れてしまった妻に対して、今の私には他に強く出られる事がない。



内気な妻のちょっとした冒険・1
スライダー 8/22(火) 18:19:15 No.20060822181915 削除
私の妻・京子は33歳で5年前に結婚して、3歳の娘がいます。
セックスも激しく求め合うモノから月1〜2回愛を確認し合う
ソフト系へ変化していました。5月のある日、私が会社の仲間と
キャバクラへ行った事がばれて京子はショックを受けていました。
私に魅力が無くなったから、そういう店に行くんだ・・と内気な
京子はスネていました。ずっとイジけてるので、
「お前は、魅力的な女だよ!その証拠を見せてやる!」と言い
休みの日に娘を義母に預け銀座の服屋に行きました。私が選んだ
胸元が開いた服と水色のミニを試着させました。
「こんなの無理・・スカートは短いし・・」
内気な京子は恥ずかしそうでした。
久しぶりに見た京子のミニスカ姿に私もドキッとしました。
「似合ってるよ!男たちが注目するぞ!」
「私を、見るはずないわ・・」
「とにかく、その服装で歩こう!」
私は強引に京子が着てきた服をしまい、会計を済ませました。
露出の多い服装で京子は緊張していました。
ホテルのレストランでランチを食べることになり、
15分待ちの為、ロビーで待っていました。京子から離れ
タバコを買いに行き戻る途中でソファーに座ってる京子が
通りすがりの男達にチラチラ見られていました。
水色のミニから伸びたナチュラルカラーのストッキング越しの
脚は夫の私も目を奪われました。
あいつも、セクシーな格好をしたら十分イケてるな〜
と、私は嬉しくなりました。
こうして、刺激的な一日が始まりました。



夢うつつ(12)
愚か者 8/22(火) 01:37:35 No.20060822013735 削除
私はこれから二人に対して、何を聞こうとしているのか自分自身解らないの
ですが、勢いが止まりません。
興信所の報告で、妻と桜井の不貞は明白な事実であり、今更何を聞く必要も
無いのかも知れません。
ただ、今まで何度と見て来た悪夢に、二人の行って来たであろう不貞行為を
重ね合わせて、自分の悪夢を現実のものに仕上げて行こうとしているように、
夢の中の二人の行為を問いただして行くのでした。
「お前達、もう嘘は言うなよ。」
「・・・・。」
「聞いているのか、お前ら。」
「はい・・・」
二人は、声を揃える様に答えるのでした。
それが、また私の気持ちを逆撫でするのです。
「ほー、仲の良い事で・・息もピッタリってか?なるほどな。」
「・・・・。」
「身体の相性もさぞかし良かったんだろうな、えっ奈美。」
「・・・そんなことは・・・別に・・・」
「別に何だよ、俺とセックスするより、こいつとする方が良かったんだろが、
 違うのか?」
「・・・いいえ・・・そんなことありせん。・・・」
「それなら何故、こいつと何度も寝たんだよ 言ってろ!」
「・・・それは・・・解りません、ごめんなさい。」
「お前は、理由も無く男に抱かれるのか? 男なら誰でもいいのか?」
「そんな事はありません。」
「じゃ 何故なんだ?俺が解るように説明してみろ!。」
「ごめんなさい、・・・何故なのか私にも解りません・・・」
「なら、身体じゃなく、こいつのことが俺よりも好きになったからか?」
「そんなこと、思ったことありません。」
「奈美、嘘はつくなと言った筈だぞ。」
何の準備もしていない妻の口から満足な答えが出て来る筈はありません。
私は、また茶封筒の中に手を入れて、銀色のボイスレコーダーとCDを
数枚取り出しました。
二人がその意味を理解するのに時間は必要有りませんでした。
「これを再生すれば、二人の関係が良くわかるよ、聴いてみるかい お二人さん。」
「貴方、止めてください、お願いですから。」
「解りましたご主人、何でも答えますから。」
私は、制止する二人を尻目にボイスレコーダーのスイッチを入れました。



両親の妻物語 48
3番目の夫 8/21(月) 19:42:52 No.20060821194252 削除
三人の若い男のうちで一番色の黒い男が舞台に立つと
いよいよ今夜の『奴隷交換会』が始まるのでした。
面白おかしく口上を述べた後で 男がおもむろに
「お待たせいたしました。さあ、今宵皆様方の慰み者になる
奴隷達をご紹介いたしましょう・・・・
まず始めは、会長の奥様からご紹介いたします・・
さあ『マダム』こちらへ・・・」

いつの間にか真っ赤なドレスに着替えた『マダム』が
満面の笑みを浮かべて舞台に立ちました。
両手を広げて一回りすると中央に立ちます。
すると先ほどの男がすかさず『マダム』の後ろに立つと
ドレスの背中のチャックを引き下げて 一気に脱がせてしまうのでした。

『マダム』のドレスの下は、真っ赤なレースのスキャンティの他には
何もつけていない白い豊満な裸体が現れます。
「オオーッ」と言う男達の歓声が上がります。
やはり恥ずかしいのでしょう『マダム』は
両手で豊満な乳房を隠しております。
「さあ、奴隷はご主人様達に全てをお見せしなくちゃあいけませんよ」
と男が『マダム』の後ろから乳房を隠した両手を背中にねじ上げます。

「あっ!」思わず母は声を上げそうになりました。
なんと『マダム』の両方の乳首には
金色に光る丸いリングが取り付けてあるのでした。
「ニップルピアス」は今でこそ珍しくありませんが、
当時の母は初めて見たのです。
そしてその後もっと衝撃的なものを母は見る事になるのでした。

『マダム』の両手を背中にねじ上げた男は、いつの間にか持っていた
白いロープで『マダム』の両手を後ろ手に縛ると 
手馴れた手つきで二の腕と乳房の上下を幾重かに縛り上げました。
『マダム』の豊満ですが幾分垂れ気味の乳房は
絞り出されるように突き出しました。
もうすでにパンパンに勃起した乳首には
あの金色のリングが息づいております。

その後で男は『マダム』の前にひざまずくと
レースの薄いスキャンティーを一気にずり下げるのでした。
『マダム』の吐息が聞こえます。
「『マダム』の土手はいつ見ても手入れが行き届いていて
綺麗ですねえ・・・」男の影になってよくは見えないのですけれども
どうやら『マダム』も剃毛されているようです。
『マダム』は恥ずかしそうに上気した顔を振りました。

男は舞台の中央に置いてある大振りの肘掛け椅子に『マダム』を座らせる
と『マダム』の両足を左右の肘掛に乱暴に掛けて大股開きに曝すのでした。
母には男の影でよく見えませんでしたが、
きっと『マダム』のもっとも恥ずかしく隠しておきたい女唇が、
明るいライトの元で全員の目に晒されるのでしょう。

「あれー!会長ー!だめですよ・・・鍵がつけっぱなしですよ」
と男がおどけて言うと体を退けて『マダム』の股間を皆に見せるのでした。
「あっ!」今度こそ母は驚きの声を出すのでした。
肉付きの良い『マダム』のお腹からお尻にかけて 剃毛されて
白く輝く股間の真ん中で赤黒く色付き 淫汁でヌメヌメと光る女唇には
金色に光るリングが左右一つずつ取り付けられておりました。
その二つのリングには小さな真鍮の南京錠が掛けられており
それによって両のぼってりと赤黒い『ラビア』が
ぴったりと閉じられているのでした。

「いやーすまん、すまん」これも演出だったのでしょうか?
会長が出てきて鍵を男に渡します。
男は南京錠を外すと椅子の後ろに回り込み 左右の手で『マダム』の
両足を持ち改めて『マダム』の女唇を皆に披露するのでした。

今度こそ『マダム』のいやらしく滑り 光った女唇が
スポットライトの元にぱっくりと口を開くのでした。
『マダム』の穴は真っ赤に充血してよだれを垂らしながら口を開けていました。
その穴を取り囲む大陰口と小陰口は、赤黒く色素が沈着して
余程に使い込まれた事を物語っておりました。
赤黒く変色した皮膚は女唇の周りだけに留まらず 
アヌスの周りにも及び日頃から女唇だけではなくて 
アヌスにも男根の洗礼を受けていた事を思わせるのでした。
その小陰口は『SMプレイ』の度に 引っ張られたり 洗濯バサミで
挟まれたり錘をぶら下げられたりと数々の悪戯をされ続けたのか、
ぼってりと肥大し伸びきって まるでドドメ色のひだを持った海牛の
様なヌメヌメと動く醜い生き物のように股間を飾っておりました。
左右の『ラビア』に取り付けられたリングは、
乳首のそれより一回り太いリングが取り付けられておりました。

〔 「『マダム』のオマンチョはまるで鮑のようだったわ」と
あんなグロテスクなオマンチョ初めて見たと母が感心しておりました。
後で母が佐藤に「『マダム』のアレ、凄かったわね」と女唇の事を言うと
「ああ、まるで『わらじ』のようだったろう・・・あれじゃあ
並みの男は太刀打ち出来ねえよ」と笑ったそうです。
そして母が「あたしもいつかラビアにリングを付けたいって
本気で思ったわ」と残念がったのもこの時でした。 〕

『マダム』はその後で男の指で穴の締まりはどうだの
尻の穴はどうだの乳房はどうだのと悪戯をされて 
全員が見ている前で散々にいたぶられるのでした。
それを見ていた母は、いずれ自分もあのように辱められるのかと思い
薄いパンティーをぐっしょりと濡らすのでした。

〔 「オマンチョを濡らしていたのは、あたしだけじゃあなかったわよ。
あんなにみんなが見ている舞台の上で悪戯されりゃあ、女なら誰だって
『グチョグチョ』よ。 その証拠に来ていた奥さん達は舞台の上で
遠目にもはっきり分かる位にみんなオマンチョを濡らしていたわ・・・」
と母が懐かしそうに言うのでした。 〕

『マダム』は縛られたまま舞台を降りると恥ずかしそうに
一目散に会長の胸に飛び込むのでした。
その後で残りの二人の奥様達が順番に舞台の上で『マダム』と
同じように素っ裸に剥かれて縛られていたぶられるのでした。
そしていよいよ母の番が来たのでした。
佐藤に促され恥ずかしい母は
顔を真っ赤に上気させて舞台に上がるのでした。

「さあ、皆さんお待ちかね、初登場の佐藤氏の『精奴』をご紹介
いたしましょう」母はもう恥ずかしくて顔も上げられませんでした。

〔 この会は本当の夫婦を一番大事にしているらしく
会員のご夫婦の奥様の事を、何に付けても一番に扱っていました。
そのため夫婦で参加した奥様は『愛奴』と呼ばれ
一ランク上の扱いをされたのでした。
そのために いくら若くて美人で人気がある母の様な女性がいても
『妾(愛人)』や単独参加の女性は『精奴』と呼ばれて 
建て前上は『愛奴』の下位の扱いなのでした 〕

男に促されるままに 
母は意を決して浴衣を『ハラリ』と脱ぎ落とすのでした。
「おおー」と言う男達の歓声が上がります。
前の二人の奥様達は典型的な中年の叔母様体型で
ぶくぶく太った豚のような身体つきでした。
それから比べれば白い母の体は、昔で言うところの
『トランジスターグラマー』で体は小柄ですが ウエストはくびれていて
出るところは程よく肉が付き コケティッシュで
とても魅力的だった事でしょう。

母が他の女性達と同じように後ろ手に縛られ
男の手によりパンティーを脱がされると
「おお!なんと!今宵二人目のパイパンです」との声に
拍手とどよめきが起こるのでした。
そして母は、死にたい位に恥ずかしい大股開きで
椅子に座らせられるのでした。

顔を真っ赤にして母は俯いております。
とても顔を上げられませんが部屋に居る全ての視線が
母の股間に息ずく女唇に突き刺さるのが感じられるのでした。



有紀と同期の友人と私の葛藤
V3 8/21(月) 17:35:51 No.20060821173551 削除
私31歳と有紀29歳は結婚3年目の夫婦です。職場結婚で、現在も共働きです。6月に同期入社の山本がマンションを購入したので
引越し祝いを兼ねて有紀と遊びに行きました。山本の奥さんの
明美が作った料理を食べながらワインを中心にかなり飲んでいました。テーブルから離れテレビゲームをやり始めた時、山本の目が
有紀の下半身に行っているのに気がつきました。白のタイトミニの
為、ストッキングに包まれた脚がかなり露出されていました。
山本は微妙に位置を変えながら、有紀のミニの奥を覗こうと
していました。奥さんの前で山本に恥をかかせるのもどうかと
思い、イライラしながら見守っていました。
有紀が入社してきた時、山本の方が有紀に熱心でした。飲むたびに
「有紀をモノにしたい!制服に隠された裸を拝みたい!」と
言っていました。しかし、私と有紀が付き合うようになり、
私と山本の関係が少しギクシャクしましたが、結婚の時は祝福
してくれて、今は良好な関係を保っていました。
山本の有紀の白いミニの奥を覗こうとする行為から、まだ有紀の
事を・・・と思いました。
ほろ酔いでゲームに夢中の有紀は山本の視線に気がついていませんでした。有紀のパンティを見せたくない私は「飲みなおそう!」と
声を掛けテーブル席に有紀を呼びました。立ち上がった有紀を
眺めると、普段見慣れてる有紀のミニスカ姿に私は興奮していました。山本の視線が刺激になったのでしょう。その後、ハイピッチ
で飲みました。気がつくと、有紀がリビングのソファーで寝ていました。明美は白い床にもたれながら、寝ていました。腕時計を
見たら、午前0時でした。私もテーブル席で座りながら、寝ていました。その時です!トイレから帰ってきた山本が有紀に近ずいて
行きました。そして私を見ました。今、考えても不思議なんですが
私は眠った振りをしてしまいました。山本はソファーで寝ている
有紀のベージュのストッキングに包まれている脚をさわり始めました!!予想外の行動に胸が高鳴りました。ストッキングに包まれた
脚のつま先から太ももまでなぞり始めました。私を含めて何度も
有紀と飲んだ事のある山本は酔った有紀が寝てしまうとめったな
事では目を覚まさない事を知っている為大胆な行動にでていました
。山本の手が有紀の白いミニにかかりました!
有紀のパンティが見られる!!私は既に勃起していました。
ミニがめくられ、ストッキング越しに純白のパンティが表れました
。「やっと見れた・・出会って7年で・・こんなのを穿いているのか・・」山本の独り言が私を刺激しました。
有紀のパンティが見られてる・・同じ会社に勤めている男に・・
山本は有紀のストッキング越しのパンティに顔を埋めて匂いを
かぎ始めました。「有紀の匂いだ・・・」山本は感激していました。私は有紀の匂いを知られたショックと山本が未だに有紀を
性欲の対象として見ていた思いに興奮してしまいました。
山本は長年想っていた有紀の秘密の一部を暴き得意気でした。
山本の手はバスト83の有紀のおっぱいにむかってました。
オレンジのシャツの上から有紀のおっぱいを触り始めました。
そして、シャツのボタンを外すと有紀のブラジャーが見えてきました。「この、ブラの中に夢にまで見た有紀のおっぱいがあるんだ
・・・どんな乳首をしてるんだ!?」
私は、迷いました。有紀の裸は見せたくない!でもこの興奮を
抑えられない・・山本は有紀のブラを上にずらしていきました。
あ〜有紀のおっぱいが・・乳首が見られる・・
その時でした!
「あなた、お願いやめて・・」眠りから覚めた明美が泣きながら
山本に言いました。
「あ・・・明美・・」山本は放心状態でした。
「あなたが、有紀さんに特別な感情を持っていることは知っていました。前から4人で会った時に有紀さんを見る目が特別だったから
・・・でも、有紀さんは友達の妻よ!それに・・寝ている女性を
襲うなんて卑怯よ!」
明美は立ち上がり有紀の胸元とめくれたスカートを直しました。
そして、明美は泣き出しました・・・・・
あれから2ヶ月が過ぎました。有紀は山本にパンティを見られ
匂いをかがれた事を知らずに、会社では山本と笑顔で喋っています。振り返ると、有紀の裸が少しずつほかの男に晒されていく
状況に興奮してしまいましたが、やはり、見られなくて今は
ホッとしています。あれからセックスの時は山本の家に行った時の
格好をさせています。有紀は「いつから、コスプレフェチに
なったの?」と不思議がっていますが、燃える私を見て、受け入れています。この白いミニを山本がめくった・・と思うと今でも
興奮します。山本には有紀のパンティを見せたけど、パンティの
中を知ってるのは俺だけだ!と思うと、異常に興奮してしまいます
。山本夫婦も仲直り一歩手前のようなので、また4人で飲みたいと
思います。



両親の妻物語 47
3番目の夫 8/20(日) 15:06:10 No.20060820150610 削除
それまでの佐藤がセッティングした他人とのプレイは
単独の男達(ほとんどが佐藤の取引相手だったと思われ
母は、体良く人身御供に差し出されたのだと思います)を除いて
二対二のカップル同士の『夫婦交換』でした。

しかし母が忘れられない『夫婦交換会』は、佐藤が出入りしていた
『スワッピングの会』の定例会だったようで、
何組もの夫婦が一同に会して『乱交』を行ったのでした。
その会はそういった、会員同士が集まる定例会を三〜四ヶ月に
一度行っており佐藤も新しい『愛人』と夫婦と言う触れ込みで
よく参加していたのでした。

其の時は、たまたま母の『同窓会』の時期と
定例会の時期が合ったために佐藤は母をその会に連れ出したのでした。

しかし浅はかな母は、佐藤が参加していた
『スワッピングの会』の名前すら覚えていないのでした。
何処で行われたのか 場所を聞いても母には、
はっきり分かっておりません。
方向音痴な母にとっては、那須温泉も塩原温泉も鬼怒川も川治温泉も
全て同じ場所に在ると思っている位ですので
無理からぬことなのでしょう。

ただ『同窓会』が終わってから福島との県境の温泉で佐藤と一泊して 
車で一日ほど走った温泉地だったという事なので
上記のあたりではなかったか?と思えるのでした。

早めの夜食を取ってから、その温泉地のだいぶ外れにある
会場の別荘に行ったと言う事です。
その別荘は、元は潰れた小さな旅館だったのを今のオーナーが買い取り
別荘として改装し使っていました。
その人が仕事をリタイヤしたのを好機に(中堅どころの
社長だったらしい)後妻と(オーナーは七十代で奥さんは五十代)
其処を本宅として悠々自適の暮らしをしていたらしいのです。

元々『SM』好きで世話好きの夫婦だったため『夫婦交換会』を
主催するようになって自宅を会場に開放していたのでした。
その会の定例会は『奴隷交換会』と銘打って毎回幾組かの
カップルが集い、親睦を図りながらお互いの『奴隷達』を交換し合い
『SM乱交セックス』を繰り広げていたのでした。

別荘に着くとすぐにオーナー夫婦が出迎えてくれました。
七十歳を越しているようには見えない、背筋がピンとして
髪の黒々としたひょろりと上背のある優しそうなご主人と
これも若作りのぽっちゃりと愛嬌のある奥様でした。
『まあ、お二人とも見るからに「淫乱」そうだわ』と
自分の事を棚に上げて母が思ったそうです。

所定の部屋に案内されながら『マダム』(オーナーが『会長』と
呼ばれていて奥様は『マダム』と呼ばれていてそうです)が母に
「幸子さん良く来てくださったわ お待ちしていましたのよ。
あなたの噂はいつも聞いていましたのよ・・・とてもすてきな方だって・・・
本当にチャーミングな方・・・これじゃあ佐藤さんが出し惜しみする
わけねー」そう言って前を行く佐藤を突っつきました。

「一度あなたと『プレイ』した殿方は、
皆さんあなたを誉めていらっしゃるのよ。
そしてもう一度『プレイ』したいって佐藤さんにお願いしても
あの人決して『うん』とは言わないのですって・・・
うふふふ・・・だから・・・あなた 今日は大変よ・・・
今日いらしている殿方は、みんなあなたがお目当てなんですって・・
うふふ・・だから・・今夜はあなた、めちゃくちゃにされましてよ。
うちの主人もあなたとしたいって・・・うふふ、一回付き合ってあげてね・・」
と嬉しそうに囁くのでした。

「それとね・・うふ・・今日いらしてる女性陣はみんな佐藤さんが
お目当てなのよ、あなた幸せね・・佐藤さんの素敵なお道具で
いつもできるなんて・・・ねえ!佐藤さん今日は一番であたくしを
指名してね! おねがいよ!」と前を行く佐藤を再び突っつくのでした。
「ああ、いいですよ。今日は久しぶりに『マダム』の
お相手をさせて頂きますよ。」と佐藤がおどけて見せるのでした。

部屋に入ると佐藤と二人で早速部屋のバスで汗を流すのでした。
その際、佐藤の命令で母は浣腸をされるのでした。
これは後で、誰かに『アナルプレイ』をされた時のエチケットだと
佐藤が言いました。

バスから上がるとこれも佐藤が待ってきた見るからに
卑猥な下着を着けその上に部屋にあった浴衣を着て
母は佐藤の後を付いて行き会場の大広間へ行くのでした。

大広間は、六畳ほどの板の間の舞台が付いた
三十畳ほどの広さのある部屋でした。
元は畳の和室だった部屋に絨毯を敷いて洋風に改築してありました。
部屋の中央に幾組かの敷布団が敷かれてそれを取り囲むように
ソファーやクッションそれに食べ物や飲み物などが
置いてあるテーブルが配置されております。

三十センチほど上がった舞台の上には、一目で安物と判るカーペットが
敷かれてありますが、これは『ローソクプレイ』で飛び散った蝋や
『浣腸プレイ』で床が汚れるのを防ぐためだった事を
母は後で身を持って知るのでした。

部屋の照明は舞台を照らすライト以外全て落とされ、
所々のテーブル上の赤やピンクのシェードの付いた
ランタンの明かりが隠微な雰囲気を盛り上げております。
レコードが静かに掛けられており、まるで高級なクラブのようです。
母と佐藤は空いていたソファーの一つに腰を下ろしました。
すると直ぐに若い男の人が飲み物を持って来てくれたのです。

母はこの部屋に入ると直ぐに気になっていたのですが、
カップルとは別に三人の若い男の人がいて
いろいろとサービスをしてくれているのでした。
しかもその三人は皆 素裸に白いふんどしを締めているのでした。

ソファーにはそれぞれカップルが座っています。
会長夫婦の隣のソファーには四十台の細身の女性が
一人で座っており会長夫婦と楽しそうに話をしております。
後で分かる事ですが、今日のパーティーに参加していたのは、
会長夫婦を含めて四組のカップルと(母達以外は全て夫婦でした)
単独参加の先ほどの女性(結婚していたのか独身なのかは聞かなかったそ
うです)と雑用と接待をしている三人の若い男性を合わせて十二人でした。

皆、楽しそうにカップルとおしゃべりをしているようですが、
その実は今日の相手を物色しているようで
お互いにあの人はどうだのと品定めをしているようでした。

この会は『奴隷交換会』と銘打っており『サジスト』の男達が自分の
『マゾ奴隷』を『奴隷市場』に出して 他の『マゾ奴隷』と交換し
一夜を違う『奴隷』の体で楽しむという趣旨でした。

一見『サジスト』の男達が自分の妻だけでは満足出来ずに
他人の妻を縛り、犯し凌辱して楽しんでいるかのように見えますが
母が感じた実際の所は、
夫達より妻達のほうが数倍楽しんでいたと言います。
その証拠にこの会には、妻達が一様に楽しめるように
暗黙の決まり事がいくつかあったのです。

一つには『射精する時は必ず別の奴隷とする事』
と言う様なものがあったそうです。
これは『一人の女性だけに同じ男が何回もセックスしてはいけない』
と言う事であり 厳格に守られたかどうかは別にして
『奴隷交換会』に参加した女性達が
等分に楽しめるように考えられていたのでした。
つまり今夜、男達は平均して『三回〜四回』射精するわけですが
必ず三人〜四人の奥様方の相手をして 
満足させなければならないと言う訳でした。

しかしそうは言っても やはり今日の母のように人気のある
奥様には皆一様にプレイをしたがり 
結果として『三回〜四回』の射精のうち一回は同じ女性に
出される事になって他の妻たちの分が減る事になります。
その穴を埋めるために あの若い三人の男が呼ばれている訳で
彼らは『お助け人』と呼ばれ『オーナー』(奴隷を差し出した夫の事を
言う)達のように自分で『奴隷』を指名してプレイする事は
出来ませんが、3Pをしたい『オーナー』や満足できない
『奴隷妻達』が彼らを指名出来る決まりに成っていたのでした。



死の淵から22
死神 8/20(日) 08:06:11 No.20060820080611 削除
私の迷いと呼応するかのように夫と私の間に
溝が出来て行くのを感じていました。
夫を大事に思う気持ちに嘘は無いと自分では思っていました。
しかしいつの間にかそれは家族としてのそれだけになっていたのかも知れません。
夫の体のことを考え、自分を抑制するようになってから
私は出来る限りこの家族を守って行こうと考えていました。
そうしているうちに自然と夫を一人の男として愛することを
少しずつ忘れていたのではないか・・・・
この様な考えが頭の中を支配しそして自分で打ち消すように
そうではない夫を愛している
とまた頭の中で繰り返すのです。

夫が倒れたのは店長に恐怖を感じてから数日後のことでした。
出社前に玄関口で崩れるように倒れる夫を見て
私は愕然とし、体の奥からわきあがってくる恐怖を感じました。
その後のことは無我夢中で仕事も休み夫が目を覚ますのを
じっと待っていました。
夫が目を覚ましたとき心のそこから安堵する自分を感じ
私自身ほっとする気持ちであるのと同時に
この感情が家族としてだけのものなのでは無いかと
考えてしまう自分にはたと気がつき
また自己嫌悪に陥るのです。

夫が退院する前の日私は意を決して店長に電話し、もう一度店長に
決別の意思を伝えました。しかし店長は
「俺は別にいいが、君が耐えられないんじゃないのかな?
何なら旦那の前でいつものようにしてやろうか」
「主人は関係ありません!」
「関係ないとはね・・・まあいい君が来ないならこっちから行くまでだ」
「・・・・それだけは止めてください」
「それじゃまた」
と電話を切られてしまいました。
私は恐怖で体が硬直し、頭の中で前のことが思い出されました。
また店長に抱かれるだけで体が動かなくなるのではないか?
もし夫がいる間に店長が家にやってきたら夫は興奮して
また倒れてしまうかも知れない、その時私は店長の呪縛から
逃れられるだろうか?
私に自信はありませんでした。
散々悩んだ末私は結局自ら店長の家に行くことを店長に伝え
いつまでこんなことが続くのかと思うと酷い絶望感に襲われるのです。


夫が退院した当日は、夫の友人達も訪れ夫も楽しく過ごしていたようです。
あのように笑顔を見せる夫を見て、最近私に笑顔を見せることが
ほとんどなくなったということに思い当たり
また激しい自己嫌悪に襲われました。
私はこの時からこの家族にとって今や私は必要ないのでは
いても悪影響しか及ぼさないのではと考え
私がいないほうがいいのかもしれないと思い始めていました。
しかし自業自得であると分かっていても今まで自分が
大切に育ててきた家族との絆を捨て去る勇気も無く
しかし店長との関係を切る勇気も無く
夫には知られたくないと思いながら、夫を愛しているのか悩む
このときの私は自分自身をもてあますほど
矛盾を抱えた中で生きていました。
自分の気持ちの確かであるはずの物が何一つ確かであると思えなくなっていました。





--------------------------------------------------------------------------------


両親の妻物語 46
3番目の夫 8/18(金) 19:34:23 No.20060818193423 削除
当時は『スワッピング』と言う言葉は一般的ではなく
『夫婦交換』と言っておりました。
今のように『スワッピング』の雑誌が有る訳でもなく、
またそう言った『会』がやたらに有ったわけではありません。

しかし『夫婦交換』と言うことは一部の『好者』の間では古くから
行われていたようでしたが、
まだ一般の人が手軽に行える訳ではなかったようです。
そんな中で、当時『夫婦交換』の始まりとも言えることが
起こり始めていたのです。
それは『奇譚クラブ』を始めとした、
当時市民権を得だした『SM』雑誌が媒体になって行ったのでした。

『奇譚クラブ』などの月刊誌の巻末には必ずと言って良いほど
『読者欄』が有り本の感想や自分達のプレイ体験などが載っておりました。
当時『SMプレイ』をパートナーとする場合、
当然ですがほとんどが夫婦で行われていたようです。
夫婦で『SM』の趣味が有る場合は幸せですが、夫に あるいは妻にその
趣味が無い場合は、そのパートナーを他に求めるしかなかったのでしよう。
そのパートナーを求める場所として
『SM雑誌』の読者欄が使われたのでした。

当時の読者欄を見てみると男性からの『M女求む』と言う書き込みが
圧倒的に多かったですけれども、夫にまったく『SM』の
趣味がないために自らの体を苛めてくれる『サジストを求む』と言う
『M女性』からの投稿も一割ほどありました。
当時の事情からして一般の女性は、
自ら投稿する勇気は無かった事なのでしょう。
その代わり、男性の『M女求む』と言う投稿には
そこそこの返事が有ったそうです。

そうこうしている内に、当然のように
『パートナー交換』『夫婦交換』を呼びかける投稿が目立ち始め、
此方の方は『会』と言う形になってゆくのでした。
ですのでこの頃の『スワッピング』の会は『セックス』あるいは
『乱交』が目的では無く『SMプレイ』が目的の
『夫婦交換会』が多かったようです。
そうは行っても最終的に行われるのが『セックス』あるいは『乱交』
だった事は当然の成り行きでしょう。

佐藤はそう言う会に出入りするうちに、
一人の未亡人と知り合いになりました。
話の様子では、その人と知り合ったからそう言う
『SM夫婦交換会』に出入りしだしたのかもしれません。
どちらにしても佐藤に新しい『愛人』が出来た事には間違いありません。
其の事は、母にとってはあまり気持ちの良い話では無かったのでしょう、
母は、その人の事をあまり話したがりませんでした。
佐藤の『愛人』は自分一人だと思っていたのに、
たとえ愛の無い不倫相手といえども別の女が出来たのですから 
母にとっては複雑な思いだったようです。

佐藤にして見れば、今まで好き勝手に母を抱くことが出来たのに
父がいつも家に居る状況では、今までのように好き勝手に
母を呼び出して汚辱できなくなったのです。
当然、精力を持て余せた佐藤が次の『愛人』を作ったのも
当然だったのでしょう。

その新しい『愛人』の事は良く分からないのですが、
年は母より一回り位上らしく丁度母と佐藤の間くらいの歳の人でした。
当然『マゾヒスト』で『サジスト』の旦那さんが亡くなった後で
体の疼きを満たすために佐藤と知り合い『愛人』になったようです。
しかし私は思ったのですが、佐藤は自分から積極的にその人を
『愛人』にしたのでは無かったのではないのかな?と思えるのです。

何故なら今までの佐藤の行動を考えると、
佐藤は他人の妻を寝取ることが生きがいのような男でした。
その為、手っ取り早いところで、
自分の会社の社員の妻に手を出していったのでした。
そしてその女を物にする為には、金を惜しみなく使い、
ありとあらゆる手を使って物にしてきたのでした。

しかし今回の人はあまり苦労せずに『愛人』にしたようです。
と言うよりは女の方から進んで佐藤の『愛人』になったようでした。
佐藤が進んでその女を『愛人』にしたのではない証拠の
第一に、その人には 寝取る相手の夫が在りませんでした。
佐藤と何処でどうして知り合ったのかは分かりませんが、
今までの佐藤の『愛人』とは違う気がいたします。

その事を裏付けるように、佐藤はその人とは
『夫婦』と言う触れ込みで『夫婦交換会』に度々出ていたようでした。
母とは、どう見ても親子のようで『夫婦』には見えませんでしたが
その人となら違和感無く、夫婦として人前に出ていられたのでしょう。

佐藤はその人と夫婦に成り済まして『夫婦交換会』に参加し
他人の妻を思う存分 凌辱していたのでしょう。
つまりは佐藤にとっての新しい『愛人』はより多くの
他人の妻を、寝取るための道具だったと思えるのです。

当時の『夫婦交換会』の暗黙のルールとして
『カップルは本物の夫婦である事』と言うのが有ったようです。
特例とし相手が亡くなっている場合など
『本物の妾(愛人)である事』と言うものが有ったようです。
いずれにしても本人にとって慣れ親しんだ掛け替えの無い
パートナー同士だからこそ交換できると言う事なのでした。

これは、たまに金で雇った水商売の女を自分の『妻』として
『会』に参加する不届き者が有った為のようで、
やはり何と言っても最愛の妻、
あるいは大事な愛人を見ず知らずの男に差し出す訳ですから、
何処の馬の骨とも判らない お金で買ったような女との
交換では割が合いません。
相手も最愛の妻、あるいは妾を出して貰わなければ
釈然としないのは誰しもが感じる所だったのでしょう。

そう言う訳で そう言った『会』には必ず、身元の確かな人が世話人に
成りそして 身元の確かな人達が集まるように成っていったのでしよう。
そのためそう言う会においては、佐藤の新しい『愛人』が佐藤の
『妻』として認知されており、たまに顔を出す母は 佐藤との年の差で
一目瞭然のように佐藤の『妾(愛人)』との扱いだったようです。
其の事が母には少し気に入らない事だったようでした。

当時の『夫婦交換会』には今の様に二十代の若い夫婦が
参加する事などは、ほとんどなかったようです。
当時『夫婦交換』をしていた人は、大半が四十代〜六十代で
三十代の母は何処へ行っても もてたそうです。

そう言う訳で母は『同窓会』にかこつけて佐藤と逢瀬を楽しんで
そのついでに一日〜二日間、佐藤が連れてきた夫婦あるいは
何人かの男達と『SMプレイ』を楽しんでいたのでした。
浅はかな母の事ですので年に一回きりの『夫婦交換』の事など
相手もその都度違う事もあって、ほとんど覚えていないようでした。
私がいくら聞き出そうとしてみても本当に覚えていないようでした。

母にしてみれば 佐藤と始めて浮気をした年と
翌年に夫公認で浮気をした時の事は、その都度、夫に報告したり 
全て文章にしたり あるいは夫の前で実演したりしていましたので 
鮮明に記憶に残っておりましたし、
その時書かれた手紙も残っておりました。

しかしそれから後の年の浮気の事は、今までのように詳細を夫に
報告しておりませんでしたので、月に一度の浮気の事など
浅はかな母の記憶に残っていなかったのでした。

その上、年に一度行われた『夫婦交換』や佐藤以外の男に抱かれた
事などは最後まで夫に秘密であったため 話す機会も文章にする事も
無かったので覚えていなかったのだろうと思えるのでした。

しかしそんな中でも、一回だけですが母にも忘れられない
『夫婦交換会』が有りました。
其の時の事だけは、浅はかな母も忘れられなかったようで
私に懐かしそうに話てくれるのでした。



死の淵から21
死神 8/17(木) 22:29:47 No.20060817222947 削除
夫はいつでも誠実であったと思います。
私に向ける気持ちに嘘はないと感じれるものでした
私はどうなのでしょう?
先日の出来事があってから私は夫との関係について考えていました。
私は夫を愛していると自分では思っていました
しかしそれであれば店長に何故体を任せたのでしょう?
夫は私のことを責任感が強くて情が深いとよく言っていました
しかし・・・・
いつの間にか夫の存在が当たり前になっていたのではないか
私は・・・・本当に夫のことを愛していたのでしょうか?
考えてもなかなか答えは出ません。
いえ本当は分かっていたのかも知れない、しかし私は
自分でそれに気がつきたくなかったのでしょう

この頃ちょうど店長は新店を任されるかもしれないと
少し忙しくなり今までのように定期的に呼び出されることも
少なくなっており、決別の意思を伝えたときはもう
あれから2週間ほど経っておりました。
私がもう会わない例えばらされてもと言うと
「ふ〜んそうかやっと決心したわけだな」
「どういうことですか?」
「止めようと思えば今でなくても止められただろう。
本当に夫にばれそうにでもなったか?無理も無い話しだ」
「違います!私は・・・・例え私がどうなっても
これ以上夫を・・・」
「どっちでも一緒だ、止める気になれば止めれるってことは
今まではそこまで本気じゃ無かったってことだ。
ま〜どんなに貞淑そうな女でも自分にいくらでも言い訳できるうちは
人のせいにして上手く続けるもんだ」
「違います・・私は・・・」
と私が言うと店長は私を強く抱いて
「言い訳が欲しいだけだろ」
と言い私を押し倒しました。
この時店長という人間に始めて心から嫌悪感を感じました
私が本気で押し返そうとすると、更に強く抱き
「静かにするんだ、俺の言うとおりにしろ」
と言われた時、何故か体が動かず固まったように
抵抗できなくなりました。
怖いのです、厳しく命令されると体が動かなくなってしまったのです。
私は何よりこの事実にショックを受けました。
とうとう心までも店長に縛られこの時店長の行為では
ほとんど恐怖しか感じず、快楽に身を任せることもままならず
この事実が余計に今までの自分が店長を受け入れていたことを自覚させ
自分の浅ましさと店長の言った
「自分への言い訳が欲しいだけ」
という言葉が心の奥にとげのように刺さっていました。



両親の妻物語 45
3番目の夫 8/17(木) 19:57:36 No.20060817195736 削除
母はしわくちゃになった敷布の上にうつ伏せに 
その白い裸体を伸ばしました。
掛け布団は部屋の隅に追いやられ、
激しかった私とのセックスを物語っております。

母の二の腕と手首には先ほどの『SMプレイ』で
私に付けられた縄目の後がくっきりと残っております。
背中の真ん中にも赤く充血した後が見えるのは後ろ手に
縛った時の縛り瘤によって出来た痣でしょう。
二の腕の跡はともかく、手首に縄目の跡が付くと母は
嬉しそうに、そしてちょっと困ったような顔をして
『もーどうするのよーー冬なら長袖で隠せるのに 夏じゃあ
『SMプレイ』をしたのがみんなに分かっちゃうじゃあない・・・』
と それでも いとおしそうに両手首をさすっているのです。

今日の縛りはきつかったので、おそらくうつ伏せで見えない
母の乳房の上にもくっきりと縄目の後が付いた事でしょう。

いつだったか 母と旅行に行った時、地方の博物館を見学していて
ガラスケースに『縄文式土器』がありました。
「幸子、見てごらん。お前と一緒だよ」
「えっ?なにがー?」と母が不思議そうにガラスケースを見つめるので、
「よく見てごらん・・縄の跡が一杯付いているよ。幸子の体と一緒だね」
「えーいやだーー、でもホントねえーー ああん、この子 こんなに
ぐるぐる巻きにされて気持ちよかったでしょうねーー」と
うっとりとガラスケース越しに『縄文式土器』を見つめて
変に感心されると 何か言って母を辱めようと思っていた私は
呆れて何も言えないのでした。

その夜、温泉旅館で『プレイ』した後で、母が体にまとわり付いた
縄を外して、いきなり私に「あなたーみてーーほら!みてえーー」と
両手で乳房を持ち上げて胸を張りながら左右にゆっくりと振ったのです。
「なにさー?」私が不思議がると
母はいやらしくも可愛らしい笑みを浮かべて
「うふふん・・ほら!あたしの胸! みてよ!みてえー
ほら!・・縄文式・おっぱいよーー!」と言ってにじり寄るのでした。
確かに母の乳房の上には二筋の縄目の後が
くっきりと付いているのでした。

そんな事を思い出しながら母のだらしなく伸びた体をさすっていると
母はセックスの余韻に浸りながら
何時もの様に過去の浮気の話をしてくれるのでした。
その中で私の問い掛けに佐藤以外に他の男に抱かれたのは
あの群馬の旅館での『プレイ』一回だけだったと言ったのです。

母は私にも嘘を付き通そうと思っていたのでしょうが
私には通用いたしません。
「嘘を付け!」と私はその母の豊満で
セックスの余韻でピンクに色付いた尻を平手で叩きました。
「いたい! あん、なによ?」母が潤んだ瞳を私に向けます。
「一回だけだと? 嘘を付くのもたいがいにしろ」
そう言って私は立ち上がると戸棚を開きあの父が買って
今は私の大事な宝物になっている『奇譚クラブ』の間に挟んであった
五枚の写真を取り出すのでした。
その写真は佐藤と母との『SMプレイ』の写真が三枚と
嵌め撮り写真が二枚ありました。

私の記憶では佐藤にカメラの趣味はありませんでした。
もしも佐藤に写真の趣味があったならば、お金持ちで凝り性の
佐藤のことですから写真を取り捲り、現像も自分で行った事でしょう。
たとえ現像は自分でしなくても、
その交友関係の広さから誰かに現像を頼んだ事でしょう。
現に五枚の母との『SMプレイ』写真は此処に現存しているのですから。
佐藤に写真の趣味が有ったなら母は飛び切り上等の被写体だった筈です。
おそらく今頃は、
そこ等中に母の隠微な写真が溢れていたに違いありません。

しかし現実には此処に残っている五枚の写真しかないのです。
母に聞いても、
後にも先にもこの日に撮ったこの五枚しか無いということです。
と言うことはどう言う事でしょうか?
結論から言って佐藤にはカメラの趣味はなかったのでしょう。
ではこの五枚の写真は一体誰が撮ったのでしょうか?

