BBS0.5 2004/08 過去ログ


--------------------------------------------------------------------------------
[385] 少し前のこと 投稿者:風俗マニア 投稿日:2004/08/30(Mon) 22:27

私の知人の奥さんは元泡姫です。雑誌にも出ていた有名な子で美人、巨乳、色白、自分が初めて客として会ったときもNo.1をキープしていた超売れっ子さんでした。予約が本当に難しかったですが私も何度も通いました。再会時のメーク、髪型なんかは違っていましたが、背格好、肌合い、声、体つき、目が会ったときのあの彼女のキッとした驚きの表情、絶対に間違いありません。が、まさか、こんな田舎で会うとは、それも知人の妻です。私は思わず、「あっ」と声を出してしまいました。

当時、全然つんけんしたところもなく、もてない私でも、天然の明るさ、能天気さで慰めてくださいました。悪く言う気は毛頭ないんですが、あの後、卑猥な妄想がやまなくなってしまった時期がありました。

行きずりの男に三つ指ついて、即尺の後、生ベッド。アナルに舌を差し入れて満足いただくまでピカピカに舐めあげたかと思えば、マットの上で卑猥な裸踊りでお客様を喜ばせる。そして時間内、気のすむまで何度も発射されるわけです。たぶん、彼女の当時の話からウン百人はくだらない数のお客さんを相手にしていたはず。

今はだいぶ、ましになってきましたが、会社でも、考え始めると止まらなかったですね。「ほら、四つんばいになって」なんてもう一度はめたい、もう一度フェラされながら泡踊りを鑑賞したい...なんて下品な笑いを浮かべては、我にかえることも多かったです。


--------------------------------------------------------------------------------
[384] 36歳妻の事 投稿者:ズー 投稿日:2004/08/30(Mon) 17:09

結婚13年目の夫婦です、妻とは妻が19歳の時から4年間付き合い結婚しました。今でも妻の事を愛してますし私も愛されてると思ってます。妻から(私と付き合う前の)聞いた話を想像すると今でも興奮します。
妻が処女を捨てたのが17歳と聞いてます、友達の紹介でその日に車で自宅まで送ってもらいディープキスと胸をもまれたらしい、その後数日して2回目に会った時に友達の家で初めて経験し、初めてなのにフェラもさせられた。
3回目に会った時には友達数人と雑魚寝をしてるときに友達達が横で寝てるのにやられた、おまけに顔にザーメンをかけられた・・・
その後、彼は二股をかけていたらしく別れた、妻が言うにはその彼とは2.3回しかしてないと言いますが・・・
その後妻も社会人になり、結構遊んでた様ですが彼氏は居なかった様です。
しかし、ナンパされて行きずりのSEXも2人と経験した、2人とも19歳の時でフェラはしなかったらしいが生で外だし、その後私と付き合う様になったのですが・・・
今から3.4年前ですが、妻がメールをしたいと言い出し私は「別にかまわないから、メール友達でも作りなよ」と言い妻のメールを盗み見してました。(かなり興奮した)
しかし妻がかなり入れ込んでる男いて、会う約束をしたメールを見たときは愕然としました、結局私が止めてしまったのですが、今思えばあの時メール男と会っていれば・・・
もっと興奮できたかもしれない。
妻が他の男に抱かれて、フェラをしてるところを想像すると、下半身が熱くなる。
こんな私はおかしいだろうか
妻と3pを計画中(妻の了承済)ですがなかなか良い相手が見つからない・・・・


--------------------------------------------------------------------------------
[383] フェラなら…12 投稿者:健志 投稿日:2004/08/27(Fri) 10:27

出張から帰ってきました。妻の日記を覗き見る興奮が心を占め
逸る心で仕事をしていました。手に付きませんでした。
妻がオリンピックを見ながらソファーで寝ちゃいましたので
チャンスです。まずPCの電源ん…あれっ?ベッキーの画面が
ベッキーを立ち上げたまんまです。不用心な…画面には
『今日はありがとう。ご主人が今日帰って…云々』といった
メールが開かれていました。まっお盛んな事。私はそんな
メールを無視し妻の日記のフォルダを開きました。そうしたら
エクセルファイルを見つけました。表にして過去の男性との
性体験が箇条書きにしてありました。それを見ながら妻の
段ボール箱の中の日記を取り出しました。叔父さんとの続きを
読みました。叔父さんにフェラや素股をするのはそれからも
一年位は続きました。その間に年下の先輩や先輩の友達とも
同時進行で何度もザーメンを飲み込んでいたようでした。
妻は専門学校を出て大阪の飲食関係の会社に就職しました。
そこで納品業者の富永と異鵜バツ1の男性と知り合いました。
富永は32才でこれたま今で言うイケメンで営業マンらしく
面白く楽しい会話の出来る男性で妻には新鮮だったとの事で、
富永は妻の退社時間間際に営業や納品に来ていました。妻は
対応していて何時も定時を過ぎ時折富永に駅まで送ってもらい
何度か自宅マンションの近くに送って貰った事もありました。
ある日富永は妻を食事に誘いました。妻も多少は好意を抱いた
目で富永を見ていましたのですぐにOKをだしました。


--------------------------------------------------------------------------------
[382] 自白剤?大学・外人編 その6 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/23(Mon) 17:56


>え〜〜っ!OOーちゃん、おちんちんをおOOことお尻と口に、同時に入れられたの?

「うん、二人や三人にされていたと思うわ。私はそれまで男の人のおちんちんを あそこ(おOOこ)とお尻に同時に入れてSEX出来るなんて想像もつかなかったの。私が二人三人に同時にされて、その時に始めてさっき彼女が男の人二人に挟まれて同じ事されていたんだって解ったの。でも、私は殆ど黒人の人のおちんちんを あそこ(おOOこ)に入れられていたの、お尻最初の外人の人、彼のおちんちんを入れられるのが多かった気がするわ。彼はお尻に入れるのが好きみたいで、私とする時も彼女とする時もお尻に入れてばかりだったわ。そう言えば前に彼にされたときもお尻に入れたがってたわ。他は誰に何をどうされたか誰にどうやってされたかよく覚えてないのよ。されながら寝ちゃったのかな?夢の中だったのかな?なんか太いおちんちんで、口とあそこ(おOOこ)とお尻にいっぺんに入れられていて中に精液を出されたような?夢だったのか現実だったのか?頭の中がず〜〜っと揺れていたから一晩中されてた様な気もするの。」

>え〜〜っ!一晩中、朝までされてたの?

「う〜〜〜ん?されてた様な気がするの、だって目が覚めたらその時もその黒人の人にされてたから。朝と言うかもうお昼前だったわ。一晩中ずっとされてたかどうか分からないけど、目が覚めたときにはされていたわ。もう1人の女の人や他の男の人はだ寝ていて私だけされていたのよ。また黒人の人だったわ一番若い人だったからきっと体力があったのね、一晩中起きてやってたのかもね。もうそのころには私の あそこ(おOOこ)が広げられちゃったのか、それとも中にいっぱい精液を出されてぬるぬるだったのか、その人のおちんちんの大きさは感じなくなっていたの。そうやって私がされていると他の人たちも目を覚まし起きてきたの、そして私の上に乗ってる黒人の人に『お前、またやってるのか?一晩中やってたのか?』とか言いながら皆で見ながらビデオを撮っていたわ。彼や他の男の人はそう言って見ているだけで、もうやる元気は無かったみたいで、もう私には何もしなかったの。そうやって皆に見られながらビデオを撮られながら、私はまた あそこ(おOOこ)の奥を大きなおちんちんで何度も突き上げられて最後に あそこ(おOOこ)の奥に出されて逝ってしまったわ。」

>OOーちゃんそのパーティーでは黒人や他の男の人のおちんちんをおOOこやお尻に同時に入れられて気持ちよかった?

「うん、気持ちよかったよ。その時はO薬を使われたせいなのかな?何をされても気持ちよかったわ。口に入れられた時は苦しかったけど、あそこ(おOOこ)とお尻に入れられた時は気持ちよかったわ。特にね!あそこ(おOOこ)とお尻に同時に入れられた時が一番凄かったわ、なんて言うのかな?あそこ(おOOこ)とお尻がいっぱい!いっぱい!ぎゅっと詰められているような感じがして、それでいて痛くなくて、そのままおちんちんを動かされるとすぐに頭のほうに響いてきて、すぐに頭が真っ白になってしまうような感じかな?わかる?」

>いや、わからないよ!僕にはそんな経験ないし、男はそこまで真っ白にならないからね。
・・・わかる人いますか?・・・

「ふ〜〜〜ん、男の人にはわからないんだ〜〜?・・・。」

>ところでOOーちゃん、それだけおOOこの中に出されて大丈夫だったの?妊娠しなかったの?

「うん、大丈夫だった。終わって正気になったら私も心配したけど、すぐに生理が来たからほっとしたわ。」

>じゃぁ!それ以上はされなかったの?終わったの?

「うん、それで終わりだったよ、その黒人の人はまだやりたそうだったけど他の人に止められてそれ以上はされなかったよ。皆に止められても私を放そうとしなかったわ、このまま連れて帰りたいって言ってたわ。」

>えっ!そんなこと言われたんだ。OOーちゃんは付いて行きたかった?
-------------------------------------------------------------------------------
[381] フェラなら・・・12 投稿者:健志 投稿日:2004/08/23(Mon) 02:00

がひさん、ジェフケントさん、ありがとうございます。
続けようか止めようか悩んでいました。
今回は日記のまま書いてみようかと思います。

○満叔父さんの精液を飲んだ。量は多かったけど薄かった。
○シャワーを浴びていると満叔父がまたしてくれと言ってきて仕方なく叔父のペニスを咥えた。また飲まされた。
○叔父は私のお尻の穴に石鹸を塗って指を入れてきた。
私は嫌がったのに止めてくれなかった。
痛かった。満叔父さんはお風呂から出てまた戻ってきて
○ムースの缶をお尻の穴に入れてきた。
痛いから止めてと頼んだが、満叔父さんは聞いてくれず
入れたり出したりしていた。
○お風呂から上がって服をきて車に乗って自宅に向かった。
その最中ずっと満叔父さんのペニスを握らされた。
自宅前について車を降りる時、満叔父さんに胸を握られた
痛かった。
何でお母さんの弟にこんな事をされないといけないの?

つづく・・・






--------------------------------------------------------------------------------
[380] フェラなら・・・11 投稿者:健志 投稿日:2004/08/22(Sun) 11:05

叔父「ここまで来ているのやから、察しは付いていたのと
違うのか」妻「叔父さんとそんな事するなんて全く考えて
ないよ、本当の親切やと思ってた」叔父「今更そんな事を
言っても遅い。それに誰が身元引き受けしたと思ってる。
そのお礼くらいしても良いのと違うか?」
そう言われて妻は何も言えなくなったそうだ。叔父は何も
言わなくなった妻の手を取りベッドに連れて行った。妻は
ベッドに横たわり叔父は妻の若い身体を弄った。胸から
腰、腹、オメコ、太もも足と荒々しく愛撫して行った。
妻はただ寝ているだけだったが、だんだん感じて来た。
叔父はそれを見て「感じているじゃないか。もっと感じて
貰おうかな?」とチンポをオメコに押し付けてきた。妻は
「絶対いや〜。お母さんに言いつける〜」と言い身体を
捩らせた。叔父は「ここまで来てチンポをこのままで
帰るのはつらいぞ。じゃあ奈緒の口でしてくれ」と言い
妻の頭の方へ移動して来た。そして妻の頭に跨りチンポを
妻の口に含ませた。妻の口をオメコ代わりに腰をガンガン
振ってきた。妻は咽びながらも舌を使い早く逝かそうと
考えていた。叔父は一度チンポを抜き妻を上に跨らせ
「素股でして」と言いました。妻は「どうやって?」
叔父は自分のチンポを抑えそれをオメコでこするんだと
教えた。妻は腰を決して浮かさずに腰を前後させ、
必死で擦った。実際は自分も感じていたとの事だ。
叔父は逝きそうになったときに妻を身体の上からのかせ
もう一度チンポを咥えさ、またオメコのごとく腰を
ガンガン振りやがて口の中で逝った。すごい量の精液が
妻の口の中に放出された。妻は外に出そうとチンポを
離そうとしたが、やはり叔父は腰を沈めてチンポが
抜けない様にした。妻は飲み込んだ。咽びながら・・・
叔父は満足し妻に言った。「奈緒ちゃんはうまいな〜。
精液を飲んで貰えるとは思わなかった。また頼むね」
拙い文章で皆様には面白くないかもしれません。
もしも、もうやめろ〜と仰るのでしたら
止めさせて頂きますので感想用BBSにでも投稿願います


--------------------------------------------------------------------------------
[379] フェラなら…10 投稿者:健志 投稿日:2004/08/21(Sat) 22:41

『やだ〜叔父さん、おチンチン元気になってる』と言った時
叔父は『奈緒ちゃんが色っぽいから』と臆面も無くチンポを
妻の前で突き出した。そして『触った事はあるか?』と言い
自分の手でいきり立っているチンポを握り妻に見せ付けた。
妻は『見たのも初めてやし触った事もないわ』と言った為に
叔父さんはビックリして居たらしい。叔父さんはタオルが
落ちたままビールを取出し妻の横に座った。そして妻に
『奈緒ちゃん、触ってみるか?』と言いソファーの背もたれに
もたれた。妻は『いやや〜』と言いながらビールを口に運び
横を向いた。その時叔父は妻の右手を掴みチンポを握らせた。
妻は振り向きキャッと言いながら手を離そうとしたのだが
叔父はギュッと手を握り離させてくれなかった。叔父は
その手を上下させて『こうすればもっと元気になるんやけど』
カマトトぶった妻はイヤイヤと頭を横に振った。さすがに実の
叔父とはそう言う関係になる積もりは無く嫌な気持ちは本当の
気持ちだった。しかし叔父は執拗に妻に迫った。笑いながら。
つづく…


--------------------------------------------------------------------------------
[378] 自白剤?大学・外人編 その5 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/20(Fri) 21:17

>じゃぁ!男の人達、全部とSEXしたの?

