BBS1 2005/04 過去ログ



--------------------------------------------------------------------------------
[3277] 他人の精液 投稿者:よしお 投稿日:2005/04/25(Mon) 16:38

妻は最近まで夫以外とのセックスは汚いから嫌、コンドームをしても嫌と言っておりましたが
一度他人とのセックスをした時から堰が切れた様に夢中になり数ヶ月も経たない内に年下の彼氏をつくり
月一〜二度の彼氏とのセックスを楽しむ様に成りました。

最初他人とのセックスの時、私が見ている目の前で中だしをされ、
妻は射精に合せ腰を振りそれはそれは大量の精液を入れられ身体はピンクに染まり恥しさと絶頂感で放心状態でした。
射精の終った男が妻の身体から離れた時に私は堪らず妻の上にかぶさり
他人の精液が流れ出る妻に挿入しようとした時、「汚いから洗わせて」と恥しそうに言いましたが
黙ってガチガチに硬くなったペニスを挿入した瞬間、妻は「ウゥ〜〜」っと大声を出し今迄に見た事もない程の
のけぞりと絶頂間、膣の痙攣が長く続き私も堪らず射精をしてしまい妻の身体の中には大量の二人の男の精液が溢れ
妻は失神状態に成りベッドの上で両足を開いた割れ目から大量の精液を流し続けておりました。
以来、妻は彼氏とセックスをした後、精液の残る身体のままで帰宅し夫である私に抱かれる事が一番感じると癖に成ったようです。
昨日も射精された身体のまま洗わずに帰宅し直ぐに挿入した所、
大量の他人の精液が噴出し妻は何ともいえないほどの良い顔をしながら身体を震わしておりました。
妻165、

乱筆失礼致します。



--------------------------------------------------------------------------------
[3275] 妻が?A 投稿者:かなり 投稿日:2005/04/22(Fri) 23:10


ついに意を決し手を伸ばしベッドの脇のゴミ箱の中をまさぐろうとしたその時です。
妻が寝室に入ってきました。
風呂に入るだろうと思っていましたが、まだ入っていないようです。
「いつから風邪ひいちゃった?大丈夫?」
などと普通の言葉をかけてきました。
私は思い切ってコンドームの事を尋ねてみようか、いやそれは出来ない、と迷っていました。
ティッシュペーパーを捨てただけのふりをして、ベッドの真ん中に戻りました。
「すこしだるいんだ」
と答えていましたが、頭の中は浮気への嫉妬心でいっぱいで、うわのそらでした。

しばらく他愛もない会話をした後、妻は、おもむろに
「ねえねえ、今日は元気ないからエッチは無理?」
と言いながら私のベッドに上がってきました。
私の風邪がたいしたことはなさそうだと判断したのでしょう。

彼女はセックスの時には風呂に入らない事が多いのです。
私がそちらのほうが興奮するのでいつの間にかそういう習慣になっています。
そして私が疲れていてセックスできないで妻を舐めるだけの時でも入浴前の体を舐めるようになっていました。
私もいくら疲れていても、勃起しないわけではないので、妻が騎上位で動いてくれるなら挿入したいのですが、
妻はそういうことに厳しく、私がちゃんとできない時にはセックスはさせてくれず、クンニだけです。
逆に私がフェラチオだけして貰えることはないのですが。力関係から仕方のないことです。
妻はS の気があるのです。

「エッチしたいなぁ」「だめ?」
と妻は言いますが、結局セックスをしたいか、舐めるのがいいか私に選ばせるだけです。
まあ普段は私もそれで満足なのですが。
この時、私はショックに打ちのめされたままで、妻の性欲に満ちた少しピンク色に上気した顔や
挑発的な眼差しを見ても、心の興奮はあるのですが完全なインポの状態でした。
黒い大きすぎるコンドームの主に対して短時間で植え付けられた劣等感に打ちのめされたままなのでした。
セックスして何かを確かめたかったのですが、不能になって縮こまったペニスを見られることのほうが恥ずかしく、いやで少しためらっていました。
しかし性欲の強い時の彼女はいつものB型気質がさらに強まった状態ですから、私のそんな変化には気がつきません。
「じゃあごめんね、気持ちよくしてね。」
と言い、軽く微笑むと、いつものように私の顔の上に乗りました。
全て脱いで初めから直に舐められたいときもあれば、パンティーだけになるとき、何も脱がないときもあります。
ゆっくり舐めさせたいときは、何も脱がないで始めることが多いのです。
ズボンの時には、まずズボンの上から舐めることになっています。
彼女はズボンの上から痴漢に股間を触られる時みたいで興奮するから好きだと言っていました。
この時は、タイトなジーンズでした。
引き締まり上を向いた形の良い小さな尻と、裸になれば筋肉が浮き出るしなやかな長い足。
「電車で座席の前に立つと結構見られちゃうのよね、チラチラ股間とか腿とか。目で舐められるみたい」
「布地のすぐ下にはあそこがあるのに見られちゃってるっていうのが好き。形とかも分かっちゃうかもね」
と妻は以前言っていました。だからタイトなジーンズが好きだそうです。