「さっ佐藤さんがとったのよ・・・佐藤さんよ・・・」
母は否定しましたが私の顔をまともに見られませんでした。

私は二枚の嵌め撮り写真を母に突付けました。
剃毛された女唇の中に今まさに勃起した男根を突き刺そうとしている
瞬間を撮ったものと、男根が女唇の中に半分ほどめり込んだ写真です。
女のモデルは母である事は、先日母が自ら認めました。
では相手の男は誰でしょうか?
「・・・・・・」
母は何も言わずに淫乱な笑いを浮かべて、まるで子供が悪戯を
見つかったかのような隠微で可愛らしい顔をしました。

「佐藤の珍棒は 親父の倍近く有ったんだよな?
そして俺の珍棒は親父と同じくらいだったよな?
でもね、この写真の珍棒は俺と同じくらいだぜ。
ほら、だから この男は佐藤じゃあ無いって事だ」

母は隠微な笑い顔を浮かべたままゆっくりと起き上がると、
私に抱きついてきました。
「もう・・・あなたは何でもわかっちゃうのね・・・悪い人。
お父さんだって気が付かなかったのに・・・」
そうして母は私にそれ以上喋らせたく無いかのように
口付けをしてきました。

この写真の男はやはり佐藤では無く、佐藤の知り合いの男でした。
この写真が撮られたのは最初の浮気の年から三〜四年後のことで 
場所は伊豆方面のその男の別荘だったということです。
写真が趣味の男だったらしく 佐藤と母との『SMプレイ』を
写真に撮りたいと佐藤に持ち掛けたらしいのです。
母はとても恥ずかしかったのですが、否応無しに写真を撮られ
最後はいつものように『3P』をしたのでした。
やはりこの嵌め撮り写真の相手は佐藤では無くて
その男だと母が白状しました。

その後もその男から何度か佐藤に誘いがあったようですが、
どう言う訳か佐藤はその後その男と母を合わせはしませんでした。
おそらく佐藤はあまり写真が好きでは無かったのではと思われるのです。
何故なら当然のように写真にはモデルの母の他に責め手の佐藤の姿も
写るわけですので自分が写った隠微なプレイ写真が
後々まで残るのが嫌だったのかもしれません。
その証拠に、其の時写された写真はかなりの枚数有ったと言う事ですが、
殆んどを佐藤が処分して残ったこの五枚を母にくれたと言う事でした。

母はその話をする中でまた『ボロ』を出しました。
「なんだよ!・・いつも『3P』をしていたのか?」
そうです、母はいつも佐藤以外の男と
『セックス』をしていたと白状してしまったのでした。
「え?・・いやーん、ちがうわよ。いつもじゃあないわ・・・
年に一度か二度よ・・もう・・みんな判っちゃうんだから・・」

母の話によると最初の年の『群馬の旅館』で佐藤の社員二人に抱かれた
母でしたが、その年の内に、もう一度『3P』をしていたと言う事でした。
相手は佐藤の取引先のお偉いさんだったらしく、何の事は有りません
佐藤は接待のために母を人身御供に差し出していたのでした。

次の年もやはり佐藤の接待のために、一度ですが今度は3人の男の慰み
物にさせられ、一晩中好き勝手に縛られ責められて汚辱されたようです。
しかし淫乱で浅はかな母は、佐藤に利用された事には何も感じておらず、
かえって3人の見ず知らずの男から汚辱された事で『マゾ』の血が騒いで
『とても素敵なプレイだったわ』と目を潤ませる始末でした。

翌年からは、父がサラリーマンになったので 
佐藤との逢瀬は一ヶ月に一度のペースになり 
泊まりで家を空ける事など年に一回有るか無いかでした。
月に一度の逢瀬も二〜三ヶ月に一度は『家を空けられない』と言う
理由を付けて我が家の寝室で昼間から佐藤に抱かれる母でした。
当然ですが其の時は、夫が押入れの天井裏に潜んでいて 
二人の破廉恥な『SMプレイ』を覗いており
益々母の羞恥心を煽るのでした。

しかし年に一度とは言え、母は泊まりで家を空ける事が有ったのです。
母は新潟生まれで、当然学校も新潟でした。
田舎のことゆえ 同級生の繋がりはかなり強く年に一度、
必ず『同窓会』が開かれており、
日本全国に散らばた同窓生がこの時は一同に会したのです。

此の頃では、母も田舎にかえるのはこの時と決めており、
父も年に一度だからと『一週間でも十日でも行っておいで』と
優しく送り出してくれるのでした。
父の優しい言葉をいい事に淫乱で自分勝手な母は、佐藤と示し合わせて
『同窓会』の前にちょこっと実家に顔を出し『同窓会』が終わると
一散に示し合わせた佐藤の元に飛んで行き 残りのほとんど
一週間近くは佐藤の『奴隷妻』として過ごしていたのでした。

最初の内こそ佐藤は母に合わせて同窓会が行われる 
新潟やその近辺の温泉などに出向いておりましたが、
だんだんと母の方を自分の都合に合わせるように
呼びつけるようになりました。
母はその都度 佐藤の指定した場所へ行くようになり、
新潟へ帰って同窓会に顔を出した途端に
東京へとんぼ返りをして佐藤に抱かれたり、金沢だったり
長野だったりと、その都度いろんな所へ呼び出されるのでした。

ある時などお土産を見た父が「お前、新潟に帰ったはずなのに、
何で大阪のお土産が有るんだ?」と呆れられたりもしました。
佐藤が母を色々な土地へ呼び出すようになったのには
訳があったのでした。

佐藤はこの頃より『スワッピング』を始めたようでした。
そして母の同窓会に合わせて『スワッピング』相手を探していたのです。
そのため結果として母は色々な所へ出かけてゆくことになったのでした。



表裏 妻という名の女
所 8/17(木) 06:22:52 No.20060817062252 削除
その後カメラは、妻がシャワーで洗剤を洗い流している様子を追っていたが、泡が消えるとカメラの前に立たせ、シャワーを奪い取って妻に向かって水をかける。
「やめて下さい」
ただでさえ薄く透けた下着は濡れて身体に張り付いてしまい、妻は裸同然の姿になっていく。
「優子は本当に厭らしい身体をしているな。よし、一度出すぞ」
映像は応接室に切り替わり、ソファーに座った楠木の下半身と、開いた脚の間に座って、目の前の硬くそそり立ったオチンチンを握る、ピンクの下着に着替えた妻の姿が映し出された。
妻はこの様な事を毎日の様にさせられていたのか、慣れた仕草で手を動かしながら、時々オチンチンに唾液を垂らす。
「もっと早く」
妻は手の動きを早めると同時に、握っている物の下にある、皺だらけの袋に舌を這わせていた。
「出すぞ」
その声で、妻は躊躇する事無く口に含み、頬をへこませて全て吸い取ろうとする。
「ウウッ」
楠木が全て出し切るまで妻は吸い付いたまま動かなかったが、やがてゆっくりと口を離すと、口を開けて全て飲んだ事を確認してもらう仕草を見せた。
「金玉まで舐めて早く終らせようとしたな」
「その方が・・旦那様が・・気持ちがいいと思って・・・・・・・・」
「嘘を吐け。早く触って欲しくなったからだろ?」
妻は反論せずに俯いてしまう。
「もう濡らしているだろ?」
妻は頷く。
「本当に淫乱な奴だ。この姿を工場の連中に見せてやりたい」
「虐めないで」
「また嘘を吐く。本当は虐めて欲しいくせに」
この後妻を抱いたのだろうが、そこでビデオは終わっている。
妻が3人に辱められていたビデオを見た時よりも、私は遥かに強い怒りを感じていた。
妻をまるで自分の所有物の様に扱う楠木。
脅されてしていたのかも知れないが、ほとんど逆らう事も無く従い、その上感じてしまって目付きまで変わっていく妻。
怒りで眠れなかった私は、少しでも怒りをぶつけようと、朝早くに楠木の家に向かった。
するとそこには3台の車が止まっていて、一台は見慣れた車だった為に愕然として立ち尽くしていると、2人の男が出て来たので慌てて身を隠す。
「もう夜が明けたのですね」
「ああ、私は今から仕事だ」
「土曜も仕事ですか?」
「夜仕事をしているところに、急にお呼びが掛かったから、そのまま放り出して来てしまったからな」
「そんな無理をしてまで?」
「当たり前だ。もう無理だと思っていた優子奥様を虐められるのだぞ」
「そんなに焦らなくても、このまま離婚になれば、また好きな時に抱けるようになりますよ」
「それはそうだが恥ずかしい話し、優子と聞いただけで立ってしまった」
「分かります。あの普段とのギャップが堪らないのですよね。あんなに虐め甲斐のある奥さんはいません。それにしても、久し振りの優子は凄かったですね」
「ああ。一晩で何度気を遣ったんだ」
「数えるのは早いですよ。まだ今から楠社長に・・・・・・・・・」
「そうだったな。彼は私達の手伝いに徹していたから、これからだったな」
2人は笑みを浮かべながら片手を上げて挨拶すると、それぞれ車に乗り込んで帰って行った。
私から血の気が引き、2人が出て来た玄関を入って行くと、奥の方から妻の叫び声が聞こえる。
「もうイヤー!いかせないでー!」
襖を開けると、広い和室には縄やバイブが散乱していて、中央に敷かれた布団の上では楠木の上に跨った妻が、涎を垂らしながら一心不乱に腰を動かしている。
私は2人に駆け寄って妻を蹴り倒し、急な事で動けずに、ただ驚いた顔で私を見ている楠木の脇腹を思い切り蹴った。
「あなた!・・・・・・・これは違うの。有希の同級生のお母さん達に話すと脅されて・・・・・・・」
たいした違いは無いかもしれないが、妻が上で無く組み敷かれていたら、多少は違ったのかも知れない。
妻が自分から腰を使っていなければ、もう一度妻の話を聞いたかも知れない。
一週間後、私と妻の離婚が成立した。



表裏 言い成り
所 8/17(木) 06:17:00 No.20060817061700 削除
私は妻が泣きながら逃げ込んだ部屋のドアを開けた。
「あなたが好き!愛してる!」
妻は顔を上げてそう叫ぶと、またテーブルに泣き伏した。
「あの男達に辱められて・・・・・・・・感じていたのか?」
散々ビデオで見せ付けられたくせに、馬鹿な質問しか出て来ない。
「ごめんなさい。酔いが醒めれば醒めるほど、正気ではいられなかった。3人の男に身体の中まで覗かれて、死にたいほど惨めで、正気ではいられなかった」
私にはそれと感じた事が、どの様な関係があるのか分からなかった。
「何もかも忘れたかった。惨めな状態の自分を忘れたかった」
妻の言っている意味は分からないが、私は最後まで抵抗して欲しかった。
その時妻の視線が気になって、視線の先を見ると私の股間が膨らんでいる。
私は妻が嬲られている姿に興奮したのか。
いや、悔しい思いしか無かった。
それでは、目の前ですすり泣く妻の姿に興奮しているのか。
いや、他の男で感じた妻に対する怒りしかない。
原因は分からないが、私が妻を欲しがっている事だけははっきりしている。
その様な事を考えている間に、妻は涙を拭いて私の前に跪いていて、ズボンとパンツを下げて口に含む。
夫婦喧嘩をした時は、セックスをして仲直りする事が多かったので、私との仲を少しでも元に戻したくて、この様な行動に出たのか。
それとも私の愛を感じたくて、私に抱いて欲しいと思ったのか。
妻の真意を測りかねていた私は、妻を引き離そうとも思ったが、この様な時に勃起してしまっている負い目と、妻を欲しいという強い思いから出来ずにいた。
すると次の瞬間下半身に猛烈な快感が走り、目を下にやると妻が私のオチンチンを、今まで見た事も無いほど喉の奥まで頬張っている。
あのビデオを見たからそう感じるのでは無く、妻のフェラは以前よりも遥かに巧になっていた。
堪らず妻を床に押し倒し、強引に手を滑り込ませると、フェラをしていただけだと言うのに驚くほど濡れていて、私の指を難なく受け入れてしまう。
その時私は、妻は単に私の勃起を見て疼いてしまっただけで、私への愛からこの様な行動に出たのでは無いと思った。
私も勃起していたので、妻を責められないのかも知れない。
しかし妻がその様な女にされてしまった事が悔しい。
いや、自らその様な女になってしまったのかも知れない。
私の勃起は急速に萎んでいった。
「別居しよう」
「嫌です。私はあなたと別れない」
「別れる訳では無い。このままだと優子を傷付けてしまいそうだから、少し頭を冷やしたい」
妻はしばらく泣き続けたが、妻もこのまま私の顔を見ているのは辛いと考えたのか、渋々ながら承諾した。
一応冷却期間をおくための別居なので、義父母には本当の訳は話さずに、送り迎えをすれば娘も学校へ通える距離だったので、妻の実家に預かってもらう。
妻は不安なのか一日何度も電話して来て、私に許しを請い続けたがが、私が素っ気無い返事しかしなかったからか、次第に間隔が空いて来る。
私の方も娘の事は気掛かりだったが、意地になっていて自分からは電話一本しないでいた。
しかし妻の事を考えない日は無く、妻の事を想っていた寂しい週末の夜に、辛くなるだけなのが分かっていたので、見ないでおこうと思っていたビデオをデッキに入れてしまう。
そのビデオはBと書かれてある物で、楠木の家での妻の様子が収められていた。
画面を見ると懐かしくさえ感じる妻が、玄関で三つ指着いて楠木を迎えるとこ
ろから始まっていたが、若い頃にも見た事がない様な、身体に張り付いたミニのワンピースを着ている。
「下着を見せてみろ」
「ビデオはやめて下さい」
「なに!」
妻は立ち上がると、恥ずかしそうにスカートをたくし上げる。
「もっと、ヘソの上までガバッと上げろ」
妻は模様も何も無い、白いビキニのパンティーを穿いていて、黒い陰毛が透けて見える。
「何もかも見えてしまう様な、そんな薄いパンティーを穿いて。優子は本当に厭らしい奥さんだ」
「これは旦那様が・・・・・」
妻の言葉を楠木が遮る。
「よし。今から風呂の掃除だ」
カメラは風呂を洗う妻の白い太腿と、動く度に見え隠れするパンティーを追っていた。
「どうして今日は服を着たまま洗っている?服が濡れてしまうじゃないか」
「ビデオはやめて下さい」
「なに?聞こえないぞ」
下着姿になった妻はブラジャーもパンティーとお揃いの、柄の全く無い白く薄い生地の物を着けさせられていたので、乳首はおろか乳輪まで透けて見えていた。



両親の妻物語 44
3番目の夫 8/16(水) 21:19:25 No.20060816211925 削除
結局お昼まで居た佐藤の奥さんが帰った頃には
『ぐったり』と疲れる母でした。
決して言葉には出しませんでしたが、どうやら佐藤の奥さんは
佐藤と母の不倫を疑っているようでした。

後から話の内容を思い返すと、富山に居る筈の佐藤がどうやら
東京に戻っているらしい事が奥さんに分かってしまったらしいのです。
東京の事務所には毎日顔を出して確かに仕事をしているらしいのに
目と鼻の先の自分の家には戻って来ていない。
と言うことはいろいろ過去に女で苦労をしてきた奥さんにしてみれば
佐藤に又新しい愛人が出来た事ぐらい容易に想像が付いたのでしょう。

そして佐藤が自分の社員の妻に手を出すのが常である事。
そして今回の愛人は東京のそれも割りと近い所に居るらしい事。
それらを含めて考えれば
佐藤の奥さんで無くとも おのずと分かるはずです。
東京の事務所の近所から出稼ぎに行っている人間といったら
佐藤の家の近所から出稼ぎに行っている父しか居ないではないですか。
つまり今度の佐藤の愛人は母だと言う事が明白なのでした。

確証は無いにしても佐藤の奥さんは『女の直感』で母が
佐藤の新しい愛人であることが分かったのでしょう。
その後も母が佐藤と会うたびに何処で嗅ぎつけるのか、
それとも女の感なのか、よく母を訪ねてきては
実の無い茶飲み話を永遠としてゆくのでした。
しかし奥さんも佐藤の浮気には慣れっこになっていたのか、
それとも諦めていたのか、その後も母に対してただヒステリックに
罵倒したり 問い詰めたりせずに一見穏やかに 
時にはさげすむ様な視線を送っただけだったと言うことです。
その目はまるで『私くしは佐藤の妻なのよ』と
言っているようだったと言う事です。

そんな時『ふふふ・・奥さんの古マンチョよりあたしのオマンチョの
ほうが気持ち良いって旦那様はいつも言って下さるのよ・・あたしの
体にあなたのスケベ旦那は夢中なんだから・・・』と
心の中で思っている母でした。
この後もうわべでは中の良いご近所同士、しかし心の奥底ではどろどろ
とした本妻と愛人のつばぜり合いが十年近くに渡って行われるのでした。

〔 私も 佐藤の奥さんに付いてはただいつも顔中皺だらけにして
笑っていると言うこと以外あまり印象に無いのですが、
何時の事だったかはっきりとは覚えていないのですけれども
子供だった私に佐藤の奥さんが変なことを言ったことが有りました。
ある時奥さんが急に怖い顔をして私に
「いくらお父さんが見ていないからと言って
影でこそこそと悪いことをしてはいけませんよ」
と言う様な事を言われた記憶がありました。
何時言われたのか、其の時に私が何か悪いことをしたのか、
記憶に無かったのですが、思い返せばあれは
私に言ったものでは無く母に言ったのだと今になって思えるのでした 〕

四日目の夜に佐藤は現れませんでした。
今朝の事が有った母はやきもきして一晩を過ごすのでした。
次の日の昼間に佐藤からの呼び出しが有り、
母はいつものT駅に向かい 久しぶりに旅荘で抱かれる母でした。
その時の佐藤の話で、昨日我が家をほうほうの体で逃げ出した佐藤は
その夜に駅を降りていつもの様に母の元へいこうと考えていました。
しかし何とは無く胸騒ぎがしたので、
その日は真っ直ぐ自宅へ帰ったのでした。
佐藤が玄関を入ると、なんと奥さんは佐藤の後ろにいて
駅から後をつけていたと言う事だったそうです。

奥さんはこの日に佐藤が現れるであろう時間に
駅前で張り込んでいたのでした。
そうして佐藤が何処へ行くのか(多分母の所だろうと
見当を付けていたようですが)こっそりと後を付けていたのでした。
「いやー あぶねえとこだったぞ、はははー」とセックスの余韻に
浸っていた素裸の母の肩を抱きながら佐藤が話したと言う事でした。
この事があってから佐藤はその行動が慎重になり
母の家に来ても決して泊まってゆく事は無くなったと言うことでした。

この後も佐藤の奥さんと母は近所付き合いをして行くのですが、
佐藤の奥さんの『妻の感』は鋭いものが有り、
佐藤と浮気をしたその日、あるいは次の日には
奥さんがお茶のみにたびたび我が家を訪れるのでした。

しかし佐藤の浮気は病気でしたので奥さんは確証を得られないのを
いい事に(無理に母が愛人だと言う事実を認めたくなかった
様子がありました)事を荒立てる気持ちは無かったようで、
静観していた節があるのです。
でもやはり目と鼻の先で浮気をされては面白くなかったようで、
たまに家に来ては『チクリ、チクリ』と
嫌味を言って気を晴らしていたのでしょう。

こうして淫乱で浅はかで自分勝手な母は、父が出稼ぎに行っている間中、
佐藤との浮気を好きなだけ楽しむのでした。
そんな事もあってか、佐藤は四月に東京に居た日こそ毎日母を
抱きましたが五月以降は月に2〜4回のペースになるのでした。
そして父との約束の『月一回の浮気』のペースになるのは
父がサラリーマンになる翌年になってからのことなのです。

しかしそんな自分勝手な母の行動がいつまでも父にばれる筈は無く
六月には、電話での話で不審に思った父の問い詰めにあっさりと
『月一回の浮気』と言う約束を破った事実を認める母でした。

「だってえー・・ううーん・・気持ちよかったんですものー。
でも安心して、あなたを忘れたことは一度だって無かったわ。
それどころか毎回抱かれる前に『あなた、見ていて!』って
あなたのお顔を思い浮かべるのよ、そうするとあたし
『あなたにいけない事をしている』って余計感じちゃうのよ。
でもね、何回あの人に抱かれて見ても体だけの満足でしかないのよ。
前みたいに心が動くことはないわ『あー気持ちよかった』でおしまいなの。

今回ねえ、あたし佐藤さんに抱かれて・・・どんなに虐められても・・
何回行かされても『プレイ』が終わった後で、なんて言うのか
物足りないのよねー・・心がねえー寂しいのよねえー・・・
『あーやっぱり 最後はあなたに抱いてもらいたい!
あなたにあたしのオマンチョを虐めてもらいたい!・・
あたしのもだえる姿をあなたに見てもらいたい!』って 
いつも思っているのよ。

あたし解かっちゃったの! あたし『SMプレイ』が好きだけど
夫婦の愛が無くっちゃ本当の満足は感じられないんだなって。
佐藤さんじゃあ、やっぱりあなたの変わりは出来ないのよ。

そりゃあ佐藤さんの『サジスト』振りは、とても素敵だし
あの人の責めは本当に素晴らしいわよ。
プレイしている時は『あー!あたしの体は旦那様のものなんだわー
心はあなたを愛しているのに体が勝手に旦那様の責めを求めちゃうー
あたしのマゾの体があの人のサジストの体を求めちゃうーー』
って・・・去年と同じようにあたしは徹底的に『マゾ』の喜びを
味合わされて、いつも 泣きながら失神させられるわ。

でもねえー ちよっと違うのよねー・・・・去年の感じと
ちょっと違うのよねーープレイが終わった後で 去年は
『あーこのまま旦那様の女でいたい』って思ってたのに・・
うふ、ばっかでしょー あんなおじいさんなのにねえー・・ 
ところがねえー 今年は『あー気持ち良かった』でおしまいなの。
その後で・・あなたのお顔が 毎回目に浮かぶの・・・
そうすると泣きたい位 切ないの
『あーーやっぱりあたしは身も心もあなたの物なんだわーー』って
だからプレイが終わった後で佐藤さんを見ても
『ふふ、いつ見ても嫌らしいおじいさんねーえ そんなにがんばって
大丈夫?・・・又あたしを気持ちよくさせてね』って。

あたし前にあなたに言ったでしょ?
『愛し合った夫婦だから出来ない事がある』って
去年のあたしは『マゾ』に目覚めちゃったから夫婦の愛より
愛が無くても『サジスト』の厳しい責めが欲しいって思っていたのよ。

でもあたし、あなたを心から愛している事が解かったから・・・
あなたがあたしのことを愛してくれている事が解かったから
『愛し合った夫婦だから出来る事がある』って気が付いたの。
『マゾ』でも愛が一番必要なのよ。
だからあなたが『もうあの人とはするな』て言えばいつでも別れられるわ。

それに去年は散々あの人に好きなだけあたしの体で遊ばれたから
今年はあたしがあの人の体で思いっきり遊んであげるのよ。
だからいいでしょー あたしが遊んでも。 

あなたがいけないのよ。 富山なんかに行くから。
あたしを抱いてくださらないから・・・それに・・うふっ・・
あなた興奮するんでしょ?
あたしが佐藤さんのオチンボでもだえている事を想像して?

あたしもそうなのよ。
他人の佐藤さんは あなたの妻のあたしのオマンチョに
オチンボを入れて 好きなだけ楽しんで、精子を中出ししているのに、
夫のあなたは あたしが佐藤さんのオチンボをおいしそうに
尺八している姿を想像しながら 山の中で自分でオチンボを『センズリ』
して一人で精子を出しているのかと思うと、あたし あなたが可哀想で
何とかしてあげたくって あたしオマンチョがジュンと濡れちゃうの。

そしてあたし、あなたに思いっきり抱かれたい! あなたのオチンボで
思いっきりオマンチョを突かれたい! あなたのオチンボを
あたしのオマンチョで慰めてあげたい!って思っちゃうのよ
今でもそうよ、出来るなら今すぐ飛んで行って あなたに会いたい、
会ってあなたに『おまんこ』して貰いたいっていつも思っているのよ。 

でも、そばにあなたが居てくれないから仕方なくて
佐藤さんに抱かれるのよ・・・・・あなたが一人で『センズリ』
している姿を思い浮かべて、あたしは佐藤さんのふっといオチンボで
『オマンチョ』を突かれてよがり狂っているのよ・・・
ねえーいいでしょーあそんでもーー・・あなたが帰ってきたら
たっぷり あたしの淫乱オマンチョをお仕置きして貰うからさあーー・・・
ねえーだから許してねーー・・・」と
いつもの自分勝手で淫乱な母の理論なのですが、
離れている父は「しょうがねえなー」と苦笑いをするしか無いのでした。

更に淫乱な母は、そんな父に相談も無く その年の九月には佐藤の勧めで
自らの子宮に『避妊リング』を埋め込むのでした。
佐藤にしてみれば 生で男根を母の女唇に嵌めて精子を中出ししても
『ペッサリー』と言う壁が膣と子宮の間に在るのが
気に入らなかったのかも知れません。
『避妊リング』を母に付けさせれば、母の子宮の中にまで自分の
汚い精子を送り込み 汚辱することが出来るからなのでしょうか?

浅はかで淫乱な母もいちいち『ペッサリー』を付ける手間が省けると
喜んで産婦人科へ行くのでした。

〔 「あたしわかったのよ、お父さんね『マゾ』なのよ、気持ちがね。
だからあたしが佐藤さんに抱かれると興奮するんだと思うわー
勿論体だけの話で、心さえお父さんの物なら許されるって思ったのよ。
だからお父さんには全て話したわ、何も隠さずにね」と母は言いましたが、
私にはそんな浅はかな母の重大な嘘が分かっていたのでした 〕

母は最初から最期まで(それこそ父が亡くなるまで)
父に隠し通したことがありました。
それは最初に父に浮気がばれた時に、
母は浮気の事実を全て隠そうとしました。
しかしそれが無理だと分かると、次には佐藤と淫乱な
『SMプレイ』をしていた事を必死に隠そうとしました。
それがばれた時には佐藤と『二人だけの結婚式』を挙げたことを
それから佐藤に『愛』を誓ったことなどと、後で父にばれてから
その都度、始めて懺悔を繰り返すと言う事をしてきたのです。

そんな中でさすがの父も気が付かなかった事があったのでした。
当然それは父から追及されませんでしたので、
自分勝手な母はこれ幸いに口を噤んでいたのでした。

父は母の浮気相手、つまり母の体を抱いて、
その女唇に男根を挿入して楽しんだ男は
佐藤一人だと最後まで思っていたようです。
いくら佐藤が非常識でも自分の女を
まさか他人に抱かせるとは思ってもいなかったのでした。
しかし佐藤と言う男は父の想像をはるかに超える男だったのです。

母は群馬の旅館で始めて佐藤以外の男に凌辱されましたが、
私には話しの成り行き上、口を滑らせた格好で話しておりました。
しかし当然のようにその事実は父に隠しておりました。
そして其の事実が父にばれない事を良い事に 
その後も口を噤んだのです。

〔 「だってー 今更、そんなこと言える訳ないじゃあない
お父さんだって気が付かなかったんだしー・・・
その時一回だけだったしー・・・」 〕

母は私にも嘘を突き通そうとしました。
しかし私にはすでに分かっていたのでした。
母の更なる淫乱行為を・・・・



不動屋さんは街の名士12
非名士 8/16(水) 03:23:33 No.20060816032333 削除
「健ちゃん、寝たかなあ・・・、」
「うん、まだ勉強してるんじゃないかな?・・・」

「うふ・・・・じゃ、静かにしなきゃね・・・・」
「・・・俺は、ソファに寝てもいいんだぞ・・・」

「駄目よ・・・夫婦は一緒に寝なきゃ・・・健ちゃんが変に思うかもしれないじゃない」
「おいおい、変なところを握るなよ・・・」

「えへ・・・・わかったわ・・・じゃ、握らない・・・」もぞもぞと潜り込みます。

!!!!!
鍛え上げられた抜群の舌捌きには、連日の熱心な猛練習の成果が感じられました・・・
斉藤社長と、毎日、特訓に継ぐ特訓を重ねているのでしょうが、
金属バットが相手では、口いっぱいで舌先を擽る余地が余りありません。

妻は、いえ、斉藤多恵子さんは、愛しい夫の斉藤さんの巨根では発揮し切れない業を、小ぶりな私を簡単に口に含み、舌先で転がすことで十全に発揮しているようです。
子供が二階で勉強しているのに、私のほうが声が漏れそうです。

「・・・お、おい・・・」
囁くような私の声に、妻は、いえ、斉藤多恵子さんは、すばやく跨ると、すっと、ショーツの脇から、あっさりと収納してしまいました。

「・・・うふふ・・・別にまあ・・・あなたのも、日本人にしては立派なモノよ」

太平洋に牛蒡?
斉藤さんご夫妻には悪いのですが、そんな言葉が浮かんできました。
妻の太平洋は、もう、社長のモノに拡大され、馴れきって掴みが感じられません。

「・・・日本人にしては?・・・って・・・」
「あっ・・・えへへっ・・・」
斉藤多恵子さんは、悪戯がばれた様な顔をして笑みを浮かべました。

「・・・えへへ・・・内緒にしてたけど・・・学生時代、ちょっとね・・・」

考えてみれば、僕らの学生時代は、バブルのピークこそ過ぎていましたが、ジュリアナやマハラジャでお立ち台で、ボディコンがブイブイ言わせていた時代です。
東京で学生時代を送っていた多恵子は、よく、同級生の尻軽ぶりに憤慨していたものです。

いわく・・・業界人に連れて行かれてディスコのVIPルームで遊び、そのまま乱交パーティにつれて行かれた同級生。
いわく・・・一回黒マラを味わったら、日本人なんて馬鹿馬鹿しくって・・・多恵子、貴方も一回試食してみなさいよ・・・と進める同級生。
いわく・・・アナルですると、あんまり気持ちよくて、前でなんかできないわ・・・と豪語する同級生。

「・・・あれ?・・・じゃ。あの同級生の友達って・・・」
「・・・えへ・・・隠してたけど、貴方も斉藤さんも、私の過去の話をすると嬉しそうだから、もう、本当のことを言っちゃうわ・・・えへ・・・そうなの」

「・・・多恵子のことなの・・・」
「・・・うふっ・・・あなた、喜んでるでしょ。・・・少し、大きくなったみたいよ・・・」

自分の本心は、既に多恵子の胎内に収納されているのですから、ごまかしようもありません。・・・確かに自分は、大柄な黒人に組み敷かれて、金属バットのような黒マラを、乱暴に突っ込まれて狂喜する多恵子の姿を脳裏に浮かべて興奮していました。

「・・・でも、斉藤さんは違うのよねえ・・・あの太さ!黒ちゃんにも負けてないわ・・・」
・・・「黒ちゃん」なんて言葉を始めて多恵子の口から聴きました。

「・・・それに私の好みに合わせてドンペリもパンパン抜いてくれるし・・・食事もホテルも、なんか、ホント。学生時代に戻ったみたいなのよ・・・」

少し、多恵子の本音が見えてきた気もしました。
そこで、
前から気になっていたことをちょっと尋ねてみる気になりました。

PS)
とろい展開ですみません
いっやあ、失火し皆様すごいっすねえ・・・





--------------------------------------------------------------------------------


両親の妻物語 43
3番目の夫 8/15(火) 20:22:03 No.20060815202203 削除
〔 私が母の浮気に気付いていた理由の一つに、
この佐藤のタバコがあります。

父は二年連続で出稼ぎに行きましたが、
次の年からは友達の紹介で『T自動車』に就職し 
工員としてサラリーマン生活を送ることになるのです。
もともとお酒好きの父は外で飲む機会も多く 
その際の車の処置に困っていたので思い切ってこの機会に 
母に運転免許を取らせたのでした。
そのため母は36歳で車の運転免許を取ったのでした。
今でこそ、男も女も運転免許を持っているのは当たり前の世の中ですが
当時は男の人でも免許を持っていない人も多く
母の年代の女性で車の運転が出来るのはまれでした。

そしてそのずーと後の話なのですが、
私は高校を出ると地元の信用組合に勤めました。
そして一年経った時に初めて自分で車を買ったのでした。
家から職場まで歩いても十分程でしたが、車通勤して駐車場に鍵を
付けっぱなしにして置いておいたのです。(当時このあたりの田舎は家
に鍵を付けないくらいですので車の鍵も付けっぱなしが当たり前でした)

そんな時、時折母は自転車で駐車場にやって来ては私の車を
勝手に乗り出して 近所の奥さん連中と買い物に行ったり 
物見遊山に行ったりしておりました。
そのほとんどが、私の知らない間に使って返してあったため
私が追求しないのをいい事に自分勝手な母は、
だんまりを決め込んでいたのです。

しかしそんな中で私にも母が黙って乗り出したのが解る日が、
月に一度位の頻度であったのです。
それが車の灰皿に残されたタバコの吸殻なのでした。
私はタバコを吸いません。
その為、誰かが車の中でタバコを吸ったら直ぐに分かるのでした。
その上浅はかな母は、証拠となるタバコの吸殻を片付ける事など
思いもよらなかったのでしょうか?そのまま灰皿に放置してありました。
母の友達の奥さん連中や母が車に乗せて送るような親しい人の中で
タバコを吸う人が居ない事を私は知っていました。
ただ一人、佐藤を除いてはです。

その上、そのタバコを吸ったのが佐藤だと
特定できるのには訳がありました。
それはその吸殻のタバコの銘柄が確か『ルナ』と言う品種で独特の
臭いが有る事を 私は佐藤が私の家に来たときに知っていたのでした。
はたして いつも私の車の灰皿に残された吸殻が『ルナ』だったのでした。

又 ある時こんなことも有りました。
同じ職場の後輩が、休暇を取り彼女とデートをしたのです。
次の日に職場に現れた後輩は、私を見つけると
『ニヤニヤ』薄ら笑いを浮かべて こう言ったのです。

「だめだよ、順次さん。モーテルなんか行っちゃあ・・えへへ」
「なんだよ? いきなり 俺がそんな所行く訳ねえだろ?」
「また、また隠したってだめだよ。ほら、昨日俺と○子が『○○荘』へ
行ったら順二さんの車が先にあったじゃあねえの・・・」
『○○荘』とは隣町の山際にある
この辺りでは古くからある有名なモーテルでした。
「俺たちが三時間やって出てきたらまだ居るじゃあねえの・・・
一体何時間すればいいのよ? あきれちゃうね・・・」
「馬鹿言うな、俺は昨日 仕事だったのはお前も知ってるだろ?
俺じゃあねえよ」
私が行っていないのは事実でしたので そう言ってよく似た車の
見間違いだと誤魔化しましたが、私には母と佐藤がモーテルで
セックスを楽しんでいたことが今更のように分かるのでした 〕


四月になり仕事が始まると、父と佐藤は富山の現場で忙しく働きました。
十日程が過ぎて仕事もどうやら順調に進み始めると、
佐藤が『ちょっと一週間ほど東京へ行ってくる』と出かけました。

『ピン』と来た父が丸一日ほどして佐藤が着いたであろう頃に
家に電話を寄こしたのでした。
そろそろ子供達も子供部屋に上がって寝る時間の頃で、
お勝手で片付け物を母がしていたときでした。

「あら! お父さん!元気?・・どうしたのこんな時間に?」
「おお、幸子か 佐藤から電話は無かったか?」
「うううん 無いわよ、どうしたの?」
「うん、佐藤が 昨日東京に行くと言ってそっちへ行ったんだ。
もうそろそろ付く頃じゃあねえかと思ってな。
おそらくお前に会いに行くつもりだろうから、分かっているだろうな?」
「うふふ・・分かっているけど・・あなた、本当にいいの? 
あたしがあの人に抱かれても? 嫌いにならない?」

「うん、お前が俺との約束を守るならば仕方がねえな。
お前の淫乱な『マゾ』の気持ちを満足させるためには
あいつに抱かれるしかねえんだろ?
お前も もうしたくて疼いているんだろ? スケベだからな・・・」

「いやん!・・もう、知らないから・・・じゃあ もし誘われたら
一日だけ楽しませてもらうわね・・・でもあたしが浮気をしたからって
絶対に嫌いになっちゃあ嫌ですからね・・絶対いやよ!お願いよ・・・
あなた、愛しているわ・・・」
と母は受話器を置くのでした。

その直ぐ後で母は急いで寝室へ向かうのでした。
久しぶりに夫の声を聞いて、体がどうしょうも無く熱く疼いております。
まるで夫が直ぐ近くで見ているようで
母の中にある『マゾ』の血が騒ぐのでした。
寝室に入ると母は畳にひざまずき、
両手を畳みに置いて土下座をするのでした。

「旦那様、どうかあなたの『奴隷妻』に今すぐ旦那様のすてきなオチンボ
を尺八させてください・・・そして・・思いっきり犯してくださーい!・・・」
顔を上げた母の目の前に佐藤の半立ちした男根が突き出されるのでした。

母は父にまだ佐藤から連絡は無いといいましたが、
すでに佐藤は東京に着くと、
何処へも寄らずに真直ぐに この家に来ておりました。
来るが早いか母を寝室に追いやって
強姦するように一発済ませていたのでした。

こうして 今夜もまた母の豊満な尻に振り下ろされる鞭の音と
猿轡をされた母の可愛らしい口から その都度上がる隠微な
悲鳴と啜り泣きが、裏山に明け方まで響き渡るのでした。

翌日、佐藤はお昼ごろまで寝室で寝ると、朝食を兼ねた昼食を母と取り
誰にも見付からないようにお勝手口から裏山の小道を通り
駅に出て仕事に向かうのでした。
そして又、夜の十時から十一時頃に闇に紛れて裏山の小道をこっそりと
通り裏のお勝手口から直接に納屋の上の父と母の寝室に上がるのでした。
そして母と毎夜、隠微な夫婦の様な暮らしをしているのでした。
ところが四日目の朝に思いも寄らない事が起こったのでした。

何時もの様に子供達を学校に送り出してから溜まった家事をこなして
『そろそろ旦那様の食事を作ろうかな?』と思っていた時に
玄関が開いて誰かが尋ねてきたのでした。
『今日は誰も来て欲しくないのに・・』と母が出てみると其処には
佐藤の奥さんが立っているのでした。

「幸子さん 久しぶりにお茶でも飲まないかと思って来て見ましたの」
いつも粋な着物を着こなしているものの、佐藤の奥さんですので
まるで母の母親ほどの年配の小柄な老婆です。
顔は笑っているのですが、深い皺に埋もれた瞳が冷たく光って見えるのは
母に後ろめたさが有ったからでしょうか?

近所ですので当然行き来もありますし、お茶のみもいたします。
しかしここ数年は、佐藤の奥さんは自分の家をあまり出たがらず、
お茶のみをしたいときには電話を掛けて
みんなを自分の家に呼ぶのが常でした。
そんな佐藤の奥さんが突然家を訪ねてきたのですから、
さすがの浅はかな母も『ひやり』と背筋が寒くなるのでした。

後ろ暗い気持ちの母は追い返す訳にも行かず、
居間に上げて相手をしておりました。
だらだらと取り留めの無い話をしている内に
そろそろ佐藤を送り出す時間が来て母は気が気では有りません。
お茶の替えを台所に用意しに行った帰りに廊下を挟んだ
台所の引き戸と居間の引き戸を閉めたのは佐藤がこっそり
抜け出してくれる事を期待したもので
期待に違わず佐藤は物音も立てずに抜け出してくれるのでした。



死の淵から20
死神 8/15(火) 09:42:18 No.20060815094218 削除
しばらく店長は、私をただの欲望の処理道具のように扱いました
店長は行為に及ぶまでは怖いくらい無言で私は常に何をされるのか
びくびくしながら待っていなくてはなりませんでした。

この頃の私の心はぐちゃぐちゃでした。普段どおりの夫の態度にすら
影で涙を流すことも珍しくなく、情緒不安定の私の態度にも困惑しながら
気遣ってくれます。しかしそれが更に私の心を掻き乱し
私は夫に抱きしめられる度に全て話してしまいたい、楽になりたいと考え
次の瞬間にはこの人を失いたくないと思うのです。

店長の行為は更にエスカレートして行きました。下の毛を無理やりそられた時
店長は私に「これで旦那と出来なくなったな」と無表情に私に言い
私は、取り乱し泣き叫び初めて「この男を殺すしかない」と思いました。
ある日私はかばんに包丁をしのばせ店長を刺し殺そうと
店長の家に行きました。玄関を開け店長が後ろを向いたとき私は店長を刺そうと
しました。しかし運悪く店長に気付かれ
「俺をさすのは構わないが、あの写真は俺以外の人間も持っているぞ。
次は誰のおもちゃになるのかな?」
と薄ら笑いを浮かべ私に言いました。
そしてこの日から店長の私への残虐な行為が始まりました。

店長の行為はあくまで私を痛めつけることを目的としているようにしか
思えませんでした。
抵抗している私を無理やり組み敷き私が我慢できなくなるまで
じらし続けそして私は最後には店長にお願いするしかなくなります。
店長は私に屈辱感と罪悪感より体の欲求をとってしまった
ふしだらな女だと私に何度も言い聞かせるのです。
店長は私の心を砕くことに楽しみを見出している本当の鬼でした
私が店長に我を忘れさせられ何回も達している最中突然目隠しを撮り
ビデオをつけます。そしてそこには私たち家族の映像が流れているのです。
私は見た瞬間あまりのことに泣き叫び、その様子を見た店長は満足げに
更に私を激しく突くのです。
この様に心を砕かれると私は次第に何も考えたくなくなり、ただただ涙を流しながら
店長の体にしがみつき快感だけに集中してしまうのです。
行為が終わり我に返るとただただ体の快感を求めてしまう自分が情けなく
そして泣いている私に店長は、先ほどの泣きながら店長にしがみついている
場面を私に見せるのです。

そのように何回も心を砕かれそして快感だけを考えるような状況を与え続けられているうちに
私は店長に貫かれるだけで快感を感じ、そして確実に店長とする前とは
私が変わっていることを感じていました。
私はこの頃自分の事を冷静に考えることもできなくなり
夫を愛しているのか店長を愛しているのかも分からなくなりました。
この様なことをしていてはいつか夫にばれる、夫にばれれば全てが終わる
そんなことは分かっていました。
結局自分が辛いから問題を先延ばしにしていただけです
そして消えてなくなりたいと思っていたそんな時
夫に久しぶりに求められたのです。
私は夫に久しぶりに抱きしめられ、店長とは違う優しい抱擁に激しく動揺してしまいました
この様に優しく抱きしめられたことは店長との行為ではありません
そして求めてくれる夫を嬉しく思いながらも私は夫には答えられないことを
思い出し、心ならずも夫を拒否してしまいました。しかし夫はこの時
少し怒り止めようとしてくれません、そして下着に手が掛かったとき
私は抵抗するのをやめ天井を見ながら
「これで全てが終わる、私は夫に捨てられ店長に全てを奪われるんだ」
と思うと何も言えず涙があふれてきました。
夫が私の顔を覗き込んだとき、
夫は私が涙を流していることに気がつき私から離れ「すまない・・・」と言いました
この時私は忘れていたものに気がついたのです。
店長は私を愛してはいない、分かっていたはずなのに
何回も抱かれているうちにもう店長の物になったほうが楽なのではないかと
私は思い始めていたこと、そして夫は理不尽な仕打ちであるはずなのに
私を気遣ってくれたこと。そして裏切りを知らない夫は今でも誠実に私を愛し続けていてくれたこと

私はシャワーを浴びながら一人泣いていました。もう止めよう
こんなことはもう駄目だ、たとえ夫にばれてもこれ以上誠実な夫を裏切ることは出来ない
いえ自ら夫に話全てを告白し夫に許しを請おう、許してくれなくても
一生夫に償いながら生きて行こうそう思いました。
私は店長と決別するための行動を始めて開始しました
この時私は店長と決別することに迷いはありませんでした。



死の淵から19
死神 8/15(火) 09:32:06 No.20060815093206 削除
私は何故このような物が映されているのかしばらく理解できないでいました。
店長は不適に私を見て、何も言わず少しずつ音量を上げて行きました
私は呆然としそしてこの事態を徐々に理解して行くのです。
声も出ず信じられない思いで店長を見ました、店長はこちらを見ることなく
じっとビデオを見ています。私は帰ることも出来ずただただ何が起こっているのか
それすらはっきり分からないまま崩れ落ちてしまいました。

店長はビデオを消すと何も言わず一枚の写真を私に渡しました。
それは店長との行為を写した写真でした。
店長はそのまま不適な笑みをたたえたまま、私を玄関口まで連れて行き
「それでは、さようなら・・・」とだけ言って
扉を閉めました。

私はいったい何が起こったのか、そして店長の目的は何なのか
店長はいつあのような写真を撮っていたのか?何も分かりませんでした
青ざめた顔で車に乗りハンドルに顔をうずめ
考えていると底知れぬ恐怖に襲われるのです。
何とか家に帰り着き夫が帰ってくるまでの間
私は枕に顔を埋め震えていました。
あの時、自分の弱さゆえ店長を求めてしまったこと
助けて欲しい人に助けを求めなかった愚かさ
そして最早夫に助けを求めることは出来ない絶望
何にもまして底知れぬ不気味さを持つあの男
私に待っているのはいったい何なのでしょう
これから起こることを思うと不安に駆られ
夜も寝られなくなり、そして私は家族の頼ることも出来ないのです。

あのときから1週間店長は私に一切接触しませんでした
しかし写真だけは毎日送られてきます。時には郵便で
時には社内メールでとうとう家の新聞の中に挟んであることもありました。
まるでじわじわ痛めつけるように私を追い詰めて行くのです
このままではいつか家族にばれてしまうその恐怖感で気が狂いそうでした。
これは罰なのだあの時店長に助けてもらいたいと思い
店長に抱かれた私に対する罰なのだ
そして何回考えてもこの地獄の終わりは夫との破局なのです。
どんどん具体的に夫との離別を考え始めました
必死にいい材料はないかと考え抜きました、たった一回の過ちであれば
夫は許してくれるのではないか?とも考えました
しかしこのようなことを夫に言って夫の体は大丈夫なのだろうか?
悲嘆にくれる夫を想像し、私はどうしようもない悲しみに襲われ
そして店長の家に行った時、私は夫のことを愛してると誰よりも一番と
自分に言い訳しながら、店長との行為を心の奥底で期待していたのではないか
夫が一番であることは間違いないということを自分で確かめて、いやそれによって
自分自身の罪悪感を軽くしたかったのかも知れません。
私は、私は・・・・
自分の心と向き合い私は自分の心が分からなくなってきます
しかし私は確かにあの時夫を確実に裏切っていました。

そしてとうとう私は自ら店長の家に行ってしまうのです。
最早あのようにじりじり追い詰められてこれ以上びくびくしながら
生活など出来ません。私がおかしくなってしまうか夫にばれるか
どっちが先かという状況です。
そして店長は自ら来た私を無言で迎え入れました。
私は結局ほとんど脅しに近い状況でまた店長を受け入れざるを得なかった
ひとしきり自分の欲望を満たした店長は私に
「今日から毎週日曜の午後と木曜日にここに来るように
嫌なら来なくていい、あくまで君の自由だ」
その日から私の地獄日々が始まりました。



両親の妻物語 ちょっと二休み これからについて
3番目の夫 8/14(月) 20:51:51 No.20060814205151 削除
いつも私のつまらない投稿を読んでくださりありがとうございます。

私はこの頃「投稿を止めようか?」と思っておりました。
他の方の投稿はスリルに溢れ、先の読めない展開にハラハラドキドキ
するものばかりですしね。

それに引き換え私の投稿は『ヘンリーミラー様』の仰る通り
私の母の『私小説』のような物ですのでスリルやハラハラドキドキも
ありません。
その上、これから先に投稿しようとするお話は、
母が父に最後まで隠し通した 『淫乱行為』の話と
私が覗き見た 『両親のセックス』の話とそして
『最後のエピソード』の話でして大体(No,55)までだらだら続きます。

私の投稿はこのサイトを読まれている方には、つまらく退屈なんだろうな
と思いこのまま続けては迷惑なんだろうなと思っておりました。
ですので、この辺の切の良い所で打ち切ろうと考えていました。

しかし先日 みなさんの励ましを頂まして、
読んでくださっている方が少しでもいらっしゃるのなら
もう少し続けてみようかな?と思った次第です。

でもはっきり言いいましてこの先は驚くような事は何も起きませんし
みなさんには詰まらないと思いますよ。

この投稿は母の告白テープを元に私が書き起こしている事は
みなさんにお話してありました。
この前投稿いたしました『ちょっと一休み 母について』にも
書きましたが この告白は 妻が浮気をしたのですから本人も家庭も
ぐちゃぐちゃになるのが普通の所、母の運の強さ(悪運の強さ)
あるいは母の淫乱さ浅はかさ、単純さによって奇跡的に
幸せな家庭生活が営まれたという当事者の私(息子)にとっては
とても幸せなことだったのだと思えるのです。
そして其の事が面白いと私は感じましたので
みなさんに聞いていただきたかったのです。

母も何時だったか言っておりましたが、
「一歩間違えれば、修羅場だったわよ!
あたしは離婚されるしかなかったでしょうし、そうなれば
あたしの事だもの、今頃 何処かの遠い町の売春宿で
この体を見ず知らずの男に売って 一人で寂しく
生きてゆくしかなかったのよー・・・
あなた達にも辛い思いをさせたかもねー・・・」と言う通り

もし 母の浮気がばれた時、怒り狂った父が
佐藤の家に怒鳴り込んだときに佐藤が家にいたとしたら?

もし 佐藤と母の『SMプレイ』を見ていた父が
屋根裏を飛び出して佐藤を殴っていたら?