「うん、皆にもされたけど殆ど1人にされていたわ、それに あそこ(おOOこ)やお尻にも何回もされたわ。」

>えっ!皆に?1人に?お尻にも?何回も?どんなことされたの?

「う〜〜とね?お風呂から出てね、それから部屋に戻ってから始まったのよ。最初は彼女と二人で男の人達、皆のおちんちんをフェラチオをさせられた、彼女は自分から進んでフェラチオしていたわ。私は彼から順番におちんちんを咥えさせられて、喉の奥まで入れられて苦しかったの、特に若い黒人の人のおちんちんが大きくてなかなか口に入りきらなかったわ。私は半分以上飲み込めなかったのに彼女はその黒人のおちんちんを平気で全部飲み込んでいたわ。それにその黒人の人の精液の量も凄かったわ、まるで精液がおしっこみたいにいつまでも出てくるから口の中いっぱいになって飲み込むのが大変だったわ。 それから皆に身体中、胸や あそこ(おOOこ)やお尻を触られたり舐められたりされたの、そのまま気持ち良くなってぼ〜〜っとしていると、あそこ(おOOこ)におちんちんを入れられたの。え〜〜っ!誰?っと思って目を開けると、彼が私の上に乗ってたの。隣では彼女は別の男の人とSEXしていたわ。そして他の人はビデオカメラで私達を撮っていたの。私はあっ!ビデオに撮られてる!どうしよう!って、頭の中では思っていたけど、そのままSEXを続けられているうちに気持ち良くなってきてどうでも良くなってしまったの。そのうちビデオのことは忘れてしまったわ。そしてまた次から次へと順番におちんちんを入れられたの、 あそこ(おOOこ)だけじゃなくて口にも一緒に入れられたわ。隣では彼女が男の人二人に挟まれて三人でSEXしていたの、私はその時、彼女が何をされているのか解らなかったわ。(後で自分が同じ事されたら解った)彼女が三人でしてる時、私は黒人の人にされていたの、黒人の人の大きいおちんちんにも慣れて、だんだんと気持ち良くなって意識が飛びそうになっていったら、その人のおちんちんが あそこ(おOOこ)奥の奥の方まで入って来たの。私はおちんちんを あそこ(おOOこ)のそこまで奥まで入れられたことが無かったから、大きすぎる!痛っ!熱っ!・・・!えっ!と思っていたら、いつの間にか あそこ(おOOこ)の中に出されてしまっていたわ。私は あそこ(おOOこ)の中に出されたのはその時が初めてだったし、意識が飛びそうになっていたから、最初は何で あそこ(おOOこ)奥が熱いのか分からなかったの、最後の方になってあっ〜〜!中に精液を出されちゃった〜〜!どうしよう〜〜!って思ったけど、そのまま意識が飛んで逝っちゃったわ。」

>え〜〜っ!OOちゃん おOOこの中に出されちゃったの?それも黒人に?

「うん、出された、その黒人の人には何回も あそこ(おOOこ)に出されたよ。そのときはもうどうでも良くなっていた、頭の中ではどうしよう?って気持ちもあったけど、それだけだったわ。隣では女の人(ピルを飲んでいた)の あそこ(おOOこ)にも皆、出してたし。私はその黒人の人の後にまた次の人にも出されたし、彼にも出されて、また黒人の人に出されて あそこ(おOOこ)の中にもお尻にも何回も何回も精液を出されちゃったわ。何故か私は黒人の人にされてる事が多かった様な気がするのずっとされていたような気がするの。彼女は他の三人としていたし私も二人同時にされたけど必ず黒人の人が居たわ。後で聞くとその黒人の人は日本人の女の子とSEXするのが私が始めてだったみたいで、小さな日本人の私を気に入って私ばかり抱いていたらしいの。だから一晩中私を放さなかったみたい。その後は記憶が飛び飛びになっていてあまりよく覚えていないのよ、でも あそこ(おOOこ)にはいつも誰かの(黒人の?)おちんちんを入れられていたような気がするの。苦しいと思ったら大きいおちんちんを口にも入れられていたし、痛いと思ったらお尻にも入れられていたわ。それに男の人二人三人に同時に あそこ(おOOこ)とお尻と口にも入れられて中に何回も精液を出されたわ。」

もう少し続きます・・


--------------------------------------------------------------------------------
[377] フェラなら…9 投稿者:健志 投稿日:2004/08/19(Thu) 18:48

叔父は妻がバスルームにいる間に妻の洋服を脱衣所からそっと
持ち出しバスタオルとバスローブを置いた。出てきた時に
妻は服や下着が無い事に気付きドアを少し開け叔父に声を
掛けた。『私の服や下着は?』『こっちにあるよ』妻は
バスローブを羽織り部屋に入って来た
叔父は妻にビールを勧めた後今度は自分がシャワーを浴びに
バスルームに入って行った。妻はビールをチビチビ飲みながら
テレビに目を移した。そこにはAVビデオが映し出されていた。
日記にはビールとAVのせいで少し上気していたと書いてあり
下地が出来かけていた事は容易に推測された。しかし叔父と
妻は子供の頃から大の仲良しで微塵の疑いも持たなかったとも
日記には書かれていた。叔父は普通のタオルを腰に巻いた姿で
バスから出て来て妻の向かいに座りビールを飲み出した。
AVを見ながら雑談の中、叔父は妻に彼氏はいるのか?とか
大きくなって女の子から大人の女性になったな〜とか言って
たいへん褒めちぎられたそうで万更でも無かったとも日記には
書かれていた。叔父さんはビールを飲みながらだんだんと
話題をエッチな内容に持って行った。妻もビールが回って来て
結構大胆に話に乗っていった。『奈緒ちゃんは今までにHの
経験はあるの?』『まだないの。結婚する人に処女を上げ様と
思っているの』叔父さんはソファーに腰深くかけていた。
腰に巻いているのは短いフェイスタオルだけだった為に、
チラチラと見え隠れする叔父さんのチンポに妻は目のやり場が
無くなり『叔父さん、ゆだ〜見えてるよ〜』と言った。叔父は
余計に足を組んだりして見せ付けた。そしてビールを取る為に
立ち上がった時にタオルがパラッと落ちて叔父のチンポは
丸見えの状態となった。なぜか上を向いてそそり立っていた。つづく…
-------------------------------------------------------------------------------
[376] 自白剤?大学・外人編 その4 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/18(Wed) 17:19

>それじゃぁ、OOーちゃん、その後またその外人に会いに行ったの?

「うん、行ったよ。だって仕方なかったんだもの。」

>また、会ったんだね、どこで?また同じホテル?

「ううん、その時はホテルじゃなくて、クリスマスパーティーに連れて行かれたの。」

>えっ!クリスマスパーティー?ホテルじゃなくて?

<クリスマスパーティーの模様つまらないのでまとめます。>

「うん、クリスマスパーティーだよ。それは日本に来て居る英会話の講師達や留学生達のクリスマスパーティーで、外人たちのよく集まるパブであったの。いろいろな国の色々な人種(白人・黒人・etc)の人たちがいて男性も女性も居たの日本人は私だけだった。皆フランクで色々な人たちとお酒を飲みながら話をしたり男の人とダンスを踊ったりしてとても楽しかったわ。でも彼(連れて行かれた外人)の顔を見るとこのクリスマスパーティーが終わったらこの人にまた抱かれないといけないと思うと憂鬱になってしまうので、忘れたいからお酒をいっぱい飲んだの、珍しいカクテルも色々飲んだわ。だから、暫くは彼の彼のことも忘れていたの。でも、そのうちに時間も過ぎてクリスマスパーティーも終わってしまい、私はこれから彼に抱かれないといけないんだわって思っていた。そう思っていたらその店に残っていた人達(4〜5人)の1人がこれから自分のマンションでパーティーの続くをやろうって言い出したので私も彼に連れられて一緒に付いて行ったの、女性(25歳位?)の人も誘ってくれたので安心していたし、このままパーティーが続いて彼に抱かれかくて済めばいいな〜〜って思いながら付いていったわ。」

>その後のパーティーはどうだったの?

「う〜〜とね!マンションの部屋に着いたら、皆でまたお酒を飲んだりして話をしたの。その内にその部屋の人が何か変わったものを持ち出して来て彼も女の人も皆で吸い始めたの。私も同じように勧められたけど、いくら酔ってる私でもこれは怪しいO薬かなって思って断ったわ。そしたら君にはこれって言って別のお酒(カクテル)を勧められたので、そのお酒を飲んでいたの。その内に他の皆は『ハイ』って言うのかな陽気になってきたの、それを見ていると私もドキドキしてきてなんだか気分が良くなってきたのよ。なんて言うのかな?何でも出来そうな?感じ、でも自分の身体じゃないような?何も考えれないような?ふわふわした感じなってきたわ。お酒に酔った様な、なんて表現したらいのかわからない初めての感覚だったわ。(後で考えるとそのときはお酒に酔っているんだと思っていたけど、きっと私のお酒のにも何かO薬を入れられていたんだわ。)」

>え〜〜〜っ!O薬?ドラッグパーティー?その後はどうなったの?

「うん、その後はね、よく覚えているような?覚えていないような?現実だったのか?夢だったのか?でも何でもありって感じだったかな?最初はその女の人が男の人に挟まれて二人にキスをされていたわ、それからだんだんと服を脱がされていて、途中からは皆の前に立って自分で脱いで裸になっていたわ。それを見ているうちに私も彼ともう1人も男の人(黒人)に挟まれて同じようにキスされて服を脱がされ始めたの。私は『私も脱ぐの????』って頭の中で思ったけど、身体は思うように動かないし気分も良かったから二人のされるままになっていたわ。そして女の人と同じように皆の前に立たされたんだけど自分では何をしていいのかわからなくてじっとしていたら女の人に皆の前で服を脱がされてしまったの。女の人は自分でポーズを取って身体を男の人に見せていたの、きれいな身体だったわ。それにその女の人は あそこ(おOOこ)の毛がなかったのよ、だから私は自分だけ あそこ(おOOこ)の毛を見られるのが恥ずかしいような気がしたわ。そのうち男の人達もいつの間にか皆裸になってたな〜?皆裸になったら私はその女の人に連れられてお風呂に入って、二人で身体を洗っていたの、そしたらその女の人は貴女も毛がないほうが可愛いいわよって あそこ(おOOこ)の毛を剃ってくれたの、そしてお尻に浣腸までされたわぁ。私はどうしてこんな事(浣腸)までするんだろう?って思っていたわ。
その彼女はこう言うパーティー(ドラッグパーティー&SEXパーティー?)に慣れてるみたいだったわ、私は頭がぼ〜〜としていたのでその人にされるままになっていたわ。」

>え〜〜っ!裸になった?毛を剃られた?浣腸?ひょっとして乱交(SEX)パーティー?

「えっ!うん、乱交?そんな感じだったわ。」

>じゃぁ!男の人達、全部とSEXしたの?

・・・続きます・・・



--------------------------------------------------------------------------------
[375] フェラなら…8 投稿者:健志 投稿日:2004/08/18(Wed) 11:29

車で伯父の自宅へ向う際に雨が降って来ました。伯父の車は
とても古くエアコンは効かず車内は暑く窓は油膜がすごくて
前が全然見えず乗っているのが恐かったと書いてありました。
伯父は雨もきつくなって来たし運転も危ないし雨宿りをして
小降りになるのをまとうと言いすっと曲がりました。そこには
ラブホテルがあり、しかし妻はもう一つピンと来なかった様で
そのまま車はガレージに入って行きました。伯父は妻には
『雨宿りだけやから』と言い訳しましたか、妻は伯父と一緒と
言うことで特別危機感も持っていなかったと書いてありました
伯父と言っても妻とは11才しか離れておらず男盛りでした
伯父は…あっすみませんでした。伯父ではなく叔父でした。
叔父は妻に、『エアコン効かなくて汗をかいたやろ?そこに
シャワールームあるから浴びておいで』と優しく声を掛けて
自分は缶ビールを出してテレビのスウィッチを入れました。
妻は田舎のコで彼氏達にフェラをしゴックンをする割りには
その事以外の性に関しては驚くほど無知無防備でした。
つづく…


--------------------------------------------------------------------------------
[374] フェラなら…7 投稿者:健志 投稿日:2004/08/18(Wed) 08:14

妻の口の中にドクドクと注ぎ込まれるザーメン。それを当前の
如く飲み干す妻。その光景を想像しただけでビンビンです。
パラパラと日記を捲って行くと×印の付いたページが有り、
気になって目を通しました。そこにはなんと自分の伯父との
事が綴られていました。ある事情で伯父が妻を迎えに来て、
車に乗り伯父の自宅に向う途中での出来事だと言う事でした。
つづく…


--------------------------------------------------------------------------------
[373] 妻 投稿者:O君 投稿日:2004/08/16(Mon) 20:22

妻は昔、彼氏の部屋でずっとミニスカート、ノーパンでいたことがあったそうです。
彼氏はTVを見ながら時々妻のおまんこを見たりしてたそうです。


--------------------------------------------------------------------------------
[372] フェラなら・・・6 投稿者:健志 投稿日:2004/08/16(Mon) 16:01

妻はその先輩のチンポを咥えてごっくんしている時に先輩に
「俺の連れのもしてやって」と言われ、断ったのですが、
どうしてもと頼まれて、しぶしぶ先輩の友達と会う事になりました。
タイプじゃなかったら、デートだけの約束でしたが妻は
その友達を見てびっくりしたそうです。
今で言うイケメンで、今で言うジャニーズ系でした。妻は
その友達と食事をし、ビールを飲みながら他愛もない雑談を
していましたが、友達の話が面白く、気がむき出しました。
その後、友達の車でアパートに向かう途中に友達が、
「あいつから聞いているでしょ?僕もしてほしいな」と
単刀直入に言い出しました。妻は、その単刀直入に言われた事が
逆に良かったのか何と、動いている車の中、運転中のその彼のチンポをズボンから出して咥えました。その時に妻は
今までの中で一番大きいな〜と思ったとの事でした。
彼は人気の無い場所に車を止めて、妻の口技を楽しみながら
妻のオメコに指をはわしました。妻はクリを弄られとても
感じたと書いて有りました。その時にその彼はオメコの愛液をアナルに塗り指をアナルに入れて来ました。
妻はびっくりしてその彼のチンポを噛んでしまったと日記に
書いてあり、私は思わず笑ってしまいました。
続く・・・
--------------------------------------------------------------------------------
[371] フェラなら…5 投稿者:健志 投稿日:2004/08/16(Mon) 09:10

