BBS1 2001/10 過去ログ


--------------------------------------------------------------------------------
[1219] まさかずさん 投稿者:PICO 投稿日:2001/10/30(Tue) 19:25

特別セミナーの続き、早く聞きたいよ〜ぉ!!


--------------------------------------------------------------------------------
[1218] 知らなきゃ良かった 投稿者:ガス屋 投稿日:2001/10/30(Tue) 02:58

 八日間の予定だった出張が一日早く終わったので、その日の午前中は会社に顔を出したが、午後から有給休暇にして家に帰った。

 帰ったら、誰か家に来ていた。誰だか判らないので。音を立てずに家に上がってみると、妻と、知らない男が、一緒に風呂場でシャワーを浴びながら、抱き合ってキスしていた。

 びっくりしてしまって、そのまま外に出て、夕方まであちこちフラフラして時間を潰した。夕方になって家に行ったら、妻は出掛けていて留守だった。一体、普段は何しているんだろう。


--------------------------------------------------------------------------------
[1217] 浮気の代償 投稿者:花騎士 投稿日:2001/10/30(Tue) 01:33

仕事で多忙だった1年弱、家庭を放ったらかしにしていたら、妻が
浮気をしていたようだ。相手は近所の信金の行員。車の車検代にでも
と貯蓄の話を持ってきて、その頃から関係していたようだ。
場所はよりによって自宅で。週に1度は関係を続けているようだ。
俺は仕事に忙殺され、家庭を多少は顧みないところもあったが、こん
な仕打ちはないだろうと思い、ある計画を思いついた。
信金の野郎と情事に入るころを見計らって自宅付近に張りこんで
写真を撮った。そして妻の知らない自分の友人に頼み、その写真を
現像して自宅へ封書で送りこんだ。「これをばら撒かれたくなければ
ここへ電話しろ」ってメモをつけて・・・・。
受け取った直後に早速電話があったらしい。予め友人には写真の
受け渡し日時や場所を決めておいたので、そのことを妻に伝え、計画
実行の日を待った。当日、子供を知人に預けたのか妻は一人で指定
したシティーホテルのロビーから友人の携帯に電話をしてきた。
「もしもし・・」こわばった声で電話をしてきたらしい。
「そのまま90x号室へ上がれ」と手短に指示をして電話を切った。
部屋には俺もいた。ノックする音が聞こえ、友人が出迎えると、
その場で目隠しをし部屋の中へ入れた。硬直した体を見るとこれから
何をされるか悟ったようだった。「あの・・写真は・・」少し震えた
声で妻が聞くと、すかさず友人は「あの男とは部屋の中で何をし
てるんだ?奥さん」と問い掛けると「い、いえ、そんな何も。。」
と返事にならないようなことを言ったので、「それじゃあ写真は
返せねえなぁ」と言って妻の乳房に手をやった。「やめてください」
抵抗はするが、相当動揺しているようだ。「ま、子供じゃねぇんだ
し俺もだいたいナニしてるかは見当がつくよ。おんなじことでも
してもらおうかな、とりあえずな」と言って服を脱ぎ始めた。
「奥さんよ、ホラ、まず服脱ごうや、下から行こうか?パンティー
見せてみいや」少々荒げた言葉で妻に命令すると「勘弁して下さい」
と半分泣きかけて訴えると、「あ、じゃぁ写真はいらんのね、
帰る?」というと「いやぁ・・・・・」と言ってその場に泣き崩れて
しまった。「泣いたってしょうがないだろう?ほら、するのか、
しないのか?」と聞くと「しますぅ」と半ば諦めたような声で答
えた。部屋の中央で履いていたGパンを脱ぐと見覚えのあるパン
ティーが顔を出した。「ほう・・・スケベなモンはいてるねぇ」と
友人が言うと「見ないでください」と訳のわからない反応を示した
ので友人は笑った。「とりあえず、そこ座って足開いてみ」と指示。
もう言われるがままの妻はペタンとその場にしゃがみ込み、そっと
足を開いた。友人は妻をそのまま後ろに倒し、足を大きく開いて
股間に手を押し付けた。そしてパンティーの上から愛撫をし、時折
ももの内側を舐めたりしていた。必至に声を出さないように我慢して
いる様子が目隠ししている顔からも伺える。しかし耐え切れず声が
もれてきた「う、う、うぅ・・・」そしてパンティーの中に指を入
れて掻き回すように愛撫する頃には、耐えるどころか我慢もせずに
声を出していた。「ほら、あのオヤジにはどんな風に感じさせたか
おれので再現してみろ!」友人が半立ちの股間を妻の顔に押し付
けると諦めたのかすんなりと受け入れていた。フェラはもともと
好きでない妻が見ず知らずの男のチンポを入念に丹念にしごき、
咥えていた。自分にも見せたことのない姿に少し俺は動揺した。
そしていよいよ挿入・・・「お願いだから避妊はして!」の懇願
むなしく生挿入されてしまうと、もう止まらないピストン運動に
されるがままの妻。一部始終は部屋に備え付けたカメラが撮って
いる。俺の友人が果てると、次の悪友2人が順番に妻の股間に、
欲の塊を押し込み続けた。3人で2回から3回ずつ終わると妻は
ぐったりしながらも「写真は・・・」と聞いてきたので、
「これか?」と約束通り写真とネガを渡した。気丈なのか、服を
着替えるとそそくさと部屋を出て行った。出る前に友人が妻に言
った。「奥さん、外でたらもう一回俺の携帯に電話してや」妻はうなずくと部屋の出口で目隠しを外され外に出された。
数分後友人の携帯に妻から電話が来た「奥さん、楽しかったよ。今の
は全部ビデオに撮ってあるからさ、また取りにきてよ。そうだね、
来週くらいがいいかな?次回はもう2人くらい多く連れてくるから
さ、ね!」次回は来週。




--------------------------------------------------------------------------------
[1216] 妻を調教に4 投稿者:A 投稿日:2001/10/28(Sun) 23:23

 彼からのメールが来たのでその内容を報告したいと思います。最近送られてくる妻の様子は、淫乱を通り越して、よくこの手のホームページや投稿系の写真雑誌で言われる「変態の雌豚奴隷」に完全に成り下がっています。私が彼に託して長期間の調教をお願いしたわけですがここまで変わってしまうとは思いませんでした。今回のメールでは、デジカメの写真が20数枚送られて来ました。内容は、スワッピングの相手とのツーショット写真で撮影は、彼がしているようです。今回は、露出的な写真が主なようです。妻は、年がいもなく髪の毛を金髪のように脱色し眉も細くし、服装は、白のブラウスに乳首が透けるようなブラジヤーに高校生が履くようなミニスカートというようなかっこです。写真の何枚かを説明すると、1枚は、若い20台前半くらいの茶髪の男に寄り添うように歩いています。どうみても妻は、周りから浮いていて私じゃなくてもいっしょに歩くには、はずかしいくらいです。他は、
・ 車の中で男の一物をほおばってフェラチオしている写真。
・ 唾だらだらでデープキスしている写真。
・ 股をひろげてあそこがしみになっているパンティを出している写真。
・ 車の中でセックスしている写真。
・ セックスが終わってあそこから男の白いものを垂れ流している写真。
などです。彼からの話では、最初は、他の男性とのプレイは、いやがってかなり抵抗していたようですが何回か無理やりにでも経験するごとに妻は淫乱さを増し、今では自分から進んでプレイしているようです。また、彼から妻の体に刺青をいれたいとの申し入れがありましたが、私としては、妻が将来家に帰ってきて普通の暮らしをする上で支障があってはいけないのでそれは、ちょっと待ってくれとのメールを送りました。しかし、妻は、承諾しているらしく今後のメールやビデオで妻の体に刺青がはいっている日は、遠くないのかもしれません。今回の報告は、これくらいにします。



--------------------------------------------------------------------------------
[1215] 妻が浮気してた、、、3 投稿者:トオル 投稿日:2001/10/26(Fri) 21:39

1200と1205のトオルです。
レス等ありがとうっす。
いろいろあるんだなぁと思いましたがケースバイケースですよね。

さてあれからの報告と今後の計画みたいなものを書きたいと思います。
まず報告ですがあれから妻も俺がいつもと多少違うとこに気が付いたのかやけに帰りの
時間を気にするようになって浮気あいてともあまり会っていないようです。

私はと言うと仕返し計画の具体案と実行に移しました。(笑)
まず計画ですが妻が一番嫉妬するような女との浮気がいいので妻のよく会う親友で私の友人でも
ある人妻の仮称アヤがいいと考えました。
このアヤは結婚3年目で見た目かなり若く見えてどっちかと言うと広末涼子を二十代半ば
にした感じで私の妻と同じ学校に通っていた人です。
自分ともかなり前から友達関係でかなり結婚前ですが妻の相談とかアヤの彼の相談とか話を
して一時はつき合うかもと思った時もありました。
ひさしぶりではあったのですが電話して今回の妻の浮気を知っていたのか遠回しに聞くと
全く知らないらしく相談のってくれと頼むと昔のよしみもあり即OKとの返事、早速その日に
会うことになりました。話が話しだけに自分の車の中で話し、最初は昔話に花が咲きましたが
本題に入ると俺のショックな気持ちや仕返しがしたい気持ちも分かってくれ自分の親友ではあるが
とても怒りそれなら協力したいと嬉しい申し出と実は自分も今の旦那と別れを考えているらしく
それがOKの理由かなとも思いました。

その日は簡単な計画を決めました。
まず妻にどう気が付かせていくか、これは妻とアヤさんが会っているときに携帯にかけたり
私と妻が居るときに私の携帯にかけさせることで決まりました。
あとは何時ごろ見せるかとかだけ話しましたが一ヶ月くらい先がいいとなりました。
そんな所で話が決まるとアヤが、なんか見せる為にするのって緊張するね、だって見てるの
分かってながらするんだもん、、、と言い少し練習しとこうよ、と言い出しました。
えっ?!今から?。うん。
まずはキスすることになり濃厚なキスをかなりながい時間しました。
アヤの多めの唾液を舌で私の口の中へおくられ、飲んで、、、と言われゴクっと飲み
今日はこれで帰ろう、と言いそこまでで帰りました。

とまだここまでなのですが明日仕事が終わったあと会う約束になってます、たぶんSEXに
なるんだろうなと思いますのでまた報告します。
--------------------------------------------------------------------------------
[1213] やられる妻 投稿者:ご主人様 投稿日:2001/10/26(Fri) 17:57

私の妻は36歳で黒木瞳似なんですが、今妻には3人のSEX相手を
つけさせてます。その3人とは自分の知り合いなんですが、もう
妻との関係は3年近くになります。家に呼んで飲む時は、妻を
全裸にさせて私と3人の男にその姿を見させて、まずは3人の
おちんちんを代わる代わる舐めさせて、気分が盛り上がると
4Pが始まり、それを見ながら私はニヤニヤしながらお酒を
飲んでいると言う感じです。時には私の留守中にも妻とのSEXを
楽しんでいる時もありますし、その感想を後から聞いて妻の何とも
言えない表情を見ながら、妻の前でオナニーしてあげる事も
ありますよ。自分の妻が3人の男に犯されたり、知らない時に
抱かれている事を考えただけで、下半身がムズムズしますよね。
愛する妻のもっと凄い淫乱な姿を見てみたい・・・・・・・


--------------------------------------------------------------------------------
[1212] セミナー… 投稿者:寝取られ万歳 投稿日:2001/10/25(Thu) 00:07

性感開発セミナーですか?


--------------------------------------------------------------------------------
[1211] 特別セミナー 1 投稿者:まさかず 投稿日:2001/10/23(Tue) 23:30

私の子供を有名幼稚園に入園させる為に、夫婦で理事長の御宅に伺いました。
理事長は、優しく「私の私設セミナーを受けたら如何ですか?」との事でした。
私たち夫婦は、その場で快諾しました。

数日後、1回目のセミナーがありました。
「簡単な調書を取りますから、奥様と別々にお入り下さい」
中に入ると、名前・住所・職業など一般的な質問が終わりました。
今度は白衣の女性が入ってきました。
健康についての簡単な質問でした。
その後「身体検査をしますので下着になって椅子に座っていて下さい。」
私は言われるまま検査用ガウンに着替えて座りました。
すると窓のカーテンが引かれ部屋が暗くなると、
スピーカーから妻の声が聞こえてきます。
今まで鏡だと思っていたマジックミラーに別室に入った妻の姿が見えました。
妻は、食事や趣味についてにこにこしながら話をしていました。
先ほどの白衣の女性が妻の所に入ってきました。
「質問にお答え下さいね」
「まずは、身長・体重・スリーサイズをお聞かせ下さい」
妻は照れながら答えました。
「御主人とのSEXの回数は??」
妻は真っ赤な顔で、
「そんな事を言わなければならないのですか???」
「このセミナーが御嫌いですか??」
「そんな事ありません・・・・」
「もう一度お伺います。御主人とのSEXの回数は??」
「週に1回です」
「最近いつしましたか??」
「昨日ですが・・・・・」
「その時の様子を全てお話下さい」
妻は昨日の事を事細かに話し始めました。
私はもう部屋から飛び出したい気分でした
質問は続き
「フェラチオは好きですか」
「SEXは好きですか??」
「本当は大好きです」
「好きな体位は、何ですか??」
「騎上位です」
知らなかった妻の本音が聞こえてきます。
「では、身体検査をしますからその場で脱いで下さい。
 ここには、私しかいませんから」
「・・・・・・解りました」
妻は洋服を脱ぎ下着姿になりました。
「ブラをはずしなさい」
「・・・・・・・・はいっ」
黒のパンティー1枚になった妻に、
「どうですか、濡れていますか??」
「・・・・・・・・言えません」
「パンティーも取りなさい、
 そこに鏡がありますね、椅子に座って足をひろげなさい」
妻は言われたままにしましたが、私の見ている鏡だったのです。
「濡れているか私が検査します。
 大きくひろげなさい。
 しっかりと濡れていますね。
 あなたは、感じやすいのかしら。」
 妻は、目隠しをされました。
質問は続いていました。
「昨日は何回いったのかしら??」
「5回です」
「バイブは昨日使ったのですよね。」
「は・はいっ」

私は、ただ妻の様子を見ているだけでした。
理事長がにこにこしながら部屋に入ってきました。
「どうですかな、御主人。
 御相談なんですが奥様を私の特別セミナーに参加させましょう。
 というより参加していただきますよ」
「これから妻は・・・・・」
その言葉が精一杯でした。
理事長は、笑みをうかべて
「奥様は、御主人思いの良い人ですね。
 とても綺麗ですよ。もっと綺麗にしてあげましょうね。
 奥様には、特別メニューで行ないましょう。」

妻がこれから何をされるか、ぼんやりと理解出来ました。
私はただうなずくだけでした。


--------------------------------------------------------------------------------
[1210] 妻との会話 投稿者:ゆうすけ 投稿日:2001/10/23(Tue) 21:31