もし 佐藤と母が家で浮気をしている所に
佐藤の奥さんが踏み込んで来ていたら? 等々。
一歩間違えばどんな事になっていたのか?考えただけで
息子の私は背筋が寒くなるのです。

ですから私は母は悪運が強いと思うのです。
母は数々の難関をその天性の明るさと、天然ボケと
淫乱さと浅はかさ、単純さで乗り切り、そればかりか
自分の欲望を満たし好きなだけ『浮気』を楽しんだのでした。

思えば母が父にめぐり合えたのも、佐藤と言う『サジスト』と
浮気をしたのも、私と言う息子を持ったのも
すべて母を楽しませるためのものだったのでは無かったのか?
と思えるのです。

その事を前に一度母に聞いた事がありますが
「そんな事は無いわよ・・・たしかにあたしはお父さんが
許してくれたのをいい事に、好き勝手な事をして来たわ。

でもその罰は当たったわ・・・とっても大きく・・・
とっても辛い罰だったわ・・・・・・・・おとうさんがね・・・
あたしより先に死んじゃった事よ・・・あたし・・・あたし・・・
死ぬときはお父さんに抱かれて死にたいって・・・うううん、
お父さんの腕の中で死ぬんだって思っていたのよ。

あの時からあたしの女は終わったのよ・・・・そうよ終わってたのよ
罰だったんだわ・・・あなたが救ってくれるまであたし・・
生きた屍だったのよ・・・」と母は珍しく弱気に微笑みました。

そんな訳でもう暫らく私のつまらない投稿にお付き合いください。



死の淵から18
死神 8/13(日) 09:55:05 No.20060813095505 削除
店長の家に着く頃、私は店長や男たちの行為を思い出していました。
男たちの行為はもちろん店長であっても、あの時の夫との行為を
上回るものではないということに思い至り自分自身を納得させていました。
しかし今思い返してみると、それは一時とは言え体の満足を求めてしまった自分への言い訳なのかも知れません。

店長の家の呼び鈴を押す前私は玄関口で帰るつもりでした。
それは夫を裏切ることを自分自身が耐えられなかったこともありますが
何より例え無理やりされてしまっても、最後には屈服してしまうのではないかと
自分自身怯えていたのかも知れません。

玄関に入ると店長はいきなり私に抱きつき
「会いたかった・・」と私に言いました。
私はいきなりのことに戸惑いながら、店長の胸を押し
「このようなことは、やめてください・・・私はもう前のようなことは
夫を裏切ることはしたくないのです。」と言いました。
店長は、私から離れると俯き
「すまない・・・」と消え入るような声で言い続けて
「あのときから俺は桂木さんのことを愛してしまった・・・
貴女がご主人のことを愛していることは分かっている
しかし、例えしばらくの間だけでもいい・・・
私のことも愛してくれないだろうか、俺はもうこの気持ちを抑えることは出来ないんだ」
私は店長のこの告白を聞き動揺してしまいました。
店長はなおも私を抱きしめようとし私は必死に抵抗しました。
しかし男の力にかなう筈も無くとうとうキスをされると
私は店長の腕のなかで崩れ落ちてしまいました。
店長は私を抱きかかえるとそのまま寝室へと私を連れて行き
またキスをして私のブラウスを脱がし始めまたのです。
私は我に返り必死に抵抗しました、しかしいつに無く強引に店長は
私を押さえつけとうとう下着姿にされてしまいました。
店長は服を剥ぎ取ると、隣の部屋に投げ込みました
私は声を上げて止めてくださいと懇願するのですが
店長は「愛しているんだ・・・諒子さん」と私の名前を呼び
下着越しに愛撫を始めるのです。
私はまたあの時の恐怖が蘇り、子供のように泣きながら
「やめて〜お願いします、お願いします・・・」
店長に懇願していました。
しかし店長は愛撫をさらに強くしていき、私の体は徐々に反応してしまうのです。
私はこのような状況でも反応してしまう自分の体を呪い
そして最後にはまた求めてしまうかも知れない恐怖感から
嗚咽を漏らし無様に泣いてしまいました。
しばらくして店長が私の中に入り、店長が何度目かの射精をした時
私はまたしても絶頂を感じてしまいました。
そして私が達したことが店長に分かると店長は
夫以外の物で絶頂を感じた私をことさら強調し私の心砕いて行くのです。
私は夫との記憶にすがって、あの時の行為のことを思い出していました。
何度も何度も店長に貫かれ、いったん達してしまうと
何度でも達してしまう自分の体のことを呪いながら
それでも私は忘れることの出来ない幸せを思い涙を流すのです。

店長が最後の精を私の中に放出し終わり、私は絶望感を感じていました。
また感じてしまった、また達してしまった
決して求めてはいないのに必死に堪えているのに最後には負けてしまう。
もう夫には戻れない私は体の欲求に負けてしまった
夫を裏切ってしまったとの思いが心を支配していました。

シャワーを浴びながらひとしきり泣き、そして浴室からでると
店長が私を抱きしめました。私は始めてこの男に嫌悪感を抱き
振り払うと店長の頬を打ちました。
店長のこのときの顔は忘れられません、不敵であり
厭らしくそして私を馬鹿にしたような下劣な笑いです。
そしてこの男は私に
「さっきまで俺の物を咥えて喜んでた割にはずいぶんだな。
何も知らないのは亭主ばかりなりか・・・」
というとビデオのリモコンを持ち再生ボタンを押しました

そこには、最初に店長と交わった時の光景が映し出されていたのです。



死の淵から17
死神 8/13(日) 09:52:47 No.20060813095247 削除
今考えると私が店長の家に行く理由など
本当はありもしないのかも知れません。私は店長の家に行く道すがら
夫とのことを考えていました。
私は夫からの愛情を疑ったことはありませんし、私も夫への愛情を
自分自身疑ったことはありませんでした。しかし、先日の店長との
行為の中で私は今までになくお互い体を求め合うことに没頭しておりました。
私は自分自身が分からなくなり、夫を確かに愛してるとの実感を持っているにも
関わらず夫以外の男性のことを例え1時とはいえ求め
そして夫以外の男性で感じることを求めた自分自身のことを考えていました。

私が夫との行為で始めて女の喜びを感じたのは結婚してしばらく経った頃でしょうか
その時私はこれほど幸福感にあふれ、夫をいとおしいと思ったことはありませんでした。
私はそのときの幸福感が忘れられず、次の日もう一度あの快感を味わいたいという
体の奥底から湧き上がってくる欲求に抗うことは出来きず
軽蔑されてしまうのではないかという恐怖感を持ちながらでも
結婚してから初めて自ら夫を求めてしまったのです。
しかし夫は軽蔑などせず自分の体のせいで私を満足させられていないのではないか
と思っていたと言い、私のこのような淫らな変化をも受け止めてくれました
私は夫に抱きつき、夫のことだけを考えそして夫にこれからされることを考えると
最早ほかの事など考えることは出来なくなっており
自分の体の欲求の赴くまま夫を求めていました。
夫は私の求めに応じ私を何度も絶頂へ導き、そしてそのような私をやさしく見つめ
体全体で私を受け止めていてくれるのです。
私が夫を一晩に何回も求めたのはこのときが後にも先に最後でした
この時夫の何回目かの射精を体の奥に感じたとき、私はとうとう今まで味わったことの無い
快感を味わい、頭の中が真っ白になり気絶してしまったのです。
気がついたときはまだ夫と繋がったままでした、私はキスをしようとし夫の顔を見て
ふとわれに返ったのです。夫は苦しそうにそしてそれを出来るだけ悟られないように
優しく私に笑いかけてくれていました。
私は呼吸の合間に見える夫の苦悶の表情を見て、夫が私の求めに応じることが体の負担になると言うことを
改めて思い知るのです。

私はあの時初めて連続で絶頂に達し続けることで、今まで感じたことの無いような
快感を得られる自分の体のことを知りました。あの時の幸福感と一体感は
何物にも変えがたいものです、しかし同時にそれは夫の命を削ることになり
私はそれからと言うもの自分の体の欲求と夫を失う恐怖感の中で
ジレンマに陥り結果自分自身で夫との行為を抑制してしまうようになるのです。
しかし一度火がついた体は容易に私を解放してくれません
私は自分が行為に没頭すると夫を壊すほどの性欲を持っていることを恨めしく思いました
そして夫との行為では必ず夫が一回行けば終わるようにコントロールするようになってしまったのです。
それは夫のことを心配してのことではあるのですが
何よりそれ以上続けてしまうと自分自身もう我慢が出来なくなってしまうからなのでした。
夫がいなくなることは私にとって死よりも耐え難いことなのです。
ましてやコントロールしだしてから夫は私を満足させるべく前戯に時間をかけるようになり
こんな淫らな私を夫なりに愛してくれようとする心を感じ
ますます夫の体を第一に考えるようになりました。
そしてそれは同時にあの時感じたような幸福感を捨て去ることを意味していました。



両親の妻物語 42
3番目の夫 8/12(土) 21:21:05 No.20060812212105 削除
「そうじゃあないんだ。お前は今まで通り佐藤と浮気をするんだ」

「え!?・・・あなた!何を言うの?・・どういうことよ??」
「お前は本当に俺のことを愛していると気付いたから、
これから佐藤と浮気はしないと誓ったが、去年浮気をした事は事実だし
其の事はこれからもずっと二人の中で引きずって行く事だと思うんだ。

俺は知りたいんだ。
お前が本当に佐藤を愛さずに、ただ『マゾ』の気持ちを
満足させるためだけに佐藤に抱かれていられるのか?を、
そして俺は、そんなお前を今まで通り愛してゆけるのか?を 
是非知りたいんだ」

母はたとえ再び佐藤に抱かれる事があっても、
決して夫に対する愛が変わる事はないし、
まして佐藤の本質が分かった今では 
佐藤を愛する事など決して有り得ないと心底から思っていました。
しかし其の事をいくら母が訴えた所で、
百パーセント夫が信じられない事は過去の母の行動からして
無理からぬ事だと母自身が納得しているのでした。

「解りました。あなたのおっしゃる通りにします・・・でも・・・
あの人に抱かれたからって、あたしのあなたへの愛は決して変わりません。
でも・・あなたはそれでいいの?・・・本当にいいの?・・・
あたしが佐藤さんに抱かれても・・・
あたしはもう心が動く事はありません。
だってあんないやなおじいさんを愛するなんて
考えただけでも身震いしちゃうわ。

でも本当のところ あなたが許してくれるんなら
『SMプレイ』を続けたいとは思うわ。
でもそんな事をして あなたに嫌われたらいやだし・・・
だからあなた・・・あたしの事を決して嫌いにならないでね。
約束してくださるんなら・・・あなたの言う通りにします」
もう母はそうする以外、
夫への愛を証明する手立ては無いのだと思うのでした。

「だがそれには条件がある・・・まず、浮気は月に一度だけ。
後は誘われても断れ。
そしてその様子は、この間の告白文のように手紙に書いて、
その都度俺に送ること。
嘘や隠し事は一切しないこと・・・・約束出来るか?」
「はい。約束します。決してあなたを裏切りません」
そう言うと母は崩れるように夫の胸に顔を埋めるのでした。


それから父が出稼ぎに行くまでの五日間程は
『バタバタ』とあっと言う間に過ぎました。
昼は昼で、近所知り合いに挨拶回りや荷造りで、夜は夜で
半年間会えない夫婦の営みを激しくあきもせずに繰り返したのでした。
最後にはさすがの淫乱な母も当分の間、
セックスはしなくて良いと思う程でした。


父が出稼ぎに行く日、母は着物を着て精一杯おしゃれをして 
夫を東京駅まで送ったのでした。
前回は地元の駅で夫を送ったので、今回もそれで良いと夫に言われたの
ですが、母はどうしてもと言って東京駅まで見送りに付いてきたのでした。
夫には言いませんでしたが、前回 佐藤を東京駅まで見送っていたので
夫にも同じ事をしてあげないと申し訳が無い気がしていたのでした。

列車の時間まで間が有ったので、二人は食堂でラーメンを食べるのでした。
夫との別れが近づくにつれて、胸が一杯になった母は自分のラーメンを
ほとんど夫に与えるのでした。
「お前、食べなくて言いのかい?」
「ええ、あたしはいいのよ、後で何でも摘めるから・・・
それより あなたこそ先が長いんだから一杯食べといてよ」
母はこの時、佐藤との逢瀬を思い出しているのでした。
佐藤と会うときはいつも素敵な高級レストランで食事をしておりました。
その時はそれで楽しく幸せだと思っていましたが、
こうして場末の汚い食堂でも愛する夫と二人なら
佐藤とでは味あえない幸福感で胸が熱くなるのでした。

夜の七時台発の夜行列車の窓を開け、父が顔を出しました。
「これから帰ると遅くなるな」と父が母を心配してくれます。
「大丈夫よ。それより体に気を付けてね・・・それと・・
早く帰って来てね」
母は父の手を取り思わず涙ぐみました。
これから夜行列車を乗り継いで父は、
ほとんど二日近くかけて富山の現場に行くのです。
佐藤は新幹線を使っておりましたが、父にはそんな贅沢は出来ません。
そんな夫が可哀想で母は声を出して泣き、ハンカチを濡らすのでした。

列車が動き出すと 二人は顔を見詰め合い、
手を振りながら別れるのでした。
母は列車が見えなくなるまでホームに佇んでおりました。
そして列車が見えなくなると涙をハンカチで拭いて
振り返り、人通りも疎らになったホームを階段の方へ歩いて行くのです。
しばらく行くと少し前のホームの柱の影から
男の人が出てきて母の前を歩くのでした。

その人の手にボストンバッグを見付けた時に 
母は思わず下腹部が『ジン』となるのを感じ 顔を赤らめるのでした。
母はボストンバッグを見ると反射的に
佐藤との『SMプレイ』を思い浮かべたのです。

いつの間にか 母の目は前を歩く男が持つボストンバッグに釘付けです。
そのバッグが揺れる度に 母は佐藤が母の股間に振り下ろす鞭によって
与えられる痺れるような感覚が断続的に感じられて、
淫汁があふれ出てくるのが分かるのでした。
母は思わず持っていたハンドバッグを着物の上から股間に当てて
熱い吐息を吐くのでした。

母の頭の中の妄想は次第に激しさを増して行き、母の体は素裸に剥かれ
きりきりと後ろ手に縄で縛られ、布団の上でうつ伏せにされてお尻を高く
抱え上げられて、恥ずかしく濡れた女唇を佐藤に見つめられているのです。
『ああーはやく・・早く犯してーー』
着物を着ているためノーパンの母の女唇から淫汁が溢れ出し
股を濡らします。
その時になって母は『ハッ』と我に帰るのでした。
『あん・・・早く御不浄でお股を拭かなくっちゃ・・』
母の股間は腰巻を濡らすほどになっていました。

母は顔が赤く興奮しているのが自分でも分かる位でした。
そんな自分が恥ずかしくて 母は小走りにその男を追い越すのでした。
そして何故か母は男を追い越してから立ち止まると
振り返ってその男の顔を上目使いにいやらしく見つめるのです。
近づいた男も母の前で立ち止まります。
母はゆっくりとその男の腕に捕まると、背伸びをするようにして
男の耳元に その可愛らしい唇を近づけ 囁くのでした。

「今日から又・・・あたしは・・あ・な・た・の・・
・・・『・ど・れ・い・づ・ま・』よ・・・」
『ニヤリ』と笑う佐藤の腕に捕まりながら
母は駅の階段を夢見心地で上って行くのでした。

一流ホテルの寿司屋のカウンターで 寿司を摘みながら
二人で楽しくお酒を飲むと、夫とでは決して味あえないであろう
セレブな奥様に成った様な高揚した気分を、
久しぶりに佐藤が母に味あわせてくれるのでした。
浅はかで単純で淫乱な母は、
先ほどの夫との幸せな一時の事など綺麗に忘れて一刻も早く
佐藤のたくましい男根で貫かれたいと思うのでした。

「ああん・・旦那様ー・・今夜は思いっきりあたしに
お仕置きしてくださいねー・・・あたしがいくら泣いて『やめて!』って
叫んでも決してやめないでねーーおねがいよー・・・今夜は・・・
旦那様の気の済むまであたしをいじめてねーー・・・そして・・・
そして・・・さいごはご褒美に・・ね?・・・ご褒美に旦那様の太い
オチンボであたしのオマンチョを楽しんでね・・・」

佐藤の腕にしな垂れ掛かった母の瞳は、
すでに淫乱の炎が赤く灯っております。

勘繰ってみれば、無理に夫を東京駅に送って来たのも、
場末の食堂でラーメンを一口しか食べなかったのも、
全てその後で佐藤と逢瀬をするために
あらかじめ佐藤と打ち合わせが出来ていたのでしょうか?
佐藤はいつかの様に 一晩中母の体を好き勝手に凌辱しても
次の日の新幹線と特急を使えば前の晩に出発した父達より
一足先に富山の現場に行けるのですから。

ホテルの部屋に入ると二人は、今までの溝を埋めるかのように
それこそ貪る様に破廉恥で淫乱な『SMプレイ』を繰り広げるのでした。
素裸で後ろ手に縛られた母は さっきまでの『引き回しプレイ』で
付けられた犬の首輪をしたまま ベッドに転がされているのです。
両足を一杯に広げるように佐藤に開かされ
『まんぐり返し』のポーズを取らされています。
母の股間はすでに微塵の陰りも無く白く綺麗に剃毛されておりました。
赤く充血して いやらしく口を開いた女唇が母の目にも丸見えです。
「ああーだんなさまーお願いです・・早く、はやく
奴隷妻のいやらしいオマンチョをいたぶってくださーい」
途端に佐藤の口が、舌が激しく母の女唇を責めるのでした。
二人はこの夜、飽くことを知らずにお互いの体を求め合うのでした。
淫乱な母は愛する夫を送り出したその日、
ついに家に帰ることは無かったのでした。

二人が浅い眠りから目覚めたのは 次の日のお昼近くでした。
いつもの様に小遣いを貰った母は、
これもいつものように新宿へ出て買い物をするのでした。
いつもと違ったのは、真っ先に夫の下着を買ったことで
「これからはお父さんにもおしゃれしてもらわなくっちゃ」と
白いブリーフを買ったのでした。
この下着を始め 色々とこまごまとした物を出稼ぎに行った夫に
今年はその都度 送ってあげようと思う母でした。

「まるで戦地に行った夫に『慰問袋』を送るみたいだわ・・・」
そんな母は佐藤から教わった『春唄』の中に戦地にいる夫に
慰問袋を送る妻の歌が有ったのを思い出すのでした。
「♪ 出来る事なら送りたいー 私の大事なものをー
慰問袋で送りたいーー『まんちょの缶詰』おくりたいーー ♪・・・
うふふふ・・ああっ・・本当に送れる物ならあたしの『オマンチョの缶詰』
を送ってお父さんに楽しんでもらいたいわー」と思う母でした。


家に帰ってから寝室に上がると、今日、新宿で買って来たフォト
スタンドに夫の写真と母と二人で写っている写真を二枚飾りました。
「あなた・・・よく見ていてね」
母の中で何かが弾けた様だったと言うことでした。

その夜十一時近くに、子供達が寝静まったのを確かめて
母は入浴を済ませました。
脱衣室で母は久しぶりに飛び切り淫乱な下着を着けてみるのでした。
白いレースのパンティーは股の部分以外ほとんどが、
レースで縁取られたゴム紐で出来ていて最小限にデルタから
股の下に続く 小さい三角形の部分もシースルーで透けております。
何よりも普通の下着なら どんなに小さく卑猥なパンティーでも股の
部分は布地が二重になっているものですが、このパンティーにはそれすら
無く薄く透けた布地一枚のため 剃毛された女唇が丸見えなのでした。
このパンティーは女が普段に穿く為の物ではなく、
男に見せて挑発させ、脱がさせる為に穿くものなのでしょう。

臍までしかない 御揃いの白いレースのベビードールは
胸のブラジャーの肩紐と乳房の周りを三角形に囲むレースの紐は
有るものの、肝心の乳房を包むパットの部分が無いため
豊満は母の乳房がポロリと出ております。
「なんてイヤラシイんでしょ・・・ふふふ・・あなた見ててね・・・」

母はそのままの格好で電気を消した台所を通り、
階段を上って寝室に入りました。
寝室の中はこれも今日買って来た ピンクの笠が付いた枕スタンドで
部屋全体がピンク色に染まり 淫靡な雰囲気をかもし出しておりました。
「あっ あの人の匂いだわ・・」かすかにタバコのにおいが鼻を付きます。

母はいそいそと布団にもぐりこむのでした。
「おまたせ・・・」
すでに素裸になりうつ伏せでタバコを燻らせていた佐藤が 
タバコをもみ消すと母に覆いかぶさってきます。
二人はお互いの舌を吸いあい、唾液を味わい 力一杯抱き締め合うのです。
「あん、ああーいいわー」
佐藤の唇が母の豊満な乳房を舐め上げ 太い指ですでに濡れ濡れで
勃起したクリトリスをさすると母は堪らず仰け反るのでした。
こうして二晩続けてのセックスが始まったのでした。

佐藤は今日の朝一の新幹線で富山へ向かう予定でした。
そうすれば前の日に夜行で出かけた父や他の社員達に
追いつける筈だったのです。
しかし予定を変更してまで 佐藤がこの家に泊まったのは淫乱な
『マゾ』の快楽に久しぶりに目覚めてしまった母が飽きることを
知らずに 更なる激しい『サド』の責めを求め続けたからでした。
母はまるで何日も砂漠で迷った旅人が偶然にオアシスに巡り合えて 
その水を飲み喉の渇きを貪欲に癒し続けるように、
佐藤の責めを尽きる事無く求めたのでした。
その挙句に一晩だけでは満足出来なかった母が、富山に行こうとした
佐藤を無理に引き止め自宅に招きいれたのでした。

淫乱で浅はかで自分勝手な母は、あれほど泣いて夫にすがりながら
硬く約束した『浮気は月に一度だけ』と言う夫との約束を、
夫を見送った二日目には早くも自分から破ってしまうのでした。
そうして、二晩 母の体を堪能した佐藤は、次の日の昼過ぎに
新幹線と特急を乗り継いで、父より一日遅れで富山の現場に着くのでした。





--------------------------------------------------------------------------------


表裏 ビデオに中の妻4
所 8/12(土) 11:41:43 No.20060812114143 削除
明らかに@のビデオは、強姦では無い言い訳のためと、妻を脅して繋ぎ止めておくために、最初から計画されていたのだろう。
しかしAのビデオは途中で思い付いたのか、広い和室の中央に敷かれた布団の上で、仰向けに寝かされた妻の股間に遠藤が座り、既に腰を前後に動かしている場面から始まった。
一方妻の顔の横には池田が胡坐を掻いていて、妻の髪を撫でながら顔を覗き込んでいる。
妻はと言えば池田のオチンチンを握らされていて、その手を擦るように動かしながら、可愛い声を上げ続けていた。
池田「気持ちいいかい?」
妻は何度も頷く。
池田「この前2人でした時に教えたでしょ?ちゃんと声に出して返事しなきゃ駄目だと」
「・・・・はい・・イイ・・気持ちイイ」
これはいつ撮られた物か分からないが、妻は池田に対して素直になっていた。
池田「何処が気持ちいいか言ってごらん」
「・・・・イイの・・気持ちイイの」
池田「だから何処が?この前は何でも言えたでしょ?今日は2人だけでは無いから、恥ずかしいのかな?」
池田が遠藤に目配せすると、遠藤は動きを極端に遅くしたので、妻は快感を得ようと自ら腰を動かし出す。
「イヤ・そのまま・・・・アーン・・イヤ」
遠藤「こんなに腰を使って催促するとは、見掛けと大違いで、本当に助平な奥さんだ」
「イヤ・・・アッ・アッ・・言わないで・・・そんな事言わないで」
遠藤「だって、本当の事だろ。いい加減に、自分が助平な事を認めろよ。そんな事ばかり言っていると、やめて抜いてしまうぞ」
「イヤ・イヤ・イヤ」
遠藤「イヤなら、優子は助平な女ですと言ってみろ」
池田「ほら、遠藤君を怒らせてしまった。もっと素直になりなさい。もう何でも答えられるね?言われた質問にちゃんと答えれば、もっとオメコを気持ち良くしもらえる様に、私が遠藤君に頼んでやるから。さあ、何処が気持ちいいか言ってごらん」
「オメコ・・・オメコがイイの・・・オメコが気持ちイイの」
妻はすんなりと、卑猥な三文字を口にしてしまう。
池田「よしよし。遠藤君、ご褒美に激しく突いてやってくれないか」
遠藤は激しく動き出し、池田は子供を褒めているかの様に妻の髪を撫でている。
遠藤「池田社長の話は本当だったんだ。まさかこんな上品な顔をした優子の口から、オメコなんて言う言葉が聞けるとは」
池田は自慢げに遠藤を見ると、妻の頬を両手で挟んで自分の方を向かせた。
池田「なんだ?もう我慢出来ないのか?それなら目を閉じていないで、私の目を見ながら気を遣りなさい」
完全に感じさせられてしまっていた妻は硬く目を閉じて、イヤイヤをする様に激しく顔を左右に振っていたが、池田にその動きを止められ、目を開くと縋る様な目で池田を見詰めている。
池田「遠藤君のチンボは気持ちいいか?」
「イイ・・気持ちイイ・・アア〜ン」
池田「だから、チンボは気持ちいいか?」
「アッ・アッ・・イイ・イイ・チンボイイ・・・チンボ気持ちイイ」
池田は妻が卑猥な言葉を口にする度に、俺が仕込んだと言わんばかりに遠藤を見る。
池田「オメコいきそうか?オメコでいくのか」
「イク・・オメコ・イク・・アッ・アッ・アッ・・・・・・・」
池田「オサネも触ってやろうか?」
「アー・・オサネ・・アア〜・・オサネして・・・アアーン・・・して・・オサネして〜」
池田は妻の頬に添えていた片方の手を、遠藤と妻の結合部に伸ばした。
「ア〜〜〜・・・イイー・・・オサネ・イイ〜」
池田「これで、もっと深く気を遣れるだろ?」
「ア〜・・イク・イク・イク・イク・・・・」
池田「こら、目を閉じるな!ちゃんと私の目を見て」
妻は限界が来たのか池田の目を見詰めながら、これ以上我慢出来ない事を、顔を小刻みに振って訴えていた。
しかし池田は意地悪く、妻に対して質問を続ける。
池田「どこでイク?」
「オメコ・・オメコ」
池田「オメコだけか?ここはしなくて良いのか」
「イヤー・・・オサネも・・オサネもイクー」
池田「何でいかせてもらう?」
「もう聞かないでー・・イヤー・・チンボですー・・・いかせて〜〜」
妻は終に泣き出してしまった。
池田「よしよし。もう気を遣ってもいいぞ。その代わり私の目を見ながら、何
処がイクのか説明しながら気を遣るのだぞ」
「アッ・アッ・オサネ・イク・・イク・イク・・オメコ・イク・・イク・イク・・・
オメコ・いきます〜・・・アァァァ〜〜〜〜」
今度は池田に入れられて、遠藤には乳房を責められながら、卑猥な言葉を叫び続ける妻をぼんやりと眺めていた。
これでは誰が見ても、妻が無理やり犯されているとは思わないだろう。
現に私も、深い絶望感に押し潰されそうになっていた。
仮にこれが脅されて嫌々されていたとしても、ビデオの中で牝の本能を剥き出しにして、快感を貪っている姿もまた妻の真実の姿なのだ。
妻が言っていた様に、酔わされて弄ばれ、その後はビデオで脅されて関係を続けさせられていたとしても、彼らにこれほどまでに感じさせられて、自らも貪欲に快感を求めた妻と、今まで通りの暮らしを送っていく自信が無い。



表裏 ビデオの中の妻3
所 8/12(土) 11:38:43 No.20060812113843 削除
妻は奥まで向かい入れようとお尻を振り始めたが、それでも入れてもらえないと知ると、とうとう掴んでいた物を口に含んでしまった。
遠藤「ただ咥えているだけでは駄目だろ。こうやって動かすんだ」
妻は頭を両手で掴まれて、無理やり上下に揺すられ、それを見た池田は一気に腰を前に進めた。
「ウグー」
もう妻の頭に遠藤の手は添えられていなかったが、池田の腰の動きに合わせて、必死に頭を上下させている。
遠藤「とうとう舌まで使い出しましたよ」
池田の腰の動きが更に早くなると、妻は堪らず口を離した。
「アッ・アッ・ア〜・・アア〜〜」
すると池田も動きを止めてしまう。
「イヤ・イヤ〜」
池田「優子奥さん、お口がお留守ですよ」
妻は必死の形相で口に頬張り、激しく頭を上下させる。
遠藤「よほど池田社長のオチンチンが気持ちいいとみえる。おおっ、そんなに激しくしたら出てしまうだろ。普段はあんなにお淑やかなのに、結構激しいんだな」
池田「私も出したくなって来ました。優子奥さんはどうです?もう気を遣れますか?」
妻は咥えながら、小刻みに何度も頷く。
池田「まだですか。それならもう少し我慢しましょう」
楠木「池田社長は、案外意地悪なのですね」
池田「何がです?優子奥様が返事をしないのに、私達だけ終わっては可哀想でしょ。普通気を遣る時はイクとか何とか言って、男に教えるものです」
「ウウーン・・・・ウグ・・ウグ・・ウウッ・・ウグ」
池田「ウグ?イクではない様だし、何を言っているのか分かりません」
その時遠藤が妻の頭を押えた。
遠藤「口から出すなよ。そのまま続けろ」
「ウグ・ウグ・・・ウッ・ウッ・・ウグ・ウグ〜〜〜」
妻はうつ伏せに崩れ落ちたが、すぐに腰を掴まれて元の体勢に戻される。
池田「まさか自分だけ気を遣る様な、はしたない事はしていませんよね?さあ、3人仲良く気持ち良くなりましょう。優子奥さんに合わせますから、ちゃんと教えて下さい」
しかし遠藤のオチンチンを口から出す事を許されない妻は、ちゃんと声を出す事が出来ず、また追い詰められて行く。
「ウグ・ウグ・・ウグー」
遠藤「俺を早く終らせれば。口が自由になるものを」
それを聞いた妻は、音が聞こえてくるほど激しく舌を使いながら、必死に頭を上下させた。
遠藤「いいぞ。その調子だ。そろそろ出してやるから飲めよ。出すぞ、飲めよ」
しかし妻は飲み込めずに、白い液体を涎のように口から垂らしていた。
池田「気を遣りたくなったら、いつでも言って下さい。優子奥さんに合わせてあげますから」
「イク・イク・イク・・・アアー・・イク・・もうイク・イク」
池田「ただ“イクー”なんて、はしたないですよ。上品な奥様はただ教えるだけではなくて、何処で気を遣るのか説明してから気を遣るものです。優子奥さんも、ちゃんと何処で気を遣るのか説明出来る様にならないと」
「ダメ・・イク・イク・イクー・イクー」
池田「だから、何処でイクのですか?口ですか?それともオサネですか?」
「アア〜ン・・もうダメ〜・・・イク・イク・イク・・ダメ・ダメ」
池田「駄目な奥様だ。これから長い付き合いになるのだから、今日のところは気を遣る事を教えてくれただけでも良しとしましょう。さあ、思い切り気を遣りなさい」
池田の動きが更に激しくなると、妻は狂ったように頭を左右に振り、髪を振り乱して登り詰めた。
「イク・イク・アッ・アッ・アア〜・・・アアア〜〜〜〜〜」
楠木「電池が無くなりそうなので、撮影はここでやめます」
楠木の声と共にビデオは終わり、私は何も映らない画面を見ながら考え込んでいた。
確かに妻は感じていた。
意識が無い時ならいざ知らず、最後の方は正気に近かったと思う。
男が女3人に犯されたとしたら、気持ち良くなってしまうだろうが、女が男3人に犯されて、イクほど感じてしまうだろうか?
初めての男達に辱められるという、極限に近い恐怖と羞恥の中、あのように感じる事が出切るのだろうか?
映っていないところで、妻は抵抗を見せたかも知れない。
妻が拒否した所は、故意に映されていないだろう。
しかしこれを見る限り、私には妻が強く拒否したとは思えなかった。
また妻に対して強い不信感が募り、気が付くとAと書かれたテープを、デッキの中にセットしていた。



死の淵から16
死神 8/12(土) 08:54:09 No.20060812085409 削除
私は店長にまで迷惑を掛け家庭を壊してしまったことに更に罪悪感を感じ
最早私は全てを夫に話し店長の奥さんに謝罪するしか無いのでは無いかと思いました。
私は店長に
「これ以上迷惑をかけるわけには行きません、誤解されるようなことをしたのは
間違いありません。でも、店長は私のことを心配して・・・
店長には感謝しています。でもこれ以上私と関わっては本当に離婚になってしまう。
私仕事やめます、辞めて夫に全てを話します。ですから離婚なんて言わないで下さい
奥さんからどんなお叱りを受けても構いません、私が浅はかだったのです。」
というと店長は私のせいではないというのです。
しかしこれ以上私にかかわると本当に離婚になってしまう
それだけは駄目だと何度も店長を説得しました

しかし、ある日いつもより落ち込んでいる店長から
とうとう離婚になったと聞くと私は何も考えられずどうお詫びすればよいのか
また、このようなことに巻き込んでしまって申し訳ないと
心から店長に詫びました。いくら上手くいっていなかったとは言え
店長の落胆振りは私をひどく動揺させました。
私は何か出来ることはないかと考えるのですが、私には何も出来ません。
しばらく話していると、店長は朝から何も食べてないんだと言うので
私はせめてと思い台所を借り食事の用意をし始めました。
店長は後ろから見ながら、
「桂木さんが嫁さんだったら良かったのにな・・・」
と言いました。私は戸惑い返事が出来ません
すると店長は私を後ろから抱きしめ
「諒子さん・・」と
私は戸惑いましたが店長の気持ちを思うと拒否することも出来ず
ただじっとしていました。店長は私から離れ
「すまない・・どうかしていた忘れてくれ・・」と力なく言いました。
私は店長のほうを見ました、店長も私を見ていました
しばらくお互い見つめあいとうとう店長はまた私を抱きしめました。
私はこの人を助けたいと思いました、いえ本当は私が助かりたかったのか知れません
私は卑怯な人間です、自分に様々な言い訳をしながら
店長の求めを断ることは出来ませんでした
店長は激しく私を愛しました、私は店長の気持ちを感じ
せめて今は店長を愛そうと思いました。そして私はあの事件以来
無理やりではなく初めて自分から男を求めそして夫以外のもので
達してしまったのです。

私は行為の最中は、店長のことを考え店長のことを求めていました
しかし、終わったあとふと我に返ると自ら夫を裏切ってしまった
罪悪感で私は心が締め付けられるように痛くなり
そしてシャワーを浴びながら心のなかで夫に詫び
しゃくりあげるように泣いてしまいました。
そんな私を見て店長は、「すまない」と謝って
私を抱きしめてくれました。私は店長を押しのけ
服を着るとそのまま家へと急ぎました。

家に帰り夫の顔を見ると私は自分のしてしまったことの愚かさと
浅はかさに吐き気をもよおしました。最早このまま夫と一緒には暮らせない
私は汚れてしまった、心までも一時夫を裏切ってしまった私はここにいる資格などないと
そう思いました。それから数日間店長とも会わず私は自己嫌悪と
夫を裏切ってしまった罪悪感から精神的に不安定でした。
私の様子がおかしいことに気が付いたのか自然と夫は
私を抱き寄せました、しかし私はあの時確かに夫を裏切ったのです
今の私には夫を受け入れる資格はない、私は穢れてしまったという
気持ちが湧き出て夫を拒否してしまうのです。
しかし夫の何時に無く力強い抱擁に次第に抵抗することも出来なくなり
私はせめて最後に夫に抱かれたいとまた自分勝手に思いました。
いつものように私にたくさんの愛情を与えてくれる夫の行為に
私はこのようなこともなくなるのかと思うと寂しく思い、そして激しく夫を求め
夫が果てると私は自然ときつく夫を抱きしめ、涙があふれ
やはり私の求めているのは夫なのだと心から感じたのです。

私はこのとき夫に真実は告げず、離婚する決意をしていました
夫や子供と離れることは私にとって死ぬよりつらいことかもしれません
しかし自分を守るため周りを傷つける事に耐えられず
夫や子供に対して自分の犯した罪の事を考えると
私には償いの人生しか残されていないと思いました。
あの事件のことも1ヵ月半何も無く幾分か安心していたと言うのもありますが
何かあったとしても一人なら自分が苦しむだけで済むと思ったのです。
仕事の昼休みの間に私は店長に仕事を辞め夫と離婚する事にしたと話しました。
私の決意が固いことが分かると店長は最後に家に来て欲しいと言い
私は決して夫を裏切るまいと心に決めて店長の家に行くのです。



死の淵から15
死神 8/12(土) 08:29:26 No.20060812082926 削除
その夜も私は昨夜の恐怖を忘れられず
眠りにつこうとすると思い出され悪夢に苛まれていました。
夫の背中にすがりつき必死に耐えていると
あまりの疲れに次第に眠りにつきました。
いつものように目覚まし時計が鳴ると私はびっくりして飛び起き
あたりを見回しここが寝室であることを思い出し
一人胸をなでおろすのです。

夫と子供を送り出す間は忙しくなんとか思い出さずに済んだのですが
一人になるとまた思い出され、仕事に行くことなど考えられなくなっていました
そんな時電話が鳴り恐る恐る取ると店長からでした
店長は昨日の様子から無理であればしばらく休んでいいと言ってくれ
私は電話口で泣きながらありがとうございますと繰り返すのです。
また一人になるとあのときのことを思い出し恐怖と悲しみと
最後は男達のもので達してしまったという事実が
夫に対する罪悪感となって私に重くのしかかるのです。
その日の昼ごろ私を心配した店長が訪ねてきてくれました
店長は私が何をされたのか分かっていることでしょう。私はあのような目にあっても
夫に話す決心もなく、一人で耐えることが出来るほど強い人間ではありませんでした。
店長はあのような目にあった私を放っておけ無いといって
何かと面倒を見てくれました。そして頼るものを探していた私はすがってしまったのです。
あの事件があってから店長なりに探ってくれていて犯人が見つかれば
このことを公にしない変わりにテープを取り返せるかも知れないと言ってくれ
そのときの私にはそのことに望みをかけることしか出来ませんでした。
そして頻繁に店長と個人的に会っているうちに事件は起こりました。
ある日店長から話があると言われ喫茶店で待ち合わせをし
店長を待ちました、店長は少し遅れて店に入り
「すまない・・・まずいことになった」と言うのです
「何があったのですか?」と私が聞くと
私と頻繁に会っていることを奥さんに不信に思われ
興信所をつけられ何回も会っているところを写真に取られ
怒った奥さんが出て行ってしまったという話でした。
私もその話を聞きまさかこんなことになるなんてと思いました
考えてみると私だって夫が頻繁に他の女性と二人きりで
会い続けていれば、浮気を疑うかも知れません。
しかし店長は私を助けてくれようとしただけであり
私と浮気をしてはいません、私のせいで店長までも
辛い目にあってしまって私はあまりに申し訳なく思い
店長に私のことを正直に話し奥さんと仲直りしてくださいと頼みました。
しかし店長は妻とはもともと上手くいっていなかった
これはきっかけに過ぎないから、気にしなくて良いと言うのです。



両親の妻物語 41
3番目の夫 8/11(金) 20:15:22 No.20060811201522 削除
佐藤が現れても今日の母は少しも乱れませんでした。
夫にもう隠すものは何も無く、全てをさらけ出して
許して貰ったと言う思いがある浅はかで単純な母は、
佐藤を見ても もう過ぎ去った過去の人としか見られないのでした。

しかしそんな夫婦の事は何一つ知らない佐藤は、
この間ついに母を再び抱いた事で 母が又 
佐藤の『奴隷妻』に戻ったと思っているようでした。
佐藤は父と酒を飲みながらもちらちらと母にいやらしい視線を送り 
それと同時にきわどい話に母を巻き込もうとするのです。
おそらく夫の前で母を恥辱し 責めさいなんでいると思い込んで
一人で舞い上がって喜んでいたのでしょう。
しかし今の母にはそんな佐藤の行為が、くだらない悪あがきのように
思えて 何も知らない佐藤に哀れみさえ覚えるのでした。

暫らくして佐藤は、思い出したかのようにバッグから新聞で包んだ
あの『ふうふこけし』を取り出し「二人へのお土産だ」と言うと
得意そうに二人の前で講釈を始めました。
母は勿論 父もそのこけしの淫靡な構造から使用方法まで
全てお見通しですが佐藤の話に合わせて驚いて見せるのでした。
母はさすがに張り形が出たときには、それで散々
乱れさせられたときの事が思い出されて顔を赤らめ俯くのでしたが、
佐藤はその反応を別の意味に取ったことでしょう。

佐藤もその張り形が自分の男根を模ったものだとは、
さすがに言えませんでしたがこけしを父に手渡しながら
「サッチャンもこれからいつでも楽しめるぞ」と
暗に母へ言葉を掛けるのでした。

暫く雑談が続いた後で佐藤が何時もの様に
「よっちゃん どうじゃろう? 
今年もワシん所の仕事を手伝ってくれないかな?
給料も奮発するからよ。『富山』は今年でけりが付くから何とか頼むよ。
よっちゃんがいてくれれば全て上手くいくからよ。」
とこりもせずに父を仕事に誘うのでした。

『富山』の現場は、昨年末で80パーセント完成しており 
この冬すでに仮オープンしておりました。
今年、あと2本のリフトを設置することになっていて 
それで全て完成するのでした。
「遅くても十月までには終わるから・・・どうじゃろう?」
もう三月も残り十日程と言う事で佐藤もあせっているようでした。

それを台所で聞いていた母は、
『馬鹿な人・・・あんな事を言ったってお父さんが行くわけ無いのに・・・』
と思っているのでした。
「そうさなー・・・佐藤さんにそこまで言われちゃあなー 
それにこんな良い物までもらっちゃあ断るのも悪いかなあ?」
と父は貰ったこけしを手にしました。
『まあ・・おとうさんったら又あんな事を言って
気を持たせて・・・ふふふ』と母が一人で笑いを堪えていると、
次の瞬間 夫が思いもよらない事を言い出すのでした。

「じゃあ今年も行くことにしようか?・・・なあ幸子」
母は、一瞬夫が何を言い出したのかと思い慌てて台所を飛び出すのでした。
「あなた!何を言うのよ! もう行かないって言ったじゃあない・・」
夫が冗談にもそんな事を言うはずが無いと思っていたので
母は気が動転してしまうのでした。

「だって 佐藤さんに こう毎日頼まれちゃあ断るのは悪いだろう?
さーて 今年も富山へ行って稼いでくるか・・・」
「本当かね!! いやー嬉しいぞ!
よっちゃんに来てもらえればバンバンザイだ。
早速、切符の手配をしておくからね・・いやー良かった良かった。
なあ サッチャンも良かったろ?」
と佐藤は飛び上がらんばかりに喜ぶと 最後は母にいやらしい
視線を送りながら、父の気が変わらぬ内にと早々に帰って行きました。

その後で台所で洗い物をしながら母は、
夫が何故あんな事を言い出したのか? 考えるのでした。
『きっとお父さんはあたしを試そうと思っているんだわ。
あたしがもう二度と浮気をしないかどうか、試すつもりなんだわ。
そうなんだわ。・・・いいわ あたしはもう絶対浮気はしないんだから』
と心に誓いましたが、そんな一方で
『でも・・半年間もあの人に誘われたら断りきれるかしら?
もし・・しちゃったら・・いいえ だめだめ絶対にだめだわ・・・
でも?断れなかったら?判らなければ?・・あああーどうしましょう』
と自分勝手な事を母は考えているのでした。

寝室で母は父に問い詰めるのでした。
「どうして・・・行くなんておっしゃったの?
あたしはもう あなたと離れて暮らすなんていやよ・・・
お願いだから断ってください」
母が必死で訴えると 父は真剣な顔つきで言うのでした。

「俺はずっと考えていたんだが、これは、俺とお前が
これから夫婦としてやって行けるかどうかの試練なんだ。
お前は俺の事を『愛してる』といったな?
佐藤との浮気に『愛』は無いと言ったな?
その言葉が本当かどうか、この半年でお前がどう言う気持ちになるか?
見てみたいんだ。」やはり父は母の気持ちを試そうとしていたのでした。
「いやよ!いや・・あたし もう一時もあなたと離れたくないの・・・・」
母としては、もう二度とあの忌まわしい似の前は踏みたくありません。
其の為には夫が常にそばにいて欲しいのです。

「お前だけじゃあ無いんだ。俺も離れて暮らして 
そんなお前のことを愛し続けていられるか? 試して見たいんだ」
父の心の中も揺れていたんだと思います。
そしてまだ父は母を全て許した訳ではなかったのです。
「お前は佐藤と浮気をした。
いや ただの浮気なら笑って許せたかもしれない。
しかしお前は佐藤の『奴隷』になって一時とはいえ 
あいつの事を愛したんだろ? 俺は其の事が我慢出来ないんだ。
ひょっとしたら 又お前は佐藤を愛してしまうのではないのか?
其の事が俺は心配なんだ。だからそれを確かめたいんだ」
やはり父は母の心変わりを心配しているのです。
そして母の夫への『愛』が本物なのか?試したいのでした。
其の事は母にも痛いほど分かるのでした。

「解りました。みんな私がいけないんですもの・・・
あなたの気持ちは よーく解りました。
でも信じてね、私はあなただけを一生愛しています。
だからあなたと離れて暮らしても、二度と浮気はしません。
あなたの帰るのを子供達と待っています」
確かに夫の気持ちは良くわかります。
半年間離れて暮らして見て、母が又佐藤とよりを戻すことになれば
それで夫婦は終わりだと思っているのでしょう。
母はもう二度と佐藤と浮気をしないと心から誓うのでした。

ところがその後で父は信じられないことを言うのでした。



死の淵から14
死神 8/11(金) 07:15:15 No.20060811071515 削除
私は自分の体の変化に戸惑い、そして次々やってくる感覚に耐えるのがやっとでした
夫の物ほど私の体に合っているものは無いと私は思っていたのですが
男たちの物でも十分に感じてくるのです。しかし私の一番感じるところを知っている
夫とは違い男たちはあくまで一方的に欲望を満たし中途半端な状態のまま
軽い絶頂を何度も味わっていると頭がおかしくなってくるのです。
とうとう私は我慢できずに「もっともっと長いもので奥をかき回して!」と言うと
男の一人が「おやおや奥様は俺たちのものでは満足しないらしい」といい
今度は私の中に長いディルドを挿入し思うままに私の中をかき回すのです。
私のなかは恥ずかしくも待っていたかの様に蠢き
とうとう頭が真っ白になるほどの絶頂を感じてしまいました。
私が朦朧としていると近くで女の嬌声が聞こえてきました
私は他にも誰かされているのだろうかと考えていましたが
男の一人が、「これ奥さんのさっきの声だよ、よく取れてるでしょ」
と笑いながら言うのです。私は最早涙も出ず屈辱と羞恥心で
今すぐ死にたいと思うのです。
それからもしばらく犯されていましたがとうとう気絶してしまい
気がついたときは男たちは引き上げ私は手足を縛られたまま放置されていました。


私が呆然としていると誰かが入ってくるのが分かりました私は
このような姿をもうこれ以上他の人にさらされるのは耐え難く何とか解こうとしましたが
とうとう入ってきたのが分かり「見ないで〜」と子供のように泣いてしまいました。
するとその誰かが無言で私の手足を解放し目隠しを外してくれました
「ごめん見てしまった、でも途中から目をつぶったから・・・・」
と店長でした。私はさっきまでのことが思い出され思わず抱きつき
わんわん子供のように泣いてしまうのです。
しばらくして落ち着くと店長はシャワーを浴びてくるようにいい
私は風呂場でまた情けなく泣いてしまいました。男たちは何故か律儀に
ゴムをつけていたようで一回も中には出されていませんでしたが
何時間も入れられていたあそこは醜く腫れて
洗いながら、夫にどう顔向けしていいのかとまた泣けてくるのです。

シャワーから出ると店長は何があったのか聞かず
力になれることがあれば何でもいってと言ってくれて
私はまた涙を流すのです。
帰りのバスの中で私は震えていました、この中の誰が犯人か分からず
結局店長以外頼る人がいなくずっと店長の隣で
浅い眠りにつくのです。家に帰り着いて子供の顔を見ると
また涙が出てきましたが、しばらくすると夫がいつものように優しく
心配そうに私を見ていました。夫は
「お帰り」というと私の肩を抱いてくれました
私は何としてもあのようなことを知られたくなく、気分を奮い立たせ涙を拭き
「飲みすぎたのかなあんまり寝ていないから欠伸がいぱっぱいでて涙出てきたよ」
と夫に笑いかけました。夫はなおも心配そうでしたが
「じゃ無理しないでいいから少し寝たら」と私を心配してくれたので
言葉に甘え寝室に入り眠りに着きました。
眠りながら私は恐怖と悲しみに小さな嗚咽を漏らし枕をぬらしてしまうのです。



死の淵から13
死神 8/11(金) 06:53:50 No.20060811065350 削除
何時ぐらいでしょうか、突然私は口を塞がれ目隠しをされました
突然のことに驚愕し声も出ませんでした。すると一人の男が私の口に
キスをし始めました。私は必死に抵抗するのですが鼻をつままれ
口をあけてしまうと男は私の口に強いお酒を流し込むのです。
私はむせてしまい、息が苦しくなりましたすると今度は私の両手を
縛りつけ私の浴衣を脱がし始めました。私はこれから起こることを想像すると
恐怖でパニックになり声を上げながら泣いてしまいました。
しかし男たちは無言のまままた私の口にお酒を流し込むのです。
何回かそのようにお酒を飲まされ段々意識が朦朧としてくると
今度は胸を触られ、そしてとうとう私の大事な部分を指で刺激し始めました。
最早私に抵抗する気力は無くされるがままになっていたのですが
悲しい女の性でしょうか、心に反してあそこは濡れてくるのです。

確かに体は反応していましたが、無理やりされても気持ちいいはずなどありません
男たちは、少しぬれたのを確認するとすぐに挿入してきました。
私はされるがまま男たちに体を委ねていましたが乱暴な男たちのやり方は
夫のやさしく包み込むようなものとは違い、私を気持ちよくさせようなどと
微塵も考えていない一方的なものでした。私は心の中で貴方にすがり
助けてと何回も心のなかで叫んでいました。
男たちは入れ替わり立ち代り私に侵入し、男の中の誰かが
「今回の旅行にこんな上玉がいるなんて気がつかなかったな」と言ったのに気がつき
まさか・・・会社の人間
と驚愕しました。もう何回か犯された後ぐったりしていと突然
私のあそこに何か塗りつけたのです。男は
「俺たちばっかりじゃ悪いからさ」と私に言うのです。
私は必死に腰を動かし逃げようとしますが、男たちはそれすら楽しんでいるようです
とうとう中までたっぷり塗りつけられてしまい、絶望感に浸っていると
段々あそこが熱くなって少しの痒みを感じてきました。
私が腰をもぞもぞさせていると男は「触って欲しい?」と聞いてきました
私は必死に首を横に振り耐えていました、しかし男たちは無情にも少しだけ
触っては私に何回も「触って欲しければお願いするんだ」と言うのです。
微妙に触られたことによって余計にあそこを掻きたい欲求に駆られ
段々耐えられなくなって、私は何としても耐えようと歯を噛み締めるのですが
今度はまた口にお酒を流し込まれ、私の抵抗する気力をとことんまで奪おうとするのです。
このような状態で女の私に何が出来るのでしょうか?
ついに私は男たちに屈服し「お願いします、・・あそこをあそこを掻いてください」
と言ってしまうのです。しかし男たちはさらに
「あそこじゃ分からないな〜はっきり言ってもらわないとね」と厭らしく笑うのです
私の頭の中はもう痒みに耐えることで精一杯で
「あそこ!私のあそこです!ああ〜もう許してお願い、お願いします掻いて
私のあそこを引っ掻いて!」と叫んでしまいました。
男たちはいっせいに笑い突然私のあそこに指を入れ激しくかき回すのです。
私は痒みが収まってくるとどんどん体の奥から濡れて来るのが分かりました
このようなことになっていることを、男たちに何としても知られたくなかったのですが
指でかき回されると私の意志とは無関係にどんどんあふれてくるのです。
男たちは指でかき回すのをやめて今度は私の手に、男たちの勃起したものを握らせ
これでかき回して欲しいかと聞いてきました。
私は必死に抵抗し首を横に振るのですが、結局散々焦らされ
とうとう「入れて下さい!」と叫ばされるのです。
男たちに挿入されると夫との行為で感じるような幸福感のある快感とは違う
ただ掻き回され痒みが引いて行く快感を体に感じ
かき回して欲しくて自分で腰を使ってしまうのです。
ふとそんな自分に気がつき「いや〜」と泣きながら首を振るのですが
抜かれてしまえばまたあの地獄の攻めが続くと思うと
最早私には耐えられないのです。そして男たちが何回も入ってくると
段々痒みもなくなってくるのですが、十分にほぐされている私のあそこは
今まで夫との行為では味わったことの無いような長時間の攻めに
とうとう絶頂に達してしまいました。