妻は先輩のチンポを丁寧に舐め上げくわえました
先輩もお酒が入っているせいかなかなかいかず
顎がだるかったと書かれていました。
その時に初めて69の体勢になり、妻はオメコを
舐められ指を入れられたらしいです。痛かった
それが感想でした。先輩もクライマックスを
感じたのか妻の口をオメコ代わりに腰を激しく
振り出しました。妻の口の中で逝ったあとも
チンポを抜かず腰を振り続けました。妻は
むせ返りながらも先輩のチンポをくわえており
ザーメンを飲み干しました。最初の男性に
ザーメンは飲むものだと教えられていたので
先輩のものも当然の如く飲み干しました。
それには先輩の方が驚いており、すごく
喜んだとも書いてありました。その先輩とは
一年間弱付き合っており二日に一度はザーメンを
飲んでいた様です。
続きます。


--------------------------------------------------------------------------------
[370] フェラなら・・・4 投稿者:健志 投稿日:2004/08/14(Sat) 11:24

次はその彼氏と同時進行で進んでいた学校とバイト先との事の様です。妻が通っていた専門学校ではアルバイトの斡旋をしていて妻も
斡旋で行った先に学校の先輩がいました。
その先輩は先輩と言っても妻よりも2歳年下で、中学卒業後に直ぐにその学校に入って、1つのコースが1年で終わればまた違うコースを履修する努力家だと書いてありました。
その年下の先輩に食事に連れて行ってと言われ、年上の貫禄を見せようとちょっと小洒落たれたレストランに行ったそうです。
そこで勧められるままに飲めないワインやビールを飲んですっかり
出来上がってしまいました。
自宅に送って貰う途中に年下の先輩の自宅で少し酔いを醒まそうと言う事になり、寄ったそうです。
コーヒーをサイフォンで点ててくれている最中に寝ちゃった見たいでした。なにか身体に違和感を感じてふっと目を醒ました妻は
その先輩が妻のブラを外し胸を吸って、パンティーの上からクリを
弄っているのに気づきました。妻は直ぐに抵抗しようとしましたが
いかんせん、まだ酔っ払いの身。思ったほど力が入らずなかなか
先輩を跳ね除ける事が出来ませんでした。そうこうするうちに
パンティーを脱がされ、先輩は下半身を剥き出しにし、チンポを
挿入しようとしてきました。妻は泣いて断りました。
「結婚してくれる人としかセックスはしない」と。
その迫力に圧倒されたのか先輩は「じゃあ口でしてよ、出なきゃ
無理やりでも入れちゃうよ」とキツイ口調で言いました。
告白風に私なりに書き込んでいますが実際は、○○された。
○○言われた。と言った感じで日記には記入されています。
が実際の事ですと付け加えて次回に続きます



--------------------------------------------------------------------------------
[369] 自白剤?ちょっと幕間です。 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/12(Thu) 18:16

<ここまで聞いて、なんだか妻が可哀相になって・・・やっぱり聞かない方がよかった。もう、これ以上聞かない方が・・・と思いました。>
<でも、妻の秘密を知ってこれまで味わった興奮ともっと妻の過去の秘密を聞いてみたい誘惑に負けて・・・2度・3度・・・と犯行を続けてしまいました。>

<皆さんはどうでしょうか?
妻の自主申告を信じて?何も知らずに、いや疑って?・信じて?疑って?もやもやしながらずっと妻を抱きつづけるのがいいのか?
妻を何とかして自白させて、妻の過去のすべてを知ってしまい、過去の男・男・・・達とチンポ・・・達にやきもちを焼きながらこれから妻を抱いていくのがいいか?
皆さんはどちらがいいですか?>

<妻には少しMっ気があります・・・普段は全然そんなことなくてどっちかというと気が強い方です。でも二人っきりになってHな雰囲気になるとキスしようが触ろうがされるままです。SEXの時も痛いこと以外でしたら、何をしても拒みません。きっと昔の妻も部屋で二人っきりになってしまうと男の言いなりになってされるままだったのでしょうね。>

ここまでの話は妻の過去を知りたい僕の妄想と思っていてくださいね!くれぐれも真似をしないようにお願いします。
もう少し妻の供述は続きます。


--------------------------------------------------------------------------------
[368] フェラなら…3 投稿者:健志 投稿日:2004/08/11(Wed) 09:57

日記をパラパラめくって中程に来た時に、
日付の横にハートマークが書いてあるのを
発見しました。ん?何?ワクワクドキドキ…
じっくり読むと彼の車でセックスを求められ
断った所、フェラをしてほしいと言われ
どうすれば良いのかも解らないまま
彼のチンポを口に運び
頬張って唇だけで
ペチャペチャしていた。すると舌を使ってと
言われキャンディーを舐めるようにベロベロと
してたら頭を押さえられ彼は急に腰を前後に
動かしだして
ピクっとなった瞬間、口の中に生暖かいものが
広がった。そして彼に
全部飲んでと言われ
むせたけど全部飲んだ。とても苦かったけど
彼が喜んでくれるから…と書かれていた。
妻は初めての性体験がフェラでそしてその時
ザーメンまで飲んでいたとは…続く


--------------------------------------------------------------------------------
[367] フェラなら…2 投稿者:健志 投稿日:2004/08/11(Wed) 09:47

妻のPCには、何時、何処で、誰と、会って、
何を食べて何を飲み、何を話し、何処のホテルの
どんな部屋でどんなプレイをして…等が克明に
書かれていました。もしかして昔の日記にも…
と思い、妻の嫁入り時に持って来た箱を探り
やっと昔の日記を見つけました。大学ノートに
可愛い文字でいっぱいに書かれたそれは逆に
私の心に淫美な感覚を湧き立てました。
妻は高校を出てから初めて男性と付き合ったと
言っていたので、その年代の日記を探して
胸踊らせながら1ページ目を開きました。
続く…


--------------------------------------------------------------------------------
[366] 妻の昔の話 3 投稿者:まさお 投稿日:2004/08/10(Tue) 23:43

妻にとっての忘れられないセックスのもう一つは
なんと黒人とのセックスだそうです。
私は全く知らなかったのですが、私と知り合う3年ほど前、
期間は半年ほどだったらしいのですが
真剣に付き合っていたんだそうです。

その黒人とのことについては、あまり喋りたがらなかった妻も
ようやく最近はポツリポツリと話し始め、喋りたがらなかった真相は、
私を傷つけたくないからだということです。
要するに、黒人とのセックスに完全に溺れ、普通の日本人とは
何もかもが違うので、その話を私にすると嫉妬してしまうのでは・・・
と考えたようです。

嫉妬はもちろんしますが、その話を根掘り葉掘り聞いて
どんなセックスなのか?どれほど大きいのか?
どれくらいイカされたのか、等々聞かせてもらいたい欲求の方が
私には大きかったので、恐る恐る話を聞きだし始めています。

まず初めてその黒人と寝たときの感想を聞き出してみました。
当時、とにかく黒人っていうのは「でかい」「すごい」というイメージばかりが
先行していたので、不安がいっぱいだったそうです。

そして、ついにその日、力強く抱きしめられ、一枚一枚優しく脱がされて、
パンティ一枚の姿にされると、全身を上から下まで優しく愛撫され、
しばらくするとパンティも脱がされてグチョグチョに舐め回されたそうです。
そのうちに黒人も着ているものをどんどんと脱いでいき、
妻の顔の前にトランクスに覆われたあそこを突きだしたそうです。

当然、それなりの愛撫のあと、黒人のモノが妻の目の前に現れ、
その大きさというより長さにとにかく圧倒されたそうです。





--------------------------------------------------------------------------------
[365] 自白剤?大学・外人編 その3 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/10(Tue) 17:48

>OOーちゃん、口の処女もその外人に犯されちゃったんだ!

「うん、嫌だったんだけど、どうしようもなかったわ。」

>その後はどうされたの?

「それから?・・・それからね、口でするのが終わったら、彼にベッドに連れて行かれ寝かされたの。そしてベッドの上では前にされた時以上に私の体の全身を優しく愛撫してきたの、今日は生理じゃなかったので彼は私の あそこ(おOOこ)も、お尻も口で舐めたり触ったりて来たの。そのまま暫く あそこ(おOOこ)を舐められている内に気持ちよくなってきたの。」

>今回は気持ちよかったの?

「うん、されるのは嫌だったけど、気持ちは良かったわ。 あそこ(おOOこ)舐められたの始めてだし、彼がうまかったのかな?気持ちよかったよ。私が気持ちよさそうにしていたら彼は暫く あそこ(おOOこ)やお尻を舐めていたわ。私が あそこ(おOOこ)を舐められて気持ち良くなっていると、彼は舐めながら あそこ(おOOこ)の中に何か太い棒みたいなのをゆっくりと入れて来て、それを少しずつ入れたり出したりしてきたわ。あそこ(おOOこ)を舐められながらその棒みたいなものを動かして出したり入れたりされているうちに私は あそこ(おOOこ)の中がじんじんとして熱くなってきたの、その内に あそこ(おOOこ)の中がすごく気持ちよくなってきたわ。そして知らないうちに あそこ(おOOこ)に入れられた棒(バイブ)の動きに合わせるように腰を動かしてしまっていたの。そのまま あそこ(おOOこ)が気持ちよくなってぼ〜〜っとしていると、彼は あそこ(おOOこ)の棒(バイブ)を動かしながら、今度はお尻の穴の方も触ってきてお尻の穴にもまた棒(バイブ)みたいなのをを入れて来たわ。その時は あそこ(おOOこ)が気持ち良くなっていたので、初めてお尻に指を入れられた時みたいには痛くなかったの、う〜〜ん?ちょっとは痛かったかな〜? そしてお尻の奥のほうまでその棒(バイブ)を入れてきたわ。それから あそこ(おOOこ)を舐められながら あそこ(おOOこ)とお尻の棒(バイブ)を一緒に動かされて出したり入れたりされたの。そうしたらお尻の穴もだんだんとじんじんしてきて、本当は気持ち悪いはずなのに全然そんなことなくて あそこ(おOOこ)と一緒にお尻の穴も気持ちよくなって来たような気がして何をどうされているのか分からなくなってしまってたの。」

>ええっ!OOーちゃんバイブでお尻も気持ちよくなったの?

「う〜〜ん、あそこ(おOOこ)とお尻のどっちが気持ちよかったかよく分からないけど、じんじんしてなんか両方とも気持ちよかったの。」

>気持ちよかったんだ!その後はどうされたの?

「うん、それからね私が気持ち良くなって暫く悶えていると あそこ(おOOこ)の棒(バイブ)がす〜〜と抜けていって、棒(バイブ)の代わりにすぐに彼のおちんちんがず〜〜っと あそこ(おOOこ)の奥の方まで入って来たの。
私はおちんちんを あそこ(おOOこ)に入れられるのがいやだったし気持ちよくなったことなんてなかったの。それに好きでもないその人に無理やりそんなことされるのが嫌だったのに、その時は彼のおちんちんが入ってきた時は気持ち良かったわ。私がおちんちんを入れられて気持ち良さそうにしていたので、彼は私を初めて抱いた時以上に激しく責めてきたわ。そして四つん這いにしたり、上に乗せたりして色んな体位でやってきたの。
後ろからする時は私のお尻に入ったままの棒(バイブ)をおちんちんと一緒に動かしながら私を責めてきたわ。私はおちんちんを入れられてる あそこ(おOOこ)も、棒(バイブ)を入れられてるお尻も両方とも気持ち良くなって来て最後はどっちがどうされてるのか分からなくなってしまって、意識が飛んでしまったようになってしまったの。その時は逝くって言うのが分からなかったけれど、多分逝ってしまったんだと思うわ。」

>じゃぁ!OOーちゃんは外人に初めて逝かされちゃったんだね!

「そなのかな?あれがそうなのかよく分からない。気持ちよかったから逝ったって言うのかな?」

>それから、OOーちゃんはその時も前みたいに生でされてたよね?

「うん、何も付けないで生でされてたと思うわ。」

>じゃぁ、そのまま生で あそこ(おOOこ)の中に出されたの?

「ううん、違うよ。出されなかったよ。それからね彼は私が逝った後に、『このまま あそこ(おOOこ)の中に出してしっていい』かって聞いてきたの。私は前の時みたいに外に出してくれるものと思っていたので、あわてて『中で出すのはやめてください。』言ったわ。そしたら彼は『じゃぁ、出すのはお尻の穴か口の中かどっちが良い』って聞いてきたのよ。私は『そんなの、嫌!』って言って、『どっちもいやです外に出して』って頼んだわ、でも彼は『ダメだって』言って、『お尻の穴か口の中かどっちが良いんだ、言わなかったら中に出すよ!』って今度は怒ったように大きな声でまた聞いてきたの、私は中に出されて妊娠してしまったら大変だと思って、それ以上『嫌!』って言えなかったわ。そして、お尻におちんちんを入れられるのは怖くていやだったから、仕方なしに『口の中に出して!』って言うしかなかったの。
私がそう言ったら、彼はお尻のバイブは入れたまま あそこ(おOOこ)からおちんちんを抜いて私の口に入れてきたの。そして彼はおちんちんを私の口に入れたら、今日最初に口に入れた時よりもずっと激しくおちんちんを出し入れして逝くときは口の奥のほうまで突っ込んできて口の中に一杯出してきたの。」

>えっ!口の中に出されちゃったの?

「うん、出されたよ。いっぱい出された。」

>出されてどうしたの?精液飲んだの?