妻と結婚して十数年経ち妻の昔の仕事の話しになりました。
結婚前妻は、芸者をしていて当然男関係もいろいろ有りました。
その中で妻に今でも印象に残っている男の話しになりまず一番目は、
やはり始めての男とのセックスだそうです相手の男は、毎日のように体を求め避妊しなかった為妊娠そして中絶その時からピルを飲み始め
たそうです。
二番目は医者とのセックス、チョト変わった医者でセックスの前に必ず妻の性器とお知りを一時間以上舐めたり指を入れたりして遊んでから姦る男でその時にあそこの毛を永久脱毛されたとの事、三番目は相撲取りと寝たこと今まで男性が上になってセックスすると思っていたのが相撲取り相手だとお腹があたるので妻が上になってセックスしたことと朝まで付き合わされたことそれから四番目は白髪の老紳士とセックスした時とっても好きな人だったのであまり立たなかったけれど
しゃぶってあげたそれからその老人の奥さんから公認で関係が続いて
奥さんの見てる前でセックスしたこと最後に親友以上の男友だちが
いてお互い相手がしたくなったらいつでもセックスする関係の男女
間で、お互い色んなエッチの仕方を試した相手だそうです。
妻は過去に関係した男の数は10人ぐらいといっていますが、私は
たまには売りも有ったのではと思っています。
でも結婚前の事なので、今更どうなるわけではないと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[1209] Re[1205]: 妻が浮気してた、、、2 投稿者:最近男は弱くなった 投稿日:2001/10/23(Tue) 11:45

> ただこのままにしておくのも悔しいし一日考えたあげく同じ事を仕返そうと結論に達しました。
> 私と同じように気が付かせ他の女とのSEXを見せつける、、、(そう決心してから楽になりました)
> 他にも良い案がある方いましたらレス下さい。

以前似たような話を持ち掛けられた事があります。
良い案とは言えませんが、参考までに書き込んでおきます。

相手は離婚した後20代の女性と同棲しているという40代の男性で、彼女が自分の友人と浮気したから腹癒せをしたいという事でした。
そこで私に持ち掛けてきた方法というのが、彼女を睡眠薬で眠らせるからその間に犯してくれというものでした。
彼が言うには、浮気しただけでも腹が立つのに、よりによって相手は自分の友人、しかも彼女は、ネタはあがっているのに頑として浮気した事を認めないのだそうです。

私は最終的には断りました。
やりたい気持ちはありましたが、眠っている女性を抱いても嬉しくないし、力づくでないとはいえ法律的には立派な強姦罪だからです。
私はそんな女とは別れろと言いたかったのですが、彼の気持ちもわかるような気がしました。
彼女は若いだけでなく、美人でいい体をしていて、かなりもてるらしいです。
それに対して彼の方は、特に何の変哲もないいい年のおじさんで、何故そんな若い美人とねんごろになれたのか不思議なくらいです。
おそらく彼自身もそれはわかっていて、もし彼女が去っていったらもう自分にこんないい女は現れないだろうと思うとあまり強い態度に出られなかったのでしょう。

私は彼が、嫉妬のあまり理性を失っているように思え、そんな姑息な腹癒せなどするより、たとえ痩せ我慢でも毅然とした態度をとれるようになってもらいたいと思ったものです。
--------------------------------------------------------------------------------
[1208] どうされたんでしょうか? 投稿者:koji 投稿日:2001/10/23(Tue) 11:35

偶然にこのHPを見つけてからは、過去のログから全て見させていただきました。すっごいすね。
ところで、逆瀬川氏と01年7月に書き込みのあった小林守氏の告白シリーズはどうなったんでしょうか?
特に小林氏の場合、まだ後に何かあるような終わり方をされているので・・・


--------------------------------------------------------------------------------
[1205] 妻が浮気してた、、、2 投稿者:トオル 投稿日:2001/10/23(Tue) 02:41

1200のトオルです。
yasuさんresありがとうございました。
自分自身の心境は、浮気されていたショックはなかなか癒えませんが妻と別れる気持ちには
不思議となっていませんね。と言うのも確かにここ数年は仕事8割夫婦生活2割と妻が欲求不満に
なってしまう気持ちも理解できます。
ただこのままにしておくのも悔しいし一日考えたあげく同じ事を仕返そうと結論に達しました。
私と同じように気が付かせ他の女とのSEXを見せつける、、、(そう決心してから楽になりました)
他にも良い案がある方いましたらレス下さい。

一方妻はと言うとあっけらかんとしていてとても今日も隠し事があるとは思えないそぶりです。
しかし探せばボロが出るだろうと妻の目を盗みタンスを開けると出るわ出るわ(笑)
私とは使ったことが無いハズの使いかけのマイルーラ、ラブホテルの特典カード、2人で撮った
プリクラ多数、その他いろいろ2人で行ったと思われる所のチケットなどなど。
日付は一年くらい前のまであるところをみるとかなり前からだったらしいです。
ま、隠しているくらいなので本気ではないと思いますが多分恋人気分で楽なのだと思います。
これは私予想ですがレシートやチケット等から考えて週4日から5日会っているらしく私とのHは
月に2回程度ですがその男とは週3、4回位はしていると思われます。
確かに今考えると私とのSEXの時妻のアソコがやけに赤くなっていたり妙にアソコの毛の手入れを
していると今なら納得できましたね。
妻のアソコはと言うと大陰唇はやや大きめで少し茶色で小陰唇は左右共にまとわりつくようなヒダが
あります。クリトリスはつき合い始めよりも明らかに大きくなり1センチ程度で上の皮は茶色に変色
してます。アナルは私とは一度だけやりましたがあまり良くないとそれ以来は舐めたりする程度です。
中は筋がかなりありざらざらして奥行きも深く挿入すると子宮口に当たり締まりもコツを掴んでいて
あの男も気に入る訳は分かります。私以外と定期的に生で挿入しあい粘膜を感じ他の男の体液と混ざり
合っているかと思うと私自身に他の男の精子をかけられた気分です。
腰が締まっているのでバックから挿入するととても見栄えが良いと思います。

今後の妻の行動や、どう妻に悔しい思いをさせるかまたアップしたいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[1204] Re[1202]: 妻の過去男を知った夫の話6 投稿者:妻の過去を起爆剤に 投稿日:2001/10/22(Mon) 23:51

> みなさまの奥様は、どうでしょうか。
> 奥様の体に一番たくさん精液を入れたのは、あなたですか?
> それとも、過去男、他男ですか?

私です(笑)
合体したまま過去を聞くと『大きくなる』って喜んでますよ。
今更、過去を変えることできないし、今の性生活がよければ
いいじゃないですか?

妻は『中出し』したのは私だけ・・・って言ってますが、
どっちでもいいです。


--------------------------------------------------------------------------------
[1203] Re[1200]: 妻が浮気してた、、、 投稿者:yasu 投稿日:2001/10/22(Mon) 23:02

> 気が付かないフリをしていますがこれからどういう方向に持っていこうか悩んでいます。
> みなさんの意見を聞かせてくださいませ。

もう少し様子を見ましょう。ご自身の心の変化もアップしてください。もちろん奥さんの様子も。


--------------------------------------------------------------------------------
[1202] 妻の過去男を知った夫の話6 投稿者:ウサギ 投稿日:2001/10/22(Mon) 14:22

妻の過去男を知ってしまった夫です。
昔の男が書いて、妻に送りつけた日記を読んでしまいました。
私は37歳の会社員、妻は36歳の主婦で、
6年前に結婚し、4歳の長女がいます。
妻はおとなしい性格で家事と子育てを熱心にする理想的な主婦ですが、
たまにおしゃれして外出するときなど、見違えるほどいい女になります。

遼によると、妻の処女膜は、下の方に大きく避けていました。
それがヴァギナの肉壁まで達して多量の出血があったらしい。
処女を破った経験がたくさんある遼が、
「こんな出血した処女は初めて」
というくらい、厚くてしっかりした処女膜だったようです。

私も結婚してから、妻の足を大きくひろげ、小陰唇を左右にあけて、
腟口をじっくり見たことが、なんどもあります。
妻の性器は、大陰唇が大きく、小陰唇は両方の先の方が、
やや紫色になり、半分から上の方が、よじれてフリルのようになっています。
特に左側のフリルが大きく、普段でもすこし大陰唇から先をのそがせています。
もちろん、処女膜の跡などは、全くありません。

しかし、15年前、21歳で最初のセックスを知った直後の妻の性器は、
全く今と違っていました。
過去男の遼によると、
「祐子の膜は6時方向に裂け、腟壁もすこしケガしているようだ。
それがたくさん出血した原因だろう。
膜は入り口をめくると周囲から張り出している。
周りの肉の壁は赤いピンクだが、膜は白っぽいピンクだ。
ちょっと下付で毛は薄い方、土手はこんもり盛り上がっている。
なかのビラビラは、薄くてすっきりしていてピンク色がかわいい。
バギナの入り口を閉める力が強く、奥が比較的浅い。
中指を入れると、第二関節をすぎたあたりで、
指先が柔らかな子宮口にふれることができる。
祐子は、指で入り口の両脇をこすると感じるようになってきた。
中にいっぱい出した後、自分のザーメンと祐子の愛液を
腟の中で指で混ぜ合わせるのは、とても気持ちいい。
いずれ、祐子も子どもを生むだろうが、誰かの子どもが通る、
バギナをペニスでずるずるにして、自分の精液で満たした後、
そこを指でこねくり回す気分は最高だ」
と書いています。

そのころ、遼という男は40代で妻とは20以上も年が離れていたのです。、
そんな中年男が、若い娘の妻の体を、
思いっきり楽しんでいたのです。
現在の色づき、フリルのついた「ヒダヒダ」(たぶん小陰唇のことでしょう)
になってしまった妻の性器ですが、その前には、全く違っていたのです。
中年の過去男は、妻が一番美しい20代のほとんどを
好きなときにセックスする相手としてつきあっていました。
多いときは、出勤前、出勤後の2回、休みの日に、
一日ベッドの中ということもあったようです。
それで妻の体が変わらないはずはありません。

妻は、子供が産まれてからスキンをつけるように私に要求します。
しかし、過去男とのセックスの時は、一番危ないときだけ
避妊フィルムを使いましたが、とにかく、すべてが中に射精されていました。
そのため、2度妊娠したことがありました。
結婚前に、妻から、「一度生理が遅れてあぶないと思ったことがあったのよ」
といわれたことがあり、それでも結構ショックでした。
妻の過去男との二度の妊娠の話は、後で書きたいと思います。

私との時は、「中で出されると、後で洗うのが面倒なのよ」
といいますが、遼は、
「祐子は中で出されるのが好きだ。
私がザーメンを体に入れておくと、女性ホルモンがたくさん出て、
胸が大きくなり、肌がきめ細かく、きれいにる、
と教えたので、セックスの後、体は洗っても、
バギナの中は洗わないで、そのまま下着をつける。
終わった後、いっしょに歩いていると、
『もれてきちゃう』
と祐子が困ったようにいうのを聞くのが楽しみだ」
と書いています。

たぶん、妻の体の中にザーメンを一番たくさん入れたのは、
過去男の遼でしょう。
ある時、つきあった期間や、セックス回数を元に計算したのですが、
妻の体の中に吸収された過去男遼の精液にくらべれば、
私のはおそらく100分の1程度ではないでしょうか。

みなさまの奥様は、どうでしょうか。
奥様の体に一番たくさん精液を入れたのは、あなたですか?
それとも、過去男、他男ですか?
--------------------------------------------------------------------------------
[1201] 妻の過去男を知った夫の話5 投稿者:ウサギ 投稿日:2001/10/22(Mon) 14:22

妻の過去男を知ってしまった夫です。
昔の男が書いて、妻に送りつけた日記を読んでしまいました。
私は37歳の会社員、妻は36歳の主婦で、
6年前に結婚し、4歳の長女がいます。
妻はおとなしい性格で家事と子育てを熱心にする理想的な主婦ですが、
たまにおしゃれして外出するときなど、見違えるほどいい女になります。

妻の処女を破った、専門学校の教師の「遼」の日記によると、セックスをするときに
「どこまで入ったか、お腹を指さしてごらん?」
と妻に命じるのがすきだったようです。
私は、これを読んで激しく興奮しました。
私が妻を抱くとき、妻は、いつも自分のお腹に指を当てて、
「ここまで入った、あっ、もう少し入った」
などという癖があったからです。

妻の最初のセックスは、遼の教え子だった妻がOLになった夏頃です。
秋にかけて毎週のように彼は、妻とあってセックスを楽しんでいました。
妻の腟はとても狭く、破瓜から2,3回は出血しましたが、
1ヶ月を過ぎるころから、だんだん喜びを表すようになりました。
1年ほど後、妻は「二度目のクルマの中でしたときに、
変な感じを感じたけど、それが快感だと気づかなかった。
奥に熱いものが広がる感じが、感じるということだとわかったのは、
最近なのよ」と、遼に告白しています。

遼は、妻の腟口にペニスの先端を当てて、少しづつ押し込みながら、
下腹部に手を当てさせ、押させます。
すると、堅い過去男のペニスが妻の柔らかな膣に入っていくのが
お腹の上からわかるのです。
「ほら、今ここまで入った、あと3センチ入れるよ。あと3センチ」
と、小刻みに入れながら、妻に上から圧迫させます。
彼がいっぱいにペニスを入れると、妻のヘソあたりまできました。

そのとき妻は、
「奥まで入っている。お腹が先生のペニスでいっぱい。
大きなものが入っていて、お腹がくるしい」
「もっと突いて、激しく突いて。
ペニスの先が喉までひびくわ」
「ペニスを抜くとき、体が裏返っちゃう。
ゆっくり押し込んで、ゆっくり抜いて。
最後は、ドシンってやって」
などと口走っていたようです。

私が妻を抱くとき、妻はお腹に手を当てて、どこまで入ったからと、
する癖は、最初の男の遼から教えられたものでした。
ゆっくりペニスを抜き差しするのも妻の好きなことで、
最後だけ、強く押し込んでいうのも、まさにその通りです。
「ドシンと突いて」
という言葉まで、最初の男から続いている癖だったのです。

実は、私のペニスは標準サイズで、とてもヘソのしたまでは、ありません。
妻の白くて柔らかな体の奥に、まだ私が入ったことのない奥まで、
知らない過去男の大きなペニスが押し込まれていたかと思うと、
胸が張り裂けそうな、苦しさを感じます。

知り合ったときに処女でなかったので、同然過去男とのセックスは
あったのですが、実際に以前の妻のセックスの様子を
細かく知らされると、苦しさと、逆に妻の女としての、
匂うようなセックスの魅力を同時に感じるようになります。

妻の過去男の日記を読んで数カ月たち、ようやく、私も妻を
普通に抱くことができるようになりました。
私のペニスを包んでいる柔らかい肉襞の一枚一枚が、、
過去男の堅くて大きなペニスを何千回もふれあい、こすりあったのだ、
と思うと、これまでなんでもなかったセックスが、とても快感です。


--------------------------------------------------------------------------------
[1200] 妻が浮気してた、、、 投稿者:トオル 投稿日:2001/10/22(Mon) 05:11