--------------------------------------------------------------------------------



死の淵から12
死神 8/11(金) 06:50:48 No.20060811065048 削除
---妻の告白----
ことの始まりは、私が準社員扱いのリーダーになったことから始まります。
ちょうど仕事初めてから半年ほど経って、働きが認められ
私は店長から準社員にならないかと誘われました。子供も少しずつ手が離れたことも
ありましたが元来外へ出る欲求が強く人に認められた嬉しさから
私は貴方に家のことをちゃんとするからと言う条件で準社員になっても良いかと
お願いしましたね。しかし貴方は家のことなら子供たちと俺でも出来るから
諒子がしたいなら応援するよと言ってくれたこと、私は本当に嬉しかった。

準社員になって仕事が忙しくなると心も充実したかのように思い
毎日が楽しくて仕事も家庭も上手く回っていると思っていました。
しかし責任ある立場と言うのは知らずにストレスが溜まるのでしょうか
私はこの頃貴方に抱きしめられることが何より安心でき
本当はもっと愛し合いたいと思っていました、しかし貴方の体のことを考えると
私から求めることはやはり躊躇われるのです。
貴方はお気づきだったかも知れませんが、私は時々一人慰めていたのです
私は貴方に女としての喜びを与えてもらってから
もっとしたいという欲求を潜在的に持っていたのかも知れません
もちろん貴方以外から与えられたいと思ったことはありませんでした。
今考えると、あれほど仕事にのめり込んだのも代償行為だったのかも知れません
ですが私はあの時ほど充実した毎日を送ったことはかつてありませんでした。

覚えているでしょうか?準社員になって半年経ったとき
研修旅行がありました。参加したいと私が言うと貴方は二つ返事でいいよと言ってくれましたね
思えばあの研修旅行が全ての悪夢の始まりであったのです。

あの旅行は研修とは名ばかりのただの社員旅行でした。
ほんの少しの研修を終えると観光地に乗り出しそれはそれなりに楽しいものでした。
夜になるとやはり宴会状態になり皆楽しそうに飲んでいて
私もそれなりに飲んでいたのですが、やはり元来酒に強いわけでもありません
少しほろ酔い気分で夜風に当たっていると会場から何組か男女が抜け出すのが
分かりました。するといつの間にか近くに来ていた店長が
「この会社不倫多いんだよね、あの人たちはここに口実で来てるようなもんだから」
と私に教えてくれました。私は不倫という言葉に嫌悪感を抱き
段々酔いが覚めていくのを感じました。なんだか精神的に疲れた私は
部屋に戻りましたが何か部屋から音がするのです。よく聞いてみると
私と相部屋になっていた女性がどうやら行為に励んでいるようです。
私はあまりのことに怒りを感じましたが、まさか踏み込む気にもなれず
結局ロビーでしばらく時間をつぶして
しばらくすると疲れからかうとうとしてしましました。
誰かが私の肩を叩き私ははっと目が覚めました
ふと横を見ると店長が「大丈夫と?」と心配そうに声を掛けてきました
店長は「俺もあの雰囲気に耐えられなくてさ」と笑いながら
「部屋には戻らないの?」と聞かれ私が事情を話すと
「僕も似たようなもんさ」と苦笑いをするのです。
しばらくロビーで談笑していましたがもう12時も周りさすがに
眠くなってきて店長も「ん〜多分どこか別の部屋が空いてると思うんだ
探してくるから待ってて」とどこかへ行くと20分ぐらいして
戻ってくると「お待たせ一部屋空いてるから案内するよ」と言いました。
私はさすがに店長と同じ部屋はまずいと思い何か言いかけると
「大丈夫僕は別に部屋を確保してるから、あぶれてる同僚の部屋に行くよ」
と言うので安心しました。

私は部屋に入ると内側から鍵を掛けシャワーを浴び、ベッドに横になるとすぐに寝てしまいました。



死の淵から11
死神 8/11(金) 06:49:28 No.20060811064928 削除
田中や美鈴さんの話を聞きながら、私は妻の心境を思い
また私自身の甘えや不甲斐なさを感じ
私自身も変わらねばと思うのです。
私は妻にいつも変わらぬ愛情で私を守ってくれる母親を求めていて
桂木諒子という一人の女性を求めてはいなかったのかもしれません。
妻も間違いを犯す平凡な人間であることを許さなかったのは
他でもない私自身なのでしょう
今妻を一人の女性桂木諒子として愛せるのか、私には分かりません
しかし私の中にはいつも諒子がいて、このまま諒子のことを何も知らないで
諦めることはどうしても出来なかったのです。
私は、田中に今の私の気持ちを綴った手紙を渡し諒子に渡して欲しいと頼みました。
私は返事が来るまで何回も手紙を書きました
どんな事実があろうとこれから2人で乗り越えていきたいと
どれほど苦しくても絶対諦めないと

妻からの返事が初めてきたのは、妻が出て行ってから
もうすぐ1年経とうするころでした。

---最初の手紙---
まず最初に貴方にあのようなことをしてしまい、本当に申し訳ありません。
そしてあなたに謝ることも出来ないまま
あなたの前から姿を消してしまったことを私は悔やんでも悔やみきれず
いつか誠心誠意謝りたいと思いつつも弱い私はあなたに手紙を書くことも出来ませんでした。
そして日が経つにつれ美鈴さんから立ち直って行くあなたのことを聞き
嬉しく思うとともに、私がいなくても大丈夫だと言う事実に
自分勝手ながらひどく打ちのめされていました。

今更だと思われるかもしれませんが、本当にごめんなさい

あなたの手紙にお返事を書くことを今まで躊躇っていたのは
私自身あのことを貴方に知られるのが怖かったという思いもありますが
貴方が私を過去のこととして乗り越えるために、真実を知りたいと
思っているのなら私にはどうしても教えることが出来なかったからです。
最後まで自分勝手な女と笑ってください、それでも私はせめて貴方の記憶の中では
今までの良かった私のままでいたく、あのようなことをしてしまった女だと思われるのが本当に怖かったのです。
しかし貴方の手紙を読むにつれ貴方も私も真実を知って乗り越え無ければ
過去にとらわれたままで未来を見られないと感じました。

私は、あのことを知られるのが本当に怖い
真実を全て語り終える頃には貴方はきっと私を軽蔑するでしょう
それでも、真実を語るのが貴方に出来るせめてもの償いと思い
貴方の望むように私が犯した罪を告白したいと思います。

---------

妻の最初の手紙は短いものでした。しかし次から送られてくる内容は
非常に驚くべきものでした。私は男との関係を知る段階になり
妻の告白を読んで行くともっと詳しく男とどういう行為をしたのか
知りたい欲求を抑えられません。妻は詳細な描写は出来るだけ省いていましたが
私は、妻がどういうことをされどういう風に男の手に落ちたのか
どうしても知りたかった。そして妻のされた行為を想像すると
嫉妬で胸が苦しく妻がされたことを知らなければ先に進めないと思っていました。
私は卑怯にも妻の私への負い目を利用し妻に行為の部部分の告白も要求しました。
しばらく返事が滞りましたが、妻も決心したのか
かなり詳細に妻と男の行為の内容からそのときの心境まで生生しく書かれていました。
私はその告白を読み、辛かった妻の心境と卑怯な男の行動に
怒りそしてやはり妻を取り戻したいと心から思うのです。



表裏 ビデオの中の妻2
所 8/11(金) 06:32:41 No.20060811063241 削除
まだ少し朦朧としているとゆえども、意識が徐々に戻ってきている妻が、3人の男に見られながら、厭らしく腰を動かしている事が信じられなかった。
そもそも、人前で水着になる事も恥ずかしくて出来ない妻が、3人の男の前に裸体を投げ出している事自体、信じられない光景だった。
池田「優子奥様のオメコ汁で、指がビショビショだ」
その部分がアップになると、シーツには染みが広がっていて、池田の指に着いた液体は、妻が激しく擦り着けているせいで白濁している。
この時には遠藤も乳房を責めるのをやめてしまい、厭らしく動く妻の腰を、ただじっと見ていた。
「アッ・アッ・アッ・アッ・イヤ・イヤ・イヤ」
池田「我慢しなくてもいいぞ。一度気を遣って楽になりなさい」
「イヤ・イヤ・イヤ・アア〜〜〜〜」
妻は3人に見られながら、それも動かぬ指に自ら擦り付けて達してしまった。
遠藤「もう我慢出来ない。上を使いますよ」
そう言って急いでパンツを脱ぐと、先だけが顔を出した、細くて長いオチンチンが勢いよく飛び出す。
遠藤は妻の顔の横に座ると、大きな息をしている妻の手を取って、上から包むように自分の手を添えると、わざわざ妻の手を使って包皮をずり下げる。
するとピンクに近い鬼頭全体が顔を出し、それを妻の口に押し付けて、顎を掴んで口を開けさせた。
「ウグ・・ウグ・・ウー・・・ウー」
池田「昼間逆らった罰に、休憩はなしですよ」
池田はまた妻の脚の間に寝転ぶと、わざと大きな音をたてて舐め始める。
遠藤「舌を使え。舌を動かさないか」
妻にわざわざ包皮を剥かせた事もそうだが、動かない妻に焦れて、顔に覆い被さる形で腰を使い出した遠藤を見ていると、この男の異常さに怖さを感じる。
池田「そろそろ優子奥様の、オメコの具合を確かめさせてもらおうか」
池田は起き上がると黒い物を妻のオマンコに当て、感触を確かめるようにゆっくりと腰を進める。
楠木「池田社長。優子の具合はどうです?」
池田「可也いい道具を持っているぞ。入れているだけで、グイグイ締め付けて来る」
楠木「圭子とは違い、おそらく優子にとって社長は2人目の男ですよ」
池田「そうか。旦那以外、男を知らないか。私が人生2人目の男か。それなら
旦那だけが男では無い事を教えてやらないと」
池田は感激したのか、急に激しく動き出す。
今見ているのは、妻が辱められているビデオだと分かっていても、そう思って見ると余りにも惨めなので、知らぬ内に妻とは別人の女を見ている様な感覚で見ていた。
しかしこの言葉で、嫌でも私の妻だと実感させられる。
私しか知らない私だけの妻が、私だけの女で無くなった事を思い知らされる。
妻の中に私以外の男が入るとは、どの様な事なのか分からない。
その男の形がつく訳ではなく、汚されれば洗えばいい。
しかし単に入っただけでは無く、もっと深い意味が有る事は、この悔しさが証明していた。
楠木「そのまま出さないで下さいよ。妊娠だけは困りますから」
池田「そうだな。しかし気持ち良過ぎて、ここから出る決心が着かない」
画面に楠木の手だけが移り、そこにはコンドームが握られていた。
池田「仕方ないか」
池田はコンドームを受け取って、名残惜しそうにゆっくりと抜き去る。
当然妻は安堵の表情を見せると思ったが、私の期待はあっさりと裏切られ、妻は顔を激しく左右に振って遠藤のオチンチンを吐き出すと、大きな声で叫んだ。
「イヤ〜」
池田「そうか。そうか。優子奥様も待たされるのは嫌か。あのままして欲しかったか」
遠藤「こら!ちゃんと咥えていないか!」
池田「遠藤君、その体勢は辛いだろ。今の内に四つん這いにさせたらどうだ?」
遠藤「そうですね。その方が私も楽です」
遠藤は妻をうつ伏せにして、軽く何度もお尻を叩く。
遠藤「はい、ケツを上げろ。もっとだ。もっと高く上げないか」
妻がお尻だけを突き上げた惨めなかっこうになると、遠藤は顔の前に硬く上を向いたオチンチンが来る様に、妻の下に滑り込む。
遠藤「早く咥えろ」
しかし妻は動かない。
その時コンドームを着け終えた池田が妻の後ろに膝立ちになり、焦らす様に手で持って妻に擦り付ける。
池田「早く楽になりたいだろ?それなら遠藤君の言う事を聞きなさい」
すると妻は片手で遠藤のオチンチンを掴んだが、流石に自分から口に含む事は出来ない。
池田「早くこれで往生したければ、遠藤君も気持ち良くさせてあげなさい」
池田に先だけを入れられた妻は、もっと奥まで入れてもらおうとお尻を押し付けるが、池田もその分腰を引いて焦らした。



不動産屋さんは街の名士11
非名士 8/10(木) 22:30:44 No.20060810223044 削除
「あしたっから、クラブの合宿があるんだよ!」
「おいおい、ほどほどにしてちゃんと勉強もしろよ!」

「わかってるって!」
「健ちゃんは、昔っから頭が良かったもんねえ・・・」

自慢の息子に目を細める妻の多恵子・・・
いえ、もう、妻ではありませんでした。

斉藤多恵子さんは、愛おしそうに、好物のオムライスにかぶりつく、寮生活から夏休みに帰省した私の子供をみつめます。見つめる目がまぶしそうです。

いい歳をして中年男との愛欲に溺れきるあまり、私との離婚まで決心した淫蕩な熟女には、太陽の光を一杯に浴びて日焼けした健康な我が子が眩し過ぎて見えるのかもしれません。

いえ、私も、この場は、全力で斉藤多恵子さんに、話しを合わせねばなりません。

「・・・で、そろそろ志望校も考えるんだろ?」
「・・・ううん・・・一応理系だけど・・・」

「工学部?・・・」
「医学部とか?・・・」
夫婦で、あわせる様に、同時に声をそろえます。
お互いに、あまりにも声が嬉しそうなことに気がついていました。

「・・・ん・・・」
健一郎はちょっと言いにくそうです。

「・・・ま、少し成績が上がったらね?・・・」
「・・・医学部か?」
愛しい愛しい私の息子は、少し頬を赤らめました。自信のないときの健の癖です。

「・・・ま、国立なら、そう学費もかからないし・・・」
「・・・」
私の最愛の長男が、初々しく目を伏せました。

医学関係には縁のない私も、医学部受験の難しさくらいは知っています。
そして、私立医学部の学費の高さも・・・

目を伏せた健一郎に、私は、自分の子供の気遣いに気がつきました。
今通学している進学校を受験する際に、親の年収を書かされたのを思い出します

私の可愛い息子は、親の甲斐性を、よく知っているのです。
莫大な私立の医学部には到底届かない年収を。
はにかむ様な笑顔を浮かべる健一郎を見れば、
もしかすると国立の医学部へは成績が届いていないのかもしれません。

・・・国立なら・・・と、言う言葉に、
親としての情けなさを感じ、目頭が熱くなりました。

「・・・健ちゃん・・・大丈夫よ・・いざと言う時は、ママの親戚とかも頼ってみるから・・・」

優しく語り掛ける斉藤多恵子・・・
多恵子をよがらせるチンポコのついた親戚を(夫として)頼る、元、私の妻・・・

私たち夫婦の実家は、平凡なサラリーマンに過ぎないことも知っている健一郎は、怪訝な表情を浮かべました。

私は、あまりの情けなさに落涙しそうでした。



死の淵から10
死神 8/10(木) 21:47:28 No.20060810214728 削除
妻はほぼ毎日諒子さんの所へ行っていた
諒子さんは子供のことが気がかりでありながらも
今のまま桂木と暮らすことは逆効果であると決意を曲げなかった。
しかし、子供には母親も必要であると俺たちが言うと
やはりそこが一番の問題であり、夫と同じぐらい子供を愛している
諒子さんにとって両方と離れて暮らすのはやはり耐え難い思いでしょう
このまま姿を隠し続けることが解決の道ではないことは
諒子さんも分かっています。しかし桂木の体のことを考えると
それほど迷ってる時間は無いのです。結局諒子さんのご両親と俺たちは
取り合えず1年間協力して諒子さんの居場所を桂木に教えないことを確認しました
諒子さんは始終頭を下げたまま、自分のしたことの愚かさを
全身で感じているように肩を震わせうつむいていました。

この間例のあの男から連絡があったのか分からないが
諒子さんは自分で何とかするといって聞かないので
俺たちからは何も出来ないでいました。
とうとう退院の日が決まって諒子さんは子供達に
「しばらく会えないけどパパと元気で暮らしてね・・・ごめんね、ごめんね」
と別れを惜しみ退院前日夜に出て行きました。
出て行くとき私達に礼をし
「ご迷惑かけて申し訳ございません、今までありがとうございました
ご恩は必ず返します」
と言って去って行きました。

俺が桂木を迎えにいき、このことを伝えると桂木は酷く動揺し
俺を責めました。俺と妻は諒子さんのご両親とともに
諒子さんの決意を伝えました。
しばらくは落ち込んでいた桂木も徐々に落ち着きを取り戻し
当初ほど諒子さんの居場所について聞くこともなくなってきました
妻は諒子さんと時々連絡を取っていたようですが
俺はあれ以来一度も話すことも無く、妻から近況を聞く程度で
詳しくは聞けないでいた、変に聞いてしまうとぼろが出てしまいそうで
あえて聞かなかったのです。

しかし半年を過ぎて正月に桂木と話をし、桂木の思いを聞くと
心が揺れ今の状態であれば少しずつ話しても大丈夫だろうと思い
俺は桂木に知っていることを話すことにしました。



死の淵から9
死神 8/10(木) 21:35:37 No.20060810213537 削除
諒子さんは次の日子供達をつれて自宅へと帰っていった
「大丈夫、いきなり消えたりしないわ。ただかなり思いつめてるだけに
諒子さんの体のことが心配ね」 
妻は諒子さんを見送りながら俺にそういった。

昨日の晩諒子さんを落ち着かせ寝たのを見届けると
妻は俺に
「諒子さんずっと自分を責めてたのね・・・自分が許せないみたいだわ」
「そうか・・・なんでこうなってしまったんだろうな」
「私にはお互いを縛ってるように思うわね。諒子さんは自分が
夫に対して一切曇ること無い愛情を持ち続けなければ
夫がいなくなると感じてるんじゃないかな?桂木さんも同じかもね・・・
お互いが相手のことを受け入れようとして無理して
相手に受け入れられる形になろうとしているようなそんな気がするわ」
妻はいつの間にか持っていたビールをぐいと飲むと
「人間なんてちょっと他所向いたり、寄り道したりしながら
生きていくもんだと思うんだけどね。」
「おいおい・・・怖い事言うな〜」
「あら?あなた心当たり無いの?」
「いや・・・・どうかな」と俺は苦笑いをしてしまった。
「ま〜どっちでも良いわ、それでも貴方と私は一緒にいる
頑張って一緒にいたいと思うこともあれば、鬱陶しいなと思うこともあるわ
私、桂木さんたちってお互い求めすぎて揺らぎがないと思うの
お互い堅物同士じゃない?私だって貴方に隠してることの一つや二つ
あるわよ、でも知られたって離婚になるとは思えない
そういうルーズさって結婚に必要だと思うの」
「お前さ・・・・こんなときにそんな告白しないでくれよ。気になるじゃないか」
「へ〜まだそういう気持ちあったんだ」
「なんだよ、そりゃ」と俺もビールを煽ると妻が続けて
「桂木さんも桂木さんよ、奥さんが怪しい行動してるのに
見てみぬ振りなんてさ、おかしいわよ。
妻を信じるって言えば聞こえがいいのかもしれないけど
馬鹿なことやってそうならひっぱたいても連れ戻すもんでしょ?
許す許さないは後の話しじゃない、本気で愛してるなら
ぐちゃぐちゃになるまでもがくべきよ、私ならそうするわ」
「でもさ、桂木は病気もちなんだし・・・」
「それよ!それが逃げ口上なのよ、そりゃ私は幸い健康だから
彼の気持ちは分からないかもしれないわよ?だからって
それに逃げて真実を知るのが怖いって言う訳?
それじゃ諒子さんが可愛そうじゃない、諒子さんは諒子さんであって
彼のお母さんでも保護者でもないのよ。
愛する男に母親を求められるなんて冗談じゃないわよ
男ならさ大事なものの為に戦って欲しいじゃない、例え諒子さんを許せなくて
離婚になったとしても、このままじゃお互い後悔するだけだよ。そんなの・・・悲しいじゃない」
「そうかも知れないな・・・」
と俺は最後に空になるまでビールを飲んだ。
「あなたそれでどうするつもりなの?中途半端に足突っ込んでも
余計に話がややこしくなるだけよ。本気で関わるつもりなの?」
「このまま放っては置けない」
「そう、なら止めないわ・・・でも離婚するかどうかってのは
本人達の問題よ。私たちが出来るのは冷静になる時間を与えることぐらいよ。
後は貴方が桂木さんのお尻を引っぱたくことぐらいね」
「まったく・・・頼もしいことで」
俺は笑いながら言ったが、確かにこのままやり直しても
上手くいかないだろうと思っていた。



死の淵から8
死神 8/10(木) 21:33:36 No.20060810213336 削除
俺は諒子さんを落ち着かせて自分の子供達と一緒に桂木の子供達を寝かせました。
その間妻が諒子さんの話を聞き俺が部屋に入ると
「あなたも一緒に聞いたほうがいいわ」と妻に言われ、俺も話を聞くことになりました。
諒子さんの最初核心には触れず自分が主人を裏切ったと
しきりに繰り返し時々死にたいと言い出すと、妻がそれだけは駄目
貴方母親でしょとたしなめるのです。諒子さんは子供残し両親に後のことを頼み
どこか遠くへ行き一人で働いて子供達のためだけに生きていこうと考えていたようです。

やはり諒子さんも真実を話すことに抵抗があったのでしょう。
俺達も詳しく聞くことをせず、話したくなるまで待つ姿勢でした
しかし、妻が色々話しかけると少しずつ事情を話し始めました。
この時はもう諒子さんは桂木が退院するまでに姿を消すことを
決心していたのでは無いかと思います。

「私は主人を愛しています。こうなってしまって信用されないかも知れませんが
本当に心から主人を、桂木勇を愛しています。それは今でもずっと変わりません
でも・・・私は主人を裏切ってしまった」
「桂木から聞いているが・・・一体どういう?」
「私は・・・あの男に体を許してしまった・・・」
諒子さんは、両手をひざの上で握り締めぼろぼろ泣いていました。
「あの男?・・・諒子さん・・・」
「私は自分が分からない・・・・」
「もういいよ・・・諒子さん、もういいから」と妻の美鈴が言うと
「よくない!私は・・・私は・・・、私のせいで主人は倒れてしまった
ちゃんと話すべきだって分かってた・・・・本当はそうすべきだった
分かっていたのに、あの男にされたことをどうしても主人に話せなかった
・・・本当のことを話せば私は軽蔑されてしまう、それぐらいなら
誤解されたままのほうがまだましよ!。」
「諒子さん・・・」と俺が言うと諒子さんは、涙を拭いて私達に土下座をするのです
「お願いします。私はこのまま主人の前から姿を消します
せめてどこかで働いて主人と子供達に償いたい
ですからお願いです、私を探さないように主人を説得して下さい。
厚かましいと思いますでも頼る人がいないのです。どうか・・・・」
「でも子供さんは・・・」
「子供のことは両親に頼みます・・・」「しかし・・・・子供に一生会わないつもりか?」
「子供のことは・・・どうすればいいのか分かりません。私がいれば主人を苦しめます
また倒れてしまうかも知れません。私には子供達から父親までも奪うことは出来ない!」
「しかし、桂木は・・・」
諒子さんは顔を上げ頭を抱えて叫ぶように
「じゃ!どうすればいいの!?私がいるだけで主人を苦しめる。私が苦しむのは耐えられる
でも主人や子供達は・・・」
「諒子さん!落ち着いて」妻が諒子さんの両肩を抱き、「私たちが力になるから・・・ね?」
諒子さんはしばらくしゃくりあげるように泣いて、「もう死にたい・・・」と言いました。

妻が俺に席をはずすように合図すると、俺は子供達の寝顔を確認し一人
寝室でこれからのことを考えていた。





--------------------------------------------------------------------------------



両親の妻物語 40
3番目の夫 8/10(木) 19:34:32 No.20060810193432 削除
「俺と離婚して、あいつの所へ行くのか?」
母は恨めしげに顔を上げたといいます。
「もう、二度と佐藤さんには会いません。
あたしハッキリ解ったんです。 
あの人はあたしを抱くために貴方の事を色々悪く言いました。
『義男は浮気者で、ずる賢くて、不誠実で、真心のない男だって・・・・』

ううーうん、違うの!貴方はそんな人じゃあないって
あたしも判っていたの、心の中では判っていたのよ。
でも浮気の後ろめたさを消したいために・・・浮気をしている
自分を正当化したいために、自分の中で『義男』と言う貴方でない
人間を勝手に作って信じ込もうとしていたんだわ。
今になって思ったの、あの『浮気物でずる賢くて、不誠実で、
真心のない男』って 本当は佐藤さん自身のことだったのよ。

「聞いて欲しいの・・・ねえ・・怒らないで聞いてね。
あたし・・・あなたに『出てゆけ!』と言われて
もう佐藤さんの『お妾さん』になるしかないかな? って
思った事があったの。
うううん・・本当は去年、浮気をしていた時から いつかあなたに
離婚をさせられるって・・このままじゃあ済まないって思っていたの。
そのときは、あなたに捨てられたら『佐藤さんの「お妾さん」になれば
いいんだ』って・・・でもこの間、本当にそうなったとき・・そうよ
この間 本当にどうなるのか? って考えたの。

佐藤さんと一緒に暮らしている所を想像してみたの・・・
あの人と一緒に生活して、お世話をして、お掃除をして、お洗濯して、
汚れたあの人のブリーフを洗って って思ったら・・・
あたしの背中に『ゾクゾク』って虫唾が、悪寒が走ったの。 
いやなのよ! 気持ちが悪いのよ! そんな事とても出来ないって
『一緒に暮らすなんて絶対やだ!』って
その時・・・あたしはっきり判ったの。
佐藤さんって 色きちがいの卑しく汚らしくて
醜いだけの ただのおじいさんだって事が。

あたし、本当は心の中で『あんな気持ちの悪いおじいさんに
触られたくない』っていつも思っていたんだわ。」
「でも、そんないやな男に好きなように犯されて 無理やり行かされて
体を汚されて・・・そうされている内にあたしの中の『マゾ』の
気持ちが溢れてきて・・・もっと汚されたい、あんな嫌な気持ちの悪い
おじいさんに あたしの体を好き勝手に使われて
『もっとめちゃくちゃに犯されたい』って
言う気持ちになって来るんだわ。」

母はやっと自分の心の中の気持ちを素直に認められるのでした。
そしてたとえ夫に許して貰えなくても自分の嘘偽りのない気持ちを
伝えたいのでした。

「あたし佐藤さんに縛られて、あたしの汚れたパンティーを
無理やり口の中にねじ込められて猿轡をされる事が良くあるの。
その時あたし、出来るなら佐藤さんの汚れたブリーフを
無理やり口に入れられて猿轡をされたいっていつも思っていたの。
ううーうん、実際に何回も佐藤さんのブリーフで猿轡をされたわ。
でもそれって嫌な男の汚らしく汚れた物を無理やり口に入れられるから
あたしの『マゾ』の気持ちが痺れるような快感を感じていたのよ。
ブリーフだけじゃあないわ。
あの人の精子だって、御小水だって無理やり飲まされるから・・・・」

「!お前は!! あいつのションベンも飲んだのか!?」
其処まで黙って聞いていた父が驚きの声を上げました。
母はまた一つ夫に知られたくない秘密を知られてしまいました。
しかし もう今日で夫との最後の時だと言う思いのある母は
心を乱す事もなく、いつものように自分の都合のいいように
言い訳をしようとも思わないのでした。
今日は全てをありのままに夫に話してしまおうと思っているのでした。

「ごめんなさい あなた・・・でも怒らないで最後まで聞いて。
そうよ あの人は御小水が出たくなったらいつもあたしに飲ませたのよ。
ううーうん 飲ませるだけじゃあなくって頭から
体中に掛ける事だって しょっちゅうあったわ。
でもそれは『SMプレイ』だから出来たのよ。

あたし『マゾ』だから嫌な男に無理やり嫌な事をさせられると
感じてしまうんだわ。
でもね・・あたし解ったの『SMプレイ』じゃあ無い時、
あたしが『マゾ』の気持ちじゃあ無い時にそんな事が出来るのか?って
あの人の汚れたブリーフを洗濯できるのか?って・・・
嫌なの!・・気持ちが悪いのよ!・・そんな事とても出来ないの!・・・
愛してなんか居なかった証拠なんだわって・・・」
其処まで母は夫の顔を見ずに話しました。
母の心の中の本当の気持ちを夫に話したかったのです。

その後で母は夫の顔を正面から見つめるのでした。
「其の時考えたの・・あなたのだったら?・・あなたの汚れた
下着だったらって・・・あたし・・・あたし 
心からあなたのお世話をしたいって・・・あなたの下着なら
どんなに汚れていても あたしは嬉しくて・・喜んで綺麗にするわ!
ううーん 出来るならあたしの舌で舐めてでも綺麗にしたいって・・・
もしもあなたの下着がウンチで汚れていたとしても、あたしは
喜んで口でしゃぶれるわ・・あなたのためなら あたし何でも出来るわ。
愛しているの!・・あなたを心から愛しているの・・・」
母は思わず泣き出すのでした。
夫へのいとおしさが溢れてくるのでした。

「もう今更何を言っても遅いのは解ります。
でもこれだけは信じてください。
あたしが愛しているのは貴方だけだと言う事を。
佐藤さんの本当の姿が判って見れば、あの人の所へなんか
死んでもいけませんし、いきません。
どこか誰も知らない所へ行って一人で暮らします。
一人であなたと子供達の事を思って暮らします」
今の母には、そうするより他に仕様が無いと思うのでした。

「お前は本当に俺の事を愛していると言うのか?
佐藤など愛していないと誓えるのか?
もう二度と佐藤に抱かれたいとは思わないと誓えるのか?」
いつの間にか父は布団の上に正座していました。

母も慌てて畳の上に正座すると、
畳に額をこすり付けるように土下座をしました。
「誓います! あたしは二度とあなたを裏切りません!
何処へ行こうとも 一生あなたを愛して一人で生きて行きます」
母は心から誓うのでした。
さすがの淫乱で自分勝手で浅はかな母も、
この時ばかりは心が真っ白だったと言いました。

母は畳に額を擦る付けながら、込み上げてくるせつなさや
夫への愛や、子供達へのいとおしさ、そしてそれを全て失ってしまう
遣る瀬無さに体を震わせ 声を殺して泣くのでした。
そんな母を父は長い間、身動きせずにじっと見つめておりました。
いつまで泣いても泣き足りない母でしたが、もう最期にしようと
涙に濡れた顔を上げると夫を見つめるのでした。

そんな母に父は意を決したように
「お前が本気でそう思っているのなら 
離婚はしばらく待ってやってもいい」
と思いもよらないことを言うのでした。
「だって! あなた 佐藤さんを殴るって・・・・
佐藤さんを追い出したんでしょ?」
母は一瞬夫が何を言ったのか解りませんでした。
「いや・・・殴ってない。 もう暫く様子を見ようと思って・・・」
父は佐藤には、会わずに見送ったのでした。

堪らなくなった父は、佐藤が思いを遂げてそそくさと立ち去り
玄関から出た気配を感じた所で 隠れていた屋根裏を下りたのでした。
気を失ってだらしなく伸びた母の体を抱きしめると
久しぶりに熱く上を向いた男根を母の女唇へはめ込んだのでした。

〔 「お父さんはねえ あたしと佐藤さんのプレイを覗きながら
ものすごーく興奮したんですって。
最初はね どんな事をするのか見てやろうと思ったらしいけど
あたしと佐藤さんのプレイがあんまり淫らで凄いんで
興奮して見とれちゃったらしいのよ。
あたしが悶える姿がとても綺麗だったって誉めてくれたわ。

そしてね、うふっ お父さん堪らず自分でしたんですって・・・
『せんずり』・・・うふふ 三回も出したらしいわよ・・・
だからその時、あたしを抱いたときは四回目だったんで 
精子もあんまりでなかったのね」と母が言う通り父は二人のプレイが
あまりに激しいのでつい最後まで見てしまったらしいのです。

父は『マゾ』の気もあったので 自分の妻が佐藤によって凌辱され
それによって嫌がりながらも屈服させられる母の痴態を
目の当たりにして 思わず興奮してしまったのでしょう 〕

事の次第が分かると単純な母は、身を躍らせ夫にしがみ付き喜ぶのでした。
「もうしません! 絶対 浮気はしません! あなただけ、
あなただけを愛してます! 愛してます! だから、絶対 
絶対 捨てないで! お願いあたしを捨てないでぇー!」
母は嬉しさのあまり泣き出していました。
そうしてしっかりと夫を抱きしめるのでした。

〔 「それからもうあたし、夢中でお父さんにしがみ付いたわよ。
キスして 体中にね 泣きながら 
もうあんなに幸せな気分は無かったわ。
それまでが最高に辛かったから もう『ルンルン』よ。
お父さんのオチンボもおしゃぶりしたわ。
もう嬉しくて お父さんにして欲しかったのよ。
その時あたしは、お父さんに全て許されたって思ったわ。
後で実際そうなったんだけれどもね。

お父さん笑いながら『もう立たないよ』って言ったけど
あたしのおしゃぶりのテクニックで無理やり立たせてね。
うふふ、お父さんに跨るとアヌスに入れちゃった。
だってお父さんに悪いって思っていたのよ。
佐藤さんにばかり使わせたのが。
『どう?あなた、きもちいい?あたしのお尻。ああん あなたにして
欲しかったのよ本当よ ああん いいきもちよー』ってもだえちゃった。
『おおー気持ちいぞ 幸子、初めてだこんな気持ち・・・あいつも
こんないい穴をいつも使って居やがったんだな・・』って言うから
『そうよー いつもあたしのお尻で気持ちよくなって
もらってたのよー・・でも もう使わせないわーあなただけよー
あたしの体は、あなただけのものよーああーいいわー感じるわー』
って ほんとはねもうあんまり感じなかったんだけれども 
でも幸せだったわ。
心がね きもちが癒されるって言うか 
夫婦のセックスってやっぱりいいものよ」

素裸で私の腕枕で話していた母が、
「ねえ、あなたーもう一度してよ。今度はアヌスでしてよ。
話してたら疼いてきちゃったのよ お尻が、ねえいいでしょー」と
こびた瞳を私に向けましたが「もう少し休ませてくれよ」と
私が母の肩を抱き寄せると 「うんもー ねえあなた。
今日はまだ痛くなるまでしてないでしょ?ふふふ・・・」
「なにがさー」
「ふふふっうん だから・・・『きんたま』・・・ふふふ・・・
やりすぎると痛くなるってあなた言ってたじゃあない?
男の人って何回も行くと最後は精子がなくなって
『きんたまが痛くなる』ってあなた言ったじゃあない?

ふふふ あの時 お父さんもはじめて言ったのよ。
あの時 お父さんがあたしのアヌスで行きそうになったから
あたし急いで抜くと口に咥えたの。
だって飲みたかったんだもの。もうこの際全部してあげたかったのよ
佐藤さんにしてあげて事をお父さんにね。
そうしなければいけないって思ったの。
そしたらお父さん行くとき『きんたまが痛い・・
もうからっぽなのに行くからきんたまが痛い』って大騒ぎよ。
考えて見ればあの時お父さんは五回目だったのねーむりもないわねー。
でも 本当に精子もチョコとしか出なかったけど美味しかったわ。
あれからね よく きんたまが痛くなるまでしてもらったわ。
うふふふ・・・」

「あ!それからね オマンチョが緩くなったて言ったけど 
女のオマンチョは一晩寝れば元に戻るものね 
すぐいつもの締りのいいオマンチョになったわ。
お父さんも喜んでくれたわ。
女のオマンチョって相手のオチンボに合わせて伸び縮みするのよね。
だからいつでもパートナーにピッタリフィットするのよ。
うふふふふ 今はあなたのオチンボにピッタリでしょ・・
あたしの締りのいいオマンチョ」と
母の話はいつもとりとめがありません 〕

それからの父と母は、それまで出来なかった分を取り戻すように
朝だろうが 昼だろうが 夜だろうがお構いなしに
『SMセックス』をしていたそうです。
母はもう幸せで有頂天だったのでした。
そうして 一週間近くが過ぎた頃、又してもあの佐藤が現れたのでした。



不動産屋さんは街の名士10
非名士 8/10(木) 18:46:56 No.20060810184656 削除
妻の多恵子は斉藤さんと暮らし始めました。

いえ、もう妻ではありませんでしたが、
長男の帰省時には、我が家に帰ってきて夫婦を演ずることになっていますし、斉藤さんが亡くなった時は、私と再婚すると約束して斉藤社長も納得してくれています。

しかし、妻は、まだ斉藤多恵子にはなっていません。

なんでも、離婚後は、女性の場合はすぐには結婚できないそうですが、
既に結婚届に二人とも署名捺印しているそうです。

直接、斉藤さんご自身とも話しをしたことはもちろんですが、営業に慣れた私が見ても、斉藤さんの誠意に嘘偽りはなさそうで、妻に全財産を譲り、挽いては、私が再婚して財産を継ぐのにも異論はないと確約してくれました。
もちろん、たとえ年齢差があっても、どちらが先に死ぬのか?
あるいは妻が先立つか?予測のしようはありませんが???・・・???
健一郎にだけは先立ってほしくない・・・とだけは、三人とも念じています。一つだけ言えることは、私、多恵子、斉藤さんの誰が先立っても、全ての財産は最終的には私たちの一粒種に継承されることで、それだけが救いといえば救いです。

もちろん、多恵子が斉藤さんの種を孕んだりすれば別ですが、これまで何人かの奥様に子供がなく、多恵子の年齢を考えると厳しいのが現実かもしれません。
多恵子の子供が生まれれば祝福する気持ちはありますが、正直、複雑です。

二人は安心して・・・むしろ、子供を希って熱心に連日の子作りに励んでいますが・・・
・・・ある意味。かわいそうかもしれません。

籍を入れるに先立って、もちろん、とっくに二人で暮らし始め、夜の夫婦生活は、特に熱心に、先駆けて、初めているようです。そんなこんなで、もともと趣味でやっていた不動産屋さんにも、もう、社長はあまり出勤してこなくなったようです。

朝から新居で睦みあっているのでしょう。

実は、時々妻は、家に家事に現れます。
何故か?
・・・私には、絶対に不自由かけたくないと言っています。
斉藤社長からは、私の身の回りに不自由はかけるな?と厳命された?と、笑っています。

その上、驚いたことに、私ともセックスするのです。

「・・・えへへ、浮気だね・・・」
笑っています。

子供とあえなくなるのは困るので、私のご機嫌をとっているのでしょうか?
「斉藤さんは?・・・」

驚いたことに、新郎たる斉藤さんも納得しているのだそうです。

うちから斉藤さんの新居に帰ると、
「・・・この浮気ものめ・・・・??」
と、私への嫉妬を燃料に、燃え上がって何発も妻を責め続けるのだそうです。

「・・・すっごく、凄いの!」
「・・・俺は刺身の褄かい!」

苦笑いしながら、私は妻の媚肉に包まれます。
・・・やはり大物にはかないません。
前と比べて、明らかにゆるく感じます。

「・・・・ねえ、わたし、ゆるくなったかな?・・・」
多恵子もちょっと不安そうです。
きっと、私のものでは何も感じていないのでしょう。

「・・・いや、いい気持ちだよ・・・」
妻に気を使ってしまいます。

斉藤さんとの多恵子の情事を思い浮かべて、私は多恵子に挑み続けます。
が、実は、一発居士の私は、速やかに射精してしまいます。
避妊具の中に・・・

「・・・じゃ。いくわね?・・・」
「・・・ああ」
妻は去っていきました。
きちんと固唾けられた私の家は、前よりもずっと広々と感じました。



表裏 ビデオの中の妻1
所 8/10(木) 06:26:44 No.20060810062644 削除
妻は私がビデオを持って帰って来た事を知ると、私の手から奪おうとして掴み掛かって来た。
「返して!これは見ないで!お願い、返して!」
私が無言で妻を突き飛ばし、@とだけ書かれたテープをデッキに入れると、妻は泣きながら部屋を飛び出して行ったが、画面の中ではその妻が下着姿で横たわっている。
すると池田だと思しき男がパンツ一枚の姿で登場し、妻を抱き起こしてキスをしながら、ブラジャーを外して優しく乳房を揉み始めた。
池田「人妻らしい、ムチムチとした身体が堪らんな。白い身体に、この黒い乳首がまた厭らしい。さあ、ここはスペシャリストにお願いしようか」
楠木「何ですか?そのスペシャリストと言うのは?」
池田が妻をそっと寝かせて離れると、やはりパンツ一枚になった遠藤がベッドに上がって、いきなり乳房に吸い付いた。
池田「遠藤君はオッパイフェチらしい。楠木社長は見ていなかったが、最初に圭子さんを抱いた時、延々とオッパイを吸ったり揉んだりして、圭子さんを大人しくさせてしまった」
圭子さんとは、楠木の別れた奥さんのようだ。
その後どれほどこの状態が続いたのか分からないが、画面では池田が全裸になっていて、突き出たお腹の下では、短いが黒くて太いオチンチンを既に勃起させていた。
池田「楠木社長。ここを撮ってくれ」
池田の指差す妻の股間がアップになると、そこでは薄い布が濡れて張り付き、妻の形を露にしていた。
池田「好きこそ物の上手なれか。意識が朦朧としているのに、遠藤君にオッパイを責められただけで、こんなに濡らしてしまっている」
楠木「池田社長。そろそろ御開帳と行きませんか?」
池田「そうだな。さて、優子奥様はどんなオメコをしているのかな?優子奥さん、こんなに濡らしていては気持ち悪かっただろ?私が脱がしてやろうな」
池田はパンティーを抜き取ると、妻の脚を大きく開いてその間にうつ伏せになり、顔を近付けて覗き込んでいる。
「や・め・て」
その時妻の弱々しい声が聞こえた。
池田「気が付いたか?」
妻の顔がアップで映ったが、目は開けていても焦点は定まらない。
池田「そうでなくては面白くない。よし、そろそろ一度楽にしてあげような」
しかし妻は、依然焦点の定まらない目で、ただぼんやりと上を見ていた。
池田「返事はどうした?こんなに濡らしているくらいだから、このままでは辛いだろ。早く楽にして欲しいだろ?」
妻はゆっくりと頷いてしまったが、朦朧とした意識の中、楽にしてやるという言葉しか頭に入らず、その意味など考える事が出来なかったのだろう。
池田「そうか、そうか。それなら、使用前使用後じゃないが、その前にこの厭らしいオメコを撮ってもらおう。遠藤君、手を貸してくれ」
2人が両側から脚を持ち上げ、胸に着くほど折り曲げて、更にそれを左右に大きく開いた為に、濡れていた妻のそれは少し口を開いてしまった。
池田「ほー。なんて厭らしいオメコなんだ。早くも口を開いて、催促しているぞ」
楠木「奥まで撮れる様に、指でマンコをもっと開いてもらえませんか?」
遠藤「外観はポッテリとしていて厭らしいのに、オマンコの中は綺麗ですね」
3人の会話から、妻に“オメコ”と言わせていたのは池田だと分かった。
池田「もう我慢出来ん」
妻の脚を下ろして大きく開き、その間に腹這いになった池田が、妻が出した液体を吸い取る様に音をたてて舐め始めると、遠藤もまた乳房に吸い付いた。
「ウーン・・・・・ウン・・ウン」
その時妻の口から篭った声が漏れる。
すると池田は口を離し、遠藤の反対側に座って今まで吸い続けていた所を人差し指でそっと擦りながら、妻の顔を覗き込んだ。
池田「気持ちいいのか?何処が気持ちいい?ここか?」
「ウッ・ウッ・ウー・・・ウッ」
池田「それともここか?」
「アア〜〜〜」
池田「教えてくれないと、分からないぞ。オメコを触って欲しいのか?」
「アッ・・ウーン・・ウーン」
池田「それとも、この顔を出したオサネか?」
「ア〜〜・・アーン・・・・アッア〜〜」
声のトーンで分かっているはずの池田は、それでも妻を甚振り続ける。
池田「オマンコか?それともオサネか?」
「アッ・アッ・アッ・アッ・アッ」
妻が登り詰め様としているのが分かる。
こんなに早くと思ったが、ビデオでは所々切られていて全てを写されている訳では無いので、可也の時間責められていたのかも知れない。
いや、本当はカラオケボックスで辱められた時から、嫌だと思いながらも既に感じてしまっていて、身体に火が点いてしまっていた事も考えられる。
池田「そうか。両方嫌か」
池田は意地悪く、指の動きを止めてしまう。
すると妻の腰は、動かない指にオマンコを擦り付けるような動きを始めた。
池田「ハッハッハッ。みんな見てみろ。裕子奥様の腰が、はしたなく動き出したぞ」
3人の笑い声が響き渡る。
いくら酔っていて羞恥心が薄れているとは言っても、私には信じられない光景だった。



不動産屋さんは街の名士9(1の続きです)
非名士 8/10(木) 00:57:35 No.20060810005735 削除
妻と斉藤さんとの情熱的な逢瀬を見せつけられた私は、
社長が再びたっぷりと妻の胎内に射精して、悠々とシャワーを浴びて去って行った後、
リビングで妻と向かい合うことになりました。
既に机の上には、署名捺印された離婚届。

「健ちゃんには、黙ってれば良いんじゃないかな?・・・」
妻が私たちの一粒種の話題を出しました。

「そんなこと言ったって・・・」

「健ちゃんが寮から帰省してきた時は、私は家に待っていて、貞淑な貴方の妻になります」
「・・・そんな」

「だから、お願いだから、籍だけ抜かせて・・・私、斉藤多恵子になります」
「・・・・」

絶望感が背中を立ち上がってきて、何も言えませんでした。

「・・・うん、これだけのことをして、裁判になれば、私は負けるわ・・・」
「・・・・」

「・・・でも、どうしても斉藤さんは私のことを離したくないみたいなの・・・」
「・・・・」

「ううん・・・正直に言うわ
・・・私もあなたを愛しているけど、身体が斉藤さんを求めているの・・・」
「あれだけ情熱的に愛してくれる人はいないわ・・・」

「あなたも見たでしょ・・・・あの大きさで、全身全霊で情熱を傾けられたら・・・女なら、誰でもぐらっと来ると思うわ・・・」

「・・・もう、私も、アレにすっかり馴らされて・・・いまでは、あなたといても、アレが欲しくて、目に浮かんできちゃうの・・・」

「・・・おまえ・・・まさか、麻薬か何か?・・・」
「ううん、何も注射されても飲まされてもいないし、大体、いつも斉藤さんはナマで入れてくるので、薬を塗るのは無理よ、斉藤さんも一緒に中毒になっちゃうじゃない」

「いつもって・・・お前、避妊は?・・・」
「・・・ごめんなさい。一度も避妊したことはないの・・・」

「斉藤さんは、どんなに慰謝料を払ってもいいって言ってるわ・・・顧問の弁護士さんがいるからあまりべらぼうな額は無理だけど・・・」
「・・・そう言う問題じゃない・・・」