妻はヘッドボードに手をかけて掴まり、脛で私の両腕を固定して(彼女はクンニで手を使わないほうが好きなのです)股間を私の口に当てました。
股の間のこもった熱気が私の顔にあたります。
できるだけたくさん唾液を出してジーンズの股間を濡らそうとしました。


この奥には私以外の男に貫かれたかもしれない性器がある。
いつなんだ、あのコンドームを使ったのは。
あんなに大きなコンドームを使うのだからペニスも巨大なのであろう。
そんなもので掻き回されたら赤く腫れ上がってるのだろうか?
今の妻の性欲はその男との性交の記憶がもたらしているのではないか?
ジーンズの奥に隠れたパンティーに滲みだした愛液はその男の巨大なペニスを受け入れるために女の体が反応しているものなのではないか?
男はもしかすると射精前にわざわざコンドームを外したのではないか?
この奥にある今までは私だけのものだった膣と子宮に精液を注ぎ込んだのだろうか?
ピルも飲んでいない無防備な子宮に男の精子が滲み込むイメージが卑猥に感じられます。
6年間分の私の精子で妊娠しなくても、その男がたった1回注入した精子で妊娠するかもしれないと云う恐れは現実的です。
強い男が多くの子孫を残すと言う現実なのでしょうか。
男のあまりに濃厚で多量の精液は今でも性器の奥に溜まり、興奮した子宮と膣の収縮で滲んできているのではないか?

いつもであれば、挿入するしないは別としてすぐに勃起するペニスがまったく反応しません。
焦り・・・。
自分で触ってしごきたいが、それも出来ないもどかしさ。
自分で触っているところを彼女が見て勃っていないことが判ってしまうのが怖いのです。

「ねえ、私の味する?」
「する・・」
「どんな味?」
「いやらしい味がする。」
「おいしい?匂いは?」
「する・・、蒸れた性欲の匂いがする。」
「今日は仕事中なんだかいやらしいことばっかり考えちゃったからかな。」
「なに考えてたの?」
「・・・」
「ねえ」
「ああそこ気持ちいい・・もっと強くして・・・」
「ねえ、なに考えてたの?」
「後で教えてあげるからっ・・・あっ・・」

20分以上妻は私の口や鼻にジーンズの股間をこすり付けました。小学生が机の角に股間をこすりつけて快感を得ているような感じです。

「こんなにしみちゃった、なんだかやらしいね。」
わざわざ枕もとの電灯を付けて、自分の股を覗き込みながら言います。
「もっと舐めたい?」と訊くと私がうなずくのを確認もせずに、ジーンズを脱ぎます。

パンティーは、私の唾液が主であったジーンズとは、まったく別次元の生々しい匂いと味がしました。
柔らかい肉筋を包んだ布地に必死でむしゃぶりついて、クリトリスの位置を探ります。
身長に比例して縦に長い大陰唇と小陰唇。そして性欲に比例して量感のあるクリトリス。
精液の味や匂いがしないか気になりますが、彼女の愛液でよく分かりません。
彼女の性欲のすべてが凝縮したようなあふれる愛液に唾液を絡めて布地の上からクリトリスを吸い上げます。
大陰唇の間にパンティーがめり込んでいます。陰毛が張り付いた大陰唇もしゃぶります。
いつもより充血が強いみたいです。
赤く膨れています。まさか本当に・・?

「クリトリスもっと吸って。」
「入り口もっとして。」
・・・
妻の性欲は本当に強いのです。
浮気を今までしていなかったのが不思議なほど・・・





--------------------------------------------------------------------------------
[3274] 妻の恋 投稿者:余熱 投稿日:2005/04/18(Mon) 23:56