つい最近まで全く気づかなかったのですが妻の浮気を知ってしまいました。
結婚して5年でお互い今年30才、妻の見た目はかなりスタイルも良く顔も年より若く良い方
だと思います。子供は自分が忙しいのもあってまだいません。
きっかけは急に残業が取りやめになって早く帰れた日のこと、ホントなら家に居るはずの妻が
居ませんでした。早く帰れた事を携帯で連絡しようと自宅にも電話はありますが携帯にかける
のがクセになっていたので妻の携帯にかけました。
するとまだ私が会社にいると勘違いしているみたいで妻はじゃあ何時ころ戻るの?と聞きつつ
自宅にいるフリをしてました。
さすがの私もなにか裏があるなと感じましましたが、その日は疑問には思いましたが問いつめず
に知らないフリをしました。
しかし知り合って以来ウソなどついたことない妻でしたのでどうしても気になり数日後会社に行く
フリをして内緒で休んで一日妻の行動を追ってみました。
すると午後になって不振な車が家の前に止まり中から同じ歳くらいの男が出てきました。
いかにもデートするような格好で営業マン等ではないのが一目瞭然で分かりました。
そのまま家に入っていき上がり込んだように見えたので気がつかれないように窓から覗くと妻と
かなり親しげに話をしてました。
この時点で私の心臓は不整脈でもあるようにハッとしてました、まさか浮気か?
そう思った瞬間妻と男がかなり濃厚なキスを始めました。
いつもの私ならその時点で怒って怒鳴り込むのですがこのときはショックで動けませんでした。
妻と男は濃厚になキスをしたまま寝室へ向かっていき見えなくなってしまいました。
私は気がつかれないように玄関から入るとベランダへ回り寝室を覗きました。
このとき自分でも分からないのですが怒りは全くでてこなく異常なまでの嫉妬になぜかドキドキ
していました。
妻と男はすでに上半身は脱いでいて妻の見たこともない色の下着姿と男の裸が目に飛び込んできました。
男の手が妻のブラジャーの中をまさぐり妻の手は男の股間をさすり、男は妻の耳たぶを舌で愛撫して
妻は完全に我を忘れてもう一つの自分の手でクリトリスをこすって今にもイキそうです。
男はそれに気が付くと太くなったイキリ立ったアソコを妻の口へ入れました。
妻も飴でも舐めるようにそれを受け入れ5分くらいしゃぶってました。
男も妻のアソコの濡れ具合をみて、入れるよと言いながら生でバックから挿入しゆっくりゆっくり腰を
前に動かし妻はその動きと同調してあえぎ声を微かにあげ始めました。
だんだんに男の腰が早くなっていきパンパンパンと外まで聞こえて妻のイクッ!との声と共に音が
いったん無くなり正常位の体制になりまたゆっくりと挿入して今度はかなり早い動きでピストン運動を
し今度は男の方がイクッ!の声と同時に妻のイクッ!の声が重なり男の腰がビクッビクッと動いて腹の
上にかなりの量の精子をぶちまけていました。
また濃厚なキスをして妻は男の精子まみれのアソコを舐めて綺麗にしながら自分の腹の精子をムネに
のばすように塗り乳首指でコロコロさせてました。(妻のイッタ後のクセです)
2人はその後シャワーを浴びに行ってしまいました。
シャワーが終わると外に止めてある男の車で出かけて行ってしまいました。
私は敗北感とショックでそのまま動けませんでしたが思い切って携帯に電話しました、すると妻は
何事もないように出ると今友達と外でご飯を食べてるの〜、と平気で言うと問いつめる事が
出来ませんでした。
そんな出来事から一週間が経ちましたが多分そのオトコとSEXしまくっているのだと思います。
気が付かないフリをしていますがこれからどういう方向に持っていこうか悩んでいます。
みなさんの意見を聞かせてくださいませ。


--------------------------------------------------------------------------------
[1198] Re[1197]: 初体験 投稿者:yasu 投稿日:2001/10/22(Mon) 00:09

それはよかったですね。経緯など詳しく知りたいですね。
詳細UPお待ちしています。


--------------------------------------------------------------------------------
[1197] 初体験 投稿者:いさむ 投稿日:2001/10/21(Sun) 06:15

たった今、妻が私の友人に抱かれて帰ってきました。
奥深くに注がれた精液を流しにシャワーを浴びています。

他の男に舐めまわされアクメを味わった感想を聞きながら
妻を抱きます。46歳にして高校生の時のように勃起しています。すごい興奮です。さっきまで他の男が妻の中にいたのです。
ほんの20センチばかりの肉棒が妻の身体に突き刺さっただけなのに人生を狂わすほどの興奮です。

ほんの大さじ一杯の液体が妻の中に注がれただけなのに
人生のすべてを奪われたような嫉妬です。
妻は私がすべてを知っていることを知りません。
友達とカラオケに行くと言って出ました。
実は友人に頼んで妻を口説いてもらったのです。

先ほど友人から電話があり、ホテルで2回妻の中に精液を
注いだと言われました。
妻は3回言ったそうです。もうペニスがはちきれそうです。



--------------------------------------------------------------------------------
[1196] Re[1192]: こんな出来事がありました 投稿者:yasu 投稿日:2001/10/21(Sun) 02:29

続きが気になります。早くアップして欲しいですね。
--------------------------------------------------------------------------------
[1192] こんな出来事がありました 投稿者:中年男 投稿日:2001/10/20(Sat) 14:38

42歳と45歳の中年夫婦です。一男一女に恵まれ平凡な生活を過ごしてきました。今年の春から成長した子供たちは下宿、そして勤め始め家には夫婦二人きりとなってしまいました。

夫婦生活も義務的な行為で月に1度程度、最近はお互い面倒くさくなって遠のきつつありました。刺激がほしいと考えるようになって色々なホームページを覗くようになってからここにたどり着きました。今まで書き込まれた数多くのBBSを読みながらいつしか僕の心の底に隠されていた願望に気づくようになりました。

一旦、その願望に火がつくと炎は燃え上がり何とか我が夫婦にも強烈な刺激が欲しいと望むようになりました。
42歳とはいえ、細身で童顔系の妻は30代半ばに見えます。ショートヘアの横顔は美人系のあるアナウンサーに似ています。
そんな妻に寝物語で他人の男性に興味があるかを聞くようになりました。良妻賢母だった妻は結婚前も結婚後も僕の知る限り僕一人だったはず、そんな妻だけに
「何、寝ぼけたこと言ってるの、わたしのようなオバサンなんか誰も相手してくれるはずないじゃない」
と話題に乗ってくる様子もなかったのです。
でも僕はこんな妻がいつしか他人の男の腕の中で悶える姿態を妄想し続けました。
そしてついにというか、その妄想が現実となる出来事がありまし
た。あれほど乱れた妻の姿を、あれほど積極的に身体を開くことを
想像し得なかった妻がそこにありました。
今、思い出すだけでも興奮してしまう自分が恥ずかしいほど勃起してしまう出来事でした。
つまらぬことを書き綴りましたがその出来事は日を改めて書くつもりでおります。


--------------------------------------------------------------------------------
[1187] 妻の過去男を知った夫の話4 投稿者:ウサギ 投稿日:2001/10/19(Fri) 13:31

妻の過去男を知ってしまった夫です。
昔の男が書いて、妻に送りつけた日記を読んでしまいました。

1,2,3と告白してみて、最初にフロッピーのテキストを開けて、
スクロールさせてみたときのような、何ともいえない昂奮とむずかゆさを感じます。
妻の処女を奪って、私と結婚するまで10年近く、彼女のセックスを
開発してきた遼という男に対しては、最初憎しみが、次に苦しさがおそってきます。
その背後にあるのは、私は一人の処女ともセックスできない、
性的に敗北した男なのだという実感です。

今一番不思議なのは、妻があの男の日記の入ったフロッピーを
引き出しの中に残しておいたことです。
推測すると、結婚式の直前に、彼は妻とのセックスを事細かに記した
日記のプリントとフロッピー、それ以外に写真やテープも送ったようです。
捨てたか、焼いたか、実家に残したかはわかりませんが、フロッピーを残して
のこりは、見あたりません。
しかし、2,30枚ある入っているケースの中に、無造作に放り込んで
ラベルに「遼の日記」と他人の筆跡で書いたフロッピーを入れておく、
妻の神経がわかりません。

遅めの21歳で処女を失った妻は、以後、20歳も年上の遼という男に、
着実にセックスを教えられ、女として開花していきます。
4歳の長女をあやす36歳の妻は、普段はとても落ち着いた、堅実な主婦です。
ブランド品に熱中することもないし、買い物もやすいところを選び、
料理も上手で、掃除好きなので家はとても快適です。

妻の過去男の日記をみてから、シャツを押し上げている豊かな胸を、
中年男がどれだけ味わったか。
ちょっと厚めの唇で、ものを食べている時、この唇は、何度男のペニスを加えたのか、
と、妻の体のすべてか新鮮に感じられました。
妻の過去のセックス体験を知ると、急に欲望がわいて、セックスの回数も増える、
という方が多いようですが、私は違いました。

日記をみて、何度もオナニーをし、普段の妻に欲情するのですが、
実際に夜になって抱こうとすると、だめなのです。
それまで勃起していても、実際に妻の裸の体に触れると、すぐ萎えてしまいます。
過去男との多彩で激しいセックス。それへの妻の深い喜びをしると、
とても自分では、妻を喜ばせられないと感じてしまうのです。
実際、これまでの生活を振り返ってみると、私は過去男ほど、
妻を性的に満足させていないし、彼女の欲望も知らなかったことがよくわかります。
それまでは週に1回程度あったセックスも、日記を見てからしばらくは、
まったくできなくなってしまいました。

みなさんは、妻の他男、過去男とセックスを知って、
すぐにも、ばりばりセックスしているようですが、
私は欲望はあっても、萎えてしまう糊塗が多くなりました。
反面、オナニーの回数は増え、また、たまにベッドでない場所で、
妻を抱くときは(回数は少ないのですが)、すごく興奮します。




--------------------------------------------------------------------------------
[1186] 妻の過去男を知った夫の話3 投稿者:ウサギ 投稿日:2001/10/19(Fri) 11:09

妻の過去男を知ってしまった夫です。
昔の男が書いて、妻に送りつけた日記を読んでしまいました。

後で妻は、このクルマの中のセックスのとき、
大声で「痛い、痛い」と叫んだそうです。、
彼に口を押さえられたが、実際は妙な感覚が体の中にあり、
後で、それが快感だったと知った、といっています。。
遼は、脱がせた下着で妻の股間を拭き、
新しいパンティをはかせた妻を家のすぐ近くでクルマから降ろしました。
妻は、おなかが痛くなり、出血もなかなか止まらず、
翌日の土曜日はずっと寝ていました。

その後、遼という男と妻は、毎週のようにあって、
激しいセックスをするようになります。
男は妻子がありますが、仕事用としてワンルームマンションを借りていて、
そこであうことが多かったようです。
次のセックスでも出血し、3度目からやっとふつうにできるようになりました。
男は妻に様々な体位や、いろいろな場所、アナルから軽いSMまで、
あらゆるセックスを教えました。

男の日記は、結婚式の直前で終わっています。
その間、妻は、会社の同僚など、2,3人とつきあいセックスもしたようです。
しかし、処女を与えた遼という男の魅力は特別だったらしく、
若い恋人とつきあっている間も、遼とは会い続けていました。

全く別の妻の素顔を知った私は、当然怒り、嫉妬しましたが、
このHPを以前から見ていた事実が示すように、
家庭的で優しい妻の裏側に、淫乱な過去があったのではないか、
と想像して、それを妻とのセックスの刺激剤にしていました。
実際、思いもかけなかったようなかたちで、それが事実になり、
私は、足下の床が抜けたような、宙ぶらりんになりました。
熱はないのに、妻のことを考えると、体が熱っぽくなります。

考えれば、今も遼という男とは続いているのではないか、
セクシーな服装で外出するのも、思い起こせば、月に1度くらいあったかもしれない。
昔の妻のセックス体験はもちろんですが、現在の妻が、
あの男ずっと抱かれ続けているのかと思うと、
苦しくて吐きそうになったこともあります。

6年の結婚生活で、普段の妻に欲情することはほとんどありませんが、
前の男の日記を読んでから、色白できめの細かい妻のうなじや、
かがんだとき、ぴっちりしたスカートの奥の細い腰を見るだけで、
興奮して、しまうこともしばしばです。





--------------------------------------------------------------------------------
[1178] Re[1176]: 妻の過去男を知った夫の話2 投稿者:yasu 投稿日:2001/10/19(Fri) 00:11

すばらしいですね。原文をアップして欲しいです。


--------------------------------------------------------------------------------
[1177] Re[1169]: 私の妻2 投稿者:S 投稿日:2001/10/18(Thu) 23:42

本当に興奮します!続きがとても楽しみです。
忙しいとは思いますがこれからも頑張って書いて下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
[1176] 妻の過去男を知った夫の話2 投稿者:ウサギ 投稿日:2001/10/18(Thu) 18:46

妻の過去男を知ってしまった夫です。
昔の男が書いて、妻に送りつけた日記を読んでしまいました。

処女だった妻の腟は非常に狭かったそうです。
遼という男太いペニスは、平均より太いらしく、なかなか入らず、
クンニリングスで腟の入り口をでぬらしながら、体を入れ替え、
ペニスを少し差し込み、細かい前後運動をしながら、数ミリ進める、
といったやり方で、1時間ほどかかってペニスをすっかり埋め込みました。
初めてのペニスを受け入れた妻の腟は、しっかり包み込み、
動くと激しい痛みを与えました。
その最中も、妻は「痛い、痛い」と大声を出し続けたといいます。

遼は、セックスのベテランで、妻以外にも教えた生徒を
数人恋人にしていたようです。
処女も何人も体験していて、日記には、妻との比較が事細かに書かれていました。
それによると、妻の処女膜は、彼の体験した膜のなかで、
もっとも厚くて、破りにくいものだったそうです。
出血も最大級で、これほど破瓜に苦労したのは初めてだ、とありました。

実は、私は一人の処女ともセックスしたことがありません。
世の中には同数の男女がいるはずですから、私にも一人の処女がいるはずです。
妻の過去男の日記で、一番興奮した部分の一つが、ここでした。
世の中には、一人の処女も抱けなかった男がいるのに対し、
何人もの処女を破って、たっぷりセックスした後、ほかの男の妻と
なるのを、楽しんでいる男もいるのだ、という強い実感でした。

遼は、処女を破ったばかりの妻の体の奥に射精しました。
彼は、処女とセックスしたときは、必ずなかで射精する主義だと書いています。
その後が大変でした。
「これほど、出血の多いのは初めて」
とあるように、最初はシーツに手の平大のこすったような血が付きました。
当時、実家にいた妻を送らなくてはならないので、
ふらふらしている妻に服を着せ、ホテルをでようとすると、
「出てくる、出てくる」
と、妻はエレベーターのなかで、座り込んでしまいました。
スカートをまくると、ベージュのパンストのまたのところが、
ピンク色のシミが大きく広がっています。
(遼は、このパンストとパンティーを記念にまだ持っているそうです)