「・・・ええ、そういう問題じゃないの。私、斉藤多恵子になりたいの・・・おねがい!」



妻が社宅でされたこと2
万年平社員 8/9(水) 23:48:29 No.20060809234829 削除
彼の名はFと言います。Fとは出向先で出会い、社宅では隣同士でした。
同じ工場でしたが班が違い、職場で出会うことはなく、送迎バスの中で挨拶する程度でしたが、
ひとつ違いということもあって、妻同士仲がよいというのは聞いていました。
これはFが奥さんを問いただし、聞かされた話しで、内容は驚くべきものでした。
社宅に限らず女社会のドロドロした話しは良く聞きますが、大企業と呼ばれる会社で、下請けとは言え関連会社の施設内でこのような事がまかり通っていたとは驚きです。
それも自分の妻がその犠牲になっていたとは、気づかなかった事も含め、情けない限りです。

本社の人間に対して快く思っていないのは、何も男ばかりでは無かったのです。
その妻達にしても同じ思いで、その矛先は同性である、出向者の妻に向けられていたのです。
その先頭に立っていたのが、主任の妻A子をリーダーとするグループでした。
彼女らは十代の頃、暴行等で何度も警察沙汰になった経験もあるそうで、社宅内はレディースさながらだったようです。
出向者の妻に対して、理不尽な規律を強制し、従わない者に対しては容赦ない嫌がらせ、更には工場側に規律を乱すなどと告発、
工場側には、元々本社に押し付けられた厄介者として見られていたその夫たちは、より過酷な職場に異動させられ、何人もの出向者が自主退職を余儀なくされていったと言うわけです。
これにより出向者の妻たちはA子を中心としたグループに、社宅内での絶対服従を強いられるようになっていったようです。
特に当時20代後半だったA子は、歳の近い若い主婦に対しては、異常とも思える対抗心を燃やしていたようで、最初は棟内の雑用全て押し付けていただけでしたが、家事や洗車に至る自分の家のことまでやらせるようになっていきました。
そして、もはや規律などとは呼べないものへと、エスカレートしていたのです。
ある日、A子の仲間に、若い主婦だけ五人ほどが呼び出され、集会所に行ったときの事です。
その中にはFの妻、そしてもちろん私の妻も入っていました。
集会所ではA子と仲間達が待っていて、購入したばかりのデジカメの試し撮りをするから、モデルをやるように、更には着ている服を全部脱ぐように言ってきました。
本来であれば聞き入れるはずのない話ですが、それほどまでに社宅での存在が大きかったと言うことなのでしょうか、
妻を含めた五人の女は、言われるがままだったと言います。
近くに娯楽施設もない退屈な場所です。自分の夫が油まみれで働いている時に、Y麗な職場で働く夫とのうのうと都会で暮らしていた女達。
その女が今、自分の前で惨めな姿をさらしている。
A子は写真を撮りながら、その事に優越感を感じていたようで、要求するポーズはどんどん過激になっていきました。
一緒にいた仲間も同じ思いで見つめてたようで、自分達に屈服し、尻の穴まで見せる同姓には、さぞ溜飲を下げた事でしょう。
その事を仲間の一人が自慢げに話していたことで、五人は密かな噂となり、写真を見られた主婦たちの笑い者になっていました。

A子は家のPCに保存していたため、その画像が夫、つまり私やFを怒鳴りつけていた主任の目に留まるまで、そう時間はかからなかったのです。



死の淵から7
死神 8/9(水) 23:09:02 No.20060809230902 削除
当初は妻のことをくよくよ考えていた私ですが
理由も分からず妻と引き離された子供の方が私を心配し
色々と気を使っているのを見ていると、私が何時までもくよくよしてるわけにもいかず
段々立ち直ることが出来ました。
半年もたてば田中達の判断が正しかったことが自分自身良く分かってきたのです。
相変わらず妻のことは考えているのですが、段々悪い記憶から良い記憶を思い出すことが多くなってきました。

年末も過ぎ、結婚して初めて妻と過ごさない元旦を寂しく思い
もう何があっても妻を許そうという気にすらなってきました。
1月1日昼頃田中夫妻が子供を連れて正月の挨拶に来たとき
私は思い切って田中に妻に何があったのか知ってることがあれば
教えて欲しいと頼みました。田中は渋っていましたが
私が今の心境を話し妻と会う前に妻に何が起こったのか出来るだけ知っておきたい
妻に会う前に心の整理をつけておきたいと話すと少しずつ話し始めました。
田中は3ヶ月ほどかけて私の様子を見ながら少しずつ話しくれました

----田中の話----
桂木には偉そうなことを言ったが正直あの諒子さんが桂木を裏切るとは思えなかった。
俺の家庭も決して不仲では無いが、彼らは魂が呼び合うといってもいいぐらいの仲で
正直うらやましいと感じていたのだ。

俺は病院を出ると急いで桂木の家に向かった。
時間はもう6時半を回っていた。
桂木の家には誰もいないような気がしたが、駐車場を見るとちょうど
諒子さんが子供を車に乗せている最中だった。
このまま放っておいたほうがよさそうなものだが、桂木の落胆振りを見ると
どうしても放って置けなく余計なお世話だと分かっていても
諒子さんに事情を聞かなければならないような気がしていた。

俺は車を降りて諒子さんに挨拶をし、ちょっと時間もらえないか?と話をすると
今から実家に子供を預けに行くのでと断られました。俺は
「桂木から全部聞いた、俺は桂木のあんな姿見たことが無い
俺には話せないなら、嫁でもいい。とにかく俺は君達夫婦に不幸にはなって欲しくない
俺達で力になれることがあるはずだ。このまま何にも手を打たなければ桂木が壊れてしまう
頼む!諒子さん桂木を助けると思ってとにかく家に来てくれないか?」
と俺が言うと諒子さんは動揺していましたが、とにかく両親に子供を預けるので
その後ならと答えました。しかし俺は嫌な予感がしていて諒子さんはこのまま
姿を消すつもりなのではないか?とも思い何が何でも連れて行くと諒子さんを説得しました。
諒子さんも追い詰められていたのでしょう。段々ヒステリックにどいて!と言い出し
車の中の子供が泣き出しようやく落ち着きを取り戻すのです。
諒子さんは車の横に座り込み泣きながら
「終わってしまった・・・・何もかも失ってしまった・・・・
絶対に失いたくないものを自分で壊してしまった」とまるで魂が抜け出たような様子です。
俺は嫁に連絡し諒子さんと子供をつれて自分の家に向かいました。



死の淵から6
死神 8/9(水) 22:57:44 No.20060809225744 削除
また病室のベッドで目を覚ますと、両親が私の顔を心配そうに見ていました。
ベッド脇に医者が立っており
「ちょっと興奮したのかな・・・心配ないと思いますが
一応経過を見るということでしばらく入院してもらいます」と両親に話しています。
私が目が覚めたのに気が付き医者が
「大丈夫ですよ、ただあまり無理をなさらないでください。しばらく静養することです
お大事に」と立ち去りました。
私は上体を起こすと両親に
「諒子は?」と聞きました、両親は「分からない・・・ここに運び込まれたときは諒子さんも
一緒だったようだけど私達に電話をした後どこかに行ったみたい」
「そうか・・・」「お前諒子さんと何かあったのか?」と父親に聞かれましたが
私には何も言えません。
その日の夕方、田中夫妻が見舞いに訪れてくれました。
田中は心配そうに私を見て諒子がいないことに気が付くと奥さんを先に帰らせて
私に話し掛けました
「まさかとは思うが・・・・諒子さんどうした?」
私は何も言えず悔しさと悲しさで自然と涙が出てきました。
そんな私の様子を察してくれたのか田中は何も言わずに椅子に座っていました。
しばらくして
「取り合えず帰りお前の家に寄るわ、子供や諒子さんのことも心配だろ?」
といってくれて、私も「すまない」と言い田中に自宅を見てきてもらうように頼みました。

それから田中はほぼ毎日見舞いに来てくれました。
田中は「諒子さんのことは心配するな。家のが色々世話を焼いてくれている
子供さんもちゃんと学校に行ってるしな、とりあえずはお前は静養するんだ
お前は子供達の父親何だぞ、しっかりしろ」
と私を励ましてくれるのです。とにかく体を直すことを第一に考え
諒子のことはしばらく考え無いように努力しました。
しかし夜になり一人になると悪夢のように思い出してしまうのです。
なかなか不整脈が治まらず結局3週間ほど治療にかかってしまい
仕事に穴を開けたことを申し訳ないと思いながら
やはり妻のことが気になって仕方ないのでした。

退院の日わざわざ仕事を休んで田中は私を迎えにきてくれました。
田中は車の中で私に話し始めました。
「桂木・・・お前に言っておかなければならないことがある。
諒子さんは今日お前達の家から出て行った」
「え・・・ど、どういうことだ!」「落ち着け・・・」
田中は私が落ち着くのを待って続けました
「今のお前の状態では諒子さんに会っても悪化するだけだ
諒子さんも今は離れたほうがいいと言っている。悪いが俺もそう思う」
「しかし・・・俺は真実が知りたい。そうでなければ先に進めない」
「分かってるさ、だがお前は諒子さんの夫でもあり子供達の親でもあるんだ
お前がしっかりしないでどうする?諒子さんも自分のしたことは分かってる。
1年だ1年我慢しろそれまでしっかり体を治すんだ」
「納得できない!なんで勝手に決める!?俺の気持ちはどうなるんだ!」
「・・・・・お前の気持ちを分かってるから、今は会わせられないんだ!
・・・・分かってくれ、皆お前を心配しているんだ」
私はどうしても納得できなかったが、田中は頑として妻の居所は話さなかったし
妻の両親も私には悪いことをした、離婚されても仕方ないけれど
どうしても妻とは会わせられないと言うのです。
それから妻の両親や私の両親、田中夫婦の助けを借りながら子供2人と
私だけの生活が始まりました。





--------------------------------------------------------------------------------


不動産屋さんは街の名士8
非名士 8/9(水) 21:47:49 No.20060809214749 削除
OL経験がない妻の多恵子はあまり社会常識がないところもあります
セクハラ全盛の現在、こんな接待は考えられないのですが・・・
斉藤さんは、妻の無知をいいことに、接待のあれこれを好き勝手に仕込んでいきます。
大口の契約が終われば、お礼の接待はよくあることですが、多恵子には、必ず結構なミニスカートで御相伴させます。
「・・・社長も本当に喜んでいるんです・・・ありがとうございます」
しなだれかかるように、接待相手のお酌をし、御相伴して、何杯か重ねると・・・

「・・・@@さん、進めるの上手ねえ・・・飲み過ぎちゃったわ・・・・」
ミニスカートの太腿が緩むと、斉藤社長は、
「どうも歳をとると近くていかん・・・と、トイレに席を外します。

「・・あたしい・・・この間、偶然、ちょっと触っちゃって・・忘れられないの・・・」
社長が席を立つと、妻は、今度は躊躇せず、まっすぐに手を目的地へと伸ばします。
以前の接待でも、偶然?妻にズボンの上から握り締められ、
「大きい!・・・」と讃えられていただけに、既に勃起させながら目を白黒させます。

「・・・うふふ・・・わたし。酔っちゃったあ・・・・」
妻は下から唇を求め、ディープキスと同時に、さっと、ズボンのチャックを下ろしてしまいます。

「・・・た、たえこさん・・・」
慌てて静止しようにも既に妻に唇を塞がれ、ズボンに進入した右手は、直接握り締めて、先走り液に塗れた先端を巧みに扱きたて、カリの部分をヌルヌルと刺激します。
今時のピンサロも顔負けの凄まじい手捌きに、速やかに絶頂へ導かれそうになります

それというのも実は、この飛燕の早業は、斉藤社長の厳しい指導の下、何度も何度も練習を重ねたものでした。
抜群の精力で奥さんにも何度も逃げられるほど、極彩色の豊富な女性体験を持つ斉藤社長に直々に毎日毎日鍛えられ、今では、妻の多恵子の手捌きは、どこの風俗へ行っても負けないほどのものです。仕事一徹の男など一たまりもありません。

その上、相手の口腔内を舌先で十二分に愛撫した後、そっと唇を外すと・・・
「・・・ごめんなさい・・・最近、夫が構ってくれなくって・・・」
温んだ眼差しで訴えるように囁きかけると、多恵子は、相手の手をとって、自らの股間に導くのです。

?!?!?
実は妻は、この接待のため、斉藤社長の用意した古めかしいガーターベルトに着替え、
パンティは脱ぎ去ってきたのでした。

まさかと思っている相手の指は、速やかに妻の膣内へ、直接吸い込まれていったのでした。
目を白黒させている唇を舌から再び奪い、ズボンのチャックには、再び巧み過ぎる指先が進入します。

ことんことんことん・・・
わざとらしく足音を立てて、斉藤社長が戻ってきます。

「いやあ、歳をとると、長くなっていかんですなあ・・・その点、@@さんはまだまだお若くて、あっちのほうも、まだまだでしょうなあ・・・わはは!」
「ええ・・・まだまだですわよねえ・・・」
多恵子が相手の右手を取ると、指先が、濡れて光っているのが判ります。
三人の視線が集中しました。

慌てて右手が引っ込められると・・・
「ところで、次の契約ですが・・・」
斉藤社長はおもむろに本題に入りました。

不動産会社はこの御時勢でも、まだまだ売り上げを伸ばしています
社長には全くやる気はないのですが?・・・

斉藤社長は売り上げを考えていたのではありません。
「どうだった?」
「あんあん・・・太かったわあ・・・」

「なに?・・・そんなにか?・・・」
パンパンパン・・・

「ええ、もっとゆっくりしてきてくれれば・・・入れてもらったのにい・・・」
「なにい・・・この浮気ものめえ・・・」
わざとらしく稚拙な睦言で、多恵子に甘えるように突き込む斉藤社長・・・



両親の妻物語 39
3番目の夫 8/9(水) 19:44:48 No.20060809194448 削除
とうとう これで全てが終わってしまったと感じた母は、
動くことも考えることも出来ませんでした。
「お前は、佐藤が好きなんだな?・・俺よりも愛しているんだな?」
父が目を瞑りながらつぶやくのでした。
「そんな事ない!・・絶対ありません!
あたしが愛しているのはあなただけです。
信じて、それだけは信じて!」
泣くことも出来ずに ただ途方に暮れていた母でしたが、
『夫より佐藤を愛している』と言う事だけは死んでも否定したい母でした。

「お前は佐藤が一番の夫で、俺が二番目だと言ったじゃあないか?
佐藤と結婚式まで挙げたと言うじゃあないか? 
あんな事まで嬉しそうにして・・・
ケツまで使わせて・・・俺の精子を飲んだ事だってないだろ?
お前はもう身も心も、あいつの物になっちまったんじゃあないか・・」
夫はゆっくりと起き上がると、静かにつぶやくのでした。
その表情には諦めと絶望感が漂っているのでした。

その寂しそうな夫の顔を見た途端に母は身を貫くような悲しみと
後悔と懺悔の気持ちで身を震わせるのでした。
母がどんなに否定しようとも そう思われても仕方が無い事を
してきたのですし その上で、愛する夫の目の前で
実際に破廉恥な行為を行ってしまったのですから。
母の目から再び涙が溢れてきました。

「あたし、どうかしていたのよ・・・
確かに佐藤さんを愛していると思った時もあったわ。
でもそれは、あの人にそう思い込ませられていたのよ・・・
優しくしてくれたし、何でも買ってくれたし、
お給料だってあの人から貰っているって思い込まされていたのよ。
あなたに会えなくて あたしも寂しかったし そこを
漬け込まれたのよ・・・でもあなたが帰ってきて全部判ったのよ。
あの人に騙されていたんだという事が・・・信じて、
あたしが愛しているのはあなただけだって言う事を・・・」
母は幸せだった生活が今日で終わってしまうことを感じていました。
それだからこそ、素直な気持ちを夫に伝えたかったのでした。

「嘘をつけ! お前は俺を愛しているといいながら
あいつと『SMプレイ』であんなに喜んで行きまくっていた
じゃあないか?俺が見ているって言うのに・・・とても信じられねえ」

「ちがうわ!違うのよ。あれはあたしじゃあないのよ・・・
あたし狂ってしまうのよ・・・気持ち良すぎて
何もわからなくなっちゃうのよ。
あなたがいけないのよ・・・あなたがあたしに『SM』なんか教えるから・・
・・・・・・・・あたし本当の『マゾ』だったのよ。

あたし、いつも『奇譚クラブ』の写真のように『サジスト』の
男の人から『めちゃめちゃに虐められたい』って思っていたのよ。
息も出来ない位に縛られて・・そして、無理やり犯されて・・・
そして、そして、『もっともっと淫乱な事をされたい』って・・・
そしたら・・・・・あの人が虐めてくれたのよ・・・
そうよ、あたし『マゾ』なの 虐められると気持ちよくって狂っちゃう
のよ・・・・あの人は、あたしの『マゾ』の本性を見抜いたわ。
あの人はあたしに 本当の『マゾ』の喜びを教えてくれたのよ・・・
そしてあたしは・・・あの人好みに調教されたの。」
母は涙をこぼしながら訴えるのでした。

「そんな事を言ったって、俺との『SM』ではあんなに乱れなかった
じゃあないか? やっぱりあいつの方がいいんだろ? 
あいつの方を愛しているんだろ?・・・

だがな、お前には可哀そうだが 
あいつはお前事なんか ちっとも何とも思ってなんかいないぞ。
見ていて解ったんだが あいつはお前を愛してなんかいない。
それどころか、自分の欲望を発散させる為だけの
物か動物のようにしか思っていないぞ。
あいつはな、お前の体を散々もてあそんで精子を出して満足すると
お前のことなんかほったらかしにして さっさと帰っちまったんだぞ。
少しでも情と言うものが有れば あんな真似は出来ないはずだ。
あいつはそう言う冷酷で薄情な男なんだ。
可哀そうだがお前がいくら愛したところで
飽きたら捨てられるだけだ・・・」

母も気付いてはいたのですが、今まではあえて認めたく無かった事でした。
でも傍から見ていた父には、佐藤の本心など一目瞭然で解ったのでしょう。
しかし全てを失った今、其の事を改めて夫から指摘されて 
浅はかな母もやっと全てを素直に認める事が出来たのです。
そしてそれによって それこそ自分でも今まで説明の付かなかった 
母自身の心の中の本心までもが、素直に語れる気持ちになったのです。

「ちがうの、違うのよ、愛してなんかない! 愛してないから出来るのよ。
あたしはあなたを愛しているわ、あなたもあたしを愛していてくれたわ。
愛し合った夫婦でする『SMプレイ』ではどうしても出来ない事、
愛しているからこそ、夫婦だからこそ出来ない事ってあると思うの。

もし、もしもよ・・・あなたは あたしが泣きながら本気で
『やめて!』って叫んだら・・それ以上あたしを虐める事が出来て?
あたしを傷つけて お尻を血だらけにして、乳首に針を刺すなんて
あなたに出来て?・・・」

「あの人は出来るのよ。あたしがいくら 泣いて叫んでも
いいえ、泣いて叫べば叫ぶほど より一層喜んであたしを虐めるわ。
あの人は、あの人の気の済むまであたしを虐めるのよ。
お尻が真っ赤になって血がにじむまであの人は鞭打ちをするわ。
次の日、痛くて・・ヒリついて・・あたしが座ることも
出来なくなっているなんて これっぽっちも考えてもいないのよ。」

もう、今日で愛する夫との生活も最後だと思うと 浅はかで
自分勝手な母も 今まで漠然と感じていた自分の心の中の気持ちを
嘘偽りなく やっと素直に夫に話せるのでした。

「あの人は正真正銘の『サジスト』だわ。
あたしはあの人に虐められると、痛くて、苦しくって、怖くて、
泣いて許しを請うのよ・・・・でも・・・そうする内に、
お腹の底のほうから『もやもや』した気持ちが湧き上がってくるの。
そうして直ぐに全身に広がって体中が熱くなって、そして・・そして・・
いい気持ちになって『あーっ もっと・・・いじめてー』って・・・
あたし『マゾ』なの・・・『マゾ』のいやらしい気持ちが溢れてきて
『サジスト』の責めを求めてしまうのよ。
愛なんかじゃあ無い!愛してなんかいなかったのよ、二人とも・・・」

「お前と佐藤との間に愛情は無いと言うのか?・・・・
信じられねえ。 好きでもない男とあんな事が出来るものか?」

「それは、あの人も最初は愛しているって言ってくれたわ。
そしてあたしも愛しているって思わされていたし、思ってもいたわ・・・
でも、今から思うとそれは口実だったんだと思うわ。
浮気の後ろめたさを隠すための・・・でも本当の所は
お互いの持っている いやらしい『S』と『M』の気持ちを
お互いの体を使って満足し合っていたんだわ。
佐藤さんがあたしを愛していないのは なんとなく解っていたわ。
あの人はあたしの『マゾ』の体を使って 
自分の『サジスティック』な気持ちを満足させていただけのよ。

今から思えばあたしもそうなの。
あの人の事なんか愛してはいなかったわ ただ『愛してる』って
言ったほうが浮気の後ろめたさが少しは楽になるし
『プレイ』してて気持ちいいもの・・・。
あたしも佐藤さんの『サジスト』の体を使って『マゾ』の気持ちを
発散させていたんだわ・・・」

「今更そんな事を言っても もう許してもらえないのは解るわ。
あんな事 夫がいる人妻がやっちゃあいけない事なんだわね。
ごめんなさい・・もう何を言っても遅いのは解っているの。
ただ、今でも世界で一番あなたを愛している事だけは信じて欲しいの
あたし後悔しているの。あんな事をして、あなたを裏切って・・・

これから、あなたは佐藤さんに復讐をするんでしょ? 
だったらいくら隠してもすぐにご近所に知られてしまいます。
そうなったら・・あなたや子供達に辛い思いをさせてしまいます。
だから、そうなる前に離婚してください・・・・
あたし、あなたや子供達に顔向けできません」
母は堪えきれずに畳みに突っ伏して泣くのでした。



表裏 騙し合い
所 8/9(水) 19:34:52 No.20060809193452 削除
翌朝、私は楠木の家に向かった。
暗い夜に考えているのと違い、明るい朝では割と冷静になれたつもりだったが、楠木の顔を見た瞬間手が出てしまう。
私が人を殴ったのは初めてかも知れない。
幼い頃に取っ組み合いの喧嘩をした事はあるが、殴った事は無い様な気がする。
私はボクシングを見るのが好きで、パンチはどの様に打つか頭の中では分かっていたが、やはり理論と実践とでは大違いで、腕の振りは大きく、おまけに最初から力が入ってしまっていて遅い。
それでも楠木の頬にヒットしたという事は、楠木もこの様な事には慣れていないのだろう。
「何をする!」
「それは自分の胸に聞け!」
妻が全て話した事を言うと、楠木は殴られた事よりも驚いたようだ。
おそらく、妻は恥ずかしくて絶対に話せないと思っていたのだろう。
「そんなものは、優子が自分を守りたくて言った、作り話だ。あれは犯罪でも何でも無い。優子も納得して喜んでした事だ。でもこれは違う。暴力は立派な犯罪だ。警察を呼んでやる」
楠木が携帯を取り出すと、流石に私は焦っていた。
なぜなら、妻に3人を訴えさせる事は考えていなかったが、警察沙汰になれば妻の事を話さなければならない。
そして私の罪を軽くする為に、訴えることになるだろう。
そうなれば考えていたように、好奇の目に晒されて被害を受けるのは妻であり、私や娘なのだ。
「呼ぶなら呼べ。こちらも訴えてやる」
訴える気は無かったが、このままでは引けずに強気に出てそう言うと、楠木は手を止めて薄ら笑いを浮かべた。
「どうぞ、訴えてくれ。世間に優子が淫乱だと知れるだけで、私は痛くも痒くも無い」
楠木は余程自信があるのだろう。
妻の話が嘘で無ければ、それだけ用意周到に練られた計画であった事を意味していた。
「優子は喜んで抱かれていたのだから、その様な訴えが通るはずは無い。私が人妻を抱いたのは事実だが、その事が世間に知れても、妻も子供も親兄弟もいない、守るものなど何も無い私にはどうでも良い事だ。そもそも、その事は慰謝料を払って決着している」
確かに守る家族もない楠木は、私よりも強い立場かも知れない。
楠木が手に持っていた携帯を開いた時、私は苦し紛れに2人の名前を出した。
「池田と遠藤も同じ考えか?」
すると楠木の表情は一瞬で強張り、今迄とは違って落ち着きが無い。
「あの2人は関係ない。私が優子に接待を頼んだだけだ。あの2人は優子の接待を受けただけだ」
「接待?無理やり酒を飲ませて卑猥な事をさせ、意識がなくなったところを3人で嬲り者にしたのが接待だと!」
「だから、そんな事はしていない。この事は、優子も旅行前から納得していた。いや、納得したと言うよりも楽しみにしていた。それでもいざとなると少しは罪悪感が出て来たのか、自分から浴びるほど飲んで酔っただけで、これは全て合意の上だ。あんたにばれたので優子は自分を守る為に、苦し紛れにそう言って逃げただけだ」
楠木の顔からは余裕が消えて動揺しているのが分かったが、守るものがない楠木が、得意先2人の事でそこまで動揺する訳が分からない。
2人を怒らせて仕事が減っては、食べていくのに困るのは分かるが、二人の事でそこまで動揺するほど今の仕事に愛着があるとも思えず、そこまで仕事熱心な男だとも感じられない。
ただ訳は分からなくても、楠木の弱点は池田と遠藤である事が分かった私は、ここに来た目的を達成させる為に、2人を交渉の道具に使おうと決めた。
「お前の話だけでは信用出来ない。今から池田と遠藤に会ってくる」
「あの2人は関係ない」
「そうは行かない。今から会社に怒鳴り込んでやる」
私が立ち上がると、楠木も慌てて立ち上がった。
「優子も喜んでいたという、証拠のビデオがある。それを見ればあんたも納得するはずだ」
「お前がビデオの事を話したから、俺も本当の事を話そう。俺が今日ここに来た本当の目的は、そのビデオを取り戻す為だった。仮に勝訴しても俺達夫婦は世間から笑われる。だからこの様な事は早く忘れたいと思ったが、妻からビデオの存在を聞いて、そんな物をも持たれていては、忘れる事など出来ないと思った」
私はわざと弱気なところを見せた。
「それならビデオを渡すから、今日のところは帰ってくれ」
案の定楠木は、ビデオを渡せば全て形がつくと思ったようだ。
「しかし、ここに来てお前の顔を見たら、自分はどうなっても良いから、お前達を潰したくなった」
今度は少し強気の事を言うと、楠木は小走りで部屋を出てビデオテープを持って来たが、それは3本だけだった。
「妻の話しだと、もう1本あるはずだ」
「確かにあるが、大事な証拠のビデオを全て渡す事は出来ない」
私は妻がどの様な事をされて、どの様な反応を示したのか知りたい気持ちもあったが、それよりも楠木が妻の恥ずかしいビデオを保管している事が嫌だった。
「お前はやはりそう言う男だった。交渉決裂だ。こうなったら名誉毀損も糞も無い。今から池田と遠藤の会社に怒鳴り込んでやる。刑事で訴えてお前が言う様に駄目だった場合、不貞行為の民事で裁判にしてやる。お前に弱味が無いのなら、先ずはあいつらを潰してやる。刺し違えてでも、必ず潰してやる」
楠木は、私が2人の所には行かない事を条件に、ビデオを全て渡すと言い出した。
「よく考えれば、俺達が無理やり犯したという証拠も無い。優子が自分の意思で、喜んで抱かれに来ていたのだから、その様な証拠があるはずも無い。」
「ビデオを見て、どのビデオでも妻が本当に喜んでいたら、諦めて離婚する」
私がビデオを取り返したい一心で、更に口から出任せを言って安心させると、楠木は信じたのか声を出して笑い出す。
「それならビデオを渡してやろう。あれを見たら離婚は確実だから、ビデオは離婚してから、またゆっくりと撮ればいい」
妻が私と別れれば、妻はまたここに来ると思っている。
妻はそれほど喜んでいたのだろうか。
私はダビングして何本も持っていないか確かめる為に、ビデオを取りに行く楠木の後をついて行った。



死の淵から5
死神 8/9(水) 11:44:05 No.20060809114405 削除
この状態は私の体を確実に蝕んでいました。ストレスからか時々胸が痛くなり
段々食欲も無くなっていくのです。妻も私の体を心配しかいがいしく世話を焼いてくれるのですが
それ自体もストレスになりある日出勤前にとうとう私は倒れてしまったのです。

病室で目を覚ますと妻が私の顔を見を見ていました。頬には涙の後が見え
私が「心配掛けたな・・・・すまない」というと、妻はまた涙を流し首を横に振りながら私に抱きつき
「貴方が生きていればそれで十分です・・・・」と言い私もそんな妻をいとおしいと思うのです。
今回はただのストレスと疲労から不整脈が起こったことが原因との診断から
2,3日入院した後退院できることになりました。退院当日妻が迎えにくると言ってくれたのですが
妻の仕事のこともあるので断りタクシーで帰り一人の家を満喫しておりました。
その日仕事上がりの同僚達が私の家にお見舞いに来てくれました、その中に田中もいます
田中とは妻と結婚の恩もあり仕事上でもライバル関係でよき理解者であり親友でした。
夕飯前には田中以外は帰りましたが、田中は私が引きとめたこともあり久し振りに友人として
少しお酒を飲みながら話していました。妻は料理などを作ってくれた後
お邪魔でしょうからと子供達をつれて子供部屋へと引き上げました。

しばらく他愛も無い話をしていたのですが、やはり最近おかしい私を心配して
「最近ちょっとおかしいけど何か悩みでもあるんだろ?わざわざ俺に残れって言うぐらいだから
俺に話して楽になるなら話してみろよ」と私を気遣って聞いてくれました。
限界に来ていた私はその言葉に思わず涙を流しながら妻と上手くいっていないことを
田中に話しました。田中は黙って聞いていましたがしばらくして
「そんなことがあったのか・・・・でも、諒子さんに限ってお前を裏切ることは無いと思うんだが
あんなにお前のことを思ってくれる嫁さんなんてどこにもいないぞ。でも確かに不可解だな
一度俺のうちに夫婦で来いよ、ひょっとしたら俺の嫁さんになら諒子さんも訳を話せるかもしれないし
女の悩みなら俺達には分からないからな」
と提案してくれました。田中の奥さんも昔同じ会社で働いており俺達より一つ年上で
諒子の先輩にあたる人です、諒子も結婚前は彼女にお世話になっていて私に話せない悩みも
彼女なら聞き出せるかもと思い、田中の提案を快く受けて今度の日曜にでも行くことになりました。

田中が帰った後妻に週末田中の家に呼ばれていることを話すと
妻も乗り気で快く了解してくれました。

退院しても一応念の為と言うことでその週は休むことにしました
妻も今日は休みのはずなので、久し振りに2人で出かけようかと言うと
「ごめんなさい・・・ちょっと友人の所に行かなければならないの、夕方までには帰ってくるから
折角の休みに誘ってもらったのにごめんなさい」と言われれば引き下がらざるを得ません。
妻は朝から用事をてきぱき済ませ私の昼ごはんを用意していました
私が暇を持て余し庭で犬と遊んでいると、妻が昼ごはんの用意が出来たことと
もう直ぐ出かけると声を掛けてきました。
それから10分も立たないうちに少し動悸がして家にはいったのですが
まだ5月とはいえ外は意外に暑く昨日そのまま寝てしまったこともあり
風呂に入りたくなったので下着とタオルだけ持って風呂場へと向かいました。
その時妻の姿が居間にも寝室にも見えなかったのですが別段おかしいとは思わず
友達に会いに行くと言っていた妻が風呂に入っているなど微塵も思っていなかった私は
風呂場にいるかどうか確認もせずに風呂場の扉を開けました。
扉を開けると下着姿の妻がそこにいて私はその姿に驚きを隠せませんでした
上下黒の下着でしかも下はほとんど妻のあそこを隠すことが出来ないほど小さく
妻の下の毛が見えてもおかしく無いようなものでした。
妻はしゃがみこんで「いや〜出て行って、お願い見ないで〜」といって泣き出してしまいました
私は妻の先ほどの姿が目に焼きつき頭から離れません
呆然と妻を見て私は衝動的に妻を無理やり押し倒し下着を剥ぎ取りました。

私はあまりの光景に言葉を失い、ふと力が抜けると妻は私の手から逃れ風呂場から走り去りました
ほんの少し呆然としていましたが、妻に聞かなければとの思いで妻を捜しました
私が寝室の扉に手を掛けた時、妻は着替えたところで私を突き飛ばすと
捕まえようとする私を振り切り泣きながら玄関へと走りました。
私も直ぐに追いかけ玄関を出る前に妻に追いつき妻の手をとってこっちを振り向かせると
妻は涙で顔がぐちゃぐちゃになっていました。
私は先ほどのことを問いただそうと口を開きかけると、またしても胸が締め付けられるように痛くなり
その場に倒れてしまいました。
倒れながら妻が「いや〜!」と叫んでいるのが分かりました。私は自分の胸を両手で掴みながら
先ほどの妻の姿を思い出していました。
妻のあそこは綺麗に剃られていたのです。



死の淵から4
死神 8/9(水) 09:47:37 No.20060809094737 削除
私は妻に疑いを持ってしまった事に罪悪感を感じながらも
やはり私を拒絶する妻の態度に小さな不信感を抱いていました。
あれから3ヶ月ほどそれとなく妻に迫ってみるのですがやはりやんわりと拒否され
この前の妻の悲しい顔が目に浮かび結局無理強いは出来ないでいたのです。

長男の小学校の卒業式の時にはもう8ヶ月に達していました
私も週に一度程度自分で処理しておりそんな生活にも慣れてきましたが
やはり妻を抱けないことに小さな不満が積み重なり
いつものように妻に優しく出来ない自分に自己嫌悪しつつも
妻の態度に段々と尋常では無いものを感じておりました。

長男の卒業式当日、出席する妻はスーツ姿でその凛々しい姿は
妻の魅力を余すところ無く私に伝えるものでした。
あいにく休日にもかかわらず私ははずせない仕事があったので妻だけでの出席でした。
「今日はご苦労さん、久し振りにスーツ姿見たけど凄く綺麗だったよ」
「ありがとう・・・貴方にそういってもらえると何か嬉しい」
と私の胸に顔をうずめるのでした。我慢できなくなった私のあそこは段々硬くなり
「諒子・・・」と妻の名前を呼ぶと唇に軽くキスをして妻をベッドに押し倒しました
「駄目!・・」と妻はまたしても拒否するのです。
しかし私も我慢の限界です、妻の言葉を聞いていない振りをして妻の上着を脱がそうとしました
「止めて!」一際大きく妻が叫びました、私はそれでも止めず
妻の上着を脱がせ、張りのある妻の胸を下着越しに愛撫しながら
妻の背中に手を回し下着をはずしました。そして妻にもう一度キスをしようとして
私は妻の様子がおかしいことに気が付き、少し上体を起こして妻の顔を見てみると
妻は天井を呆然と見ながら涙を流していました。
私ははっとして妻から離れ妻を見ました。妻は目を閉じて静かに涙を流し
そしてゆっくり私のほうへ顔を向けると小さな声で
「あなたごめんなさい・・・・」というと大粒の涙が頬を濡らしていました。
私もそのときは妻を傷つけてしまったことに罪悪感を感じ
「すまない・・・どうかしていた・・」と妻の涙を見ながら私もなぜか涙が出て来ました。
妻は私の目を見ながらゆっくり首を横に振ると
「ごめんなさい・・・お風呂に行ってきます」と衣服を直しながら出て行きました
私は拒否されたことよりも妻にあのような涙を流させてしまったことに
酷く落ち込みしばらく寝室から動けないでいました。
しばらくその場で呆然としていたのですが、妻がなかなか風呂から上がってこないので
心配になりそっと風呂場へ行くと浴室から妻のすすり泣く声が聞こえてくるのです。
私は風呂場の外で妻の泣き声を聞きながら、自分のした事に後悔し
今すぐにでも妻を抱きしめ謝りたいと思いました。
しかしここまで妻が私を拒絶する理由も分からないのです、私は妻への信頼が揺らいでいるのを
感じましたが私自身それを認めたくない気持ちもあり、結局その場から立ち去り
飲めない酒を飲んで現実逃避することしかできませんでした。

翌日妻に謝ろうと考えるのですが、私を拒絶する妻の態度に納得できない部分もあり
タイミングを逃したままどんどん日が経って行きました。
心に釈然としないものを抱えながら段々妻との間に見えない溝が深くなっていくような気がして
焦りはあるのですが、妻に理由を問いただすきっかけも掴めずまた更に日が経っていくのです。



社宅で妻がされたこと
万年平社員 8/9(水) 00:29:02 No.20060809002902 削除
現在の職場に就いて一年、ようやく仕事にも慣れてきました。
今年で40歳、出世コースからは大きく外れてしまい、生活も楽ではありませんが
家族共々なんとか幸せにやっています。
そう思えるようになったのは、あの出来事があったからとも思っていたのですが。
大学卒業後、今の会社に就職し、32で結婚。10歳下の妻と結婚を機に社宅に住みはじめ、
子供が幼稚園に上がろうかという時に本社から、ある地方工場への出向命令が出されました。
出向とは言うものの、それまでの事務職と違い、20代に混じっての昼夜交代勤務の肉体労働は30半ばの私にとって大変に過酷なものでした。
早い話がリストラで、早期退職に応じない対象者は、全国の工場へ送り自主退職するのを待つのです。
実際出向になった者は何十人、全国合わせれば何百人とも言われています、残っているのはほんの数人だけ、
私自身ラインの足手まといになり、暴走族上がりとかの年下の主任に怒鳴られ、周りからはバカにされる毎日。
彼らのほとんどは高卒で、中には中退者や中卒の者もいました。
そして本社の人間に対して、快く思っていない者ばかりでしたから、辞めさせるために送り込まれた人間に対して遠慮無い態度も当然でしょう。
そんな状態の中で頑張ってこれたのは、本社に戻れる日を夢見ていたからに他なりません。
しかし辛い思いをしていたのは、私ばかりでは無かったのです。
むしろ、社宅で留守を守っていた妻の方が、もっと辛い思いをしていたとは、同じく出向になり、退職した男から聞かされるつい最近まで思いもよりませんでした。



不動産屋さんは街の名士7
非名士 8/8(火) 23:36:03 No.20060808233603 削除
こんなことになっているとは全く気づいていなかったのです。

多恵子は、朝、出勤すると、歳のせいか朝の早い斉藤社長はもう出勤しています。

「おはようございます!」
「おお、おはよ、た〜えちゃん、よく来てくれたね・・・」
職員が出勤するのは当たり前なのに、毎日毎日、本当に嬉しそうに妻を迎える斉藤さん。

多恵子も良く答えて、朝から濃厚なディープキスを交わすと、
かちゃかちゃとベルトを緩め、斉藤さんの朝立ちシンボルに、献身的な口唇奉仕の御挨拶。
「・・おうおう・・・長生きはするもんじゃのお・・・」

斉藤社長と二人で熱心に練習を重ねたテクを全開で、肛門まで舌を突き入れて献身的なサービス振りを発揮します。
なにしろ・・・あの女遊びに長けた斉藤社長が、口内で歳甲斐もなくスパークしてしまうほどのスーパーテクを身につけています。
ただ・・・多恵子のほうがたまらなくなり、途中で自ら勃起に跨っていくことも多かったようです。

朝から1時間以上社長室に閉じこもる二人に、社員たちは何も言いません。
社長室にはシャワーも仮眠室も備え付けられ、
密談のため?完全防音が行き届いていました。

一息つくと、いくつかの書類に目を通して捺印。
昼は近所のホテルの最上階のレストランで、雄大な景色を楽しみながら食事。
食後は、腹こなしのため、スイートも予約されています。

本来なら隠居の歳の社長は、昼食後はシェスタを楽しむことが多いようです。
スイートのベッドで、秘書と一緒に・・・

多恵子の豊かな女体の上で楽しんで、熟女の中心部にたっぷりと栄養を補給させ、午睡をとった後は、夕方から社長室でいくつかの相談をし、はんこを押します。

夜の接待の席が待っています。
熟女秘書の熱心な営業は評判になっているようで、多恵子は必ずお酌をしながら、右手は常に接待相手の太腿に置かれ、少し飲んで頬を染めては色っぽくしな垂れかかります。
ついつい手が滑って、太腿から中心部へと手が伸びることはしょっちゅうでした。

そんな時、向かい側に座った斉藤さんはトイレに立っています。
廊下からそっと戻ると、
「・・・おおきいんですね・・・」
接待相手の耳元に、そっと息を吹きかけるように囁きかける、多恵子の姿を見て、
歳甲斐もなく股間を高めた斉藤さんは、大きな音を立てて廊下を帰ってきます。

「・・・やりすぎじゃないのか?・・・」
接待客の帰った後、斉藤社長は嬉しそうに多恵子に挑みかかります。
声も枯れるほど、悦ばされるのが常でした。

もう、そんなに儲けるつもりのないのに、斉藤不動産は、どんどん売り上げを伸ばしているようです。





--------------------------------------------------------------------------------


表裏 蟻地獄
所 8/8(火) 21:41:47 No.20060808214147 削除
妻は立ち上がって部屋を出ようとしたが、ドアの近くに立っていた楠木に腕を掴まれる。
すると座っていた2人が立ち上がって近付いて来たので、妻の脳裏にあの夜の恐怖が甦り、何とか逃げ出そうと激しく抵抗したが、男3人の力には勝てるはずも無く、無理やりテレビの前に連れて行かれると2人に押え付けられ、残った一人に髪を掴まれて、無理やり自分が辱められている映像を見せられた。
その日を境に、妻は楠木の自宅に勤めるようになり、毎日の様に3人の内の誰かに抱かれ、それは2人同時の時もあり、時には3人に責められる事もあった。
楠木は妻に「ここにいる時は旦那や子供の事は忘れて、全く違う人間になってサービスする事に専念しろ」と言って、妻が着た事も無い様な服を買い与え、下着までも派手な物に着替えさせるようになる。
「どうして俺とのセックスを拒んだ」
妻の表情が険しくなった。
「それは・・・・・・・・」
「それは何だ!」
「言えない・・・許して」
3人に弄ばれていた事まで話した妻が、言えないと言って黙ってしまった事で、まだこれ以上の事があるのかと怖くなる。
「全てを正直に話してくれ。そうでないと、俺は一生優子の事で要らぬ想像をして、苦しみながら暮らさなければならない」
「その頃から・・・・・・・・・・縛られる様になって・・・・・・・・」
初めて縛られて辱められた日、妻は何とかこの様な行為から逃れたくて、特に痕は残っていなかったが「こんな事をされたら痕が残ってしまって、夫にばれてしまいます。こんな事はやめて下さい」と抗議した。
するとそれが逆効果になってしまい「痕が残らないように、軟らかい専用の縄をわざわざ買って来て使ってやっているのに、それでも痕が残るから嫌だと言うのなら、今日から旦那とのセックスを禁止する。それならばれる心配も無いだろ」と言われ、毎晩9時丁度に電話を入れる事を義務づけられる。
「トイレで電話していたのがそれか?毎晩、何を話していた?」
「今夜も主人には・・・絶対に抱かれませんと・・・誓わされて・・・・・・」
妻は何度も行くのをやめようと思ったが、その後も撮られていたビデオの存在が決心を鈍らせた。
「毎回ビデオに撮られていたのか?」
「いいえ・・・旅行の時を入れて・・・・・4度ほど・・・・・」
「そのビデオで脅されていたのか?」
「脅す事はしませんでした。でも・・・・・冗談の様に言う事があって」
楠木は汚い奴で、はっきりと脅す事はしなかったが、冗談の様に「このビデオを見て、ウンチもしないような顔をして澄ましている優子がこんな凄い事をしていると知ったら、さぞかしみんな驚くぞ。他の者には見せないが」と言ったりして脅す。
しかし妻に二の足を踏ませていたのはそれだけではなく、楠木に対する恐怖心だった。
旅行から帰ってから最初に弄ばれた日、終わってから涙が止まらない妻に楠木は、奥さんとの本当の離婚理由を明かす。
「2人に抱かれたぐらいで、怒って出て行きやがった。この不況に、少しは協力すれば良いものを、本当に勝手な奴だ」
楠木は再婚で奥さんは若く、妻よりも少し年下だったと言う。
楠木の会社は主に3社を相手に商売していたが、その内の1社が倒産し、ただでさえ中国製品に押されて困っていた楠木は、残った2社からの注文を増やそうと考えた接待が、自分の妻を抱かせる事だった。
これだと同じ秘密を持つ事で離れられなくなり、同じ女を共有する事で親近感も増して、より親しくなれると考えたのだ。
楠木は2人を家に呼び、自分は用を作って外出して、2人に奥さんを襲わせた。
しかし、当然奥さんは怒って2人を訴えると言い出して聞かないので、今度は自分の目の前で襲わせて、2人に辱められている奥さんに向かって「これは俺の性癖で、夫婦のプレーの一環だから、訴えても俺が証言するから無駄だ」と言ったそうだ。
奥さんの金遣いの荒さが原因で離婚したと聞いていた妻は驚くと同時に、楠木に対しての恐怖心を植え付けられてしまう。
「あの男が来ていたと言う事は、昨日も・・・・・・・・」
「ごめんなさい。着いてすぐに玄関で、今後ここには二度と来ないと言ったら、最後に二人に抱かれてくれれば、これで最後だと相手を納得させられるのでビデオも処分すると言われて・・・・・・1人は忙しくて急には来られなかったけれど・・・・・・あの男に・・・・・・・」
「本当にそれで、縁を切ってもらえると思ったのか?」
妻は俯いてしまう。
考えながらではなくて淡々と話す妻を見ていて、話している内容に嘘は無いと感じた。
しかし、その淡々と話す姿に、何かズッキリしない物を感じてしまう。
最初こそ泣いて取り乱したが、それは惨めな自分を私に知られるのが耐えられなかった涙だろう。
これだけ辛い体験なのに、その後は泣きもしないで話す妻。
最初の頃は恥ずかしく辛い事だったかも知れないが、妻自身ずっと辛かったと思い込んでいるだけで、本当は徐々に辛い出来事ではなくなっていたのかも知れない。
言い換えれば、辛く苦しい中にも、喜びを見出したのでは無いだろうか。
この先どうなるか分からない不安の中、辛さを快感に変える術を見付けたのでは無いだろうか。
そうでなければ3ヶ月もの間、毎日の様にこれだけの辛い思いをしていれば、精神的にそう強くも無い妻は、多少精神に異常を来たしていても不思議では無い。
今も話しながら辛くて惨めな自分を思い出しているはずで、泣きじゃくって取り乱しても不思議では無い。
しかし妻は、泣きもしないで淡々と話す。
自分が壊れてしまわない様に、苦しみを少しでも喜びに変えられる様な機能が妻にあるとすれば。
苦痛を少しでも快感に変えられる様な機能が妻にあるとすれば。
自分を守る為に、その様な機能が備わっている人間がいるとすれば、妻は正しくその様な人間だったのでは無いだろうか。
気持ちではどんなに拒否して嫌がっていても、それ以上に身体が喜んでしまっていた事が、妻に訴える事を躊躇させ、苦しみながらも気が付くと楠木の家に足を運ばせていたのかも知れない。
私は楠木が撮ったという、ビデオを見てみたくなった。



死の淵から3
死神 8/8(火) 18:59:47 No.20060808185947 削除
子供から声を掛けられ我に返り会計を済ませる間中
先ほどのパートさんの言葉が頭を巡ります。
日曜の出勤が延びたと言うのは妻の嘘なのでしょうか?
パートさんにあのような嘘を作る理由が見当たりませんし
実際妻はここにはいません。会計を済ませた後気もそぞろに車に乗り込みました
ふと駐車場を見回し妻の車を探しました。それほど大きな駐車場ではありません
ぐるっと回って駐車場内を見渡しても妻の車はありませんでした
ハンドルを握りながら何故妻がこんな嘘を言わなければならないのか?という事で
頭がいっぱいになり駐車場の出口で車の流れを見ながら悪い想像ばかりしてしまうのです。
子供達に「パパどうしたの?」と言われ、なんとか気を取り直して車を発進させるのですが
やはり何故妻がこのような嘘をつく必要があるのか理解できないでいました。