「うん、飲まされたわ。私は口におちんちんを入れられるのも今日が初めてだったし口の中に精液を出されるのも初めてだったわ、その上いっぱい出されたので、口の中に溜まった精液を早く出したくてどこかに吐き出そうとしたけど、彼は『吐き出さないで全部飲んで』って言って来て私が全部飲み込むまでじっと見ていたわ。全部飲み込んだら、彼はまたおちんちんを口に入れてきておちんちんに残ってる精液を出して、また私に飲ませたの。」

>精液飲まされちゃったんだ!気持ち悪かった?

「うん、すごく気持ち悪かった。私はそれまで何も知らなくて、おちんちんを口に入れるのは知ってたけど、精液を口に出すとか、飲むなんて想像もつかなかったの。おしっこじゃないのは分かってたけど、同じおちんちんから出て来たし、次から次といっぱい出て来たの。まるで口の中におしっこをされてるみたいで情けなくって気持ち悪かったわ。それに、ぬるぬるっとして、ねとねとしてて飲み込もうとしても一回じゃ飲み込めなくて何回も飲み込んだわ。」

>それで終わったの?

「ううん、終わらなかった。私も前みたいに1回だけでいいと思ってたのよ。」

>えっ!何回もされたの?

「うん、されたわ。」

>次はどうされたの?

「う〜〜とね、口に出されて飲まされた後、彼に『舐めてきれいにしろ』って言われて、ベッドに寝ている彼のおちんちんを舐めさせれていたわ。私はこれで終わりだって思って我慢して舐めていると、彼のおちんちんがまた大きくなってきたの。そしたら彼は私をおちんちんの上に座らせるようにして下から あそこ(おOOこ)に入れてきたわ。私がどうしたら良いのか分からずにじっとしていたら、彼は下からおちんちんを突き上げてきて、私にも動くように言ったのよ。それからどうされたかあまり覚えていないわ、一回目と同じようにいろいろされたけど、最後はやっぱり犬みたいに後ろからされていたわ。」

>最後はどうされたの?今度はどっちに出されたの?口?お尻?

「う〜〜んと?、また口よ、口の中にいっぱい出されたわ。彼は逝きそうになると あそこ(おOOこ)からおちんちんを抜いて、私の顔の前に持ってきたの。私はやっぱり口の中に出すんだと思って、もう自分から口をあけておちんちんを咥えていったわ。口に出されて飲むのも嫌だったけどお尻はもっと嫌だから仕方なかったのよ。」

>じゃぁ!またいっぱい飲んだんだ。それで終わったの?

「うん、飲んだよ、いっぱい出されたわ。ううん、まだよ、まだ終わらなかった。」

>え〜〜っ!まだされたの?

「うん、それからちょっと休憩してから、私を起こして一緒にシャワールームに連れて行ってくれたの。シャワールームに入ると彼は私にうがいをさせてくれたの。私は口の中にべたべたと残っていた精液を洗い出すのに何回もうがいしたわ。その後彼はボディーシャンプーを付けて私の身体と あそこ(おOOこ)とお尻を洗ってくれたわ。そして私も彼の身体とおちんちんを洗わさせられたの。彼の言う通りにおちんちんを洗っている内にだんだんとまたおちんちんが大きくなってきたのよ。そうしたら彼は私の頭を持って彼のおちんちんの方に近づけて、おちんちんを私の口の前に持ってきたわ。私は『えっ!』と思って彼の顔を見上げると彼はおちんちんを突き出してきたので、仕方なしに私はまた口を開けておちんちんを咥えていったの。そしたら彼はまた私に唇や舌の使い方を丁寧に教えたわ。私はもう口がだるくて嫌だったけど、それでも彼に言われるままに彼のおちんちんを咥えて舐め続けたの。私が一生懸命舐め続けていると彼は『おちんちんを全部飲み込むように』と喉の奥のほうまで入れてきたわ。私は思わずえずきそうになって吐き出そうとしたけれど彼に頭を押さえつけられていて吐き出すこともできなくて涙を流しながらおちんちんを咥えていたの。私がおちんちんを全部飲み込めるようになるまで何回も何回も喉の奥のほうまで突っ込んできたわ、始めの方は何回もえずきそうになったわ。でもそのうちに口も喉も麻痺してきたのかな?いつの間にかおちんちんを全部飲み込めるようになっていたわ。でも、苦しくて気持ち悪かった!」

>そんなこと(ディープスロート)もさせられたんだ!苦しかった?

「うん、何回もえずいてとても苦しかったわ。」

>フェラチオだけで終わったの?またなにかされたの?

「ううん、それだけじゃ終わらなかったよ。私がなんとかおちんちんを全部飲み込むのが出来るようになったら。そしたら、彼は私の口からおちんちんを抜いて、私を後ろ向きに立たせてバスタブに手を付かせて立ったままで四つん這いにさせたの。そして彼は私のお尻の穴に棒(バイブ)と あそこ(おOOこ)におちんちんを立ったまま後ろから入れて来たの。私はこんな体勢で後ろから急にお尻と あそこ(おOOこ)の両方に入ってきたので驚いたけど、さっきしたSEXの快感の余韻が残っていたのかな、また気持ちよくなって来ていつのまにか彼のおちんちんと棒(バイブ)の動きに合わせて身体を前後に動かしていたの。」

>ええっ!また、おOOことお尻の両方に入れられちゃったんだ!

「うん、入れられたわ。彼にお尻の棒(バイブ)と あそこ(おOOこ)のおちんちんを同じように動かされると、また両方ともしびれるような感じがしてわけがわからなくなってしまったのよ。そして、彼のおちんちんの動きも棒(バイブ)の動きも1回目時よりずっと激しくて、時間も長い間されていたわ。その内に私もまた気持ちよくなってきて朦朧としてきたの。暫くすると彼は私の あそこ(おOOこ)のおちんちんとお尻の棒(バイブ)を抜いていったの。私はてっきり口に出されるんだと思っておちんちんを咥えるために身体を起こそうとしたの、そしたら彼は私の身体を押さえてお尻の穴におちんちんを入れてきたの。」

>え〜〜っ!OOーちゃん!その人にお尻の処女も犯されたの?・・・・(お尻だけは処女だと思ってたのに・・・マジで!)

「うん、そうなの、犯されたの。あっと言う間だったわ。私はお尻の穴におちんちんを押し付けれた時は、また棒(バイブ)を入れられるんだと思っていたの。そしたら何か太いものが入って来たの、お尻の穴にピリッ!とした痛みを感じて『痛っ!』と思ったら、その太いものがズルっと入って来たわ。そしてお尻の穴の奥のほうまでズルズルと入ったのよ。私は『エッ!何っ!』っと思って後ろを振り返って見ると、彼が私の腰を掴んでSEXする時みたいに動来始めて出し入れしてきたの。その時になって初めて『おちんちんをお尻の穴に入れられたんだわ』って分かったのよ。」

>OOーちゃん!初めてお尻におちんちんを入れられて痛かった?それとも気持ちよかった?

「う〜〜ん?うん、最初だけ、最初だけ痛かったよ。う〜〜んっと、気持ちよくなかった。それより変な感じだったわ、棒(バイブ)を入れられてた時はまだ細かったからそんなでもなくて気持ちいい感じもしたわ。でも、、おちんちんを入れられた時は太くて長かったので、なんか出そうな(うんちが)気がして変な感じがしたわ。」

>最後まで気持ち良くならなかったの?

「ううん、途中からね、彼がお尻のおちんちんを動かしながら、あそこ(おOOこ)とクリトリス?を触ってきたの。そうしたらだんだんと気持ち良くなってきてお尻でされているのか あそこ(おOOこ)でされているのか分からなくなって来たわ。でも、それ以上逝くことはなかったかな?」

>そのままお尻の中にだされたの?

「うん、出されたよ。でも、彼が逝ってるのは分かったけどお尻の中で出されているのは良く分からなかったわ。」

>お尻でされて、その後はまた何かされたの?

「ううん、されなかったよ。後はシャワーを浴びて終わりだった。」

>その後はどうしたの?

「う〜〜んとね、それでやっと終わったと思ったわ、これでやっと写真を返してもらって帰れるんだと思って服を着て帰る用意をしたの。」

>じゃぁ、それで写真を返してもらって帰れたの?

「ううん、ダメだったわ。」

>え〜〜っ!返して貰えなかったの?

「う〜〜んとね、そうじゃないの。私がその人の言う通りにしたから、これで私も返してもらえると思って彼に『写真を返してください』ってお願いしたの。そしたら彼はじゃぁ返すねって言って写真全部は返してくれたわ。それで、私はこれで終わった!もうしなくて済むんだと思ったわ。でも、彼はネガを出してきて『まだこれが残ってるよ』って言って、私に見せたの。そして彼は『これは次に返すからね』って言ってきたの。私は泣きそうになって『今日全部返してください。今日だけにして下さい。』って言うと、彼は『君、いやOOOOさんがいらないって言うのならそれでもいいよ』って言って封筒の中にしまってしまったの。
私は名前を呼ばれて『はっとして、名前も学校も知られているんだわどうしよう?』って思ってどうしたらいいのか分からなくなって、彼にどうすれば良いんですかって聞くと、彼は『後1回だけ会ってくれたらネガも全部返すよ』言って来たの。
私は(えっ!また、会うの?まだ、こんなことされるの?どうしよ?)って思って、返事に困っていると、彼は『どうするんだ残りはいらないのか?いらないのなら帰って良いよ』って、少し怒りだして言って来たの。私はどうしようもなくて泣きそうになりながら『わかりました』って返事したわ。
そして前の電話番号は嘘ってばれたから、連絡先もまた聞かれたわ。だから家の電話は嫌だったからポケベルの番号を正直に教えたの。」

>えええっ!だまされて写真も全部返してもらえなくて、また会う約束させられちゃったの?

「うん、そうなの。バカよね!変な外人に付いて行って騙されてまた騙されてしまって、本当にバカよね!まだ男の人とそんなに経験なかったのに、それなのに好きでもない人に身体をいいように使われて、おもちゃにされて悲しくなったわ。」

<『もうすんだことだから、いいんだよ』って慰めるしかありませんでした。>

>終わってからは前の時みたいに痛かったの?

「ううん、あまり痛くなかったよ。お尻はちょっとヒリヒリしたかな?その外人の人は初めての時の人みたいに乱暴じゃなかったからかな?前の時は あそこ(おOOこ)もお尻も痛いだけだったのにね。その人の時は あそこ(おOOこ)もお尻も両方そんなに痛くなかったよ。慣れてそうな人だったからうまかったのかな?でも痛くなかったけど終わってから家に帰る途中も家に帰ってからも あそこ(おOOこ)とお尻がなんか変だったの?」

>何が変だったの?

「うん、あのね あそこ(おOOこ)の中とお尻の穴がずっと、むずむずするような熱いような変な感じがしてたの。だから家に帰ってからお風呂に入って あそこ(おOOこ)とお尻を洗ったわ。洗って暫くは治まるんだけどまた時間がたつと両方ともむずむずしてくるの。その日の夜は一晩中 あそこ(おOOこ)もお尻もず〜〜とむずむずして、熱くなってきてかっかしていて全然眠れなかったわ。」

>OOーちゃんね、それってその外人の人に あそこ(おOOこ)とお尻に棒(バイブ)みたいなものを入れられた時に何か付けられたんじゃない?薬か何か?

「えっ!そうなのかな?薬?それで、お尻にされても気持ち良くなったのかな?その時は全然気付かなかったわ。そう言えば あそこ(おOOこ)とお尻に棒(バイブ)見たいなものを入れられた時、そんなに痛くなくって、なんかぬるっとしてす〜〜っと入ってきたような気がしたわ。前にお尻に指を入れられた時はもっと痛かったはずなのにその時はそんなに痛くなかったからそうかもね。わからないけど。」

>それじゃぁ、OOーちゃん、その後またその外人に会いに行ったの?

妻の自白もう少し続きます・・・


--------------------------------------------------------------------------------
[364] フェラなら… 投稿者:健志 投稿日:2004/08/10(Tue) 10:06

妻は私と知り合うまで処女でした。
結婚する人としかセックスはしないと
誓っていたそうです。
結婚後、何年かして妻を他の男性に
抱かせたくてセックスの度に枕詞で
『綺麗だよ』『俺だけでは勿体ない』
世の中の貸し出しや余所に男を作らせている
ご主人方と同じ手法ですね。しかし妻は
うまく私の願望に填まってくれました。
そうして数年経ち、妻の男性経験が
18人を超えた頃に二人で自宅で飲んでいて
酔っ払った妻に聞きました。
『お前は俺と知り合うまで本当に処女?』
『うん、それは本当。でもフェラとかあるよ』
妻は酔っ払った顔ではっとして話を
はぐらかそうとしました。その時はそれで
終わったのですが、私はふと思いました。
妻は学生時代から日記を欠かさず、
最近ではPCに入力していました。
私は妻が酔っ払って眠ったのを見計らって
妻のPCのスイッチをオンにしました。
つづく…


--------------------------------------------------------------------------------
[363] 自白剤?大学・外人編 その2 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/10(Tue) 00:04

>じゃぁ、その外人とはそれで終わったんだよね?

「う〜〜〜ん?ううん、違うの。私はこれで終わったと思ってたの。こんなことするのは嫌だったから、電話番号は嘘の番号教えたし、ポケベルの番号も教えてなかったの。今回の事は交通事故に遇ったみたいなものだと思ってたから二度と会う事はないと思ってたわ。それに私も2度とこんな目に遇うのは嫌だったから、暫くの間は私も警戒していたの、それに2〜3回か他の外人に声を掛けられた事があったけどその時はすぐに逃げてたしね。」

>えっ!じゃぁ、どうしたの?また会ったの?

「う〜〜っとね?会ったって言うか、会ったのは偶然だったわ。1ヵ月位経ってたかな?もう大丈夫かなって安心していた頃に、英会話教室の近くでその人が私を見つけて近寄って来たの。私がびっくりして逃げようとしたら、その人は私にこの前のホテルでの忘れ物が有るので君に渡したいって言って封筒を見せたの。」

>何か忘れ物してたの?