男は妻を抱えて車に乗ると、とりあえずコンビニで下着を買いました。
クルマに乗っているときも、妻は、「痛い、痛い」と苦しんでいたようです。
下着を代えようとしないうちに、男のクルマは妻の実家の近くまできてしまいました。
男は人気のない公民館の駐車場にクルマを入れ、妻からパンストとパンティを脱がし、
新しいパンティをはかせました。
そのときも、口で「愛しているよ」といいながら、男は、
シートに後ろ向きに妻を座らせ、後ろからセックスしました。

妻は、色白で着やせするタイプですが、胸が大きく、腰が細いので、
たまに、ボディコンっぽい服を着ると、見違えるようにセクシーです。
反面、顔はかわいいのですが、目立つタイプではありません。
南果歩という女優に似ていると思っています。
話し方も穏やかで、おっとり気味。
昼間セックスの話をすると、恥ずかしそうに首筋を赤くするような女なのです。
私は、自宅の近くで、夜とはいえ、また、クルマでセックスする妻が、
まったく別人のようにおもえました。



--------------------------------------------------------------------------------
[1175] 妻の過去男を知った夫の話 投稿者:ウサギ 投稿日:2001/10/18(Thu) 18:45

妻の過去男を知ってしまった夫です
私は37歳の会社員、妻は36歳の主婦で、
6年前に結婚し、4歳の長女がいます。
妻はおとなしい性格で家事と子育てを熱心にする理想的な主婦ですが、
たまにおしゃれして外出するときなど、見違えるほどいい女になります。

先週、友達と会うと外出したときは、白のキャミソールのようなトップに、
黒いミニスカート、光る濃い茶のパンストをつけ、
さすがに上に白いカーディガンをはおっていましたが、
薄い生地でほとんど肩と盛り上がった胸が透けていました。

見送った私は、妻に欲情したためか、妻の使っている引き出しをあけ、
いろいろ探してみました。
セクシーな妻の姿を見て、妻に隠れて下着などで
オナニーをすることがよくありました。

その日は、クローゼットでなく、小物などが入っている引き出しで、
オナニーするネタを探そうと思ったのです。
髪を束ねるゴムの輪や、古い住所録の男の名前なども十分な材料でした。
でも、その中にあったフロッピーに、妻の過去男の日記が入っていたのです。
男は、遼というニックネームで、いっしょにプリントも送ったようですが、
それは見つかりませんでした。
たぶん、妻は数十ページはあるらしいプリントを処分したのでしょう。

遼の日記によると、彼は妻の専門学校時代の教師。
在学中はなにもなかったのですが、卒業して呼び出され、つきあいが始まりました。
21歳で処女だった妻は、プライドの強いところがあり、
ふつうの男では満足しなかったのでしょう。
20も年上で、何でも知っている遼という男に惚れ込んでしまいました。
処女を奪われたのは、3ヶ月後にドライブに行った先のシティホテルです。
遼の日記は記述が具体的で、そのときの妻の言葉から、性器の様子まで
実に細かくかかれています。

私は、妻とつきあいだして半年ほどしてセックスしたのですが、
29歳の女が処女であるはずはありません。
これまでは、OL時代に、高校の同級生と2,3年つきあっただけ、
という妻の言葉を信じていました。

私はセックスの経験が少なく、最初のころの妻は、セックスの時も、
ほとんど横になっているだけで、一人の恋人と、たまに正常位でしか
セックスをしたことがない、という彼女の言葉は、本当に思えました。
「妊娠が怖い」というので、妻にスキンの付け方を教えたのですが、
顔の前に勃起したペニスを突き出すと、首筋を赤くして
顔を背けてしまうほど、妻はうぶそうに見えました。

フロッピーに入っていたテキストは、長いもので、妻との初体験から、
その後、結婚直前まで続くつきあいが、赤裸々に語られていました。
こんなものを別れた女に送ってくる男も男ですが、
プリントは捨てたにしても、肝心のフロッピーをとっておいた
妻の気持ちがよくわかりません。
そこに書かれていたのは、妻が私に語った過去とは、全く違う
妻のセックス歴だったからです。

_______________________________________


--------------------------------------------------------------------------------
[1171] Re[1170][1169]: 私の妻2 投稿者:匿名 投稿日:2001/10/18(Thu) 16:19

「私の妻」を投稿している「匿名」です。

ガッツさんをはじめ何人かのかた、コメントやお褒めの言葉ありがとうございます。
文才の無い私にとってこれからの投稿の励みになります。
がんばります。


他にもたくさんの方がここをご覧になっていらっしゃると思いますが
なんていうのでしょうかこんな事言っていいのかわかりませんけれども
この話はすべて真実であります。
本当に妻が目の前で抱かれている時というのは興奮の坩堝のような状態なのです。それを表現するのは難しいことではありますが・・
(もちろん多少脚色している部分もあるかもしれませんが)
ですから、もっともっと想像してください。
私もそうなのですが、投稿を読んで想像して興奮してください。
私の投稿で一人でも多くの方が興奮できるなら幸いです。

今後も現在までにあった事を包み隠さずお話しようと思っています。
会話や妻がセックス中に言ったこととかもなるべく明らかにいたします。
そして、これからしようとしていることは妄想としてお話しようと思っています。
どこまでが現実でどこからが妄想かは明らかにできませんが
これからもお付き合いよろしくお願いします。




--------------------------------------------------------------------------------
[1170] Re[1169]: 私の妻2 投稿者:ガッツ 投稿日:2001/10/18(Thu) 13:26

今までずっとこの「妻物語」を拝見させていただいておりました。
このHPは個人的にすごく好きですから。
匿名さんの投稿。
文章に飾りがなくシンプルで匿名さんの人柄やご家庭の雰囲気すら
想像してしまいます。
こんな感じ好きだな〜
さてその後・・・?
楽しみです。


--------------------------------------------------------------------------------
[1169] 私の妻2 投稿者:匿名 投稿日:2001/10/18(Thu) 13:04

結構反響がありますので、続きを書きました。
本当につたないものですが・・・・

結婚して子供が生まれ、3人目ができるまでは以外とおちついた生活でありました。
その間も夫婦2人だけではありますがビデオで行為中を撮影したりもしました。
でも、トータルではいたって健全な夫婦生活でありました。

雑誌等でスワップだのいろいろな情報を得ると興味はありましたが
相手を探すことがまず困難であり、妄想の中でのことでしかありませんでした。
なので、私一人の頭の中では、以前として妻の過去のことが離れる事はなく、
毎日のように妻の写真を見てするオナニーは納まることはありませんでした。

やがて、3人目の子にも手が掛からなくなり
夫婦の時間が増えてくると、妻の過去を聞き出しながらのセックスが増えてきました。
私はものすごい興奮をし通常の倍くらい持続することもありました。
妻も覚えていないなどといいながらもかなりの乱れ方をしました。
過去のセックスでは、車内・公園・映画館・ホテル等いろんなところで経験しているようでした。
行為自体は変態的なものはなく、いたってプラトニックなセックスだったようです。

その時期です。インターネットがものすごいスピードで普及してきました。
私は夫婦もののホームページを貪るように読みました。
スワップ・3p・露出・交換・交際・・・
そんな中で単独男性の参加が一際目にとまりました。
私にとって他の女性には興味はありません。
ひたすら、妻とその過去と私以外を相手にしたときの妻の姿態です。
私はこれしかないと思い掲示板に募集を出しました。
「妻を抱くことはできますか?」
返事はかなりの数でした。その中で誠実そうな方を探しアポをとりました。

妻には話はしましたが、馬鹿じゃないの?って一蹴されてしまいました。
しかし、私は妻の過去に対して自分でしている行為にもケリをつけたい
との思いもあったので、しつこく妻にせまりました。
「おまえが俺以外の男に抱かれているところをどうしてもみせてくれ。」
「そんなの同じことよ。セックスなんてみんな同じだよ。」
私はこのとき妻と初めて結ばれたときを思い出していました。
避妊のためゴムをつけようにもうまくつけることができずまごついていると
妻は手馴れたものでさっさとつけてしまいました。
私は妻がはじめての女性であったのです。このときほど自分がショックを受けたことはありませんでした。
そうだった・・妻は経験済みなんだ・・
そのあと半立ちとなりあせる私にちょっと休憩しようかと余裕の妻・・
悔しい思いをしながらも妻を本気で愛してしまった自分と葛藤していました。
「おまえが過去どんな風にセックスしていたかなんてわからないし
知りたいとも思わない。しかし、そのことで俺は興奮し嫉妬しお前を愛しているってことがわかる。
だから抱かれてくれ、そして、俺の前でよがるお前を見せてくれ」
妻は「あなたがそんなに見たいなら、私がされることで興奮できるっていうんなら
抱かれてもいいよ。」

次の日二人である男性の元へと行きました。・・

--------------------------------------------------------------------------------
[1166] 匿名様 投稿者:匿名2 投稿日:2001/10/18(Thu) 02:28

私の妻 投稿者:匿名様
こういう話こそ聞きたかったのです。
>私をその店に連れて行き初体験の男を見せられました。
>かなりショックだった記憶があります。
私も妻と一緒の時、妻の昔の男と偶然会ってしまったことがあります。
立ち話程度で別れてしまい、その時はただの知り合いだろうと思っていたんですが、夜になって、妻が言うには、あの男と何回もセックスしてたそうで、当然やり狂いましたが、妻も妻で当時のことを思いだしていました。
匿名様も奥さまからリアルな話を聞いてると思いますが、
切ないでしょうが、過去の話、現在進行形のことも書いてください。



--------------------------------------------------------------------------------
[1165] Re[1163]: 私の妻 投稿者:M 投稿日:2001/10/17(Wed) 23:36

> そして、やがて、妻を他の男と関係させることとなりました。

つまらない話ではないです。現在進行形の状況を知りたいです。
お願いします。



--------------------------------------------------------------------------------
[1164] Re[1163]: 私の妻 投稿者:S 投稿日:2001/10/17(Wed) 23:31

色々と想像してしまいますね、是非この先のお話をお願いします。


--------------------------------------------------------------------------------
[1163] 私の妻 投稿者:匿名 投稿日:2001/10/17(Wed) 13:02

私達はもう30代半ばの夫婦です。

みなさんの話に比べるとつまらないかもしれないですが、
まず、妻の過去を語らせてもらいたいと思います。

結婚して10年以上になりますが、妻と付き合いはじめる以前の
妻の男関係にはとても興奮したことを今でも覚えております。
妻から直接2人の男と付き合いセックスもたくさんしたことを告白されました。

妻の初体験は高2の頃で相手は食事処を経営している家庭の息子。
妻より1つ年上でその男の部屋へ通ってはセックスしたようです。
夏なのに締め切った部屋でクーラーもかけず汗だくになりながらの
行為だったとのこと・・それを聞きながら布団にもぐりこみ妻を貪ったものです。
期間にして1年も続いたのでしょうか。よくわかりませんが
会うと必ずセックスをしたそうです。
私をその店に連れて行き初体験の男を見せられました。
かなりショックだった記憶があります。

2人目は遠距離恋愛だったらしく妻が相手のところへ何度か通った
みたいです。キスはしてもセックスまでには時間がかかったようです。

そんな付き合っている頃のある日、なぜか妻の部屋で留守番をすることになりました。
そのとき私は妙な考えを持ち部屋の中をいろいろ物色していました。
!ありました。妻の日記です。私と付き合う以前から書かれてました。
その中には遠距離恋愛の模様が・・・「初めて会う。〜へ行ってキス。・・」
口がカラカラになり、心臓がバクバクしてきました。
「今日は〜さんと一緒に泊まる。とってもやさしかったの。」・・
そうか、この日にしたんだ・・
そして、何故か勃起している私。
日記があったところの引き出しのしたに袋に入った何かの束・・
これは?その男からの手紙!すごいたくさん。
「N子、君の体はとてもきれいだったよ。・・あのバスルームの鏡にうつるN子を見たとき我慢できなかった。・・少し乱暴にしてしまったけどN子とつながったときは最高だった。」
「あのとき感じていたのかい?声を我慢していたんだね。下に親がいたから
当然だよね。俺も興奮していたよ。・・・N子の胸は気持ち良いな」
「別れ際、N子を抱き締めたときまた、我慢できなくなって悪かったな。」
手紙の束の最後には男とのツーショット写真がありました。
私はなんなんだと思いながらも、興奮が頂点に達して自分で抜きました。

それ以来、私は変わったかもしれません。
妻が他の男とするときのことを想像しては、
オナニーしていました。妻のスナップ写真を片手に、日記や手紙の
内容を思い出しながら毎日のようにオナニーしました。
そして、やがて、妻を他の男と関係させることとなりました。

つまらない話ですみません。しかし、すべて本当のことです。
もちろん、現在進行形でもあります。
もし、この後が読みたい方がいらっしゃったら、書きますが。
それでは今日はこのへんで。





--------------------------------------------------------------------------------
[1162] 妻を調教に 投稿者:A 投稿日:2001/10/15(Mon) 22:45

しばらくぶりです。近況を報告したいと思います。妻は、1ヶ月に1回帰ってくる他は、東京の彼のマンションで暮らしているようです。
もう、完全に彼のパートナーとして性生活を楽しんでいるようです。彼からは、月に1度、調教の様子がメールで送られてきますが、
スワッピング、露出、SMプレイとかなりきわどいプレイをしている様です。彼も私を気にして自宅へもっと帰るように進めているようですが、
妻が彼といっしょにいることを望んでいるようです。今は、もう彼に夢中で妻も彼よりだいぶ年上ですから捨てられないように何でも言うこと
を聞いてしまうような感じになっているようです。月に一度帰ってくるといっても大抵は、私が仕事で出かけている間に部屋の片付けと食事
を用意して、私が帰って来る前に東京へ戻ってしまうと言った感じです。その時に必ずビデオテープを一本置いていきます。それは、彼から
の命令で一ヶ月の調教の様子が収められています。私は、悲しいかなそれを見て自分を慰めてしまうといったことがここ3ヶ月続いています。
ビデオに映る妻は、3ヶ月前ともう完全に別人です。私しか知らなかった妻がビデオの中では、たくさんの男の股間に顔をうずめしゃぶりまくり
あそこをぬらして男根をくわえこんで自ら腰を振ってよがっているのです。私の知っている個人まりしたあそこは、ピアスを付けビロビロが赤黒く
肥大していかにも卑猥に成長しています。クリの皮は、切ってしまったのかむけているのか剥き出しになり前よりも2倍くらい大きくなっている
ように見えます。乳首も年の割にピンクできれいでしたがビデオでは、黒く変色し、男のペニスのように勃起していました。顔は、美容整形した
こともあり、だいぶ若く見えますが、以前の清楚な妻の顔では無く、熟女の厚化粧のクラブのホステスといった感じです。話は変わりますが、
先月までは、ソープランドで働いていたようですが、歳には、勝てず今は、熟女系の出張マッサージで働いているようです。長くなりましたので、
今回の報告はこれぐらいにします。
--------------------------------------------------------------------------------
[1161] ○袋のラブホテル露出 投稿者:露出大好きっ子 投稿日:2001/10/13(Sat) 23:10