30代半ばから女の浮気がはじまるっていいますが、妻に浮気されて許した夫も多いと思います。
私の妻は美人じゃないですが、もてる女で独身の時から恋多き女でしたが、結婚して子供が一人出来て、
家庭のこともきちんとする主婦でした。
子供に手がかからなくなると、習い事とか外に出ることが多くなってきて深夜帰りもたまにするようになりました。
ひょっとしたら浮気?とも思いましたが、私は自分が知らなければ、また家庭を壊さなければそれはそれでいいとも思っていました。
でも実際に浮気の告白された時はショックでした。
浮気といったって言葉がソフトですが、実際は妻がよその男と抱き合っておまんこしたということです。
体が震えて怒りと嫉妬でいっぱいになり妻を詰問しました。
ケンカごしの話しが続き、妻も私も酒をガブガブ飲みました。
昔聞いた、浮気妻を嫉妬にかられた夫が陰毛を剃ってしまったという話しを思い出し、
私も罰として妻の陰毛を鋏でジョキジョキ切り、次に安全剃刀で剃りました。
妻はこれで許されるならとじっと観念していましたが、ヒヤッと冷たい鋏が皮膚に触るとなぜか感じてしまって、
濡れて溢れてきました。
私もこのおまんこによその男の勃起したチンポが入って楽しんでいたと思うと堪らないくらい勃起していて、
とうとう妻と抱き合っておまんこしてしまったのです。
妻はよがり声を上げました。
私はセックスしながら妻にその男と2度と合わないという約束させようとしましたが、
ところが妻は私とセックスしながらも「いま恋してるの・・・お願い・・・会いたい」
妻の心はその男のことでいっぱいでした。
私は泣きたくなる思いでしたがますます勃起して突きまくる。
「こうやっておまんこしてたのか?」
その言葉は返って妻にその男とのセックスを思い出させてしまったようで、妻は「あ〜ん、あ〜ん」と泣き声のような声を上げながら腰を前後に動かしてきました。
こうして妻の浮気は黙認という形になって、それから3ヶ月間、妻は浮気相手と私とふたりの男とセックスするという異常事態が続いたのでした。
相手の男も妻とやるだけやって飽きてしまったのでしょう、妻の恋は終り、平常の家庭に戻ったのですが、
なにかもの足りなくなってしまいました。
あの恋の熱に浮かされていたときの妻の方が妖しげな魅力に満ちていました。
今になってみれば妻はもっと恋をしていろんな男に抱かれた方がいいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
[3273] 家庭内探偵 投稿者:秀俊 投稿日:2005/04/17(Sun) 07:01

私43歳、妻42歳子供2人の平凡な家庭です。
心の奥で妻を他人に抱かせてみたい、妻が浮気していたらと考えてると男です。

先日妻と子供達が半日でかけた隙に家庭内探偵をしました。
日ごろ妻の私物を触ることもないので、もしかして浮気でもとお遊びでのことです。
まずは下着の入ってる箪笥
見たことあるもの、ないもの、?派手だなと感じるもの、オバサンパンツ丸出しのモノ、奇麗に整頓され詰められてます。
小物入れには貴金属が入ってます。見たこともないピアスもありました。でも普段気に留めてないせいか・・。

続いて押入れです。バックが整然と並んでます。
いつも間にこんなバックを買ったんだか、私の小遣いを減らしてるやつが、腹が少々立ってきました。
バックの中を見ると殻、当たり前ですね。でも奥のバックからはバイブが2本??何であるの??妻が通販で買ったの?もしかして誰かと??小さなクリ専用?と大きな黒いモノです。おいおいいつ使ってるんだ?俺が昼頑張ってる時にアソコに入れてるの?

腹が立ったので、動かし電池を消耗させました。情けない動きで止まるバイブ。こうすれば今度調べた時に動けば、妻が使ってる証拠です。でも妻のたくさんのバックの中なんて世の旦那さん見ないですよね?。一度お試しあれ・・。

家庭内探偵の結果、バイブのみがでて来ました。
妻の自慰が見たい今日この頃です。



--------------------------------------------------------------------------------
[3272] マンネリ打破 投稿者:くま 投稿日:2005/04/16(Sat) 17:37

妻のオメコに私以外のチンポが刺さっているのを見たくなり、に頼んで犯してもらう
事にした。
酔っぱらって友達2人に家に送ってもらう事にした。もちろん芝居である。
俺を今に上げた後、すぐ横で2人が妻に襲いかかった。俺は薬で眠らされている事に
なっている。2人掛かりで服を脱がされている妻は必死で抵抗しているが、簡単に
下着だけにされてパンストやパンティーが破かれて行く。
破れた隙間からオメコや乳房が飛び出している。45歳でグラマーな妻に友達も興奮し
ている。2人ともズボンとパンツを脱いでチンポ丸出しで妻を襲っている。
2人のチンポは取り立てて大きくないが勃起して固くそそり立っている。
オメコを見られまいと足を閉じる妻も股を開かされ、2人にしげしげとワレメを見られ
てしまっている。年相応の陰毛と比較的閉じたオメコを見ながら2人のチンポがピクピク
反り返る。
一人が豊満な乳房を揉みとシャブリで味わっている。妻から見えない下半身ではチンポを入れる準備が出来たらしくオメコに肉棒が差し込まれた。
妻は弓なりになりオメコをに刺さっているのを見て抵抗する。ここから一人が手だけを押さえて正常位で妻を抱きしめ夫婦のようにチンポを振った。目の前で普段舐めている妻のオメコに他人のチンポが刺さっているのを見て私は射精しそうになる。
妻の抵抗も3分程度でオメコが濡れだして抵抗の代わりにあえぎ声を出すようになった。
腰を振りながら乳房を揉んで友達は妻を犯している。妻も屈辱感の間に来るチンポの
心地よさで理性の限界が来ている。チンポが我慢出来ずに射精するようでチンポを抜いて妻にくわえさせ射精をした。妻はセンズリを飲まされてしまった。
何とか逝かされないでいた妻ももう一人の新鮮で固いチンポが入ると我慢出来なくなり、オメコを振ってチンポの虜になりだした。
逝かされる直前のオメコに元気なチンポを入れられ妻に勝ち目はない。相手にオメコ・チンポなど卑わいな言葉を要求され言いなりにされている。
妻はもっとオメコしてといいながら一回目のアクメに達した。ぐったりした妻のオメコににセンズリをそそぎ込んで友達も満足そうだ。恥ずかしいが私も見ていて大量の射精を
してしまった。タンスから妻の下着や服を出して着せてからもう一度レイプを始めた。
立たせて満員電車の痴漢風に立ちマンをしたり、風呂の中でオメコをしたりして妻を淫乱にさせていく。
2人とも5回は射精して妻も6回ほどアクメに達した。
2人は約束通り妻の手足を縛り帰った。目が覚めた振りをして「誰にされたんだ オメコをされたのか」と白地らしく聴いてから清めると私もオメコを始めた。
オメコをしながら妻に「相手のチンポで逝かされたのか」と聞くと逝かされてないと
答えた。さすがに逝った事は言えない様だ。
レイプされていた妻を思いだして興奮のあまり3回もオメコをしてしまった。
自分の妻が他人にオメコをされているのを見ることは刺激になり、マンネリした夫婦
関係が一皮むけた様だ。
友達も今度は自分の妻をオメコして欲しいと後日言ってきたので同じ事をした。
何万回もオメコをしてきた妻の身体がやけに美味しく感じる。