「う〜〜ん?よく分からなかった。その時は何も忘れてなかったと思ったわ、でも部屋を出る時はあわてて急いで出たし、酒を飲んで酔っ払っていたからあまりよく覚えていなかったの。」

>じゃぁ、何だったの?

「私は忘れものをした覚えが無いのでその人に訊ねると、その人は『この前のホテルで写した写真だよって』言って封筒の中から写真を1枚出して私に見せてきたの、そう言えばこの前、ホテルの部屋で写真を写したのを思い出してその写真だと思ったわ。でも見せられた写真を見てびっくりしたわ。写真には私がホテルのベッドの上で裸で寝ている写真だったの。しかもその写真には私のお腹の上や あそこ(おOOこ)の周りに白い精液を一杯付いていて、そのうえ生理中だったので血だらけの あそこ(おOOこ)を広げたままで裸でで寝ている姿が写っていたの。

>えっ!OOーちゃん、裸になった写真も写したの?

「ううん、裸になって写真なんて撮ってないわ、だから私はその写真を見てその人に『どうしてこんな写真が有るんですかって』って聞くと、彼は『君がSEXの後寝ている時に写したんだよって』言ったの。私はこの写真はどうするんですかって聞くと、『よかったら君にあげるよ他にも沢山あるんだよ、残りの写真はホテルの部屋にあるから一緒に取りにおいで、君がいらなかったらそうしようかな?どこかの雑誌社にでも売ろうかな』って言われたの。私は血の気がひいてパニックしまいどうしたら良いかわからなくて『お願いします全部返してくださいって』頼んだわ。そしたら彼は『じゃぁ、一緒に行こう』って言ったので、私は頭の中が真っ白になったままふらふらと彼と一緒に部屋まで付いて行ってしまったの。」

>えっ!また部屋まで付いて行ったの?

「うん、だってそんな写真を見てびっくりして頭の中が真っ白だったし、写真を返してもらうのに必死だったからそれ以外の事は考えていなかったの。」

>部屋にいったらすぐに返してもらったの?

「ううん、中に入るのは嫌だったので部屋の前で返して下さいって言ったけど、彼は『ダメっだよ』って言って私を引っ張って部屋の中に入っていったの。中に入ったら彼は他の写真を見せながらこれでも飲んでって飲み物(お酒だったと思う)を出してきたの。服を着ている普通の写真も在ったけど、それ以外にいつの間に写されたのか分からないけど、私が知らない間に写真をいっぱい撮られていたみたいで、ベッドの上で私の あそこ(おOOこ)におちんちんを入れられてるところや、後ろから あそこ(おOOこ)入れられていてお尻の穴とかも写ってる写真とか色々いっぱい写されていたの。」

>OOーちゃんは写されているのは気付かなかったの?

「うん、全然気付かなかった。部屋には何か音楽が流れていたし、私はその人にSEXされてる時には目を閉じていたし終わってからも目を閉じたままぼ〜〜としていたの、きっとその間に写されたみたいなのよ。それにSEXなんてされるのが嫌で早く終わってほしいとばかり思っていたのでそれどころじゃなかったのよ。」

>それで、その後彼は素直に写真を返してくれたの?

「ううん、返してくれなかったわ。」

>どうなったの?

「う〜〜とね、写真を見せられた後、私はとにかく早く写真を返してもらって帰りたかったから、彼の言うことを聞いて出された飲み物をすぐに飲んで『写真を返してください』って言うと、彼はもったいぶって暫くしてから『何もなしでは返せない。』よって言って来たわ。私は始め何を言ってるのかわからなかったの、でも彼が私に迫ってきたので私はエッ!と思って嫌がって逃げると、彼は『嫌だったら帰ってもいいよ写真は返さないでどこかに売るからねって』言って、返してほしかったら今日だけ僕の言う通りにしてって言って来たの。」

>え〜〜っ!OOーちゃんが部屋まで付いていったら、只では返してくれないの分からなかったの?

「ううん、その時は頭の中が真っ白になっていて写真のことしか考えていなかったの。」

>じゃぁ、彼の言うこと聞いたの?

「うん、仕方なかったの。その時私はどうしたら良いのか分からなくなっていて『言うことを聞いたら本当に返してくれますか』聞くと、『彼は大丈夫だよ約束は守るよ』って言ってきたわ。私は自分がなさけなくって悔しくて泣きそうだったけど、彼には前に一度SEXまでされてしまっていたし、後一回だけ我慢すればいいんだってわ思って『はい、わかりましたって』返事をしたわ。」

>え〜〜っ!言うこと聞いちゃったの?また、されちゃったの?

「うん、本当に仕方なかったの。」

>じゃぁ!今度はどんなことされたの?

「う〜〜とね、私が言う通りにするって言ったら、彼は『じゃぁ服を脱いで裸になって』って命令してきたの、私は『エッ!自分で脱ぐのって』思って戸惑ってぐずぐずしていたら彼は『早く脱いで』って言って来たので、私はあきらめて服を脱いでいって下着も全部とって裸になったわ。そして私が服を全部脱いで裸になったら彼は私に近づいてきたの、そしてズボンの中からおちんちんを取り出して『さあ咥えてって』フェラチオをさせようとしたわ。私は口でなんてしたことなかったから『嫌です、口でするのはいや!』って断ったら、彼は急にすごく怒り出して『言うことが聞けないならそのまま帰れっ!写真も返さない!』って、私を掴んで裸のまま部屋の外の連れ出そうとしたの。
私は裸のまま部屋の外に出されそうになってしまい、びっくりしてパニックになってしまって彼に『やめてください!言う事を聞きますから裸のまま外に出すのはやめて!』ってい言ってしまったの。私がそう言って頼んだら彼はやっと私を部屋の中に連れ戻してくれたわ。
私を部屋の中に戻してから彼はもう1度おちんちんを目の前に持ってきて『さあ、口を開けて』って私の口に押し付けてきたの。私は仕方なしに口を開けておちんちんを咥えたの。
私は口に男の人のおちんちんを入れたのは初めてだったので気持ち悪くてどうしていいか分からずじっとしていたら、彼は舌の動かし方から唇のすぼめ方や、おちんちんを喉の奥の方まで飲み込むようにとか、歯は立てないようにとか色々と私に命令しながら教えてきたわ。
彼の言う通りにおちんちんを飲み込もうとしたり舌で舐めているうちに、だんだんと彼のおちんちんが太く長く伸びてきて喉の奥のほうまで入って来たの、私はえずきそうになりながら彼がおちんちんを抜いてくれるまでしゃぶらされていたわ。彼のおちんちんが硬く大きくなって暫く咥えていたら彼は咥えるのをやめさせてくれたの。」

>OOーちゃん、口の処女もその外人に犯されちゃったんだ!

「うん、嫌だったんだけど、どうしようもなかったわ。」

>その後はどうされたの?


--------------------------------------------------------------------------------
[362] 妻に嫉妬 投稿者:ひでき 投稿日:2004/08/09(Mon) 17:23

田舎に住む40才前半の夫婦です。
私たちは夫婦は、約20年前に同じ会社の新入社員として出会い、そして結ばれました。妻は三人姉妹の長女で、いわゆる跡取り娘であり、その当時にはすでに高校時代からの彼氏で、婿養子を前提とした婚約者がおりました。彼は、高校卒業と同時に一旦東京方面へ就職し、数年後にUタ−ンをして妻と結婚する約束になっていたそうです。
しかし、入社式の時、妻に一目ぼれしてしまったわたしは、そんな事情には一切おかまいなく、あの手この手で妻を口説き落とし、ついに彼氏から妻を奪い取り、駆け落ち同然で一緒になったのです。

そんな妻と結婚して十数年経ちますが、今まで気にもしなかった妻の過去に、現在わたしは異常な程の興味を抱いております。きっかけは、去年のお正月、数年ぶりに参加させた妻の高校の同級会でした。

その夜、一泊二日の同級会から戻った妻と酒を酌み交わしながら、同級会での出来事などを聞かされておりました。酔いが回り、床に就いたわたしは、ちょっとした悪戯心が芽生え、妻の布団へと手を伸ばし、乳房などを弄びながら「昔の彼氏も来てたのかい?」と質問をぶつけました。一瞬の沈黙の後、「来てたわよ」と妻は答えました。更にわたしは、妻への軽い愛撫を続けながら、「ほんとは彼氏とやってきたんじゃないの?」と耳元でささやいてみました。返答代わりに、身をくねらせながら、甘いよがり声を漏らす妻に、わたしはネチネチとした愛撫を繰り返しながら、何度も同じ質問をささやき続けました。しばらくすると妻は「ゆるして。怒らないで!」という言葉の後に、信じられない赤裸々な出来事の数々を白状しだしたのです。

昔の彼からの誘いを断りきれず、彼から引っ張られるようにして三次会の会場を抜け出し、ホテルの一室にしけこみ、約20年ぶりに懐かしいお互いの体を貪りつくしたそうです。ふくよかに贅肉の付きだした妻の体を、彼は全身くまなく舐めてくれたそうで、クリトリスと肛門の穴を交互に舐められた時は頭の中が真っ白になり、何回も絶頂に昇りつめてしまったそうです。また、コンド−ムに氷をつめた物をあてがわれ、彼の見ている前でオナニ−を強要されたり、彼の絶妙な手管により、シ−ツがビショ濡れになるほど潮も吹かされたそうです。…
激しい嫉妬心に燃えたその晩は、「こんな風にやられたのか!」「ここも舐められたんだな!」などと興奮しっぱなしで妻を責め続け、気が付けば、妻の体の穴という穴すべてが
愛液、唾液そして精液でベトベトになっていました。
衝撃の告白から約7ヶ月の月日が過ぎようとしております。
あの日以来、わたしは毎晩妻の体を求め、そして、高校時代まで遡った性交内容の一部始終すべてを聞き出しました。
高校生時代、妻はすでにアナルセックスも体験していたそうです。また、彼が両親の寝室からこっそり持ち出した電動こけしも使われたそうです。そのこけしには彼の母親の愛液がカス状になって付着しており、それをそのまま口に含まされたり、それを使ってのオナニ−ショ−までやらされたそうです。彼が就職で上京する時、浮気防止という名目でアソコの毛を剃られたそうです。その後、彼が帰郷した時は必ず剃られていたそうで、わたしと初めて出会った時も、実はパイパン状態だったそうです。
妻の告白は聞けば聞くほど嫉妬心が高まり、本来であれば怒りを覚えなければならないのでしょうが、わたしの場合は不思議と怒りではなく、妻に対する愛おしさだけが高まってくるのです。今晩も昔話を聞きながら、妻との愛を深めたいと
思います。
--------------------------------------------------------------------------------
[361] 新妻が・・ 投稿者:ひろき 投稿日:2004/08/09(Mon) 09:05

35になる会社員です。
ずっと良縁がなく、良いとしになってました。
まじめ一筋だったためか、会社の大得意さまから今年大学出たての令嬢との見合いを進められました。
お嬢さん学校といわれる名門高校、大学と合わせて3年間留学。
容姿も良く、語学堪能。俺より10も若い。
周りのすすめもあり、あっという間に結婚。
良い妻を得たと喜んでいたが、すぐに妊娠。というか、
すでに種が仕込んであった。
俺には初夜まで肌さえ見せず、処女ぶっていたがとんでもない女だった。
この女を離縁すれば、もちろん俺はクビだし、それどころか、
大得意を失って会社もつぶれる。
そして、5ヶ月後、青い目の女の子が産まれた。
新たな驚きで、妻を攻めた。
やっと口を割ったところによると、留学先で性に目覚め、
毎週末は乱交に明け暮れたとのこと。
みんな、アジア女にはゴムをつけてくれないので、何回もおろしたと自白。
帰国する直前の乱交で妊娠したけど、
今度おろすと子宮が破壊すると医者に言われていたので見合いしたと言っている。
黒い赤ちゃんじゃなくてよかったね と、反省がない。
外国人用に開発されたからと、俺とはノーセックス。
米兵の性少女として、毎週末奉仕しているらしい。



--------------------------------------------------------------------------------
[360] 妻の昔の話 2 投稿者:まさお 投稿日:2004/08/09(Mon) 00:50


自分のものであるはずの妻が過去に別の男を受け入れ
絶頂に達していた。そう考えるだけで興奮し、爆発寸前まで
登り詰めてしまうほどの興奮を覚えるため、妻の過去の話を聞くことが
私の至上の喜びとなってしまいました

妻の話によると、その初めての彼と別れたあとにも、
私と結婚するまでの間、計10人程の男性と関係を持ったようです。
それぞれちゃんと好きになった相手とのセックスだったそうです。

今までで一番良かったセックスはどんな感じだったのか?
なかなか教えてくれませんでしたが、やはり酔った勢いで
聞き出し、ショックを受けながらもその話を思い出すだけで
独りでシコシコしちゃうくらい興奮を覚えます。

妻にとっての忘れられないセックスは2つあるそうで、
一つめは妻と男2人とのいわゆる3Pだったそうです。
20の頃につきあってた彼氏とその友達とのもので
代わる代わる朝までやりっ放しでいきっぱなしだったそうです。
朝になりウトウトしてどちらかの目が覚めるとやり、1回戦が
終わると、またウトウトして起きればまたする・・・という状態が
2日間続いたそうです。当然、その間には彼氏に後ろから突かれながら
友達のモノを口に含むという典型的なプレイもあったそうです。
最終的には男2人がもう勃起しなくなったのでお開きになったとか、
そんな妻の話を聞きながらの妻とのセックスは、ものの3分で終わってしまう
ほど、興奮を覚えます。



--------------------------------------------------------------------------------
[359] 妻の昔の話 1 投稿者:まさお 投稿日:2004/08/09(Mon) 00:17

はじめまして。
妻が夫である自分以外の男とセックスする姿を
想像したり、実際に目にしたりしたことありますか?
私はそこら辺のネタに最高に興奮を覚えます。
過去に何人の男のモノが自分の妻に入ったか
知っていますか?何人の男のモノをくわえたか
知っていますか?どれだけの男が妻のあそこを
舐め回し、グチョグチョにさせてオモチャにしたか
知っていますか?
興奮しますよね?