 先日、○袋のラブホテルで、妻を露出させました。
そこは、2階だったのですが、隣のホテルが建て替えか何かで隣には何も無い状態でした。妻は、露出があまり好きではありません。ですから、事前にちょっと下調べしておきました。
 妻がシャワーを浴びている時に窓を開けて確認してみると、ホテルの前の道路から丸見えでした。
 妻が出てきました。そのまま押し倒し、全裸にします。私の大好きなおっぱいを揉みしだき、妻を後ろ手に縛ります。
「あ〜ん、何するの?」
妻の不満そうな、それでいて期待に満ち溢れた目が潤んできます。この目に私のSっ気が奮い立ちます。
 持参した極太バイブで妻のあそこをかきまわし、妻は数え切れないくらいイキまくってます。
 中略
私は、妻のパンティを妻の口に押し込みます。そして、ブラジャーを手に届くところに持ってきます。
 私は、今日初めて妻に挿入します。
「うっ、うぐ〜っ」
妻は声にならない声をあげています。
バックから突きまくり、妻はもう失神寸前です。
私は、今だ!と思い、窓を開けました。
妻は、外の冷気が入ってきたので、事態が飲み込めているようで、腰をイヤイヤと振りますが、それがかえっていやらしく見えます。
外はまだ明るく、私が外を見ると、男が二人いますが、まだこちらには気がついていません。
「あそこに男がいるぞ」
妻の腰を抱え、立ちバックにし、妻を男達の正面に向けます。妻は、薄目を開けて男を見たらしく、暴れます。
「まだ気がついていないよ、でも暴れたら気が付くよ!」
というと、少しおとなしくなりました。私はそれでは面白くないので、、妻のおっぱいを揉みまくり、乳首を軽く噛みました。
「ぐっ、ぐ〜!」
妻は叫びます。すると、外にいた男二人が気付きました。
「おっ、気付いたぞ!!」
妻は顔を背けて、顔を見られないようにしています。
私は妻のおっぱいを彼らに見えるように揉んだり、寄せたり、自在に形を変えていきます。妻がまたイキました。よく見ると、男は5人に増えていました。
「知らない男達に見られながらイッたのか?知らない男達に見られるのが、そんなに気持ちイイのか?」
と聞くと、妻は何度も頷きながら腰を振っています。妻は汗びっしょりで、いやらしく光っています。
 私も、もう我慢できないので抜き、ブラジャーを妻のあそこに押し当て、妻の愛液をたっぷりとつけ、妻の口に入っていたパンティを取り、外に向かって投げました。私達と彼らの距離は5mくらいです。彼らは、奪い合うように妻の下着を追いかけます。とった男は妻に見えるようにニオイを嗅いでいます。
「い、嫌〜っ」
私はもう一度妻に挿入します。妻はもう、失神しそうです。
「ほら、もう出るから、もっと見てって彼らに言ってみなさい」
もう、妻はこれが現実かどうか区別がつかないようで、
「も、もっと見て〜!もっと見て〜!!」と何度も叫びました。
私は出るっと妻の顔にかけました。力の抜けた妻を抱き起こし、顔に私の精液がべったりとついた顔を彼らに見せながら、最後のサービスのつもりでおっぱいを揉みしだき、私も腰が痛いのを我慢して妻を大股開きで彼らに向けました。妻は、自分からあそこを開いていました。
 妻は自分達のセックスを見られたのは、初めての体験で、これほど感じてくれるとは思いませんでした。これからも頑張ります。

 しかし、話はこれだけでは、終わりませんでした。しばらくしてノーパン・ノーブラでホテルを出ると、見ていた男が3人残っていたのです。私は、挿入しない事と鍵をかけない事を条件に、近くの公衆トイレで妻を貸し出しました。3人は一人ずつ個室に入り、妻の口を使いながら、先ほどたっぷりと見せ付けられたおっぱいをもみまくったそうです。妻は、私が初めての男だったので、他人のち○ぽをしゃぶったのも、おっぱいを触られたのも、キスしたのも初めての体験ですが、何の抵抗も無く、男に個室でいいようにいじられていました。
最初の男がブラジャーをとったらしく、3人とも口に出したものをブラジャーのカップにため、最後にもう一度最初に入った男が入り、妻に精液が染み付いたブラジャーをはめてくれました。



--------------------------------------------------------------------------------
[1160] 本当の事を知るのが、怖くて 投稿者:すすむ 投稿日:2001/10/13(Sat) 10:27

妻がエステサロンの店長になった。
ある日、取引先の人から、そのエステサロンの噂を聞いた。
県内に4件店があり、オーナーの女になったら店長になれ
オーナーが出資者に対し、自分の女を使って乱交パーティーを
しているとのことであった。
心配になり、もう一度確認すると、間違いなく、妻が店長になっている店だった。
最近月2回ほど研修といって外泊するようになり、かかとの高いハイヒールで
でかけ、エステに必要だからとおまんこの毛をつるつるに剃っている。
おまけに、ピルまで持っていた。
ある日妻の携帯に着信通知があったので、風呂に入っているとき
メッセージを聞した。
「あ・・俺だ、由美が体調悪いので、明日メンバーが足りなくなった・・・
 香奈に一緒に来てもらえないか・・」
香奈とは妻の店の副店長で人妻だ。
本当の事を知るのが怖くて、この状態はいまでも続いている。
--------------------------------------------------------------------------------
[1159] 1157を見て・・・ 投稿者:助六 投稿日:2001/10/12(Fri) 18:39

このサイトはよくBBS3.にカキコする友人に勧められました。

私の妻もビデオに出てました。中だしものの企画です。打ち合わせではスキンを着けての挿入のハズがバイブとクンニでメロメロにされた妻は結局生挿入を許し、5回も中だしされてました。

続きは又書きます。


--------------------------------------------------------------------------------
[1158] 妻の災難 投稿者:修二 投稿日:2001/10/10(Wed) 14:46

この話はあくまで私の妄想として読んでいただきたい。もし皆さんの知人に似た人や、似たことがあったととしても、それは唯の偶然の一致と思ってください。

あの日は妻の香織が二泊三日旅行に出掛けていて、高校時代からの親友、継人としこたま飲んで帰ったのだった。
いつものように郵便物を取り玄関を開け、継人に先にリビングに行くように云うと、キッチンからワインとつまみを見繕っていった。俺は今日はとことん飲むつもりだった。妻の香織のことは今でも愛しているが、たまには男同士で語らう時間が楽しくてしかたなかった。

香織と継人と継人の妻である笙子さん、そして俺は高校の同窓生である。付き合いだした頃から香織は、よく継人に焼餅を焼いていたものだ。
「わたしといる時より継人クンと話してる時のほうが楽しそうなのね」
「普通男同士に焼餅焼くか?」
今から想うとなんとも可愛らしいことで喧嘩していたものである。
たが、高三の冬に継人から告白を受けた。ずっと俺のことが好きだったそうだ。意外と俺は平静だった。頭のどこかで、香織って鋭いなぁ、などと考えていた。
「きみを困らせたくなかった。ずっと自分の中にしまい込んでいるつもりだった。香織ちゃんはいい娘だし、似合いだと思う。ほんとは黙って卒業したら、二度と会わないつもりだった。きみの高校時代のいい思い出のひとつとして、このまま消えるつもりだった。でも、苦しくて我慢できなくて」
「継人、本気か。本気なら顔上げて俺の目をみて話せ」
ここで動揺したら継人はもう戻らないだろう。そう思ったから俺はつとめて冷静にたった。
「本気だよ。でも、もう消えるから。出席日数も足りてるし、学校にもこないよ」
そんなことまで計算して、覚悟を決めていたのか。
「バカ。俺は香織以外男も女も付き合う気はない。でも継人は俺の一番大事な友達だ。気持ちには応えられないけど、消えるなんて云うなよ。今までどうりじゃダメなのか?」
「気持ち悪くないのか?」
「驚いた。でも、気持ち悪い訳ないだろう。お前は香織の次ぎに大事な人間なんだから」
「ぼくの気持ちは変えられない。たぶん一生きみへの愛情を持ち続けると思う。もちろんプラトニックなものだけど」
「いいよ。お前さえそれでいいなら。意味は違うけど俺だって好きだよ」
また下を向いた継人の頭を俺は抱いた。継人が泣いているように思えたからだ。涙見られたくないよなぁ。だから上を向いたまましばらくそうしていた。

昔のことを思い出しながら上機嫌でソファに座ったとき、継人の何気ない目線に気が付いた。
もしも、この時それに気づかずにいたら俺の人生は今と違ったものになったことは間違い無い。
目線の先は、無意識に脇に抱えたままの郵便物だった。
やけに硬い包みが混ざっていた。明らかに一本のビデオテープがはいっているようだ。
「ちょうどいいや、一緒に見よう」
照れ隠しにそう云うと厚手の事務封筒を破り捨て、テープをデッキに入れた。
実は最近妻の外出が多いのをいいことに、裏ビデオを買ったりしていたのだ。
大抵十本単位で買うのだが、この時は酔っていたせいもあり、サンプルビデオでも送ってきたのだろうと軽く考えていた。
苦笑する継人を尻目にリモコンを操作する。

数秒のノイズの後、画面にまだ二十代ぐらいの男が映った。茶髪で今風のかわいらしい顔をしていた。
「旦那さん、今から見せることをしっかり楽しんで下さいよ」
そう云う男の表情は、いやしい本性と悪意が感じられた。
ホームビデオらしき画質にAV流出物じゃないな、インディーズの企画物か完全な裏物だな。まだ俺はそんな呑気なことを考えていた。
また、ノイズが入り、同じ男で同じ部屋が映しだされた。どこかでチャイムが鳴っている。男はにたりと嘲うと、画面から消えた。チャイムの主を部屋に招き入れようというのだろう。
ずぐに男が戻ってくる。続いて女が入って来るが男の後頭部が邪魔で良く見えない。意識的に女の姿を隠しているようだ。
「五十万あります。これでテープとネガを下さい」女は単刀直入に切り出した。明らかに緊張が感じられたが、毅然とした強い意思が込められた声だった。
妻に似た声だな、そうは思ったがこの前買った裏ビデオで驚くほど良く似た声の女がいたのだ。彼女の体つきが妻とそっくりだったので、骨格や肉付きが似てると声まで似てくるのかとしきりに感心したものである。むろん妻の方が数段美形ではあったが。
「金が目的じゃないって言ったじゃないですか」
「なにが目的ですか。どうすればテープとネガを渡してもらえるんですか」
「奥さんと同じ目的ですよ。旦那さんに黙って一人でここに来たんでしょ」
「どういう意味ですか」
「判ってるくせに。何度もあんなことされて、写真やビデオまで撮られて、なのに今度はわざわざその男の部屋に内緒でやってくる。しかも念入りに化粧して、着飾って」
「違いますっ。そのビデオと写真を取り返すために来たんです」
「そう簡単に渡すわけないでしょ。子供にだって判ることです。才女であるあなたが、判ってこの部屋にきたのは」
「だからこれを差し上げます。私には精一杯のお金です」女の声には、もう最初の勢いが無かった。怯えの色が見えた。
「じゃあ、ありがたく戴いておきます」
意外にあっさりと男が言った。
「それではテープを」
男の気の変わらぬ内とばかりに急いで女が言う。
「えっ、またビデオを撮ってもらいたいのですか。奥さん好きですね」
いたぶるような男の声に、最初に映ったあの下劣な笑みを思い出した。きっとあんな顔をしているのだろう。
「何言ってるんですか。お金と引き換えにテープとネガを渡して下さい」
「いや、そうじゃない。奥さんの本心はこのお金で私を抱いて、栄養つけて濃い蛋白質を流しこんで、そう思ってるんでしょう」
いきなり女が立ち上がり、ドアへ向かって逃げ出そうとした。
ようやく相手の悪意の深さが理解できたのだろう。
「コラっ、ババァ!若い男のちんぽ咥えて何度もイってたのは誰だっ。オレの腰に脚からませてシヌシヌ喚いてたのはどこの誰だっ」
逃げ切れず男に押し倒された女の顔が見えた。
妻の香織たった。

書いてる内に気が昂ぶってきたので一時中断します。
ここの趣旨と違う記述もありますが、自分では必要だと感じ蛇足承知で書き加えました。


--------------------------------------------------------------------------------
[1157] Re[1156]: 大変なモノ 投稿者:直樹 投稿日:2001/10/10(Wed) 11:31

リーリーさんはいやらしい奥様お持ちで羨ましいですね。
ご主人が知らない間に他人のチンポ生で嵌めて中だしさせて・・
きっと主人より気持ちいい・って言いながら
中だしお願いしながら 撮影されてたんでしょうね。

かくいう私の妻(39歳)も
少し前には 人妻や熟女も企画もののビデオに
出ていました。
出演は私も承諾してのことでしたが、
ビデオではモザイクも掛かりますから疑似本番だと。
ただフェラチオだけは、ほんとに咥えますがそれもゴム付き。
そういう条件で何作か出演しました。

ところが最近ある筋からDVDを入手。
そしたらなんと私の家内が出演しているのも収録されてました。
・・・全部生でした。
・・・ちゃんと奥まで挿入されてます。
・・・男性3人相手です。
・・・2本は中で、1本は口に出されてました。
・・・本気汁が出てました・・・

それ以来家内が出演しているものが収録されているものを
必死になって集めました。
手に入ったのは全部で12作です。
疑似はひとつもありません。
わずかにゴム付きが1作あっただけ・・
あとは全て、生で中だしと顔射でした・・・

家内の目を盗んでは、
毎日オナニーするようになってしまいました。
ほんとに目の前で家内が犯されてたらどうなっちゃうかな、
とか想像しながら・・・


--------------------------------------------------------------------------------
[1156] 大変なモノ 投稿者:リーリー 投稿日:2001/10/10(Wed) 01:47

大変なモノを見てしまいました。

先日、PC仲間の友人の家に行ったときの事です。
色々PCのことについて話した挙句、友人がとっておきの画像を見せてやると
言いました。
なんでも1年ほど前アクセスしていた無修正投稿画像のサイトの画像だそうです。
残念ながら今はアクセスできなくなったらしいのです。
その手の画像は私も少しは持っていますし、どれどれ見てやろうか、くらいの軽い
気持ちで見始めました。

色々ありました。
パンティを穿いたままの軽いモノから、おいしそうにチンポをしゃぶっている画像、
男にバイブで責められている画像、クスコで広げたどアップ、果てはアナルセックス
まで、ま、大体私が持ってるやつと似たようなモノでした。

次から次へ見ていくうちに、ふと1枚の画像が目に留りました。
それは自分のマンコを自分の指で広げている画像でした。
その広げている指の中のとある指に爪の生え際から第一間接まで走る大きな傷。
ん?そういえば家内の指にも同じような傷があるなぁ、、、と思った私ですが
まさかネ、という感じで次の画像を見ました。
同じ人物で今度はうつ伏せになり足を開きお尻に回した手でマンコを大きく開いた
アップでした。
私は思わず、エッ?!と声を出しそうになりました。
大きく開いたマンコとそのすぐ上にあるやはり開かれた尻。
その尻の中心部分、肛門の左側に見覚えのある二つ並んだホクロ。
そばの指にはやはり同じ傷が。
か、家内???まさか???