家に帰ってみてもやはり妻の車はありません。
家に入り子供達の「お腹がすいたよ〜」という言葉を聞くまで
またも考え込んでしまっていました。子供達の為にご飯を作りながら
妻の帰りを今か今かと待っている私がいます。
「ご馳走様」という子供達の無邪気な笑顔に少し救われながらも
今子供達と遊ぶ気にもなれず、自室で仕事するから2人で遊ぶように言って
早々と自室へ引きこもり、ベッドで寝転びながら何時間考えていたのでしょうか
妻の車が駐車場へ入ってくる音が聞こえてきました。
玄関を開け中へ入ってくると子供達の「お帰りなさい〜」という元気な声が聞こえてきました。
部屋からでて2階から玄関を見るといつものように妻に甘える子供達の姿が見えます
妻を見るとパートさんの一言で動揺する私が妻を信用していないように思え
ちゃんと妻に聞いてみようかとも思うのですが、私が妻を疑ったということを
妻に知られたくないと言う思いもありなかなか決心がつかないでいました。

私がゆっくり2階から降りていく途中で娘が「ママ今日はママのお店にいったんだよ。
ママいなかったけど、パパも残念そうだった〜」と無邪気に報告している声が聞こえました
私自身が問いただすかどうか気持ちも定まらないまま娘が聞いてしまったことで
私は少なからず動揺しました。
「え?今日来たの?そっか・・・・・ごめんねママ店舗の集まりで午後から本部のほうにいってたから、
ママも会いたかったよ〜」と妻が言うのを見て一瞬ほっとしました。
パートさんが言ったいつも1時上がりだと言う言葉に引っかかりつつも
動揺する様子も無く子供に説明する妻を見ると疑いを持った私が早計だったかとも思えてきました。
妻は私の顔を見ると
「どうしたの?少し疲れているようだけど・・・大丈夫?休んでいたほうがいいのじゃない?」
「いや、大丈夫ださっきまで少し横になっていたから心配要らないよ」
「そう・・・なら良いのだけど・・・あまり無理はしないでね、貴方の体が一番大事なのよ」
「ああ・・・ありがとう気をつけるよ」
いつもの優しい妻です、少なくとも私を気遣う心は偽りではないと感じます。

その夜やはり気になるので今日のことを妻に聞きたいという気持ちが出てきました
疑問を解消して自分の気持ちを軽くしたいという思いもあります。
いつものように子供を寝かせ明日の準備を子供と一緒に確認する妻を見て
妻が私を裏切っているなどと全く想像できないでいました。
私は先に寝室へ入り明日の仕事の資料に目を通していると
妻が髪を拭きながら寝室へと入ってきました。私が何か言うより先に妻が口を開き
「お店に来るなんて珍しいわね。でもいないときに限ってくるなんて間が悪いわ」
と明るく言うのでした。私はこのとき疑った自分を恥やはり妻は私を裏切ってはいないと感じました。
「あ〜悪いね、ちょっと足りないものがあったから。久し振りに諒子の働く姿を見てみようかと思ってさ」
「ふふ、でもあんまりいい格好じゃないから見られても複雑」と少しすねた感じで言いました
「店舗の集まりってしょっちゅうあるの?」
「ん〜しょっちゅうって訳でも無いけど他にも色々あるのよ、ミーティングとか」
「そっか・・・あんまり無理するなよ」
「へへ〜心配してくれるんだ」
「当たり前じゃないか・・・」と妻にキスをしてベッドになだれ込もうとしました
「駄目!」「なんで?」「今日調子悪そうだったから駄目」
「大丈夫だよ」「駄目」
「だってもう3ヶ月もして無いんだよ・・・」「ごめんなさい・・・でも今日は駄目」
「なら何時ならいいんだよ」「そんな我侭言わないで私は貴方のためを思って・・・」
「だからって3ヶ月もして無いのに・・・・俺のことが嫌になったのか?」
と私が言うと、真剣な眼差しで私の目を見て
「怒るわよ、私は貴方だけを愛してます。どんなことがあっても絶対・・・・」
「ごめん・・・・」「うん・・・じゃ寝ましょ」

妻が横になり私もそれに続いた。ベッドの中で先ほどの妻の台詞が頭の中をぐるぐる回っていた
(どんなことがあっても絶対・・・)いつもの妻の様子とは明らかに違う
何か思いつめたような悲壮感すら漂う目で私にそう訴えた妻の顔が
しばらく頭の中から離れませんでした。



死の淵から
死神 8/8(火) 16:46:40 No.20060808164640 削除
妻が働きに出ることには私は賛成でした。もともと活動的でそれが魅力の妻です
子育ても一段落しこれから学費もかかることですし無理の無い範囲であれば
妻のためにも仕事をすることはいいことだと感じていました。
あくまでパートですし、仕事も子供が帰ってくる頃にはあがり
土曜日は朝から夕方までというシフトですので文句はありませんでした。
妻が働き出してから半年ほどして妻から
「日曜のシフトと月曜のシフト変わって欲しいと言われてるんだけど・・・
変わっても良いかしら?」と聞かれ
「お前がいいならいいけど日曜は何時まで?」「一応昼2時ごろまでなんだけど・・・・駄目かな?」
「あまり無理するなよ」「私なら大丈夫よ」「なら頑張ってな、俺も日曜に家事でもするよ」
「貴方にそんなことさせられないわ、でもありがとう」
ということで妻は日曜日も働くことになりました。

この頃妻も私も30代後半という年代でした。妻はいまだに私にとっては
一番魅力的でした、しかし年のせいもあるでしょうが妻が私の体を気遣って
夫婦生活のほうはかなり少なくなり月2回もあればいいほうでした。
私としてはもっと妻を愛したいのですが妻から
「十分愛されてます、私は貴方がいなくなるほうが怖いだからもっと自分の体を大切にして」
といわれてしまえば何も言えないのでした。
それだけに私の体調のいい日には必ず妻も応じてくれ私の物で気をやるのです。
私は決して小さい方ではないのですが、体のこともあり何回も出来ないので
必ず妻が気持ちよくなるように前戯をたっぷりとし、妻が満足できるように
おもちゃなども駆使して妻に奉仕していました。
妻はそんな私の気持ちを分かってくれ夫婦生活では必ず私に体をゆだね
心から感じて前戯で何度も絶頂を迎えるのです。
挿入後も私の物で十分奥までつくことが出来失神するかのごとく激しく感じ
私の体のこともあって騎上位が多かったのですが激しく前後に腰をグラインドさせ
「だめ〜もうだめ〜」と背中を大きく反らせ私のものを絞り上げるのでした。
妻は私との行為で初めて女の喜びを味わったと私に言います
過去一度だけ呟く様に
「一晩中貴方で何回もいかされて見たいけど貴方がいなくなるぐらいなら我慢できるわ」と言われ
そういう妻がいとおしくもっと愛したいのですが、妻は私が一回果てると
たとえ妻がもっとしたいと思っても「今日はお終い」といって2回目は応じてくれないのです。
それも妻の愛情からのことで、今であっても妻の私への愛情を疑ったことはありません。
しかし、時々夜に一人で慰めてる姿を見たとき自分の体のことが情けなく感じました。


日曜にシフトを入れるようになっても妻に疑わしいところは一切ありませんでした
しかし、日曜の働く時間が更に増えて5時ごろまでになり
他の日も妻の働きが認められリーダーとなったことで就業時間も増え
妻も疲れているのか月1回はあった夫婦生活も
段々減り、妻が働き出して2年経ったころには3ヶ月もレスになっておりました。
今まで私に気遣い私とのセックスが好きだった妻をちゃんと満足させられてないと感じていた私には
妻をとがめることもできず、また40にもなれば少なくなって当たり前という
友人達の話もあいまってしぶしぶではありますが納得せざるを得ないと思っていました。

ある日曜のことです、昼も過ぎ遅くなったのですが
台所で子供のご飯を作ろうとしたとき食材が足りないことに気が付きました
子供達に「昼ごはんを食べに行くついでにママの働いているところを見に行こうか?」
と日曜に久し振りに妻の職場に買い物にいくことにしました。
妻には恥ずかしいから来ないでといわれて主に食品しか扱ってない
スーパーに行く機会もなかったので働き出した直後は何回か行きましたが
妻が日曜日に働きにで始めてからは一回もいったことはありませんでした。

お店に着くと子供達は少しはしゃぎぎみにスーパーに駆け足で入って行きました。
まだ母親が恋しい年ですし、また出かけて妻に会うというのも何か新鮮な気がして
私も少しどきどきしていました。
長女が母親を探している間私は必要なものを籠にいれ
会計をする前に子供を探しました、しばらくして長女が店員さんと
話しているのを見て私も近くにより
「妻がお世話になっております、お仕事の邪魔をして申し訳ございませんでした」
「いえいえ〜リーダーには私もお世話になってますから」と感じのよさそうな
年配の奥様でした。しかしその後の言葉に私は息を飲むのです
「でも桂木さんいつも1時には上がっちゃうから今日はお帰りになってると思いますよ」
「え、・・・いつも1時上がりですか?」「え・・・あ、多分ひょっとしたら店長と上で会議かもしれないけど・・・・」
「店長さんは今どちらに?」「ど、どこでしょうね。今日は見て無いから・・・」
「そうですか・・・私の勘違いでした、すいません。では今日はこれで
お手を煩わせて申し訳ございません」「い、いえこちらこそ」とそそくさと立ち去りました。
私は子供から「今日はママ帰ったのかな?」と言われるまで呆然と立ち尽くしていました。



死の淵から
死神 8/8(火) 16:02:25 No.20060808160225 削除
ふと外を見ると元気のいい子供と、車椅子のおばあちゃんが仲良く遊んでいます。
病室のベッドからは、妻が働いているスーパーが良く見えるので
調子の良いときは外を見るのが私の日課になっています。

小さい頃から少し体が弱く心臓に持病を持っていたことから
病室のベッドで寝ることに慣れているとはいえ
元気に働く妻をこの手で抱くことも出来ず日々悶々と窓の外を見る毎日に寂しさを感じていました。
妻と離婚すればこんな思いを感じることも無く一人で死ねるのだろうか?と
考えてみるのですが、眠りにつくたびに妻とのことが思い出され
やはり妻を愛していることを再度思い知るのでした。
考えてみると妻と結婚してからの私は、今までに無く元気で
妻や子供の顔を見るたびに『まだ死ぬことは出来ない』との思いで頑張ってこれたのだと
自分自身そう感じていました。

妻の諒子と結婚したのは26歳の時もう18年前のことになります。
当時私は心臓の持病に悩まされながらも技術系の仕事に就き
何とか日々暮らしているような状況でした。それなりに女性との付き合いもありましたが
持病があることに負い目を感じ、何時死ぬか分からないような自分と
結婚して不幸にさせるわけにはいかないとの思いから
深い付き合いになることも無く、このまま一人で朽ちていくのかと
絶望にも似た感情を持ち仕事にも中途半端な気持ちで望んでいたものと思います。
私が入社して1年後彼女は入社してきました。活発で気持ちのいい
私には持ち得ない生命力のようなものを持っていました。
そんな彼女に惹かれるのは時間の問題でした、しかし私にはどうしても
今一歩踏み出す勇気がありません
恋人とも友達ともつかない中途半端な状態でしたが日々諒子に対する思いが深くなることに
自分自身戸惑いを覚え、また諒子の気持ちも私に向いていると確信が強くなるにつれ
自分の事を告げる勇気が持てず私のほうから少しずつ距離を離すことにしたのです。
私の病気は日常生活に支障はありません、激しい運動を続けなければ
即死に至る心配もありません。しかし、幼少の頃から何度か死の淵を垣間見るにつれ
何時死んでもおかしくないと自分で思い込んでいたのかもしれません。

諒子と出会い1年経ち、煮え切らない私の態度に愛想を尽かしたのか
諒子の方からも接触してくる機会が少なくなってきました。私は心の中でほっとする気持ちと
どうしようもない寂寥感をもてあまし、これでいいと無理に自分に言い聞かせる毎日でした。
ある日同僚の田中が私に「お前諒子ちゃんと別れたのか?」と聞いてきました
私が「そもそも付き合ってない」と言うと
「へ〜本当に?でも諒子ちゃんはお前のこと好きだと思うぜ、でもお前がそういうなら
俺諒子ちゃんにアプローチしようかな〜」
「お前ならいいんじゃないかな」と言ってしまった後、私は胸が締め付けられるような思いを感じ
何度こんな思いを繰り返さなければならないのか?人を好きになるのを止められれば
苦しみから解放されるのにと絶望感ともつかない感情に支配されていました。

諒子から田中に付き合ってくれと言われていると聞いたのはそれから数日経った後でした
諒子が何故私にそのことを言ってきたのか、私には分かっていました
しかし、当時の自分にはそれを止める権利も無いと感じていましたし
田中と結婚したほうが諒子は幸せなのではないか?と感じていたのも事実でした
それから田中は私に見せ付けるように諒子にアプローチをかけていました
勇気の無い私は、それを正視することも出来ずそそくさとその場を立ち去るのでした。
それからしばらくして職場の親睦会の時の話です。
相変わらず田中は諒子にアプローチをかけていました。諒子もまんざらではないようで
2人で楽しく話しているのをいたたまれない気持ちで見ていました。
体のこともありお酒は極力飲まないようにしていたのですが、このときばかりは
私もお酒の力を借りなければ過ごすことが出来ず、明らかに許容範囲を超える飲酒に
とうとう体が耐え切れなくなってきました。
トイレに行こうと立ち上がるとふらふらと倒れて胸が苦しくなってきました、発作であることは
自分自身分かっていましたが、この時は死の恐怖よりこのまま消えてなくなりたいとの思いが強く
諦めにも似た感覚、遠くなる意識の中で諒子にせめて愛している事実だけでも伝えておけばよかったと
思ったことはよく憶えています。

目覚めると、諒子が私の顔を覗いていました。その時私は、最後に諒子の顔が見れて
良かったと思いました、私は諒子をじっと見つめていました目から涙が出てきます
意識が戻ったことに気が付いたのか田中が両親を呼んでいる声が聞こえます
諒子も目に涙を浮かべて私の肩を抱き、枕に顔をうずめ
涙を流し消え入りそうな声で「私もあなたのことが好き、だから死んじゃ駄目。
私が貴方を死なせない絶対に死なせないから」と泣き出してしまいました。
私はその時嬉しくて思わず諒子の首に腕をまわして「俺もだ」と言いました。
後から聞くと酒場で倒れたとき薄れる意識の中で諒子に「愛していると」告白したらしく
その後田中に冷やかされるネタになっていました。
田中も俺のことを心配し私に奮起を促すために諒子に迫っていたようで
それは諒子も分かっていたようでした。まんまと田中に乗せられた形でしたが
田中も「これでお前が踏ん切りつかなかったら俺が諒子ちゃんもらってたぞ。惜しいことをした」と私たちの行く末を祝福してくれ
私は田中に感謝しても仕切れない思いを抱いていました。
おかげでとんとん拍子に話が進み、諒子は「病気も含めて貴方、でも私と結婚すれば
毎日気が抜けなくてきっと死ぬことだって忘れちゃうよ。だから前向いて生きていこう」と
私はこのときどんなことがあっても諒子だけは幸せにすると誓ったのでした。

何も疑うことも無く人生で一番幸せなときでした。
一男一女をもうけ、子供達が大きくなり
長男が小学4年生、長女が1年生になって
手が離れ始めたとき、妻が
「私も外へ出て働きに行きたい」といって
近くのスーパーに働きに出ることになったのです。



不動産屋さんは街の名士6
非名士 8/8(火) 02:10:58 No.20060808021058 削除
つかれきって帰宅した私は、玄関に堂々と脱ぎっぱなしの大きな男物靴に迎えられました。
その上、聴いたこともないような、妻の叫ぶような喘ぎ声。

思わず寝室の扉を開けました
斉藤さんと妻は、素っ裸でしっかりと、抱きあい、しがみついて唇をむさぼっています。

妻は、目をつぶって斉藤さんの唇を求めており、
斉藤さんのほうが、私に気がつきました

「・・・ああ、お邪魔しています・・・」
にこやかに語りかけてきました。

「・・・えっ?」
妻も気がついてこっちを見ました。
でも両腕を斉藤さんの背中に回したままです。
目が淫蕩に潤んでいるようでした。

すっぽおん・・・という感じで、抜け出ました。
まだ湯気を立てて勃起しているままです。

雄大な景色でした。
我が家の愛の巣たる寝室の部屋全体の空気を、隆々たる濡れそぼる業物が一気に支配しました。

「・・・ああん・・・だめえ・・・」
妻は起き上がって、斉藤さんにすがりつきます。
勃起したままのものに口を伏せました・・・

「・・・離してくれんのですよ・・・・」
苦笑する斉藤さん。
頬をすぼめてシャブリたてる妻の多恵子。
目がとろんとしています。

「・・・ああ・・・」
妻は斉藤さんを押し倒すと、股間にまたがって、収納しました。

「・・・ん・・・おおきいわあ・・・・」
腰をいやらしくねじ繰ります。

「・・・ね?・・・あなた。」
「離婚して!・・・・お願い」

「・・・わたし、これから、もう離れられないの・・・」
斉藤さんは、下から大きく腰を突き上げると、
妻の大きめの乳房を両手でぐいっと無造作にもみあげました。

「あああああ〜んんんん」

妻は私たち夫婦の寝室で、大きなよがり声を張り上げました。



両親の妻物語 38
3番目の夫 8/7(月) 20:05:39 No.20060807200539 削除
母はもう行きっぱなしの状態です。
そんな母を、佐藤は尚もいろいろな体位で責め立てました。
母と佐藤は三月だというのに全身汗まみれでのた打ち回っているのです。
夫婦の寝室は二人の汗の臭いと精子と母の淫汁が混じった獣の臭いが
充満しているのでした。

「どうじゃ?幸子、ワシのチンボはいいじゃろ?うん?
義男の租チンよりいいじゃろう? うん?どうじゃ?」
「・・・・」母は無言で頭を横に振るのです。
先ほどの『SMプレイ』の時でしたら無理やり佐藤に
夫を裏切る言葉を言わされても、それは『プレイ』の一つとして
言い訳が立つ母でした。
しかし今は普通のセックスをしているのです。
そんな事を夫の見ている前で認めたのでは、やはり自分の意思で
夫を裏切っているようで冗談にも決して言えない母なのでした。

布団の上で正上位で繋がった母は小さくバンザイをするように
両手を挙げております。
その母の両手を突っ張るように押さえ込み、身動きできないようにして
佐藤はその凶暴な男根で母の女唇を責めさいなんでおりました。
母は両足を一杯に広げながら女唇から湧き上がる快感に
お腹を痙攣させ 喘ぎ、流れる汗と涙に濡れた瞳で
目の前のいやらしく笑う佐藤の顔を見つめております。

「いいか幸子、お前のオマンチョはワシのものなんだぞ。
オマンチョだけじゃあない、お前の体は全部ワシのものじゃ。
だからもう義男なんぞに使わせるな・・・いいな。」
「だめ・・だめですぅー、あたしの体はお父さんのものですぅー
ああっ・・あん・・だめですぅーー」
母は泣きながら顔を左右に振りました。

「幸子!忘れたか!お前はワシの『便所奴隷』なんだぞ。
ワシが嵌めたくなったらいつでもお前を呼び出してお前の体で
楽しむんじゃ!・・・・幸子もそれを望んでいたじゃろ?うん?
いつもワシが呼び出せばパンティーを濡らして何処までも
やって来たじゃあないか?そうだろ?うん?」
佐藤は母の『マゾ奴隷』の気持ちを呼び起こそうと
いやらしく囁くのでした。

「いやーだめーですーーあたしはお父さんのものですぅーー
お父さんのオチンボが好きなんです・・お父さんに嵌めてもらいたい!
お父さんにオマンチョを使ってもらいたいんですぅーー・・・
ああ、あんあんいいーー」
母はアクメの波に飲まれそうになるのを必死で堪えていたのです。

「幸子!お前のオマンチョはワシの物だって言うのが
まだ分からないのか?・・うん?
義男が幸子を抱きたがったら このこけしを使わせればいいんだ。
ほほほー義男の粗チンにはこのこけしの穴で十分じゃ。ははは」
と さっきついに母を自分の男根で屈服させた事で 母を再び
自分の奴隷にしたと確信したのか佐藤は楽しそうに笑うのでした。

「いやーだめですぅーーお父さんが可哀想です。 お父さんには
あたしのオマンチョでもっと楽しんでもらうんですぅーー」
そう言ったものの母は自分の両足を上げて佐藤の腰を巻き込み
恥骨を佐藤の男根に擦り付け佐藤の男根をより深く味わうのでした。
佐藤は母の両腕を押さえ込むように突っ張っていた両腕を
放すと汗で濡れた体を密着させて両手で母の顔を包み込むようにして
母の額と頬に汗で張り付いた髪の毛をぬぐうように愛撫します。
「あん、あん、あっあっ・・・・」母は喘ぎながら顔を振っています。
母はそうやって耳を愛撫されるとたまらなくなるのです。

「ふぉふぉふぉ、幸子はほんとに可愛いのー・・
そんな事を言っても、ほれ!ワシのチンボがいいんじゃろう?
ほれ、ほれ、もっともっと行かしてやるぞ・・・
ワシのチンボで義男を忘れさせてやるぞーーほれ!こうするとどうだ?」
「あん・いや、いっいやーーあん、あん、ああああー」
母は女唇から沸きあがってくる快感に全身を震わせて涙を流し
佐藤の顔をその淫乱に濡れた瞳でせつなげに見つめるのでした。
母の唇は自然に前へ突き出され舌を出し佐藤の口付けを求めるのでした。
いやらしく笑っていた佐藤も母の顔を両手で激しく愛撫しながら
堪らなくなった様にその可愛らしい母の唇にむしゃぶりつき
舌を母の可愛い舌に絡めて『ジュージュー』音を出して
吸い合うのでした。

佐藤の腰の動きが一層激しく前後し
男根が母の女唇の中に送り込まれます。
母も堪らずに両腕で佐藤の体をしっかりと抱きしめ汗に濡れた
豊満な乳房をこれも汗にヌレヌレの佐藤の厚い胸に擦り付けて
男の体を堪能するのでした。
佐藤の腰を抱え込んだ両足の甲の部分を力いっぱい絡めて
激しく腰を前後に振り、強い快感を得ようと
汗まみれの全身をこれも汗まみれの佐藤の体に擦り付けるのでした。

まるで動物のオスとメスになった様な二人はお互いの性器を使って
より一層の快楽を得ようと腰を激しく前後に振り続けるのでした。
佐藤は母の女唇の中に激しく男根を出し入れして
すばらしい挿入感を楽しんでいました。
母もその腰を佐藤に負けずに前後に激しく振り
佐藤の男根によって擦りだされる膣内の粘膜から
あふれ出てくる快感を貪っているのでした。

母は何も考えずに『アクメ』の階段をひたすら上り続けます。
そうして全身を爆発するように貫く快感に
息も出来ずに泣き続けるのでした。
しかしそれでも尚、母は佐藤の唇に飽く事のない口付け
を続け、体をしっかりと抱きしめ、こすりつけて
お互いの体を使ってエクスタシーを感じているのです。
母も佐藤も最高に興奮していたのでしょう。

母は夫の見ている前で汚辱される事で『マゾ』として
最高のエクスタシーを感じておりましたし、
佐藤は母を自分の『マゾ奴隷』に完全に取り戻せたと確信しており、
母が見せる夫への貞操感が強ければ強いほど自分の男根で
屈服させる事に最高の喜びを感じているのでしょう。

その後も佐藤は自分の男根のすばらしさを
母の骨の髄まで染み込ませるように色々な体位で母を責めるのでした。
横抱きにされた母の後ろから佐藤が男根をアヌスに入れています。
そのまま、佐藤が手に持ったこけしの男根で『ズコズコ』
女唇を責められると、母は大きなアクメの波に飲み込まれて
堪らずに気を失いました。

それからの事は、いつものように母は何も覚えておりません。
ただ時折、気持ちよく雲の上に浮いていると 
いきなり佐藤が母のほほを平手打ちにすることがあります。
一瞬正気に戻る母に、佐藤は「オマンチョを締めろ」と命令するのでした。
母は言われたように一生懸命に自らの女唇を締め付けるのですが、
直ぐに又、次の快楽の波に飲み込まれて意識が遠のくのでした。

それからどれ位時間が立ったのでしょうか。
意識が徐々に戻った母の体を、佐藤が抱きしめながら 
まだ腰を振っておりました。
ただ、母の女唇はもう行き過ぎた為 痺れたようになっており
先ほどまでの強い快感は起こらず 
さざ波のような弱い快楽が続いておりました。
しかし、すぐに母は自分のからだの上に乗っているのが
佐藤ではない事に気が付くのでした。
目を開けた母が見たのは、真っ赤に顔を上気させ 
母を抱きしめて腰を振る夫なのでした。

母は一瞬で夢から覚める気持ちになるのでした。
「いやー!」母は顔を振ります。
夫が居るという事は、母が気絶しているうちに 佐藤と屋根裏から
飛び出て来た夫との間でケンカが起こった事を意味しているのです。
母は慌てて辺りを見回しますが、佐藤はおろか バッグやロープなど
佐藤の居た痕跡はすでに無くなっておりました。
きっと夫は佐藤を殴り 罵倒して追い出したに違いありません。
母は今、全てが終わった事を知り、目の前が真っ暗になるのでした。

「ちくしょう!・・いつもあんな風に抱かれていたのか?・・・お前は
佐藤の奴隷になって喜んでいたんだな?・・・どう言うつもりだ!
お前は、お前は俺の女房じゃあ無かったのか?」
「あなた、許して!そんなつもりじゃあ無かったのよ。
寂しかったのよ。・・・騙されていたのよ・・・・」
母は両手で顔を覆い激しく泣くのでした。
嵐のようなアクメの波が去った今、
潮が引くように母は冷静さを取り戻すのでした。
そうして見ると、先ほどまで佐藤と喜んで行っていた『SMプレイ』が
とても淫乱で破廉恥な行為だった事を今更のように思い知るのでした。
そして、その淫乱な『セックス』を最愛の夫に見せ付けたのです。
母はもう夫の顔をまともに見ることも出来ません。

「嘘をつけ! あんなに喜んでケツを振っていたくせに!
俺がいるのに・・・俺がいるのによくもあんな真似が出来るな!」
「違うの! ちがうのよ!・・・あれは、あたしじゃあ無いのよ。
あたし狂っちゃうのよ・・気持ちよくって頭が狂っちゃうのよ。
あなたがしろって言うから・・・あなたが見ているから・・・
ああっ・・あなたが喜んでくれるって思ったから・・・」
もう自分で何を言っているのか判りません、
母は又悲しくなって泣き出すのでした。

佐藤との『SMプレイ』にドップリと浸っていた時、
母の頭の中は淫乱で破廉恥な気持ちが渦巻き、
その為に淫乱で自分勝手な母は、自分が行っている気持ちのいい事は、
全て夫の望んでいる事だと思えたのでした。
しかし心が冷静になり よくよく考えてみれば、そんな淫乱で
破廉恥な行為は愛する夫がいる人妻として 決して行っては
いけないことですし、まして夫の見ている前で行うなど 
いくら夫の命令でも出来ないはずです。
そんな根本的な事も 淫乱な母は忘れてしまったのでした。
母の心の中は、浮気が発覚してから 今までの辛い日々が思い起こされて
更なる後悔と懺悔の気持ちで一杯になるのでした。

「ちくしょう!おまえは散々あいつに抱かれて喜んでいたんだな?
おまえはあいつの精子を飲んで、ケツの穴まで使わせて、オマンコに
中出しまでさせて、ちくしょう!善がり狂っていたのだな・・・
俺がいるのに、俺がいるのに・・・あいつの珍棒はそんなにいいのか?
こんなに『ゆるまん』にされやがって!・・・
こんなに『ゆるまん』にされやがって・・・ちくしょー!」
父は母を強く抱きしめながら、激しく腰を振っています。

その時になって母は、夫の男根が自分の女唇の中に入っていた事に
『ハッ』と気が付くのでした。
散々佐藤の巨根に嵌められた母の女唇はだらしなく緩み
夫の男根には、緩くなってしまっていたのでしょう。
「いや!いやあー、違うの、ちがうのよー」
母は泣きながら、必死に女唇を締め付けるのでした。

以前に母は、自分が佐藤によって佐藤好みの体に変えられて
しまったのではないのか? そのために 夫とのセックスでは
感じられないのでは?と危惧した事がありましたが、
まさにその事が現実の事になってしまっていたのでした。
以前でしたら その事は別に気にすることではなく 
愛する佐藤の女になった事が嬉しく感じられて 
晴れがましい気分になると思っていたのでした。

しかし夫への愛に目覚めた今となっては、それは悲しい現実であり
決して夫には知られてはならない事だったのです。
自分の体が佐藤好みに変えられていると言う事は、取りも直さず 
それだけ母が佐藤にのめり込んでいた証拠だったからでした。
母は今更のように夫にその両腕と両足を絡ませ 必死に女唇を締め付け
夫の男根が気持ちよく成って貰える様に、泣きながらも腰を振るのでした。
「あなたにして欲しかった・・・あなたにして欲しかったのよ」
母は声を出して泣くしかありませんでした。
泣いても泣いても、寂しさと後悔が溢れてくるのでした。

〔 「悲しかったわ・・・あんなに悲しいセックスって初めてだったわ」
母はその時の気持ちを話すときだけはさすがに、悲しそうでした。
「佐藤さんのオチンボではあんなに感じられたのに 夢にまで見た
お父さんのオチンボではちっとも感じられなかったのよ。

佐藤さんとのセックスの後で 気持ちも醒めていたからだけれども
お父さんに『ゆるまん』だって言われた時には、ショックだったわよ。
あたしが感じられないのは、そりゃあ散々行きまくった後だから仕方が
無いとしても おとうさんからあたしのオマンチョじゃあ感じないって
言われた時は、自分の体が 佐藤さん好みになじんでしまっていた事を
とうとうお父さんに知られてしまったって思ったのよ。

一生懸命お父さんに感じてもらいたくて オマンチョを締めていると
お父さんのオチンボが出入りする度に 佐藤さんが出した精子が
オマンチョから流れ出してお尻の穴を濡らすのね。
散々佐藤さんに使われてぶかぶかにされた上 中だしまでされて
汚された汚いオマンチョをお父さんに使わせている事がすまなくて 
お父さんに申し訳なくて悲しくなって 
あたし『ワンワン』泣いちゃった 〕

しばらくすると父は母の女唇の中にやっと射精したようで、
動きを止めました。
父は母の上から離れると、母の横に無言で仰向けに横たわるのでした。
母はこれで全てが終わった事を感じていました。
切ない気持ちで起き上がるとトイレに行き 
女唇の中の精子を出しふき取るのでした。
父の精子はほとんど出ていなかったようです。

母はもう悲しすぎて何も考えられませんでした。
ぼんやりと父が横たわる布団の前に横座りすると、
馬鹿のように畳を見つめて座っておりました。
『このまま本当に気が狂ってしまえたらどんなに幸せだろうか?』
とぼんやりと考えていたのでした。



表裏 疑心
所 8/7(月) 06:52:26 No.20060807065226 削除
この様な場合、強制猥褻や強姦を証明するのは簡単では無いだろう。
ビデオの件もそうだが、訴えもせずにその後も妻自ら楠木の家に通って関係を続けていては尚更不利だ。
誰も証人のいない密室での出来事で、妻には一切怪我も無く、無理やりかどうかは水掛け論になる。
訴え出ても、おそらく判決までは数年掛かり、その間妻は好奇の目に晒される。
好奇の目に晒されるのは妻だけではなく、私や娘も同じ事だろう。
仮に勝訴したとしても、妻が3人の男に辱められた事実は消えず、世間にとってこれ程面白い話題は無く、被告よりも特別な目で見られ続ける事は間違い無い。
ましてや証拠不十分で敗訴にでもなったら、妻は一度に複数の男に抱かれて喜んでいた、淫乱な女だというレッテルを貼られる事になる。
世間の人がこれを聞けば、恐らくほとんどの人が、許すな、告訴しろと言うだろうが、その世間が同情を装いながら後ろ指を指す。
男の私でもそう思うくらいだから、女の妻が訴えずに隠そうとした気持ちは頷ける。
ただ疑問に思う事が無い訳では無い。
私は妻がこの様な目に合っていた事を、微塵も感じ取れなかった。
私が鈍感なだけかも知れないが、セックスを拒否されてようやく浮気を疑っただけで、妻が特別落ち込んでいた様子も無かったような気がする。
逆を言うと、それだけ妻は惨めな自分を知られない様に、隠す事に必死だったのかも知れ無いが、それでもどこかに辛さや惨めさが現れても不思議では無い。
そう考えると、最初は酔わされて無理やりされたのが事実であっても、その後は妻も、嫌がりながらも喜びを感じてしまったのかも知れないと疑ってしまう。
妻の話が全て本当だとすると、この様な事を考えてしまう事自体、妻を酷く侮辱している事になるが、私はその疑問を拭い去る為に、全てを知りたくて妻に辛い質問を再開した。
「辛いだろうが、全てを教えてくれ。その後どうなった?その後楠木に抱かれたのだな」
妻の酔いは徐々に醒めてきたが時既に遅く、獣の格好にさせられて一人に後ろから入れられている状態で、もう一人には口を汚されていたと言う。
2人は妻の身体を散々弄び、ようやく満足して自分達の部屋に帰って行ったが、今度は残った楠木にバスルームに連れて行かれ、指で開かれて中までシャワーを浴びせられる。
2人の男に責め貫かれ、上下の口を同時に汚されるという常識では考えられないような行為をされた妻は、ベッドに連れて行かれて身体を開かれても、ショックから立ち直れずに抵抗する気力さえ失っていて、心の無い人形のようにベッドに身を横たえて、楠木にされるままの状態だった。
しかしそんな妻も女の性からは逃れられずに、夜が明ける頃には自ら楠木の背中に手を回していたと言う。
他の者が起き出さない内に部屋に戻ろうとする楠木に「この事が知れれば、恥を掻くのは優子だ。何しろ、一晩中あんな恥ずかしい声を上げ続けていたのだから」と言われた妻は、旅行中は他の者に知られない様に、眠気を隠して何事も無かった様に振る舞うのがやっとで、家に帰ると今度は私に知られないように、平静を装うのに必死だった。
「確か旅行に行く前は、優子達だけツインに3人だから、一番若い優子がエキストラベッドになると言っていなかったか?」
「女性は奇数なので、私達一組だけは3人部屋になると聞いていました。でもホテルに着くと、エキストラベッドでは可哀想だからと、女性用にツインが3部屋とダブルの部屋が用意されていて、部屋割りを見ると私一人がダブルの部屋になっていて・・・・・・」
これは酔った勢いで起こった事ではなく、最初から仕組まれていたのだと思った。
「得意先の2人とは誰だ?」
「一人は50代半ばぐらいの問屋の社長で、池田社長と呼ばれていました。もう一人は30歳前後の若い社員で、量販店をいくつも抱えている大きな問屋の跡取りだと聞いています。社長は若と呼んでいましたが、名前は確か遠藤だったと・・・・・・・・・・」
若い方の男は、昨日楠木の家から逃げるように出て行った、スーツ姿の男だと直感した。
「もしかして、昨日楠木の家に来ていた男か?」
妻は小さく頷いた。
「この様な事をされたのに、どうして仕事を辞めなかった?」
「あの夜の私の行動を不信に思った人もいて、あのまま辞めて私がいなくなれば、余計疑われて噂になってしまい、いつかあなたの耳に入ると・・・・・。それに一番年上のパートさんは、有希の同級生のお婆ちゃんで・・・・・だから・・・・・噂になれば有希の同級生のお母さん達にもいつか知られて・・・・。とにかく、あそこから離れるのが不安で怖かった」
「それにしても、あそこには優子に酷い事をした楠木がいるのだぞ。その話が本当なら、二度と顔を見たくないだろ。会うのが怖いだろ」
「怖かったです。でも社長には逆に、お互いに酔っていたから、夢を見たと思って忘れろと言われて・・・・・・」
しかし妻の判断は間違っていて、最悪の方向に進んで行く。
数日が経ち、仕事が終って帰ろうとした時に楠木に呼び止められて「旅行中に撮ったビデオの鑑賞会をするから、明日はここではなくて自宅に来い」と言われる。
危険を感じた妻が断わると「俺達だけでは寂しいから、それなら誰か他の者を呼ぼう。井上がいいかな」と妻が一番知られたく無い、娘の同級生の祖母の名を出す。
翌日仕方なく家に行って、楠木に案内された部屋のドアを開けると、案の定あの2人がいたので、妻はドアの所に立ったまま中には入れない。
そこから画面を見ると、観光地での様子などが映っていて「心配しなくても、今日は誰も酔ってはいない。みて見ろ。ただのビデオ鑑賞会だ」と楠木に後ろから押される。
妻は2人から離れた所に座ったが、心配でビデオを見るどころではなかった。
すると急に2人から歓声が上がり、画面を見ると今までとは違い、下着姿でベッドに横たわる、自分の姿が映し出されていた。





--------------------------------------------------------------------------------


不動屋さんやさんは町お名刺5
非名士 8/7(月) 03:14:17 No.20060807031417 削除
斉藤さんは若いころから精力が強く、
奥さんを一晩中にわたって、
その自慢の業物で、何度も何度も求めるあまり、何回か逃げられてしまったという逸話の持ち主です。三度目の奥さんは、ついに10歳以上年下のベテラン風俗嬢の女の子を、妻として迎えたらしいのですが、その風俗出身の嫁さんにまで逃げられ、孤閨を囲っていたらしいのです。

遊びで不動産屋さんをやっているような斉藤さんは、職業倫理も何も、店の女の子にも、お客さんにも、相手かまわずといった感じで手を出しまくりで、
好々爺のような見かけを利用しては、
風俗から素人から人妻まで恥知らずに迫り続けていたようです。

そんな噂は、競争の烈しい神経をすり減らす仕事に没頭中の私は全く気づきませんでした。

なにしろ見かけは全くの人のよさそうな好々爺なのです。
私たちの新居でお世話にもなり、妻も好感を持っていたようでした。
人間は見かけによりません。

風俗出身のベテランテク自慢の奥様にまで逃げられたそんな時、
子供を生んでひときわ熟れきった三十代の妻が目の前に現れたのですから
ひとたまりもありません。

私にとって不幸なことに、二人の下半身の相性は、驚くほどぴったりだったのです。

子供を産んでやや緩み、受け入れやすくなった妻は、素人では引き裂いてしまいそうな自慢の極太バットを柔らかく包み込むように迎え入れ、やわやわと、芯から、おもてなしします。

斉藤さんは、味を覚えた熟女の底なしの欲求に、生まれ持った抜群の精力で悠々と答えます。名家の生まれで、特に仕事らしい仕事もないので、全精力を傾けて妻の肉体に注ぎこみます。

妻もよく答えました。
斉藤さんの求めに一日中答えたのですから、さぞかしヒリヒリしたことでしょう。

私の小物では、才能を引き出せなかっただけで、
実は、妻は、抜群のセックスの天賦の才に恵まれていたのかもしれません。
風俗にでも就職すれば、その天性を存分に発揮することが出来たのかもしれませんが、例え、水泳で金メダルを取る才能のある天才児でも、プールもない発展途上国に生まれればそれまででしょう。
妻は、不幸にして、夜の街を泳ぐ才能を発揮しないまま平凡な生涯を終えるはずでした。
街の名家の不動産屋さんにさえ、パートで就職することがなければ。

ところが、偶然の機会を得て、妻の才能は一気に開花したようです。
それに、仕事で疲れた夜中に、徹夜で朝までセックスというわけではなく、
身体が元気な昼間のうちに、
朝からおっぱじめるのですから、体力も時間もたっぷりあります。
若い時から、抜かずの何連発が自慢の斉藤さんを、妻の多恵子はフルに、よく受け止めていたようです。

極彩色の性生活を続けていた斉藤さんは、ついに生涯のパートナーを得たと、いい歳をして舞い上がっていました。

もっとおめでたいのは、何も気づかなかった亭主の私です。





不動産屋さんは街の名士4
非名士 8/6(日) 20:09:57 No.20060806200957 削除
「・・・ふふふ、どっちが大きい!」
「・・あ・・・あなた、あなたよおお・・」

「だんなと比べてどうだい?・・・」
「あん、全然、おっきい・・・あなたのほうが・・・ああん・・ま・・・、またいっちゃうう・・・」」

「・・・んむ・・・出る・・・」
「・・・ああ・・・出して・・・あたるうう・・・」

「・・・うむ・・・・」
「ああ・・・でてるう・・・あたるのがわかるわ・・・・すごいいっぱい出たね・・・」

「・・・むん・・・む・・・」
「・・・ああ・・・すごい・・・ぜんぜん小さくならないの・・ああ・・・、また?」

「・・・おお、多恵ちゃんのものがいいからのお・・・・」
「ん!・・・びくびくさせないで・・・感じすぎちゃう・・・」

「うむ・・・女は、ひとり産んだくらいの方が、よく耕かされて味がいいというが・・・」
「・・・あ・・・うん・・・ほんとなのお???」

「・・・ああ、なんとも言えん味わいが・・・」
「・・・あう・・・ホント?・・・ゆるくなってない?・・・」

「っほっつ・・・うら・・・いっぱいいっぱいだろ・・・」
「・・・あああ・・・それは社長のが大きすぎるから・・・・」

チュッ・・・・

「むぐむぐ・・・・」
「・・・うむん・・・・うぐっ・・・・」



不動産屋さんは街の名士3
非名士 8/5(土) 13:37:12 No.20060805133712 削除
胸の真ん中に集まってくるようなただ事とは思えないような激痛を感じたのは、
泥酔して眠った布団の中でした。
経験したことのない痛みに、眠りから覚め、
うめき声を上げましたが、一人暮らしの私は誰かに助けを求めることも出来ません。

「・・だ、だれか・・・」
電話を掴む力もなく、声を出すつもりが、息も出来ません。
冷たい汗ばかりが湧き出てきます。

日曜に見たNHKを思い出しました。
心筋梗塞・・・狭心症・・・動脈瘤・・・、
医者でない私にわかるはずもありませんが、
ただならぬ激痛に、明らかな生命の危機を感じます。

ドキッ・・・ド・ドキッ・・・ドックン!
さっきから乱れていた脈が、ふいに収まります・・・

いや・・・これは・・・
もしかして、止まっているんじゃないのか!!!

急に心臓が・・・乱れて・・・止まる?
心筋梗塞か!
テレビで見た画面が思い出されます・・・たしか、冠動脈が詰まって不整脈を・・・
原因は動脈硬化や血管の痙攣・・・
その大元は・・・ストレス、喫煙、飲酒、不規則な生活、コレステロールの高い肉分、糖分・・・・思えば最近当てはまるものばかりです・・・

そして、心臓が止まってから意識が消えるまで・・・たしか10秒とか?・・・それから約3分で脳死・・・・
・・・俺は・・・・死ぬのか?

人間は、死ぬ瞬間、思い出が走馬灯のように駆け巡るといいますが・・・本当だろうか?

後何秒あるんだ・・・そう思うと、
ふと、自分の昔が、ざああああっとばかりに脳裏に浮かんできます。

あと・・9秒くらいなのか?
いじめられた子供時代・・・あまりかわいくないガキだった自分は、
ちょっとした虐めにあっていました
女の子にまでいびられつつ・・・それでも虐めに負けずにがんばり・・・一流校合格!
・・・ホントに、うれしかった。
でも、一緒に喜んでくれる彼女もいず、親友といえる友もなく・・・
大学はいればいいことあるさ!・・・がんばりましたが、
世の中の女の子は、学校なんぞ見てくれない。ということを悟るのに、そう時間は必要なかったのでした。
不遇だった学生時代、極彩色の青春を送る友人たちがうらやましかった・・・

あと・・・8秒あるかな?・・・
仲間たちに人気のあった多恵子がなぜ、
よりにもよって典型的サエナイ君の私に近づいてきてくれたのか、
いまだによくわかりません。・・・安全パイだからかな?
でも・・・うれしかった。
初めての彼女。初めてのセックス。
・・・私は舞い上がっていました。いい大学入ってよかった・・・
それから多恵子の思い出が、ターボがかかった勢いで脳内を駆け巡りました。
僕の人生最大のトピックのひとつです。

あと・・・7秒・・・の、計算で正しいのかなあ・・・
上司の仲人で結婚、すぐに一粒種の男の子が・・・健康に育ってほしい「健一郎」
平凡ですが、親としての素直な気持ちでした。
夜鳴きには苦労した・・・泣き止まない健を連れて夜中のドライブに・・・
酔っ払っていて危なかったり・・・今では出来ない話です。

あと6秒かな・・・健が巣立っていって、妻がパートへ向かった先は
近所の斉藤不動産・・・
ここで感情が爆発しました!・・・・



不動産屋さんは街の名士2
非名士 8/5(土) 00:58:07 No.20060805005807 削除

ようやく子供も手が離れ、
妻の多恵子は近所の不動産屋さんにパートに出ることになりました。

斉藤不動産の社長さんは、うちの建売を紹介してくれた好々爺で、
代々地主の家柄で結構裕福らしく、趣味で不動産を扱っている感じです。
そうたいした仕事でもないので、OL経験のない妻でも務まるでしょう

初日は内輪で歓迎会とのこと。
息子は進学校の寮に入っているので、私一人が外食すればいい状態でした。
妻も安心して久々のお酒を楽しんできたようで、夜半に帰宅した妻はご機嫌でした。

土建屋さんや不動産関係者はお酒が好きな人が多いようで、
しょっちゅう飲み会があるらしく、嫌いなほうではない妻も嬉々として出かけます。
子供を無事、進学校へいれ、頭が嬉しさで爆発しているのがわかります。

業界の違う私は気づきませんでしたが、不動産屋さんというのは、実に関係者が多く、営繕工事をする大工さん、畳屋さん、建具屋さん、クロス屋さん、電気工事屋さん、設備屋さん、ペンキ屋さん、掃除屋さんなどと、結構いろんな職人さん達が不動産屋に出入りしているもので、その付き合いも多いようでした。

三十代の妻は、結構男好きのする白ポチャタイプなので、職人さんたちに人気があり、
社長の斉藤さんも、半分は妻の慰労、半分は接待がてら・・・という感じです。

まあ、妻も喜んでいるので良いか?・・・という感じ?