--------------------------------------------------------------------------------
[3271] 妻が? 投稿者:かなり 投稿日:2005/04/15(Fri) 00:23

私は35歳で製薬会社の営業です。妻は32歳の薬剤師で大手のドラッグストアに勤めています。
子供はいません。散々検査したのですが、二人とも明らかな異常は見つからず、人工授精をするほど欲しいとも思わず、なんとなく諦めています。

妻とは大学時代に知り合い、交際後に結婚し6年目です。
妻はいわゆるB型人間で頭がよく話していて楽しいのですが気分屋なところもあります。
背が173cmと私より3cmほど高く、時には高圧的と言われることもあるようです。しかし根は良い奴だと思っています。
妻は中学までは水泳と剣道をやっていて高校・大学はサッカーをやっていました。
私は運動音痴で正直何も出来ません。
口げんかでも大体妻の言い分が通るのですが、体で喧嘩しても私が敵うか心配なほどです。

3月下旬のある晩のことです。
私が先に帰宅し、次の日がゴミ出しの日だったので、各部屋のゴミをまとめていました。
寝室のベッドの脇のゴミ箱もゴミ袋に移し変えている時、なにやら黒いものが見えました。
2人とも花粉症なのでゴミ箱の中はほとんどが鼻をかんだティッシュペーパーなのです。
しかしそれは私たちが買ったことも使った事も無い黒いコンドームでした。
私たちは子供が欲しいのは事実ですが、排卵日意外は始末に困るからという妻の要求で1年ぐらい前からコンドームを使用しています。
いつも大体決まったピンク色のものです。

まだ妻は帰宅しておらず、私は震える手でそれを取り出しました。
あまりの緊張で、うまくつまめません。
新しいティッシュを広げその上に置いたまま何も考えられなくなっていました。
そのまま、どれだけ時間が経ったか分かりません。
妻の携帯から電話があり我に返りました。
駅に着いたからもうすぐ帰るねとの事でした。私は大急ぎでティッシュもろとも、もとのゴミ箱に戻しゴミ箱も元のとおり寝室の私のベッドの脇に置きなおしました。

妻が帰宅するといつもとまったく変わりが無い様子です。
私はボーっとして高熱があるときのようで、何も考えられませんでした。
風邪気味で具合が悪いからと言い、すぐにベッドにもぐりこみました。

浮気なのか?本当に浮気なのか・・・?
世間で不倫などが話題になり他人事としてよく耳にはするが、本当に自分の妻が浮気をしているのか・・?
グルグル頭を駆け巡りました。

そして黒い巨大なコンドームの映像が目に焼きついて離れません。縦方向に伸びることはあってもコンドームは横方向にはあまり伸びません。
しかしそれは自分のコンドームの大きさからは、初めは何なのか想像もつかないほどの大きさだったのです。
だしをとるのに使用した昆布のようでした。
先端には精子は入っていないようでした。
いやどうだったか?本当か?
自分の記憶すらあいまいです。
もう一回確認したいが・・怖い・・見たくない・・・

しかし妻が一人でそんなものをどう使うというのか?
そうだ、バイブ?
妻が内緒でバイブでも買ってそれに着けたのだろうか?
しかし妻はほとんどオナニーは殆どしないはずだ・・。