私は全身から汗が吹き出るのを感じました。
もちろん私はそんな投稿などしていません。
まさか?まさか?そんなことは?
でも、そういえば太もも付近の肉の付き具合、開かれたマンコの色、形、大きさ、
陰毛の濃さ、お尻の肉の付き具合、肛門の色、など等、家内に酷似しているもの
ばかりです。

私は激しい喉の渇きをこらえ友人に次の画像を頼みました。
次の画像はやはりうつ伏せで今度は、たぶん男の、指が肛門にスッポリ入って
いる画像でした。
友人は私の変化を、画像に興奮しているからだと思っているようでした。
なんでも、この投稿画像は何度かに分けて投稿されたらしく、HNなどは覚えておら
ずただ友人も気に入っていたようでアルファベットをつけてフォルダの中でばらばら
にならないように保存していたらしいのです。

次の画像を見せてもらいました。
ここでなぜかパンティを穿いた画像でした。
といっても、ベッドに座って足を開き、パンティの脇をずらし、マンコに男の指が
入っていました。
次は少し引いた画像で、座った家内の後ろから男が片手をおっぱいへ、もう片手を
パンティのお腹の部分から入れ直にマンコを触っている画像。
もちろん顔は写っていません。
今度は四つん這いになって足を広げている家内を真後ろから撮った画像。
その真後ろからの、どアップの画像。これには肛門のしわの一本一本がはっきり写っ
ていました。
どアップで陰毛の根元までくっきりと写っている画像。
先へ進むうちに段々家内のマンコが光を帯びてきているのが判りました。
愛液が溢れてきているのでしょう。
という事は家内は感じているということです。
クリトリスも勃起して小さい顔を覗かせています。

いよいよ衝撃的な画像。
家内の濡れたマンコに奥深く咥え込まれたスキンを付けていない生のチンポ。
咥え込まれている深さが違う画像が数枚。
また、体位も入れ替え、四つん這いの家内の後ろから挿入したシーンを上から
写した画像、横から写した画像。(これもやはり入っている深さが違うものが数枚)
途中から男のチンポに家内の愛液らしい白濁したものがべっとりと付いた画像も。

まさかこのまま逝ったわけでは、、、。
私の最後の望みは見事に断ち切られました。

ほとんど抜けかかったチンポの先から明らかに男が出したものと思える白く濃い
粘液がマンコの中へとつながっている。
そうして、仰向けで開いたマンコから精液が次から次へと溢れ出す画像が何枚も。
極めつけは、精液が溢れ出すマンコをまるで見て!見て!といわんばかりに家内
自身の手で広げている画像。

私の頭は考えることを停止しているような感覚でした。
でも、でも、なぜか私のチンポは激しく勃起していました。
私は友人にお願いしてすべての画像をCDに焼いてもらいました。
友人は私がこれらの画像が気に入ってお願いしていると思っているらしく、嬉々
として作成してくれました。

その日の夜、家内が寝静まった後私はそのCDの画像を1枚1枚丹念に調べて見ま
した。
すると友人がひとまとめにしていた画像のほかに、間違いなく家内だといえる画像が
十数枚出てきました。

友人宅で見たものは全部ホテルらしいつくりの部屋(ただし同じ部屋ではありません。
最低でも2種類くらいの部屋)の中での画像だったのですが私が発見したモノの中に
は明らかに普通の家の部屋、おそらく男の部屋、のモノもありました。
中でも私的に衝撃を受けたのは、見覚えのある服を来た家内が薄い布団に座って
股を大きく広げている画像、そのポーズのままパンティをずらし、そのパンティの
内側とマンコに、汚れた粘液がたっぷりと付着しているアップの画像。
そしてその服のまま男に前から後ろから責められている画像。
最後はバックで逝ったらしく、四つん這いで尻を高く上げた家内の少し開いたマンコ
から溢れた精液が10cmほどの長さに垂れ下がっているのを真後ろから写した画像。

日常の姿のまま男の元へ行き、非日常の世界に浸っている家内。
私の知らない非日常の家内。

皆さんの奥さん方は大丈夫ですか?
知らないところで非日常を、、、、。
知らない間に世界中の男の晒し者に、、、、。



--------------------------------------------------------------------------------
[1155] 書き込みのカテゴリーを守って下さい。 投稿者:管理人 投稿日:2001/10/09(Tue) 19:44

いつも「妻物語」をご覧頂きありがとうございます。

「BBS1」は交際募集系を書きこむ所ではなく、
あくまでも「妻の男性経験」を書き込む所です。
「BBS5」への書き込みをお願い致します。

管理人


--------------------------------------------------------------------------------
[1154] Re[1152]: 裏目 投稿者:福淫 投稿日:2001/10/07(Sun) 09:24

こ、この奥さん、いやらしい!!
最高にいやらしい!!!


--------------------------------------------------------------------------------
[1153] Re[1131]: 妻の初体験 投稿者:名無し 投稿日:2001/10/07(Sun) 00:49

首を長くして続きを待ってます。その後が気になって、気になって。
どうなっちゃうんだろう・・・お願いします。


--------------------------------------------------------------------------------
[1152] 裏目 投稿者:新太郎 投稿日:2001/10/06(Sat) 22:20

同僚のKが妻に好意を持っていることは以前から少し気付いていました。
色々理由をつけては遊びに来て、酒を飲み夜遅く
酒に弱い私が寝た後で、妻を口説いているのも
聞き耳を立てて知っていました。

ある日、妻が町内の集まりでカラオケに行った日
Kが遊びに来たので、私は妻と私の夜の営みを撮ったビデオを
見せました。その時はKをあきらめさせる手段のつもりでした。

夜遅く酔って帰った妻は上機嫌でした。
酔いが回った私はウトウトしながら隣の部屋で
いつものように妻とKが酒を飲んで話をしているのを
うつろに聞いていました。

「奥さん、俺見ちゃったよ」
「何を」
「奥さんとあいつのビデオ」
「えっ!何それ」
「エッチしてるビデオだよ」
「えぇぇーーっやだ、ウソ?」
「奥さんってやっぱりイイ女だよな。ますます好きになってきたよ」
「やめてよ、やだやだ、あの人が見せたの?」
「ああ」
「どうして?」
「知らないよ、俺に奥さんを抱いて欲しいんだと思うよ」
「うそ!それはうそよ」
「ホントだよ、じゃないとあんなもの他の男に見せるか?」
「いやぁーん、恥ずかしい・・・全部見たの?」
「うん」
「最後まで?」
「やだやだ・・・私の裸全部?」
「あそこも見たし、あいつのチンポを咥えてるとこも、あそこに入れてるとこも、白いのが出てくるとこも全部」
「いゃぁーん、恥ずかしい」
「奥さんってエッチ顔がホントに可愛いな」
「そんな・・・」
「奥さんの中にチンポ入れたら最高だろうな、思い出したら立ってきたよ」
「・・・・」
「今晩、ティッシュ無くなっても知らないからね」
「自分でするの?」
「ガマンできないだろ、あんなもの見せられて。
奥さんがあいつに抱かれるの見て俺最高に嫉妬してるよ」
「やだ・・・私の裸をオカズにするの?」
「それくらい許してくれよ、いいだろ?」
「そりゃやめてとは言えないけど」
「ほら、もうカチカチに立ってきたよ」
「うぁー・・・モッコリ・・・ウフフフ」
「いいよな、夫婦は」
「何が?」
「思う存分中に出せるから」
「だってエッチは中出しが一番気持ちいいでしょ?
昔付き合ってた人も安全日はいつも中に出してたわよ」
「奥さんも中に出されたほうが気持ちいいの?」
「そりゃそうよ、女の本能は男の人に中に出して欲しいって
思うから子供が作れるのよ」
「そりゃそうだよな、でも他の男に出されてみたいって思うことある?」
「そりゃ、エッチな気分になったときとか、口説かれてるときは、この人私の中に出したいんだ・・・って思うと出されてみようかなって思うことあるわよ。でも、基本的に自分の身体の中に自分以外の身体の一部が入るわけだし、その人が出す精液が
入るんだから好みのタイプの人じゃないと嫌だけどね」
「今までに何人の男に出されたことある?」
「付き合った人だから8人かな」
「いいなぁー付き合った人以外とはしたことない?」
「ある・・・・ウフフフフ」
「何人くらい?」
「3人」
「ワンナイトラブってやつ?その時は中に?」
「うーんとねー一度だけ前に付き合ってた彼と喧嘩したとき、
男友達の家に相談に行って泊まったのその時、やっちゃった。
生理が終わったばかりだったし、コンドーさんも無かったし
避妊なんて気分じゃなくて、私の身体をどうにでもしてって感じだったから、中に出してって言っちゃった」
「いいないいな、あいつと結婚して浮気はしたこと無いの?」
「一回あるわよ、あの人も知ってる。ホントに別れようと思って前の会社の上司と付き合ったの。そしたらあの人が土下座して
謝るし、その上司・・・・ウフフ包茎だったのウフフそのまま
別れちゃった。あれがデカチンだったらホントに別れてたかもしれないウフフ」
「大きいのが好きなの?」
「そりゃそうよ、女は本音はみんな大きいほうがいいと思うよ」
「そうなんだ・・・俺のは大きいほうかな」
「やだ!チンチン出さないでよ・・・引っ込めて、お願い」
「チンポが破裂しそうだよ。一度でイイから奥さんの中に
出してみたいよ」
「ダーーメ、あの人にばれたら殺されるわ」
「俺のチンポの先から奥さんの中に出せたら殺されてもいいよ」
「ほらっ、また出す!チンチン引っ込めなさいって。どうせこんなとこでできるわけないでしょ。」
「自分でしてもいい?」
「一人で布団の中でしなさいよ」
「奥さんの前がいいよ」
「やだぁー私がしたくなるじゃないのよ」
「そしたらすればいいじゃん」
「バカなこと言わないの、わかったからチンチン引っ込めてよ」
「頼むから出させてよ、このままじゃどうせ寝られないから」
「・・・・・ホントに手を出さないって約束できる?」
「今も出してないだろ、無理矢理は嫌いだから。出来たらさ
ビデオ見ながらさせて欲しいな」
「あなた、そんな恥ずかしいこと言わないでよ!
だったらエッチしたほうがましよ。まったく・・・
私のエッチ見ながらオナニーしてどこが嬉しいのよ」
「いいからいいから、ほらコレコレ」
「やだ!テープ出さないでよ、あぁーーーダメだって、もうっ怒るわよ」
「ほらほら、始まった」
「・・・・・・・あんっもうっ」
「いいなぁー奥さんのおっぱい感じやすいんだな」
「・・・・・・」
「すごい、俺も奥さんの太股の間に顔をうずめたいなぁー」
「あーん、やだ、もう・・・開き直るわよ・・・まったく」
「どう、目の前で自分のエッチ見られるのって?」
「心臓が飛び出しそう・・・まってまってこの先はまって」
「もういいよ、どうせ全部見たんだから・・・俺も舐めて欲しいな」
「ちょっと・・・・嫌よ・・・・エッチすぎるこんなのって」
「興奮してきた?濡れてきたんじゃないの?」
「さっきからパンツがヌルヌルして気持ち悪いわよ」
「このチンポ入れて中に出されてみない?」
「もう・・・声を消してよ。あの人が起きるってば」
「ふぅーーっ、そろそろ出そうだよ・・・」
「すごい、パンパンに張ってる・・・」
「入れてみたい?」
「・・・・・うん」
「出されてみたくなった?」
「・・・・・うっうん」
「俺に抱かれるって思ってる?」
「あなたに口説かれたときからいつかやられるかなって思ってたわよ。」
「あああっ出そう・・・・」
「出していいわよ」
「あぁーーーーっ」
「うわっ、20センチくらい飛び出したわよ、元気いいわね30代後半のくせに、まってまってティッシュ取ってあげるから
ズボンに垂らさないでよ」
「拭いてくれる?」
「もぅ!私のこの火照りはどうすんのよ」
「奥の部屋で一回だけしようよ」
「ダメ、あの人に絶対ばれるわ」
「舐めて拭いてよ」
「だから、そんなことしたら余計にしたくなるからダメ」
「もう、十分したいんだろ」
「寝られないわよ」
「夜食にラーメン食べに行くって置手紙して車の中でしようよ」
「嫌よ、車はシャワーが無いと、私・・・ホテルなら一時間くらいで帰れるかな?」
「あいつすぐには起きないだろうから2.3時間大丈夫だよ」
「無限堂のラーメン食べに行くって書こうか、前に一度行ったでしょ。あそこなら往復2時間かかるよね」
「でも、帰ってきてあそこの中調べられたらばれるぞ」
「やだ、あなたがいるのにできるわけ無いでしょ。ねー中に
出すの?」
「当たり前だろ、奥さんの中に出したくてまた立ってきそうだよ」
「ヤダ、こんなにエッチに気分にさせられたの初めて。
旦那以外の男の人に今からお前の中に出すぞって言われて
ついて行くのよ。今からあなたのアレを入れられて出されるのよ・・・・ちょっとパンツはき替えてくる」
「バカッ、それこそばれるぞ」
「あっそうか・・・でも恥ずかしい・・・パンツ汚れてるかも」
「たっぷり舐めてやるよ・・・行こう」
「うん・・・・なんかドキドキ」

こうして二人は出かけていきました。
私はと言えば、興奮のあまりに2回も放出していました。
そして、今、妻がホテルでKに抱かれていると考えたら
初めての言い表せない興奮で何度も何度も放出しました。






--------------------------------------------------------------------------------
[1151] 淫乱妻 投稿者:エイチ 投稿日:2001/10/06(Sat) 17:52

私の妻は長さ25cm太さ6cmのペニスバンドでsexしています。私のペニスも長さ17cm太さ4cmあり決して小さくありませんが,妻は玩具の方でないと,いけなく,一度に3回は,いきます。このままでは,どんどんエカレ-トして何センチの長さと太さの物でないと満足しないかと?
不安です。何かいい方法ありませんか?