金曜になると、「今日は、建具屋さん関係で、私にも飲みに行こ!ってうるさいの・・・
うふっ・・・私人気あるみたい?」
等と、
まるで若いOLさんのように扱われて喜んでいます。

カラオケが好きな妻ですので、二次会三次会で、12時を過ぎることも始終でした。



表裏 怒り
所 8/4(金) 20:50:48 No.20060804205048 削除
仕事量が減って苦しい。慰安旅行に得意先の男が2人。パートさんをコンパニオン扱い。男2人の為の接待旅行。その夜楠木は妻を抱いた。
大事な接待の夜、楠木は自分だけ良い思いをするだろうか。
私の脳裏には、おぞましい光景が浮かんできて、帰るとすぐに妻に対して鎌を掛けた。
「慰安旅行では楠木だけでなく、得意先の人間にも抱かれたらしいな。それも2人に。楠木を入れると、一晩で3人の男の相手をしたのか」
妻は驚いた顔をして私を見た後、大きな涙が毀れるのと同時に、狂った様に叫び始めた。
「私は社長と浮気しました。社長に抱かれました。でも他の男なんて知らない。一度に何人もの男の相手なんてしていない。私は社長に抱かれただけ」
私は「一晩で」と言っただけで、一度に相手したとは言っていない。
私の脳裏に浮かんでいたのは、1人が終わるとまた1人と、順番に部屋に入って来て妻を犯していく男達の姿。
しかし妻の言葉から、笑いながら夜通し3人で妻を辱めている姿が浮かぶ。
「私は社長に抱かれただけ。そんな酷い事はされてない。私は、私は」
妻の取り乱し様は尋常では無く、それが妻の答えだった。
「落ち着け!」
私が強く抱き締めていると、妻は1時間近く狂った様に泣き続けた後、ようやく少し落ち着いて泣き止んだ。
「何を聞いても驚かないから教えてくれ。俺は優子に起こった事の全てが知りたい」
しかし妻は、ただ俯いているだけで反応が無い。
「俺と優子は夫婦だろ。一心同体の夫婦だろ」
妻はようやく顔を上げると私を見詰め、大きく頷いた後ぽつりぽつりと話し出した。
慰安旅行には従業員の他に2人の得意先も参加していたが、彼らは朝から楠木の家で酒を飲んでいたらしく、バスが走り出すとパートさん達の身体を触ったり、抱きついたりして上機嫌だった。
パートさん7人の内では妻が30代後半で一番若く、その上は40代後半が3人と50代が2人、あとの1人は60代だったので最初若い妻が標的になったが、妻は不快感を露にしたので尻込みし、バスの中では少し派手目の40代の2人が、主に犠牲になっていた。
しかし夜の宴会では妻に執ように絡んできて、何とか酒を飲ませて酔わそうとする。
妻は彼らが嫌で仕方なく、お酌をされても断って飲まず、酔った振りをして触ろうとすると、手をピシャリと叩いて睨み付けていた。
すると、その様子を見ていた楠木は、彼らがバスの中で標的にしていた40代の2人の横に移動した隙に妻の前にやって来て、妻に酌をしながら、会社にとって2人がどれだけ大事な人間か諭し始める。
「彼らを怒らせたら、うちは終わりだ」
それを聞いた妻は彼らが再び戻って来ると、先ほどの様には強く断われなくなっていた。
大人しくなった妻に気を良くした2人は、両横に座って身体を密着させながらお酌をし、手を握ってきたりお尻を触ったりしてくるが、社長が前に座って睨んでいては、愛想笑いをするしか無い。
その後も3人は妻から離れず、やがて宴会はお開きになって他の者が席を立ち始めても、両横には得意先の2人、前には楠木、後ろは壁の妻は立ち去れず、気が付くと宴会場には4人だけになっていた。
他の者がいなくなると彼らの行為は更に大胆になって、ホテルの従業員が側で後片付けをしていても気にもせずに、抱き付いてきて頬にキスをしたり、両側から乳房を掴んで揉んだりもした。
例え関係の無いホテルの従業員にでも、しらふの人間にこの様な惨めな姿を見られるのは数倍恥ずかしく、楠木が二次会を提案すると、この頃には強引に飲まされた酔いも回って来ていて正常な判断が出来なかった事もあり、妻は二次会に付き合う事を承諾してしまうばかりか、一刻も早くこの状態から逃げたい一心で「早く行きましょう」とまで言ってしまう。
しかし妻が連れて行かれたのはカラオケルームで、そこでの妻はほとんどホステス状態でお酌をさせられ、返杯に次ぐ返杯で3人相手に半強制的に飲まされ続けた。
妻一人に対して相手が3人では、妻の酔いだけがどんどん酷くなって行き、楠木が歌っている間、得意先の2人に両側から触られても、手を撥ね退ける力も弱くなって行く。
カラオケをしに来ているというのに、楠木が歌うか曲が流れているだけで、2人はもっぱら妻を触っているだけの状態だったが、妻が「触らないで」と言おうものなら「それなら酒ぐらい付き合え。楠木社長が二次会に行こうと言い出した時、俺達は気が進まなかったが、君が早く行こうと誘うから付き合ったんだぞ」と言われて酒を勧められる。
妻は弱い方ではないが、既に限界を越えていて「もう飲めません」と断わると、一人に後ろから羽交い絞めにされて、もう一人の男に口移しで飲まされた。
その様な行為が延々と続き、終に妻は泣き出したが、2人はそれでも許さずに「泣いて場の雰囲気を壊した罰だ」と言って、動けない様に両側から押え付ける。
妻は全てのボタンを外されて、2人の手によって剥かれてしまい、下着だけの姿にされると「そろそろ、これも取ってしまおうか」とパンティーを引っ張られながら言われたので、妻は必死に押えながら許しを請う。
すると楠木が仲裁に入り「これ以上は駄目です。うちの従業員を、そんなに虐めないで下さいよ」と言ってくれたので、妻はこれで助かったと思ったが「その代わり、下着姿でダンスをお見せします」と言われて奈落の底に突き落とされる。
妻はブラジャーとパンティーだけの姿でテーブルの上に追い立てられ、身体を隠して座り込んでいると「早く立って踊らないと、裸にされてしまうぞ。曲に合わせて、適当に腰を振っていればいい」と楠木に耳打ちされる。
またパンティーを引っ張られた妻が、手を振り払って立ち上がると、楠木は前に出て歌い始め、2人の男は足元に座って見上げながら「もっと足を開け」「もっと厭らしく腰を振れ」と笑いながら冷やかし続けた。
妻は少し動いた事で更に酔いが回り、崩れ落ちると下にいた2人に抱きかかえられ、ブラジャーを外されてしまったが抵抗する力も無い。
その時終了の時間を知らせるベルが鳴ったが、2人は妻の乳房に纏わりついて離れず、従業員が終わりの時間になった事を知らせに入って来た時は、妻は惨めな姿を見られた恥ずかしさよりも、これで助かったと安堵する。
妻は自力では歩けない状態で、両側から支えられてホテルの部屋まで戻り、朦朧とした意識の中ベッドに放り出されると、3人の男がまだいるにも関わらず、酷い睡魔に襲われた。
するとどこからか「脱いでしまった方が楽になるぞ」という声が聞こえて来た後、また誰かの手によって服を脱がされている様だったが、それが夢なのか現実なのかも分からない状態で、何の抵抗もせずに眠ってしまう。
そこからの記憶は途切れ途切れで、気が付くとパンティー一枚の姿で男の膝に座らされていて、オッパイを揉まれながらキスをされていた。
また意識が遠退いた後気が付くと、今度は全裸にされていて、先ほどとは違う男がオッパイに吸い付いている。
下に目をやると、これ以上広がらないというほど大きく脚を開かれていて、もう一人の男が腹這いになって覗き込んでいたが、力無く「やめて」と言うのが精一杯で、身体が鉛の様に重くて自分では脚を閉じる事も出来なかった。
次に息苦しさで気が付いた時には、口には硬くなったオチンチンが入れられていて、下ではもう一人の男が最も感じる突起に吸い付いていたと言う。
私は妻の惨めな気持ちを思い、これ以上聞くのを躊躇った。
「どうして言わなかった?それが本当なら犯罪だ」
妻は激しく首を振る。
「感じてしまったの。私、感じてしまったの」
妻がこの様な目に合った事自体信じられない思いだったが、その後妻の口から更に信じられない言葉が飛び出した。
「これは強姦ではなくて和姦だと言われました。私が喜んでいる証拠のビデオもあると」
楠木は昼間旅行の様子を撮っていたビデオカメラを持って来て、妻の痴態を撮影していたらしい。
私はこれまで妻の浮気を疑っていても、間違いであって欲しいと願うだけで、どこかで気持ちが逃げていた。
浮気が確定した時は、これ以上関係を続けて欲しくないと願っていただけで、この様な事から早く逃げたいとさえ思った。
心の中のどこかで、私さえ我慢すれば元の生活に戻れると、安易に考えていたのかも知れない。
しかし今の私は、三人の男に対して殺意を覚えている。
3人の男に対する怒りで狂いそうだった。



不動産屋さんは街の名士
非名士 8/4(金) 19:07:57 No.20060804190757 削除
「・・・斉藤さんも年だし、結婚すれば、莫大な財産が私のものなのよ・・・」
「ね?・・・斉藤さんが死んでから、また、あなたと再婚すれば良いじゃない。」

妻の多恵子は非人道的なことを言っています。

「・・・そうそう都合よく行くもんか!・・・だいたい斉藤さんの遺族がなんというか・・・」
「斉藤さんは子供いないの・・・それに、私に全部の財産をくれるって言ってるわ・・・」

「・・・」
「それに、自分が死んだら、私があなたと再婚しても良いとまで言ってるの・・・」

リビングのテーブルには、離婚届。
既に妻のはんこは押してありました。

「健はどうする・・・」
卑怯とは思いながらも、私は子供の名前をたてに取りました。

「・・・子供には母親が必要なんじゃないかな?・・・」
「こんな母親でもか?・・・」
さすがにむっとしました。

「・・・裁判だと、母親に権利がいく場合が多いって・・・」
「それは、貞淑な普通の母親だろ!」

大人気ないと思いながら、声を荒げてしまいました。
子供を楯に取る気はなくても、私は長男を大事に思っています。

「・・・あなたを愛しているわ・・・」
妻は私の目を見つめました。

「・・・えっ?・・・」
唐突な妻の言葉に、ほんとに驚きました。



両親の妻物語 37
3番目の夫 8/4(金) 13:45:38 No.20060804134538 削除
〔 『夫婦こけし』は、佐藤の古い知り合いのこけし職人が、
その余芸としてオーダーメードでひそかに作っていて、当時の好事家の
間でもてはやされている物だと佐藤が母に自慢しておりました。
母は佐藤の人脈の広さとセックスに対する
偏狂的な情熱に感心したと言うことです 〕

「さあ、幸子 ワシの張り形を味合わせてやるから、そこへ乗ってみ」
と今まで佐藤が座っていた座卓に母を登らせるのでした。
母が座卓の上に上ると反対に佐藤は畳の上に胡坐をかき 
手に持った張り形を母の足元の座卓の上に置くのでした。
母の股の下に こけしの底の部分から
『ニョッキリ』と男根が生えております。
佐藤は底の円盤部分を指で押さえて母に腰を落とさせ
女唇で張り形を味わうように命令するのです。

淫乱な母はもうこの時、新しい張り形を味わいたい好奇心で一杯でした。
テーブルに両手をつくと腰を落とし 
自らの女唇に張り形の先を当てて静かに腰を落として行くのです。
母の濡れた女唇はその赤黒い張り形によって左右に割れ、
ヌメヌメと張り形をくわえ込んで行くのでした。
亀頭部が入った途端に快感が体を駆け抜けます。
「あん、はあー あん、あはーあはー・・あん・・かたーい」
母は膣を押し広げて行く度に湧き上がる快感に息を荒げてゆくのでした。

「あん、はあーあん、いやらしーー」母は腰を上下する毎に
溢れ出る淫汁でヌメヌメと赤黒く光る張り形が、
自らの小陰口に纏わり付く様に顔を上気させ見入るのでした。
佐藤を見ると目を血走しらせて、いやらしい笑みを浮かべ 
食い入るように母の股間を見つめているのでした。
母は顔を上げ 夫のいる壁を見つめます。
『ああっ あなたにも見せたいわー・・・あたしの淫乱なオマンチョ・・・・』
母は自分が覆いかぶさるような今の体勢では、
夫には良く見えないと思いテーブルに付いていた手を両膝に当て 
体を起こして腰を上下させました。
張り形は硬く上を向いていますので 
膣の中の自分の好きな感じる所に当てることが出来るのでした。

「あん、いいわー・・・気持ちいいわー」
母は両膝に手を当てた格好で尻を上下させ 溢れ出る快感を感じて
おりましたが、この体位でも 天井近くにいる夫には、自分の女唇が
張り形をくわえ込む隠微な様子が見えないんじゃあないか?と思い
今度は両手を後ろに着いてさらに両足の膝頭を一杯に開くのでした。
そうしてゆっくりと腰を上下させて
張り形が女唇に出入りする様を夫に見せつけるのでした。

「あーあなたー! みてー・・あたしの淫乱なオマンチョみてー!・・・
気持ちいいの・・・気持ちいいのよー」
母は天井裏の夫に対して叫んだのですが、
目の前の佐藤は自分に言ったものと思ったようです。
「ほほほー、そんなにワシの張り形は気持ちいいか?・・・・
じゃあ、こうしてやるとどうだ?」
と佐藤は座卓の下から覗きこんでいた体を起こすと、
張り形をつかみ『ズコズコ』と激しく出し入れさせて 
もう片方の手の指で母のクリトリスを激しく擦り始めるのでした。

「あっああーー、だめっだめーー、いい、いいわーあんあ、あ、あー」
母も佐藤の手の動きに合わせて腰を振ります。
「あん、いく、いく、いくうーー」
『あっ』と言う間に絶頂を迎えた母は頭の中が真っ白になり
テーブルに腰を落として体を痙攣させ『アクメ』を迎えたのでした。

佐藤は、目を瞑り『アクメ』の余韻に浸って意識が朦朧としている
母の腕を掴むと布団に導き、
横になり母の体を抱きしめながらディープキスをするのでした。
堪らなくなった母も 佐藤の首に手を回し夢中で舌を吸い合うのでした。
二人は長い間、布団の上を転がりながら 上になったり、下になったり、
まるで恋人のように 飽くことを知らずに口付けを交わすと
互いの舌を吸い合うのでした。

〔 後に父が母に 二人のプレイ中でこの場面が一番嫉妬し
『思わず飛び出しそうになった』と話したと言うことです。
私にも何と無く其の時の父の気持ちが分かるような気がします。
それまでは、淫乱な母の気持ちを知り尽くした佐藤が、
夫にすまないと言う気持ちの母を弄び 
無理やりプレイに引きずり込んで行ったのでした。
母は隠微な快楽に負けて行き 不本意ながら快感のあまり喜びの声を
何度も上げさせられたのでした。

しかしこの場面で母は夫の存在を忘れ 
自らの意志で佐藤を抱きしめ激しい口付けを求め 
まるで恋人どうしの様に佐藤の唾液を味わったのでした。
そこには、身も心も男に捧げた女の本性が見えたことでしょう。

しかし私が其の事を言うと『そんなことは考えてもいなかったわよ』
と淫乱な母は言いました。
『ただ、もう気持ちよくって、何も考えられなかったのよ。
確かにお父さんのことも忘れていたわ、でもそれだから佐藤さんを
愛しているとも思ってなかったのよ。ようは何も考えられなかったのね。
ただ、もっと、もっと気持ちよくなりたい!、セックスしたい!
って思っていたのよね』と無邪気に微笑むのでした 〕

佐藤はその口と手とこけしから外した張り形で〔後で解ることですが、
張り形はひねる事で台座から外す事が出来るのです〕
母の体のあらゆる所を愛撫するのでした。
母は佐藤に仰向けにされたり、うつ伏せにされたり、
片足を持ち上げられたり、とありとあらゆる体位で愛撫されます。
見も心もとろけて もう母は何も考えられなくなり 
ただあえぎ 泣き叫ぶだけです。

「ねこをしてやろうな」佐藤がいやらしく母の尻を撫で回しました。
「いや、いやー」母は弱々しく顔を振りますが、いつものように
自分から今で言う立ちバックの姿勢を取るのでした。
佐藤は立ち上がると、母の股の間に入り 丸い母の尻を掴むと
もう期待『ヌレヌレ』の女唇に男根を嵌めるのです。
「あ、あーー」母は体を突き抜ける快感に 背中を仰け反らせました。

そんな母の両足の太ももを掴むと、
佐藤は母の両足を自分の腰まで持ち上げ抱えるのでした。
母は『Yの字』に開いた両足を佐藤に抱え上げられて 
両手を突っ張るようにして上半身を支えているのです。
その格好は、ちょうど土建屋が工事現場で土砂などを運ぶ
一輪車を持っているように見えるのでした。
佐藤たち土建屋は、その一輪車のことを『ねこ』と呼んでおりました。

佐藤が『ねこをしてやろう』とは母の体を一輪車に見立てて
いたぶろうと言うのでした。
この破廉恥なプレイも以前から何度も行っており 
母の好きなプレイでしたので『嫌だ』と口では言うものの 
母は喜んでこんな淫らな格好を自分から取るのでした。
夫の目を意識していた先ほどまででしたら 
こんな破廉恥な格好は自分からは取らなかったかもしれません。
しかし今の母は淫乱の心が溢れているのでした。

母と佐藤とは女唇と男根で繋がっております。
佐藤は母の『Yの字』に開いた足をまるで一輪車のハンドルを握るように
抱えそして一輪車を押すように その母の股間に男根で繋がった
自分の股間を打ち付け男根を女唇に挿入を繰り返しながら 
少しずつ前に歩くのです。
母は佐藤の男根によりもたらされる快感にもだえながら 佐藤に突か
れるたびに腕を交互に前に出し 倒れるのを防がなければなりません。
そうやって二人は部屋の中を這いずり回るのでした。

母はあまりの快楽に動くことが出来ずに、
体を強張らせることがしばしばです。
その都度、佐藤が体を突き出すので 母は前のめりに 
つんのめりそうになりながら慌てて『バタバタ』と
手を突いて前進しなければならないのでした。
部屋を一周して又、元の布団の上に戻った途端に母は、大きな波の
ような『アクメ』に飲み込まれ とうとう顔から布団に崩れ去るのでした。





--------------------------------------------------------------------------------


夢うつつ(8)
愚か者 8/4(金) 04:02:57 No.20060804040257 削除
(お詫び)
1話が見つからないと言う事で、アップさせて頂きました。
また、投稿にミスがあり、8話と9話の間が抜けておりましたので、
8話に追加して、再投稿いたします。
大変失礼致しました。


そうこうしている内に、昼食の時間になりました。
「貴方、お昼どうします?」
「食べたくないな。」
「そう、私もあまり食べたくないんだけど、簡単なものなら直ぐ作るわよ。」
「いや、要らない。」
「じゃ、作らないわね!」
「あぁ・・・」
本当に食べたくなかった。
数時間後にここでどんな事が起こるのか、まんじりともしないで考えていると
ただ時間だけは過ぎて行きました。
その数時間の間、妻は料理の合い間にリビングの掃除やトイレの掃除やら、忙しく
動き回っていました。
ふと気づくと私は、リビングのソファーで眠ってしまっていたようです。
体には毛布が掛けられており、慌てて体を起すと妻の姿を探しました。
キッチンのオーブンを覗き込んでいた妻が、私の目覚めに気付いたようです。
時計を見ると5時を少し過ぎたところでした。
「目が覚めました?」
「あぁ」
「やっぱり、少し疲れているようね。」
「そうだな。」
「お水でも飲みますか?」
「ありがとう。」
コップ一杯の水を私に渡した妻は、ダイニングの方へ行きデーブルの上に
食器を並べ始めました。
私はそれを無表情のまま見つめていると、妻と目が合いました。
「どうかした?」
「・・・別に何も。」
「何か今日は変ね。」
妻は屈託のない笑顔で話しかけてきました。
「貴方、お向かいで、お花買ってきてもいい。」
「・・・ん、花。」
「だって、殺風景でしょ。」
「・・あぁ、そうだな。」
「じゃ、買ってきますね。」
エプロンを外して、髪型を気にしながら玄関に向かう妻の後姿は、
これから起こるであろう事に対する準備など一切されていない。
その姿はあまりにも無防備に見え、私には哀れに思えてなりませんでした。
私たちはマンションの一室に住まいを設けていました。
10階建ての最上階にあるこの部屋からは、向かいの花屋は手に取るように
見る事が出来ます。
マンションのエントランスから出て来た妻は、小走りに道路を横断すると
前髪を耳に掛ける仕草をしながら、花屋に入っていきました。
ベランダから覗くこと10分少々、妻が小脇に花を抱えながら、斜め後に会釈
しながら出てきました。
花屋を出た妻は、まもなく家に戻ってきました。
「早かったな。」
「お向かいだもの、そんなに時間は掛からないわよ。」
妻は買ってきた花をすばやく花瓶にいけると、ダイニングテーブルの真ん中に
置きました。
「こんな感じかな〜。」
「いいんじゃないか。」
妻は、突然思い立ったように言うのでした。
「もうこんな時間、私着替えて来ますね。」
「そのままでいいんじゃないか?」
「だってこれ部屋着よ、お客さんに失礼でしょ。」
「そうか。」
妻は、クローゼットからなにやら持ち出すと、寝室に入って生きました。
5分も経ったでしょうか、黒のワンピース姿の妻がリビングに戻ってきました。
化粧は、さっきと差ほど違いは無いものの、少し清楚な雰囲気を漂わせている
感じがしました。
「どうかしら。」
「・・すてきだよ。」
「ありがとう。」
「妻は、耳にピアスをしながらキッチンに行くと、オーブンの中を覗き込んで
いました。
そのとき、インターホンが鳴りました、時計の針は5時55分を回った位のところです。
「私が出ますか。」
「あぁ、そうしてくれ。」
妻は、また髪型を気にしながらインターホンの前に立ち、ゆっくりと受話器を
取りました。
「はい、阿部でございます。」
その言葉の後、インターホンのモニターを見たままの妻は、言葉を発しません。
「どうした、入ってもらいなさい。」
私はそう言いながら、インターホンの受話器を妻から取り上げ、オートロックを
解除し、インターホンの受話器を置きました。



夢うつつ
愚か者 8/3(木) 23:57:26 No.20060803235726 削除
一枚の紙の前で沈黙が続く。
一体どの位の時間が過ぎたのだろう。
ほんの数秒で他人に成れる、いや他人に成る。
数年前、笑顔で書き記した二人の名前。
今は笑顔など何処にもない。
私には一滴の涙すら残っていなかった。
意を決してペンを握る私・・・・
息を呑み込み呼吸を止め、目を瞑る妻。
自分の名前を書き終え、薄いその紙を180度ゆっくりと回し、妻の前にペンを沿えて少し押し出す。
また目を瞑り俯く妻、スカートの裾を強く握り締める。
言葉は何も無かった、ただ握り締めた妻の手の甲には大粒の涙が
落ち続けた。
やがて妻は、俯いたままの頭を大きく左右に振り出した。
もう終わりなんだ、元には戻れない。
妻はソファーに泣き崩れ、暫く嗚咽にもにた声で鳴き続けた妻は
まるで現実から逃避するかのように、深い眠りに入った。
私はその姿が哀れに思え、揺り起こすことも無く、妻の目覚めを
待つことにする。
もう結論は出ている、急ぐことはない・・・
何故か自分に言い聞かせている私が居ました。
妻に毛布を掛けながら、出る筈の無い涙か頬を伝う。
何時しか私も眠りに入り、何度も見た悪夢をまた見てしまう。
見たことの無い現実を・・・



両親の妻物語 36
3番目の夫 8/3(木) 21:44:59 No.20060803214459 削除
母は起き上がると、畳の上に洗面器が置いてあるのに気が付くのでした。
それは先ほど佐藤から浣腸されて、
母が排泄した便交じりの水が入っております。
母は夫の目にそんな汚しく淫らで恥ずかしい浣腸プレイの痕跡を、
晒して置いたことが夫への愛を裏切る行為の証しのようで 
急に悲しくなるのでした。
夫を心より愛しているから 二度と裏切らないと
あんなに硬く泣きながら誓ったのに夫の命令とは言え
佐藤から与えられる『マゾ』の喜びについ我を忘れてしまったのです。

あれほど夫に知られたくなかった佐藤との『SMプレイ』を
夫の目の前で嬉々として行いその挙句に自らの女唇を濡らして
佐藤の男根を口や女唇やアヌスにまで喜んで向かい入れて
恥ずかしく淫乱で破廉恥な言葉を吐き歓喜の涙を流して何度も
『アクメ』の海の奥底に自ら喜んで沈んで行ったのです。
もう何と言い訳をしようとも許して貰えないかも知れません。
しかし浅はかで単純な母は『これも全て夫の命令で行っているのだから
仕方が無かったのよ』と思うのでした。
そして 心から謝ればそのうち許して貰えるだろうと単純に考えて
『お父さんが出てくるまではこのまま佐藤とプレイを続けよう』と
思うのでした。

母は立ち上がると洗面器を持ち 便所で中身を捨て
ついでに小用も済ませると洗面所で洗うのでした。
その後で 何時もの様に母の女唇を散々いたぶった張り形と
母のアヌスを楽しませてくれた浣腸器もその洗面器で洗いました。
この洗面器は毎朝、母と父が顔を洗うのに使っていたものでした。
前回のこの部屋での佐藤とのプレイでも 
この洗面器を使って浣腸プレイを行っていたのでしたが、
夫が知らないことをいい事にそのまま洗顔に使っていたのでした。
しかし今回は、
夫の目の前でいやらしく汚らしい浣腸プレイに使用したのです。
もう二度とこの洗面器で夫に顔を洗わす訳にはいかないでしょう。

この頃の佐藤は、母を虐めた後の縄や張り形や浣腸器などの
後始末を自分ではやらずに母にやらせて居りました。
母は、自分を責め苛んで恥ずかしめ 痴態の限りを尽くして
淫乱に乱れさせられた器具を自らの手で清め 片付けさせられるのです。

今まででしたら 次回にまたその縄や張り形で淫靡なプレイをして
貰えると思うと母は嬉しくて幸せな気持ちで喜んで片付けたものでした。
そしてその淫靡な道具を片付けた後には、
ご褒美のように佐藤のねっとりとしたセックスが待っているのでした。

しかし今日は夫が目と鼻の先の押入れの天井裏から見ているのです。
そして気の済むまで『マゾ』の喜びを堪能した後ですので
さすがの淫乱な母も気分が冷めておりました。
そうなると やはり夫にすまない気持ちが湧いてきて
出来ればこのまま佐藤が帰ってくれないか?と思うのでした。
なぜなら 一旦佐藤とのセックスが始まれば
母の中の淫乱な気持ちが溢れ出てまたしても夫を裏切る行為を
自ら喜んで行ってしまうのが明らかだったからです。
母は散らかったロープをまとめながら 
そんなことを考えているのでした。

「幸子、尺八でチンボを立たせろ!」
母が道具を片付け終わるのを待ちかねたように佐藤が命令します。
母は夫にすまない気持ちが溢れてくるのですが、仕方がありません。
座卓に座り、股を広げた佐藤の股間の間に正座して
萎えた男根を口にするのでした。
母は背中に夫の視線を感じながらも
自らの口で佐藤の男根を勃起させるのです。

母の口の中で佐藤の男根が次第に硬さを増してきます。
そうなると母も嬉しさが溢れてきて 益々尺八に夢中になり 
横から下から嘗め回ししゃぶり尽くすのでした。
完全に勃起した佐藤の男根を見て母は
『やっぱりお父さんのよりおっきいわ』
とうっとりと眺めていましたが『ハッ』と夫が見ている事に気が付き
慌てて下を向き夫に申し訳ないと思うのでした。

「おおそうだ! 幸子にいい土産があったんじゃ」
と佐藤が思い出したように立ち上がるといつものボストンバックから
新聞紙にくるまれたものを取り出すと 
また母の前の座卓に腰掛けました。
母が見ている前でその新聞紙をクルクル取ると 
中から大きな『こけし』が出てきました。

「まあ!、立派なこけしだこと・・・」
胴の直径が10センチ位有り、高さは35センチ程も有る
立派なもので母が驚くほど大きなこけしでした。
「ふふふん、特別にワシが作らせたものだ・・・ほら」
と佐藤はいやらしく笑いながらこけしの底を母に見せました。
底には墨で『夫婦こけし』と書いてありました。

「めおとこけし?」
佐藤のいやらしい笑いが理解できない母が、墨の字を読むと
「うはははは・・・『ふうふこけし』と読むんだ、ふふふ」
「ふうふこけし?」
『めおとこけし』と『ふうふこけし』がどう違うのか判らない母が
不思議がると 
「『めおとこけし』は男のこけしと女のこけしで二つが一対で
在るもんじゃ。 だがな、この『ふうふこけし』はな、
これ一つで夫婦で楽しめるんだよ・・ははは」と淫乱そうに笑います。

『夫婦で楽しむ』とは、どう言う事なのか?
母が不思議そうに見つめていると 佐藤はなおも面白そうに笑いながら
母の目の前でこけしの頭の部分を掴みながら『キュッキュッ』と
二、三回捻ると『スポッ』と外してしまうのでした。
そして頭を外した胴体を両手で掴むと 
また『キュッキュッ』と捻るのでした。

模様が付いていて良く分からなかったのですが、こけしの胴体の
底の方から2センチ位の所から外れるようになっていたのでした。
佐藤は右手で底の部分を 左手で胴体の部分を持つと
まるで刀を鞘から抜くようにゆっくりと外すのでした。
「あ!まっまあー!・・・」母は驚いて目を見張るのでした。

佐藤が引き抜いた 底の円盤状の部分の真ん中から突き出すように
なんと巨大な男根の形をした張り形が現れたのです。
佐藤はいやらしい笑みを浮かべながら、
母の目の前にその張り形を見せびらかすのでした。
張り形はこけしの部分と材質が違っていて赤黒く光っていました。
佐藤がいつも使っているゴム製の張り形は、男根と言うよりも
どちらかと言うと人形の形をしておりましたが、
今度のは本当に男根の形をリアルに再現してあります。
えらの張り具合から竿のそり具合から 筋や皺、血管に至るまで
実物を忠実に再現しているものでした。

「しゃぶってみ・・・」佐藤が母の口元に張り形を差し出しました。
母は恐る恐る、その大きな亀頭部を口一杯に含み舌を這わせます。
舌で味わう感じは男根そのものでしたが、
やはり本物のような柔らかさはありません。
喉の奥まで入れてみますが、大きすぎて半分ほどしか入らないのでした。

次に佐藤は張り形を母の口から引き抜くと、
そのまま母の頭を抑えるように自分の男根を尺八させるのでした。
その時、母は気が付き 上目遣いに佐藤の顔を見つめます。
「どうだ・・ふふふ、同じ、じゃやろ?・・・」
佐藤は母の口から男根を外すと 
母の目の前に自分の生の男根と張り形とを並べて見せました。
「まあ・・・そっくりですわ・・・」
瓜二つとまではいかなくても 
大きさや亀頭部、そり加減など良く似ておりました。

「ははは、ワシのチンボをそっくりそのまま彫師に作らしたんじゃ・・・
どうだ?幸子?これからはいつでもワシのチンボを嵌められるぞ・・・
ふふふん・・・」  「そしてな、こっちは義男が使うんじゃ」
そう言うと佐藤はこけしの胴体を持って
張り形が入っていた中を母に見せるのでした。
こけしの胴体の中は、張り形が入っていたため当然、空洞になって
おりましたが、その内側にはスポンジが貼ってあり、今まさに張り形が
入っていたであろう穴が『ぽっかり』と開いているのでした。
「この穴にな、チンボを入れて男が楽しむんじゃ・・・ふふふ・・・
だからこのこけしは一本で夫婦が楽しむから、
『ふうふこけし』って言うんじゃ」

母はそのあまりに良く出来た張り形と生の男根を、
驚きの目で見比べるのでした。



表裏 見えない真実
所 8/3(木) 17:59:18 No.20060803175918 削除
家に戻ると、妻に涙は無かった。
「優子から誘ったのか!」
当然否定すると思っていたが、妻は下を向いてしまって顔を上げない。
「・・・・離婚して・・・・・」
あまりの事に、私は言葉に詰まった。
この妻が他の男に抱かれていた事だけでも、それは私にとってどの様な問題なのか理解出来ないでいるところに、私と別れたいと言い出したのだ。
「どう言う事だ!」
「・・・・・・離婚して・・・・・・・・社長が・・好き・・・・・・・・」
更に私は、深い闇に包まれる。
私が“離婚”を口にすれば、妻は「離婚だけは許して」と言って縋り付くと勝手に思っていた。
だから“離婚”“別れる”“出て行け”は、妻に裏切られた惨めな私の武器だと思い込んでいた。
しかし、その武器を逆に使われて、私は何も言えなくなっている。
妻の体が他の男を欲しがっただけでも許せないが、心は私にあると疑いもしなかった。
妻が小さな声で言った「社長が好き」が、私の心に重く圧し掛かる。
怒りや寂しさが交差して眠れない私は、次第に何か釈然としないものを感じる様になっていた。
私はこの事が発覚する前の妻の様子を思い出していて、妻はまだ私を愛していると思った。
これは私の勝手な思い込みで、そう思いたいだけかも知れないが、多少の浮気心はあったにしても、私と別れるほど本気になっているとは到底思えない。
もしもそうだとすると、私が出て行ってから色々考えていて自棄になってしまったか、あるいは私が楠木の家を出てから家に着くまでの間に、楠木との間で何らかの話し合いがなされた可能性がある。
私が家を出る前の妻は絶えず縋る様な目で私を見ていたが、楠木の所から帰って来ると、焦点の定まらない、全てを諦めたような虚ろな眼に変わっていた。
それを思うと話し合いと言うよりも、楠木に電話で何か言われたのか。
言い換えれば楠木に脅された事になるのだろうが、浮気が発覚してしまった今、妻に脅されるような材料は見当たらない。
やはり妻は、私よりも楠木に惹かれているのか。
しかし楠木にしても、疑問の残る行動が目立つ。
妻に未練がある様な事を言う割に、すぐに慰謝料を払って早くこの事を終わらせようともしている。
何より、簡単に自ら体の関係を認めた事が気に入らない。
妻との深い関係を誇示して、私に妻を諦めさせようと思ったとも考えられるが、それでも体の関係を簡単に認め過ぎる。
景気の良い時ならまだしも、普通なら少しでも慰謝料を少なくしようとするか、
出来れば払わずに済まそうとすると思うのだが、お金で済めば良しと思っている節がある。
やはり私が聞きもしないのに自分からすぐに認め、その日の内に慰謝料を用意した事が納得出来ない。
冷静に考えれば考えるほど、妻や楠木の考えている事が分からない。
私の思い違いかも知れないが、妻は不倫の事よりも知られたくない事があり、楠木は妻への愛情とは違う理由で、妻に執着している様に感じる。
翌日仕事が終ると、私の足は自然と楠木の会社に向かっていた。
すると、みんな帰ったはずの工場に明かりが点いていて、先日話をした年配の男が一人で裁断をしている。
「誰かと思ったら、あんたか。どうだった?駄目だっただろ?」
私は先日少し話しただけなのに、何故かこの無骨な男に親近感を抱いていて、騙していた事を謝ってから優子の夫である事を告げた。
すると男の態度が急に変わって、仕事をやめて後片付けを始める。
「一緒にご飯でも食べに行きませんか?」
「俺は仕事が終ってから、飯の前に一杯やるのが唯一の楽しみだから、外で飯は食わない。車で来ていて飲めないからな」
そう言って車のドアを開けたが、急に振り返って私を睨んだ。
「何を知りたくて俺に近付いたのかは知らんが、俺は何も言わないよ。仮にもここで世話になっている身だからな」
そう言って車に乗り込んだが、エンジンは掛けずにドアを開けたまま、独り言の様に呟いた。
「慰安旅行の酒は不味かった。この不況にあのケチが慰安旅行に連れて行ってやると言い出したから、珍しい事もあるものだと楽しみにしていたが、得意先を2人も連れて来て、何でもあいつら中心だ。あれでは従業員の慰安旅行ではなくて接待旅行だ。煙草まで買いに行かされて、俺は奴らの使いっ走りだし、パートさんはコンパニオンじゃ無いぞ。朝早くから酒を浴びて、バスに乗り込むなり触るは抱き付くはで、それだけならまだいいが、ホテルでは」
慰安旅行の後、妻は工場の方に来なくなり、その夫である私が二度も訪ねて来た事で、何を知りたいのか察したのだろう。
男は「ホテルでは」まで言うとエンジンを掛けて行ってしまったが、妻の事で何か知っていて、私にヒントをくれたのだと思った。



夢うつつ(11)
愚か者 8/3(木) 17:53:24 No.20060803175324 削除
二人の口からは、謝罪の言葉すら出てきません。
ただ泣くだけの妻と言い訳を探しているかのような落ち着きの無い桜井を目にして
いた私は、ついに自分にコントロールが聞かなくなり、大声を上げていました。
「お前ら何か言う事は無いのか。」
「貴方ご免なさい。」
妻は私の目を見つめ叫びます、まるで子供が親の摂関から逃れようとするかのように
上体を後に反らし、手は頭を庇っています。
妻にしてみれば、この様な私を見るのは初めてだったでしょうから無理もありません。
桜井といえば、背筋を伸ばし私のほうを見て固まっています。
「ご主人、申し訳ありませんでした。」
「今更遅いんだよ。」
「すみません、もう奥さんとはお会いしません。」
「さっきのお前らの話は何だ!。見苦しい言い訳しやがって。」
桜井の煮え切らない態度や言動がさらに拍車を掛けて行きます。
私の言葉遣いは、エスカレートしていくばかりです。
「おい、どうする気なんだ・・桜井!」
「泣いてばかりいないで何とか言えよ、奈美!」
報告書を開きながら、二人を追い詰めていく私がいました。
2,3ページ捲り、写真の入った日時のページを指差し、妻と桜井に罵倒を浴びせます。
「初めてこの家に来ただと!」
「おいこれは何だ、前にも俺の家に来てるじゃないか。午後2時から5時半まで、何をしていた。」
「ご主人すみません、弁解のしようがありません。」
「桜井さん、何をしていたと俺は聞いてるんだ!」
「それは・・・」
「それはじゃ分からないぞ。」
「ご想像の通りです。」
「馬鹿やろう・・・」
「貴方ご免なさい・・ご免なさい・・ご免なさい・・」
「奈美、何をしてたんだ、言ってみろ、桜井さんは応えられないらしい。」
暫し私の目を凝視していた妻は、桜井の方を見やってからやっと口を開きました。
「エッチしてました。」
正直に答えようが何だろうが、今の私にはこれで良いという答えはないのです。
「エッチしていただと、子供みたいな言い方は止めろ!」
「ご免なさい。」
「セックスだろうが、セックス! 違うか、どうなんだ、奈美!」
「はい、セックスしてました。」
「桜井さん、セックスしてたと奈美は言ってますが?」
「・・そ、そうです・・ご主人。」
「それくらいの事、女の奈美に言わせてどうする。男のあんたが言えよ。」
ここまで来ると私は精神的に壊れ、サディステックになっていました。



夢うつつ(10)
愚か者 8/3(木) 17:49:56 No.20060803174956 削除
桜井と妻の顔を見ていると、無性に腹立たしくなってきた私は、二人に
対して問いかけをしました。
「桜井さん、今日お呼びした用件はお分かりですよね。」
「・・はぁ〜」
「奈美、お前は解るな?」
「・・・・」
「桜井さん、妻とはどういう関係ですか。」
「・・・・高校時代の同級生です。」
「そんな事は聞いてません。」
「奈美、お前はどうなんだ?」
「同級生です。」
「桜井さん、高校の同級生という事はわかりました。私が聞きたいのは最近の
 二人の関係をお聞きしたいんです。」
「そういえば、最近偶然町で逢うことが有って、お茶をご一緒した事が。」
「ほう〜、お茶を一緒に、本当か奈美? 俺は聞いていないが。」
「そうそう、言い忘れてたかも。」
「私が、知っている二人の関係はそんなものとは程遠いけどね。」
「何かの誤解ですよ。」
「そう、何て聞いたか知らないけど、誰かが変な噂を流しただけでしょ。」
「一度お茶を飲んだだけ、それで間違いないね。」
「貴方に、言っておけばそんな誤解をされなくても良かったのに、御免なさい。」
「私も不注意でした。久しぶりに奈美さんと遇ったので、昔の乗りで馴れ馴れしく
 し過ぎたかも知れません。それで誰かに誤解をされてしまったかも知れません。」
「桜井さん、貴方はこの家の住所はご存知だったんですね。」
「・・・奈美さんとお会いした時、お聞きしてましたまで。私の家も近いですから。」
「お見えになるのは、初めてですか。」
「もちろん、初めてです。」
このとき妻の顔を見てみると、桜井の言う事に同調するように、首を立てに振って
いました。
「それでは、二人に説明してもらいたいものがあります。」
そう告げると私は席を立ち書斎に入って行き、茶封筒一つ手に持って戻ってきました。
「先ほど。お聞きした事が正しければ、これはどう説明して頂けますか。」
私が封筒から、A4サイズの綴りをテーブルの上に置いた瞬間、二人の顔は見る見る
うちに青褪めて行くのが解りました。
綴りの表には、報告書と○○興信所の文字が書いてあり、二人は瞬時にその意味を
悟ったようです。
妻と桜井は、茫然自失の状態でただうな垂れているばかりでした。
「奈美、桜井さん、子供騙しは止めましょうよ。」
「中を見なくても、この意味はお分かりですね。」
ほどなく、妻は嗚咽にも似た泣き声を発して床にへたり込んでしまいました。



夢うつつ(9)
愚か者 8/3(木) 17:47:02 No.20060803174702 削除
受話器を置くと、我に戻った妻が私に質問を浴びせかけてきます。
「知らない人じゃなかったの?」
「俺は、会ったことはない。」
「どうして、桜井さんなの?」
「桜井さんじゃ、何か都合が悪いのか。」
「そんな訳ではないけれど。」
「お前の同級生だったな。」
「どうして知ってるの?」
「人から聞いてね!」
「何の用事なの?」
「何をそんなに気にしてるんだ。」
「別に、何でもないけど、びっくりしただけ。」
間も無く、玄関のチャイムが鳴りました。
さすがに妻は、玄関に足が向かない様子なので私が出る事にしました。
玄関の扉を開けると、顔を引きつらせた桜井が立っていました。
「桜井です。」
「阿部です、どうぞ。」
「失礼します。」
桜井の狼狽ぶりは、顕著なものでした。
手は小刻みに震え、靴を脱ぐ時などは余りの緊張からか、よろける始末です。
桜井が靴を脱ぎ終えるのを待ちリビングに案内すると、そこにはこれまた緊張
しきった妻がソファーの脇に立っていました。
「桜井さん、お掛け下さい。」
「・・はい、失礼します。」
「奈美、桜井さんにご挨拶して。」
「・・・いらっしゃいませ・・・」
「どうも、お邪魔します。」
桜井はある程度の覚悟はしているのでしょうが、妻は何が何だかわからない
状態のようです。
「立ってないで、お茶でもお入れして。」
「・・・はい、失礼しました、今お持ちします。」
「御構い無く。」
妻は下を向いたまま、キッチンに向かいました。
次に妻がお茶を持ってくる間、桜井も私も一言も喋ることなく数分が過ぎました。
ようやく妻がお茶を持って来たとき、桜井が口火を切りました。
「今日はどの様なご用件で?」
「妻が何時もお世話になっておりまして。」
「ですから、別にお世話など何も・・・」
「奈美お前もここに座りなさい。」
「私は・・・・」
「お前にも関係する話だ。」
「・・・はい」
妻も何となく、事の成り行きが創造できる様な精神状態に成って来たようです。
「・・失礼します。」
妻も席に着きお互いが相手の様子を見るような沈黙が暫く続きました。





--------------------------------------------------------------------------------


夢うつつ(7)
愚か者 8/3(木) 17:40:36 No.20060803174036 削除
私は電話の音に少しびっくりしていると、妻は電話の方へ歩みを進めます。
桜井からの電話だと思った私は、とっさに妻を制止します。
「俺がでる、お客からかも知れない。」
「そうですか。」
妻は私の言葉を簡単に受け入れ、また携帯を探す素振りを見せました。
この様子を見た私は、やはり妻と桜井はまだ連絡を取り合っていない事を
確認できたように思いました。
ゆっくりと電話の前に進み受話器を手にした私は、相手の声を確認する為に
少しの間無言でいました。
「・・・阿部さんのお宅ですが?」
「はい、阿部です・・・」
私の声を聴いた瞬間、相手は電話を切りました。
やはり桜井でした、妻に連絡の取れない桜井は、仕方なく自宅にまで電話を
して来たのでしょう。
受話器を置いた私は何故か少し心に余裕が出来てきました、一応は妻と桜井
が話し合う機会を阻止する事が出来たのですから。
「どうしたの、誰から?」
「切れてしまった。」
「そう。」
後は、妻の方から桜井に連絡を取らない様にしなければなりません。
「貴方、お客様何時に来られるの?」
「あぁ、6時に来る。」
「それじゃ、お食事はどうします。」
「何か適当に頼むよ。」
「だったらお買い物をしてこないと、私行ってきますね。」
「有る物で、済ませれば良いよ!」
「そうは行かないわよ。」
「酒も食べ物も、買い置きで何とかなるだろう、わざわざ買ってこなくて良いよ。」
妻を外出させたくない私は、少し口調が荒くなっていたようです。
「解りました、それで何人いらっしゃるんですか。」
「あぁ、一人だよ。」
「一人ですか、それなら何とかなります。」
「すまないが、頼むよ。」
「それじゃ、支度しないと。」
「まだ、早いだろう。」
「ちょっとは、良いもの作らないとお客さんに失礼でしょ、いつもと一緒って言う訳にも行かないし、私が恥ずかしいもの、結構時間掛かるのよ。」
「そうか、任せるよ。」
妻は、いそいそと料理の準備を始めました。
「貴方、ところで、今日のお客さんはどんな人なの?」
「・・俺は、初めて会う人なんだ。」
「えぇ・・・」
そうです、私は始めて桜井に会うのです。
写真では、その容姿は知っていますし、電話越しでは有りますが声も聞いています。
しかし、本人と会うのは今日が初めてなのです。
「初めての人で、ここに来れるの?」
「大丈夫だろう、それに近くに住んでいるようだし。」
「そうなの?」
「解らなければ、電話でもして来るだろう。」
妻は小首を傾げながらも、それ以上は聞いて来ませんでした。



両親の妻物語 35
3番目の夫 8/2(水) 21:29:45 No.20060802212945 削除
佐藤は久しぶりの母の膣の感触を楽しむかのように
大きなストロークでゆっくりと男根を出し入れするのでした。
「ああっだめっだめだって・・・言ったのに、あんあん、あ、あ、
あんいやーいやー、あなたーゆるしてー・・
あたし犯されてるーー犯されてるのよーーやめて、やめてー」
母は言葉とは裏腹に 佐藤の挿入のリズムに合わせるように腰を振り
久しぶりの男根から与えられる快楽をむさぼるのでした。

「おおーいいぞーー幸子はワシに犯されているんじゃ。
どうだ犯される気持ちはいいだろ? 
幸子は『マゾ』だからワシに犯されるとよけいに感じるじゃろ?」
確かに今の母は『夫の目の前で佐藤に犯される』事に
これまでに感じたことの無い被虐感が溢れて来て
心が震えるほど興奮しているのでした。
「いい、いいのー犯されてんのー。あたし『マゾ』なのよー
縛られて犯されるのが好きな『マゾ』なのよー・・・」
「そうだぞ、幸子を『マゾ奴隷』に調教してやったのはワシだぞ。
そしてお前の『マゾ』を愛してやれるのはワシだけだぞ。
うん?こうするとどうだ?」
佐藤の腰が激しく前後して母の尻に突き当たり
『パンッパンッ』と音を立てます。
「あっあっあん、あん、いいっいいっ、あ、あ、あーー」
母はあまりの気持ち良さについに泣き出すのでした。

「おおー幸子、久しぶりだーな、おおーいいぞー・・・
幸子のマンチョはいつ嵌めても気持ちいぞー・・・
ワシが嵌めた女の中でやっぱり幸子のマンチョが一番じゃぞ・・・・
おおうー チンボがとろけそうじゃ。
幸子も久しぶりにワシのチンボに嵌められていいじゃろう・・・・」
「ああ、あ、あ、いい、いい、きもちいいわー・・・・
ああん、あなたー許してー!・・久しぶりなの!久しぶりだから、
あたし狂っちゃうー、ああ、あん」
「どうじゃ幸子、義男の粗チンよりいいじゃろ?・・・うん?
やっぱりワシのチンボじゃあないと感じないか?」