私が疲れているときでも自分の性欲が高まるといつでも求めてきます。
疲れていると言うと「出来ないなら舐めて」、と言って、パンティーを脱ぎ顔にまたがったりすることもしばしばです。
運動になるねなんて言いながら激しく腰を振り、私の顔の上で達します。

いや、もしかしたら、何かのいたずらで郵便受けに入っていただけではないのか?ドラッグストアの景品の余りかもしれない。
それを妻が興味本位でベッドで開けただけかもしれない・・
そうならば!そうならば、今まで通りでいられる!
しかし、コンドームの根元の表面には愛液の乾いたような白い筋が有った気がする。いや私の妄想か・・?
ついさっきのことなのに確信が持てない。

それでは何なのだろう・・やはり浮気相手のものなのか?
浮気相手は私にメッセージを発しているのだろうか・・?
わざわざ、ベッドの妻の鏡台のある側のゴミ箱ではなく、私のクローゼットのある側のゴミ箱に捨てたのはそういうことなのか?
「お前の女房に挿入したぜ」
巨大で強靭な体躯を持つ男が、圧倒的な太さと長さを誇る陰茎をかざして、そう言い放つイメージが脳裏にちらつきました。

見たい、もう一度見て確認したい。
妻に挿入されたものなのか?
男が装着したものなのか?
精子の有無だけでなく、その大きさももう一度見てみたい・・怖い・・・その男のイメージに怯えている。

ベッドの端に寄りそっと手を伸ばせば、すぐに届く所にある。
精子が入っていれば臭いがしてもおかしくないぐらい近くにそれはある。







--------------------------------------------------------------------------------
[3270] 妻の浮気〜公認するまで 投稿者:はやた 投稿日:2005/04/12(Tue) 22:33

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。
14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。
と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。

かくいう私も浮気相手の1人だった。
私の友人の彼女だったのだ。
初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、
帰りに私が彼女を送ることになったその日、

「N君、最近いつエッチした?」
「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、
セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」
「せんずりしてるの?」
「はっきりいうなぁ〜、まあそうだけど」
「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」
「あははは」
「中に出させてあげようか?」
「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」
「内緒でエッチしようよ」
「ほんとに?」
「N君のエッチどんなのかなぁ〜?」
「普通だと思うよ」

そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。

「一緒にお風呂入る?」
「いいの?」
「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」

彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。
こんなに乱れる女は初めて見た。
キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め
ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、
射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。

「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から
アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」

彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を
トロトロと流し込んだ。

それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。彼女は私に他の男と浮気した話や、その時のエッチの様子を詳しく話すようになった。
それからしばらくして、彼女は親友のT子の彼氏と寝たために、すべての男にすべてをばらされて1人になった。
というよりもセフレの私1人になった時期があった。

その時に私とのエッチで妊娠してしまい、結婚することになった。私もそれでイイと思った。好きだったからだ。

それから2年間普通の夫婦生活を過ごした。
生活が楽ではなかったので彼女は時々友人の経営する
スナックにアルバイトに出たりして家計を助けてくれた。

ある日、スナックのママから自宅に電話がかかった。

「けいちゃんいます?携帯に出ないからお風呂かな?」

その日、妻はスナックのアルバイトがあるといって
出かけていたのだ。

「いや、いませんけど..」
「そう、急に団体が入ったからバイトに出てもらえないかなと思って..」

妻は嘘をついて出かけていたのだ。
私は知らん振りをして居ないと言った。
夜中の1時過ぎに妻から電話が入った。

「今日、今からママとお客さんと飲みに行かないといけないから遅くなる。ゴメンね。朝までコースの可能性があるから先に寝てて。」

私は「いいよ、ごゆっくり」

とだけ言って電話を切った。
間違いなく妻は浮気をしている。
どこかの誰かに抱かれている。
そう思いながら布団に入ると、ペニスが硬くなってきた。
全裸の妻が他の男のペニスを入れられて大声で悶え狂いながら「中に出して、主人以外のチンコから精液が出されるぅぅ」
と叫びながらイクのを妄想しながらティッシュの中に射精した。

妻が帰ったのはおそらく朝方で、私は1人で起きて仕事に行った。
仕事から帰って、いつも通り妻と話したが妻は何事も無かったように優しかった。
私も無駄な喧嘩はしたくなかったし、追求するとどんな展開になるか想像できたので、何も無かった振りをした。

しかし、翌日妻がスナックに仕事に行って帰ってきたときに
妻のほうから話を切り出してきた。
そうだ、ママが電話したことを妻に話せばバレるのは当然だからだ。

「怒らないの?聞かないの?どうして知ってて何も言わないの?私の事、今でも愛してる?どうでもいいと思ってるの?」

妻から質問攻めにあった。

「浮気してたのか?って聞けばいいの?もしそうだとしたら、どうすればいい?別れるって話するのか?俺は別れたくないし、お前のことをすごく愛してる。元々俺は浮気相手だったし、お前が他の男とエッチした話なんて嫌と言うほど聞いて来たから今更それをどうこう言ってもしょうがないよ。」