--------------------------------------------------------------------------------
[1148] 妻を公衆奴隷に 投稿者:変な夫 投稿日:2001/10/05(Fri) 20:36

刑罰師さんと諒子のメール交換は今も続いています。
時々電話でも話しています。
私も電話で話したり、お互いの奴隷の写真やビディオを交換しています。
以前使用済みのパンティとビディオが送られてきました。
ビディオを見ると送られてきたパンティをはいた刑罰師さんの奴隷が、
自分の指でオナニイしているところが映っていました。
私も諒子で同じ事をして送りました。
テープの最後に、諒子と二人で送られて来たパンティの臭いを嗅いだり
広げて汚れ具合を見たりしているところを入れました。
そのやりとりが気に入り諒子の貸し出しをOKしました。
貸し出しは許可しましたが、
諒子を一人で九州に行かすのは気がかりなので刑罰師さんがこちらに来た時に
貸し出し調教してもらう事にしました。
刑罰師さんが奴隷を連れて来られたら、
奴隷を交換して別室で調教する予定です。
お互いの姿が見えなくて調教の音や奴隷のうめき声が聞こえる部屋でします。
具体的な日にちは決まってませんが楽しみです。
妻を貸すなら、やはり超が付く位の変態の方が理想です
私では経験させる事の出来ないような責めや快楽を妻に与える、
それが私の夢です。
私と妻の夢、妻を公衆奴隷にすること。
公衆奴隷にする為に、妻を貸し出すならどのような方法が有るか刑罰師さんと
考えてみました。

1 ピンクコンパニオン
 S男性四、五人を家に招待して宴会を開く。
 妻を下着姿にして接待をさせる。
 参加した男性は、宴会が始まってから朝帰るまで妻を自由に責め犯す事が出きる。
 又は、四、五人の旅行に妻だけを貸し出し、妻が家を出てから帰るまで自由に
 責め犯してもらう。

2 淫乱家政婦
 Sの独身男性に一週間程度家政婦として貸し出す。
 借りた男性は、借りてから返すまで自由に責め犯していい事とする。
 友人を呼んで集団で責め犯したり、個室喫茶やスワップパーティに連れて行くのも自由。
 ただし、どのように使うか使用期間 目的責めや犯す方法を書いた
 淫乱人妻家政婦調教計画書を事前に提出できる人に貸し出す。
 S女性やSの御夫婦カップルでもいいかも。

3 愛犬のダッチワイフ
 発情期で興奮して雌犬を追いかけている犬のダッチワイフとして妻を貸し出します。
 犬との交尾を見て飼い主が興奮した時は好きに犯して下さい。

4 ホームレスの性処理奴隷
 公園にテントを張り中にテーブルを置きその上に妻を全裸で四っん這いにして
 足をベルトで固定し彼らが立ったままバックから犯せるようにし、
 ゴムを付け次から次ぎと犯してもらう。
 一時間に10人ぐらいで4時間以上続ける。
 アナル、オマ*コ好きな方を犯してもらう。

5 都内ホテルで客を取る
都内一流ホテルかSMホテルに、金曜〜日曜まで部屋を取る。
 部屋は二部屋以上有るものを利用し、御客さんはベットルームで妻と二人だけになり
 好きに調教し犯す。
 他の部屋は次の御客さんの待合い室とする。
 24時間営業とし一日5人客を取る。
 完全予約制で、妻の利用料は一時間に付きイチジク浣腸一箱とし一人3時間以内とする。
 こちらで用意出来ない調教道具は持参すること。
 写真撮影は自由、ただしコピーを渡す事。

6 ストレス解消に提供

 ストレスが溜まり疲れている人にスポーツでストレスを発散し元気になってもらう。
 自宅に招き妻と剣道の試合をしてもらう。
 妻は全裸に面と小手だけを付ける、御客さんは好きな所を打ち込んでいい事とする。
 ただし、突きは危険なので喉ではなくオマ*コとする。
 ストレスが発散され元気になったら、妻を犯してもらう。

7 風俗店に貸し出す
 売春宿やピンクサロンに無料で貸し多くの人に犯してもらう。
 大人のオモチャやに無料で貸し、妻を全裸にして首輪を付け鎖で店内につないで置き、
 御客さんにバイブや鞭クスコ浣腸等の商品を妻で試してもらい買ってもらう。

8SMサークルや変態が集まるスナックに貸し出す
 サークルで初心者が縛りや鞭等の調教擬実をマスターする為の練習台として提供する。
 スナックは、妻を全裸にして両手を後ろにして皮の手枷をはめ立たせておいて、
 「御自由に御使い下さい責めようが犯そうが好きにして下さい」と書いた札を首から下げとけば
 後は変態さんがかってに陵辱してくれるでしょう。
 私は、妻が解放されるまでカウンターで見学しながらビールでも飲んでいます。
 これは、私が一番やりたいことです。
 目の前で複数の変態に責められ犯される妻を見ながらビールを飲む最高です。
 ウ〜ン最高筋書きが無いだけに、予想外の方法で責められ犯される妻想像するだけで息子が大きくなる。  
 実際には、そこまで過激な事が出きる店が無いのが残念です。

その他、トラックターミナルに行き大型トラックに乗り込み運転主に犯してもらう。
生け花教室を開く、妻を全裸にしてオマ*コが上を向くように体を曲げ固定し
オマ*コやアナル尿道を使い花を生けてもらう事等考えています。
他に貸し出すアイディアがあれば教えて下さい。
今までに奥さんや彼女を貸し出した事の有る方や借りたことの有る方、どんな方法で貸し借りしたのか、
それと問題点が有れば教えて下さい。
それにしても、刑罰師さんもかなりの変態、ほとんど刑罰師さんが考えた事。

2番と8番は、早く実行したいよ〜〜〜〜〜。
2番は毎晩でんわと写真メールで報告してくれれば最高。






--------------------------------------------------------------------------------
[1147] 妻を公衆奴隷に 投稿者:変な夫 投稿日:2001/10/05(Fri) 11:12

今年の五月に、諒子が初めてチャットをした時の記録です。
この記録は、相手の了解をもらって公開しています。
チャットの場所は、某SM系HPでS男性とM女性のコーナーです。
相手は、九州の35歳の方で30歳のM女を飼っているそうです。
他に二人の男性がいましたが、確認が取れないのでここには書きません。
相手の方は、刑罰師さんです。
諒子[初めまして諒子といいますよろしくお願いします] 
刑罰師[オッオオッ]
刑罰師[諒子さん女性ですか] 
諒子[はい女です]
刑罰師[ヘェー何歳独身] 
諒子[25歳で結婚しています] 
刑罰師[人妻なんだ] 
刑罰師[人妻でマゾなんだ]
諒子[はいそうです] 
刑罰師[どうしたの調教されたいの]
諒子[はいでも今はS男性と話しがしたくて] 
刑罰師[なぁーんだ調教できないのか] 
刑罰師[ざんねん]
刑罰師[で どんな話ししたいの]
諒子[SMの調教のことですけど] 
刑罰師[どうしたの]
諒子[刑罰師さんは彼女います] 
刑罰師[いるよ]
諒子[彼女マゾですか] 
刑罰師[そうだよ調教してるよ]
諒子[彼女を他人に貸したこと有りますか]
刑罰師[ないけど]
諒子[貸したいと思いますか] 
刑罰師[思わないけどどうしてそんなこと聞くの] 
諒子[主人が私を他人に貸し出して調教してもらうって言うから]
刑罰師[そうなんだ経験有るの]
諒子[有りません] 
刑罰師[御主人以外知らないの]
諒子[少しは経験しました]
諒子[でもそれは主人と一緒で主人の前で痴漢やセックスしただけでSMは有りません]
刑罰師[貸し出しいやなの] 
諒子[少し不安です] 
刑罰師[ことわれば]
諒子[それは出来ません主人の命令は絶対ですから]
諒子[主人が喜んでくれるなら私は行きます]
刑罰師[わからないじゃあどうして不安なの]
諒子[病気とかケガのことです] 
刑罰師[性病とかエイズとかでもケガってなに]
諒子[鞭なんかで傷ついてもなおるでしょ] 
諒子[でも一生消えないような傷は困ります]
刑罰師[それはいやだね] 
諒子[それがなければ主人の命令どうり調教を受けに行きます] 
刑罰師[俺の調教も受けてみる]
諒子[主人の命令があれば御受けします] 
刑罰師[本当に] 
諒子[はい] 
刑罰師[俺九州だけどこれる] 
諒子[少し遠いですね私は関東ですから] 
刑罰師[遠すぎる] 
刑罰師[諒子さん誰に似ているの]
諒子[誰か判りません] 
刑罰師[どんな人か知りたい]
諒子[写真メールしましょうか] 
刑罰師[えっいいの]
諒子[顔だけなら] 
刑罰師[裸が見たいダメかな] 
諒子[主人に聞いてみます]
刑罰師[えっ御主人そこにいるの] 
諒子[いいえ隣の部屋で映画見ています]   
諒子[聞いて来ます]
諒子[聞いて来ました]
諒子[いいそうです] 
刑罰師[本当ですか] 
諒子[はいただし条件があります]
刑罰師[どんなことですか]
諒子[どのような写真が欲しいかと私のことで知りたいことをメールして下さい] 
諒子[私のアドレスは***@****です] 
諒子[条件がもう一つ有ります] 
諒子[私としばらく文通して下さい]
刑罰師[メール交換ですか]
諒子[そうです]
刑罰師[いいよ]
諒子[メールは主人も見ますいいですか]
刑罰師[いいけど]
諒子[主人が気に入れば私を貸すそうです]
刑罰師[本気ですか]
諒子[はい]
まだ続きますがこの辺で終わりにします。
ここからは、諒子が刑罰師さんに出した返事のメールです。
一部省略してあります。

刑罰師様、先日はありがとうございました。
最初に、刑罰師様からの質問にお答えします。
私は、25歳です、身長160cm体重秘密バスト90cmCカップ
ウェスト58cmヒップ88cm足のサイズ23.5cm
乳綸は、小さめだと思います直径で2.5cm乳首の色は、写真で確認して下さい。
陰毛は、薄めで逆三角形です、これも写真で確認して下さい。
性器の色は、ピンク色で入り口が少し赤みがかっています、これも写真で
主人によると、性器は濡れやすく無臭で味もあまり無いそうです。
アナルの色としわの数も写真で
性器の深さですがうまく測れないので不明ただし膣口までは、9cm
クリトリスは、5mm位です。
ピアスは、両方の乳首と性器の両方の大陰唇にしています、合計4個です。
どちらも直径2.5cmのリングをつけています。
************

写真は、刑罰師さんの希望どうり送りました。
諒子の顔のアップ、服を着た全身正面から、ブラとパンティを付けた全身正面から
全裸の全身正面と横から、諒子がオマ*コを両手で広げたアップ、アナルのアップ
を送りました。
後日、刑罰師さんの奴隷の写真も同じように送られてきました。
今も、メール交換が続いています。






--------------------------------------------------------------------------------
[1146] あなたの奥さんは 投稿者:まぬけ夫 投稿日:2001/10/04(Thu) 21:21

(あなたの奥さんは処女でしたか?)
管理人さん、そんな!恥ずかしいこと聞かないでください!
世の中には図々しい男もいて、酔っ払ったふりをして私の妻にそんな質問をするやつがいるのです。
妻も妻で、そんなの聞き流せばいいものを、マジに答えてしまうのです。
「ご主人がはじめてだったの」
「ふふ、やーだ、へんなこと聞くのね」
「でも奥さん美人だから、もてて大変だったんじゃないの?ご主人と知り合う前にも何人かすきな人いたでしょ?」
「そりゃいたけど・・・」
「どんな人だったの?」
「やだー、もう忘れちゃった・・・でもけっこうステキだったけど」
「最初はどこでしたの」
「彼の部屋・・・・・J・Lがかかってたの」
「いい感じですね」
「二人きりでJ・L聞いててなんか感じちゃったのね」
「その時がはじめてだったの?」
「・・ううん、はじめてじゃないけどお・・・」
「じゃあセックスはもう十分知ってたんだ」
「十分ってことないけど・・その前の彼と・・・」
私はいたたまれず、妻をひっぱって家に帰りました。
その話は妻から前にも聞いていて、夫婦の秘密の話なのに、
「なんで関係ない男にそんなこと話すんだよ」
「だってえ・・・彼悪い人じゃないし、聞かれたから・・・あなたに会う前の話だし、ウソじゃないもん」
そんなケンカをしながら、妻のパンツの中に手を入れるとおまんこはジュウワーと濡れてたのです。

妻はそのJ・L男に「感じたら自然に感じたとおりのことしていいんだよ、男も女ももっと自然にならなきゃ」といわれてそこのソファでパンツを脱いでしまいオナニーしたそうです。
なにが自然なんだか分かりませんが・・・。
もちろんそれですむわけがなく、しっかり抱き合って気持ちのいいセックスをしちゃったのよ、だそうです。
その前の男ともセックスしてたんですが、その時はまだ罪悪感みたいなものがあったけど、J・L男にあってからすっかり洗脳されて、セックスするのはいやらしい事じゃなくて自然の営みと思い込んでしまったのです。
ところがその男は他の女にも同じことを言ってやりまくってたみたいで、それを知って妻は別れたそうです。
それから妻はちょっとでも好きになるとすぐにおまんこする女になってしまったようです。
私と結婚するまでに8人ぐらいの男と寝ています。
ちゃんとつきあっていた男は3人で、あとはみんなその日限りの浮気でした。
妻はけっこう平気でしゃべってしまうので・・・それも私だけにじゃなく・・・困りものです。

妻はそのJ・L男の影響が強く、セックスの時音楽を流すのがすきで、とくにJ・Lをかけながらゆっくりと時間をかけてオナニーするのが好きです。
私が横にいて時々キスしながらじわじわとクリトリスをいじるのです。
「またあの男を想いだしてるの?」
「う〜ん・・・・音楽聞くといろんな情景を思い出しちゃうの・・」
J・L男は酒を飲みながら、妻のおまんこをずっと見ていたそうです。
妻と寝た男たちは妻の裸と、抱き心地とか、イクときの顔とか、ヨガリ声を覚えているでしょうか。
私は結婚する女は処女じゃなくてはと思っていましたが、妻に会って惚れてしまったので・・・・
でも、可愛い顔しててこんなにいっぱいおまんこしてるとは思いませんでした。
35才の妻は童顔で今でも高校生に間違えられるのが自慢のくせにセックスは前より貪欲になってきました。
まだ浮気はしてないと思いますが・・・ちょっと好みの男ができたらすぐやっちゃいそうでおちおちできません。


--------------------------------------------------------------------------------
[1145] 過去と現在 投稿者:し―さん 投稿日:2001/10/04(Thu) 16:26