佐藤は母がこの数ヶ月間で
夫への貞操に目覚めた事を感じていたでしょう。
その上で 佐藤に調教され『マゾ奴隷』としての快楽を
骨の髄まで染み込ませた母の肉体が佐藤の男根によって
夫への貞操感との間で揺れ動き苦しむさまが、
佐藤のサジスティックな心をとても興奮させていたのでしょう。
『義男、見るがいい、お前の大事な可愛い女房は、お前を愛していると
言いながらワシのチンボに嵌められてよがっているんだぞ。
もうお前の女房はワシのチンボ無しじゃあ生きてゆけない
ワシ専用の穴奴隷なんだ・・・そうとも知らないで義男は
めでたいやつよ・・・・ワシは幸子をもっともっと汚してやるぞ』
きっと佐藤はこの時、
そんな事を思いながら最高に興奮していたのでしょう。

「ああ、いやー! お父さんのオチンボで行きたい、ああっあん、
行きたいのーお父さんのオチンボを嵌めたいのよーー
あっあっああーっいく!、またいくわーー」
「だめだ!幸子、行くんじゃあ無い!」
佐藤は無情にも腰の動きを止め母に行くことを禁じるのです。
「ああっ旦那様。行かせて、行かせてください!」
母は涙ながらにお願いするのでした。

「だめだ!行くんじゃあない!幸子はワシの『奴隷妻』だろ?
それなのに義男なんぞにワシ専用ののマンチョを使わして
ええ? いいと思っているのか?うん?」
そう言葉で嬲りながら佐藤は、腰をゆっくり動かして
母の膣内のアクメポイントを男根の先でさするのでした。
「ああーん、そこいやあああーー!あっあっきもちいいーーー 
いっちゃうっ、いっちゃう・・ねえーいかせて お願いよ、いいでしょ・・
ああんそこそこいくっ・・・・いやー、やめないで!・・・いかせてーー」
母が行きそうになる度に佐藤は抽挿を止めてしまうのでした。

「幸子!行きたかったら『幸子は旦那様の穴奴隷です』と言え!
そして『幸子は義男の粗チンより旦那様のデカマラが好きです』と
言うんだ」「いやー、言えません。お父さんに叱られますうー・・・」
「言わないんならこうだ!・・・ほら、ほら、こうするとどうだ?」
佐藤は母のアクメのポイントを男根で突いては、母のエクスタシーを高め
母が行きそうになると動きを止める事を繰り返すのでした。

「あ、あん、いやーやめちゃーいやー、いきたい、いきたいのー
おねがいよーいかせてーー、あん、あん、ああん」
母はもう泣いて佐藤に頼むのでした。
「だったら言え!」
佐藤の男根が一段と奥深くまで挿入され 
母の子宮を突き上げるのでした。
「あうん、いい、いいーー、あっあああ、いいますー
幸子は旦那様の穴奴隷ですーー。 義男の粗チンより 
旦那様のデカチンボがすっ好きーー あああーあなたー
ゆるしてーー! 気持ちがいいの 狂っちゃうのよーー!」
佐藤の激しい注挿に母は体を痙攣させて何度も続けざまに行くのでした。

佐藤は女唇からはちきれんばかりに勃起した男根を抜くと
母を鴨居から吊ってあるロープを外しました。
汗まみれの母はぐったりとロープに身を任せて立っているのが
やっとでしたのでそのまま布団の上にうつ伏せに崩れ落ちるのでした。
そんな母を佐藤は転がすように仰向けにすると
両足を持って母の体を二つ折りにするようにして腰上げさせます。
尻の下に枕を当てると母の女唇と尻の穴が上を向く
恥ずかしいポーズを取らせるのでした。

「ふふふ、さーて幸子の好きな尻の穴を犯してやるかの?」
と母の両足を広げて股間を覗き込むのです。
「いや、いや、恥ずかしいからやめて! お尻を犯さないで 
お願いします・・お父さんに嫌われますうー・・・」
息も絶え絶えに 顔を横に振ったものの 母の瞳はいやらしく
佐藤を見つめて早く尻の穴を犯してくれるように誘っているのです。
「なんだ? 幸子はワシのこの尻の穴まで義男に使わせたのか?」
「いや、いや、お父さんはそんないやらしいことしません」
母は腰をいやらしく回すのです。
「ふぉふぉ、そんないやらしいことが大好きな女は誰だー? ええー?
こんなにビチョビチョに濡らしやがって・・・」
佐藤は体を持ち上げると男根を手でつかみ 
母の尻の穴に擦りつけてゆっくりと押し込んで行きました。
「あん、ああーあん、あっあっ、おおーうん」
母は目を瞑り 息を吐き出して尻の穴を押し広げてめり込んで行く
男根の感触を楽しんでいました。

張り形でアナルを犯されることはありましたが、
久しぶりに味わう生の男根は母を狂わせるのに十分でした。
佐藤がゆっくりと男根を出し入れするたびに
快楽がアヌスより子宮全体に広がります。
母はもう泣くことも忘れて あえぎ続けそして何度も連続して襲い来る
アクメの波に酔いしれてゆくのでした。

「おおおおおうううー」
佐藤のピストンが激しさを増して射精が近づきました。
母はもう行き続けており頭の中は真っ白です。
そんな母の口にいきなり佐藤は男根をねじ込むと
汚らしい精子をたっぷりと母の喉の奥に排泄するのでした。
母は気が遠くなりましたが、朦朧とする意識の中で夢中で
佐藤の濃い精子を飲み込むのでした。
一瞬、夫の顔が浮かびましたが、全身を貫く『アクメ』の快楽が
霧のように夫の顔を覆い 
母はその身を何度も震わせて浮遊感を味わっているのでした。

しばらくして気が付くと 母は布団の上に素裸を晒しております。
上半身を縛っていた縄は解かれていて布団の上に散乱しており
佐藤はと 見ると座卓の上に腰を下ろしてタバコを吸い
酒を飲みながら母をいやらしく見つめておりました。
それを見た母は『ハッ』として起き上がり辺りを見回しました。
母はやっと夫の存在を思い出したのです。

夫が出て来ていれば佐藤を殴って追い出しているはずです。
しかし別に変わった様子は無く『SMプレイ』を堪能した佐藤が、
何時もの様に満足げな表情を浮かべているのでした。
『お父さんはまだ出てこないんだわ・・・私があんなに犯されているのに
まだ見ているつもりかしら?・・・
きっと私の事なんか嫌いになったんだわ・・・
あたしが旦那様のオチンボで あんなに醜く狂ったんできっと
ますます嫌いになったんだわ・・・ああーっどうしましょう?
もうお父さんを裏切らないって誓ったのに・・・
それなのに・・それなのに・あたしったら・・』と悲しくなる母でした。



両親の妻物語 34
3番目の夫 8/2(水) 20:36:52 No.20060802203652 削除
次に佐藤は抜いた針を二本だけ持つと母に前を向かせました。
何をされるかわからない母は、恐怖で顔を引きつらせます。
そんな母の顔を見ながらサジストの佐藤は楽しくて仕様が無いと
言うように母の目の前で投げ針を振って見せながら、
指で母の左の乳首を摘むと針を『ブスリ』と刺し貫いたのでした。
「いやあーー!!」母が悲鳴を上げます。
痛みもさることながら こんな恐ろしいことは初めてです。
母は顔を激しく振り逃げるのでした。

「ほら、そんなに動くと怪我するぞ!」
佐藤は許してはくれません。
もう一本を持つと 今度は右乳首を摘み 
ためらうことも無く刺し貫くのでした。
「いたっ! いたいのーー許してーー! おねがい、ゆるしてよーー」
母は痛さと恐ろしさのあまり涙が出ました。
母が泣くたびに体が揺れて乳首に刺さった針が揺れます。

佐藤の『サジスト』振りは段々とエスカレートして行き
母をいたぶるだけでは物足りずに 
この頃では母を傷つけて苛むようになってきたのでした。
しかしそうされる母の心も『マゾヒスト』としての性根が
昇華されて来てこの身を傷つけられようとも『サジスト』の
激しい責めに身を震わせて女唇を濡らす様になって来ていたのでした。

母は泣いて許しを請いながらも乳房が揺れるたびに
乳首から伝わる何ともいえない痺れるような快感に酔って行くのでした。

「ほほほ、尻が血だらけだのー どれ『ガマの油』でも塗ってやろうな」
佐藤は再び母に尻を向けさせると 母の白い尻に『プチプチ』と吹き出た
あるいは流れ出た赤い血を舌で舐め採るのでした。
佐藤の舌が尻を這い回ると 
その快感に思わず仰け反り吐息を漏らす母でした。

佐藤は手のひらに円くブリキで出来た容器から
『ガマの油』を指で掬い取ると母の尻に丸く塗り広げました。
母は尻に広がる快感に思わず
佐藤の手の動きに合わせて尻を振るのです。

佐藤は『ガマの油』を再度指で掬うと
今度はそれを母の尻の穴にすり込むのでした。
「あううう、だ、だめっ いいーあああー、あん、あん ああああ」
浣腸で散々いたぶられた母の尻の穴は『ガマの油』を塗ったことも有り
佐藤の節くれだった指を二本も難無く咥え込むのでした。
佐藤は両の手をフルに使い 母の女唇とクリトリス
そしてアヌスを激しく愛撫するのでした。


〔 「佐藤さんはね いつも筑波の『ガマの油』を持っていて
あたしのアヌスを犯すときはそれを塗りこめてすべりを良くするのよ。
張り形なんか入れるときも 唾だけじゃあ最初は辛いものね。
お父さんとの時は『オロナイン』かな? 
あっ!でもその頃は『桃の花』だったわ。
あなた、覚えてる?」と母は私に聞きましたが、もちろん覚えていました。
当時はローションやゼリーといった潤滑剤も有ったようですが、
今のように簡単には手に入らなかったようで
やはり『アナルプレイ』にはコールドクリームを使っていたようです。

『桃の花』は子供だった私の冬の必需品で 
今で言うハンドクリームでした。
白い丸い瓶にピンクのふたが付いていて
桃の絵のラベルが貼ってあったと記憶しております。
当時の子供達に漏れずに私も冬だろうが水遊びやドロ遊びで
一日中真っ黒になって遊んでおりました。
当然、冬の寒風に晒された手の甲は、
あかぎれやひびで真っ赤に切れておりました。
父とお風呂に入った時など「じゅんの手はキジの足のようだな」
と良く笑われて風呂上りには、手や顔や足などに
『桃の花』のピンク掛かった透明のクリームを毎日塗っておりました。
両親の寝室には、年中『桃の花』の大型瓶があったのを覚えていました
が、あれはそんな使い方をされていたんだなと妙に納得するのでした 〕


母は頭の中が真っ白になり『あっ』と言う間に登りつめます。
「ああ、いい、いく、いく、いくーー」
しかし佐藤は無情にも母が行く寸前で愛撫をやめてしまいます。
「ああん もう少し もう少しなの・・・ねえ、ねええいかせてー
旦那様、お願い いかせてーー」
母は腰を振って佐藤にお願いするのです。

「幸子、お前はワシの奴隷だろ?
さっきから自分だけ感じてどうするんだ」
「ああーおゆるしください 旦那様。
幸子は旦那様のすてきなオチンボをお慰みするための『奴隷妻』です。
どうか幸子のいやらしい体を使って気持ちよくなってくださいー」
母はいつもの『奴隷の誓い』を反射的に言ってしまうのでしたが、
その時 夫が見ている事を思い出すのでした。

「ああっ、だめ!だめです。あたしには大切な夫がいます。
愛しているの、愛しているのよー 許してーあなたー!・・・・・
お願いです、オマ、オマンチョだけは犯さないでー・・・」
「オマンチョは犯さないでだとー?今まで散々にワシに嵌められて
喜んでいたくせに何を今更・・・それともワシの太いチンボで
嵌められたオマンチョじゃあ
義男の粗チンはゆるゆるで感じなくなっちまうのか?」
佐藤はそう言うと左手で母の尻を抱えると右手の親指をアヌスに差込み
中指と薬指で女唇の中を激しく描きだすのでした。

「ああーいやー、いやー、だめーだめー、あん、あん」
母は『愛する夫に見られている』と言う事に 
より『マゾ』としての被虐感が増し 今までの佐藤との『プレイ』で
感じていた恥ずかしさとは比べ物にならない
『羞恥心』を感じているのでした。

佐藤との『プレイ』では『無理やり感じさせられている』と言っても
心の底では母自身が望んでいる事ですし、口では『ダメー、いやー』と
言っていても自ら積極的に『アクメ』の階段を駆け登って行くのでした。

しかし今日は違います。
愛する夫が見ているのです。
これ以上は夫の目の前で、夫以外の男により無理やりアクメを
感じさせられて歓喜の声を上、悶え狂う訳にはいかないのです。
今度こそ母は本気で耐えるのでした。
しかしそう思えば思うほど、母の体は熱を持ち 
子宮が震える快感で全身が疼くのでした。
こんな感覚になった事は今まで一度もありませんでした。
抑えようとすればするほど淫らに感じてしまうのでした。

「ああぅ、やめて、や・め・てー・・・だ・旦那様―、ゆるしてー
お父さんに叱られますぅーーああん、あっあっうふぅうふん」
そう言いながらも母のお尻は淫らに円を描くのです。

きっと佐藤はそんな母の言葉と態度に
より一層サジスティックに興奮したのだと思います。
自分の奴隷として調教した女が、夫への愛情に目覚めて貞操を守ろうと
必死になればなるほど その貞操を踏みにじって自分の男根で
屈服させる事に人の妻を寝取る最高の醍醐味を感じていたのでしょう。

「さーて幸子、そろそろワシのチンボを嵌めてやろうなぁ・・・
お前も、もう欲しくて仕方がなかったろう?」
佐藤は母の後ろに回ると 両手でしっかりと母の腰を掴み
勃起した男根を女唇に当てるのでした。
「あああーだめー!、だめよー・・入れちゃあイヤー・・・
お父さんにしかられるーー」
そう口では言うものの 母は逃げようともせずにお尻を回して
佐藤の男根を濡れた女唇にこすり付けるのでした。
『ああん、あなたーごめんなさい・・もうあたし我慢が出来ないの、・・・・
嵌められたいのよー。旦那様の太いチンボで犯されたいのよーー』
母は縛られ吊るされた縄に身を持たせて
淫らに濡れた瞳で壁の向こうの夫を見つめるのでした。

「そうりゃあ!」佐藤が腰を勢いよく母の尻にぶつけると
佐藤のはちきれんばかりに勃起した男根が、
もう犯されたくて淫汁を溢れさせながら口を開けていた
母の女唇に根元まで一気に『ズブリ』と入ってゆきます。
「あうううああーん!」母は悲鳴を上げながら 
全身を貫くエクスタシーに体を痙攣させるのでした。
愛する夫に嵌めてもらえずに悶々と日々を送っていた母の体は、
『もう二度と佐藤に抱かれたくは無い』と言う気持ちとは裏腹に
佐藤の男根によって膣の中を掻き回される快楽を
忘れ去る事が出来ないのでした。



表裏 ライバル
所 8/2(水) 00:14:50 No.20060802001450 削除
社長はこの間に銀行へ行って来たらしく、お金の入った銀行の封筒と、同じ事が書かれた二枚の示談書を並べて置いた。
「百万入っています。そこにも書いてありますが、離婚される場合はあと4百万支払いますから、どうかこれで許して下さい」
知らない人が見れば、誠意を示しているように見えるだろうが、この男が妻を諦めていないのは分かっている。
示談書を見て社長の名字は楠木だと初めて知り、全てに目を通したが、やはり今後の事が記されていない。
「今後一切妻とは連絡も取らず、会わないという事を記載しろ」
「それは出来ません。連絡を取り合ったり、会うぐらいでは不貞行為にはならず、法律には触れないはずです。優子さんが嫌がれば別でしょうが、嫌がらない限りお付き合いは続けさせて頂きたい。もっとも優子さんから抱いて欲しいと言ってくれば、また慰謝料を払う事になろうとも私は拒みません。優子さんの為のお金なら、いくら使っても惜しくはありませんから」
「妻は、二度とあんたに会わない」
「どうですかね?何しろ、最初は優子さんから抱いて欲しいと誘って来たのですから。夫婦は勿論セックスだけではありません。ただセックスの相性も、夫婦としての大事な一部です。人によっては、それが全ての人もいる。優子さんは、今後も私に抱かれたいと思っているはずです」
「嘘を吐くな。妻から誘うはずが無い。おおかた最初は無理矢理・・・・・・」
「人聞きの悪い事を言わないで下さい」
私が妻の浮気を疑い始めた時、3ヶ月前にあった慰安旅行も気にはなったが、その時は集合場所まで私が送って行き、年配のパートさん達と楽しそうにマイクロバスに乗り込む妻を見届けていたので、この時に関係を持つ事は有り得ないと思って外したが、楠木の話しによると、妻と最初に関係を持ったのはこの慰安旅行の夜だったと言う。
この時女性は7人で、ホテルだった為に女性用にツインの部屋を3部屋と、シングルの部屋を一部屋取り、妻だけが一人になった。
妻は宴会で飲み過ぎてしまい、部屋に帰って休んだ方が良いと忠告したが聞き入れずに、二次会にも参加したと言う。
すると更に酔ってしまって、自分の足では部屋まで帰れない状態になり、責任のある楠木が送って行くと部屋に入るなり服を脱ぎだして、下着姿で抱き付いてきて言ったそうだ。
「酔うとしたくなるの。お願い、抱いて。このままでは疼いてしまって眠れないの」
妻は楠木の前に跪くと、素早く取り出して口に含んで来たので、我慢出来なくなった楠木は、妻を立たせてベッドに押し倒してしまったと言う。
昼間の大人しい妻からは考えられないような、淫乱で激しい妻に放してもらえず、結局朝まで相手をさせられた。
旅行から帰ると罪悪感に苛まれたが、目が合う度に色っぽい目で誘ってくる妻を見ていると、あの夜の事が思い出されて誘惑に負けてしまい、2人で仕事を抜け出しては関係を続けてしまう。
自宅での仕事に切り替えたのは、ちょくちょく2人で抜け出していたので、他の従業員から怪しまれ出したからだそうだ。
「もう嘘は沢山だ!」
「嘘ではありません。その証拠に、最初は優子さんの方が積極的だったのです
が、次第に私が優子さんの魅力にはまってしまい、可也色々な事をさせてしまいましたが、優子さんは喜んで応じてくれました」
「色々な事?妻に何をした!」
「別れた妻の代わりに、セックスもお世話になっていたと言いましたが、実は妻には頼めなかったような事もしてもらっていました。本当に色々な事を」
「だから何をした!」
「いくらご主人でも、優子さんが恥ずかしがるのでいえません。それだけは勘弁して下さい」
確かに妻は性に対して貪欲になっていたが、あの妻が進んで恥ずかしい行為をしていたとは、やはり私には信じ難い。
「優子さんが私から離れる事が出来れば諦めます。優子さんは私を選ぶと信じていますが」
「優子は二度とここには来ない。金輪際近付くな!」
妻が私よりこの男を選ぶなどとは考えられず、この男とは早く決着をつけて、妻と向き合おうと思って始末書にサインすると、慰謝料を掴んだ。



表裏 絶望
所 8/2(水) 00:11:28 No.20060802001128 削除
月曜日の朝、妻は仕事を辞めてくると約束して私と一緒に家を出たが、胸騒ぎがしたので昼休みに家に電話してみると妻は出ない。
心配で仕事どころでは無い私は、体調不良を理由に会社を飛び出し、社長の家に向かうと悪い予感は的中し、妻の車が止まっていた。
「あなた!・・・・・・・・」
「何をしている!それに、その格好は何だ!」
妻はこの前とは違うミニスカートを穿いていて、大きな網目の黒いタイツが目を惹く。
「私が着いてすぐに得意先の方がお見えになっていたので、その話は後でと言われて、お茶を出したり食事の用意をしたりして手伝っていました・・・・・・・・・お客さんが帰られたら、きちんと話しますから」
「一昨日で辞める約束だっただろ!信用出来ないから、俺が話す」
「ちゃんと私が」
その時騒ぎを聞き付けて、痩せていて背の高い男が出てきた。
「どうしました?」
「主人が・・・・・・・」
私はなぜか社長の事を、太っていて脂ぎった厳つい男だと思い込んでいたが、実際は歳を感じさせない、スマートで優しい顔をした男だった。
「丁度良かった。私も一度お伺いして、ご主人と話がしたいと思っていました」
社長の言葉で妻の顔色が変わり、必死に私と社長が話すのをやめさせようとする。
「あなた。私がきちんと話しますから、今日は帰って。今はお客様もみえるので、お願いですから」
「私でしたら、商談は終ったので失礼しますから」
いつの間にか社長の後ろに立っていた、スーツ姿の30歳ぐらいの男は前に出てきて、急いで靴を履くと出て行った。
「お客さんは帰りましたから、優子さんも帰って頂いて結構ですよ」
「優子は先に家に帰れ!」
妻は涙目になっていたが、終に涙が溢れ出し、バッグや着て来た服を抱えて飛び出して行った。
「奥様に別れた妻の代わりをさせてしまって、誠に申し訳ありません」
「その事は聞いている」
「いいえ、そうでは無いのです。お気付きだとは思いますが、妻の代わりにセックスの相手までして頂いています」
私はそこまでの関係であって欲しくないと願いつつ、その事を聞き出そうとして2人で話す決心をしたのだが、相手から先にあっさり認められてしまった事で困惑した。
「私が全面的に悪いです。どうぞ、殴るなり蹴るなり好きにして下さい」
社長は床に正座して目を閉じたが、動揺していた私は何も出来ない。
「そんな事をして何になる!どう責任をとるつもりだ!」
「申し上げ難いのですが、お金で解決させて頂くしか無いと思っています」
「金で済ませる気か?」
「他に、どのように?」
この男を殺したいほど憎いが、私に人殺しをする勇気も無く、また娘の将来に託けて、それ以外の方法は無いのかと考え込んでしまった。
「奥様に対しての責任も、きちんと取らせて頂きます」
「どの様に」
「はい。私の様な者とこの様な関係になってしまっては、ご主人も奥様を許せないと思います。ですから奥様の後の事は、私が責任を持って面倒を看させて頂きます」
この男は丁寧な言葉で、私から妻を奪おうとしている。
「ふざけるな!俺は離婚などしない」
私は何の考えも策も持たずに話し合いに臨んだ事を悔やみ、家に帰ると妻は泣きじゃくっていて話しにならない。
「どうしてこうなった!」
「ごめんなさい。許して下さい」
「いつからの関係だ!」
「許して下さい」
娘が帰って来たので追求するのを中断し、夜になってからまた聞こうと思っていると、社長から話し合いに来ると電話が入るが、娘がいる所では話し辛く、私が夜出向く事になった。



両親の妻物語 33
3番目の夫 8/1(火) 16:38:10 No.20060801163810 削除
佐藤は母の上半身を縛ってある縄に別の縄を結びつけると、
その縄で母を部屋の真ん中の鴨居に吊るすように縛りました。
その上で脱ぎ捨ててあった 母の紫のパンティーを拾い上げると
それを母の口の中にねじ込み豆絞りの手ぬぐいで口を割るように
猿轡をかましました。
一仕事を終えたと言う様に 佐藤は部屋の隅の座卓の上に
腰を降ろしてタバコを吸いながら母の縛られた裸体を
いやらしい目つきで見ております。

母はあまりの恥ずかしさに体を回して佐藤に後ろ姿を向けましたが、
そうすると今度は夫に正面を見られている事に気付くのでした。
『ああうぅ、あなた・・・たすけて・・・早くあの人をやめさせて・・』
母は夫が居るであろう押入れの上の壁の羽目板を見つめ祈るのでした。

『バシッ』と音がしたかと思うと母の尻に焼けるような痛みが走りました。
「あうっ」母の口からくぐもった叫びが漏れます。
母が顔をひねり佐藤を見ると タバコを咥えた佐藤が
ズボンのベルトを鞭にして母の尻に打ち下ろしています。
二度三度と鞭が振り下ろされる度に 
母はくぐもった悲鳴をあげ体を仰け反らせるのです。
『いたいー!いたいのー!・・・あなたーたすけてーー!・・
あん、いたいーー!』
母は声にならない叫びを上げて羽目板の
節穴から覗いているであろう夫にすがるような視線を送るのでした。

「幸子はワシの奴隷だと言う事を忘れたようだな。
今日はたっぷり思い出させてやるぞ・・・ほれどうだ、こうするとどうだ?」
と佐藤はベルトを母の尻めがけて何度も打ち降ろすのです。
堪らず母が前を向くと、今度は佐藤の鞭が
母の縄で絞り出された豊満な乳房や下腹部を打つのです。
始めは痛いだけの鞭打ちが、
その内にだんだん痺れるような快感に変わってゆくのです。
いつしか悲鳴は吐息に変わり 
母は全身を赤く染めながら身悶えるのでした。
『ああん・・すてき、もっと、もっとお尻をぶって・・・』
母は知らず知らずに自らの尻を突き出し、
佐藤に鞭打ちをせがんでいるのでした。

次に佐藤は、ベルトの鞭を放り投げると
今度は母の全身を両手で撫で回すのです。
鞭打ちの後で 熱を持った体を手で撫で回されると母は全身に
たとえようも無いエクスタシーが湧き上がることを佐藤は知っていて
『マゾ』の喜びをたっぷりと母に思い知らせようとしたのです。

佐藤の思惑通りに母は、全身から沸き上がるエクスタシーに一瞬
夫の存在を忘れ自ら股を開き 
腰を突き出して濡れた女唇を佐藤の前に晒すのでした。
母の期待通りに佐藤が指で激しく 
女唇とクリトリスを愛撫してくれます。
母は目を瞑り一心にアクメの階段を上ってゆくのでした。
そうして佐藤の指の愛撫によりこの日二度目のアクメを
迎えさせられた母は歓喜の喘ぎ声を部屋中に響き渡せるのでした。

「あつ!」突然の右の乳首の熱さに母は悲鳴を上げました。
目を開けた母が見たものは、佐藤が吸っていたタバコの火を
乳首に当てようとしている光景でした。
佐藤は、当たるか当たらないか程に近づけ焼けどしない程度に
すばやくタバコの火で母の乳房や尻などを、嬉しそうに責め立てるのです。
その都度母は悲鳴を上げ身をくねらせます。
『やめてっ!ゆるしてー!・・あなたー助けてー!』
猿轡を咬まされている為にいくら泣き叫んでも
くぐもった声しか出ません。

佐藤に太ももを抱え上げられて クリトリスにタバコの火を
当てられた時には、陰毛の焦げる臭いと共に母は子宮が
痙攣するほどのエクスタシーを感じるのでした。
佐藤はこうして母の内に在る『マゾ奴隷』の性根を呼び起こそうと
したのだと思うのですが、その思惑通りに母は『サジスト』から
与えられる歪んだ快楽に確実に女唇を濡らしてゆくのでした。
この時母は、佐藤の責めと共にそれによって淫らに感じさせられて
乱れて行く自分の姿を愛する夫に見られていると言う事に
今まで味わったことの無い『マゾ』としての快楽を感じているのでした。
『ああーあなたー・・ごめんなさーい・・あたし気持ちがいいのー・・・
あなた以外の男に虐められて、感じているのよー・・・
見てー もっと見てーあたしの淫乱な姿を見てー・・』
母は濡れた瞳を夫がいる羽目板に向けるのでした。

佐藤は母の猿轡を外すと縛られ身悶えている
母の体を抱きしめキスをするのでした。
たまらない気持ちの母は、佐藤に抱き締められながら 
自分から進んで舌を出し佐藤の舌に絡ませ 
唾液を吸いながら激しく唇をむさぼるのでした。

「よーし、また浣腸してやろうな。今度は逃げられないぞ」
そう言って佐藤は母に尻を突き出させるのでした。
鴨居から母を吊っていたロープも今までのプレイで母が身悶えたため
緩んできており 母はお辞儀をする格好で尻を出してまいす。

佐藤は水を張った洗面器を引き寄せると 
エネマの口を母の尻に入れポンプを握ります。
「あああーう」母のお腹の中に冷たい水がたまってゆくのです。
「ああーもうだめーゆるして、出ちゃうー」浣腸も二回目となると
尻の穴が緩くなるせいか我慢が効かない母でした。
そんな母の顔を上げさせると 
膝たちの佐藤が嬉しそうにキスをしてきます。
母も貪る様に舌を絡ませます。

「もうだめ、旦那様、ご不浄に行かせて お願い!」
母は尻の穴を必死で締めます。
「だめだ、此処でこのまましろ!」
「ああーだめ!もうだめ!洗面器を 洗面器を当てて!」
「ふふふ じゃあ『幸子は旦那様のマンチョ奴隷です』って言え」
「だめー 言えません ゆるして!」
母は夫の前ではとても言えません。
「じゃあ このまま部屋に垂れ流せ」
母はもう我慢の限界でした。
「言います。言うから洗面器を当ててー! 
幸子は旦那様のオ、オマンチョ奴隷ですー!早く当ててーー!」
その言葉を聴くと佐藤は嬉しそうに笑いながら
洗面器を母の尻に当ててくれました。
途端に『ビユーッビユーッバチャバチャ』と
母の尻から水が吹き出るのでした。
「あーあなたーごめんなさーい!・・・
愛しているのー愛しているのよーー」  母はお腹の痛みに耐えながら
夫に向かって言わずにはいられませんでした。

母は上気した顔で夫がいる壁を見つめました。
『あなた 見ていてくれた? 
あたし いつもこうして旦那様に浣腸されているのよ。
そして、そして最後は犯されるのよ。あーあなた 早く出て来てー・・・
あたしをたすけて・・・・そうでないと あたし犯されて 
狂ってしまうわーあなたを忘れて狂ってしまうのよー・・・』
母はこのまま佐藤にもてあそばれていると段々に
『夫に見られたくない』と言う妻の思いから 
他人に体をもてあそばれてよがり狂う痴態を『夫に見られたい』と思う
『マゾ奴隷』の気持ちが勝って来る様で複雑な気持ちなのでした。

「いたっ!!」またしても鋭い痛みが左尻たぶに走ります。
鞭の痛みとも蝋の熱さとも違う 針で刺される直接的な痛みです。
母が体を捻って佐藤を見ると、にやけた笑みを浮かべ いやらしく目を
光らせた佐藤が手に鳥の羽で出来た小さな花を幾つか持っていました。
その一つを右手に持つと佐藤は顔の前で手を振り投げるのでした。
その白い花は一直線に飛んで来て 
今度は母の右尻たぶに突き刺さるのでした。
「いたっ! いたい、なに?何ですの?」
「ふふふ、幸子を楽しませようとワシが作った投げ針だ」
そう言うと佐藤は再び投げ針を投げました。
またしても右尻たぶに針が突き刺さりました。

「いたっ! やめて!こわいわーやめてよー!」
母が更に身をよじって尻を見ると 佐藤が投げた針が
花のように尻に刺さり 揺れておりました。

母は痛さこそそれほどでもないのですが、針が何処か変なところに
刺さるようで怖くて動けません。
前を向けば佐藤のことです 
今度は乳房を狙って針を投げてくるに違いがありません。

針は六本ありました。
全部打ち終わると 佐藤は乱暴に抜き取りましたが、
その時またしても痛みが走ります。
「いたっ痛いわ・・・ゆるして、ねえ、旦那様おゆるしください」
母が必死で頼んでも佐藤は聞く耳を持ちません。
さらに投げて母の尻を血だらけにするのでした。



両親の妻物語 32
3番目の夫 8/1(火) 16:31:19 No.20060801163119 削除
十時少し前に待ちかねたように佐藤がやってきました。
佐藤は玄関でもう母を抱きしめようとしましたが、
その手をすり抜けて 佐藤に酒の仕度をしてから行くからと
先に寝室へ行くように促すのでした。
佐藤はいつものボストンバッグを持っています。
その中身は、これから母をたっぷりと辱める
『SM道具』が入っているのです。
いつもでしたら期待に胸を躍らせて 頭に『カッ』と血が上り
女唇が濡れてくるのですが、今日は夫の前で『SMプレイ』を
しなければならないのです。 不安が先立つ母でした。

お勝手でいつまでもぐずぐずしている訳にはいかずに 
酒と肴を乗せたお盆を手に母が寝室へ行くと佐藤はすでに服を脱ぎ 
シャツとブリーフで胡坐をかいていました。
佐藤はもうブリーフを突き破らんばかりに男根を勃起させています。
座卓の上には、佐藤が持ってきたロープや張り形や
浣腸器などが並べられております。
佐藤はこれらを使ってたっぷりと母を苛むつもりです。

佐藤に酒を勧めながら「ねえ佐藤さん 今日は普通にしましょうよ」と
出来れば夫の見ている前では『SMプレイ』をしたくない母でしたが、
佐藤はそんな事を聞くような男ではありません。
「普通かあ・・・ふふふ、普通に幸子の好きなことをしてやるよ」
といやらしい目で母を見つめるといきなり立ち上がり、ブリーフを
脱ぎ捨てすでに青筋を立てていきり立つ男根を、母の目の前に
持ってくると母の頭をワシ掴みにして無理やり尺八させようとしました。

母は両手で佐藤を押し戻して顔を背けて男根から逃げるのでした。
佐藤を睨みながら後ずさりする母の姿は、
佐藤のサジスティックな心に更なる火をつけたのでしょう。
佐藤は母に襲い掛かると母の髪の毛をつかみ引き倒すのでした。
母の悲鳴が上がります。
母に馬乗りになった佐藤は、母のブラウスを引き千切り
紫のシースルーブラジャーで包まれた豊満な胸を露出させます。

「いや!いや!やめてー!」必死で抵抗する母の頬に
佐藤のビンタが飛びます。
佐藤は母の髪をつかみ あるいは足をつかんで畳の上を引き回しました。
転がされて 引き倒されているうちにブラウスは脱げ、
ブラジャーも外れスカートは捲くれあがります。
息も絶え絶えに悲鳴を上げて 逃げ惑う母の背中に馬乗りになった
佐藤は、母の手を背中にひねり上げロープで縛り上げます。
いつもの様に胸の上下を縛られても母は抵抗し続けました。

「ほうら幸子、どうだ・・・こうされたかったんだろ?・・」
佐藤は暴れる母を横抱きにするとロープで搾り出された乳房を
鷲掴みにして乱暴に揉むのでした。
「いや!いやー!やめてーおねがいーー」
「ふふふ、そんな事を言っても幸子のオマンチョは濡れているじゃろ?」
そう言って佐藤は母の股間に手を差し入れようとしますが、
母はしっかり両足を閉じて入れさせません。
実際にこの時の母の女唇は淫汁を溢れさせていたのでした。
気持ちの上では嫌でも 母の『マゾ』の心が、
久しぶりのサジストの責めに反応してしまったのです。
その事が恥ずかしくて夫にすまない気持ちの母ですが、自分の意志とは
裏腹により一層熱い淫汁を留めでもなく溢れさせるのでした。

佐藤は横抱きにした母の唇にキスをしようと顔を近づけます。
「いや!いや!」母が顔をそむけて抵抗しているうちに 
おろそかになった股間に佐藤の手が、シースルーの
パンティーの脇から入り すでに淫汁で濡れ濡れの女唇の中に
太くささくれ立った指が『ぬるり』と入ったしまうのでした。
佐藤は指を激しく動かして快感を掻き立てるのです。
「あん・・・」母があまりの快感に仰け反ると、そこぞとばかりに
佐藤の唇が母の唇を捕らえ舌を差し入れてくるのでした。
『あん・・お父さんが見ているのに・・・』母は必死に抵抗しますが、
佐藤の力の前ではどうすることも出来ずに 
次第に佐藤の思惑どおりに感じさせられてゆくのでした。

「あん・・だめ、だめよ・・あん、だめー・・」
「ふふふ、幸子どうだー 久しぶりだから感じるじゃろ・・・
こんなに濡らして ほら、どうだ こうするとどうだ」
「あんーだめよー・・ゆるしてー・・だめっだめ、あん・・・
おかしくなっちゃうー 狂っちゃうーー」
母は夫の前で行く訳にはいかないと必死で堪えますが、久しぶりの
佐藤の激しい愛撫に腰が勝手に快楽を求めて動いてしまうのでした。
「ああっあああー、だっだめ、くるっちゃうーー・・
ああ、あなたーゆるしてーー」
佐藤の唇が母の乳首を愛撫する頃には、頭の中が真っ白になった母は、
体を仰け反らせてアクメを迎えるのでした。
久しぶりの快楽に負けてしまい 
夫にすまない気持ちが溢れながらも体を痙攣させる母でした。

ぐったりとアクメの余韻に浸っている母は、佐藤にスカートと
パンティーを脱がされても ただ身を任すのみで何も考えてはいません。
うつ伏せにさせられて 尻を高く膝立ちの格好にさせられても
なすがままでした。

「あん、いやー」気が付いたときには、母のアヌスにエネマシリンジの
ゴムホースがねじ込まれて いつの間にか持ってこられた水の入った
洗面器が母の開いた足の間に置かれていて 母の尻を動かぬように
抱えた佐藤が、盛んにポンプを握り浣腸をしているところでした。
「ああん、やめてー・・こんな所で浣腸しないでー」
夫に見られていると思うと恥ずかしさとすまなさが
込み上げてくるのですが、そんな母の気持ちなどお構いなしに
母の腸の中は浣腸された水がドクドクと入ってくるのです。

ほとんど洗面器一杯の水を浣腸し終わると佐藤は母を引き起こし
洗面器に跨らせます。
「許して旦那様、他のことならなんっでも聞きますから
ご不浄へ行かせてください」
母はお腹のしびる痛みに耐えながら佐藤に許しを請うのでした。
今まででしたら佐藤に見られながら無理やり排便させられることに
子宮が震える快感が湧きあがりいつも女唇を濡らしていたものですが、
愛する夫の見ている前で 夫以外の男から辱めを受け洗面器に
排便することなど 今の母にはとても出来ることではありません。
たとえ遊びといえども こんな破廉恥な行為は、
体はおろか心も許した男と女こそが出来ることでしょう。
それは取りも直さず母が夫をないがしろにして 佐藤を愛していた証を
夫に見せ付けているようで母は悲しくなるのでした。

「幸子、ワシのチンボを口で行かせられたら許してやる」
佐藤がいやらしく 嬉しそうに太く勃起した男根を
母の目の前に差し出します。
もう母は必死になって佐藤の男根を口に含み 
音を出してしゃぶるのでした。
佐藤を射精させようと母は必死に尺八しますが、
佐藤はニヤニヤ笑って一向に射精する気配はありません。
その間も便意は容赦なく母を苦しめます。
「もう、ゆるしてー!」
とうとう我慢しきれなくなった母は、
佐藤の男根を口から吐き出すと立ち上がり便所へ急ぎました。
この後で どんな事になろうとも 夫の前ではこんな汚らしく
破廉恥な排便は見せたく無い母でした。

便所の戸の前で後ろ向きになり 後ろ手に縛られている手で
かんぬきを外すと便所に飛び込み 便器をまたぐと同時に
アヌスよりこげ茶色の水が噴き出しました。
『ビユー、バチャバチャ』と母の腸に溜まった便交じりの水が
二階の寝室から地上の便槽に延びた土管に当たって音を出すのでした。
『ブッブー、ブリッブスー』と
後から後からガスと一緒に肛門を震わせるのでした。
母は夫に こんないやらしく恥ずかしい行為を見られ、
その上音まで聞かれ尚更 夫に嫌われてしまったであろうと
思うと悲しくなり大声で泣くのでした。

すっかり排便が終わっても 涙が後から後から溢れて
母は便所から出ることは出来ませんでした。
「どれ、ワシが尻の穴を拭いてやろうな」
佐藤がちり紙で母の尻を拭きました。
後ろ手に縛られているとは言え 佐藤に尻の穴を拭いて貰っている所を
夫に見られていることが、なおさら悲しくて益々泣きじゃくる母でした。

『お父さんはどうして出てきてくれないんだろう?
本当にこのままあたしが犯される所を見る気なのかしら?
もう許して欲しい・・・』
母は泣きながら思うのでした。

佐藤に引かれるように便所を出た母は、部屋の真ん中に置かれた
洗面器に再び水が汲んであるのを見て その場に泣き崩れるのでした。
佐藤はまだ浣腸で母を苦しめるつもりです。





--------------------------------------------------------------------------------


夢うつつ(6)
愚か者 8/1(火) 02:24:41 No.20060801022441 削除
家に戻った私には確認しなければならないことがありました。
私の移動中に、桜井が自宅に電話を入れたかも知れないため、妻に探りを
入れてみる必要がありました。
「携帯が無いと不自由か?。」
「えぇ、急ぎなら、自宅の電話に来るだろうから良いけど、
相手の番号が解らないのよ。」
「友達に用事があったから探したんだけど・・・」
「誰からか、電話でもあったのか?」
「誰からも無いわよ。」
「アドレス帳で見れば解るだろう。」
「そうなんだけど、やっぱり不自由で。」
妻の表情から察するに、桜井からはまだ連絡は来ていない様です。
私は、少し安堵しながらも確信がない為、妻がトイレに行ってる隙に
自宅の電話の着信履歴を確認しましたが、私からの電話が最後でした。
もしやと思い、書斎の鞄から妻の携帯を出してみると、やはり桜井からの
着信が数件入っていました。
妻の携帯を鞄に戻しリビングに戻ると、妻がソファーの下を覗いています。
「まだ、携帯を探しているのか?」
「うん、家の中に有る筈なんだけど。」
「携帯呼び出してみたら。」
「あ、そうね、気が付かなかった。」
妻は、自宅の電話に自分の携帯番号を打ち込みます。
受話器を外したまま、トイレや洗面所などあらゆる所に行き、妻の携帯の
着信音がしないか確認していますが音はしませんでした。
私の鞄の奥のその携帯は、マナーモードにして有ります。
多少の振動音はしても、妻の耳に届く筈も無いのです。
そうこうしていると妻も諦めたのか、受話器を直しました。
「どうしよう。」
「家の中にあるんだろう?」
「その筈なんだけど・・・」
「落ち着いて考えたら。」
「契約し直そうかな。」
「2,3日待って見たら」
「・・・うん・・・」
妻は直ぐにでも、携帯が欲しいようですが、それ以上は言いません。
その時電話が鳴りのした。



夢うつつ(5)
愚か者 8/1(火) 02:22:39 No.20060801022239 削除
電話を切った私は、今度はポケットから携帯電話を出すと自宅に電話を入れました。
呼び出し音が数回続きやっと妻が電話に出ました。
「もしもし、阿部です。」
「僕だ。」
「あぁ、貴方どうしたの。」
「今日は、珍しく身体の調子が悪い。」
「どうしたの、大丈夫。」
「大した事は無い、風邪でも引いたかな。」
「身体、気を付けてね。」
「大丈夫だよ、今日は休みを取ったから。」
「そう・・・」
「ところで、夕方お客さんが来るのを言い忘れていた。」
「お客さん?」
「仕事のお客だから、断れなかったんだ。」
「解りました。」
「詳しいことは、返ってから話すよ。」
妻との話を終えると、自宅に急いで返りました。
自宅に戻った私は、直ぐに書斎に入り素早く着替えると、リビングに
行きました。
リビングに居た妻が、私の帰宅に気付くとすばやく駆け寄って来て、
私の額に手をあてます。
「熱は無さそうね。」
「大した事は無いよ。」
「ならいいけど。」
「お医者さんは。」
「一晩寝れば直るよ。」
「ところでね、私の携帯見なかった。」
「知らないな。」
「何処行ったんだろう?」
「良く探したのか。」
「無いのよ。」
ある訳が無いのです。
妻の携帯電話は私が持っているのです。
夕方来るであろう桜井と妻が連絡を取る事を避ける為、私が朝隠し持って
出たのですから。



表裏 信じたい
所 8/1(火) 00:02:38 No.20060801000238 削除
玄関のチャイムを押したが、やはり返事が無いので裏口に回ると洗濯物が乾してあり、その中の真っ赤なパンティーとブラジャーが目を惹く。
「はーい。どなたですか?」
その時表の方から、聞き覚えのある声がしたので玄関に戻ると、そこには見た事も無いミニのワンピースを着た妻が立っていたが、私の顔を見るなり絶句して震え出した。
妻の後ろ髪が少し乱れているのに気付いた時、絶望感から何も言えずにその場を立ち去ったが、どの道を通って家まで辿り着いたのかさえ覚えていない。
1時間経って、ようやく妻は帰って来たが、何も言わずに涙を流しながら正座する。
「泣いていては分からない。詳しく説明しろ」
得意先の一社が倒産して、ただでさえ減り続けていた仕事は激減し、一番新入りの妻は人員整理の対象になったが、その時社長から違う仕事を頼まれる。
「どうして隠していた!」
「隠すつもりは無かったです・・・・ただ・・その様な仕事は駄目と言われそうで・・・・・・・いつかは話すつもりでした」
「俺に言えないような仕事とは、どの様な仕事をしていた」
「工場にはいかないけれど、新しい商品の生地や材料を選んで決めたり・・・・他所の商品を見に行ったり雑誌を参考にしたりして、デザインを決めたり・・・・・・・・・他には掃除、洗濯、炊事などの家事一切を・・・・・・・」
「社長の奥さんは?」
「半年前に離婚されて、出て行かれたので・・・・・・・」
妻は離婚した奥さんの代わりをしていたようだが、そこには性欲処理も含まれていたのではないかと疑ってしまう。
「社長に子供は?」
「いません」
妻の話しだと社長は一人暮らしになるが、それでは洗濯物の中にあった、真っ赤なパンティーとブラジャーの説明がつかない。
「社長は女物の下着を穿くのか?」
「えっ?」
「真っ赤なパンティーが乾してあったぞ」
「それは・・・・・・・・・・私には分かりません。私は脱衣籠の中の物を洗っているだけだから・・・・・帰ってからの事は分からないので・・・・・・・・」
妻の話を信じたい気持ちは大きいが、余りにも不審な事が多すぎる。
「あの格好は何だ!若い時でも穿かなかったような短いスカートを穿いて」
「お客様も多いので・・・・・・私の服装は趣味が悪いからと・・・・・・・制服のようなものだと言われて・・・・・・・・・」
「とにかく、嘘を吐かなければならないような仕事は今日で辞めろ。分かったな!」
「はい・・・・・・ごめんなさい」
急なセックスレス。嘘を吐いて仕事に行く。トイレに隠れて携帯電話。ミニスカート。乾してあった真っ赤な下着。何より私の質問に答えている時のおどおどした態度など、不審な点が多すぎて信用出来ないが、私は真実を知るのが怖くなり、それは娘のためでもあると言い聞かせて、このまま済まそうとしていた。
しかし昼間はどうにか持ち堪えられても、夜になると考えてしまう。
妻が真っ赤なパンティーを穿かされて、ミニのワンピースを着て掃除をしている。
それを離婚した、欲求不満な五十男が笑みを浮かべて見ている。
はたして見ているだけで済むのだろうか。
いや、済むはずが無い。
何よりあの妻が、何も関係の無い男の前であの様な格好をするはずが無い。
私は飛び起きて、眠っていた妻のパジャマを荒々しく剥ぎ取った。
妻は訳が分からずに驚いて抵抗したが、目が覚めてくると私のパジャマを剥ぎ取って、逆向きに覆い被さってきて、音を立てて激しくしゃぶる。
私も負けない様に口で妻を責め立てると、妻は狂った様に頭を上下させて応戦して来たが、先に我慢出来なくなったようで、咥えたまま動きを止めて唸り声を上げていたかと思うと、急に口を離して大きな声で叫んだ。
「ダメ・ダメ・・・イク・・・・オメコ・イク〜」
妻に限ってと思いたいが、またオメコと叫んでいる妻を見ていると、やはりこのままでは済まされない。



--------------------------------------------------------------------------------






inserted by FC2 system