きっかけは、酔った勢いで妻に初体験のことを
聞いたことです。私は33歳、妻36歳、結婚7年目を
迎えます。妻とは月に4〜5回セックスをします。
マンネリ化してないと言えば嘘になりますが、
毎回妻を2回はイかせて自分では満足させていると
思っています。

妻と2人で酒を飲みいつものようにセックスをしながら
妻に初体験のことを聞いてみました。17歳の時に
当時の彼と彼の部屋でしたそうです。
彼は20歳の大学生。初めてしたときは痛かったそうですが
2回目からイクことを覚え、それからは逢うたびに毎回して
毎回イったそうです。

それだけ聞いただけでもう私のジェラシーは最高潮に達し、
それ以来、いつも以上に頑張って妻を突き上げています。

 つづく



--------------------------------------------------------------------------------
[358] 自白剤?大学・外人編 その1 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/08(Sun) 18:18

358] 自白剤?大学・外人編 その1

>その人の部屋に連れ込まれてからはどうなったの?

「う〜〜んとね、部屋に入ったらその人は最初はどこかへ電話をしていたわ、早口に英語で話してから良く分からなかったけれど私のことも話してたみたい。電話が終わったら私のそばに来て日本でのいい思い出に写真を撮ろうって言って二人で写したり私一人だけの写真を撮ったりしていたわ。」

>写真を写したんだ、それからどうなったの?

「うん、それからね・・・そこまでは優しかったの、それから急に人が変わったようになって私に近づいてきて『部屋まで付いてきたから分かってるよね。』って言って来て私に迫ってきたの。私は今、生理中だからだめですって言って断ったんだけど、そうしたらその人は生理中の方がいい、妊娠の心配がなくてそのほうが良いって力づくで襲い掛かってきて『さあ、脱いで』って私の服を脱がせようとし始めたの。私はお酒を飲んで酔っ払って力も入らないし、騙されたとはいえ部屋まで一緒に付いて来ちゃったしそれ以上断る理由も見つけられなくてどうしようってパニックになってしまったの。そしてその人が急に怖い人に思えてしまって抵抗できないでいる内にあっという間に服を脱がされて下着も全部取られてしまって裸にされてベッドに寝かされてしまったの。」

>えっ!OOーちゃん、服を脱がされて裸にされちゃったの?

「うん、急に人が変わったようになって怖くなったし、私が部屋まで付いてきてしまったし断れる雰囲気じゃなくなっちゃってどうしようもなかったの。それにお酒の酔いが回って力も入らなかったの。でも私がベッドの上で裸にされて抵抗をあきらめてしまっておとなしくなっちゃうと、その人はまた優しくなってきたわ。」

>そうなんだ・・・ベッドの上ではどうされたの?

「う〜〜んと、その人は私の横に寝て私に語りかけながらキスをして身体の上のほうから全身を触って(愛撫)きたの。私はさっきラウンジで飲んだお酒に酔っていたし、これまで前の初めての人とした時にはそんなに優しくされたことがなかったので身体や あそこ(おOOこ)を触られている内に頭がぼお〜〜っとしてしまい何がなんだかわからなくなってしまっていたわ。」

>えっ!OOーちゃん、愛撫されて気持ちよくなったの?

「う〜〜ん!ぼ〜〜としていて気持ち良いのか良く分からなかったわ。」

>それから、どうされたの?

「え〜〜とね、私は好きでもない人に身体 あそこ(おOOこ)を触られたりするのは嫌だったので早く終わってくれないかな〜〜って思いながら目を閉じていたの。そしたらその人はいつの間にかおちんちんを口に押し付けてきて口で(フェラチオ)させようとしたの。でも私は『それは嫌!口でするのはどうしてもいやって』断ったわ。それに、その時はその人のおちんちんがとても長くて(太さは覚えていない)蛇みたいに見えて怖かったわ。」 

>えっ?生理中だから口(フェラチオ)だけして許してもらったんじゃなかったけ?

「ううん違うの、口に入れられるのは嫌だったからそれだけは嫌って言って断ったの。そうしたらその人はおちんちんを私の口に入れるのはあきらめてくれて、また あそこ(おOOこ)を触り始めて来たの、暫くの間 あそこ(おOOこ)を触られている内に、好きでもない人に嫌なことをされているのはずなのになんだか気持ち良いような感じになってきてまたぼ〜〜っとしてきたの、私がぼ〜〜っとしているといつのまにか彼が私の上に乗ってきておちんちんをゆっくりゆっくり私の あそこ(おOOこ)に入れてきたの。」

>え〜〜っ!OOーちゃん、おOOこされちゃったの?(おOOこには入れられなかったて言ってたのに)

 「うん、されたわ。」

>おOOこされて、どうだった?また痛かったの?

「うん?ううん、そんなに痛くなかったわ。頭がぼ〜〜としていたのでよく覚えていないけど、最初はす〜〜と入って来たの。それからね少しずつ あそこ(おOOこ)の中をいっぱい広げるよう(結構長くて太いチンポだったみたいですね!)に入ってきたんだけれど、あまり痛く感じなかったわ、。でもねその人のおちんちんが長くて あそこ(おOOこ)の奥の奥のほうまで入ってきて、どこまでも入ってきそうだったの。そんなに奥まで入れられたのは初めてだったので『ええっ!どこまで入るのって』思って怖かったし気持も悪かったわ。」

<えええっ!!自己申告では生理中だったのでフェラチオはさせられたけど、おOOこに入れるのはやめてもらったって言ってたのに!やっぱり外人のでかいチンポを入れられていたんだ!妻はこの時二人目の男・二本目のチンポ、それも MADE IN USA? のでかいペニスをおOOこに咥えていたのです。私はショックを受けて嫉妬で胸が締め付けられるようになったのですが、別の私は妻の体験談なのにまた心臓がバクバクして興奮してしまいました。>

<でも、暫く空家だったうえ、さして使い込まれていない妻のおOOこに、大して痛みも感じさせずでかい?チンポを入れてしまうとは、さすがはベテラン外人のスケコマシですね。後でわかったことなのですが彼は(彼らは)、同じような手口で英会話を習っている日本人の若い女の子や人妻のおOOこを食べまくっていたコマシの常習犯の一人だったのです。彼ら外人にとっては日本人の若い女の子や人妻は狙いやすく簡単に食べられる(ず〜〜と後で、知り合いの外人の英語講師に教えてもらいました。)みたいですね。私の妻はその彼の手口にまんまと引っかかってしまい食べられてしまったんですよね。私と出会う前の大学1回生(17〜18歳)の頃の妻はきっとピチピチしていて美味しかったんだろうな?くやしいな〜〜!・・・でも興奮してる私・・・>

>それからどうされたの?

「私はぼ〜〜っとしたし目を閉じていたのではっきり覚えていないけど、すぐにひっくり返されて四つん這いにされてお尻の方から あそこ(おOOこ)に入れられいたわ。ただ私は騙されて好きでもない人に無理やりSEXをされているのが悔しくて早くやめてもらいたかったの。だから前の初めての時みたいに痛くなかったけどあまり気持ちよくならなかったわ。」

>長い間SEXされてたの?

「う〜〜ん?どれくらいだったか覚えてないでも私は長かったような気がしたわ。その内にその人は『出すよ』って言って来て あそこ(おOOこ)の中には出さないで(半分出されていたのかも?)おちんちんを抜いて私のおなかの上に出したのよ。私は生理中だったので あそこ(おOOこ)の中に出されると嫌だな〜〜って思っていたわ、でも外に出してくれたのでほっとしたの。暫く目を閉じたままぼ〜〜としていて気が付いてお腹の上を見たらお腹に上や あそこ(おOOこ)の周りに精液を一杯出されていてびっくりしたわ。」

>その後又されたの?何回もされたの?

「う〜〜ん?何回も?うん。う〜〜ん?その時?え〜〜っと?その時は一回よ一回されただけよ。」

>じゃぁ、されてからその後はどうしたの?

「SEXされてから暫くの間ぼ〜〜っと目を瞑りながら、いったいどうしてこんなことになちゃったんだろうと考えていたわ。暫くそのまま寝ていたら、彼はまた優しくなって私にシャワーを使うように言ってくれたの、でも起き上がって正気に戻ると私は悔しくなってきて泣きながらシャワーで身体を洗ってたわ。それからお土産を渡されて帰ったの。帰る時に電話番号を聞かれたけどもう会いたくなかったから嘘の番号を教えたわ。」

<えっ?うん?その時とは?????自己申告では一回会っただけって言ってたのに?この時以外にも会ってたのか???いやだったはずなのに?電話番号も教えてなかったはずなのに?何なんだろう?>

<妻は子供の時には家に来た外人達に遊んでもらったり、お土産を貰ったりしていたんですが・・・まさか大人になってからも外人に自分の身体を使われて遊ばれたり、大きいチンポや精液を貰うとは思ってもいなかったでしょうね!>

>じゃぁ!OOーちゃんの2回目の体験はレイプだったんだね?

「う〜〜ん?レイプされた事にになるのかな?でも、私が騙されて部屋までのこのこ付いて行っちゃったから私も悪いんだよね。」

>じゃぁ、その外人とはそれで終わったんだよね?

・・・もう少し続く?続けていいですか?・・・


--------------------------------------------------------------------------------
[357] 自白剤?高校・大学編 その1 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/06(Fri) 22:30


>OOーちゃん・・・じゃぁ、高校へ行ってからはどう言う付き合いしたの?

「う〜〜ん・・・なかった。誰とも付き合わなかったよ。」

>え〜〜〜っ!なんでないの?って思いつつ、なくて良かったって、ホットしました。


そうなんです、妻は高校生の時には誰とも付き合わなかったようです。(何回尋問しても同じ答えでした。)
妻の話を聞いていた僕はホットしたんですが、つまらなかったですね。(これを読んでる人はもっとつまらないでしょう)
何か隠している過去があるのか期待していたんですが・・・・(付き合って以来ずっと思っていました。)

妻いわく、妻の初体験の相手の彼氏やその彼氏との出来事は、その事を知ってる先輩たちは卒業していないし、相談した友達(スキー・その後の遊びの時も一緒にいた)以外の誰にも知られることなしに、妻は上の高校へ上がっていったんです。

妻は高校へ入っても中学時代と同様にクラスや学校の男子達にとっては清純なアイドル(処女?)のままだったのです。
だから、同じ学校内では付き合いに発展する相手は見つけられずにいたし(いい人がいても邪魔されてた)、またよその高校生からは色々アプローチはあったのですが前に付き合った彼氏が年上でかっこ良かったために同年代の男の子は頼りなく見えてしまったそうです。グループでお茶程度は有ったみたいです。

妻の心の中には最初の男との体験がトラウマになっていて、男性不信にもなっていたみたいです。
だからSEXまではしたくないけど、彼氏はほしかったみたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>それじゃぁ、大学へ入ってからはどうしてたの

「う〜〜ん、大学1回の時に3回生の先輩と付き合っていたよ。」

>その彼とはどうなったの?

「その人とはデートはしていたりしたけど、キス(おでこに)までしかしなかったの。」

>じゃぁ、その他に付き合った人としたの?

「他に付き合った人は何人か居るけどHまでした人はいないよ」(人数が合わない誰とHていたんじゃ・・・ひっよとして援交でもしてたんか・・・)

>えっ!他に付き合った人は居ないの?じゃぁ、Hしたのはいつ?誰と?(恐る恐る聞きました・・・)

「え〜〜〜っとね、Hしたのは外人の人。ホテルの部屋に連れて行かされて無理やりされたのよ。」

>えっ、外人の人と!それはいつ頃、どこでしたの?

「え〜〜っとね、大学1回の時で英会話教室に行ってる時よ、教室に行くときに外人の人、う〜〜んっと30〜40歳くらいの人だったかな?白人の人だった。その人に声を掛けられたの、その外人の人が『自分の泊まってるホテルの場所がわからなくなったからホテルまで案内してほしい。』って。私もちょっと警戒したけど有名で大きなホテルで案内するだけだったから大丈夫だと思い連れて行ってあげたの。ホテルの前までいったら帰るつもりだったけど、『案内して貰ったお礼がしたいから食事でもご馳走するって』言われたんだけど私は英会話の教室があるからって断ったのね、でもその人は『英会話なら僕も英会話の講師をしているから僕とおしゃべりしてるほうが勉強になるって』言われて、そう言われたらそんな気がしたし、優しそうな人だから疑いもしないで食事だけだったらいいかなって思って付いて行ったの。」


<ここで、妻が何故外人の男の人にほいほい付いて行ってしまったのか>

妻は父親の仕事(貿易商)の関係で、小さい頃から外国へ一緒に行ったり、また妻の実家には子供の時から外国のいろいろな国の人達(白人・黒人・東洋人その他)がしょっちゅう遊びに来たり、ホテル代わりに泊まったりしていたそうです。だから妻は子供の時から家に来ていた外人さん達に一緒に遊んでもらったり、珍しい話やお土産をもらったりして可愛がってもらっていたのです。したがって妻にとっては幾つになっても外国の人は自分を可愛がってくれる優しいおじさんだったのです・・・・・まさか大人になってからも遊ばれ・可愛がられるとは思ってもいなかったでしょうね!

>それからどうなったの?

「そらからね、ホテルのラウンジでお酒(結構飲ませられたみたい)と食事をご馳走してもらい、色んな国の話を聞いたり、私のことも聞かれたので優しそうな人だったので全然疑いもしないで正直に名前とか通ってる学校とかも色々話したわ。そうしたらその人が部屋に珍しいお土産があるといって部屋に誘ったの、私は部屋に行くのはいやだって断ったけどプレゼントを渡すだけで何もしないよって言われて、手を引っ張られて部屋の前まで連れて行かれたの。部屋の前で私がここで良いって断ってぐずぐずしていたんだけど、大丈夫だからいって無理やり手を引っ張られて部屋の中に連れ込まれてしまったの。部屋に入ってもその人は優しそうな人だったし、その時私は生理中だったのでもし迫られても断れると思っていたの。(前の彼氏の時は生理を理由にHを断れたから、この外人の時も大丈夫だと思っていたんでしょうか?この辺がまだまだ初心で天然だったんですね。)」

>その人の部屋に連れ込まれてからはどうなったの?