初めて投稿します、私の妻の過去の事、もう10年も前の事に成りますが、色々有りましたが、離婚もせずに現在に至って居ります。
妻はバスガイドをして居りました、私が信州に旅行に行った時のガイドが彼女でそれから付き合いが始まり、1年位付き合って結婚しました、結婚式の出席者を打ち合わせていた時、異様に男性が多くて私と妻が
もめた事がありました、それは皆運転手さんや、添乗員さん達だと
云う事で、何時も世話に成って居るからと彼女が強引に出席させました、それから1年半位妻も仕事を辞め私としては幸せに暮していたつもりでした、当時私も仕事が忙しく夜遅かったり、出張も有ったりで
妻を余り構ってやらなかった事も有るのかも知れませんが、妻の浮気
の現場、、といっても二人の男性とラブホテル街のスナックに入る
とこでした、顔に見覚えが有りました、結婚式に出席居ていたうちの
二人でした、私は会社に帰る途中で20分程待って見ましたが時間が無く、見届ける事が出来ず会社に帰りました、その夜妻は私より早く
家に帰って居りましたが、私が見てから4時間以上たって居ます。
妻に今日の事を問いただしたら、久しぶりに会ったから飲みに
行っただけとの事でした、私は信じられず、興信所の友人に素行調査を頼みました、1ヶ月以上きっちり見てもらいました、結果を報告
された時、頭が真っ白に成りました、300枚に及ぶ写真と9本のビデオ
テープ、積んで20センチにもなる報告書の中身、先ず写真を見ました、全部で8人の男達、日によって1人の時も5人の時も色々違うが
何時も同じホテルを使っているらしく、調査はしやすかったらしい
ホテルの中に隠しカメラをし掛けて9本のビデオにまとめてくれた
ホテルの部屋は、いわゆるSM用の部屋で、X型の柱に大の字に縛られて5人に嬲られる妻の姿が有った、私はその夜妻に見せて最初から
全部白状させました、これだけの証拠を突きつけられて妻も諦めて
白状しました。その時私は離婚するつもりでした。長くなるので
続きは後日>>>





--------------------------------------------------------------------------------
[1144] Re[1140]: 初めてお邪魔します 投稿者:かい 投稿日:2001/10/04(Thu) 04:44

はっきり申し上げて、奥様はかなりの経験をされていることでしょう。
両手では数え切れないほどの男性自身を受け入れているかもしれません。
複数プレイも経験済みでしょう。女1男多数のいわゆるGangbang状態だったでしょう<【告白2】数人で男の部屋に泊まっていて女性は彼女一人・・・

うそが上手いそうですが、うまく突いて行けば確実にぼろが出るでしょう。
これからも奥様のこれまでの経験を一つずつ確実に暴いていき、奥様の過去の経験を知ることでKS様も楽しんでいってください。
きっと刺激ある夫婦生活を今後楽しまれることでしょう。


--------------------------------------------------------------------------------
[1142] 奥さまは 投稿者:ポストMAN 投稿日:2001/10/03(Wed) 12:34

奥さまは20代前半。美人。胸と尻が大きい。
子供の頃から早熟。
性格は開放的で、好奇心が強い。
いざとなると臆病。
男に言い寄られるのが好き。
お酒が入ると隙だらけ。
セックス自体は好き。
これじゃクイズにもなりません。
奥さまはいろんな男とおまんこを楽しまれたと判断します。
早熟であればなおさら、中学で性交するのなんてザラにいます。
なにより素敵なのが嘘つき上手なことです。
まるで私の妻のことかと思いました。
>妻のことで悩むと胸がチリチリ
するそうですが、そのチリチリをずっとお楽しみください。
多分奥さまは今でも内緒で浮気のおまんこを楽しまれていることと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
[1139] その2 投稿者:ひろし 投稿日:2001/10/02(Tue) 22:24

先回から2週間経ちまして高子さんの旦那を入れての妻への調教は
残念ながら高子さんの旦那の1ヶ月の出張で失敗してしまいました。

先回の出来事を妻に聞いたところ高子さんだったから嫌で無かった
との事でした。高子さんも妻とレズれた事が嬉しかったらしくまた
したいと今度は高子さんから私の方に相談にきました。
でも、最初私が望んでいた事とは違っていたため悩みましたが、高子さんに負けまた計画を練りました。

土曜日の夜、妻へ高子さんから電話がありました。
妻、「ねえ、高子からカラオケの誘いが来たんだけど一緒に行く?」
私、「酒も飲みたいし、明日も休みだから行こうか」
妻、「子供どうする?」
私「実家に預けてくるよ!!」子供を預けるのは実家には了解済みです。高子さんも実家に子供を預けることになっています。知らないのはまた妻だけでした。
私「子供を預けてくるからお風呂入ってたら」
妻「はい」

今回の計画は高子さんと高子さんの友達の幸恵さん(妻の友達でも有る)で妻をまたHする計画です。高子さんは妻とのHでレズにはまってしまい幸恵さんを混ぜての攻撃をするとの事でした。
私にとってはレズ3Pを観れるかなと楽しみにその計画に乗りました。幸恵さんも主婦で旦那さんは夜勤で次の日の夕方でないと帰ってこないとの事でした。幸恵さんは妻と違って少しぽっちゃりな体系で
可愛くチョット、ドッキリしてしまいました。

妻と二人でカラオケBOXに着くと中に入り妻が
「幸恵もきてたの?」
幸恵さん「高子に誘われて・・・元気だった?」
などと昔の話などはじめました。
妻もまた酒に弱いのに「このワインおいしいね」
などと赤くなりながら歌ったり飲んだりしてました。
幸恵さんには今回の計画は話していないそうです。
妻も幸恵さんがいるのに先回様な事は無いだろうと安心して飲んで
いたみたいでした。
2時間ほど経ったころ幸恵さんがトイレに行った隙に高子さんは妻に
キスをしました。妻は最初は抵抗していましたが胸を揉まれて感じたのか応えるように激しいキスに変わりました。そして高子さんが妻の
ブラを無理無理外して取ってカバンのなかに仕舞ってしまいました。
妻は「見えちゃう〜」といいながら私にしがみついてきました。
そうしている間に幸恵さんがトイレから帰ってきて私たちは何も無かったようにお酒を飲んでいました。妻は顔を赤らめたままじっとしてました。そしてしばらくして高子さんが妻のセーターの中に手を入れて胸を触りだしました。妻は驚いて「イヤ、ダメ」といいましたが
そのまま胸を揉んで
高子さん「幸恵、この前ねー、由美子とレズったの」
幸恵さんにいいました。幸恵さんはビックリしてましたが興味があるらしく妻の胸に幸恵さんも手を入れました。妻はもう喘いでいました。
幸恵さん「旦那さん許してね」
といって妻のセーターを脱がして二人で胸を揉んだり舐めたりしだしました。私はもう勃起していてビンビンで妻が私のを触っていました。
その後すごい事になってしまいました。    次回また書きます


--------------------------------------------------------------------------------
[1138] 妻を公衆奴隷に 投稿者:変な夫 投稿日:2001/10/01(Mon) 02:19

これは、私の妻をこのような方法で貸し出せればと、考えた妄想の世界です。
いずれ、BBS5に妻の貸し出しを掲示し実現する事を夢に見ています。

妻を麻雀の景品にー4
妻が気絶してから2時間が過ぎました。
奥様「諒子まだ起きないね、責めがよほどこたえたのかな」
御主人が私に「諒子の調教これぐらいにしときますか」
私「いいえ、計画どうり最後までお願いします」
 「今やめたら、私と諒子の夢がかなえられなくなるので」
 「公衆奴隷に成るのは諒子の希望ですから最後まで」
木村「さすがですね」
鈴木「良い奥さんでうらやましい、今度個人的に私たちにも貸してくださいね」
私「是非、お願いします」
奥様「調教を続けるんだネ、じゃあ諒子を起こすよ」
奥様は、ベットで寝ている諒子の所に行き平手で尻を叩きながら。
ビシィ・ビシィ・ビシィ
奥様「諒子、いつまで寝てるんだよ早く起きな」
諒子「ごめんなさい、許してください」
奥様「お前は、奴隷なんだよ御主人様方をほっといて寝ているなんて
   どういうつもり」
  「少しは懲りたか、お前の為に調教してるのに逆らうから罰を受けるんだよ」
  「さあ、続きを始めるよ」
  「さっさと立ちな」
諒子「はい」
奥様「さあ、始めましょう」
五回目の麻雀が始まりました。
五回目は、御主人が勝ちました。
御主人「諒子は、まだボーとしてるからアナルSEXで目を覚まさせてやるか」
御主人の男根は、完全に勃起しています。
奥様の方を見ながら。
御主人「お前も手伝え」
   「諒子、ベットの上で四つん這いになれ」
諒子「はい」
御主人は、諒子のアナルにオイルを塗りマッサージをし、男根を一気にねじ込み
ました。
諒子「痛い、痛い、裂けます無理ですア〜〜ッ・イタイ」
奥様が、諒子の右頬を抓り上げながら。
奥様「まだわからないの、お前は奴隷だよ、罰を受けたいの」
  「それにもう根元まで入ってるよ」
御主人「ウッ凄い締めつけだ凄い」
奥様「そんなにいいの、もっと良くしてあげるね」
奥様は、ローソクに火を付けけ諒子の背中に垂らし、乳首を抓り始めました。
諒子「アッ、熱いアッアッ痛い」
奥様「諒子、アナルが気持いいんだろ、もっと良い声で鳴きな」
御主人「ロウが垂れるとアナルがヒクヒクしてる、凄いしまりだ」
御主人は、諒子のアナルに精液を注ぎ込みました。
六回目の麻雀が始まりました。
諒子は、背中に赤いロウを付けたまま立っています。
六回目は、鈴木さんが勝ちました。
鈴木さんは、諒子にメモを渡し読ませました。
諒子「鈴木様、最近私の身体はたるみが出てきて醜くなっています」
  「心もたるんで来ています、どうか私の心と身体が引き締まるよう」
  「九尾の鞭で全身を百叩きにして下さい」
鈴木さんは、諒子をぶら下がり健康機の所に連れて行き、手足枷を使い
身体が、Iの字のように固定しました。
鈴木さんは、諒子の後ろから鞭を振り上げ背中を打ちました。
背中の赤いロウソクが飛び散るのが見えます。
諒子は、口にギャグボールを着けているので悲鳴を上げても
呻き声にしかなりません。
背中、胸、尻、を合計100回叩かれていました。
叩き終わると、Iの字に固定された諒子の尻を割るように開きアナルに
男根を突き入れました。
諒子の、アナルに精液が注ぎ込まれました。
鈴木さんが、口枷を外し手枷を外そうとすると。
奥様「そのままにしといて」
  「さあ、次やりましょう」
七回目の麻雀が始まりました。
七回目は、奥様が勝ちました。
奥様が、空のペットボトルを持ち良子の所に行きました。
ペットボトルは、2リットルが入るもので口の所に二本の凧糸が付いていて
凧糸の先にクリップが二個付いています。
奥様は、諒子の両方の乳首にクリップを付け、ペットボトルをぶら下げました。
ペットボトルの口は、諒子のヘソのあたりに来ています。
諒子「イッイタイ、乳首が切れます許してください」
奥様「また、わがまま言って罰を受けたいの」
  「どうする、止める」  
諒子「止めないで下さいお願いします」
奥様「そう、じゃ続けてあげる」
奥様は、キッチンに行きケトルを持って来ました。
ペットボトルに、水を入れ始めました。
諒子「イタイ、イタイ乳首が千切れます許して下さい」
奥様「諒子が、頼むから続けているのに、それにまだ500ccしか入ってない
   あと、1500cc入れるからね」
諒子「無理です、イタイッ他の事なら何でもします許してください」
奥様「本当に、わがままな奴隷だね」
奥様は、乳首のクリップを外しました。
諒子「ありがとうございます」
奥様「本当に、何でもするんだね今度は途中で止めないよ」
諒子「はい」
奥様は、握りこぶし位の小さな籠に凧糸とクリップの付いた物を持ってきました。
諒子の、足枷を外し、人の字になるように足を開かせ足かせで固定しました。
そのクリップを、諒子のオマ*コの左右のラビアに付けました。
籠は、諒子のオマ*コの下にブランコの様にブラ下がっています。
奥様は、その籠にパチンコ玉を入れ始めました。
諒子「ウッ、イタイ、切れます許してください」
奥様「ふざけるな、今度は止めないって言っただろ」
奥様は、次から次とパチンコ玉を入れます。
痛がっていた諒子の声が泣き声に変わりました。
諒子が、どんなに泣いても奥様は無視して入れていきます。
籠が、パチンコ玉でイッパイになると、籠を前後に揺すり始めました。
諒子の、ラビアが伸びているのが見えます。
諒子も、泣いているのか悲鳴なのかわからない声を出しています。
奥様は、3分間のブランコが終わりクリップを外し、諒子の手足枷を外しました。
諒子は、そのまま泣き崩れていました。
八回目の麻雀が始まりました。
奥様「諒子、いつまで泣いている早くこっちに来て立ちな」
八回目も、奥様が勝ちました。
奥様「また私の勝ちだね、諒子覚悟はいいね」
諒子「・・・・・」
奥様「返事は」
諒子「はいお願いします」
奥様「諒子のオマ*コがどれだけ素直か試してやる、ここに直径2cmのガラス球が3個ある
   赤・青・緑これを諒子のオマ*コに入れるからいいね」
奥様は、諒子のオマ*コに3個入れ。
奥様「私が、言った色の玉を出すんだよ、出す事が出来れば私の調教は終わり、
   出来なければ、往復ピンタだからね、言った色が出るまで続けるよ
   素直なオマ*コだといいけどね」
奥様「赤出しな」「早くしな」
諒子が産み落としたのは緑
奥様「歯を食いしばれ、覚悟しな」
奥様の往復ピンタ、バシッ・バシッ
諒子は、ピンタのあまりの強さに尻餅をつきました。
奥様「立て、次いくよ」
諒子を立たせオマ*コに緑の玉を押し込みました。
奥様「次青」
・・・・・
諒子は、言われた色がなかなか出せず5回もピンタをくらいました。
6回目で言われた玉が出て。
奥様「な〜んだ、もうおしまいか、まぁいいか」
  「諒子、私の調教は終わりにしてやる」
諒子「ありがとうございました」
奥様「まだ4時半だね、あと1時間半もあるね」
  「三人で、6時まで好きなように犯せば」
御主人「いいねぇ、よしやろう」
諒子をベットに連れて行き、口・アナル・オマ*コを同時に犯し始めました。
奥様が、私のところに来て。
奥様「今回は、初めてだからこれ位にしとくけど次からもっと厳しくなるけどいいの」
  「10人以上の男に犯させるかもよ」
私「お願いします、それが望みですから」
奥様「次は、諒子一人で来させてね、調教の様子はビディオと写真で報告するから」
私「はい、よろしくお願いします」
奥様「目の前で諒子が調教されているのに良く我慢できたね、今も犯されてるしネ」
  「御褒美を上げるからおいで」
奥様は、隣の部屋に私を連れて行きオマ*コで向かえ入れてくださいました。
6時になり、駅まで送ってもらいました。
諒子は、ノーパンでノーブラですホームを歩いていても落ち着きません。
電車に乗ってもオドオドしています、比較的混んでいたので立っていました。
諒子が、落ち着かないせいか周りの人が諒子の事をジロジロ見ています。
私も、犯されている諒子のことを思い出し興奮していたせいか気が付きませんでしたが。
諒子のブラウスからは乳首が透けて見える上、胸や背中の鞭の跡がはっきり見えます。
それと、両方の頬が赤く腫れているので、周りの人も変態だときずいたみたいです。
私は、慌てて次の駅で降りタクシーで帰りました。

これが、私が考えた妻の貸し出し計画です。
このような事が実現すれば妻も素晴らしい女に成れるでしょう。
妻諒子が一日も早く公衆奴隷に成る日を夢に見ています。
 
inserted by FC2 system