「ごめんなさい」

妻は泣き崩れた。
そして私に抱きついてきた。
私たちはそのままベットに行き、全裸になって絡み合いながらセックスした。

妻の中にペニスを入れた後、つい先日、朝までこの中に他の男のペニスが入っていたと思うとペニスが驚くほどカチカチに立ってきた。

妻の中に男のエキスを注ぎ込んだ後、2人とも放心状態で
ベットに横になっていた。

「前からわかっていたかもしれないけど、私自分の男や旦那以外の男に抱かれる妄想癖がすごく強いの。
あなた以外の男のチンコを入れられるって想像しただけでエッチしたくなるし、彼氏や旦那以外の男と2人きりとか口説かれたりしたら、異常なくらいにその人としたくなってくるの。今は人妻だから、いけないこととわかってても少し口説かれたりすると、この人が私にチンコ入れたがってる、
あなたに内緒でこの人のチンコ入れられて感じてしまう。
精液を中に出されたらどうしよう、気持ち良くなって
出して出してって叫びながらエッチする自分が怖い、でも
したいって身体がどうしようもなく求めてくるの」

そんなことを妻がしゃべり始めた。
私は妻に浮気をしてもいいよと言ってしまった。
そして、私が妻の浮気を想像したらペニスが勃起して
たまらなく興奮したことを話した。

そして、浮気を公認する替わりに、その時の様子を
日記に打ち込むことを約束させた。
そして、さっそく先日嘘をついて浮気した事をpcに打ち込ませた。


4月2日

初めて私についてくれた常連のお客Eさん。
近くの布団屋さんで歳は52歳。
頭は禿げてるし、お腹も出てるし、助平そうなおじさんだけど
初めて私を気に入ってくれたというだけで嬉しいし
なんだか可愛く見えてくる。

店で私のおっぱいを触ったり、お尻を触ったり
エッチな話ばかりしてくる。
この前は、奥のBOXに2人だけで、他は団体だったから
他の女の子に話を聞かれることもなくて
私も酔っていたから、ついつい調子に乗ってエロ話で
盛り上がった。

エッチしたらどこが感じるとか、男のチンコの形の話や
今までにエッチした人にどんなことをしてあげたとか
話した。

そのうちにEさんが私の手を自分の太股に置いてしゃべっていたのだけど、Eさんのチンコが立ってきて、私の手に
先っちょが当たり始めた。
びっくりして手を引こうとしたけど離してくれない。
ニヤニヤしながら熱い目で私を見ながら

「けいちゃんの中にチンコ入れてみたいなぁー」
「けいちゃん裸にして全身舐めまわしてみたいなぁー」

そんな話をしてくる。
この人のチンコがかなり大きい。
自信たっぷりに触らせるだけあって、固いしエラの張り方が
結構あるみたいで、ついエラのところをつまんで擦ってあげた。

「Eさんってエラが大きくない?」

って聞いたら

「このエラで擦られてみたいか?」
「えーっ、でも気持ち良さそうね」
「けいちゃんの中で擦ったら気持ち良さそうだなぁー
けいちゃんの中にチンコ汁たっぷり出したらたまらんだろうなぁー」

そんなことを言い出した。

「えーっ、私Eさんとエッチしたら中出しされるの?」
「ああ、たっぷり中に出してやるよ。旦那に内緒で
他の男に出されたらエッチな気分が倍増して気持ちいいぞぉー」

その言葉を聞いた瞬間、腰が抜けそうなくらい興奮した。
今触っているチンコを入れられて、その先っちょから
Eさんの精液を流し込まれるなんて想像したら
あそこがジンジンしてきて、すごくエッチしたくなってきた。

「明日、ご飯でも一緒に食べに行かないか?」

そう誘われたとき「犯られる、Eさんにチンコ入れられる」
そう思った。でも、断る理由も無いしOKした。


4月3日

Eさんと【囲炉裏】で食事をした。
旦那には店があるからって嘘をついて出た。
しかも、勝負パンツ...
もしかして私、やる気(やられる気)満々?
普通に食事して普通に飲んで、次の店に行った。

ニューハーフのお店だった。
ここではエッチな話で盛り上がった。
気が付いたらEさん、ほとんどお酒を飲んでない。
もしかしてやる気満々?