・・・続きます・・・多分すぐに?


--------------------------------------------------------------------------------
[356] どこまでが実話なんだろう?4 投稿者:やま 投稿日:2004/08/06(Fri) 17:23

泡だらけで挿入したおじさんは妻の感触を楽しんだ後射精することなく抜いたいと言います。

「その後はすぐに泡を流したんだっけ?」
「ううん・・」
「そうだよね・・まだ洗わされたとこあったんだよね?」

妻から抜いたおじさんはまた椅子に座り、妻の胸に泡をつけさせたと言います。
そしてその胸をおじさんの顔につけ洗ったらしいんです。
髪以外 一通り洗い終わったおじさんは妻に泡を流させ湯船に浸かったと聞いています。
妻は散々使われた胸やオマ○コ以外は洗うこともさせてもらえずに一緒に入ったらしいです。

「お風呂から上がってどうしたんだっけ?」
「・・縛られた・・」
「どうやって?」
「こう・・」

どうやって?と聞くと妻は縄に締め付けられた場所を指でなぞります。
その縛り方はおそらく亀甲縛りか菱縛りと言った感じでしょう。
どちらにしろ全身に縄がかかったと言うことになります。

「縛られてる間大人しくしてたんだ・・?」
「うん・・・」

妻はおじさんに縛られてる間抵抗をすることもなく大人しくしてたと言います。
縛られた妻はベットに寝かされその姿をおじさんはまた撮影したらしいんです。
普通に横になっている姿や足を開かせたり四つん這いにさせたりおじさんは妻に命令しながら写したと聞いています。

「それから・・?」
「・・オナニーさせられた・・」
「オマ○コにも縄がかかってるんでしょう? 普通に出来たんだっけ?」
「ううん・・おじさんに言われて・・」

妻はおじさんに言われ仰向けになったまま足を大きく開いたと言います。
そして股間にあった縄を持ってそれを上下に擦るような恥ずかしいオナニーを命令したらしいんです。
妻はクリトリスを自分の指で擦るように縄で擦ったと言います。
もちろんおじさんの撮影は続いていたそうです。

「それで・・いったんだっけ?」
「いけなかった・・」
「そうだよね・・? そしたらおじさんどうしたんだっけ?」
「・・バイブ出してきた・・」

おじさんはバイブを出すと妻に渡したらしいんです。バイブを使ってオナニーしろと命令しながらです。
妻がMだと気づいたのはこのおじさんの時がきっかけでしたがSEX自体はもともと嫌いだったわけではないらしくバイブにも以前から興味を持っていたらしいんです。

「初めてのバイブ経験だったんだよね? どうだったの?」
「刺激が強くてすぐに・・」

妻はオマ○コにかかった縄を少し横にづらしてバイブを自分で入れたと言います。
簡単に入ってしまったバイブを前後にゆっくり動かしているとおじさんはそのバイブを押さえて奥まで強引に入れたらしいんです。

「その時もおじさんに何か言われて奥まで入れられたんだったよね?」
「うん・・」
「なんて?」
「・・・もっとお前のマ○コは奥まで入るだろうって・・」

おじさんはバイブを奥まで入れた状態で押さえつけたままバイブのスイッチを入れたと言います。
バイブ初体験の妻に初めらスイッチを最大にしてです。
刺激が強すぎて気持ちいいと言うよりは強引にバイブにいかされてしまう感覚になったと聞いています。
妻は「お願いします」「いってしまいます」「許してください」と何度も繰り返しながら大声を上げたと言います。
それでもおじさんは「こんなに簡単にいってしまったらお前のマ○コが淫乱だって認めてしまうことになるぞ」と笑っていたらしいんです。

「お願いしてもおじさんやめてくれなかったんだよね?」
「うん・・」
「ちゃんと我慢できた?」
「・・出来なかった」
「そう いっちゃったんだよね?バイブで。普通にいかせてくれたんだっけ?」
「・・ううん・・」

おじさんはいきそうだと泣くように大声を上げている妻に向かって
「いくなら淫乱マ○コって認めるんだな?」「淫乱なマ○コだって認めたらいかせてやる」と言ったと言います。

「言っちゃったんだよね?」
「うん・・」
「なんて? ちゃんと教えてごらん」
「・・淫乱なマ○コをいかせて下さい・・って」

最初「抜いて下さい」「許して下さい」とお願いしていた妻が「いかせて下さい」とお願いしてしまったんです。
おじさんは笑いながら「淫乱マ○コいってみろ」と繰り返して言ったと言います。
妻は明かりのついた部屋でおじさんに見下ろされながらいってしまったんです。
おじさんはいった妻を見てバイブを抜くこともなく冷蔵庫からビールを出して飲んだと言います。

続きはまた今度・・


--------------------------------------------------------------------------------
[355] T氏の手帳 投稿者:けん 投稿日:2004/08/06(Fri) 01:50

T氏の手帳

--------------------------------------------------------------------------------
  ワケあって、ちょっと失敬(?)して見せていただいたT氏の手帳には、**年5月から
  翌年2月までの、T氏とSさんの赤裸々な関係が書きしるされていました。以下の記述
  はその内容をもとに若干の修正(伏字、誤字・脱字のみ)を加えたものです。
--------------------------------------------------------------------------------

 5月1日(水曜日)
  Sさんとあそぶ。午後5時50分〜10時15分。ホテル〈G〉
  シーツがビッショリ。今日で5回目。なにか悪い気がしてならない。でも楽しい。Sさん
  も同じ気持だと思う。今日は風呂に入った。というのは、今日はサックをつけずにSさん
  の中に思いきり私の分身を出させてもらった。うれしかった半面、心配でもある。
  帰○、11時30分

 5月4日(土曜日)
  Sさんと○○○○。午後6時すぎに出て、Mで食事。ホテル〈P〉に午後7時〜9時半ま
  で。
  上だけ裸にしてキスマークをいっぱい。Sさんは今日からアレらしい……。心配していた
  のでホッとした。私としている時がいちばん楽しいと、お世辞にもうれしいことを言って
  くれる。私も楽しい。また、遊びに行こ〜っと。

 6月18日(火曜日)
  今日、Sさんとあそぶ。食事して、○○○公園に行く。それからホテル〈S〉で午後7時
  40分〜10時45分まで楽しむ。
  彼女、はじめからひどく興奮してグチャグチャッとすごい音を立てどおし。腰の下に枕を
  あててするといやがっていた。12回目。
  サックをハメてする。風呂に一緒に入り、背中を流してやる。終ってからベッドで抱きあ
  っていろいろ話しあう。Fのこともよく話してくれたと思う。白のすごく薄いビキニをは
  いていた。

 6月22日(土曜日)
  ○○ホールへ行き、喫茶G。それから軽い食事をして、ホテル〈○○G〉午後7時〜10
  時まで。
  今日のSさんは、白に花模様のついたのをはいていた。今までのように、生れたままの姿
  にして大いにハッスル。彼女と一緒に風呂に入る。彼女も最高の気分になったらしくて、
  やっていても楽しい。13回目。ハメてする。
  今日は彼女が2千円出してくれた。申しわけない。

 10月12日(土曜日)
  久しぶりにSさんとあそぶ。寿司を食って、ホテル〈○○G〉にむりやり連れて入る。ふ
  くれていたが、楽しみながら一枚づつ脱がしていく。今日は赤い模様でフリルのついたの
  をはいていた。私のモノをさわらせると、今日は素直に言うことを聞いてくれた。彼女の
  アソコはすっかり濡れてヌルヌル……、思いきり入れる。すこし痛がっていたが久しぶり
  のせいか、おたがいにすごく興奮した。何もハメずに彼女の奥ふかいところに思いきり私
  の分身を出す。15回目。ホテル内、午後5時半〜9時半。風呂に入る。

 10月19日(土曜日)
  Sさんと○○○パークへ行く。午後5時半〜9時半 ホテル〈G〉
  じゃれあいながら、9時半まで楽しかった。生れたまゝの姿で愛しあう。鏡にたがいを映
  し、いろんな格好でじゃれつづけたが、今日は頑張ってなかなか出さなかったので、とこ
  とん攻め、体中がベトベト。彼女も疲れてまいっていたが、満足した様子だった。一緒に
  風呂に入る。2千円出してくれる。ハメて16回目。

 11月2日(土曜日)
  午後6時45分〜9時45分まで、ホテル〈S〉で。
  今日のSさんは白の透き通って見えるのをはいていたように思う。自分からぜんぶ脱いで
  くれた。ベッドで待ちながら見た彼女のお尻が印象に残っている。生れたまゝの姿で大い
  にハッスル。おたがいのアソコをさわりあう。彼女は2、3回昇りつめた様子で、最後は
  いっしょにイッた。ハメて出す。別々に風呂に入った。18回目。

 11月20日(水曜日)
  ホテル〈○○G〉 午後7時半〜11時半まで。
  今日はなんの抵抗もなく入る。ベッドで待っていて「こい」と言うと、すなおに裸になっ
  てくれた。相変らず二人とも生れたまゝの姿でイチャつきあう。してる最中に「今日で何
  回目?」と聞かれた。おたがいをさわりあう。風呂も一緒に入る。21回目。ハメてする。

 11月24日(日曜日)
  ホテル〈フランス○○○〉 午後7時20分〜10時20分。
  今日は白でバラの花模様のついたのをはいていた。愛しあっている最中に「気持いい…」
  と言ってくれたのが耳に残る。鏡に愛しあってる姿を映し、おたがいを見せあいながらい
  ろんな体位で楽しんだ。シーツが汗でびっしょり。サックを3つ買う。一緒に風呂に入り
  流しあう。22回目。

 11月30日(土曜日)
  ホテル〈○○G〉 午後6時15分〜9時15分。
  Sさんは体がだるいらしくて元気がなかった。部屋に入ってもなかなか服を脱ごうとせず、
  やっと下だけ脱がす。白い花柄のフリルつきのパンティーをはいていた。私のものをさわ
  らせたが元気がない。悪いと思いつつ体を開かせ入れる。アソコはしっとり濡れていた。
  今日は許してもらって私だけ満足した。風呂に一緒に入る。23回目。ハメてする。

 12月14日(土曜日)
  Sさんと○○ホールへ。午後6時45分〜9時45分 ホテル〈フランス○○○〉
  今日でアレが終ったらしくて、いやがっていたが雨の中を濡れながら入る。じゃれあいな
  がら裸にしてさわる。最初のうちは痛がっていたが途中、「メチャメチャにして……」と
  言ってくれたのが心に残る。鏡におたがいの姿態を映しながら攻め、最後は私の分身を思
  いきりSさんの奥に出す。彼女も最高の気分になったらしく、体もシーツもビショビショ。
  満足したことだろう。白いバラ模様のをはいていた。7日のできごとが多少気になる。
  24回目。

 12月16日(月曜日)
  ホテル〈○崎〉で、午後7時〜9時45分。
  今日は赤の可愛いのをはいていた。隣がすごくやかましくて気が散ってしかたがなかった
  が、それでもじゅうぶん満足した。今日もサックをつけずに、私の分身をSさんの奥に出
  す。終ってからベッドで抱きあって、いろいろ話しを聞き私のをさわらす。ちょっと痛か
  ったが、さわりあうのは楽しい。一緒に風呂に入る。25回目。

 12月21日(土曜日)
  ホテル〈○○G〉
  今日で彼女との今までの関係をやめてしまうことにする。最後のいちゃつき。彼女のこと
  を考えると悪いことをしたと思う。残念だがしかたがない。午後6時半〜10時半。今ま
  でと同じように、生れたまゝの姿で確かめあいさわらせる。これで最後かと思うと涙が出
  てきた。苦しいだろうが耐えるつもりだ。一緒に風呂に入る。彼氏にも悪いし……、つき
  あいはしてくれるはずだ。26回目。はめてする。今日はアソコにキスをした。

 19**年1月21日(火曜日)
  0と逢う。ホテル〈○崎〉 午後7時半〜9時半。
  彼女とは4回目である。彼女は生れたまゝの姿でベッドで待っていた。すごく敏感でいた
  るところに急所があるらしく、体をのけ反って、凄いのひとこと。「カンニンして!」と
  何度も叫ぶが許してやらず、完全にKOしたらしい。ハメてする。あんなに感度がいいと
  は思わなかった。私のモノをさわらせ、彼女のあそこをぜんぶ見せてもらった。

 1月25日(土曜日)
  Sさんと逢う。ホテル〈S〉 午後4時20分〜10時半。
  いやがっていたが強引につれこむ。「会社やめる」と駄々をこねていたが、結局はいまま
  でどおり生れたまゝの姿になってじゃれあう。フリルつきのをはいていたようだ。今日は
  大の字にしてあそこを思いきりさわり、さわらす。いやがっていたが俺のムスコにキスを
  させる。途中「濡れていない?」と聞いてきた。一緒に風呂に入る。29回目。ハメてす
  る。

 2月1日(土曜日)
  Sさんと、ホテル〈G〉 午後7時半〜10時半。
  今日はものすごいの一言。いやがって床をグルグル逃げまわるSさんの下着を脱がしてさ
  わると、すごく濡れていた。なぜあんなにいたがったのだろう。赤と白の可愛いのをはい
  ていた。結局、生れたまゝの姿にてさわり、さわらせる。さわっていても、あそこをベチ
  ャベチャにして、「気持いい!」「すきよ」「死にそう」などの言葉、忘れることができ
  ない。入れてからも「もっと、きつくして」の連続。いろんな体位で思いきり楽しむ。
  「口で俺のを……」と言うと、すなおに「うん」。今日が最高であった。30回目。ハメ
  てする。一緒に風呂に入る。

 2月8日(土曜日)
  Sさんとデート。今日からアレらしい。デート喫茶〈○○〉に行き、上半身脱がしてキス
  をする。はっきりと来年には結婚することを聞かされた。ショックであったが、しかたが
  ないとあきらめる。

 2月15日(土曜日)
  Sさんが私宅にくる。すき焼をして食べる。泊って行けと言ったが「ここでは絶対いや」
  と言うので、○○○の、ホテル〈G〉に行く。風呂に入り、午後11時頃〜午前4時まで
  思う存分楽しんだ。おたがいをさわりあい、そしてアソコにもキスする。白地に花模様の
  ビキニの横から黒いものが覗いていた。ハメて2回、朝方にも1回する。一緒に泊ったの
  ははじめて。「気持いい」「もっとして!」など、女の悦びを知ってきたらしい。31回
  目。計3回入れる。
  日曜日、Sさんと家に帰ったところを前のオバサンに見つかる。シャクだが、なにか対策
  を考えねば……。

  (以下記述なし)


 《あとがき》
  この手帳の持ち主T氏が現在どうされているか、まったく知りません。また知りたいとも
  思いません。ただ、手帳をコッソリ盗み見したことについては、この場を借りてお詫びす
  るしだいです。
  Sさんは、結婚後、2子を儲けて今も元気に働いています。そういえば先ほどから隣りの
  部屋から妻の可愛いイビキが微かに聞こえてきます。きっと仕事で疲れたのでしょう。
  はい………。





--------------------------------------------------------------------------------
[354] 自白剤?初体験その2 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/02(Mon) 21:07

>それから彼と付き合ったの?関係は続いたの?

「うん、付き合いは続いたよ。でも、私はまだSEXとかは全然興味なくてしたくなかったの、ただ二人で仲良くお茶したり、映画を見たりしてデートがしたかったの、だから彼と会う時もできるだけグループで合うようにしていたよ。」

>じゃ、そのあとはHしなかったの?
「ううん、2回目にした時は、二人で遊びに行こうって誘われた時に車のデートじゃなかったので何もされないかなって思って付いて行ったの
そしたら彼は私を連れてHホテル街の方へ歩いていったの、私はまたHなことをされるのかと思ってこんなところはいやって言ったの。
そうしたら彼はHホテルへは行かないよ、こっちこっちって私の腕をひっはっていって、疲れたからちょっと休憩するだけだからって休憩所(レストルーム・今はあるのかな?)へ入って行くの、中へ入ったら店の人にまたお願いしますって言って私を連れて入って行ったのよ。私はその時は何も知らなくて本当に一休みするだけだと思って一緒に入っていったの。でも、中に入ったら布団が二組ひいてあって、え〜〜っ!何これっ!まさか、だまされたって思ったの。」

>休憩所に入ってからはどうしたの?

「休憩所に入ったら、彼はまた車の時と同じように人が変わったように興奮していきなり、『さあ、脱いで』って言って来て私の服を脱がせ始めたの。私はどうしたらいいのかわからなかったけど、だまされて付いてきた私が悪いと思って仕方なしに彼の言う通りにして服を脱いでいったの。
そのあとは時間がくるまで(2時間位?)彼に言われるままに、されるままに あそこ(おOOこ) に何回突っ込まれたかわからないわ。
彼はそれまで年上の彼女(人妻?)付き合っていていろんなSEXを経験していたし高校のときにアメフト?をやっていて身体も大きくて力も強かったので、だから小さくて何も知らなかった私をまるで人形(ダッチワイフ)かオモチャみたいに、自分の好きなように動かしたり、腰を上げろ、お尻を突き出せ、上に乗れ、立ってお尻を出せとか言っていろんな指示を出してその都度、私の血だらけの あそこ(おOOこ) に突っ込んできたわ。彼は普通に前から(正常位)は最初だけしかしなかった、ほとんど犬みたいに四つん這いやうつ伏せでお尻のほうからあそこ(おOOこ)に突っ込んできたわ。」

>えっ!今度は出血したの?
「うん、出血してたわ。どれ位出てたか分からなかったけど、彼が驚いていたからいっぱい出てたと思ってたわ。でも、ずっと前に処女膜破られていたし彼とは2回目だったからそんなにたくさんは出ていなかったかもね。忘れたわ。」

>彼のおちんおちんを入れられたら痛かった?

「うん、痛かった!凄く痛かったよ。」

>後ろからされてて、そのままずっと後ろからされてたの?

「うん、ずっと後ろから入れられてたわ。後ろばっかしよ。そのうちに彼は後ろから太い指でお尻りの穴を触り始めたの。そして少しずつお尻の穴の中にも指を入れてきたわ。その後は あそこ(おOOこ)に入れたおちんちんとお尻に入れた指を一緒に動かし始めたの。私は彼のおちんちんがすごく大きくて あそこ(おOOこ) が裂けるんじゃないかと思うくらい痛くて痛くて、お尻も太い指を突っ込まれて痛いし気持ち悪いし、一体いつになったらやめてくれるのかなって、そればっかり考えていたの。私は犬みたいに四つん這いでされたり、お尻の穴に指を突っ込んだりされているのが痛くて嫌だったの、でも彼は動物みたいに興奮(はあ!はあ!言ってた)していたので怖くて『嫌だから、やめて!』って言えなかったの。」

>その他になにかされた?

「う〜〜ん??何かされたかな?え〜〜とね、そう言えば彼は私の口にもおちんちんを入れようとしたわ。でも私、それは嫌だったのでしなかったよ。」

>じゃぁ、最後に彼が逝くときはどうだったの?

「うう〜〜とね、最後はそのまま逝ってたかな?痛くてそれどころじゃなかったわ。でも、ゴムは付けたと思う、 あそこ(おOOこ)の中には出されなかったよ。終わってから私一人で帰る時には痛くてまたの間にもう一本足が生えているような感じがして真直ぐ歩けなかったし階段を上るのが大変だったわ。」

>それじゃぁ、OOーちゃんの本当の処女喪失はその時だったのかな?

「うん、そうなるかな?痛かったし出血してたしね。まだ処女膜残ってたのかな?でも、小学生の時も痛かったし、出血もしてたから〜〜〜分からないわ。」

>そのあとは彼とはどうなったの?

「うん、私はSEXのことは何も知らなかったので、彼のやり方が普通のSEXのやり方なのか心配になって、友達に相談したの。(この友達はその当時から やりまん だったそうで、妻たちの中ではHに関する先生みたいだったそうです。)その友達が言うには『後ろからするのが好きな人も結構いるから別に良いんじゃない。それからお尻の穴に入れるのは普通じゃないけどそれ(お尻)もありかな?』って、その友達は『私はお尻にされたことないしされるのは嫌だな。でもお尻の穴でする人もいるみたいよ、それに外国ではあたりまえみたいよ。』って教えてくれた。そして『OOーちゃんもそのうちに彼のでかいおちんちんでお尻もやられちゃうよ』って言われたの。その時に昔小6の時に悪戯されたことを思い出してそう言えばその時もお尻を触られてたっけ、そうなのか〜お尻でする人もいるんだ〜、私もいいつかお尻にも入れられるのかな〜思ったわ。
でも私はその時はまだ男の人とSEXをすることがいやだったし興味もなかったの。それにその彼は私を自分のもの(女)にしたと思ったらSEXの時だけじゃなく、服装から髪型やそれ以外のことまで自分の思いどうりにするように指図してきたの、彼は自分の女は自分の思いどうりにならないと気がすまないみたいだった。なんだか最初に思ってた人と違うな〜って思うようになって、私はこの人にはついて行けないわって思ったの。だからそれからはなるべく2人だけでは会わないようにしてたし、Hを迫られた時も生理中とか言って断るようにしたの。」

>じゃぁ、彼とはもうHしなかったの?

「ううん、そのあと2回くらいされたかな、1回は彼の家に連れて行かれたとき、家族に紹介された後に彼の部屋で迫ってきたの。私は隣の部屋に家族の人がいるのでいやだって言ったのに、彼は私を押さえつけてスカートの中の下着だけ脱がせて、私をうつ伏せにさせて後ろから あそこ(おOOこ)に入れてきたわ。そして私が声も出せずに抵抗もできないでいるとまたお尻を触ってきて指を入れてきたわ。」

>2回目は?

「え〜〜っとね、2回目は友達と先輩の家に泊まりで遊びに行ったときにね。彼は来ないって聞いてたから私も行ったんだけど、家に行ってみたら彼がいて、また『だまされた!』って思ったけど仕方なしに一緒に泊まったわ。雑魚寝だったら何もされなかったかもしれないけど、先輩の家は部屋が沢山あって彼は私と二人だけでで寝るように部屋に連れて行ったの。隣の部屋で友達たちが寝ているのであまりひどいことはされなかったけど、また下着だけ脱がされてまた後ろからそお〜っと あそこ(おOOこ)に突っ込まれてしまったの。この時はさすがにお尻に指はは入れられなかったよ。
これが彼との最後だったかな、4月から彼は離れたところの学校に行ったので会うこともなく、手紙に貴方にはついて行けませんので、分かれたいって書いて送ったの。すぐには分かれてはくれなかったけど、それ以降は会わなかったよわ。」

>彼とのSEXはどうだった、よかったの?お尻にはされなかったの?

「ううん、彼とのSEXは痛かっただけで気持ちよくなかったし、彼には口にもお尻にも入れられなかったわ。でも、いつも後ろからされてたから、そのうち突然お尻の穴にもおちんちんを入れられちゃうのかなってびくびくしてたのよ。
彼がもっと優しかったら分かれてなかったかもね。」

<えっ!「彼には口もお尻もされなかった」?彼には?じゃぁ、他の誰かにされたのかぁ〜・・・そう言えば外人ともしたって言ってたな、でもフェラだけだって聞いてたけど?自己申告にはその2人しか出てこなかったけど?お尻もされてたの?いったい誰に?付き合ったのは3人、2人出てきたから後1人?でも寝言じゃHしたのは4人っていってたな?口は外人だったな?お尻はいったい誰に?>

ここまでが妻の悲しいSEXの初体験の供述でした。
妻にとってはいい思い出じゃなかったみたいだったので、僕には詳しく話したくなかったんでしょうね。
小6の時変質者に指を あそこ(おOOこ)に突き入れられ処女膜を破られていたとはいえ、今回の体験で残っていた処女膜も太いチンポで完全に破られてしまったようです。
妻は中学校卒業と同時に少女(処女)を卒業し、SEXの良さもわからないまま身体(おOOこ)だけは大人の女にされてしまったんですね。
もうちょっとラブラブで初体験をしたのかなって思っていましたが、これじゃほとんどレイプ見たいな初体験だったなぁ〜〜〜って
妻のことが可哀相になりました。


4〜5回眠剤を飲ませて聞き出したのですが、ここまではこれ以上の体験はなかったようです。

このあと高校編・大学編へと続きます。(つまらなかったらとばしてください)


--------------------------------------------------------------------------------
[353] 自白剤?幕間その2です。 投稿者:妻大好き 投稿日:2004/08/01(Sun) 19:28

チョット訂正があります。
妻の供述は眠剤を飲まされて寝ぼけながらの話(寝言みたいなものです)ですので、相手・年齢・場所等色々とちぐはぐなところがあります。
4〜5回試したんですが、同じ事を聞いてもその都度話が違ってることがありました。
何回もボイスレコーダーを聞きなおして編集するのが大変でした。

前回の投稿の中では年齢がおかしくなっていました。
妻が言った14歳というのは私が妻の初体験の歳を聞いたのに、初恋の相手(中2の時のプラトニックラブの相手)と初めてデートした時の年齢でした。妻の初体験は中学卒業してから高校入学までの間です。だから妻は自分では高校生になってから初体験をしたと思ってるみたいです。これでも早いと思っていたのに妻の口から14歳さらにびっくりしました。あわてて何回も聞きなおしました。

私も最初は妻に眠剤を飲ませて悪戯するつもりだけだったんです。でもその時に妻は普段から寝言をよく言いますので、何か寝言を喋らせて録音しようと思って話し掛けている内に、調子に乗って妻に「OOーちゃん、初めてHしたのは何歳の時だったの?」聞いたんです。そしたら妻の自己申告の年齢よりも最初は1歳若い年齢を言い出してきて、えっ!何っ!っと思い何回も聞きなおしているうちに結局2歳も若い時に初Hをしてたんです。
これで病みつきになってしまい、その後初Hの相手や場所や回数とか・・・それ以降の体験が自己申告とどれだけ違うのか聞きたくなってしまい。
その後4〜5回も犯行に及んでしまったんです。
・・・自白?続けていいですか?・・・



--------------------------------------------------------------------------------
[352] 妻の初体験 投稿者:A型人間 投稿日:2004/08/01(Sun) 11:06

40代前半の夫婦です。ふとしたことから妻の初体験を聞いてしまいました。SEXがあまり好きではない妻は、処女ではないだろうとは心の中で思っていたものの、いざ聞いてしまうとショックでした。
ちなみに私も当然童貞ではありませんでしたが、素人には手を出したことはありませんでした。
妻は本当にSEXに消極的で、子作りのために「しかたなく?」している様な発言もあったほどです。
今でも営みはあるのですが、「すぐ終わる?」とか言う始末です。
こんな妻ですから、処女かもしれないと結婚以来、心の中で思い込んでいたのです。私と知合う前、当時学生時代の同級生がその相手だったそうです。小さいころからなんとなくSEXについては嫌なイメージがあったようなんですが、好奇心がそんなイメージに勝ったそうです。
処女では無かったことは「やっぱり」的な思いでしたが、今思うと私もそうでしたが二十歳前後の若者は、SEXの時行為に没頭し避妊を考えていたすだろうか?ということです。
妻も万が一妊娠したら・・ということを考えていただろうか?
妊娠していたら、その男とは結婚してもいいと考えていたほどの男だったのだろうか?
それとも、好奇心のみの遊びのSEXだったのだろうか?
女性には男性のように風俗のような場所もないので、好奇心でSEXするのも、相手は素人になる・・誰でもよかったのか?
そんな男に中出しさせたのか・・
妻の膣に私以前に他の男が中出しした・・・といろいろ考えて嫉妬してしまうのです。

皆さんは奥様の初体験に嫉妬しませんか?





--------------------------------------------------------------------------------
inserted by FC2 system