ちょうどおおぜいお客が入ってきて
女の子?がそっちに行ったとき、Eさんが

「でようか?」と言った。
「どこに行くの?」と聞いたら
「気持ち良くなるとこ」と言った。
「どこで気持ち良くなるの?」
「どこがいい?」と言うので
「ソープランド」と言って茶化した。
「けいちゃんの中で気持ち良くなりたいよ」
「私の中で?私、Eさんのアノチンコ入れられるの?」
「嫌か?」
「恥ずかしい」
「けいちゃんの中にたっぷり出したいな」
「中に出すの?私の中にEさんの精液出されるの?」
「ああ、一杯出すよ」

私はどうしようもなく興奮して来た。
ベットの上で全裸にされて、身体中舐められて
Eさんのチンコも舐めさせられて、
私のあそこも舐められて、チンコを入れられて...
そんな妄想で頭が一杯になってきた。

「Eさん、ホントに私やられるの?」
「行こう!ママ計算して」

私はEさんとホテルに入った。
Eさんは風呂場に行ってお湯を出すと
さっさと服を脱いで全裸になった。
私の目の前に全裸のおじさんが立っている。
チンコはまだ立ってない。考えてみたら50代の
男とエッチするのは初めて。

「風呂に入ろう」
「先に入ってて後で行くから」

そう言うとEさんは風呂に行った。
私も裸になって風呂場に入った。

「うわぁーけいちゃん結構おっぱい大きいなぁー。」

初めてエッチする人に裸を見られる瞬間。
すごくドキドキした。
Eさんに抱きしめられてキスしながら乳首をコリコリって
触られた。腰が砕けそうになった。
おっぱいを舐められながらEさんのチンコを見たら半分立っていた。
Eさんは丁寧に私の身体を洗ってくれて、自分の身体も
洗ってくれというので洗ってあげた。
私の手の中でEさんのチンコがカチカチに立ってきた。
お湯で流してあげた後舐めてあげた。
この前触ったときより随分大きいし、エラの張り方が
すごくエロい。

「こんなの入れられたら私壊れるかも」
「たまらん、ベットに行こう」

身体を拭いて私が先にベットに入っていると
Eさんは下からもぐりこんできた。
いきなり股の間に頭を入れてきて、クリトリスをチューッと
吸われたからつい悲鳴を上げてしまった。

「ちょっと待って、旦那に電話しないと店が終わる時間だから」
「いいよ、そのまま電話したら?」
「ダメだって、変な声がでちゃう」
「イイからイイから」

私はEさんにあそこを舐められながら旦那に電話した。
声が出るのをガマンするのに必死だった。

その後、1時間くらいEさんに全身を嘗め回された。
お願いだからチンコ入れてと言うのに入れてくれなかった。
ようやくEさんのチンコを入れてもらったとき
涙が出てきてしまった。
悲しい涙じゃなくて興奮した涙を流したのは初めて。
Eさんの身体の下で私は何度も何度も泣き叫びながら
イカされた。
あそこの中を引きずり出されるようなエラの感覚は
今までで初めて。
チンコを抜いたり入れたりして50代のくせに
すごい絶倫だった。

いよいよ中に出される時が近づいたときに
Eさんが私の上で気持ち良さそうな顔で
「出そう出そう...けいちゃんの中に出そう」

Eさんの顔が可愛くて、キスしながら中に出された。
あそこの奥に暖かいモノが出てくるのがわかった。
この瞬間が一番エッチで興奮する。

旦那以外の男が私の上で腰を振り
そのチンコを私の奥深くに差し込まれ精液が注ぎ込まれる
官能小説みたいな言葉が頭の中をグルグル回る。

しばらくして目隠しプレイをされた。
壁についていた器具に手足を縛られて、目隠しをされたまま
自動販売機のエッチなおもちゃを次々に買って
それで弄ばれた。
何を買ったかわからないし、どんなもので
されているのかもわからないからすごい興奮だった。

次にはEさんが自分もやってくれっていうから
私もEさんを遊んであげた。

結局、中に2回、口に1回精液を出されて4回目は途中で
萎えてしまったから、バイブで私をイカせてくれた。

とにかくすごかった。








--------------------------------------------------------------------------------
[3269] 念願成就8 投稿者:熟熟年夫婦 投稿日:2005/04/12(Tue) 16:39

杉山さんとオマン○の限りを尽くした妻に私の短小のちん○を挿入し、すこしこするともう射精したくなりア〜〜〜ア〜〜〜と叫びながらトロトロと妻の中に果ててしましました。さすがに3回目はもうほとんど精液は無くなっていました。その後、ベッドで並んで数時間眠りにつき、熟睡してしまいました。目が覚めると妻は、微笑みながら「あなた・・・よかったのよね・・・これで」と言いながら私に甘えてきました。
私は、「もちろんだよ・・・お前はどうだったんだい?」と聞くと「夢中で分からなかったわよ」といいながらも満更ではない様子でした。
翌朝、ホテルから二人で家に戻り、杉山さんにお礼の電話をしたところ、また是非、妻とさせて欲しいとのことで、「妻もまたしたいと言ってます」と答えてしまったのです。
このとき、杉山さんにはあるプランがあったのも知らない私と妻でした。
それは、翌日の日曜日に杉山さんから改めて電話があり、「奥様の本心を知る体験をさせてみませんか?」というものでした。
「なんでしょうか?」と尋ねると「あなたの知らない奥様の本当の姿を知りたくありませんか?」ということでした。
私は「、思わず「それは知りたいですけど・・・・」と言うと「今度は私が奥様にお誘いの電話をして二人だけでデートをさせてくれませんか?」と言うのです。「え!」と思わず声が出てしましました。「奥様が二人のときにどんなことをするのか知りたいでしょう?」と杉山さんが畳み込んで聞きます。「え・・・・それは・・・」というと「私が奥様に本当の気持ちを聞きだし、テープに撮ってあげますよ」と言うのです。
私はお任せしますと言ってしまったのです。(続く)


--------------------------------------------------------------------------------
[3267] 最近の妻 投稿者:情けない夫 投稿日:2005/04/08(Fri) 12:03

29歳の妻は新しく配属された部署に気に入った男がいるようです。
先月、会社の飲み会から帰ってきた泥酔状態の妻にいろいろ聞いたら臆面もなく
「すっごくタイプ、やりたい」
と言うのです。
どうやら40歳くらいの上司の男のようです。

過去に何回か妻に浮気されたことのある私は、嫉妬まじりの強烈な興奮を感じる、みなさんと同じ嗜好の人間ですから「妻物語」は1年くらい前から拝読させてもらってます。妻も私に寝取られ願望があることを知っていますし、「妻物語」も半ば公認です。
ただそのことで多少軽蔑されているようなので、今はほとんと性交渉をもつことはありません。
しかし淫乱な妻が私との月に1回在るか無いかのセックスで満足できるとは到底思えません。
以前のようにどこかで浮気しているとしか考えられません。

きっと、その上司も、この女とならやれる、と薄々感づいているでしょう。いやもう妻の体を弄んでいるのかもしれませんね。
だって妻は誰がどう見ても、妖艶な顔立ちに美しい体。
この前、仕事帰りに一緒に買い物をしてレジに並んでいたら、いくつもあるレジの中で私と妻が並んでいるところだけ全て男性でした。
いやらしい目つきで妻が眺められていました。

上司がそんな妻を放っておくわけがないか…

3日前も飲みに行きました。やはり会社の飲み会です。
泥酔して帰ってきた妻に問いただそうとしましたが、ソファーに昏倒です。
帰りの遅い妻の痴情を想像してすでに自慰を2回していたのですが、昏倒している妻のあられもない姿に再び欲情して、スカートをずらし、シャツをめくって乳房を露出させて、携帯のカメラでいろんなアングルから写真を撮ったり、ビデオカメラで撮影しました。
そしてパンティーとパンストをはいたままの妻の陰部に射精しました。もちろん精液まみれの姿もカメラに収めました。
毎日その写真を見ながら自慰しています。

もうどんなアダルトビデオや現実の女性にも興奮しなくなりつつあります。
昼も夜も妻のことを考え自慰してしまいます。
でも妻はきっと、私以上に好きな人とほぼ自由に体を重ねあっているんですね。
もちろん妻に振り向いてほしい気持ちもあります。
情けない夫です。
どうしたものか…

今朝も自慰してしまいました。スーツ姿で出勤する妻が淫猥な娼婦のように見えました。
きっと会社の同僚も娼婦として妻を見ることでしょう。







--------------------------------------------------------------------------------
[3266] 苦悩 投稿者:悩める公務員 投稿日:2005/04/07(Thu) 13:39

結婚7年目。私36歳、妻34歳の夫婦です。
いつの頃からかセックスレスになりましたが、休日には二人でデートもし、仲の良い夫婦だと思っておりました。
ですが半年前、妻の化粧台の引き出しを開けた時、手術同意書と書かれた紙と婦人科の診察券を見つけてしまいました。
中絶手術の同意書です。
愕然としましたが、妻に問いただすことはできませんでした。
子供ができたとしたら、当然私の子供ではありません。
その数日後、私が帰宅すると、妻は体調が悪いからと横になっていました。
妻が他の男と浮気をして、子供を孕んだことはとてもショックですが、それを切り出して問題を大きくすることは望んでいません。
何も知らない振りを今日まで続けていますが、妻の異変はそれだけではありません。
もう風呂も別々に入っているのですが、風呂上りに一瞬見た妻の下半身から、恥毛が消えているのです。
食事の時は冗談を言い合ったり、ふだんの様子は変わりません。
それだから余計に、嫉妬と妄想が膨らみ、時々気が狂いそうになります。
妻は他の男に妊娠させられ、中絶した上に、今でも体を玩具にされているのです。
私が気づいていると判れば、結婚生活は破綻すると思います。
情けない話ですが、これほどの裏切りを受けても妻と別れたくはありません。
私が知っていることを隠したまま、相手の男と別れさせる方法はないでしょうか?
なんだかこの掲示板にそぐわない内容で申し訳ありません。
ただ妻が顔も判らない男に弄ばれていることを思うと、嫉妬と興奮でどうしようもなくなります。





--------------------------------------------------------------------------------
inserted by FC2 system